『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

浜田省吾さんは、何故いつもサングラスをしているのですか?
昔、聞いた事あるのは、目に障害がある為いつもサングラス
をかけていると聞いたことがあります。

また公開されているもので、サングラスをしていない
浜田省吾さんが見れるものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どうも今晩は!



Wikipediaによれば、「サングラスをかけだした由縁は好きなミュージシャン―ボブ・ディラン、
スティービー・ワンダー、ジョン・レノン―がみんなサングラスをかけてたから真似してかけた
というのもあるが、本人曰くドラムは目立たないから何とかして自分を売り込もうとした苦肉
の策であったらしい。」とされていますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E7%94%B0% …

浜田省吾さんが目に障害がある、という話は寡聞にして知りませんでした。
タモリさんの間違いじゃないですよね。

また、サングラスなしの写真等も写真週刊誌「フライデー」によるプライベートの隠し撮りくら
いしかないと思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa63907.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://www5a.biglobe.ne.jp/~rojiura/hamasho/enjo …


ご参考まで
    • good
    • 10

アナログ版の”生まれたところを遠く離れて”の歌詞カードに節目がちでは有りますが乗っています。

どうしてもというなら中古レコードで入手すれば良いかも。多分100~500円くらいではないでしょうか?以前はそれくらいで見かけました。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浜田省吾の素顔

TVにあまり出演しないミュージシャンというのは何人かいますが、その中でも浜田省吾は得別だと思います。私は一度もTVで見たことがありませんし、写真でもいつもサングラスをしていてどういう顔なのかわかりません。浜省はTVに出たことがあるのでしょうか?もしあるならどのくらい前のことですか?サングラスをとった顔をTVや雑誌等で見せたことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はるか遠い昔「風を感じて」で夜のヒットスタジオに地上波放送には1度出演しています。最近は、スカイパーフェクトTVのチャンネルに、オンザロードのドキュメンタリー番組3部作の中で出演しています。僕は20年以上ファンを続けてきています。省吾はあまりTVメディアには出てこないので、その3部作を見たくてわざわざスカイパーフェクトTVにはいってしまいました。とてもおもしろかったですよ。現在再放送もしてると思います。
昔のコンサートでは、開演前にロビーでタバコをふかしながらお客さんの入りなんかを、サングラスをはずして、しょっちゅう見てたみたいだけど、最近はしないみたいですね。

Q浜田省吾さんはお父さん?

浜田省吾さんには本当に子供はいらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

先日,ラジオで浜田省吾さん本人が「子供はいません」といっていました.
あのI'm a fatherは浜田省吾さんの友達には子供がいるので,その人たちを見ていて作った(定かではありません.このようなことを言っていました.)と言っていました.

Q浜田省吾の歌詞に女性は共感できますか?って言うか好きですか?

はじめにおことわりをm(__)m
私は特にファンというわけではありません。
アルバムもサンドキャッスルと、ドラマの主題歌になった
曲くらいしかしらないので、かたよった視点からの質問に
なっているかもしれません・・。

では本題です。

浜田省吾のバラードにでてくる女性やストーリーって
完全に男目線で、安易な安物のドラマっぽいといいますか
体育会系男子の妄想っぽいというか、昭和中期の青春ドラマ
くさい感じがしています (^_^;)ファンの方すいません。

でも、と言うか、だからこそだと思うのですが、非常に
男心をくすぐるし、あっというまに歌詞の世界に浸れたりします。
私は年一回くらいのペースで無性に浜省が聞きたくなります。

そしてその年一回のマイ浜省ブームが今朝からキテいまして
朝から[君に会うまでは][片思い][丘の上の愛]などなど聞いていて
ふと思ったのですが、これら浜省バラード系の歌詞に女性は
共感できるのだろうか?と。

そこで、主に女性の意見をお伺いしたいのですが
浜田省吾のキャラやルックス、曲(メロディー)は抜きにして
純粋に歌詞のみについて、共感できたり、大好きだったりする
のでしょうか?

よろしくお願いします。

はじめにおことわりをm(__)m
私は特にファンというわけではありません。
アルバムもサンドキャッスルと、ドラマの主題歌になった
曲くらいしかしらないので、かたよった視点からの質問に
なっているかもしれません・・。

では本題です。

浜田省吾のバラードにでてくる女性やストーリーって
完全に男目線で、安易な安物のドラマっぽいといいますか
体育会系男子の妄想っぽいというか、昭和中期の青春ドラマ
くさい感じがしています (^_^;)ファンの方すいません。

でも、と言うか、だからこそだと...続きを読む

Aベストアンサー

浜省好きです。

でも、歌詞先行ではなく、
あの声ありきですね。

でも、歌詞も分かるって部分が
あります。

Q浜田 省吾さんの奥さんって

もと芸能人だったのですか?
それとも、普通の人ですか?
レコードの、ジャケットの中で手をつないでいる人
が奥さんって聞いたのですが、普通のひとっぽいですね。
浜田省吾さんに詳しい方教えてください。
東京のどの辺に住んでおられるのですか?
そっと影からでもみてみたい。ただいま。全国ロード中。
奥さんも一緒なのかなあ。子供さんいないし。
こんなにお家を空けて、可哀想ですね。
何でもいいですから、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般の方のようです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101504795
大学時代の同級生だった方ですから・・・


http://okwave.jp/qa2972872.html

Q何故、浜田省吾のチケットは取りにくいか?

浜田省吾さんのチケットは、どこの会場でも即完売、
そしてオークションでの値段は何万単位(場合によっては10万単位)。

何故、彼のチケットはこんなにも取りにくいのでしょうか?

Aベストアンサー

いきたい人の数に対して箱(会場)が小さく、公演数も少ないからですね。
武道館あたりで適当位。
東京ドームなら完売しないでしょう。

Q浜田省吾って人気があるの?

今度、浜田省吾がコンサートに来ます。
地方都市だし、昔からいる方なので、
そんなに人気がないだろうなぁと思っていたら、
チケットがなかなか取れませんでした。

結構すごい人なのですか?

Aベストアンサー

どうもこんにちは!

私は別に浜田省吾のファンというほどではありませんが、コンサートも行き
ましたし、アルバムも何枚か手元にあります。

広島出身の彼は吉田拓郎のツアーバンドなどをしていた「愛奴」で活動して
いましたが、1976年に『路地裏の少年』でソロデビューしました。
1979年にカップヌードルのCMに使われた『風を感じて』がスマッシュヒットと
なりますが、あまりセールスには恵まれませんでした。
コンスタントに楽曲を発表し、地道なライブ活動によって確実にファンを獲得
していったといえます。
その後、1992年にTVドラマ「愛という名のもとに」の主題歌として発売された
『悲しみは雪のように』(実は1981年リリース曲のリメイク)が初のオリコン・シン
グルチャート第1位に輝き、その地位を不動のものとしました。
この人気は今も根強く続いており、現在行っているON THE ROAD2006-2007も
好評のようです。

トレードマークはサングラスで、TVへの露出も少なく、サングラスを外した
写真もほとんど見られません。
無名の頃、ギターを抱えて乗ったタクシーの運転手に「ミュージシャンなの?」
と聞かれて「はい、浜田省吾っていいます」と答えると「あぁ知っているよ。
サングラスしていたから分からなかった」と言われたというエピソードは有名
です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E7%94%B0%E7%9C%81%E5%90%BE

どうもこんにちは!

私は別に浜田省吾のファンというほどではありませんが、コンサートも行き
ましたし、アルバムも何枚か手元にあります。

広島出身の彼は吉田拓郎のツアーバンドなどをしていた「愛奴」で活動して
いましたが、1976年に『路地裏の少年』でソロデビューしました。
1979年にカップヌードルのCMに使われた『風を感じて』がスマッシュヒットと
なりますが、あまりセールスには恵まれませんでした。
コンスタントに楽曲を発表し、地道なライブ活動によって確実にファンを獲得
していっ...続きを読む

Q浜田省吾は、今活動しているのかな? 知っていたら教えて下さい。

浜田省吾は、今活動しているのかな?
知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

https://sh-otr2015-2016.jp/
公式HPによると9月から年末にかけて全国ツアーが開かれますね。
現在(6月12日)活動しているかどうかは不明ですが。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q浜田省吾と尾崎豊の違い

浜田省吾と尾崎豊の音楽の雰囲気がとても似ているように感じます。
特に詞の内容がそう思います。
そこで、みなさんにお聞きしたいのが、
二人の音楽における違いについてです。
根拠のあるないに関わらずいろんな意見が聞けるとうれしいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この二人、二人をミュージシャンとして育て上げたプロデューサーが同じですよ。

さて、二人の違うところですが、浜田省吾は自分のことを歌いつつ、すべてをさらけ出さない(サングラスかけてるし)が、尾崎は全部歌ってしまうところが違いますよね。また、浜田省吾はかなり歳をとってからようやく人気が出たので、自分の事を冷静に見ることができた点で若いころに売れてしまった尾崎よりもかえってよい結果になったのかもしれません。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む


人気Q&Aランキング