資格喪失年月日が3/31日で退職日が3/30だと年金にかかっていない期間があるといわれました1ヶ月分納めるようにとのこと 喪失日が4/1なら問題なかったのでしょうか? どなたか解る方教えてください

A 回答 (2件)

資格喪失日とは、厚生年金でいうと最後に働いた日の翌日です


資格喪失日の属する月は保険料がかかりません
3/31が資格喪失なら3月分は厚生年金ではありません
3月分の厚生年金は給料から引かれません
3/31より国民年金となるので3月分は国民年金となります

例えば
3/30で会社Aを退職
4/1から会社Bに就職
とすると、
2月分まで会社Aで厚生年金
4月分から会社Bで厚生年金となるので3月分は国民年金

年金はあくまでも月単位ですので1日に退職しても30日に退職しても同じです
31日まで働けば資格喪失日が4/1になるので3月分まで厚生年金となります
    • good
    • 0

年金は月単位で加入状況を見ます。

月末に、どの制度に入っていたのかで、その月ひと月の加入状況が決まるのです。

3/30退職なら3/30が厚生年金加入の最後の日で、3/31は国民年金加入の最初の日になります。
3/31にどの制度に加入していたかで判断するため、3月は国民年金に加入していた月となります。
3月は厚生年金に入っていなかった事になるので、3月分の厚生年金保険料(4月支給の給料での天引き)は天引きされていないはずです。確認してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
参考になりました

お礼日時:2007/10/17 15:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q資格欄に運転免許

履歴書、エントリーシートの資格欄に、運転免許って書きますか?
ちなみに、免許欄はありません。
とくに仕事と運転免許とに関わりはありません。

Aベストアンサー

50年前ならいざ知らず、八千万人が自動車普通免許を持つ時代です。 大型とか特殊免許なら意味があるでしょうが、普通は書かないと思います。 

それと語学や簿記などの資格にもレベルがあると思います。 英検三級なんて書くのはお笑いタレントくらいのもの。 あれはわざとふざけて書いているのです。 

柔道や空手の場合、有段者には届けの義務があります。 空手有段者が喧嘩をして相手に怪我をさせた場合、武器を持っていたと看做され重い刑罰が科せられるのです。 

国家資格は次の193が挙げられています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E8%B3%87%E6%A0%BC

Q厚生年金保険の資格喪失と国民年金の資格喪失の違い

厚生年金保険の資格喪失と国民年金の資格喪失の違い
質問です。
国民年金の場合、
特例による任意加入被保険者の資格喪失の時期
 特例による任意加入被保険者の場合、
資格喪失の申出が受理された日に喪失しますが、
厚生年金の場合、高齢任意加入被保険者の資格喪失の時期
厚生労働大臣に資格喪失の申出をとされています。
何故、国民年金は、この場合、受理された日(その日)であるのに対し、
厚生年金は、受理された日の翌日(翌日)なのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、各々の違いについて
詳しい方がいらっしゃいましたらご回答お願い申し上げます。

Aベストアンサー

厚生年金保険においては、年金給付を受ける場合に、
被保険者期間が1つの条件となりますが、期間の計算は「月」を単位とし、
厚生年金保険法第19条により、原則的に、
被保険者となった日(資格取得日)の属する月から始めて、
被保険者でなくなった日(資格喪失日)の属する月の前月までを、
被保険者期間としています。

一方、厚生年金保険法第14条と、同附則第4条の3第5項により、
被保険者ではなくなる理由の発生日の翌日を、資格喪失日としています。
そのようにしないと、厚生年金保険法第19条との絡みによって、
以下に示すような矛盾が生じてしまうからです。

このことは、高齢任意加入被保険者でも例外ではないので、
結果的に、理由が発生した日の翌日が資格喪失日になっています。

★ 高齢任意加入被保険者[厚生年金保険]
(厚生年金保険法附則第4条の3)
事業所に勤務する70歳以上の高齢者であって、
そのままでは厚生年金保険や国民年金などから老齢給付を受けられないため、
給付を受けることができる期間を満たすまで加入する者

==================================

■ 正しい取り扱い(厚生年金保険法第14条、同附則第4条の3第5項)

3月29日に理由(退職、届け出等)が発生 ⇒ 3月30日資格喪失(正)
 ○ 資格喪失日の属する月は3月(正)
 ○ その前月は2月(正)
 ○ 2月まで被保険者(正)

3月30日に理由(退職、届け出等)が発生 ⇒ 3月31日資格喪失(正)
 ○ 資格喪失日の属する月は3月(正)
 ○ その前月は2月(正)
 ○ 2月まで被保険者(正)

3月31日に理由(退職、届け出等)が発生 ⇒ 4月1日資格喪失(正)
 ● 資格喪失日の属する月は4月(正)
 ● その前月は3月(正)
 ● 3月まで被保険者(正)

■ もし、理由の発生日当日を資格喪失日にしてしまったら?

3月29日に理由(退職、届け出等)が発生 ⇒ 3月29日資格喪失(誤)
 ○ 資格喪失日の属する月は3月(正)
 ○ その前月は2月(正)
 ○ 2月まで被保険者(正)

3月30日に理由(退職、届け出等)が発生 ⇒ 3月30日資格喪失(誤)
 ○ 資格喪失日の属する月は3月(正)
 ○ その前月は2月(正)
 ○ 2月まで被保険者(正)

3月31日に理由(退職、届け出等)が発生 ⇒ 3月31日資格喪失(誤)
 ○ 資格喪失日の属する月は3月(誤)【ここが矛盾してしまう!】
 ○ その前月は2月(誤)【ここが矛盾してしまう!】
 ○ 2月まで被保険者(誤)【ここが矛盾してしまう!】

■ だから、厚生年金保険の被保険者の資格喪失日は、理由の発生日の翌日
(厚生年金保険法第14条、同附則第4条の3第5項)

==================================

厚生年金保険においては、年金給付を受ける場合に、
被保険者期間が1つの条件となりますが、期間の計算は「月」を単位とし、
厚生年金保険法第19条により、原則的に、
被保険者となった日(資格取得日)の属する月から始めて、
被保険者でなくなった日(資格喪失日)の属する月の前月までを、
被保険者期間としています。

一方、厚生年金保険法第14条と、同附則第4条の3第5項により、
被保険者ではなくなる理由の発生日の翌日を、資格喪失日としています。
そのようにしないと、厚生年金保険法第19条と...続きを読む

Q職務経歴書に取得資格として運転免許は書く?

事務職のパートを受けようと思っております。職務経歴書に、普通運転免許の資格や漢字検定等、事務職には特に活かせないような資格は書かないほうが良いのでしょうか?
事務に活かせる資格は一つしかなくて・・・だからと言って経歴書の見栄えを気にして運転免許や漢字検定を書くのも恥ずかしいかなと思いますし・・。一般的に、職務経歴書の資格の欄には何を書くのでしょうか?
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

採用審査をしたことのある法人経営者です。

事務職ならば、ぜひ普通運転免許・漢字検定を書いて下さい。
事務職には、金融機関へ出向く用事を言われたときに普通運転免許が有用ですし、文字を書く仕事もあるのですから漢字検定も有用です。
「職務経歴書の資格の欄」は、読んで字の如く「資格」を書いて下さい。
なお、失効している資格でも「現在失効」と書き添えて下さい。

Q社会保険資格喪失日の分かる書類とは

10月15日付けで会社都合で退職しました。
国民年金は毎月納付し、健康保険は任意継続しました。
ですが、今月入籍するので旦那さんの扶養に入ります。
そこで、旦那さんの会社から以下の3点を提出して下さいと言われました。
(1)社会保険資格喪失日の分かる書類のコピー
 (被保険者資格喪失届のコピーもしくは前職からの喪失証明書など)
(2)年金手帳(3)認印
ここで、(2)と(3)は問題はないのですが、(1)が見当たりません。
失くしたようです。。。

変わりに、源泉徴収表のコピーや離職票-(2)のコピーではダメだと思いますか?
また、ハローワークから被保険者資格喪失届を再発行してもらえるものでしょうか?

Aベストアンサー

社会保険事務所に聞いてみてください。
あなた自身健保の資格喪失をしていませんし、退職した手続きは前職の会社が社会保険事務所にしていてわかるはずですからね。
必要がなければ、必要ない理由を会社の担当者に確認できるように伝えるべきでしょう。

会社の担当者は通常の手続きとして伝えてきているだけでしょうからね。

離職票があれば退職している事実がわかりますから、相談されて見てはいかがですか?

あくまでも健康保険などは重複加入をなくすために確認資料を求めているのです。前職の会社も喪失証明は出せないでしょう。喪失していませんからね。ただ、退職証明書であればお願いできるかもしれません。

私も担当者の一人ですが、源泉徴収票や離職票で事実確認ができますから、手続きを行いますね。社保事務所にその旨を会社側から伝えれば問題ないと思います。

最後に旦那さんの会社で手続きを始めたら、現在の保険証は使わないほうが懸命です。旦那さんの会社で手続きを行えば、今もっている保険証は基本的に利用できなくなります。ただ医療機関では確認できませんから、あとから医療費の保険負担分(7割)を負担させられ、ご主人の会社の健康保険に請求するなど面倒な手続きが出てくるかもしれません。
急病などであればやむを得ませんが、定期的な通院や軽微なものであれば多少我慢することも必要かもしれません。通院などが予定されているのであれば、ご主人の会社にその旨を伝えることで保険証の発行が早くなる場合もありますから、希望されることをお勧めします。政府管掌健保であれば会社の担当者次第で窓口での即時発行が可能な場合もありますからね。そして手続きが完了したら速やかに今までの保険証を返却しましょう。

社会保険事務所に聞いてみてください。
あなた自身健保の資格喪失をしていませんし、退職した手続きは前職の会社が社会保険事務所にしていてわかるはずですからね。
必要がなければ、必要ない理由を会社の担当者に確認できるように伝えるべきでしょう。

会社の担当者は通常の手続きとして伝えてきているだけでしょうからね。

離職票があれば退職している事実がわかりますから、相談されて見てはいかがですか?

あくまでも健康保険などは重複加入をなくすために確認資料を求めているのです。前職の会社...続きを読む

Q運転免許は、国家資格と呼ばず、地方で免許を受け、全国の移動が可能ですが

運転免許は、国家資格と呼ばず、地方で免許を受け、全国の移動が可能ですが、なぜ、地方の一地域で免許を受けたものが、全国を運転ができ、国家資格とは呼ばないのですか、職業として運転している人もいるのに軽率な感じがします。国家試験、国家資格の定義というか線引きが判らないので教えてください。

Aベストアンサー

運転免許は国家資格です。
つまり、道路交通法で運転免許について定められています。法律で定められた資格ですので国家資格なのです。
おそらく運転免許資格を得るための試験が地方なので誤解されているのでしょう。

試験実施箇所が自治体や民間(法の定めるところによって委任された)でも、それとは関係なく法律で定められたものは国家資格となります。

Q健康保険厚生年金保険資格取得資格喪失等確認請求書

健康保険厚生年金保険資格取得・資格喪失等確認請求書は
会社の管轄の年金事務所が遠いので近くの年金事務所に提出していいのでしょうか。
また資格喪失確認も健康保険厚生年金保険資格取得・資格喪失等確認請求書
を年金事務所に提出していいのでしょうか。

Aベストアンサー

どっちにしても、年金事務所に出せばいいんです。
近くの年金事務所でかまいません(回答1は真っ赤な間違い)。

参考URLのPDFをみて下さい。
ちゃんと、下で書くようなこととおんなじ説明が書かれてます。

前にもほかで質問して、ちゃんと答えをもらってませんか?
似たような質問を繰り返さず、回答をもらったら隅までちゃんと読みましょうね。

健康保険・厚生年金保険資格取得・資格喪失等確認請求書

【手続概要】
全国健康保険協会の管掌する健康保険の被保険者又は被保険者であった方が、国民健康保険に加入するため、健康保険被保険者資格の喪失日又は被扶養者でなくなった日等を証する書類が必要になったときに、この請求書を提出します。

【添付書類】
不要

【提出先】
お近くの年金事務所

参考URL:http://www.nenkin.go.jp/main/system/explanation/33.pdf

Q運転免許(自動二輪)の資格失効について

私が自動車運転免許を取得した昭和42年ごろは、普通運転免許を取得すると、自動二輪の運転資格も付与されていました。資格取得後、毎回きちんと更新手続きをしてきましたので、同時期にとった妻も私の免許証も普通自動車の運転に加え、自動二輪の運転資格は付いていましたが、30年ほど前に仕事の関係で、フランスに3年滞在、その間は国際免許を取得し、帰国後、日本で再度書き換えました。その際、妻の分は自動二輪のの欄に印が付いていましたが、私の分おそらく警察のミスで、自動二輪の資格に印がない状態になたようです。時々、50ccのバイクには乗りますが、50cc以上のバイクに乗らないので、特段意識しませんでしたが、最近スクーターを買おうとし、免許を確認、自動二輪の欄にマークがなく、従って資格がない状態であることを知りました。過去に遡って訂正、資格の確認をしてもらえるものでしょうか。仏の国際免許は永久の筈で、まだ所有していますが。
 どなたか、対応方教えていただけるとありがたいのですが。

Aベストアンサー

運転免許課で相談して下さい
無理でも何度もしつこく行くと何とかなる場合があります
役人は組織護持のためなかなかうんといいません
粘りと忍耐が必要です

Q年金資格喪失からの復活について

どなたか、ご存知でしたら教えてください。
私は現在66歳ですが、国民年金を掛けきれず資格喪失しました。
2~3年分足りなかったと思います。
現在派遣の仕事をしておりますが、最近ある方から、今からでも勤めて厚生年金で足りない年数分を納めれば、復活可能な筈と聞きました。
現実に今から勤められるか問題ですが、このような事が本当に可能なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もったいない話ですね。
生まれた年は、昭和15か16年でしょ。それなら任意継続すれば受給資格充たせます。この場合、厚生年金とは関係ありません。
合算でも受給資格できますが、失礼ながら厚生年金加入は難しいでしょ。
自己判断が後悔のもと。

Q試験に落ちたとか免停以外で、四輪ATの運転免許を取れない人(資格がない人)ってどんな人ですか? その

試験に落ちたとか免停以外で、四輪ATの運転免許を取れない人(資格がない人)ってどんな人ですか?
その人が後に免許取得できるようになる場合ってあるんですか?

Aベストアンサー

てんかん等、医師の許可がないと免許をとれない病気があります
また、四肢の運動能力や視聴覚が一定の基準に達しない場合、免許はとれませんが、症状の改善や自動車技術の進歩などで運転可能になる場合があります

Q厚生年金基金加入時の再評価分とスライド分の年金額について

厚生年金基金に一部加入していた場合に、国から支給される再評価分とスライド分の年金額の計算方法を教えてください。
平成15年3月までの加入として、計算式を以下の場合としたら、
再評価後の厚生年金加入全期間の平均標準報酬月額×7.5÷1000×厚生年金加入全期間の月数×1.031×0.985
この式で基金に加入していなかったと仮定した年金額がでますよね。
この金額から何を引いたら、再評価分とスライド分の年金額が分かりますか?
以下の式では合ってないですか?
再評価前の基金加入期間中の平均標準報酬月額×7.5÷1000×厚生年金基金加入の月数×1.031×0.985

Aベストアンサー

基金加入期間の年金額計算式は

再評価前の基金加入期間中の平均標準報酬月額×7.125÷1000×厚生年金基金加入の月数


人気Q&Aランキング

おすすめ情報