システムメンテナンスのお知らせ

南天は、堅い木で箸などに使われる。わたしも庭先に有る南天で箸を作ってみたが、固く、肌も白くてきれいな箸となる。しかし、芯があり、どうしても弱いところがある。普通見かける南天の木は、太くても20mmくらいの太さである。もっと大きな木がないのだろうか。50mm 位の真っすぐな木があると、素晴らしい箸が出来るのですが、、、何とかそのような大きな南天の木が手に入らないだろうか。

gooドクター

A 回答 (2件)

 こんにちは。

南天の木我が家にあります。今庭に出て巻尺で計ってみましたが太さは根元の方で10cm程度ありました。でも樹齢はおよそ30年以上だと思われます(物心ついた時からありますので)。ちなみに高さは2M程度です。もう1本椿の木と競争してしまい、とんでもなく高くなってしまった南天(3M近くあります)があるんですが(^_^;)、こちらも幹の太さは10cm程度ありました。こちらも樹齢30年以上であると思われます。
 ほったらかしにしていたらいずれは大きくなると思われますが、多分成長速度は速くないので、箸屋さんに聞いてみるとか、材木が豊富に取り扱っているお店などでしたらヒントをもらえるかもしれません。また暮になりますと、私が住んでいる所では市があって、お正月用の南天を切花として扱い始めます。大きさも様々ですのでそのような市があれば覗いてみるとご希望の大きさがあるかもしれません。
 ご参考までに。

この回答への補足

ありがとうございます。巻尺で、ということですが、直径で10cmということですよね?周囲だとすると、直径は約3cmくらいとなりますし、、、。10cm 直径となると素晴らしいものですね。近所から、ゴツゴツした中でも太いものを貰って切ってみたのですが、黒い筋のようなものが入っていて、趣がありました。しかし、芯が含まれ、箸にするには満足できませんでした。大きくなるに従って成長が遅くなると云うことは、木が締まって来ると云うことでしょうから、箸にするには良いものになるでしょうね。欲しいです~~!!
 10cm程あるものはまだ目にしたことがありません、、、見て見たいものです。

補足日時:2007/11/24 10:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。趣味で2cm直径の南天でチャレンジし特徴を研究してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/09 08:42

『ウィキペディア(Wikipedia)』


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%B3% …
によると、
『高さは大きいものでは 2 m ほどにもなる。
幹の先端にだけ葉が集まって着く、独特の姿をしている。
太くなった幹は材木として床柱などに使うこともある。』
とありますが、
他のwebページ(http://www.sennennomoku.com/jushu4.html
には下記の記載があります。
(南天の原木の画像もありますが、10cm以上あるようです。)
『究極の希少材です。南天の枝は通常径1~2センチですが、
まれに数センチに成長するものがあります。
東京・葛飾の柴又帝釈天にある南天床柱が、推定樹齢1500年で
日本一と言われています。(植物学者の故牧野富太郎博士による)。
大客殿頂経の間に床柱となっていますが、
昔は近江の伊吹山麓にあったものといいます。
京都の金閣寺にも南天の床柱があり有名です。』

ならば、建材店にあるかもしれませんね。凄い金額のような気もしますが。

この回答への補足

ありがとうございました。非常に役たちました。ご紹介頂いたHPの写真、すごい大きなものがあるんですね。

 また、疑問です?
 そのHPに、まれに数センチに成長するものがある、とありますが、突然変異的???に大きくなるんでしょうかね?

 いずれにしても、素人には手に入りませんね、、、残念!箸を造る程度でそんなに成長しない貴重な木を切ることはモッタイナイですね。

補足日時:2007/11/24 10:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現状の大きさの南天木で箸を作っています。乾燥が弱いのでしょうか、奇麗に仕上げてもしばらくすると、肌が荒れますね~。紹介していただいたHPをみると、乾燥などの詳細が記されていて参考になりました。南天箸つくりにチャレンジしています。ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/09 08:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング