親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

会社のイラン人がトルコ人を見下す発言をやたらとします。
私は最近までドイツに半年滞在していたのですが、それを知ったイラン人は「(ドイツにはトルコ人が多いそうだな・・)トルコ人からどんな嫌な目にあったんだ?」などの質問をしてきます。
実際のところトルコ人は良い人たちが多く、楽しい思い出ばかりです。

ここでお聞きします。
イラン人とトルコ人は過去に何かあったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

現在、世界のアヘン生産の87%はアフガンで行われています。


そして、その最大消費国はヨーロッパやアメリカですが、密輸ルートと
して大きいのはアフガン-イラン-トルコ-欧州というルートです。
http://www.news.janjan.jp/world/0605/0605144390/ …

10年ほど前にトルコに旅行に行った際に、現地の女性に知人を通じて
私たちのガイドを頼みました。
彼女と一緒にイスタンブールのアヤソフィア寺院を訪れた際
笑いながら歩くイラン人の2人組を見た彼女が、
「イラン人は、早くこの国を出て行ってほしい」と小声ながらも
激しい口調で言った事を忘れることはできません。

昔から、トルコは中東(イラン・イラク等)と西欧を結ぶ架け橋でした
交易品で有名なのが香辛料ですが、当然麻薬もトルコを通じて運ばれ
ました。
現在、トルコはEU加盟を希望していますが、イギリスなどは反対して
います。
大きな理由は、宗教面と並んで犯罪や麻薬がEU内に持ち込まれる事も
含まれます。

欧州に追いつきたいという強い目標を持つトルコは、自国が麻薬の主要
ルートだとよく知っています。
しかし、欧州と中東の交易で栄えてきたトルコにとって、それを
排除するのはたやすい事ではありません。
それを排除するのは、日本からヤクザを無くすぐらい難しい事です。
麻薬ルート等の闇経済は、トルコ経済を支える要素でもあるのです。

先の女性は、風貌は白人系で(少数派の)キリスト教徒でした。
彼女にとって、トルコが欧州に近づくのは悲願でしょう。
それを阻害する麻薬、そしてそれをトルコに持ち込むイラン人。
そのイラン人を彼女が毛嫌いする本当の理由は、
オスマン・トルコとかサファビー朝とかいった大昔の歴史よりも、
現在のトルコ人の理想と現実との葛藤にあるのです。

イスラムの国で中東に位置しながらも「脱中東・親欧州」を
目指し西欧にすり寄る。そのくせ、麻薬ルートになっていることから
脱却できないトルコ人。
そして、諸悪の根源を自分たちに押し付ける身勝手な彼らに
イラン人がかなり侮蔑的な感情を持つのも理解できます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
現在も問題を抱えているのですね。

お礼日時:2007/11/21 15:24

トルコ人とイラン人の関係があまり良くないのは事実です。


この場合のトルコ人とは、現在のトルコ共和国人を指し、トルコ系民族を指すのではありません。
トルコ系民族のアゼルバイジャン人とイランとの関係は、特に問題はありません。
またイランと中央ウジア諸国のトルコ民族系国家(トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス)などとの関係も良好です。
これらの国々は、アゼルバイジャンがシーア派ですが、他の国々はスンニ派ですから、トルコとイランの関係を宗派の違いによるとも言えません。

イランとトルコが敵対するのは、オスマン=トルコとサファビー朝の対立が原因です。
オスマン=トルコとサファビー朝は、16世紀~18世紀に中東で覇権を争っていました。
サファビー朝は、トルコと敵対を強化するために、シーア派の12イマーム派を現在のレバノンから迎え入れ、国教とします。
これ以降、イランではシーア派国家となります。
つまり、イランとトルコの仲の悪さは、スンニ派とシーア派の敵対によるものではなく、仲が悪かったために、敵対心を強めるためにイラン(サファビー朝)がシーア派国家となったのです。

ただし、イランとトルコは、全面的に敵対しているわけではありません。
最近の事例では、クルド問題に関しては、共同歩調をとっています。
イランとトルコの関係は、18世紀のイギリスとフランスの関係、19世紀のフランスとドイツのような関係だと思ってください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほどシーア派とスンニ派・・
複雑そうですね。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/21 15:25

 イラン高原を支配したトルコ系大帝国には、セルジュク=トルコやチムール帝国が上げられます。

この間、イラン人はトルコ人の支配下にあったわけですし、イラン人が建てた大帝国の下にトルコ人が支配されたことも何度かあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9% …
 テュルク族と言うのは、トルコ系のことです。

 オスマン=トルコが成立してからは、イラン(ペルシャ)とトルコは、中東の二大強国として、何度も戦火を交えています。(オスマン=トルコがイラン高原を支配することはなかったですが。No.3の方のオスマン=トルコと言う記述は、セルジュク=トルコと錯覚されたのではないかと思います。)
    • good
    • 2

 宗教的にもイランは厳格なシーア派、トルコはもっとも世俗的なスンニ派、イラン人からしたらムスリムの風上にも置けないやつとなるでしょう。

昔カソリックとプロテスタントが合い争った以上に、イスラム教徒同士というのは教義の違いによる仲が悪いのです。
 テレビで外国人受刑者を、イスラム教徒同士同じ牢に入れたら、協議の違いから喧嘩を始めたなんていう話しもあるようです。
    • good
    • 1

トルコはローマに匹敵する世界帝国のオスマントルコの中核をなした民族で征服民族です。

これに対してイランはペルシャ人で、古来大帝国を築いて繁栄した民族で非常に誇り高い人達です。それがオスマントルコに征服されて数百年、トルコに頭の上がらない時代が続きました。だからいい感情を持つわけがないのです。これは日本人と朝鮮人との関係に似ていますね。朝鮮の人達は自分達はいろいろな文化を日本に教えた筈なのに、その教えた相手に征服されたことが大変自尊心を傷つけているのです。同じですよね。
 でも朝鮮の人達は付き合って見るといい人ばかり、朝鮮の人達も個人の関係では日本人はいい人ばかりと思っている筈です。それが国と国の付き合いになると違って来るのです。
    • good
    • 1

んー・・・たぶん、トルコと、イランの関係というよりも、その人限定の問題のような気もします。


たとえば、昔トルコ系の人にいやなことをされたとか・・・
もしくは、思想信条の問題で、その人がアフマディネジャド大統領のように「イスラム原理主義」に近い考えを持っている場合、トルコの姿勢(1924年に現体制に以降して以来、常に西欧化を目指し、またNATOの一員でもあり、EU加盟がいまのところ政治目標。経済的にも政治的にも、隣のイランなどより、むしろ東欧、西欧に近しい)は軟弱、親キリスト教的と見えるのかもしれません(まあ、となるとなぜ日本にいるのか、という話になりますけど。宗教色が薄いので関係ないということもあるかもしれませんし・・)。

なお、トルコの人種というのは、もともと遊牧民族でして、No1の方が言っているとおり、別の地域(中央アジア、モンゴル高原)から、西アジアのほうへ移ってきた民族ですね。今では、トルコ=トルコ共和国のある小アジアのみを指しますが、本来は中央アジア一帯に広く居座っている民族で、中国史にでてくる鉄勒といった民族も、トルコ系といわれます。こういった意味合いで使われる場合はテュルクと呼ばれることが多いですね。
    • good
    • 1

中東は


イラン人 トルコ人 アラブ人
この三者が主要民族で、ある意味三すくみ状態。

何があった?
何でもありましたよ。
日本人と韓国人に何かあったという量の 100倍はあります。

なんせ、元々 イラン系の民族がいた地域を トルコ系が東から西へ横断しています。
現在のモンゴルあたりにいたトルコ人が、じわじわじわじわと西に移動して、もっとも西に行ったグループが現在のトルコ共和国にいます。ちょっとだけ西に移動したグループが現在の中国西部 東トルキスタン地方におります。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラン(ペルシャ)とアラブの国々の間の歴史と関係

中東=イスラム教=アラブ人と漠然と思っていましたが色々な民族と宗教があると知り歴史と関係を知りたくなりました。非常におおざっぱに分けると、この地域にはイラン(ペルシャ人、ペルシャ語、シーア派)とイラク、サウジ、エジプト等(アラブ人、アラビア語、スンニ派)の2つがあって両者はかなり違うものだと理解しています。
さらに理解するために両者の力関係と歴史を簡単に教えてください。(歴史年表を見てもよく理解が出来なかったので)
例えば日本と韓国の関係では、古くは朝鮮を経由して日本に技術や文化が伝えられるなど交流があったが、年代が進むと、朝鮮に出兵、併合など日本の方が武力、経済力が強くなって現在に至ります。
その結果、朝鮮側は反日感情は強くなるが経済上重要な客でもありスポーツなどでも強く意識している。日本側は被害をこうむっていないのでそれほど歴史も学ばないし、意識していない。
両国は個人レベルでは普通にお互いの国を旅行して楽しむことなどつながりも強い、こんな感じで
イランとアラブの国のざっくりとした関係を知りたいです。

Aベストアンサー

No.2です。

キリスト教で金貸しは忌むべき職業だったので、
キリスト教圏ではユダヤ教徒が金融を支配しており、
政治的影響力が強いので、イギリスは三枚舌外交を
し、アメリカは現在もイスラエルを支援しています。
第一次世界大戦で、イギリスのアラブ独立の約束で、
アラブは支配するトルコ帝国に反乱を起こしたのに、
ユダヤ人がイスラエルを建国し、パレスチナ入植で、
アラブ人は土地を奪われたので、アラブ人はイスラエル
を支援し続けるアメリカをアラブの敵と憎んでいます。

かつて王政だったイランは、社会主義・ソ連の脅威から、
アメリカの援助を受けて欧米化・民主化が進んでいた為、
ホメイ師など反欧米のシーア派宗教指導者が怒って、
イスラム革命で王政打倒しました(イラン革命)。

イランは、昨年のアラブの春のようにイスラム革命が波及
する事を恐れた周辺のアラブ国家との間に溝ができ、国境
争いしていたイラクがイランに侵攻(イラン・イラク戦争)。

クウェートはイラン・イラク戦争でイラクを支援していましたが、
石油価格暴落で財政的に苦しむイラクは、石油増産を続ける
クウェートに侵攻。
同じく石油増産する親米のサウジアラビアは、イラクの侵攻を
恐れ、国防の為に国内に米軍基地を設置。
イスラム圏で、イスラム国家を攻撃する為の米軍基地設置は
裏切り行為。
なので、アメリカは貴重なアラビア半島の基地を維持する為、
イスラエルを擁護するように、サウジ王政を擁護しています。

No.2です。

キリスト教で金貸しは忌むべき職業だったので、
キリスト教圏ではユダヤ教徒が金融を支配しており、
政治的影響力が強いので、イギリスは三枚舌外交を
し、アメリカは現在もイスラエルを支援しています。
第一次世界大戦で、イギリスのアラブ独立の約束で、
アラブは支配するトルコ帝国に反乱を起こしたのに、
ユダヤ人がイスラエルを建国し、パレスチナ入植で、
アラブ人は土地を奪われたので、アラブ人はイスラエル
を支援し続けるアメリカをアラブの敵と憎んでいます。

かつて王政だったイランは...続きを読む

Qイランとイラクの違い。 違うはずなんだけども、とっつきにくくて 困った

イラク=古代メソポタミア文明=千夜一夜物語=アラビア語またはクルド語=アラブ人=処刑されたフセイン大統領=イスラム教徒=原油埋蔵国

イラン=ペルシア帝国=ペルシア語=ペルシア人=ホメイニ師=イスラム教徒=原油埋蔵国

違いはあるんですけど 取っつきにくくて…
外国人が もしかすると日本人と中国人を区別できないんですから
私も イランとイラクって同じようなもんという認識でも良いかしら。
理系へ進んだので、学校離れて ん十年たっても こんなオンチで 困ったなあとおもっています。
民族衣装も違うはずですよね
日本の子どもが花嫁ごっこする時みたいに白い布かぶって輪っかで止めているか、ターバン巻いてるか、 …あれ、インド人と似ていたっけ?
でもどちらもきっと顔立ちは
黄色人種なんだけど日本人に比べるとやや浅黒い肌 
黒髪 黒くて濃い!眉、ひげ
ばっちりした!目 黒い瞳
ですよね。

オンチの私に 両者は 「感覚的」に違うんだ!て納得させるご回答
どうか 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1番です。

イランがアジアの国という件につきまして、疑問があります。
イランの人種は、コーカソイドの中の東方アーリアン系人種に属します。
言語的にも、アーリアン系のペルシャ語で、北インドなどとの共通点はありますが、中国や日本などの言語とも人種とも異なり、むしろヨーロッパ系の人種・言語などに近い性格です。
イラン人は、当初カスピ海北方から黒海周辺にいましたスキタイの一族とされています。
それが南下したのがペルシャ人で、インド方面に行ったのがアーリアン系のインド人、東方に向かったのがソグド人(現在のタジク人)、西方に向かった人達はよくわかっていませんが、フン族やアバール族などだと思えます。

また、イラン人を特徴づける最大のものが、イスラム教シーア派だという事です。
イスラム人口の10%ていどがシーア派ですが、シーア派のほとんどがイランとその周辺に居住しています。
シーア派は、スンニ派とは異なり、部族や個人でのイスラム法の解釈を禁止しており、信者は、イマーム(イスラムの宗教指導者)か、イスラム法学者の最高権威の指導に従う事になっています。
(そのため、ホメイニのイスラム革命が成功するのですが)

イスラム法の最高権威(現在ではハメネイ)が、積極的に動けば、イラン国民は、一致して行動する事になります。
逆に最高権威が民主的な考えの人ですと、一挙に民主化が進む可能性があります。(パーレビ時代のように非常にゆるい戒律になる事もあります)
シーア派は、極端から極端へと変化する可能性があるのです。
スンニ派では、そのようなイスラムの最高権威を認めませんから、部族ごとのまとまりがつかなくなってしまいます。
(現在のイラクのように)
スンニ派では、慣例(スンニ)が重視されるため、改革ができにくい構造になっています。

中央アジアに関しましては、古代ではイラン系のソグド人が優越していましたが、中世ころ(唐やイスラム帝国の時代)から、トルコ系が優越的となり、現在に至っています。
中央アジアにおいて、ペルシャ系はタジク人だけで、最も人口の多いウズベク人をはじめ、カザフ人、キルギス人、トルクメン人、中国のウイグル人、カラカルパク人など全てトルコ系になってしまっています。
そのため、ペルシャを語る時、中央アジアが除外されるのはしかたのない事なのです。

ちなみに、クルド人は、イラン系の民族で、ペルシャ人にイラン高原を追われて現在の地域に移りました。
(クルド人は、ペルシャの前のメディア王国の支配民族とされています)
クルド人が最も多いのは、トルコ共和国で、クルド問題はトルコの最重要問題になっています。
イラク国内のクルド人とイラン国内のクルド人も両国と敵対関係にあり、状況は複雑です。

1番です。

イランがアジアの国という件につきまして、疑問があります。
イランの人種は、コーカソイドの中の東方アーリアン系人種に属します。
言語的にも、アーリアン系のペルシャ語で、北インドなどとの共通点はありますが、中国や日本などの言語とも人種とも異なり、むしろヨーロッパ系の人種・言語などに近い性格です。
イラン人は、当初カスピ海北方から黒海周辺にいましたスキタイの一族とされています。
それが南下したのがペルシャ人で、インド方面に行ったのがアーリアン系のインド人、東方に向か...続きを読む

Qゲルマン民族の大移動となったフン族はなぜ・・

歴史の勉強していくと何故?何故?と疑問がわいてきます。またそれを知った時
すっきりします。ゲルマン民族が移動することによって、ヨーロッパに変化が起きましたが、ではそのフン族がいきなり西方へ移動してきたのは何故でしょうか?
いろいろ調べてみましたが・・ゲルマン民族大移動の原因で出てくる程度、しかも
それまでおとなしくしていたのに、いきなり移動したようなニュアンスです・・
どなたか、ご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

フン族についてはアジア系遊牧騎馬民族という位の情報しか正確なものが乏しい民族です。

「きょう奴」が分裂して一部が西進し中央アジアキルギス高原に達して定着した部族の子孫という説があり彼らは多数の家畜を抱え遊牧し、乗馬に巧みで当然騎射に長けていました。
農耕を知らなかったので自然に生える草を家畜の餌にし殆ど生の獣肉などを食べていたといいます。
従って草がなくなれば当然移動して新しい草原を探さねばなりません。
東方は彼らが既に同様な生活習慣で暮らしてきたので草はないことを知っていますから西進するしかなかったのです。  こうしてヴォルガ川にたっし、さらに西進しました。  これには気候の変化説、疫病説など諸説もありますが正確なところは不明です。  この時代の移動速度は緩やかなものでした。

そこには既に東ゴート族が居住していましたから彼らを略奪、抵抗する者を殺しました。
この情報はすぐに東、西ゴート族に伝わり、かれらフン族の残酷さ、騎馬戦術の脅威が過大に誇張されて伝わったため、パニックが起こりゴート族の西方への大移動が起こって次々とゲルマン民族などの大移動が伝播したのです。  この頃は草原の確保より略奪が目的に変化していてフン族の移動は迅速で警報が間に合わない事もよく起こりました。

アッチラというフン族の王が出現し部族をまとめてから、その攻撃力はすさまじいものとなり現在のフランス、イタリアまで侵略された位です。

フン族についてはアジア系遊牧騎馬民族という位の情報しか正確なものが乏しい民族です。

「きょう奴」が分裂して一部が西進し中央アジアキルギス高原に達して定着した部族の子孫という説があり彼らは多数の家畜を抱え遊牧し、乗馬に巧みで当然騎射に長けていました。
農耕を知らなかったので自然に生える草を家畜の餌にし殆ど生の獣肉などを食べていたといいます。
従って草がなくなれば当然移動して新しい草原を探さねばなりません。
東方は彼らが既に同様な生活習慣で暮らしてきたので草はないことを知っ...続きを読む

Qなぜアメリカはあんなにイランを敵視するのですか?

常々疑問に思ってます。

イランは、男女ともに参政権も被参政権もあるし、選挙もまともに行われていると聞いています。大統領もちょろちょろ変わっているので独裁国家でもないし、ダボス会議でのハタミ前イラン大統領の話を聞いた感じだと、現実感覚のある人間と思えました。正直、南米の反米某大統領なんかよりはよほど人間として「できている」感じです。

問題としては、政教分離がされていない点がありますが、アラブのあの辺りの国って政教分離していない国が多いですし、アメリカと仲の良いサウジアラビアなんか、いまだに強権的な君主制で民主制という点ではイランと比べるまでもないくらい遅れていると思います。

なんでアメリカはあそこまでイランを敵視するのでしょうか?
感情論だけではなんとなく納得できません。
どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在のイランは、決して一つにまとまった意志を持つ国ではありません。
アフマジネジャド大統領に賛同する「対外強硬・国内民主化派」
ラフサンジャニ最高評議会議長に賛同する「対外融和・国内民主化派」
ハメネイ最高指導者に賛同する「対外融和・国内保守化派」
の3つに分裂しています。
現在は、アメリカなどからの圧力に反発するアフマジネジャド大統領派が優勢になっています。
大統領は、行政の最高責任者であり、中間階層を支持基盤とします。
評議会議長は、議会の最高責任者で、テヘランなどの都市部市民を支持基盤に持ちます。
最高指導者は、宗教界の最高権威で、地方の農村部などに支持基盤を持ちます。

イラン・イスラム革命以前は、親アメリカのパーレビ王制の下で、石油資源の販売の利益は、全て一部の人が握り、国民は、貧困にあえいでいました。
アメリカは、ソ連を南部から牽制できる位置にあり、ペルシャ湾の入り口に面したイランに対し、積極的な経済・軍事援助を与えていました。
イランは、他の中東諸国に比べ、近代化が進んでいたため、富の偏在が国民に明らかになっており、その事に不満を持った国民が、パーレビ政権打倒に動きます。
その時に象徴として担がれたのが、「ホメイニ師」でした。
本来は、市民革命として発生したイラン革命でしたが、革命途中から宗教勢力が革命の中心となり、パーレビ政権を打倒し、「イスラム革命」へと変質してしまいます。

アメリカは、パーレビ政権擁護の立場をとったため、革命政府と決定的対立を引き起こします。
イラン政府は、アメリカ資産の没収などを行い、アメリカに対抗します。
この事が、今日まで続くアメリカとイランの対立の原点となります。

アメリカの資産を没収した国に容赦しないのがアメリカで、アメリカから独立したキューバに対しても、アメリカ以外の全ての国が認めているキューバに対しても、徹底的な反感を持っています。

サウジアラビアの体制は、民主化を徹底して拒否しているため、現在の政権が維持できている面があります。
アメリカが、中東に民主化を根付かせるためには、イラクではなく、サウジアラビアに侵攻すべきでした。

現在のイランは、決して一つにまとまった意志を持つ国ではありません。
アフマジネジャド大統領に賛同する「対外強硬・国内民主化派」
ラフサンジャニ最高評議会議長に賛同する「対外融和・国内民主化派」
ハメネイ最高指導者に賛同する「対外融和・国内保守化派」
の3つに分裂しています。
現在は、アメリカなどからの圧力に反発するアフマジネジャド大統領派が優勢になっています。
大統領は、行政の最高責任者であり、中間階層を支持基盤とします。
評議会議長は、議会の最高責任者で、テヘランなどの...続きを読む

Q卑弥呼と天皇の関係

邪馬台国が北九州にあったのなら疑問はないのですが、もし畿内にあった場合は
当時、奈良か大阪にいた天皇勢力とはどんな関係だったのでしょうか?
当時の天皇勢力の範囲も限られていたため、邪馬台国とは共栄共存という感じでしょうか?

Aベストアンサー

邪馬台国は、畿内とは言っても、京都、兵庫、大坂の地域に分布した国です。一方、原大和朝廷(天皇勢力)は大和盆地(奈良盆地)にあった国です。両者は棲み分けていました。魏志倭人伝に登場する狗奴国が原大和朝廷のことです。(邪馬台国が畿内にあったのはほぼ間違いありません。)

また魏志倭人伝にある通り、邪馬台国の領袖は女であり、狗奴国の領袖は男(天皇)でした。

両者は国境を接して小競り合いを続け、対立を繰り返し、決して友好な関係ではありませんでした。しかし、邪馬台国が魏朝と晋朝の冊封体制下にある間は、中華皇帝の威光を背景とする邪馬台国の勢力が優っておりました。

武帝が死去して恵帝の時代になると晋朝の内部崩壊が始まり、八王の乱に至って晋朝の権威は地に堕ちました。中華皇帝の威光の凋落は日本にも大きな影響を与えました。邪馬台国の勢力は弱体化し、この時期に原大和朝廷が邪馬台国を制して西日本の統一へ動き出したと見られます。(第八代孝元天皇から第十代崇神天皇のころ)

Q新聞社・テレビ局(キー局)・政党・右翼・左翼???

遅ればせながら新聞をこれから取ろうかと考えております。

政治に疎いというか全くに近く知識がありませんので、分かりやすく回答していただけるとありがたいです。

昨年チラッと聞いたのですが、テレビ局とか新聞社とか政治というのは繋がりがあって派閥みたいな対立の関係もあるって聞きました。

そこで考えたのが(例えですが)
・テレビ朝日は「朝日」が付くから朝日新聞と関係あるのか?ってことや
・日本テレビは徳光和夫氏が「ジャイアンツが~」って言っているから読売新聞??
とかってイメージです。

主要新聞は5社、テレビ局(キー局)も5社であっていますか?
それとココに右翼、左翼っていうのはどうかかわっているのですか?(存在の意味とか)

できれば○○新聞は○○局で○○党(民主党)とか教えて欲しいんです。

父親が生きているときに「政治ってどうやったら詳しくなれるの?」って子供心に聞いたことがあります。
そのとき父は「新聞をくまなく読んでいれば自ずと解るようになる」って言っていました。

しかし未だにニュース番組で政治の話題になるとチンプンカンプンでそれが苦痛です。(+_+)

新聞を取ってマジメに読み理解できる人に少しでも近づきたいです。

新聞を取るときにどこを選べばいいかというポイントなどアドバイスをいただければ幸いです。

遅ればせながら新聞をこれから取ろうかと考えております。

政治に疎いというか全くに近く知識がありませんので、分かりやすく回答していただけるとありがたいです。

昨年チラッと聞いたのですが、テレビ局とか新聞社とか政治というのは繋がりがあって派閥みたいな対立の関係もあるって聞きました。

そこで考えたのが(例えですが)
・テレビ朝日は「朝日」が付くから朝日新聞と関係あるのか?ってことや
・日本テレビは徳光和夫氏が「ジャイアンツが~」って言っているから読売新聞??
とかってイメ...続きを読む

Aベストアンサー

【読売新聞】 朝刊販売部数:1000万部(公称) 売上高:4877億円(読売新聞グループ2005年度連結決算)
読売新聞へようこそ http://info.yomiuri.co.jp/company/ 組織体制 http://info.yomiuri.co.jp/company/company/
 
 紙面の編集方針や論調は保守本流だが、かつてはリベラルだった。
 基本的に自民党支持、改憲支持である。新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。
 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の見解を打ち出すのが特徴である。(Wikipedia より抜粋)

【朝日新聞】 朝刊販売部数:800万部(公称) 売上高:4069億円(2005年営業収入)
朝日新聞 http://www.asahi.com/shimbun/honsya/ データで見る朝日新聞 http://www.asahi.com/shimbun/honsya/j/data.html
 
 一般的に左派・リベラル言論の代表紙である。
 保守派からは左翼的、自虐史観的、中国の政策や北朝鮮の独裁政治に対する批判の欠如が問題視される傾向にある。
 実際の内容を見ると、中国・北朝鮮に対してほぼ無批判である。しかしながら記事ごとの思想的差異はかなり狭い。(Wikipedia より抜粋)

【毎日新聞】 朝刊販売部数:390万部(公称) 売上高:1525億円(2006年3月期)
毎日新聞』 http://www.mainichi.co.jp/ 会社概要 http://entre.yahoo.co.jp/dokuritsu/SCH10010?p=8&r=20210101&s=0194292023-00
 
 右派から左派的と言われる事があるが、保守的な論調が顔を覗かせる時もある。
 昔から社内に派閥があり、様々な考えを持った記者を抱えていることが影響していると言われている。
 多様な見解を掲載できるという意味でプラスに働いているともいえる。
 マイナスの側面としては、政府に対して、批判・賛同するわけでもなく、玉虫色に論評するだけの記事も少なくない。
 漫画・アニメ・ゲーム愛好者からは嫌われる傾向が強い。(Wikipedia より抜粋)

【日本経済新聞】 朝刊販売部数:300万部(公称) 売上高:2348億円(2006年12月期)
NIKKEI http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/company/group.html グラフで見る日経 http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/company/graph.html
 
 経済紙である為、一般紙に比べて経済や産業関係記事の比重が高い。
 日経の記事によって株価や業績が大きく左右されうるため企業は日経の取材には神経を尖らせていると言われる。
 企業によっては度を超した懐柔工作を行うことで、提灯記事を書かせたり、不祥事をもみ消すことなどを行っている。(Wikipedia より抜粋)

【産経新聞】 朝刊販売部数:220万部(公称)
産経新聞社 http://www.sankei.co.jp/saiyo/profile_04.html 
 
 大阪、奈良ではシェア20%を超える主要な新聞であり、この2地域で発行部数全体の半分近く(約100万部)を占める。
 日本国内外の記事を共同通信社や時事通信社からの配信に頼る事が多い。そのため多くのブロック紙、地方紙と同じ内容も見受けられる。
 ネット上(特に2ちゃんねる)において、愛国的新聞として比較的安定した支持を受ける数少ないマスメディアの1つである。
 紙面ではニューヨーク・タイムスの「左寄り」評論への不満をたびたび表明する。(Wikipedia より抜粋)

全国紙以外にも中日新聞グループ、北海道新聞、西日本新聞のブロック紙3社連合もあります。
記事の相互利用、海外取材網の相互補完、合同企画連載記事、囲碁の天元戦・将棋の王位戦共同主催などの交流を深めている。
特に、中日グループの販売部数は毎日新聞に次ぐ業界4位で東海、北陸、関東、近畿とブロック紙としては広域にカバーしています。
また、関連放送事業に準キー局を含むTV局も16社あります。
ブロック紙3社連合の特色は、3新聞とも論調はリベラルですが、地方企業や行政寄りな地方紙らしい部分もあります。

【中日新聞】 朝刊販売部数:350万部(東京新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井)売上高:1669億円(2006年3月期)
入社案内 http://www.chunichi.co.jp/annai/gaiyo/index.html

【北海道新聞】 朝刊販売部数:120万部
発行部数と普及率 http://www5.hokkaido-np.co.jp/hanbai/p_01.php

【西日本新聞】 朝刊販売部数:85万部
広告ナビゲーション http://adv.nishinippon.co.jp/top/

他にも、公明党の支持母体である創価学会の日刊機関紙 『聖教新聞』 や日本共産党が発行する日刊機関紙 『しんぶん赤旗』 もあります。
まさに、ある一定の思想や主張を特徴・特色に持つ新聞だと思います。


私が見た全国紙の政治的・思想的特色は下のようになります。左から右までが思想的幅で中心が私の目線です。

(左)┣朝┿毎┿┿┿経┿┿読╋産┿┿┿┿┿┿┿┿┿┫(右) (朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

人によって立つ位置(中心)で見方も様々でしょう。産経新聞を中道左派と見る人も結構いると思われます。

(左)┣┿┿┿┿┿┿┿朝┿毎╋┿┿経┿┿読┿産┿┿┫(右) (朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

(左)┣┿┿┿┿┿┿┿┿┿朝╋経┿毎┿┿┿┿読┿産┫(右) (朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

(左)┣朝┿毎┿┿┿┿┿┿┿╋経┿┿┿┿┿┿読┿産┫(右) (朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)


在京キーTV局との関係。
日本テレビの筆頭株主は読売新聞グループ本社。テレビ朝日の筆頭株主は朝日新聞社(約34%)。
テレビ東京の筆頭株主は日本経済新聞社(約34%) 。フジテレビはフジテレビは産経新聞と同じフジサンケイグループです。
TBSは毎日新聞社と協力関係であるが、毎日新聞社が経営危機の克服のためTBS株式の大部分を放出し、両社の立場は対等です。
各TV局の特徴や特色も、それぞれ関連した新聞社とよく似ています。
ただ、最近のTBSは捏造と思われても仕方の無いような報道や放送を繰り返し、テレビ朝日よりも更に左よりのTV局という感じがします。


私のお勧めは、比較的偏りなく読める 『読売新聞』 が良いと思います。
しかし、金銭的余裕があるのなら 『産経新聞』 と 『朝日新聞』 を購読して読み比べてみるのも面白いと思います。

【読売新聞】 朝刊販売部数:1000万部(公称) 売上高:4877億円(読売新聞グループ2005年度連結決算)
読売新聞へようこそ http://info.yomiuri.co.jp/company/ 組織体制 http://info.yomiuri.co.jp/company/company/
 
 紙面の編集方針や論調は保守本流だが、かつてはリベラルだった。
 基本的に自民党支持、改憲支持である。新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。
 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の...続きを読む

Q遊牧騎馬民族の軍隊を打ち破る戦術を教えて下さい

スキタイや匈奴、モンゴル帝国などの遊牧騎馬民族の軍隊(騎馬軍団)は突撃力と機動力に優れていたため、近代兵器(鉄砲、大砲等)が発明されるまでは世界最強であったと聞きました。これについて質問します。

1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。また、彼らの戦法はどのようなものだったのでしょうか(私のイメージだと、全員が騎乗した騎馬部隊で、全速力で疾走しながら敵に弓を放って走り去っていくというものですが、これで正しいでしょうか)。

2.遊牧騎馬民族の攻撃に対し、定住農耕民族は多くの場合どのような戦法をとって戦ったのでしょうか(スキタイに対するアケメネス朝ペルシャ、匈奴に対する秦・漢帝国、フンに対する東西ローマ帝国、エフタルに対するササン朝ペルシャ、突厥に対する唐帝国)。

3.万里の長城やハドリアヌス長城のような構築物は騎馬民族に対しどの程度有効だったのでしょうか。有効でなかったとすると、全員が騎馬である彼らは具体的にどのようにして高さ数メートルもある長城を乗り越えたのでしょうか。

4.現代から振り返って考えると、遊牧騎馬民族の攻撃に対してはどのような戦法をとれば最も有効だったと考えられるのでしょうか。

5.仮定の話ですが、もしも古代ギリシャのファランクスまたは古代ローマの密集重装歩兵の軍隊と騎馬民族の軍隊がぶつかっていたら、どちらが優勢だったと考えられるでしょうか。

どうぞよろしくお願いします。

スキタイや匈奴、モンゴル帝国などの遊牧騎馬民族の軍隊(騎馬軍団)は突撃力と機動力に優れていたため、近代兵器(鉄砲、大砲等)が発明されるまでは世界最強であったと聞きました。これについて質問します。

1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。また、彼らの戦法はどのようなものだったのでしょうか(私のイメージだと、全員が騎乗した騎馬部隊で、全速力で疾走しながら敵に弓を放って走り去っていくというものですが、これで正しいでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

>1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。
騎馬民族により、主とする武器は異なります。
スキタイの場合は、槍騎兵が中心であり、騎馬の突撃力で相手の陣を突き崩す戦法を中心としました。
これは、ゲルマン人の騎兵も同じです。
一方モンゴル軍では、短弓を主要武器とした騎馬弓兵が中心で、敵の周囲から矢を射掛ける戦法が中心でした。

>2.遊牧騎馬民族の攻撃に対し、定住農耕民族は多くの場合どのような戦法をとって戦ったのでしょうか
これはいろいろ。
突撃してくる騎馬槍兵に対しては、途中に障害物をおいて騎兵の機動力を奪ったり、側面に伏兵をおいて攻撃したり、重装歩兵の全面に誘導して重装歩兵で粉砕したりしました。
モンゴル軍のような相手には、兵を前進させすばないようにしたり、広範囲に展開し、確固撃破されないようにしました。
障害物の多い所に誘導し、相手の機動力を奪うのも効果的でした。

>3.万里の長城やハドリアヌス長城のような構築物は騎馬民族に対しどの程度有効だったのでしょうか。
かなり有効で、モンゴル軍の場合、簡単に長城の突破はできず、西夏を滅ぼして西から迂回して中国を攻めています。

>4.現代から振り返って考えると、遊牧騎馬民族の攻撃に対してはどのような戦法をとれば最も有効だったと考えられるのでしょうか。
騎馬兵の機動力を奪うことが持つとも有効です。
要塞を造ったり、障害物を作る。さらに森を造れば、騎馬兵を完全に封ずることができます。

>5.古代ギリシャのファランクスまたは古代ローマの密集重装歩兵の軍隊と騎馬民族の軍隊がぶつかっていたら、どちらが優勢だったと考えられるでしょうか。
ケースバイケースです。
騎馬兵が、方陣の正面から襲い掛かった場合、ほぼ騎馬兵は負けますが、方陣の側面に回り込めば、方陣は簡単に崩壊してしまいます。
方陣の正面は、無敵の強さを発揮しますが、側面や背面を襲われた場合、1/10の兵でも簡単に崩壊させることができます。

騎兵対歩兵の戦いで、百年戦争の場合の事例です。
・クリーシーの戦い
丘の上のイギリス軍をフランス軍騎兵が攻撃
丘の上から弓でイギリス軍が攻撃、馬が射られて騎士が落馬続出
・アーザンクールの戦い
騎士の突撃を避けるため、イギリス軍陣地の前方に尖ったクイを立てて、そこで立ち止まるフランス軍騎士に矢の雨を降らせることにより、フランス軍壊滅
いずれも、フランス側の兵力は、イギリス側の3倍と5倍ありました。

>1.遊牧騎馬民族の軍隊は具体的にどのような武装(弓、槍、剣、鎧、兜、盾など)だったのでしょうか。
騎馬民族により、主とする武器は異なります。
スキタイの場合は、槍騎兵が中心であり、騎馬の突撃力で相手の陣を突き崩す戦法を中心としました。
これは、ゲルマン人の騎兵も同じです。
一方モンゴル軍では、短弓を主要武器とした騎馬弓兵が中心で、敵の周囲から矢を射掛ける戦法が中心でした。

>2.遊牧騎馬民族の攻撃に対し、定住農耕民族は多くの場合どのような戦法をとって戦ったのでしょうか
...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qイスラム文化は、なぜ、停滞に陥ったのですか

ギリシャ・ローマの時代に、ヨーロッパで明るい文化が確立されました。

その後、ヨーロッパは中世の時代に入ります。キリスト教の圧力が、ギリシャ・ローマの時代のヨーロッパの文化を押し潰したようです。文化の中心はイスラムに移動し、発展しました。

その後、ヨーロッパではルネッサンスが始まり、あたかもイスラムに預けてあった文化を取り戻して、リバイバルしたようです。現在、ヨーロパ文明は世界に展開しています。イスラムは一旦花咲いた文化をヨーロッパに返してしまったような状況です。

質問したいのは、一時は花が咲いたイスラム文化は、なぜ、停滞に陥ったのか、ということです。イスラム教の重みが悪影響しているのでしょうか? イスラムでもルネッサンスが必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

そうなんです。私もそれをよく考えることがあります。
四大文明のうち二つはイスラムです。そのイスラムが落ちぶれてしまった。
やはり宗教でしょう。宗教の束縛が強いとダメなんでしょうね。

その点産業革命を果たし、七つの海を制覇したイギリスは宗教の束縛がカトリックより緩いプロテスタントだったことが幸いしたようです。

もっと日本人のように不信心になることです。はっきり言うと宗教なんてものは冠婚葬祭プラスアルファでよろしい。悩める人が一時的に避難する程度でよろしい。
多少の宗教心を持つのは結構です。神を信じない尊大な人間より、自分の非力を知る謙虚な人間である方が良いですから多少の宗教心は必要でしょう。

イスラムの異常な宗教への依存心はマイナスです。
いつイスラムがそれに気付くか。気付けばイスラムはまた飛躍するでしょう。
女性にベールを義務付けるなんて非合理な戒律があるうちはダメです。
女性の力を活用していない。損をしていると思います。

>イスラムでもルネッサンスが必要なのでしょうか?

ルネッサンスはキリスト教の圧迫に対する反逆だったようですが、まあ確かに文化上の反逆なら平和的でいいですね。賛成します。イスラムは聖戦とか自爆とか暴力的です。まずは文化上の反逆、すなわちルネッサンスがいいでしょう。

そうなんです。私もそれをよく考えることがあります。
四大文明のうち二つはイスラムです。そのイスラムが落ちぶれてしまった。
やはり宗教でしょう。宗教の束縛が強いとダメなんでしょうね。

その点産業革命を果たし、七つの海を制覇したイギリスは宗教の束縛がカトリックより緩いプロテスタントだったことが幸いしたようです。

もっと日本人のように不信心になることです。はっきり言うと宗教なんてものは冠婚葬祭プラスアルファでよろしい。悩める人が一時的に避難する程度でよろしい。
多少の宗教心を持つの...続きを読む

Qイラン人とイタリア人が似ていると思います

サッカーW杯をTV観戦していて思うのですが、イラン人とイタリア人が似ていると思います。
歴史的な繋がりがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

細かなことはわかりませんが、アメリカに比べると、ヨーロッパ全体では中東系の顔立ちの人は多いです。中東とヨーロッパは古くから交易などの繋がりが深いからだと思います。
英国なんかは立地的も中東系から遠いように見えますが、過去にインドが植民地だったり、今でもオイル関係のビジネスで中東との交易や移民も盛んだったりと、特に中東・インド系のルックスの人は多いですね。
もうこういったルックスの人達は「ヨーロッパ人」そのものであり、当人達も中東とか意識していないかもしれませんが。

それに比べ、アメリカの大都市は南米系や黒人との混血が多いですから、同じ「エキゾチックなルックスの人種」でも、ヨーロッパの中東系とはちょっと見た目が違いますね。
あくまでアメリカを基準に考える日本人にとってはですが、ヨーロッパ人には「中東系のルックスが多い」と感じるというのはあるかもしれません。

ヨーロッパで中東系っぽいルックスの人は男女問わずモテる人が多いですが、アメリカでは官能的なラテン系のルックスの方がモテる代名詞みたいになっていて、そういう売り方をしている芸能人も多いです。この逆パターンは意外と少なく、それぞれに異性の好みの違いは感じます。そういったことも面白いかもしれません。

細かなことはわかりませんが、アメリカに比べると、ヨーロッパ全体では中東系の顔立ちの人は多いです。中東とヨーロッパは古くから交易などの繋がりが深いからだと思います。
英国なんかは立地的も中東系から遠いように見えますが、過去にインドが植民地だったり、今でもオイル関係のビジネスで中東との交易や移民も盛んだったりと、特に中東・インド系のルックスの人は多いですね。
もうこういったルックスの人達は「ヨーロッパ人」そのものであり、当人達も中東とか意識していないかもしれませんが。

それに比...続きを読む


人気Q&Aランキング