【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

いつも道を走っておりますと、良くフラットバーロード系(クロスバイク?)
の自転車で走っている方を見かけます。中には高級なロードにフラットバーが
付いてるのもあり、ギャップが格好いいな~と思いました。

ドロップやブルホーンよりずっと多く見かけるのですが、フラットバーは
人気なのでしょうか。姿勢の自由度、すり抜けやすさ、スピードの出しやすさ、
風の抵抗、疲労度、いずれを取っても走るためのメリットは少ないように感じます。
それなのに、町乗りで多く見かけるのは、数km程度のごく短い距離や、
サドルを下げて軽快車的に使うケースではフラットの方が使いやすい部分がある
のでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

いまフラットバー乗ってます。



購入の動機は、ドロップハンドルはちょっとおおげさかな・・・という消極的理由です。
1年ほど乗りましたがドロップハンドルに変えたくなりました。サイクリングロードなどを走っていると周りが皆ドロップハンドルだったので。

フラットバーのメリットはほとんどないと思いますが、敷居が低いということは挙げられるでしょうね。
フラットバーのユーザーは、初心者の方・ロードについて詳しくない方が多いのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

確かに、ドロップは少し大袈裟ですよね!言われてみれば確かにそうです。
スポーツタイプの自転車に乗ったことがない友人と話をしたら
(ドロップハンドルを指して)「乗るの難しそうだねー」
と申しておりましたので。

見た目の安心感というのも非常に大切に感じます。
質問時にも書きましたが、個人的にはフラットバーの見た目も
スタイリッシュであると思います。

ありがとうございました^^

お礼日時:2007/10/19 13:02

保有しているロードバイクの一台をフラットバー化し、片道13キロの通勤に使っています。


フラットバーのメリットは、他の方が言われるように、街中でブレーキを多用する局面が多いこと、頻繁に切り返しをすることが多いためです。特に、フラットバーの場合、楽な姿勢で常時ブレーキを握り続けていられるので、ドロップよりも緊急時に対応しやすいです。
フラットバー化のためのパーツは、シマノやカンパニョーロそれぞれから出ていて、ロードバイク用コンポを生かしながら、フラットバーを組み込むことが可能です(ブレーキレバー、シフトレバー、フロントディレイラーを換えて、社外品のハンドルとグリップをつければOK。計2万円程度です)。特にカンパニョーロはロード・フラットバー化に積極的で、いくつかのグレードでフラットバー用パーツを出しています(ちょっと高いですが)。
フラットバーに換えても、巡航スピードは十分確保できます。その場合は、グリップの端に手をのせるような感じで前傾姿勢をとれば、通常のロード並みのスピードは十分維持できます。ただ、前傾姿勢をずっととり続けるならば、やはりドロップにメリットがあります。
フラットバー化するときに、ブルホーンも検討しました(かっこいいですから)。問題はいいパーツの組み合わせが思いつかなかったからです。ブルホーンの場合はブレーキ単体のパーツはあるのですが、その場合シフトレバーがうまくつけられません。結局ランドナーとおなじように、ダウンチューブ上にシフトレバーをつけざるを得ないので、シフトがやりにくいです。別の方法としては、ブルホーンの先に、シマノSTI(デュアルコントロールレバー)をつけるという手もあり、メッセンジャー便のお兄さんなどでよく見かけますが、リーチがやや遠く、あまりかっこもよくないです。ということで、ブルホーンは断念しました。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なんだか伺っていると、2台以上持っている方が一台をフラットにして街乗りして
いらっしゃるパターンも多いように感じました。

>楽な姿勢で常時ブレーキを握り続けていられるので
これは皆様仰っているので、まさに一番のメリットはココなのでしょうね!!

フラット化に関する情報もとてもウレシイです^^。

ピスト(ブルホン)・ロード(ドロップ)・MTB・トライアルと所持してますが、
街乗りはピストばかりになってしまっています。
ロードに乗る機会が非常に少なくなっているので、気が向いたらフラットハンドル
化も試してみたいなと思います。別にドロップに戻すのも大した手間ではないので、
ツーリング時だけ付け替えてもいいですものね!^^

ピスト×ブルホーンって案外街乗りで楽なんですよね。
速度調整でブレーキを使う必要がないのと、オポジットレバーは
急ブレーキ時に力も掛けやすくて。

ロードでは、ブルホーン&DHバーの先端にバーコンが格好良い
と思うんですが、街乗りでは目立ちすぎですかね^^;
ブルホーンの先端にバーコンを付けている方も見た事がありますが、
オポジットレバーが使えないのが難点ですね・・・。

おっとと、話が脱線してしまいました。
お答え+情報ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/19 15:00

 こんばんは



 簡単に言ってしまえば、街乗りではドロップハンドルの優位性を発揮できる場面が少ないのでフラットバーを選択する人が多いのでしょう。
 ドロップハンドルは握る位置を変えることで多彩なポジションを利用できるメリットがありますが、ストップアンドゴーが多く、また常にブレーキングの準備をしている必要がある街乗りでは、手の位置はブラケットの上の1ポジションに固定されてしまいがちです。
 また、ドロップハンドルが付いていた位置にそのままフラットバーを付けるとハンドルがだいぶ手前になるため、必然的に上体が起き上がったややアップライド気味になり、結果的に前方の視界が良くなったりもします。
 そしてなによりフラットバーのお手軽なイメージが街乗りにはピッタリだと思います。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

前方の視界ですか!それは街乗りでは安全面からも大切ですよね。
ドロップの下ハンじゃ、周囲に気を配った安全な運転は無理ですものね。
私は街乗りにはブルホンの自転車を使っていますが、フラットにも少し興味が沸きました。
まあ、フラットにするとバーエンドを付けたくなっちゃうから、そのままが
自分には向いてるのかもしれませんが^^;

ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/19 13:52

フラットバーですが、街乗りの場合はメリットがあります。



フラットバーにすると上半身がある程度起き上ったポジションとなります。ドロップハンドルは深い前傾姿勢からある程度起きたポジションまで様々な姿勢をとれますが、ドロップハンドルに慣れていないと(特に腹筋、背筋が発達していないと)長時間はつらいものです。その点、フラットバーでしたら自転車経験にあまり関係なく誰でも使いこなせます。別の方の回答にもあるように敷居が低いともいえます。

ドロップバーで深い前傾姿勢をとれば、空気抵抗が減少し、スピードも出ますが、そもそも街中でそんな事はやりません。
街中では人や車をよけたりするために頻繁に切り返しをすることになります。またブレーキなども頻繁に使用します。この場合は幅の広いフラットバーの方がハンドルを切りやすいです。また、フラットバーはすぐにブレーキを握れますが、ドロップバーはブレーキレバーが前方にあるため、ハンドルを持つ場所によってはブレーキ操作が遅れる事があります。
要するにドロップハンドルは長距離、高速巡航に適しています。一方フラットバーは比較的短距離をキビキビと走るような場面に適しています。街乗りでのメリットは十分にあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほどー逆に考えてみれば、ドロップに不慣れな方にとってはポジションが楽ってことなんですね。
個人的には長時間乗るならフラットは厳しいのかなと思っていました。
人によってはフラットバーが楽に感じる場合もあるのですね。

>街中では人や車をよけたりするために頻繁に切り返しをする
>ドロップバーで深い前傾姿勢 ~ 街中でそんな事はやりません。

すみません、田舎に住んでいるので全然考えていませんでした(笑
都会の交通事情では、当然そのようになりますよね^^;;
ブレーキのことも納得です!

お礼日時:2007/10/19 13:48

ドロップのロードと、フラットのクロスに乗っています。


フラットのメリットは、輪行時にあまりかさばらないことや、低速走行時のコントロールがしやすい事。そして何よりブレーキのかけやすさがあります。
ドロップは乗車姿勢、握り位置の多様さです。

街乗りなんかではフラットの方が向いていますね。
郊外等の長距離はドロップに軍配です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ああっ、なるほど。輪行の時は確かにかさばりませんよね!!
それから、低速走行時のコントロールがしやすいというのも、言われてみればそうですね。

ブレーキのかけやすさ、なるほどです。我が家があまりに田舎なので、急ブレーキの機会がほとんどなく
考えが及びませんでした^^;

街乗りにフラット、スマートですね。

お礼日時:2007/10/19 13:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤専用の為、
取り敢えずメカ的には、ドノーマルのまま乗る事にしました。
ですがメカ的以外にアクセサリーなどで、R3をカッコ良くしたいんです。
今付けているアクセサリーは、LEDライト・サイコン・ボトルグリップ
携帯ポンプ・着脱式ワイヤーロック・サドルバック・テールライト
バックミラー(SPYミラー)・フロントバック・バルブキャップ等です。
今回バーエンドを購入しました。取り付けてみると何だかハンドルの幅が、
広く感じて不細工に見えるんです。実際には、取り付けの為、グリップ・
シフト・ブレーキレバーを内側に移動したので、従来よりは通常運転時の
グリップの位置は約4センチ内側になり実質的には有効幅が、狭くなってます。
ちなみにR3のハンドル長はノーマルで、54センチなので、未だカットは、
してませんんのでエンドバーからエンドバーまでの幅が54センチ、
グリップからグリップまでの幅が50センチです。ネットで、ハンドルバー
カットのレビューを色々検索しましたが、50・52・54センチと色々で、
中にはドロハンの長さ位まで、大丈夫と言うような極端な意見も有ります。
良く言われる肩幅プラス〇センチと言う数値はどうもピンと来ません。
通勤専用ですので、実際の運転は、グリップを握っての運転が主体ですが、
途中に3ヶ所あるアップダウンだけはエンドバーを握っての運転です。
安全を重視すれば見た目を考えずに今のままで良いと、重々承知してます。 
非常に答えにくい質問だと思いますが、安全とカッコ良さを考えた場合
何センチが適正だと思われますか?出来れば私は何センチにして、
成功だった、失敗だったと言う経験談がお聞きしたいです。
ちなみに私の身長は168センチ体型はガッチリタイプです。

ハンドルバーカットを検討中ですが、何センチが適正ですか?
片道17Kの通勤専用に、1ヶ月半前にエスケープR3を購入。
中年太り解消のダイエットの目的もありましたが、体重も6キロ減。
まずは順調に経過。メカ的には、不満の点も少し有りますので、
あれこれいじる事も検討しましたが、いくらいじってもクロスが、
ロードになる訳でもないし、ロードにかなうわけが有りません。
費用的にも色々交換する位なら、ドロハンのロードを2台目として
購入した方が良いと言う結論になりました。よって、R3は通勤...続きを読む

Aベストアンサー

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グリップ部の適正幅は肩幅+10cmになりますから10cm以上の違いになります。ですから一概にどの幅が適正ですとは言えません。例えばドロップに乗り慣れている人は上ハンドルでは30cm程度のハンドル幅で使用しています。ですからバーエンドを肩幅近くに合わせようとします。方やグリップが中心でバーエンドは風が強いときやスピードを出す場合のみに使用するならばずっと幅が広くなります。

ご質問者さんよりも少し体格が上ですが、R3を街乗り用に使用していますが、グリップエンドからグリップエンドまでが52cm強にカットしてあります。子供がバーエンドを付けるかも知れないといった親心で少し長めにカットしたのですがいらないと言われまして両側1cm程度私には長くシフト部を持って乗っています。ご質問者さんの場合にも現在の長さでグリップ部の違和感なくどこまで内側を持てるかでカット幅を決めたら如何かと思います。

一応基準幅の肩幅+10cmの意味を説明します。ハンドルは肩幅で持つのが基本です。ですからドロップの基本は肩幅です。しかし、フラツトバーは手を捻って持ちますから中指が肩幅ならば中指から小指までの幅が加算されます。およそ中指から小指までが5cmとしますとハンドル幅は肩幅+10cmになります。これはあくまでもグリップエンドからグリップエンドまでの幅です。

次に、バーエンドを付けた場合には、グリップをメインに考えるかバーエンドをメインに考えるかで変わります。バーエンドの適正幅は肩幅ですし、グ...続きを読む

Qクロスバイクにバーエンドバーなんか付けるよりもドロップハンドルのほうがいいのでは

クロスバイクにドロップハンドル付けても無意味だとか能無しだとか言う奴がいますが
クロスバイクのハンドル低くしてバーエンドバーを付けて乗るよりもドロップハンドルのほうが良いのではないでしょうか。
バーエンドバーはネジでハンドルに付いてるだけで危険だしブレーキも無いから
握って走っていても咄嗟の時にブレーキかけられなくてこれも危険だ。
その点、ドロップハンドルだったら全てハンドル1体になってるから丈夫だし
Vブレーキ専用のレバーと補助レバー付ければ、どこを握って走っていてもブレーキかけられるから
安全ですね。
だから、ドロップハンドルのほうが有能で有意義なのではないでしょうか。

Aベストアンサー

バーハンドルで最適化されたポジションにバーエンドバーを、たとえバーハンドルの両端を切って短くして付けたとしても実際に握ってみればわかりますが腕は開くわ腕は遠いわでロクなことがないんですね。

実際に私も体験してます。
そんなバーエンドバーを握るんだったらドロップにしたほうがよっぽど良いんです。
で、何でバーエンドバーをつけるのかと。
実際にバーハンドルで長時間乗るとわかるんですけど手首や肩がコチコチに固まるんで、握りを変化させて分散緩和したいがためなんで。

けっしてクロスバイクでロードバイクを喰うためのもんじゃないんですけど、「自称バイクに詳しい人」の変な偏り方をしている人ほど否定したがるんですよね。なぜか。
だって自身のライディングスタイルに最適化し、最効率を図る人力車でしょ?自転車って。
ならばクロスバイクにドロップハンドルは全然変じゃない。

ロードバイクにバーハンドルのフラットバーロードってカテゴリめいたものが存在してその逆は否定されるなんて変じゃないかと思うんですよね。


ちょっと余談。
エンド幅130のロードバイクのホイールと135mmのクロスバイクホイールでは構成素材・ギヤ枚数が同一なら断然135mmホイールのほうが潜在的性能は上になる。耐久性や機械的強度において。
これは反フリー側のスポークテンションがフリー側のテンションに近くなるためなんですけど、なぜかロードバイクの130mmホイールをありがたがるんですよね。
荷物を積んだツーリング・ブルベバイクなんかはクロモリなら135mmに拡大するも良し、クロスバイクフレームを使うも良しだと思いますよ。
多分ね、誰かから聞いた事を背景も考えずに話すからそんなことが起きるんだろうなって思ってますけど。

レースオンリーじゃないでしょう。ロードバイクって。クロスバイクって。


なので私的にはそのバイクの使い方、かかるコストや改造度合いによっても変化し得るものであり最適解は常に変化し得る。
ドロップハンドルでもバーエンドバーでも良いんじゃない?
本人さえ現時点で「良しとする」なら。
ただし、その解を卑下・否定する必要は決して無いってことなんじゃないかと。
そう思うんですよね。

バーハンドルで最適化されたポジションにバーエンドバーを、たとえバーハンドルの両端を切って短くして付けたとしても実際に握ってみればわかりますが腕は開くわ腕は遠いわでロクなことがないんですね。

実際に私も体験してます。
そんなバーエンドバーを握るんだったらドロップにしたほうがよっぽど良いんです。
で、何でバーエンドバーをつけるのかと。
実際にバーハンドルで長時間乗るとわかるんですけど手首や肩がコチコチに固まるんで、握りを変化させて分散緩和したいがためなんで。

けっしてクロスバイク...続きを読む

Qアルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走れるみたいです。

クロムは剛性があるので長時間でもさほどつらくならないようですね。
ただ、ちょっと重いですね。

ネットで調べましたけどこれくらいの違いしか分かりませんでした。
ただ、例えばこの振動がゴツゴツくるアルミでも、それがいいっていうバイカーもいるんですよね。

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。
アルミ、クロモリと言っても車種の年代によって、また、サスがあるなしとかでかなり違ってくるのだろうと思いますが
バイカーの先輩としてご経験上のアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走...続きを読む

Aベストアンサー

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると フレームお釈迦といった 強度でした。
自分は、ロードで無く ランドナーという OFFを走る650Bタイヤのフレームを 作った際
022ダブルバッテトーチューブベースのものと チェーンステイ、シートステイを019を使ったフレームを使用していましたが
019(薄く軽量固い)のチェーンステーは 固く 撓みが少なく 踏み込みパワーロスが少ない反面
足に来ます。疲れる 痛くなる 足に負担が大きかったです。
自転車は 基本サスペンションは、無く フレームの撓みで 有る程度 乗り心地や 踏み込みパワーを
緩和してくれるもので 結構固さや撓みは 重要です。
 フロントフォークの曲がりひとつでも 乗り味は変わります。

ロードの理想は、固すぎない クロモリです。
 クロモリフレームは ロー付けで組み立てます。下手なビルダーが バーナーで炙り過ぎると 良くないです。 作る人を選びます。
アルミは、柔らかい 重いので 好みません(マウンテンバイクなどには、良いかも)
一番良いのは、カーボンパイプの フレームです。 それなりのカーボンフレームなら 撓みが絶妙
乗り心地良く 足に来ません 一番軽く 楽に乗れるのが カーボンです。
値段が高価ですが それ相当の価値が有ります。

サスペンション付きは、まず
サスペンションによる 重量増が 問題 サスペンションとしての機能が 合っているか 微調整できるかで 使えるか 付かないかが決まります。
乗る人の 体重でも設定が変わりますので 自転車用サスペンションが 何処を狙って 選定されたものかを見極め 試乗し 自分に合うかを 確認した方が良いでしょう
また 細かな相談や調整をしてもらえる ショップでの購入を お勧めします。
未経験、素人、詳しくなければ、何件も ショップをめぐり 相談
一番 自分に合う店で 購入する事
自転車自体より ショップの アフターが重要です。
元 選手が開いたショップだから 良いとい事も有りません 
安いけど 腕がないのも 困りもの ですね! スポークホイール組めない ショップも意外と多いんですよ。

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると ...続きを読む

Qクロスバイク→手が痛くて悩んでいます。

メタボ対策でクロスバイク(GIANT ESCAPE R1)に乗り始めて半年。51歳、週に1回70Km程度走ります。既製品なのでバイクに体を合わせなければならない事は覚悟していました。しかし、あまりにも掌に体重がかかるために、手が痛くて仕方ありません。そこでハンドルを上げて体重を他に分散させるべくステムブラケットを換えてみました。良くはなりましたがまだまだ厳しいです。ライディング中の掌のポジションはクロスバイクだと固定的でどうにもなりません。パッドが厚めのグローブも効果がありません。もはや楽しみが苦痛です。そこで質問です。

■何か解決方法がありますか?
■いっそ、ロードタイプのバイクに乗り換えてしまう→同じ?(見てると楽そう→甘い?)

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

路面から伝わる振動で掌が痛いのであれば
グリップ交換による効果も期待できますが
体重が掛かりすぎるというのであれば
他の方が仰るように上半身を体幹で支える術を身につけないと
多少ハンドルを上げた程度ではなかなか解決しないのではと悩みます。

当座の対策として手っ取り速いのはハンドルをこの種に変えるというのがあるかも知れません。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/sanesu/beam/multibar.html
http://nagasaki.cool.ne.jp/malius/alpha.html
ブレーキやシフターはどうするの?は自転車屋さんとじっくり相談して下さい。

でも、根本的には上半身を体幹で支える乗り方を見につけないとダメかなと思います。
とりあえず暫くは正しいフォームを意識して
距離的にはあまり無理をせず体をつくっていくべきだと思います。
手が痛くなるのは通常、背中が反り腕が伸び切っているフォームになっています。
http://www.mujioutdoor.net/tech/activity/mtb/mtb_s2/mtb_s2_02/body.html#2
これを直すためには、ANo.4さんが仰っているように
へその裏側が後ろに引っ張られているように腰を丸め
へそより下に重心をぐっと下げます。
上手く出来るとペダルを踏む足と、サドルに乗せた尻だけで
バイクを保持できるようになります。
(その分、力は全てペダリングに回せるのでラクに漕げます。)
下半身だけでバイクを保持できるようになると
前傾姿勢のまま両手を離して漕ぎ進める筈です。
(プロが走ったままで着替えから食事まで全てやってしまうように。)
突然、手を離せと言われても出来ないでしょうし
下手すれば転んでしまいますが
両手放し気分で漕いでみるとフォームが見につきやすいかも知れません。
http://plaza.rakuten.co.jp/moontail/diary/200704070000/

さて、次なる問題として考えられそうなのは
正しい前傾姿勢が見についたとしても
今度は腹筋・背筋が痛くなっちゃう場合ですね。
腹筋・背筋を含む体幹は健康維持する上で最も重要な部分ですが
急激な運動で傷めちゃったら意味がありません。
要は基礎体力が問われてくると思うのですが
メタボ対策と仰っているところをみると
かなり「鈍って」ませんか・・・・?

無理すると結局、楽しみが苦痛になりかねません。
その場合は・・・
お金に余裕があればバイクのタイプを変えるのもアリかと思います。
http://www.tartaruga-ew.com/products_j_o_bike_S_text1.html
http://www.tartaruga-ew.com/products_j_o_f1.5_text1.html
ESCAPE Rはクロスバイクの中では結構、硬派な体育会系なんですよね。

路面から伝わる振動で掌が痛いのであれば
グリップ交換による効果も期待できますが
体重が掛かりすぎるというのであれば
他の方が仰るように上半身を体幹で支える術を身につけないと
多少ハンドルを上げた程度ではなかなか解決しないのではと悩みます。

当座の対策として手っ取り速いのはハンドルをこの種に変えるというのがあるかも知れません。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/sanesu/beam/multibar.html
http://nagasaki.cool.ne.jp/malius/alpha.html
ブレーキやシフターはどうするの?は...続きを読む

Qロードのフラットバー改造についてです。

こんにちは。
COLNAGOのPrimavera/SHIMANO105です)をフラットバーに改造
したいのですが可能でしょうか?
上記のバイクは妻用なのですが、妻の腹筋、背筋力を鑑みると
なかなかロードのポジションを作るのは難しそうです。
「ハンドルにしがみついている」状態になりがちで、長距離を
走ると手首の痺れが発生することもあるようです。

クロスバイクは慣れているので問題がないのでフラットバー化を
思い立った次第です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1さんも言うように、ハンドル回り全交換になりますが、フラット化は可能です。
ハンドルバーとグリップは、一般的なMTB用に販売されている部品がそのまま使えます。
ステムのクランプ径に合わせたハンドルバーを使って下さい。
長さは好みでいいと思いますが、広めのハンドルを買っておけば、あとからパイプカッター等で幅を詰めるのは可能です。
短いハンドルを広げるのは無理なので・・・
あと、ロードバイクにライザーバー(アップハンドル)は、ポジションは楽になるかもしれませんが、見た目的にちょっと・・・(笑)
(オートバイでいえば、フルカウルのレーサーレプリカにオフロード車のハンドルつけるようなものなので・・・)
http://www.cycle-yoshida.com/parts/h_bar_mtb_menu.htm

また、ドロップをフラット化すると、グリップ位置が近くなるので、ステムも若干長いものに交換したほうがいいかもしれません。
(常時ドロップで言う「上ハン」位置を握るような形になるので)
とりあえずフラットにして乗ってみて、それから寸法合わせしたほうがいいと思います。

グリップは、普通の筒状のグリップのほかに、手が疲れにくいエルゴノミックタイプの物も多数出ています。
取り付けも、ただグリグリと押し込むタイプと、ボルトで締め付けて固定するロックオンタイプがあります。
また、外側も穴が開いていてハンドルが貫通できるオープンエンドと、外側がふさがっているクローズエンドがありまして、後述のバーエンド等をつけたい場合はオープンエンドでないと装着できません。
http://www.cycle-yoshida.com/parts/grip_menu.htm

バーエンドも、つけておくと長距離では重宝します。
フラットだと、ドロップのように握る位置を選べないので、バーエンドがあると握る場所を選べるようになるので楽になります。
これまた大きさや形状は様々な物が出ています。
http://www.cycle-yoshida.com/accessory/barend_menu.htm

あとはブレーキレバーとシフターですが、ブレーキレバーはMTB用だとV&ディスクブレーキ用なので、ロード用(キャリパーブレーキ用)ブレーキレバーを使う必要があります。
代表的なところで、シマノのフラットバー用BL-R440とか。
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/b_lever/flat/bl_r440_page.htm

シフターは、コンポが105ということであれば、基本的にシマノのフラットバーロード用シフターしかないですね。
今の10速であればSL-R770、昔の9速ならSL-R440-9です。
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/sl/road/6sl_r770_page.htm
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/sl/road/5sl_r440_page.htm
(9速にはSL-R660というのもありますが、30gほど軽くなるだけで定価で5000円近く高くなるので・・・あまり意味ないです)
それと、一応シマノでは、フラットバーシフターには専用フロントディレーラーとの組み合わせを推奨しています。
やったことないのでわかりませんが、フラットバーシフター+ドロップ用ディレーラーだと多少フロント側の変速に問題が出るかもしれません。
(普通に使えるかもしれませんけどね)
3000円程度の部品なので、心配なら一緒に交換してもいいんじゃないでしょうか。
10速ならFD-R770、9速ならFD-R440です。
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/fd/road/6fd_r770_page.htm
http://www.cycle-yoshida.com/shimano/fd/road/5fd_r440_page.htm

以上がフラットバー化に必要な部品ですが、フラットバーではなくブルホーンという選択もアリだと重います。
ドロップの時より若干使いにくくなるようですが、今のSTIレバーもそのまま流用可能なので、費用的にはハンドルバーとバーテープ代くらいで済むと思います。
ポジション的には、フラットバーのバーエンドを握って走るような感じでしょうか。
ドロップよりは、かなりアップライトなポジションになると思います。
一考の価値はあると思いますよ。

No1さんも言うように、ハンドル回り全交換になりますが、フラット化は可能です。
ハンドルバーとグリップは、一般的なMTB用に販売されている部品がそのまま使えます。
ステムのクランプ径に合わせたハンドルバーを使って下さい。
長さは好みでいいと思いますが、広めのハンドルを買っておけば、あとからパイプカッター等で幅を詰めるのは可能です。
短いハンドルを広げるのは無理なので・・・
あと、ロードバイクにライザーバー(アップハンドル)は、ポジションは楽になるかもしれませんが、見た目的...続きを読む

Qフロントギア3枚→2枚の物に変更することについて

私が使用しているシクロクロスバイクは元々フロントが3枚ギアでした。リアは8段変速。しかし、フロントギアを2枚の物にした方が、シンプルで変速もスムーズに楽にこなせるのでは、という期待から、コンパクトクランク 50-34Tの2枚ギアに変更することも検討中です。

ショップの人に聞いたところ、フロントギアを3枚の物から2枚の者に交換する時のメリットは、車体が軽くなる、3枚ギアよりも全体幅が狭くなるのでガニ股ペダリングを防げてペダリングがスムーズになる、ということを話してくれました。

私自身は、現在の3枚ギアを使っていて不便に感じることは、インナー(最小)ギアは通常の平坦な道を走行するときは使用しないので不要であること、インナーギアからミドルギアにシフトチェンジする時スムーズにいかなくて、いちいち下を見てチェーンが、ちゃんとミドル(真ん中)ギアにはまっているか確認しなければならないから、前方不注視になり危険、といったことです。

元々フロントギアが3枚だった物に対して2枚ギアに変更した場合の、メリットまたはデメリットを教えてください。

Aベストアンサー

リヤが8速のままでは、フロントをトリプルからコンパクトクランクにした場合、本来的にはギヤ比の差が大きいため変速はスムーズにはなりません。
しかし、調整の難しいトリプルよりはセッティングがしやすいという意味で、現状よりも良好な変速性能が得られる可能性は高いでしょう。

でも、どうせフロントディレーラーと、比較的高額な左右シフターとクランクというかチェーンセットの交換が必要ですので、あと3万円ほど足して、思い切って11速の105とかにコンポを全交換しちゃったほうが得策かもしれません。
これなら、格段にスムーズなフロント&リヤ変速操作が可能ですし、トリプルに対応した現状の8速ではギヤ比の大きいスプロケットが無いでしょうから、低いギヤ比が使えなくなるデメリットがなくなります。

あと、軽くなるのは確かですが、同じグレードのコンポならば、僅かな重量ですね。それよりも店員さんが言うようにQファクターが小さくなる利点が顕著でしょうが、それの受け取り方も個人差が大きくて、絶対的なものでは無いでしょう。

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む

Q本物のフラットバーロードとは?

フラットバーロードは、ハンドルがフラットタイプであるだけでそれ以外のコンポーネンツ等はロードバイクと同一のものを採用したものととらえています。
一方、メーカーや店舗は、スポーティー度の高いクロスバイクも含めてかなり幅広くフラットバーロードという言い方をしていて、紛らわしいですよね。

実際、ハンドルを交換すれば本物のロード、という性能を有する機種はあまり見当たりません。

ざっと見たところ、フルカーボンで軽量化されたモデルというトレックの7.7FXがありますが、それ以外ではしっかりとしたスペックを有する機種があるのかどうかわかりません。

他に「本物のフラットバーロード」と言えるものはどのようなものがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

フラットバーロードは街乗り主体でゴーストップが多い場所で運用するために特化された車種で、たしかメッセンジャーバイクと呼ばれるように都市部での書類運送(日本だとバイク便って感じでしょうか?)のためにドロップハンドルからフラットバーに換装されたバイクのことです。
元がロードバイクですからフラットバーロードと呼ぶのでしょう。

一方クロスバイクは元がMTBで、ロードバイク並みの高速走行性能を持つもの、またはその装備をしたものから不整地走行用のフレーム強度を持ってはいないが、見た目だけならばMTBソックリな車種まで幅広い車種です。

元がMTBから派生していますのでロードバイク寄りのクロスバイクはやはりフラットバーロードとは呼ばないのでしょう。

無理矢理分類するとしたならば、キャリパーブレーキ車がフラットバーロード、Vブレーキ車がクロスバイクとでもなるのでしょうか?

何れにせよそこまで行ったら分類なんて意味ないかな~とは個人的に思います。

Qステムのクランプ径 26mmと25.4mmの違い

   
すみません、教えてください。

バイクの自作を始めまして、パーツを集めるべく物色しているところです。

気に入ったクイルステムのクランプ径が26mmとのことなのですが、これは25.4mmと同じと思っていいでしょうか。
ハンドルはフラットを検討していますが、ハンドル径が25.4mmというのが大半で26mmというのはほとんどありません(無くは無いですが)ので
同じことと思って問題ないのかなと。

よろしくお願いします。
   

Aベストアンサー

26mmはロードバイク用に多くみられるハンドル径です。
(最近は31.8mmというオーバーサイズも増えています)
25.4mmは一般車およびピストでよく使われます。
アダプタみたいなものをかますことで径の大きいクランプに
それより細いハンドルを使うことは可能です。
なにもかまさなくてもそのままで25.4mmハンドルに対応する
ステムもありますが、メーカーが対応としているもの以外は
そのままではしっかり止まらないと思った方がいいですね。

http://www.cb-asahi.co.jp/item/01/02/item20203700201.html
このようなスペーサーを使えば26mm対応のステムに取り付けられますが
ノーマルステムだと取り付けが困難かと思います。

Qクロスバイクってどれくらいの距離を走れるものなの?

長距離ツーリングはロードバイク、クロスバイクは街乗り、というイメージがあるんですが
クロスバイクで片道30キロの街までいけるでしょうか?

みなさん、クロスバイク乗りの方はどれくらいの距離を走られてるんでしょうか?

Aベストアンサー

もちろん30Kmなら余裕かと思います。
ただ気分にもよると思います。
ってのは、クロスバイクでだいたい時速20kmくらいで走ったとしたら距離が30kmですと1.5時間掛かります。1.5時間ですと、スポーツと考えれば大した事ないですが移動と考えるとかなりの時間だと思います。
車に乗ってても1.5時間の移動は正直気軽には行えません。

ので気持ちの問題かと思います。

私はクロスバイクとロードを所有してますがお恥ずかしいことに買い物とかにしか使わなかったりするんで良いとこ片道10kmとかだったりします。


人気Q&Aランキング