外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

少し前に自由研究として、紫キャベツと無水エタノールというのを使って、リトマス試験紙を家でつくりました。
そして実際につくることが出来たのですが、どうして紫キャベツと無水エタノールでリトマス試験紙がつくれるのかが今だにわかりません。
よかったら教えて下さい。関連サイトなども知っている人がいたら教えて下さい。
一応リトマス試験紙の作り方を下に残しておきます。
ではお願いします。

1、紫キャベツを千切りにしてマグカップなど、熱に強いコップに入れる
2、そのコップに、無水エタノールというのをお湯の入った鍋入れて湯煎する
3、紫色の液体が出来るので、その液体に紙をひたしてかわかしてできあがり

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

リトマス試験紙などのpH試験紙は、pHが変化すると色が変わる物質をろ紙にしみこませてつくります。



pHが変化すると色が変わる物質の例として#1さんが紹介されたサイトに詳しく説明してあるアントシアニンがあります。質問者さんの実験方法はムラサキキャベツに含まれるアントシアンを抽出する方法です。

リトマスについては参考URLを見てください。
リトマスはリトマスゴケやウメノキゴケを発酵させて作りますが、両方とも地衣類と呼ばれる仲間で、スギゴケやゼニゴケなどのようなコケ類ではありません。

参考URL:http://www.esnet.ed.jp/center/3000chousakenkyu/3 …
    • good
    • 4

#2の解答の中にあるアントシアニンという色素は紫キャベツ以外にも含まれています。


梅干しを作るときの紫蘇の赤紫にも含まれています。梅酢でやることが出来ます。私は何時もブドウジュースでやります。紫キャベツは高いです。今雑草で濃い赤紫の汁の出るブドウの仲間があちこちで見られます。これも使うことが出来るでしょう。

リトマスというのは色素をとりだしたコケの名前です。色素としてはアントシアニンだろうと思っています。
    • good
    • 2

紫キャベツを使ったpH試験紙についての質問についての答えは1,2の通りですが、リトマスというのはコケの一種からとり出した青い色素のことです。


リトマスを使って作ったpH試験紙が、リトマス試験紙です。
紫キャベツで作ったpH試験紙を「リトマス試験紙」と呼ぶことは正しくありませんので、ご注意を。
    • good
    • 3

ANo.1の方と内容は同一ですが、科学雑誌「ニュートン 2007年7月号」の表紙裏(0頁)と1頁目に実験方法と判りやすいと解説が記載されていました。


(1)紫キャベツの煮汁(アントシアンと言う色素)はpH(ペーハー)により色が変わる。
(2)酸性では赤っぽくなる。
(3)アルカリ性では青緑になる。
と書かれていました。
その他の説明も書いてありますので、本屋さんでバックナンバーを注文して購入されるか、図書館で探して参考にしてください。
    • good
    • 3

このあたりが詳しいです。


http://iic00.cc.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/semc …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリトマス紙の作り方

リトマス紙って、紫キャベツで作れるってよく聞きますよね。
簡単に作り方を書くと、
1.キャベツを細かく刻む
2.水の入った鍋にキャベツ投入
3.水の色が変わるまでキャベツをゆでる
4.キャベツを取り出す
5.残った液にろ紙をひたす
となるのですが、
5番って絶対にろ紙でなければいけないんでしょうか?
もし、ろ紙でなくても良いのなら、どんな紙がいいんでしょう?

それともう一つ。
キャベツ以外の植物でも作れるそうなんですが、
手軽に手に入るもので何か思い当たりませんか?
とりあえず今のところ入手している情報は
ブドウ ナス シソ アサガオ バラ などです。

ご協力お願いします。

Aベストアンサー

> ろ紙でなくても良いのなら、どんな紙がいいんでしょう?
No.1 様が書かれていますが、水分を染み込みやすく、ほぐれにくい紙なら、何でも良いです。例えば、キッチンペーパー(ペーパータオル)、レギュラーコーヒーのペーパーフィルター、障子紙の様な和紙などが挙げられます。

> 手軽に手に入るもので何か思い当たりませんか?
質問者様が挙げられているもの以外ですと、あじさいの花、紫たまねぎ(の色の付いた薄皮の部分)がありますね。
※ あじさいの花は都会では手に入りにくいかも知れませんが。

Qアルカリ性と酸性、中性の違いを説明したいです。

小学生の子どもにアルカリ性と酸性、中性の違いを分かりやすく説明したいです。良い方法はありませんでしたか?

Aベストアンサー

「酸性」のもともとの意味はすっぱいということです。
「酸」という字は「すっぱい」と読みます。
そのすっぱい性質を持つ物質の代表が酢です。この字も「すっぱい」と読みます。
すっぱい液体は全て酸性です。酸は「酢と同じような性質を持っているもの」ということになります。
食べ物が古くなるとすっぱくなります。
酸性の物質が出来ているという事になります。
果物の汁はたいてい酸性ですね。
炭酸水でも濃いものではすっぱいということがわかります。
塩酸でもすっぱいです。
食品以外にも酸性の物質はありますが口に入れると良くないものもあります。リトマス試験紙を使うとそういうものでも調べることが出来ます。その場合でもまず酢、レモン汁、などで色の変化を確認しておいてから同じ色の変化をするものは酸性であるという調べ方になるでしょう。赤く変色するものは酸性であるということから入るのは方向が違うと思います。
酸性であっても弱くなると色の変化は分からなくなります。
炭酸水の酸性はリトマス試験紙ではわかりません。

アルカリ性は酸性を打ち消すものとして理解されていました。積極的な性質というよりは裏返しの性質です。

食品の中には酸性のものが多いです。私達の体は普通の酸性には対応できるようになっています。お酢を使ってわざわざすっぱくしたものをおいしいといって食べているのです。
それに対してアルカリ性は食品として経験することがほとんどありません。アンモニアの臭いは悪臭の代表です。危険な物質としてセンサーが敏感に働くような仕組みになっているそうです。きついアンモニアの臭いのする食べ物もあるようですが普通の人はほとんど食べないものです。
身近な物質で臭いのしないアルカリ性のものといえば
石灰(水酸化カルシウム、酸化カルシウム)、重曹(炭酸水素ナトリウム)、石鹸、洗剤
でしょう。
以前は運動場の白線引きは石灰を使っていました。風で舞い上がった粉が口に入ったり、目に入ったりでいやな思いをしました。
目に入ると痛いです。口に入ると苦いような変な味がします。石鹸が目に入ったり、口に入ったりした場合でもいやな思いをします。
重曹はアルカリ性が弱いのであまりいやな味は感じません。しかしホットケーキに重曹を入れすぎると味が悪くなります。炭酸水素ナトリウムは二酸化炭素を出すとアルカリ性の強い炭酸ナトリウムに変わります。この炭酸ナトリウムの量が多くなると味が悪くなるのです。洗剤には炭酸ナトリウムがかなり入っています。アルカリ性は強いです。

鉄釘をお酢の中に入れると泡をだして溶けていきます。石灰水を加えると釘を溶かす能力がなくなってしまいます。
水で薄めた時は少し弱くなるだけで能力はなくなりません。
石灰水と水とを同じ量だけ加えて比較すると中性とアルカリ性の違いがわかります。

石灰水は海苔やおかきの缶の中に入っている乾燥剤を水に溶かすといいでしょう。でも取り扱いには注意が必要です。身近にある危険な物質の代表でしょう。子供には危険であることを教えてやってください。

「酸性」のもともとの意味はすっぱいということです。
「酸」という字は「すっぱい」と読みます。
そのすっぱい性質を持つ物質の代表が酢です。この字も「すっぱい」と読みます。
すっぱい液体は全て酸性です。酸は「酢と同じような性質を持っているもの」ということになります。
食べ物が古くなるとすっぱくなります。
酸性の物質が出来ているという事になります。
果物の汁はたいてい酸性ですね。
炭酸水でも濃いものではすっぱいということがわかります。
塩酸でもすっぱいです。
食品以外にも酸性の...続きを読む

Qリトマス紙を使ってできる簡単な実験

リトマス紙を使って一日でできるぐらいで、それでいてレポート(結果や感想など)も書けるような実験をご存じないでしょうか(中学1年生ができるぐらいのレベルでお願いします)
質問内容が本当にあつかましいのですが、困っているのでぜひ回答をください。よろしくお願いします
(前にも、同じような内容で皆さんに回答してもらったのですが・・・)

Aベストアンサー

一日でするとなると、やっぱり、身近なもので色の変化をみていくのが一番では?中学一年くらいのレベルなら、それぐらいが妥当なんじゃないでしょうか?

回答ではないんですが、参考までに。
私は、中学一年生のとき、紫キャベツで同じような実験をしました(リトマス紙は持っていなかったので)。
紫キャベツの汁を使って、いろいろな液体での色の変化を調べるんですけど、面白かったですよ。
大量に液を作ったので、残った液は濾紙に沁み込ませて乾燥させ、万能試験紙を作りました。
これと、リトマス紙の結果を比べても面白いかもしれないな、と思いました。

Qアンモニアの噴水実験の原理について

アンモニアの噴水実験を、行ったのですが。その原理がよく分かりませんなので、レポートを書くのにすごく困っています!誰か、助けて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

アンモニアの噴水実験,簡単にできてインパクトがありますよね。
ビーカーに水をいれ,ガラス棒付きのゴム栓をした丸底フラスコを立てておく。ゴム栓のガラス棒の脇に小さなスポイトがあって,その中にも少量の水が入っている。
で,スポイトの水をフラスコの中に押し出すとビーカーの水が噴水になってフラスコ内に上がってくる。
ここで,このフラスコの中にはあらかじめアンモニアという気体が充満していないとだめなんですよね。
アンモニアという気体は水に非常に(異常に)よく溶けます。温度が20度ぐらいだと,水1mlに300mlぐらいは溶けます。わかります?そんなあほな,というぐらい溶けるんです。
ということは,はじめにスポイトでほんの少し加えた水,多分1mlか2mlはあったと思うんですが,これでフラスコ内のアンモニアが全部溶けてしまうというのがわかると思います。(フラスコは500mlぐらいのを使ったんじゃないでしょうか?)
気体が全部溶けちゃうと,フラスコ内は真空になりますよね。真空ということは気体や液体を引き込むということになるんですが,これはわかりますか?
ストローでジュースを吸い込むのと同じような状態です。その結果,ビーカーの水がフラスコ内に噴出してくるというわけです。
なお,ビーカーの水にはフェノールフタレインを入れておくことが多いですね。フェノールフタレインは酸性から中性で無色,アルカリ性で赤色になります。アンモニアの水溶液はアルカリ性ですから,ビーカーの中(中性)では無色だった水がフラスコ内に到達するとアンモニア水溶液になって赤くなるということです。
おわかりいただけましたか?

アンモニアの噴水実験,簡単にできてインパクトがありますよね。
ビーカーに水をいれ,ガラス棒付きのゴム栓をした丸底フラスコを立てておく。ゴム栓のガラス棒の脇に小さなスポイトがあって,その中にも少量の水が入っている。
で,スポイトの水をフラスコの中に押し出すとビーカーの水が噴水になってフラスコ内に上がってくる。
ここで,このフラスコの中にはあらかじめアンモニアという気体が充満していないとだめなんですよね。
アンモニアという気体は水に非常に(異常に)よく溶けます。温度が20度ぐらい...続きを読む

Qリトマス試験紙作成

リトマス紙を作ろうと思っています。
一般的に知られている赤キャベツの他、アサガオやカレー粉でもできるそうなのですが、様々な種類で挑戦してみたいのです。
上記の3つの他、手ごろなものでリトマス紙が作れるというのをご存知の方、是非ともご回答願います。

Aベストアンサー

http://home.hiroshima-u.ac.jp/lichen/trend/litmus.htm
このページにリトマス試験紙の作り方が紹介されています。

また、花なら何でも良いようですね。
http://www.vinet.or.jp/japse/tips/w11w3.htm

Qリトマス紙について質問です!

いま夏休みの自由研究でリトマス試験紙を作ろうと思っているんですが

紫キャベツ以外に何か実験できるものがあれば

教えていただきたいです!

Aベストアンサー

紫キャベツの煮汁がpH指示薬になる、ということで、#3さんの仰るような紫キャベツのpHを調べようとしている訳ではないですよね。

とにかくpHを色で見分けたいので、派手に色が出そうなものを片っ端から煮出して見るといいと思います。

あと、これどうぞ。
http://portal.nifty.com/kiji/120815156948_1.htm

Qリトマス試験紙って、どこで買えますか?

飼猫の尿を調べたいので、リトマス試験紙が欲しいのですが、どこで買えるのかわかりません。薬局でしょうか?
ドラッグストアは?
教えてください。

Aベストアンサー

薬局で買えますよ。
ただ、ドラッグストアーって言われる、
ちょっと大きな量販店だとないので、
小さい薬局に行ってみましょう。

薬を処方できるようなところだと、
ほぼ確実にあります。

Q酸とアルカリの実験でおもしろいのがあったら教えてください。

中学1年生の理科の授業で行う程度の内容でぜひおもしろいよという実験があったら教えてください。

Aベストアンサー

花壇に咲いている花を取ってきて.リトマス紙の代用に.
濃カセイソーダ溶液をつくって.髪の毛を入れて.溶ける事を見せる
濃塩酸の蓋を開けて.ぬれたリトマスしわ近づけて変色する事
錆落し
が近所の中学校の内容です。

Q一番強いアルカリ物質って何?

pHって0~14までありますよね。
限りなく14に近い物質ってなんなんでしょうか?
もし限りなく14に近い物質の水溶液があるとしてその中に手をつけるとどれくらいで骨だけになるんでしょうか?
一方で限りなく0に近い物質って何でしょうか?
よく映画で何かの水溶液をあびて
「どろどろ~・・」と皮膚が溶けるシーンがありますが
そんなにも早くドロドロにとけてしまう水溶液が存在するのでしょうか?
酸は金属を溶かし、アルカリはたんぱく質を溶かすと聞いた事があります。
酸の強い水溶液に手をつけるとどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

濃度について!
質問の物質が水溶液となっているので、水に対する飽和が低い物質は強アルカリや強酸でも能力が低いです。混合していない場合、アルカリのチャンピオンは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が48%水溶液です、フレークだと98%です。酸では塩酸ですが濃塩酸は約35%です。濃硫酸だと96%に発煙硫酸だと約99%まで濃縮可能。後、発煙硝酸も86%で強力と言うより怖いです。強アルカリと強酸の中和物質が食塩である塩化ナトリウムです。(安定した化合物。)

「どれくらいで骨になるか?」について!
試した事が無いので判りません。苛性ソーダ98%フレークを素手で触っていると5分位で表皮がつるつるになってます。肉厚から試算して下さい。生コンも良く溶けます。

「酸の強い水溶液に手をつけるとどうなるのでしょうか?」について!
酸は基本的に水分と反応して発熱します。溶ける前に焼け爛れます。35%の塩酸や62%の硫酸は1分位だと耐えれます。しかし、98%の濃硫酸だと手の水分と反応して瞬間湯沸し器状態となります。(表皮が剥けるのに多少猶予があります。但し、目は一瞬で失明。)

「酸は金属を溶かし、アルカリはたんぱく質を溶かすと聞いた事があります。」について!
物質の特性により決まります。両性元素である亜鉛やアルミニウムは酸でもアルカリでも溶けます。有機物は弱アルカリのアンモニアにも溶けるものもあります。たんぱく質は殆んどの酸に弱いです。

濃度について!
質問の物質が水溶液となっているので、水に対する飽和が低い物質は強アルカリや強酸でも能力が低いです。混合していない場合、アルカリのチャンピオンは水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)が48%水溶液です、フレークだと98%です。酸では塩酸ですが濃塩酸は約35%です。濃硫酸だと96%に発煙硫酸だと約99%まで濃縮可能。後、発煙硝酸も86%で強力と言うより怖いです。強アルカリと強酸の中和物質が食塩である塩化ナトリウムです。(安定した化合物。)

「どれくらいで骨になるか?」について!
...続きを読む

Q「密度」を小学生にわかりやすく説明するには・・・

こんにちは
私は教員養成系の大学に通っている大学1年です。
先日課題がでまして、それは密度についての課題です。
早速「密度」で検索したところ、「単位体積あたりの質量」と出ました。こんなふうに説明しても、小学生にはわかりづらいですよね。
そこで質問です。
「密度」を小学生でもわかるような言い回しで説明するにはどのようにしたら良いでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと危ないけど、机に生徒が何人乗れるか
人数(密度)が小さいと、、楽に乗っていられる。
人数(密度)が大きいと、、窮屈。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング