ちょっと変わったマニアな作品が集結

「1回」と「一度」の違いを、その用法を通してご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

専門家ではありませんが、企業内での採用、教育業務に携わっていたものです。



基本的には違いはありません。

「この映画は1回観た」と「この映画は一度観た」、文法上も全くおかしくありませんし、いずれにしても「回数」を表わす表現として一般的に使用します。

ですが、例えばですが、
「この映画は100回観た」と「この映画は100度観た」となるとどうでしょう?1回の時には違和感の無かったものが「100度」という表現がおかしく感じませんか?

そこから考察するに、「回」は無制限に回数を表現できる言葉ですが、「度」には制限があるように思えます。個々によってその違和感の限度に違いがあるかもしれませんが、私個人は3度からくらいまでが通例のような気がしますが、10度はあきらかに不自然だと感じます。

参考になったかわかりませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

懇切なご回答に感謝します。有難うございました。

お礼日時:2007/11/03 12:03

なんか面白そうな問題なので皆様の回答を参考に色々考えてみました。



まず「度」については、サンズイのついた「渡」にあるように、beforeとafterで違う状態になり、そのことに何かしら重要な意味があることを示すのではないかと思います。
----------
(例1)
A.1回目は許すけど、2回目は許しませんよ
B.一度目は許すけど、二度目は許しませんよ
・・・Bのほうが全力で謝らなくちゃいけない気がします。
----------
(例2:福引なんかで)
A.1回に二度くじを引けます
B.一度に2回くじを引けます
・・・Bのほうが自然な表現のような気がします。(←これは微妙かな?)
----------
例1については、何かやらかす前(無罪)と、やらかしちまった後(有罪)の違い、
例2については、くじ引き権利あり・なしの違い、
が、本質的に違う状態であってbefore/afterの違いが重要であるから「度」のほうがふさわしい、のではないかと思います。

これに対し「回」は、一区切りのイベントを、実際にも潜在的にも繰り返しうる単なる現象とみなしていて(No.3さんのおっしゃるように)繰り返しを数える場合に適しているのでしょう。

既に指摘されているように、回数が多くなると「度」が使いづらくなるのは、イベント前後の状態のギャップが、繰り返しの数が大きくなるにつれ薄くなり、「度」のもつ語感に合わなくなるからなのではないでしょうか。

度数が大きい用例として「お百度参り」というのがありますが、これは一回ずつ、毎回それぞれが一度きりのお参りを百たび繰り返すことに功徳があるのであって、「百回」ではルーチンワークをこなしているみたいで、いまいち有難みが感じられないですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

用法の具体例が豊富で、とても参考になりました。日常何となく使っている言葉でも突き詰めて考えてみると案外戸惑います。
お陰さまで、すっきりしました。本当に有難うございました。

お礼日時:2007/10/30 15:01

もともと、「一度」はヒトタビと言う訓読みに漢字を当てたものが、いつの頃か音読みに転じた数え方だと思います。



「一回」の方は、ヒトマワリの訓読みに漢字を当てたものでしょう。

ですから、古くからある用法にははっきりした使い分けがあったと思います。例えば「一度(ひとたび)それを言ったからには、、、」とは言っても「一回(ひとまわり)それを言ったからには、、、」とは言わないでしょう。

「十二度」も、トウトフタタビと呼べば違和感がありませんが、随分古風な言い方になっていますね。

現在ではこれらの語はほとんど同義語になってしまったので、日常会話ではどちらでも良くなっているようです。

因に私は素人ですが、私の経験した限り数詞を付ける民族は少ないようで、例えば「1回」も「一度」も英語ではoneです。中国語はどうなのでしょうか。

数学で言う「数」とは、その集合が持っているあらゆる個性や特徴を消去しても残っている一つの性質に名付けた、大変抽象的な概念なのですが、日本人はそこまで抽象化出来なかったようです。そこで、抽象化からの不安を取り除くために付いたのが「数詞」ですね。この点では、日本人は抽象化が苦手なようですね。それにもかかわらず、日本人には世界的な数学者が排出している理由は、私には未だに良く判りません。

今度、教えて!goo で質問してみることにしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

用法の具体例が豊富で、とても参考になりました。日常何となく使っている言葉でも突き詰めて考えてみると案外戸惑います。
各国との比較もなさるとか、貴殿の旺盛な研究心に期待しています。
お陰さまで、すっきりしました。本当に有難うございました。

お礼日時:2007/10/30 15:07

参考になるかどうかわかりませんが、ちょっと思いついたまま書かせていただきます。


やはり1~3ぐらいまでは、「回」も「度」も同じですが、それ以上の回数になったとき、「度」はあまり使わないように思います。また、繰り返しの動作を数えるときは、「回」を使うような気がします。例えば、部活などで監督が「腹筋5回」などというときは「度」では違和感があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日常何となく使っている言葉でも突き詰めて考えてみると案外戸惑います。
繰り返しの動作を数えるときは、「回」を使うような気がします。例えば、部活などで監督が「腹筋5回」などというときは「度」では違和感
があるとか。本当に有難うございました。

お礼日時:2007/10/30 15:13

>「1回」と「一度」の違いを、その用法を通してご教示下さい。


この例では同じ意味です。
しかし、
「10回」と「十度」の違いを
といわれれば、違いますね。
まず、読み方が変わってきます。
次にさらに増えると、「十二度」は「使わない」という現象も
あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答に感謝しす。有難うございました。

お礼日時:2007/11/03 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「一日」と「1日」の違い

職場の休暇届に「一日」と書いたら、上司に「1日」と書きなさいと言われ訂正印まで押すことになりました。横書きなのですが、何か横書き表記に決まりがあるのでしょうか。私は「日」が漢字なので、「いち」も漢字で書きましたが、どちらでもいいのではないでしょうか。

Aベストアンサー

くだらない嫌がらせにすぎません。嫌な野郎ですな。一を1にするべき合理的理由なんてどう考えても出てきません(大きな桁の数字を扱うのに漢数字がふさわしくないのは確かでしょうが四桁くらいまでならアラビア数字は不要です)。

地位の上下がある以上、ここで逆らっても更なる不快を招くだけですが、喧嘩をなさるなら、まともな日本語のために一肌脱がれた義士とお見立てして庭に咲く花を一本手折ってよそながら捧げます。

テレビのアナウンサーはたいがい馬鹿を揃えているので、「十一人が焼け死にました」を「土人が焼け死にました」と読んだもんがあったとツルベがいつか言ってました。これは原稿が縦書きだったってことですな。言葉ないがしろにする者、きちんとその伝えんとするところを読みとろうとしない者に限って、無用の規則にこだわるのです。

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「通り」と「とおり」の違いについて

予定「通り」や、次の「とおり」のように、漢字で書く場合と平仮名で書く場合があるようですが、違いはなんでしょう?また、どちらが正しいのでしょうか?知っておられる方が居られれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

>予定「通り」や、次の「とおり」のように…

あなたが公務員で公式文書を書くのなら、それは仮名書きにしないといけません。
民間企業でのビジネス文書もこれに準じるのが良いです。
個人の詩歌や小説などはこの限りではありません。

このことは、昭和24年4月4日付けで政府が策定した『公用文作成の要領』で定義され、その後常用漢字表の部分改正などに伴って、その都度追認されています。
直近は菅総理の名前で、昨年11月に出されています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/Jusl/Bunsyo/BunKanjiH22.html

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Qお話しする? お話する?

「これからお話しする内容は……」と書くときには、“お話しする”と“お話する”のどちらが正しい表現なのでしょうか。書籍ではどちらも目にしますが、現在使用しているATOKの辞書では“お話しする”が出てきます。
ちなみにアサヒコムのweb内検索では、“お話しする”が37,023件に対し“お話する”が52,713件なので一般的には“お話する”が若干優勢ですが、サイト内検索では35件対2件で、新聞社としては“お話しする”を多用しているようです。
例えば、「申し込み」は「申込み」や「申込」でも使えるので、どちらも正しいのかな、とも思いますが、もしそうだとしても、どちらがより適切な表現かを教えてください。

Aベストアンサー

区別があります。
1)謙譲語の場合は
「お誘いする」「お知らせする」
のように、動詞としての送り仮名に準じます。
「(私が)これからお話しすることをご参考になさってください」
の「し」は省けません。
2)動詞から派生した名詞「話」の丁寧語の「お話」は、普通、送り仮名の「し」は省かれます。
「一度二人でゆっくりお話しましょう」
は「『お話』をしましょう」の「を」を省略した表現ですので、「し」は無くてかまいません。

Q正しい文章 「事(こと)→こと、為(ため)→ため」の総称

文部科学省の指示により、国語などの教科書的な文章に用いる場合、

事(こと)→こと
為(ため)→ため

と、ひらがなで表記するという話を聴いたことがあります。。

このような漢字を総称する言葉があると思うのですが、その名前がわかりません。
もし、ご存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

形式名詞です。

参考URL:http://www.geocities.jp/niwasaburoo/14keisikimeisi.html

Q「~になる」と「~となる」の使い分け

複数の人で手分けして報告書を作成しており、現在校正中です。
今悩んでいるのは、ある人は「~になりました。」と書き、別の人は「~となりました。」と書いているところがあり、報告書全体としては「に」と「が」が混在している状態なので、この表記の揺れをなくすために、どちらかに統一すべきかどうか、ということです。
「に」でも「と」でも全体の文意は同じのような気がするのですが、ニュアンスや文法的な違い、あるいは使い分け方法があれば教えていただきたいと思います。
よろしくご教示のほどお願いいたします。

Aベストアンサー

格助詞「に」と「と」の違いですね。この質問は過去に2,3回ありましたのでその1つを1部付け加えて回答しておきます。
「に」「と」はともに帰着または結果を表しますが、ニュアンス的には少し違いがあります。
「雨が降れば川になる」というのは平板で当然の帰結としての言い方の場合は「に」
「蛇行を繰り返し小川や多くの支流を集めて大河となる」のように紆余曲折を経る場合は「と」です。
「すったもんだの末、結局彼が村長となった。」
「すんなりと彼が村長になった」
あなたの会社の報告であれば:
「計算の結果予算は○○円になりました。」
「いろいろ審議を重ねて検討した結果○○円となりました。
また、「へと」と 「へ」との違いについての質問にも私が回答したのがありますので参考にしてください。

参考URL:http://okwave.jp/qa1126103.html

Qひらがなを使うのか、漢字を使うのか迷う

いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 今、ミニコミ情報紙の文章を書いています。そこで、ひらがなを使うのか、漢字を使うのか迷う文があります。

 例えば、

   「~のなか、」か「~の中、」
   「~のとき、」か「~の時、」
   「~など、」か「~等、」
   「~のところ、」か「~の所、」

 などです。私は、どちらかというとひらがなの方がソフトで伝わりやすいと思うのですが、漢字の方が文字数が減らせます。

 「このような大変荒天のなか、参加して下さった。」
 「このような大変荒天の中、参加して下さった。」

 実際、新聞や雑誌などでは、どちらが一般的に使用されるのでしょうか。


教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

質問の漢字は、年々使われなくなっています。
【中、時、所】は、ピンポイント表現のみといっていいです。
【等】は、「など」と読まず「トウ」と読みます。従って余程の堅苦しい文章以外は使いません。

<一例>▽家の中に入る ▽家を出た時は晴れていた ▽広い所で休む
つまり、下記の場合以外はいずれも「ひらがな」が適当な語です。※【ひらがな書きが適当な語】も参考にされてください。

【中】 ◆内/中/内面/内部を表す語で使用。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/15528/m0u/
【時】 ◆時/場合/折(おり)/ところ/際(さい)を表す。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/14994/m1u/%E3%81%A8%E3%81%8D/
【所】 ◆場所/箇所/所/地点を表す場合。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/13825/m0u/
【等】
http://b.hatena.ne.jp/entry/www.koho.or.jp/community/modules/plzXoo/index.php?action=detail&qid=12

【ひらがな書きが適当な語】
http://www.yamanouchi-yri.com/yrihp/techwrt-2-4s/t-2-4s03fa.htm
http://www.yamanouchi-yri.com/yrihp/techwrt-2-4s/t-2-4s03fb.htm
http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/dicts/encyc/allknow_conv_ja/subPage3.html

【漢字書きが適当な語と、ひらがなとの使い分けが適当な語】
http://www.yamanouchi-yri.com/yrihp/techwrt-2-4s/t-2-4s03fd.htm

>「このような大変荒天のなか、参加して下さった。」
「大変荒天」「なか」「。」←こちらも表現として気になります。
私なら「このような悪天候の中、参加してくださった~」

質問の漢字は、年々使われなくなっています。
【中、時、所】は、ピンポイント表現のみといっていいです。
【等】は、「など」と読まず「トウ」と読みます。従って余程の堅苦しい文章以外は使いません。

<一例>▽家の中に入る ▽家を出た時は晴れていた ▽広い所で休む
つまり、下記の場合以外はいずれも「ひらがな」が適当な語です。※【ひらがな書きが適当な語】も参考にされてください。

【中】 ◆内/中/内面/内部を表す語で使用。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/15528/m0u/
【時】 ◆時/場合...続きを読む

Qひとり と 一人 と 1人 の使い分け

文字の使い分けがよくわかりません。
1年間 と 一年間,「ひとりあたり」「ひとりにつき」なども迷います。

書き分けの区別だけでなく,なぜそうかも理解できると
混乱に終止符が打てるかもしれません。

詳しい方,よろしくお願いします。

Aベストアンサー

漢数字とアラビア数字、文章中の数量表現の違いですね。

基本的に使い分けの判断は、使用する場面の流れなどで判断します。

漢数字(一、二、三、四)を使う場合は、論文、説明文などで使うことが多く
数量がそれほど重要ではない場合、数字表現が一つで、それが肝要な場合
数自体があいまいだが、おおよその数量を表す場合など
つまり文章全体の中で稀に数字が出るような状況です。

例文)
・ 一年前に僕はこの町に引っ越してきた。
・ 三ヶ月ほどで完成する予定です。
・ レストランに入ると五人くらいのお客さんがいた。
・ その樹には数千枚の葉が茂っている。

アラビア数字(1、2、3、4)の場合は、数式を含む文章や
その数字そのものに重要な意味がある場合、数量が複数出てくる場合、
数量が非常に重要な文章中で使用します。
要するに、事象・事情の「数、数量」を説明したい文章の場合です。

例文)
・ あちらの樹にはみかんが10個、こっちには5個実っている。
・ 今日中に200着生産できる。
・ 私が大学を卒業したのは8年前の2005年だ。
・ あと15分で到着します。

ひらがなで表現する場合は文語的表現、文芸的表現です。
簡単に言えば、見やすい書き方です。
誰にでも平易にわかる文章にしたいときや、ひらがなの柔らかさを使いたい場合
また、その文章を読む対象とする人に合わせる場合ですね。

例文)
・ おひとり様ひとつまで!
・ ふたりともケガはなかったよ。
・ ろくにんがそろってからスタートします。


文章というのは、それを読む人が何を目的に読むのか
また、書いた人が何を目的に書いたのか、ということを考えると
自然と表現の方法が変わってきます。

表現自体に絶対の決まりがあるわけではありません。
中にはこの表現方法ではないとだめだという場合もありますが
(例えば数学のテストで数字をすべてひらがなではあまりよろしくないでしょう)
基本的に、決まりを守ることよりも、読むときのことを考えると良いです。

書く場合はどのような相手に、何を伝えたいのかを主眼にすると
相手によく伝わる文章になります。
数字表現もそのうちの一つであり、上記の法則も「おおよそ」です。
参考にして、自分で法則を作っていき
間違いや分かりにくい、といった点があったときに、都度修正すると
より分かりやすく使い分けが出来ると思います。

漢数字とアラビア数字、文章中の数量表現の違いですね。

基本的に使い分けの判断は、使用する場面の流れなどで判断します。

漢数字(一、二、三、四)を使う場合は、論文、説明文などで使うことが多く
数量がそれほど重要ではない場合、数字表現が一つで、それが肝要な場合
数自体があいまいだが、おおよその数量を表す場合など
つまり文章全体の中で稀に数字が出るような状況です。

例文)
・ 一年前に僕はこの町に引っ越してきた。
・ 三ヶ月ほどで完成する予定です。
・ レストランに入ると五人くらいの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング