プロが教えるわが家の防犯対策術!

ふと思ったのですが、金額や数値など、1000以上の数にはよく桁区切りのカンマがついていますが、どうして西暦にはついていないのでしょうか?
遠い将来、西暦2,497,328年とかなった時に初めて使われるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

面白いことに疑問を持ちましたね。


これは何の文献を調べた訳ではなく、私の考えなのでいつか機会があったらしかるべき人に聞くことをおすすめしますが。

金額その他のように、際限なく膨らむ可能性のある数字は読みやすく、扱いやすくするため、カンマをふる必要がありますが、一方、西暦年数のように数が簡単に増えないものにはカンマが必要ないということではないでしょうか。もともとカンマは数字を扱いやすくするためのものですから。 因みに西暦にカンマをつかうとすると
最初のカンマは    西暦 1,999 から 9,999 ですね
次にカンマを必要とするのは  西暦 1,009,999 年です
この時代に地球があるかどうかも疑問ですし、当時の人には想像もつかない年月だったに違いありませんね。

今日はあなたのおかげで頭の体操をさせてもらいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なぜこんな疑問が湧いたかといいますと、先日買い物をした時に
たまたま支払額が2007円だったんです。「あー西暦と同じだ。
珍しいなー」とレシートを眺めていると、それには『2,007円』と
当然のごとく打たれているのに西暦は『2,007年』としてみると
なんとなく違和感があることに気がついたからです。
まあ、千や万のくらいまではつけないかもしれませんね。

お礼日時:2007/09/19 18:26

NO.1, 2 の方と同じ趣旨ですが、「富士山の高さは3776m」、


「高気圧が1016ヘクトパスカル」とかも同じでしょう。
4桁までなら区切りがなくても把握できるので、最大4桁の
ものは区切り無し、と思います。
    • good
    • 0

こんにちは。


金額のカンマはぱっと見た瞬間でも桁数がわかり易いように便宜的に用いられているに過ぎません。
ですから西暦のように今のところ最大でも四桁しかないような数字には用いる必要がないのです(紀元前の遠い昔のことを並べた数字ではあまり表しませんし)。
確かに質問者さんが仰るように「2,497,328年」などになった場合には用いられる可能性はあるかと思いますが、金額のように雑多な年号が混じり合って並べてあるような状況というのも「考古学」や「歴史」などの分野に限られそうですから、そういう場面でのみということになるようにも思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60' or '60 アポストロフィーの正しい位置は?

英語で、西暦の下二桁のみを表す際の、
アポストロフィーの位置なんですが、、
右、左どちらが正しいのでしょうか?
例えば、1960年の場合、60' '60
検索しても両方でてくるので、、
どちらでもいいのかな?と思ったリもします。

どちらが正しいのでしょう?

Aベストアンサー

英語では原則はアポストロフィーを付けない(出来る限り4桁で書いたり 1978-79, 1978-9 などとします)のですが、'98-Proceedings などと前に付けることがあります。

Q年号表示’05なの05’なの?その意味は?

年号表示を略す時に 
2005年を05’みたいに
’を付けますよね。
それって年号の前なの?’05
後ろなの?05’
そしてその意味は?

教えてください。

Aベストアンサー

'05が正解です。
「'」(アポストロフィー)は、単語などを部分的に省略したことを意味し、ご質問の場合は「20」を省略したことにより、その省略した位置に「'」を付けます。

I am → I'm
going → goin'
などなど・・・

蛇足ですが、X'masは、正式には間違いです。
この場合は、Christmasの「Christ」→「X」に置き換えているだけで、省略ではありません。

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q数字を書くときに3桁ごとにカンマを打つことについて

数字を書くときに3桁ごとにカンマを打ちます。けれど日本語の単位は4桁ごとにくりあがります。万、億、兆というように。金融関係の人は慣れているのでしょうが、長い桁になると指で数えないといくつなのか分かりません。昔の小学校では4桁でカンマを打つように習った覚えもあるのですが…。
なぜ3桁でカンマを打つのか、どなたかおしえていただけないでしょうか?単にアメリカに合わせているだけなのでしょうか?
たいした意味がないのであれば、4桁でカンマを打つようにみなでかえられないものでしょうか?

Aベストアンサー

西洋の言語では、大きな数を表す単語が、千、千の2乗(百万)、千の3乗(10億)、と千倍ごとに(=3桁毎に)呼び名が変わるために、西洋人が自分たちの便宜のために始めた習慣が、世界に広まってしまいました。
アメリカにあわせているのではなく、それより古い時代からヨーロッパ式が世界標準になったもの。

ちなみに他の人が回答しているように、英米式は3桁毎にカンマで小数点はピリオドですが、フランス等では3桁毎にピリオドで小数点はカンマという習慣ですね。

日本がこれを変えるのは現実には無理です。
というのも、いまや日本の企業は毎日外国と大量の商取引をしており、外国人、外国企業と諸連絡を行うとき、世界の標準と違う不便なやり方をすることは考えられないから。

Q西暦の2桁表記に使うアポストロフィ

いつもお世話になっています。

下記2点について質問があります。よろしくお願い致します。

(質問1)
西暦を2桁表記で表したいのですが、2桁の数字の直前に挿入するアポストロフィは、引用符(始)「‘」、引用符(終)「’」のどちらが正しいのでしょうか。

(質問2)
他の資料等を見ると、始め/終わりの区別のない垂直なダッシュが使われているのですが、これも字体の異なるアポストロフィのようです。どの字体に変更すればこの垂直なダッシュになるのでしょうか。

Aベストアンサー

質問1について

「アポストロフィ」と入力して変換キーを押すと
「’」(引用符(終))と表示されますので、こちらの方が正しいのでしょう。


質問2について、

半角の「'」のことでしょうか?フォントに依っては垂直なダッシュになるかも知れませんね。
公的な論文などの文書では、数字や英字は全角を使わず、半角を使います。
ですので、アポストロフィも、変換モードを無変換にしてShift+7を押したときに表示される
「'」になります。キーボードで英語入力のものはキーボード上に当然ひらがなは
書かれていませんが、数字の上の記号、もちろん「'」も表示されています。
これはつまり、英語入力のときのアポストロフィはShift+7を使うということです。

それとも、全角の「´」のことでしょうか?
これでしたら、やはり「ダッシュ」と入力して変換キーを押すと表示されます。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qビジネスの文書における、数字の半角、全角は?

ビジネス文書では、一桁の数字は全角、二桁以上なら半角で書くように、と学校で言われました。
例えば「5月20日」5は一桁なので全角、20は二桁なので半角で書けということらしいです。
これって一般的なのでしょうか?
昔勤めていた会社では、一つの文書内では、全角もしくは半角で統一するように、といわれた記憶があるのですが。
詳しい方がいらしたら教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

>学校で「5月20日」5は一桁なので全角、20は二桁なので半角で<
 このルールは、1980年代のワープロ全盛期に主流でしたが、1995年の
Windows 95 出現で、パソコン全盛期から衰退しはじめています。
 
 もともとは、教科書の印字書体が(原則として)等幅表示だったので、
一行の寸法をそろえるため、印刷業者が自主的に統一していたのです。
 これをタイプ業者が踏襲、学校も、標準表示と奨励したのでしょう。
 
 それ以前の、活字印刷(百科事典や国語辞書)では、活字と活字の間
に木片を挟んで、ムリヤリ行末をそろえる熟練工が存在したのです。
(もとは、グーテンベルグ以来の印刷術には、不可欠の神技でした)
 
 アルファベットの字幅「i<o<w」は、ひらがなよりも不ぞろいで、
英字の大小全半角「O:o:O:o」と、数字の全半角「0:0」が、煩雑に
区別されます。ふしぎなことに等幅だと、かえって読みにくいのです。
  
 その欠点を一挙に解決したのが、1980年代に写真植字機が開発した
コンピュータによる自動プロポーショナル・スタイルだったのです。
 こうすると、半幅数字の全半角「0:0」がほぼ等幅になります。
 
>どちらかに統一したほうが、読みやすさや見栄えの点から<
 ワープロ時代は、行末をそろえることが見栄えがいいと考えられたが、
パソコン時代にはソート(並び換え)機能のため半角統一に向かいます。
 
 パソコンのデータ・ベース機能を優先すると、半角と全角の混在は、
不都合です。「5月20日」と「12月20日」を見たまま認識すると、逆に
並ぶため「:5月20日(:=スペース)」または「05月20日」と打ちます。
 
 なぜか、いまだに「5.20 とか 12.20」と打たせる編集者がいますが、
「0520 1220」のほうが理にかなっています。わたしは西暦をくっつけて
「00000520 20061220」紀元前は「-9990101 -0001231」を推奨します。
 
 エディタやメール・ソフトでは(原則として)半角カタカナを拒否す
る機種がある一方で、住所録ソフトなどで、郵便番号や番地にかぎり、
全角数字を強要する例もあります。
 
 半幅に統一すれば、すべて解決するかといえば、かならずしもそうで
はないのです。下記の「4色輪転機」などは「:4色」とか「四色」だと
しっくりしません(目をつぶって全文一括置換することになりますが)。
 
 わたしは、半世紀以上、すなわち小学生時代のガリ版から石版印刷、
オフ輪(オフセット4色輪転機)にいたるまで、ほとんどの印刷形式を
経験しましたが、ついぞ(このような)ルールは存在しなかったのです。

>学校で「5月20日」5は一桁なので全角、20は二桁なので半角で<
 このルールは、1980年代のワープロ全盛期に主流でしたが、1995年の
Windows 95 出現で、パソコン全盛期から衰退しはじめています。
 
 もともとは、教科書の印字書体が(原則として)等幅表示だったので、
一行の寸法をそろえるため、印刷業者が自主的に統一していたのです。
 これをタイプ業者が踏襲、学校も、標準表示と奨励したのでしょう。
 
 それ以前の、活字印刷(百科事典や国語辞書)では、活字と活字の間
に木片を挟ん...続きを読む

Q「輩(やから)」ってどういう意味ですか?

テレビやラジオで関西の芸人さんが「ヤカラや」って言ってるのを聞いたことがあるのですが

意味が分かる方、教えてください。

関西方面の言葉(大阪弁)なのでしょうか?

Aベストアンサー

大阪出身のものです.
疑問に思われたということは,一般に使われている「・・・する人たち」というような意味ではなく,いきなり一つの名詞のようにして「やから」が出てきたのではないですか?
もしそうなら,それは「やくざや不良など,理不尽な言い分を押し付ける人」という意味に使われているものです.特にやくざ限定というわけではなく,街のおっさんでも,変な因縁をつけてきたら,やからです.
また,「やかられる」(=因縁をつけられる,からまれる)などという言葉もあります.

QEPSファイル:どうやれば見れますか?

ホームページの素材として、業者から自分がだした広告のデータをいただきました。
いざホームページを作ろうとしたら
業者からもらったデータは全部EPSファイルでみることができませんでした。

どうやればみれるのでしょうか?
フリーソフトがあればそれですぐにでもみたいのですが。

Aベストアンサー

No.2です EPSを変換するともとの画像ファイルになります

Q「一つひとつ」とどうして前は漢字で書くのか?

よく文章を読んでいると、「一つひとつ」という表現のように、前の方は漢字、後の方はひらがなで書いてあるのを目にします。これはどうしてなのか、知っている方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

良く似た言葉で、「ひにち」を「日にち」と書くというのがありますね。

とある国語学者のサイトに、以下のような記述がありました。

(引用開始)
現代の日本語の表記は、概念や内容を表す部分(=活用語の語幹・自立語)を漢字で書き、文の中での働きを表す部分(=助詞・助動詞など。接続詞も?)を平仮名書きするのが大体の傾向である。だから、書かれた文は「漢字ではじまり、平仮名で終わる」という目印を手掛かりに、より小さい単位に分けて認識されることになる。私たちは、その単位を(半ば以上、無意識のうちに)認識しながら読み進めている。
(引用終了)

漢字ではじまり平仮名で終わる表記が、日本語として読みやすいということのようです。

http://www.gifu-u.ac.jp/~satopy/kini060.htm#4


人気Q&Aランキング