ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

アイアンのセットを購入しようか迷っています。
今使用しているのは20年前に買ったビギナー仕様の安物です。

今まで年間ラウンド数5R、アベレージ105で、ここ10年程殆ど練習もしていませんでしたが、
最近15年ぶりにドライバーを買い換え、その性能に驚いてからは、練習場に通う毎日です。
ドライバーはあのヘッドの大きさといい誰が見ても昔と今とでは全く違うことはわかりますが、
アイアンとなると、やっぱり腕次第かなーと、なかなか思い切れません。
道具に関して全然知識の無い私に、打ちやすく、ミスショットの少なくなるようなアイアンが
あれば、教えてください。
恥ずかしながらショップや知り合いのクラブで試打した事は無く、
自分のアイアンしか知らない、浦島太郎状態といえばいいでしょうか。
44歳、ドライバーは平均260ヤードです。(自称OBキング!?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

何を恐れていらっしゃるのですか?


ゴルフショップの試打は遠慮はいりません
気軽にクラブの話をしながら
「打ってみたいな」と言えば打たせてくれます
後でクラブの感じを話せばいいのです
「軽いな」とか、「ヘッドが効いてるな」とか
「シャフトが柔く感じるな」とか
店員はお客様と話しながらいろいろな事を学んでいます
一緒に自分の知りたい事を学ぶのです
話しながら
最後に「もうチョット考えてみるよ」と言えばいいのです
「また来ます」と言えばそれで済みます

今のクラブを先入観無しに打ってみてください
論より証拠、目が覚めると思います

アドバイスまで
    • good
    • 7
この回答へのお礼

「先入観無しに打ってみてください」・・・
その通りですよね。
道具の良し悪しを追求するレベルじゃないという
今までの無頓着な考えを捨てて、
ゴルフショップへ足を運んでみます。
そして、autoroさんのアドバイスのようにまっさらな頭でまずは打ってみることにします。
最寄のショップまで2時間程かかるという不便さはありますが
暇を作って1日でも早く行ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 11:18

私の実経験を一つ!



ゴルフを始めて2年弱・・・
始めたときに会社の先輩から相当古いマクスフライのツアーモデルをいただき練習に勤しんでおりました
最近までこれが自分のアイアンの基準でした

今年の全英オープンを観ていてガルシアの使っていたアイアンがとてもデザイン的に気に入って、
そのことをマクスフライをくれたのとは別の先輩に話したところ、あれは難しい、止めとけとしきりに言われましたが、
結局、酔った勢いでヤフオクで買ってしまいました

が、振りやすさが格段に上がりましたし、芯をはずしたときの飛距離のロスや手へのしびれが少ないように感じました。

20年も経てば、上級者モデルでも進化しているのではというのが私の結論です。

お歳からいくとソールの太っいかっこ悪キャビティ(すいません、私の主観が入ってます。他意はございませんので悪しからず)なんでしょうけども、ドライバーの飛距離を考えると、最近出た、スリクソンのアイアンに軽量スチールを挿したものとか良さそうな気がします。

他の方も言っているようにお店で試打をされてみるのが良いかもしれませんね
    • good
    • 7
この回答へのお礼

遅れましたが、ありがとうございます。
やはり20年の歳月はおおきいですか・・・
まだ携帯電話が無かったころの話ですからね。
私のは薄っぺらなソールです。(キャビティって当時知らなかったのは私だけ?)今も払い打ちなのに(笑)
この前、皆さんのご意見に後押しされて「試打」に行って来ましたよ。
現在、毎晩練習してますので、もう少しレベルを上げて
もう2.3回試打しながら新しいアイアンを探したいと思っています。
勿論スリクソンの軽量スチールの品、チェックしておきます。

お礼日時:2007/10/15 22:08

>低重心って聞いたことはありますけど


>なんでしょうか。

ヘッドの重量配分上、上のほうに厚みを持たせると高重心になり、下のほうに厚みを持たせると低重心になります。
低重心になると、ヘッドをひとつの塊と考えた場合、スイートスポットも下のほうに移り、ターフを取らない地面ぎりぎりのところでヘッドを走らせればクリーンヒットできるという設計になるかと思います。
逆に高重心のものは、そのままスイングしてはミートを外しているためにぺチンといった感覚のミートになります。
なので、どうしてもターフを取るようなヘッドの上部でとらえるようなヒットの仕方になります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

低重心、そういうことだったんですね。
丁寧に説明していただき、ありがとうございます。
今後のクラブ選びの参考になりました。

お礼日時:2007/10/06 22:38

実は私も15年ほど前に購入したアイアンセットと個人的に好きなパーシモンウッドでゴルフをしております。


当時はキャビティヘッドが優しいと考えられていました。
いわゆるプロたちが使用していたコンベンショナルタイプのアイアンを手にして振ってみたとき、スイートスポットをはずしたときのグリップに伝わる衝撃は表現のしようもないものであったと記憶しております。
いまどきの優しいアイアンというのは、かなりスイートスポットが広くとられており、多少ヘッドの入り方が曖昧でも、それなりに距離がでるような発想で作られています。
低重心とか超低重心設計になっていますから、ターフを取るようなスイングをしなくても払うようなスイングでアイアンが振れます。
いちどショップで試打されてみては如何でしょうか?

この回答への補足

低重心って聞いたことはありますけど
なんでしょうか。

補足日時:2007/10/06 17:39
    • good
    • 1

>お得意先の社長に、「ゴルフでケチったら駄目だ(上手くならない)」


確かにその様に考える方は多く居られます。
しかし、ゴルフは道具だけでは無いのも事実です。
ましてや値段で比較する物ではなく、いかに自分が気に入りその道具を信頼出来るかだと思います。

シャフトに関しては、その人の力やスイング状態で堅い方が良い人と、シャフトが柔らかくシナリの反発力を利用した方が良い人と有ります。
また、ヘッドの重さを強く感じる方が良い人と、幅の狭いソールで振り抜きを大事にする人等人それぞれですから、とにかく焦らずにじっくり試し打をさせてもらい、自分に合って惚れ込めるクラブ選択を楽しんでください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。
衝動買いにならないように
慌てず、じっくりと探そうと思います。
ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2007/10/06 17:34

ひとつの判断として、あなたが20年前にどのような感じでアイアンショットをされていたのかということ。


ダウンブローでターフを取るようなショットをされていたのであれば、いまどきのやさしいタイプって合わないかもしれません。
やさしくなっているということは、そうなることで得たものもあれば失ったものもあるということで。
もともとアイアンですから、飛距離よりは番手ごとの距離がきちんと打てればいいわけですから、今までの道具でこれができるのであれば、敢えて新しいアイアンを手に入れることもないような気がしますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

勿論今までのクラブできちんと打てれば新調しようか迷うこともありませんからね。
今はやさしいタイプにどんどん進化しているんですか?
やさしいということは、打ちやすい、ミスショットが少ないということでしょうか?
もしそうなら私の場合は、まさにそういったクラブがほしいですね。
ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 12:20

ドライバーの進化は目を見張る物が有ります。


当然アイアンもウッド類ほどでは有りませんが相当に進化しています。
しかし、20年の歳月はクラブの進化以上に質問者の力の変化も見逃せません。
問題はヘッドの材質や構造よりも、それぞれの力やスイングに合ったシャフトの選択が重要かも知れません。
是非一度、貴方にあったクラブを見つけるために専門店を訪れてみてください。
勿論、アイアンは古くても使い慣れた物の方が良い場合もありますので、十分に色々な物を検討してから決められることをおすすめします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

シャフトの選択もできるんですか?
知らなかった。(ホントに無知なんです)
お得意先の社長に、「ゴルフでケチったら駄目だ(上手くならない)」
と言われたのも買い換えるか迷っていた理由です。rimurokkuさんもそう思いますか?
なんか今からうずうずしてきました。
早くショップに行かないと!
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/06 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古いアイアンと新しいアイアンの性能差について

お世話になります。

アイアンの性能について教えてください。
私は今、知り合いの方から頂いた15年ほど前のアイアン(リンクス)
を使用しています。
ドライバーに関しては近年の進化は凄まじく買い替えたほうがいいとは
よく聞くのですが、アイアンに関してはいかがなものなのでしょうか?

まだ初めて三ヶ月の初心者ですので道具を選ぶのは早いと思うのですが
性能の面で差があるようであれば買い替えを検討してみたいと思っています。
古いアイアンと近年のものの違いを教えてください。

Aベストアンサー

1. 5年ほどの違いでは、大きな違いはないでしょう。
  ですが15年違うと全く違います。

2. 上級者の方の場合では1番の半分ほどしか変わらないかも
  しれません。
  それはなぜか? クラブの進化は上級者用のクラブではなく
  初心者向けのクラブに大きく表れているからです。
  ですから打ち易さや優しさが大きく変化しているのです。

3. 15年前のリンクスと現在のトップクラスが使用するクラブを
  比べてもそのリンクスがたとえ初心者用のクラブであったと
  しても、現在の上級者用クラブのほうが打ち易いです。

4. そうすると、そのクラブを使うのは上達の妨げになるのは
  間違いありません。
  もしそのクラブがスチールシャフトなら、知らない間に
  シャフト内部から錆びが侵食し、ラウンド中に折れて
  飛んで行く可能性も無きにしもあらずです。

高価なものはいりません。 中古品で安価でいいものが沢山あります。
ご活躍期待しています。

Q古いゴルフクラブ(アイアン)の買い替えについて

ゴルフ歴2年の初心者です。
アイアンを買い換えるべきかについて悩んでいます。
アドバイスいただけませんでしょうか。
また、買い替えた方がよい場合、おすすめのクラブが
あれば、教えていただけると幸いです。

以下、長文失礼します。

父親にゴルフクラブのセット(DYKA)をもらったのを
きっかけにゴルフを楽しんでいます。
もらったアイアンが恐らく25年前とかのもので、
グリップがかなり磨り減っており、インパクトの時に、
フェースが左右にぶれてしまい、ショットが安定しない
ので、グリップを交換しようと考えておりました。

調べてみるとグリップの買い替えも1本1000円くらいは
するようなので、5I~9I、PW、SWを替えると7000円
以上かかることになります。
一方、DYKAのアイアンセットは中古で、1000円~
2000円くらいで売っているようで、このように安く販売
されているものにグリップ7000円以上かける価値が
あるのかを疑問に感じてきました。

また、ネット上で「アイアンは進化しており、古いアイアン
で上手く打てなくても、最近のものはある程度カバー
してくれるため、上達にはある程度新しいものを使用
した方がよい」との意見を見ました。
一方、会社の先輩は、古い(難しい)アイアンを使うと
上達すると言っていました。

そもそも私が使用しているアイアンが難しいものなのか
どうなのかが分かりません。
ネット上では、当時、初心者向けに用意されたクラブ
との情報がありましたので、ある程度扱いやすいクラブ
なのだと思うのですが、現代のものと比べてどうなのか
が把握できていません。

このような状況で、どのような決断にすべきかを悩んでいます。

以下の選択肢が考えられると思いますが、どう判断すべきでしょうか?
アドバイスいただきたく、よろしくお願い致します。

 (1)ある程度スイングが安定するまで我慢して今のクラブを使用する
   (グリップは交換する)
 (2)新しく購入する
   (いくら位が良いのかが全く検討つかず)

<情報>
ゴルフ歴:2年
通算ラウンド回数:5回
ベストスコア:111
現在使用しているアイアン:dyka SUPER SOLE

※ドライバー、ユーティリティ、パターは使い物にならなかったため、
 既に新しいものを購入済みです。

ゴルフ歴2年の初心者です。
アイアンを買い換えるべきかについて悩んでいます。
アドバイスいただけませんでしょうか。
また、買い替えた方がよい場合、おすすめのクラブが
あれば、教えていただけると幸いです。

以下、長文失礼します。

父親にゴルフクラブのセット(DYKA)をもらったのを
きっかけにゴルフを楽しんでいます。
もらったアイアンが恐らく25年前とかのもので、
グリップがかなり磨り減っており、インパクトの時に、
フェースが左右にぶれてしまい、ショットが安定しない
ので、グリップを交換し...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、買い換えて気分よくゴルフがしたければ買い換えればいいし
オヤジの大事に使っていたものだからなぁ・・と思うならそのままお使いになったら
いかがですか?

私、少々腕には覚え(ハンディ2dす)があるもので上から目線で大変恐縮ですが
かなりの腕前の人でも実はアイアンによってスコアが変わるなんて事は
ほとんどないんです。

よーく考えてみてください。あるいは思い出してみてください。
アプローチを除くアイアンショットでグリーン乗る確率ってどのくらいありますか?
上手な人とも回ったことがあるでしょうけど
その人は万度ピンにくっつきますか?
かなり上手くたってグリーンに乗る確率など30パーセントくらいですよ。
バックティーなどからやれば素人などほぼ0パーセント
ショートホールでまかり間違って乗るくらいです。

乗らないけど結構ヘタッピーでもグリーンには近づきます。
上手い人も近づきます。
さーそこからが上手な人とヘタッピーの差になります。
そう!アプローチとパターの差なんですよ。

つまり、アイアンの精度なっていうのはアイアン変えたからって
上がるもんではないんです。
確かに打ちやすいアイアン、打ちにくいアイアン、というのはありますが
皆さんが考えるうち安いというのはどういうアイアンを行ってると思いますか?

実際いろんな人に違う種類のアイアンを打ってもらってどうでした?
と聞くと、ウンこっちは打ちやすかったけどこっちは打ちにくかったと
言います。では具体的にどこがどう差があるんですか?
と聞くと答えられないんです。
単純に10球打ってあまりミスがなかった、というほうを打ちやすいクラブといってます。

実は打ちやすいクラブというのは芯をはずしたときにミスする度合いの少ない
アイアンのことなんです。

軌道がしっかりしていて、フェースがきちっとスクエアにボールに当たって
びしっと芯を食えばどんなアイアンでもナイスショットなんです。
特に素人は。

逆に芯をはずしたとき5mしかぶれないのと20mぶれてしまうものとがあります。
これは人に合うとか合わないとかの話ではなくあくまでクラブの性能であり
俺には合うよ、とか俺には合わない、とか言う問題ではありません。
つまりきちんと芯に当てられるスイングが出来ればほとんど変わりなく
打てるということになります。

パーオン率から見ても打ちやすいか打ちにくいか、などを見ても
アイアンなんて素人が変える意味はスコア上では実はほとんどありません。
あくまで気分の問題。

気に入った「自分に合っている!」と思えるアイアンでラウンドしても
スコアなんてほぼ変わりません。

でも、気分よくゴルフが楽しめるのならそちらのほうがいいでしょ?
だから変えたかったら気分で変えましょう。ということなんです。
技術的にはなんの効果もないことだけは言っておきます。

タダ、確かに昔のクラブより断然打ちやすくなっています。
この「打ちやすい」は先に言った芯をはずしたときのミスの度合いが
少なくなったという意味です。

要は考え方次第です。
プラス思考かマイナス思考かです。
マイナス思考といっても悪いものではありません。

芯をはずさないように打てる自信があるなら、あるいは芯をはずしたらどの道同じだ!と
思うなら今までのクラブでもいいですし、
はずしたときに少しもでミスを少なくしようというなら変えたほうがいいでしょう。

お勧めは、
アイアンを変えるくらいならドライバー、パター、アプローチウェッジ、にこだわったほうが
よほどスコアに直結します。
変えて意味がほとんどないのはフェアウェーウッドです。

ドライバーはだいたい素人は14回使います。
これがとりあえずフェアウェーにボールが行かないと
スコアはどんどん崩れていきます。
ドライバーはシャフトによって大きく左右されます。
スライスしたりフックしたり、もちろんその原因はスイングプレーンによっても起きますが
シャフトの硬軟によっても起こる事象です。
なので素人にとってはドライバーは大事です。

それからパター、それこそタッチが出るパター、まっすぐ転がしやすいパター
それこそ自分に合ったパターを使わないと全然入りません。

ラウンドで3パット3回やる人と、ワンパット3回の人と6打も違ってしまいます。
一番スコアに直結するクラブです。

そのワンパット圏内に寄せるのがアプローチウェッジ。
これも自分の感性に合ったものでないとうまくいきません。
特にバランスやシャフトのしなり(硬さ)が重要です。
これもスコアにかなり影響します。

まったく影響ないのがフェアウェーウッド。
普段練習もしないし、練習しない癖して本番で良い球なんぞ打てるはずがありません。
まぁ、ナイスショッとしたところで残り230ヤードが乗るわけでもありません。
そこそこ当たってグリーンの近くに行けばいい程度です。
どんなFWでもだいたいは当たりますし、適当にグリーンに近づきます。

アイアンだって8番9番になれば素人でも乗せてこられるでしょうが
もう6番になったらハンディ15以上の人はお手上げです。
まず乗っかってきません。
私でさえ5番アイアンでグリーンねらって乗るなんてことは滅多にありません。
でもやはりグリーンに近づきます。

そこからが勝負です。
いかにアプローチを寄せるか、寄らなかったらいかにパットを上手く打つか
これがスコアを大きく左右します。

なので、アイアンを変えるのなんて最後の最後!
まずはパター、次にウェッジ、それからドライバーの順でこだわるべきかと
思います。

私はアイアンをもう18年変えていません。変える意味がほとんどないからです。
パターも15年変えていませんが、これは合っていると思うからです。
変えない理由はそれぞれ違います。
ウェッジはさまざま試した(ここ5年でも7セットくらい)挙句
キャロウェイのビッグダディーに落ち着いてます。
それほどウェッジは微妙なものです。

以上ご参考までに申しましたが、
腕前とアイアンの関係は素人の場合ほとんどない!
ということを再度申し添えておきたいと思います。

そうですね、買い換えて気分よくゴルフがしたければ買い換えればいいし
オヤジの大事に使っていたものだからなぁ・・と思うならそのままお使いになったら
いかがですか?

私、少々腕には覚え(ハンディ2dす)があるもので上から目線で大変恐縮ですが
かなりの腕前の人でも実はアイアンによってスコアが変わるなんて事は
ほとんどないんです。

よーく考えてみてください。あるいは思い出してみてください。
アプローチを除くアイアンショットでグリーン乗る確率ってどのくらいありますか?
上手な人とも回った...続きを読む

Q10年前のクラブとの差はありますか

仕事の付き合いもあり5年ほど前からゴルフを始めた40歳です。
最近、付き合い以上に興味を持ち始めクラブの買い替えを考えています
クラブは20年ほど前に購入したものを使用していますがいつも私と変わらないスコア(100ぐらい)の年長者も飛距離では2番手確実に違います。私は5I=150~160です。打ち方に原因があるのでしょうが、20年前と現在ではクラブの性能がそんなに違うんでしょうか?
レイグランデミラクルスレッドをくれるという上司がいます。
10年ほど前のモデルだと思うんですが、買うより得ですか?
見た目は新品同様なんですが・・・・選ぶ楽しさも味わいたいし
性能的に考えると差がありますか?

Aベストアンサー

ボクは争いごとは好きではありませんのであくまでも別の視点の考え方として…
(決して反論・異論ではありません)

ある意味、ある程度の技術を持った人間は、どんなクラブでもそれなりに使いこなすことができます。
ですから、アベレージの方こそ、クラブを選ぶべきだと思っています。
例えば、ブレード型とキャビティー型のアイアンがありますよね。
(現在ではブレード型はかなり減りつつありますが)
コンパクトヘッドで重量もあり浅重心のブレード型は、その特性及び衝撃から、
インパクトロフトは小さくなります。
逆に大型で深重心のヘッド(軽量も含む)は、その衝撃にもブレにくく作ってあり、
結果インパクトロフトが大きくなり、打ち出し角が高くなります。
(最近のモデルは単にロフトを立てて飛ぶようにしているわけではありません)
一般的には、前者はヘッドスピードは速い人向きで、後者は遅い人向きとなるわけですが、
アベレージでもH/Sが速くフケ上がってしまう人もいますし、スクラッチプレイヤーでも、H/Sを上げずに
なるべくシンプルにコンパクトに狙えるように後者を選択する人も増えています。
→アベレージのミスの多さは、大振りからとも言えますしね。

メーカーも、プロが使用しているツアーモデルのラインナップとアベレージ向けのラインナップで、
素材や特徴面での技術的進化は、どちらかと言えばアベレージ向けを新モデル毎に
明確にしてきていると思います。

ただ10年前から…毎年「最長不倒距離」を打ち出しているメーカーを見ると、
???と思う感はありますけどね^^;

せかっくですから、上司の方からクラブを譲っていただいて、それ以上を求められるのであれば、
また検討されたら如何かと思いますし、180y等の少し長めのショートホール狙いであれば、
現在念頭に置いておられる、ユーティリティーの別途購入が最良と思います。
(レイグランデはライ角調整も可能なはずです)

ちなみに先日、知人がキャスコのFGというUTを中古ショップで1万円ちょいで手に入れてきたので
打たせてもらいましたが…ビックリするほどのハジけ方でした。
(私には球が上がりすぎでしたが^^;

あくまでも私感の考え方のひとつです。

ボクは争いごとは好きではありませんのであくまでも別の視点の考え方として…
(決して反論・異論ではありません)

ある意味、ある程度の技術を持った人間は、どんなクラブでもそれなりに使いこなすことができます。
ですから、アベレージの方こそ、クラブを選ぶべきだと思っています。
例えば、ブレード型とキャビティー型のアイアンがありますよね。
(現在ではブレード型はかなり減りつつありますが)
コンパクトヘッドで重量もあり浅重心のブレード型は、その特性及び衝撃から、
インパクトロフトは小...続きを読む

QSかRか悩んでます。

SかRか悩んでます。

ゴルフ初心者です。
アイアンセットを買おうと思っていますがシャフトがSかRかで悩んでます。

ショップに行き、気に入ったクラブ(ナイキのSQマッハスピード)で試打したところ7IのSスチールで150~160ヤードくらい飛んでました。
感触としては特に硬いイメージもなく普通に打てたと思います。
試打のRが置いてなかったので別のクラブのRを打ちましたが違いがわかりませんでした。

尚、HSは7Iで35前後。(ドライバーではHS38前後、持っているのはSR)
今のアイアンセットは15年ほど前のマルマンのRを使用してますが、これも特に違和感なく使ってます。

しかし、当方30代後半、ひ弱なほう。これから年齢による衰えと技術的な進歩のどちらが強いか。
衰えのほうが強ければR、技術進歩が強ければSかななんて軽く思ったりもしてますがどっちが勝つか読めません。
どうせなら長く使いたいので適正なクラブを使用したいです。

ちなみに2店舗で試打しました。
1店舗目はちょっと前のさらに初心者の頃でしたが、打ち終わった直後にRで十分ですと言われました。
今日行った2店舗目ではSでも行けると思いますが不安でしたらRでと。
悩みます・・・

みなさんのアドバイスお待ちしております。
よろしくお願い致します。

SかRか悩んでます。

ゴルフ初心者です。
アイアンセットを買おうと思っていますがシャフトがSかRかで悩んでます。

ショップに行き、気に入ったクラブ(ナイキのSQマッハスピード)で試打したところ7IのSスチールで150~160ヤードくらい飛んでました。
感触としては特に硬いイメージもなく普通に打てたと思います。
試打のRが置いてなかったので別のクラブのRを打ちましたが違いがわかりませんでした。

尚、HSは7Iで35前後。(ドライバーではHS38前後、持っているのはSR)
今のアイアンセットは15年ほど前のマル...続きを読む

Aベストアンサー

『お買い求めになられたいアイアンはスチールシャフト装着モデルでしょうか?』


スチールシャフトのアイアンなら正直どちらでも構わないと思いますよ。
カーボンのドライバーなんかと比較すると、まず長さが短く、スチールという素材自体元々硬い物ですから、カーボンシャフトのドライバーほどフレックスの違いが出難い物です。


現在お使いの"15年前"のアイアンがRフレックスとのことですが、カーボンシャフトのモデルでしょうか?
これくらい前の年式のモデルのカーボンシャフトは現在より重くて硬い物が多いです。技術の進歩でカーボンシャフトは薄く軽く作っても丈夫な物が作れるようになった関係で、年式が新しい物は昔の物に比べて軽量且つ軟らかくなっている傾向です。ということで昔のRフレックスのシャフトが現行モデルのSと同じような硬さなんてこともザラなんです。


スチールの場合大差無しということですが、やっぱりRよりSの方が硬いことは間違いありません。
初心者のうちは無理に力でシャフトをしならせるようなスイングを覚えるより、自然なタメでシャフトがしなってくれる方が望ましいという観点から言えばRがオススメです。
NSPRO950くらいの重量帯のシャフトでしたら、ドライバーのH/Sが40前後くらいでしたらR、42以上あるようであればSでも良いと思いますが、これは一般論なんで、H/Sが遅くても切り返しのタイミングやスイングのリズムが速い方は硬い方がタイミングを取りやすいと言われておりますし、逆もまたしかりです。


アイアンはクラブセッティングの軸になる物です。硬さもそうですが、重さにも注意してください。ドライバーが一番長くて軽いクラブでそこから徐々に短くなるごとに総重量が増えていき、SWが一番短く重いクラブになりますので、前後の番手間で重さが逆転するようなことがないようにフローさせていってください。


最後に・・・・新しい道具を手に入れることは初心者であってもけして悪いことでは無いと思います。なにより"やる気"になれることが一番の効果かと・・・・
自分の体力や力量にあった道具を使うことは大事なことで、初心者だからなんでも良いというのは間違っています。初心者のうちから上級者が好むようなクラブを使っていてスライスが直らないとか言うのは当たり前の話で、そんなことが理由でゴルフが面白くなくなるのは非常に残念極まりないことです。
ナイキのSQマッハスピードもどちらか言うと易しいクラブで良いと思いますよ。構えてみての第一印象や持った感じなんかがピタっとくるならそのクラブが自分に合っている可能性大です!ということで第一印象ってクラブ選びには結構大事なことなんですよ!バックフェースがカッコイイからとかでも全然OKです。重さだけキッチリ合わせてくださいね!

『お買い求めになられたいアイアンはスチールシャフト装着モデルでしょうか?』


スチールシャフトのアイアンなら正直どちらでも構わないと思いますよ。
カーボンのドライバーなんかと比較すると、まず長さが短く、スチールという素材自体元々硬い物ですから、カーボンシャフトのドライバーほどフレックスの違いが出難い物です。


現在お使いの"15年前"のアイアンがRフレックスとのことですが、カーボンシャフトのモデルでしょうか?
これくらい前の年式のモデルのカーボンシャフトは現在より重くて硬い物が多い...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Q【初心者】20年前のゴルフクラブについて

友人からアイアンセットを譲っていただき最近ゴルフを始めた者です。

クラブは20年ぐらい前のものらしく、ミズノ ダイナミック 80 のスチール製です。
これで打てるようになれば、どのクラブでも打てるようになるよと友人から
言われ、打ちっぱなし場で練習をしています。

色々な人からご指導を受けて練習をしているのですが、教えてくれる方からは
よく「こんな重い(クラブ)のよく振れるね」と言われます。
調べてみると20年ぐらい前のプロ仕様の難しいクラブのようですね。

まとも(?)にまっすぐ飛ぶのは8Iで100yです・・・。

6か月後ぐらいに、ラウンドしようねーといわれています。が上達する気がしません。そこで
予算はあまりないのですが、ゴルフスクールに通うか、クラブを購入しようか迷っています。
どっち優先がよいでしょうか。

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

クラブを替えてください。
 これで打てるようになれば、どのクラブでも打てるようになるよ
 …プロの料理人の包丁が使いこなせれようになれば確かにその人はプロ級の腕前です。しかし、そこに到達する人の確率と仮に到達した場合でも時間は膨大にかかります。難しいクラブにはそのような要素があります。難しいクラブを使えないから簡単なクラブがあり、アマチュアはそれを使うのです。

またその人は正直ゴルフを知りません。
昔のドライバー(パーシモンという木材が原料)を過去に使ったことのある40歳以上のプロは現在のチタンドライバーにうまく適合できず低迷しています。ゴルフ初期に使った道具の癖はなかなか治りません。
チタンになったのはこの20年です。パーシモン時代のクラブを使いこなせるようになることは、現代のクラブを使うことには不利に作用し「ウサギ跳び」状態といっても過言ではありません。

そのクラブを与えて方の心理は完全にはわかりませんが「自分が使ってたもにに対する肯定」「自分はそんなに難しいものを使っていたんだぞという自慢」だと思います。

20年前の「クラブに合わせてスイングを変えていく」と違い現在は「自分のスイングに合うクラブ」を選ぶ時代です。ショップの人に自分の状態やどうなりたいかを聞いてアドバイスをもらうことも簡単です。現在では2~3万円程度で中古ですがそこそこのクラブは買えます。
再度ご自身の状態などを書かれて質問されてはどうでしょうか?
今のクラブでレッスン中に行っても先生から「替えた方がいい」と必ず言われます。
(親の形見などの強い理由があれば納得しますが…)
ご参考までに。

クラブを替えてください。
 これで打てるようになれば、どのクラブでも打てるようになるよ
 …プロの料理人の包丁が使いこなせれようになれば確かにその人はプロ級の腕前です。しかし、そこに到達する人の確率と仮に到達した場合でも時間は膨大にかかります。難しいクラブにはそのような要素があります。難しいクラブを使えないから簡単なクラブがあり、アマチュアはそれを使うのです。

またその人は正直ゴルフを知りません。
昔のドライバー(パーシモンという木材が原料)を過去に使ったことのある40歳以上...続きを読む

Qアイアンの耐用年数

7~8年前に買ったテーラーメイドのアイアンを愛用しています。
先日ショップで話を聞いたところ、「アイアンの寿命は5年なので、買い換えた方が良い」とのことでした。
何でも、(スチール)シャフトの内側が錆びて、ネックが折れることがある・・・ということでした。
確かに古いモデルではありますが、長年使用しており買い換える気はありません。
でも、ヘッドが飛んで事故でも起こったら大変ですし・・・。

いかがでしょうか?

Aベストアンサー

シャフトの錆びが原因で折れることがある、というのは事実です。
でも、それはシャフトが原因の話であって、
なぜ「アイアンの寿命」なんてことにすり替わるのか意味不明ですね。
シャフトに問題があるなら、シャフト交換すれば済む話ですから、

でも、スチールシャフトの耐用年数5年なんて大ウソですよ。
どのシャフトメーカーだってそんな数字は出していないはずです。

あなたのアイアンを見せるとシャフト表面に錆びが浮いていて
シャフト交換を勧められた、ということなら分かりますが、
(表面に錆びが出てきたら内側はもっと錆びている可能性大)
なんでいきなりアイアン買い換えの話になるのか意味不明です。

質問文の印象ではかなり不誠実なショップに見えますね。
ウソの情報で客を不安にさせて買い替えさせようとするような
ショップは信用しないほうが賢明だと思います。

本当はリシャフトの方が利益率が高いので嬉しいはずなんですが、
もしかしてリシャフトする技術が無いのかもしれませんね。


表面に斑点のような錆びが出てきていて不安であれば
他店で見せてみて、リシャフトするとより安心でしょう。
お気に入りのアイアン、まだまだ使えると思いますよ。

シャフトの錆びが原因で折れることがある、というのは事実です。
でも、それはシャフトが原因の話であって、
なぜ「アイアンの寿命」なんてことにすり替わるのか意味不明ですね。
シャフトに問題があるなら、シャフト交換すれば済む話ですから、

でも、スチールシャフトの耐用年数5年なんて大ウソですよ。
どのシャフトメーカーだってそんな数字は出していないはずです。

あなたのアイアンを見せるとシャフト表面に錆びが浮いていて
シャフト交換を勧められた、ということなら分かりますが、
(表面に錆びが出て...続きを読む

Qキャディバックにフードを着けない、って何か意味があるのでしょうか?

毎度皆様にはお世話になっております。
素朴な質問ですがお付き合い願います、昨日も寒空の中仲間のコースに行ってきました(笑い)
実は前から気になっていたんですがキャディバックにフードを着けないで来る方を見かけます、バックの荷卸しを見ていると必ずと言って言い位数人はいます、コレって何か意味があるんでしょうか?
普通のキャディバックには必ず(絶対かな?)と言っていいほどフードが着いていると思うんですが何でわざわざ外しているんでしょうか?
それにあのフードって主に移動中などのクラブの保護が目的だと思うんですが着けないとしたら何のメリットがあるんでしょう?
自分のゴルフ仲間も結構大勢いるんですが誰一人そう言う方はおりませんので何故か理解出来ないのです・・・・・

以前に完全なプロ仕様(支給?)のバックの場合フードはオプション(希望に応じて)みたいな事は聞いたんですが・・・

Aベストアンサー

私も普段は付けてません。
但し、アイアンカバー(アイアンのヘッドをまとめて入れる袋状のもの)を付けてます。
もちろん、ウッドはヘッドカバーをつけてますしパターもヘッドカバーをつけてます。
私はそれ以上クラブを保護する意味があまりないと思ってます。

理由としては、フードを付けたり外したりが面倒だというのが一番です。
また、大抵のコースでカートに積む時に、フードを半分だけ外して折り返されることが多いので、フードに折り目が付いたりスナップが壊れたり原因になるので嫌いです。完全に外して背袋などに入れて欲しいと思ってます。

もちろん、宅配便や飛行機に預ける場合はフードをつけてトラベルカバーをして預けてます。ちなみにその時はシャフトが動かないようにタオルなどで軽く固定をしています。

Q20年前のドライバーを所有しています。

20年前のドライバー新品を所有しています。

品物は
Dunlop
maxpower steel と箱には記載されています。
ヘッド部分にhigh moment of inertia
と記載されています。
1番、3、4番?です

ゴルフは少しだけ打ちっぱなしをしたことがある程度です。
まだ実際にどの程度ゴルフを始めていくか分からない程度ですがとりあえず、打ちっぱなしから馴れることになります。

ショップで聞くと当時のものと現在のものとでは素材も当然違うので、飛距離またはボールへのスピンも違うので落下してからのボールの動きも違うと言われました。

また気になるのはそのサイズ感で、
商品には「C7」というサイズ?表記があり、
持った感じも少し身体からヘッドが離れている感はあり、(初めてのためでしょうか)
グリップの末端からヘッドの土に付く部分までは測ると112cmありました。
ちなみに私の背自体は170cmもないぐらいです。

まだ打ちっぱなしを始める程度ですが後々はコースに出たいとも思っています


上記の昔のドライバーは使用できたりするでしょうか。
中古でも新しいドライバーを購入するべきなのでしょうか。

また、アイアンで唯一
Dunlop windsor
continental edition
7番アイアン
という昔の中古も所有しています。

アイアンのフルセットは別に必要ですが、上記のアイアンを使用することは可能でしょうか。
注意点などありますか。

当時それなりに良いものとして上記のアイアンはもらい受けました。

ご意見、及びご知識お願いいたします。

20年前のドライバー新品を所有しています。

品物は
Dunlop
maxpower steel と箱には記載されています。
ヘッド部分にhigh moment of inertia
と記載されています。
1番、3、4番?です

ゴルフは少しだけ打ちっぱなしをしたことがある程度です。
まだ実際にどの程度ゴルフを始めていくか分からない程度ですがとりあえず、打ちっぱなしから馴れることになります。

ショップで聞くと当時のものと現在のものとでは素材も当然違うので、飛距離またはボールへのスピンも違うので落下してからのボールの動きも違う...続きを読む

Aベストアンサー

 できることなら発売されてから5年(できれば3年以内)のクラブで練習されることをお勧めします。

 他の方もお答えになられているように近年では素材や製造方法の進化で曲がりにくく飛距離のロスが小さいなどの利点が多いモデルが誕生しています。ただ、あなたに最近のクラブをお勧めするのは他の理由で「昔のスイングで固めてしまわないため」です。

 クラブの進化とともにスイングの進化もしてきました。20年前というとタイガーがまだプロとして誕生していない時期です(1996年にプロ転向)。当時はまだパーシモンを使うプロもおりようやくメタルが誕生して頃です。ヘッドが小振りでとにかくきれいに当てるスイングが主流でした。それがタイガーの登場後、筋トレを必要とするモデル、製造方法の進化でヘッドが大型化するモデルなど変化が大きいです。また当時からドライバーのシャフト(棒の部分)は5センチ近く伸びています。飛距離の追及やヘッドの直進性が高まったためにシャフトを伸ばせるようになったためです。またボールとの相性もあり、当時のボールに合うクラブになっており最近のボールとの相性は良くありません。ほかにも理由があり過ぎてかけないくらいです。

 うまくなって新しいモデルに買い替える方がいいとお考えならやめた方がいいです。昔のクラブでうまくなるということは、現在のクラブに適合できないスイングになってしまっているからです。
 丸山茂樹、横山真一プロなどは雑誌のインタビューで「パーシモン世代の私たちは、最近まで最新クラブに体が適合できず苦労したとコメントをしています。昔のクラブでスイングを作るとプロでも変えられないのです。そうした状況を知っているから上級ゴルファーは昔のクラブを使いません(ツアープロは5年前以上のクラブを使っているのは谷口プロのウッドくらいです)。そうした状況なので、中古ショップには格安のクラブがあり、そうした状況を知らない人に売りさばいているのです。
 私の知り合いで、10年以上前のクラブでゴルフを始めて3年以内に100を切った人を知りませんし、80台を出したことのある人を知りません。まぁ、ほとんどの人を説得させてそのような状況にさせていませんけど…。
ご参考までに。

 できることなら発売されてから5年(できれば3年以内)のクラブで練習されることをお勧めします。

 他の方もお答えになられているように近年では素材や製造方法の進化で曲がりにくく飛距離のロスが小さいなどの利点が多いモデルが誕生しています。ただ、あなたに最近のクラブをお勧めするのは他の理由で「昔のスイングで固めてしまわないため」です。

 クラブの進化とともにスイングの進化もしてきました。20年前というとタイガーがまだプロとして誕生していない時期です(1996年にプロ転向)。当時はまだパ...続きを読む

Qアイアンのシャフト。DG-S200について

よろしくおねがいします。
当方38歳、ゴルフ暦5年、HC17です。
クラブについては今まで無頓着で詳しくありません。

先日アイアンを買い換えようとゴルフ5に行ったところ、
シャフトDG-S200をすすめられました。
今までは上司のおさがりのカーボン製を使用していましたが
弾道にバラつきが出たり、吹けあがったりしていました。

HSは、7番アイアンでHS36~38くらい、
ドライバーで43~45くらいです。
いきなりDGではちょっと重たいのではないかと思っています。
体格は身長168cm、体重62kgといったところです。

先々考えると体で打てるようになりたいので
DGで練習したほうが良いと思うのですが、
やはりいきなりでは無謀でしょうか。
他の掲示板などを見ていると、
NSPRO950くらいからはじめたほうがよいのか悩んでいます。
よろしければ何かアドバイスをいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の体は良くも悪くも順応していきます。

 ただ、S-200ということなので、多少の注意は必要です。このシャフトは多くのクラブに装着されていて比較的やさしめのモデルからかなりハードなクラブにまで装着されているので、シャフトだけでそのクラブ自体の難しさが分からないのです。通常アイアンは、同じヘッドに複数のシャフトを用意しています。やさしめのクラブではその中でも「やさしめはカーボン、通常はNS、難しめでS-200」が多く、難しいクラブの中では「やさしめ・普通がs-200、難しめがx-100」等になっていることがあります。最近ではやさしめのクラブでs-200がない場合もありますが、シャフトだけでは何とも言えません。

 私自身、DGは(ヘッドは違いますが)sは200、300、400、X-100を使ってきました。たまにNSのクラブを使うと「頼りない感じがする。ただ最初は飛距離がいつもより出るが、(頼りないので)次第に手加減をし飛距離も落ちるのではないか」と感じます。両方を打ったことがある人には分かると思いますが、「NSはシャフトの金属部分が薄い気がする」という感覚があります(実際にはそんなことないと思いますが、感覚です)。これは、しなりが良くするためにそう感じるのだと思いますが、しなりが大きいために(薄い感覚と同時に)「ヘッドが走る」感覚もあります。ただ、ヘッドスピードに合わないと「走りすぎる」感覚になります。
 頼りない感じ・走りすぎる感じ(「クラブが仕事をしてくれる」とも言います)が少しでもあればDGをお勧めします。慣れればDGでもできますし、買う前からそれができるようであれば、力を抜く可能性が非常に高いです。いきなりs-200でも無謀ではありませんよ(私も初めて購入したクラブはs-200でした)。ただ、日ごろ練習しないでゴルフ場に行くようであればお助けのNSの方がスコアがいい場合も多いです(練習ができない日本のサラリーマンにはお勧めのシャフトです、特に筋トレ等をしていない人にです、筋トレ等をしていれば物足りないはずです)。

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング