ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

乾電池2個を並列でつかい、豆電球につなぎます。並列の乾電池のうち、一つを反対向きにします。このとき、豆電球がつかない理由を教えてください。

A 回答 (11件中1~10件)

No.4です。


小学生ですと4~5年生ですかね?
なかなか電圧の理解は難しいですからこんなふうに教えたらどうでしょう。

先に説明した「回路」を細い道にたとえます。
電気はなんとおすもうさんですw
この細い道におすもうさんがギュウギュウ隙間なく並んでいます。
そして電球の部分が土俵です。

おすもうさんが支度部屋(電池の出口)から押し出されてきます。
道にはびっちりおすもうさんが並んでいますから
後ろから押されたおすもうさんは仕方なく進むしかありません。
しかもその先には土俵がありますので、
おすもうさんの本能でつい相撲を取って汗をいっぱいかいてしまいます。
この汗が電球の光ですww
そして取組みを終え、クタクタになったおすもうさんは、
後ろからどんどん来る新しいおすもうさん達がまた汗をかくために
再びビッチリならんで退場していきます。
そう、退場先は再び支度部屋(今度は電池の入り口)に帰っていくのです。
コレが電気の流れ(電流)ですwww

電池が並列ならば、二つの小道から出てきたおすもうさんは
合流してなかよく土俵に向かって進んでいくのですから
どんどん相撲を取ってずっと汗をかきっぱなしで問題ありません。

しかし、一つの電池が逆向きになってしまうと
支度部屋の出口と入り口が道でつながってしまい、近道になります。

おすもうさんは遠くに歩いていくのが苦手なので
遠い土俵のほうに行かずに近くの入り口にどんどん入ってしまいます。
そうすると土俵のほうの小道に並んだおすもうさんは
後ろから押されることが無いのでボーーっと立ったままです。
よって、土俵では新しい取り組みが行われないので電球も光りません。

しかも困ったことに、相撲も取らずに支度部屋から支度部屋に
ぐるぐるまわされたおすもうさんはやがて…
ストレスが限界に達し大暴れするので大変危険なのですwwww

こんな感じでいかがでしょうかw
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
電気をおすもうさんにたとえた話は、とてもわかりやすかったです。
電気も近い道と遠い道があれば、近い道をかならず通るんですね。
かなり解決しました。これで、子ども達も理解してくれると思います。

お礼日時:2007/09/09 09:01

電気は、プラスからマイナスに流れるの。

^_^

両方マイナスだと流れないんだよ。^○^;
    • good
    • 2

>小学生から質問されたので


電池の接続を+-、+-2個を直列に接続し、最初の+と2つ目の-を短絡した回路を考えてください。これは、±逆に並列にした回路と同じになります。直列は電圧が3Vですが短絡すると0ボルトになりますね。
 これは各電池の電圧が0と言うことです。
 回路には大電流が流れ内部抵抗で逆の電圧が生じ、電池の電圧が0になる。
 平たく云えば、大電流(短絡電流)が流れると端子電圧が0に成ると理解すればいいのでは。通常の電流でも電流が流れると電池の電圧は下がります。電池単体の電圧(無負荷)と電流が流れると電流に応じて電池の電圧は下がります。
 電池の能力以上の電流を流すと電圧が下がる。この場合電池の電圧が0になる。
    • good
    • 1

No.5です。


小学生に教えるわけですか。それは大変。
やはり電池の内部抵抗は説明せざるを得ませんね。

電池をスキー場に見立てましょう。
No.5の図でEを高低差100mのリフト、rをゲレンデ(当然高低差100m)とします。
図の左下から上へスタートします。(ここを基準点とします。)
100m上って100m下って結局上辺は基準点と同じ高さです。
今度は上辺から右側へ100m上って100m下って基準点に戻ります。
つまり上辺も下辺も同じ基準点です。
電球をつないでも電流が流れず光りません。
    • good
    • 0

電池の内部抵抗を考えると大変分かりやすい、電池1個の電圧を1.5V、1個の内部抵抗を仮に0.5Ωとし、電池を逆向きに並列に繋ぎ、ループで考えると、全体の電圧は3V、内部抵抗は1Ωとなる。

従ってループに流れる電流IはI=V/RなのでI=3A流れます。
この時電池の電圧1.5Vと内部抵抗0.5Ωの電圧降下(1.5V)はお互い逆向きなので並列に繋いだ電池の端子電圧は0[V]となり、豆球が点かない。ループの中に豆球を入れる(電池の+と-を繋いだ線の代わりに豆球を入れる)と点灯します。
 電池の内部抵抗を理解出来れば、比較的簡単な問題です。

この回答への補足

とても詳しい説明ありがとうございます。
小学生から質問されたので、どのように説明すればいいのか今、大変困っています。もしよろしければ、小学生でもわかるようにご説明していただけないでしょうか。
ぶしつけなお願いで申し訳ありません。

補足日時:2007/09/08 11:49
    • good
    • 0

電圧を電位と言います。


電圧が高いのを、山が高いのだと考えて下さい。

1.5Vの高さの山があります。
-1.5Vの谷があります。

その中央の0Vが電位になるのです。

エネルギー移動量が0の場合、

どこから熱が与えられるのか?
どこから破損するエネルギーを得るのか?

やってみると、-0.4mV、-22mAが流れました。

Vは、標準の消耗率で両方の電位がほぼ同じであった。
電流は少し顕著になる。

AよりBの電池の消耗が少し多い。(マイナス)
こう言う事になりました。

3個の電池の1個を逆にした場合、その電池は充電されてしまうので、
発熱、破裂、液漏れの危険性は大になります。

が、2個のショートの条件では、
このエネルギー移動で危険性が大なのかは疑問であると思います。
    • good
    • 0

これは非常にいい質問というか非常に難しい質問です。


専門家でも即座に答えられる人はとても少ないでしょうね。
今までの回答がなかなか納得いかないのも当然でしょう。

これは次のような等価回路を考えればいいでしょう。

----
r  E↓
|  |
E↑ r
----
回路全体の起電力は2Eです。
当然2つのrで2Eを消費していることになります。
従って上辺はE-Eで0V
下辺もE-Eで0Vです。
つまり上辺も下辺も同じ0Vと言うことになります。

ここで考え方を変えてみましょう。
上辺と下辺を線でつないで見ます。
Eとrの回路が2つできます。
電流はE/rです。
元の回路は2E/2r=E/rですから
線をつないでもつながなくても状態が変わらないことを意味しています。
つまり上辺と下辺の電位差はゼロです。

最後に皆さんが言われているようにこれはショートですから非常に危険です。
絶対にやらないでください。
 
    • good
    • 0

電池から電気が出ていることはわかりますね。


電池のプラスとマイナスは
電気が出て行くところと帰ってくるところと考えましょう。

普通に並列つなぎにすれば電池から出てきた電気が
並んで豆電球に入っていき、また電池に帰ってくる「回路」が出来ていますね。

ところが電池のひとつを逆向きにしちゃうと
電気の出て来るところと入っていくところがつながってしまってますね。
そう、電気は豆電球にいかなくても電池の入り口から出口に
行ってしまうので、豆電球はつかないのです。

でも危険ですから、実際はやらないでおきましょう!

この回答への補足

ありがとうございます。
入口から出口の説明はとてもわかりやすかったです。

質問なんですが、豆電球のほうには、多少でも、電気は流れないのですか?

補足日時:2007/09/08 11:46
    • good
    • 0

こんばんは。



なぜ、並列に乾電池2個をつないで、そのうち一つを逆向きにつないだ時、豆電球が点かないのかというと、それは、乾電池から、逆向きにつないだ乾電池へ直接、電気が流れて、ショートします。
つまり、これを行うことは、大変、危険です。
実際に行わないようにしましょう。
    • good
    • 1

2個の乾電池のうちの1個を逆向きにすると、電池のプラスとマイナスが打ち消しあって、豆電球へ流れる電圧がゼロになってしまうからです。



また、この状態だと、一方の乾電池からもう一方の乾電池へ大きな電流が流れるため、電池が発熱して破裂する危険性がありますから、長い時間その状態にしておいてはいけません。
すぐに乾電池をはずしましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q乾電池の直列つなぎ

乾電池を直列に3個つないでマメ電球とつなぐと電球はつきます。3個の電池のうち1個だけを逆向きに入れ替えても電球はつくのでしょうか?どうして?教えてください。

Aベストアンサー

乾電池の状態によると思いますが、電球は点灯すると思います。

仮に3個の電池の電圧が同じと仮定するとある向きに電圧が2個分の電圧と、反対向き電圧1個分だと、1個分づつは相殺されて、1個分残りますのでその分で電球が点灯するといった感じでしょうか。

詳しく書くと長くなりそうですのですが、電力を発生させる電池もまた電流が流れます。
これは反対向きでもながれます。

乾電池程度なら大丈夫ですが、危険ですのあまりやらない方がいいと思います。

逆に接続している電池では、内部抵抗により発熱しますので、駅漏れや最悪破裂の危険がないわけではありませんので。

Q電池の直列つなぎと並列つなぎ

あまりにも基本的で物理学のカテゴリーに入れるのもおこがましいのですが・・・。
子供に聞かれて恥をかかないように、苦手だった物理に再チャレンジしています。ところがいきなり初歩でつまづきました。
乾電池2個と豆電球1個をつなぐ場合、並列だと電圧も電流も1個のときと同じで直列だと電圧も電流も2倍になるのはどうしてですか?
小学校のときは「そういうものだ」と覚えたのですが、どうにもスッキリしません。水流に例えるといってもなんだかよくわかりません。
サルだと思ってわかりやす~く教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

小学生に教えるたとえ話が分からないという質問でよいのですよね。
私なりに考えたのですが、この電気の症状を水流で例えるには、限界があると思います。なので、こじつけで納得させるしかないと思います。
それを踏まえて、私なりの解釈を考えました。
私が小学生の頃は、『電圧』と『電流』と『電気の強さ』と『電気の量』という単語を使っていたような気がします。
イメージは、山の川を想定します。その川には上流にダム、下流に水車があります。
この時に、『ダムの貯蓄水は電気の量』、『水車の回転は電気の強さ』、『ダムの高さが電圧』、『水の勢いが電流』に例えます。
条件として一つのダムに対して、入口は一つです。
なお、ダムが一つの時を基準にします。
並列のときは、同じ高さにダムを2つひっつけるので、同じ高さでダムの貯蓄水が多く(土地が広がると思ってください)なります。だけど、ダムの入口は一つから流れる勢いは同じなので、ダム1つの時と水の流れる勢いと水車の回転は同じになります。
ダム1つの時と違うのは、ダムの貯蓄水が多くなります。つまり、ダム1つの時より長い時間、水を流す事ができます。つまり、電圧、電流、電気の強さは、同じだが、電気の量が多くなったので、長持ちすることが説明できます。
次に直列の場合です。
直列の時は、ダムの上にダムが繋がるので、ダムの高さが高くなります。上のダムから水を流すと下のダムの貯蓄水が溢れるので、水の勢いを上げて貯蓄水を捨てます。水の勢いが増したので、水車の回転も速くなります。
ダム1つの時と違うのは、ダムの高さ、水の勢い、水車の回転です。
なので、直列の場合は、電圧、電流、電気の強さが上がります。電気の量は、捨てる水の勢いを上げたので、貯蓄水の減る早さが並列の時より早くなります。つまり、並列の時より長持ちしません。

かなり、こじつけのたとえ話ですが、どうでしょうか?
小学生にとって電気は、実験体験する事で納得し易いと思うのですが

小学生に教えるたとえ話が分からないという質問でよいのですよね。
私なりに考えたのですが、この電気の症状を水流で例えるには、限界があると思います。なので、こじつけで納得させるしかないと思います。
それを踏まえて、私なりの解釈を考えました。
私が小学生の頃は、『電圧』と『電流』と『電気の強さ』と『電気の量』という単語を使っていたような気がします。
イメージは、山の川を想定します。その川には上流にダム、下流に水車があります。
この時に、『ダムの貯蓄水は電気の量』、『水車の回転は...続きを読む

Q異なる電圧の電池を並列つなぎにしたら

起電力1Vの電池と、1Ωの抵抗があったとします。
電池を1個─1個の並列で抵抗につないだら、理想的には1Aの電流が流れますよね。
  ┌電池┐
─┤   ├─
  └電池┘

で、疑問に思ったのですが、電池を1個-2個で並列にして1Ωの抵抗につないだら、何Aの電流が流れるのでしょう?
電池を並列につなぎ、片方は1V、もう片方は2Vの起電力を持たせるという意味です。


わかりにくくてすみません……。
数式による説明もある程度理解できると思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今までの解答に書かれていることに少し疑問を感じます。
「無限大の電流が流れて一瞬にしてお釈迦になる。場合によっては爆発する・・・。」
こういうことは起こらないのではないでしょうか。

子供が電池をいろんなつなぎ方をして遊んでいることがあります。乾電池3つを1.5Vと3Vにしてつないでいることはありそうです。「一瞬にして・・・」というのであればつないだ瞬間に事故になるのですからもっと事故例が多くなるでしょう。
電池ケースの中に入れっぱなしにしていれば事故になるかもしれないという意味だろうと思います。

電池は内部で化学反応が起こっています。
電池の中にある物質の起こす化学反応に相当する電圧は普通1~2Vです。乾電池の1.5Vはそういう反応のひとつです。自動車用のバッテリーは1つ2Vの電池(鉛蓄電池)をいくつか組み合わせたものです。
鉛蓄電池は電圧をかけると逆反応が起こります。充電が出来ます。鉛蓄電池は積極的に逆向きに電圧をかけることで使われています。充電式の電池では逆向き電圧をかけても大丈夫です。
乾電池は充電の出来ない電池です。充電ができないというのは電圧をかけても逆の反応を起こさせることが出来ないということです。でも電池の中には色んな物質が入っていますからそれらが反応する可能性はあります。それを調べるのには使いきった乾電池に電圧をかけてみるといいでしょう。多分電流はほとんど流れないと思います。その電圧で起こる反応が内部になければ電流は流れません。持続的に反応が起こるように物質が配置されていなければ電流が流れません。電極表面の近くにある物質だけが反応して終わりということになるかも知れません。そういう意味では絶縁体です。
乾電池は内部抵抗に相当する抵抗を持った導体ではありません。もしそうであれば使いきった乾電池に電圧をかけるとショートしたのと同じ事になるはずです。
電圧をかけて起こる可能性のある反応の中で注意するものは水の電気分解です。感電池には塩化アンモニウムの入っているものもありますから塩素の発生もあるかもしれません。こられは気体が発生しますのでたまると破裂の可能性があります。鉛蓄電池では充電時に水の電気分解も起こります。このとき発生する気体を逃がすか水に戻すかの対策が採られています。
乾電池でも水の電気分解の起こる可能性はありますが瞬時に起こると言うレベルのものではないでしょう。

1Vの電池に2Vの電圧を実際にかけてみて調べたわけではありません。予想です。
・電池の起電力以上の電圧を逆にかけると電池反応が起こらなくなる、
・逆反応が継続的に起こるためには電池内部の物質がそのように配置されていなければいけない
・水の電気分解のような副反応は起こる可能性がある。
(水の電気分解に必要な電圧以上の電圧がかかっている場合です。)
・電流が流れなければ絶縁体をはさんだのと同じになる
いずれにしても瞬時に何かが起こるというものではありません。入れっぱなしは危ないです。
いかがでしょう。

今までの解答に書かれていることに少し疑問を感じます。
「無限大の電流が流れて一瞬にしてお釈迦になる。場合によっては爆発する・・・。」
こういうことは起こらないのではないでしょうか。

子供が電池をいろんなつなぎ方をして遊んでいることがあります。乾電池3つを1.5Vと3Vにしてつないでいることはありそうです。「一瞬にして・・・」というのであればつないだ瞬間に事故になるのですからもっと事故例が多くなるでしょう。
電池ケースの中に入れっぱなしにしていれば事故になるかもしれないと...続きを読む

Q豆電球の明るさが並列回路の方が明るいのはなぜですか?!?

並列回路と直列回路を比べたとき,並列回路の方が豆電球が明るくなるのはなぜですか?
そのとき豆電球と乾電池は同じものを使いました。
教えて下さい!!回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

豆球を並列にして電源に繋ぎますと、豆球それぞれに電源の電圧がかかりますから豆球1個の時と同じ電流がそれぞれに流れて光ります。豆球を直列にして電源に繋ぎますと、直列の豆球の合成抵抗は豆球1個の時の2倍になります。豆球直列の両端には電源の電圧がそのままかかりますが、豆球1個には電源電圧の半分の電圧しかかかりません。つまり豆球直列の場合には同じ電源に繋いだ豆球1個の場合に比較して流れる電流が半分にしかなりませんのでその分暗くなります。オームの法則で全て理解できる事ですので良く考えて下さい。

Q乾電池のプラスマイナスを逆につなぐと

乾電池3個を、次のようにつなぐと、電流が流れるという説明を聞きました。
 
 ↓

【+-】【-+】【-+】

 一つでも、プラスマイナス逆に、乾電池が接続されていれば、これは流れないだろうと、なんとなしに信じていたのですが、そうではないとのこと。上の図でいえば、「左側にマイナスがある電池」が二つだから、こっちの方がパワフル。だから、その「パワフル」の向きに電流は流れるとのことでした。

 そのまま覚えてもよいのですが、どうも腑に落ちないというか…どうしてそういうことが起こるのかを、理解したいです。
 かなうならば、専門用語なしで、比喩などで説明して頂けるとありがたいです。
 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

電圧は目に見えないので理解しにくいですが、水の流れにたとえると比較的分かり易いです。
下記の図のように、【+-】が連結する(赤線)と、赤丸どうしでみれば、結局「緑線」のような傾斜となり、電流が流れるのです。

Q電地のプラス極から「豆電球」を点灯して

小学生の娘からの質問で私にはまったく分かりませんのでお聞きしたいのですが?

電地のプラス極から「豆電球」を点灯してマイナス極に戻る流れの中で。
「豆電球」を点灯したあとマイナス極に戻る所は何が戻ってるの?
という質問です。
何が電池に戻っているのでしょうか?

母子(頭脳は共に子供)にお教え下さいませ。

Aベストアンサー

苦労されているようですね。

まず、電子がマイナス極から出て、プラス極に戻るというのは良いでしょうか?
ややこしいですが、他の方の回答にあるように、電流はこっちに流れると決めて
しまったあとで、実際に電子が逆方向に流れているということがわかったため、
マイナスの電気を帯びた粒子が電流と逆方向に流れるという説明にしたそうです。

さて、水路を考えます。水は高いほうから低い方へ流れます。電子はマイナス極
を高いと感じ、プラス極を低いと感じます。マイナス極から出た電子は水が高い
方から低い方へ流れるようにプラス極へと流れます。電池はそれをもう一度高い
ところへ汲み上げる働きをします。

次に水路の途中に水車を置きます。水は水車を回しますが増えも減りもせず流れる
じゃないですか。電子も違うものになるわけでも、減るわけでもなく、プラス極に
もどるのです。

さて、電球で起こっていることを説明します。今度は水のかわりにビー玉で考えま
しょう。電線の中を電子は何の邪魔も無く流れるのではありません。必ず電線を
構成している金属の原子があり、電子が通るのを邪魔します。丁度ビー玉を転がす
道に釘が打ってある感じです。これを抵抗と言います。普通の電線はその釘の数が
少ないので抵抗が少ないのですが、電球の所はその線が細かったりして抵抗が高く
してあるのです。丁度幅が狭く、釘がたくさん打ってある感じ。そこをビー玉が
流れるときっと音がたくさん出るでしょう。電子も原子にたくさんぶつかりながら
ながれると原子の振動が大きくなります。どんどん振動が大きくなると、温度が
上がります。少しだとちょっと赤い感じ。それがだんだんオレンジになり、黄色に
なりというように、温度が上がると明るくなります。空気中だと線が焼けきれて
しまうので、電球の中は空気を抜いて真空になっています。これが電球です。

もう一度いいますけど、原子を振動させた電子はどこに行くわけでもなく、また
プラス極に戻ってきて、「高い」マイナス極に電池によって汲み上げられ、また
流れるのです。

苦労されているようですね。

まず、電子がマイナス極から出て、プラス極に戻るというのは良いでしょうか?
ややこしいですが、他の方の回答にあるように、電流はこっちに流れると決めて
しまったあとで、実際に電子が逆方向に流れているということがわかったため、
マイナスの電気を帯びた粒子が電流と逆方向に流れるという説明にしたそうです。

さて、水路を考えます。水は高いほうから低い方へ流れます。電子はマイナス極
を高いと感じ、プラス極を低いと感じます。マイナス極から出た電子は水が高い
...続きを読む

Q検流計と電流計の違い

検流計と電流計は 道違うのですか?
教えてください><

Aベストアンサー

VANILOVEさん、今晩は。
基本構造は同じですが、目的が違います。
電流計は、電流量を定量的に測定する装置
検流計は電気がどっち向きにどのくらい流れているか調べる装置
です。針付きアナログメータでは、
検流計はセンターゼロ、電流計はゼロ点が左端にあります。
電子測定器なら正負は関係ありませんが、針付きアナログメータでは、電流計に負の(逆の)電流を流すと壊れると言われていました(ストッパがあるので本当に壊れるかは疑問)。

Q電池の逆接続についての質問です。

電池の逆接続についての質問です。
電池1本しか使用しない電気小物に誤って電池を逆に入れてしまったところ、逆に入れたにも関らず、普通に動きました。そんな事もあるのかと思い、電池業者のサイトなどを調べてみたところ、2~3本の電池を使用する電気小物は、誤って逆に電池を入れてしまっても動く事があると出てきますが、1本のみの電池で動くといった情報はどこにも載っていません。1本のみで動くのは何故でしょうか?ちなみに強弱調節スイッチがあるのですが、電池を逆に入れたときは"弱”は動きませんでした。どなたか詳しい方がいらっしゃれば教えてください。不思議で気になって仕方ありません。

Aベストアンサー

作動自体は他の皆様の回答通りにモーターが逆回転するだけだから大丈夫ですが、強弱切り替えで、弱の時には多分サイリスタが使われているために、モーターへの電流が流れなくて動かなくなるんだと思います。

Q直列回路と並列回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのか

道筋が一本の回路と道筋が枝分かれしている回路ではなぜ豆電球の明るさが違うのですか??
直列回路より並列回路の豆電球のほうが明るいのはどうしてですか??

Aベストアンサー

豆球ひとつの両端にかかる電圧が異なるからです。並列につなぐと電池そのもの電圧がもろにかかり、直列に繋ぐとそれぞれの電圧は半分になります。電流の強さは電圧に比例しますから、ワット数が大きくなり、それだけ明るく輝くことになります。

Q電圧(起電力)の異なる電池を並列に接続した時の弊害について

こんにちは。
電圧(起電力)の異なる電池を並列に接続してはいけないとある本で読んだのですが、
なぜしてはいけないのか、その理由を教えて貰えないでしょうか?
お手数ですが気になっているので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 一般の乾電池には
「充電はしないこと!爆発する危険性があります」
と書かれたのをよくご覧になると思います。

 起電力の異なる電池を並列につなぐということは、
起電力の低い電池を充電していることになるのです。

 よく電圧は、水圧に例えられますが、
A:10気圧のポンプ
B:1気圧のポンプ
 この2台があったとして、水路を並列につないでみます。
 Aのポンプは10気圧で送りますから、ポンプの先は
10気圧になります。
しかし、Bのポンプは1気圧でしか送れませんから、
逆に9気圧で押し戻され、Bのポンプは逆流を起こしてしまうのです。

 これを電気の流れで考えれば、Aの電池が、Bの電池を
充電する形になるわけですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング