ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

草野球で外野をしています。
以前はなかったのですが、最近外野フライをあまり捕球していなかったせいか、
フライがあがり、ダッシュで球を追いかけると、目線がぶれてボールが揺れます、
捕球の直前にもボールが大きく上下にゆれてる感じでなのでうまく捕球が出来ません。
なにか練習方法はあるのでしょうか?
思いっきり走る時におこる現象です。

A 回答 (1件)

ご自分でも言っていますが、最近の捕球数が減っていることが原因でしょう。


目線がブレるのはプロでもあることです。新庄も捕球直前に跳ねるのはブレを
なくすためのものと言っています。
下半身が安定していれば、腰の高さを一定に走ることがブレないコツでは
ありますが、完全には解消出来ません。一番は感覚を取り戻すための捕球練習
を繰り返すことですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

草野球なので捕球練習が出来ません。
チームは試合しかしないのでノック等はしないのです。
走るコツとかなんかないですかね?

お礼日時:2007/11/30 22:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボールを投げると肩が痛い・・・

年に数回、遊びの草野球に参加しているのですがボールを投げると肩に激痛が走り、キャッチボールもままなりません。遠投なんてもってのほかです。

10年ぐらい前、部活などでバリバリ野球をやっている時は、肩の痛みなど当然ありませんでした。部活引退の時まで痛みなどは全く無かったので、ブランクが長いからだと思います(ここ数年は、何の運動もしていなかったので)。

現在28才ですが、昔の様にとはいかないまでも、痛み無く野球できるようになりたいです。

これは一種の病気なのでしょうか?そともトレーニング次第では克服できるのでしょうか?

アドバイス御願い致します。

Aベストアンサー

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)

この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました
また、この2週間は1球もボールを投げませんでした

そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え
短い距離でじっくり、フォームを気にしながら
キャッチボールを行いました
全く肩に違和感はありませんでした

その後も柔軟はなるべく続け
キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが
いまだに肩が痛くなったことはありません

この方法が確実にいいとは言えませんが
良かったら試してみてください

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)
...続きを読む

Q外野フライの「目切り」について

外野手で上手い人になると、一度打球から目を離して落下点まで走ってまた向き直って捕球します。
あれはどのように練習すれば良いのでしょうか?
また、上手く取るコツってあるでしょうか?
特に頭上を抜ける打球についても処理できるようになりたいです。
このプレーが可能な方、是非お教え下さい。

Aベストアンサー

二人いれば可能です。
まずどこからはじめてもいいですが分かりやすく相手のいる位置に立ちます。
そしてそこから背走をします。
2,3回くらいからだの向きを変えます
そうしたら相手の人にボールを投げてもらって捕ります。
かなり初歩的なのですがこれの延長線上に目指すものがあります。
基本なので注意する事がいくつかあります。
1.背走をする時に体の向きを変えるときに左や右にそれてはいけません。
  つまり一直線上を走るようにしなければなりません。(ボールを投げてもらうまでは)

2.背走する時は全力で走ります。たらたら走っても意味が無いです。
  そうするために腕はしっかり振らなくてはなりません。

3.体の向きを変えるときに目線がぶれてはいけません。

4.ボールを投げる人はなるべく高くぎりぎりの所に投げてもらいましょう。

5.背走をしている時に絶対にボールの真下に入ってはいけません。捕るのもかなり難しいでしょうが
  そこから送球するのはかなりのロスになります。

6.ボールを取るとき出来るなら顔の前で取ること。グラブは寝かさない。(ひじを開けないと言う事です)

7.出来るだけ送球する方向に体を向けて助走をしてちょうど顔の位置にくるときに捕ります。
  余裕のあるボールを漫然と取ってしまうと意味ないです。

これらの事がほぼ完璧に出来るようになれば特に7が出来るようになれば
目をきる事はそんなに難しくないと思います。(あくまで投げてもらっての話ですが)

一番の近道はひたすらノックを受ける事なのですが何も注意点を分かっていないでやっていてはただ捕ってるだけでそれ以上うまくなる事は有りません。
ノックの前などに時間が有るかどうか分かりませんが2,30分くらいやればいいと思います。
ノックの時は2と7をよく意識してやればいいと思います。

しつこいですが経験をつむしか有りません。(ノックだって投げてもらったってフリーバッティングの守っている時でも構いません)
キャッチボールの時でも必ず胸の前で取ることを意識してやるのもいいと思います。
なんの練習でも何を注意してやるべきなのかをしっかり意識する事が大事です。
だから周りの人にも言ってあげる、言ってもらうことが大事です。(自分では分かりにくいので)

二人いれば可能です。
まずどこからはじめてもいいですが分かりやすく相手のいる位置に立ちます。
そしてそこから背走をします。
2,3回くらいからだの向きを変えます
そうしたら相手の人にボールを投げてもらって捕ります。
かなり初歩的なのですがこれの延長線上に目指すものがあります。
基本なので注意する事がいくつかあります。
1.背走をする時に体の向きを変えるときに左や右にそれてはいけません。
  つまり一直線上を走るようにしなければなりません。(ボールを投げてもらうまでは)

...続きを読む

Q外野の守備の上達について

僕は高校2年生で硬式野球をやっています。高校に入ってから外野をやりはじめたせいか、なかなか上手ではなくむしろ下手です。もうあと半年もすれば新チームになり自分たちの代になるのでなんとかレギュラーを獲りたくて必死です。しかし今のままではレギュラーなど無理だと思っています。外野の守備に安定感が僕にはありません。最近では、ボールを捕るのに自信がありません。自信がないせいか、一歩目のスタートが遅れたり、目測を誤り下がりすぎて危ない捕り方になったりと安定感に欠けます。それもあってグローブの芯で捕ることができず。手のひらの部分で捕ってしまい痛い思いをすることもあります。あと捕球後の送球もバラつきがあります。こうしたことはどう改善していけばいいでしょうか??長文になってすみません。

Aベストアンサー

結局は慣れです。

慣れれば、野球でもっとも簡単なポジションが外野です。そのため外野手は一般に打撃での活躍が期待されています。

私も外野手の経験が長いですが、良いか悪いか別として守備についている時はいつも打撃のことを考えていました。なぜなら守備の負担が少ないので、余裕があるからです。慣れるとこうなるので、打撃も良くなります。


そこで練習方法ですが、繰り返しますが慣れです。
ノックの打球よりも、実際の打球を受けた方が目測を測るうえで効果的なので、フリー打撃の時などに積極的に守備について練習して下さい。これが一番です。もちろんノックも効果的です。また、フライを上げることが出来るマシンはチームにありませんか?とにかく数をこなすことです。

フライを捕るコツとしては、落下点になるべく早く入り、腰を低くして打球をみることです。ちょっとくらい目測を誤っていても、そこから素早く動くことが可能です。

>自信がない。これが一番ダメです。
自信を持てなければ当然良いプレイは出来ません。そして絶対の自信をつけるには練習を積み重ねることです。

頑張って下さい。

結局は慣れです。

慣れれば、野球でもっとも簡単なポジションが外野です。そのため外野手は一般に打撃での活躍が期待されています。

私も外野手の経験が長いですが、良いか悪いか別として守備についている時はいつも打撃のことを考えていました。なぜなら守備の負担が少ないので、余裕があるからです。慣れるとこうなるので、打撃も良くなります。


そこで練習方法ですが、繰り返しますが慣れです。
ノックの打球よりも、実際の打球を受けた方が目測を測るうえで効果的なので、フリー打撃の時などに積...続きを読む

Q野球。外野フライのとりかた。

外野フライのとり方。 野球の外野フライが飛んできたときに、一回ボールから目を離して、後ろ向きに走って落下地点に行き捕球するというけど、私はできません。 できる人が信じられな

Aベストアンサー

こんにちは。
プロ・アマ問わず出来ます。

小中学生でも出来るという話が出ていますが、そうなんです、子供は上手にできるのです。
これは空間認識能力によるもので、右脳の得意な分野です。
頭の柔軟な内に訓練を積んでおけば、11歳から12歳くらいでできる様になります。特別な訓練を積まなくても、小さい頃から外遊びをたくさんした人は身につく能力です。

しかし脳細胞が減りだす成人になると徐々にその能力は衰え、トレーニングをしていないと40歳くらいを境目に急激に衰えます。ボールをバットでミートするのも空間認識能力の仕事ですので、40歳過たプロ野球の打者が少ないのもうなずけます。


私は中学生の頃、打球を判断し振り向いた瞬間に落下点周辺が黄色く染まっていたもので、それは高校生ぐらいまで続きましたが、成人した頃には全く見えなくなり(落下地点の予測はできましたが)、40過ぎて草野球をした説き、打球から目を離して振り向いたらボールはとんでもないところに転がっていました(笑)。
これでも大学・社会人と野球をしたんですが(汗)。

Q草野球のピッチャーのレベルはどれくらい?

草野球のピッチャーの投げる球って、平均でどのくらいなんでしょうか?
球種は普通はどんななんでしょうか?
フォークやシュートとかって、あまり投げないんでしょうか?
速い人で何キロくらいでるんでしょうか?

Aベストアンサー

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的にやっている草野球チームで105km位だと思います。
球種はやはり一番多いのは「ストレート」と「チェンジアップ」のようです。
ストレートを投げておき、たまに抜いた球を投げます。まぁ変化球というよりは「緩急」というのが一般的のようです。
フォークやシュートは投げる人はいない事はないのですが、フォークが落ちるような球速のボールを投げるといえばやはり120kmは超えてこないとフォークが空気抵抗で落ちることはほとんど無いので、あまり効果がないようです。
シュートに関してはやはり草野球で肘を痛めたくはないので皆投げないようです。
ただ、自分の経験によると草野球では100kmのボールを確実にストライクゾーンに投げられれば、投手としてやっていけるのではないかと思います。

自分は大学の体育会で硬式野球の投手をやりつつ、助っ人で日曜日に草野球に参加したりしています。自分はMAXが140km位なので、草野球の試合で140kmを投げるわけにはいかず、軽く投げて120km~125km位で投げていますが、それでも自分の他に草野球で120km以上を投げるのは元プロの投手や大学野球をやっていた選手が卒業してすぐに草野球をはじめたような投手くらいです。
平均球速は草野球のリーグにもよりますが、おじさんの集まっているような草野球であれば平均90km位。本格的...続きを読む

Q外野のゴロのとり方

私は中学の部活の軟式野球で外野をしているんですが
小学校では内野をやってたんで
どうも走りながらゴロをとるのが苦手なんです。
コツみたいなのありますか。

Aベストアンサー

走りながらゴロを取るとは、横を抜けそうなゴロを走りながら取るのでしょうか?それとも前に突っ込んで取る場合でしょうか?
前者なら取り方自体は、内野と基本的に変わりませんが打球の方向と勢いで回り込み方が違うので、感覚的な練習が必要です。ある程度回り込んで、前から取れるならその方が良いのですが、勢いが強くて回り込め無い場合は、すばやく追いつく足と内野で鍛えられた捕球技術があれば大丈夫だと思います。
後者の場合(前からの打球をとる場合)は、まず突っ込んで走りながらのケース(ランナーが居て進塁を防ぐためにとにかく早く送球しなければならない場合)では、バウンドしてくるボールはわりと簡単ですが、地を這うゴロの場合は、難しいですね。プロ野球等みていればその様なケースでよく右利きの場合であれば捕球ポイントまで全力で前進し、左足前方付近でボールを取り、そのままの勢いでホーム等に送球するプレイがあります。かなり難しく練習が必要ですが中学でも外野をやるのであれば最終的にこの練習はすることになるでしょう。
しかしまず確実にゴロを取る練習をしましょう。ランナー無しの場合や特に進塁をさせても確実に捕球しなければならない場合の外野の打球処理のケース方がはるかに多いわけです。捕球は内野守備時より確実に腰を落し、体の正面で取ります。私も現役で野球とソフトボールの外野をやっていますが、右足を折りたたみその上に尻を上げるような形で左足を軽く前方に投げ出すにように捕球します。グローブは内野のセオリーと一緒で打球に上から持って行くのはタブーです。
とにかく練習だと思いますので、がんばってください。

走りながらゴロを取るとは、横を抜けそうなゴロを走りながら取るのでしょうか?それとも前に突っ込んで取る場合でしょうか?
前者なら取り方自体は、内野と基本的に変わりませんが打球の方向と勢いで回り込み方が違うので、感覚的な練習が必要です。ある程度回り込んで、前から取れるならその方が良いのですが、勢いが強くて回り込め無い場合は、すばやく追いつく足と内野で鍛えられた捕球技術があれば大丈夫だと思います。
後者の場合(前からの打球をとる場合)は、まず突っ込んで走りながらのケース(ランナ...続きを読む

Qスローボールの打ち方

軟式野球をやっている社会人です。
中学・高校野球経験者であっても「おっさんスローボール(90~100KM位でしょうか)」投手がたまに試合で出てくると打てずに苦戦する場合があります。
そこで、スローボール投手の攻略法を教えて頂きたいです。
ランナーが出てからのかき回しではなく、純粋に安打の打ち方です。
「センター返し」と言われますが、なかなかそうないかないものです。
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。

わたしからはそれ以外の点を...

まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。
一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。
これを他の側面から説明すると、後ろ足(軸足)に体重が乗らず、
前足(踏み込む足)に体重が乗ってしまっています。
前足に回転軸がありませんか?
こんな時はほぼ間違いなく、インパクトの時にヘッドスピードが落ちてしまっています。
自分でボールをヒットするポイントが予想に反してピッチャーよりに動いてしまってるわけです。
そうすると、本来トップスピードで当たるべきところが、力が抜けて遅くなってるわけです。
しかも速い球は打てる目をもってるので、悪いことに当てに行って、運悪く当たる訳です。(笑)
こんな時は空振りの方がいいのに...(笑)

スイングの回転軸を頭のてっぺんから軸足の膝まで、一直線において、
これで回るように出来れば、後は引き付けて打つだけです。(後ろ足の膝は曲げて下さい)
基本は、速球も遅い球も、ポイントが同じということです。
勿論、コースや高さによってポイントが違うことは充分に認識しないといけませんが。
この形を崩されて、自分のポイントで打とうと思ったらボールが来ていない為、
体が耐え切れず、重心を前足に動かしてバットで当てに行くというパターンですネ。
これで打ち取られてしまってるわけです。
当たる頃には力のないスイングになってます。

少々振り遅れるぐらいの方が、いいかも知れませんよ。
ポイントが差し込まれてもその時はファールになりやすいですから。
反対に突っ込みすぎると、当てることの技術が災いして力のないスイングで打ってしまうわけです。

頑張って下さい!

既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。

わたしからはそれ以外の点を...

まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。
一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。
これを他の側面から説明すると、後ろ足(軸足)に体重が乗らず、
前足(踏み込む足)に体重が乗ってしまっています。
前足に回転軸がありませんか?
こんな時はほぼ間違いなく、インパクトの時にヘッドスピードが落ちてしまっています。
自分でボールをヒットするポ...続きを読む

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Q硬式野球のグローブはどこのメーカーがいいですか

4月から高校に行きます。中学では軟式をやっていました。硬式のグローブを買いにいこうと思うのですがどこのメーカーがいいでしょうか。

Aベストアンサー

グローブのメーカーは色々ありますがやはり各メーカーによってすべて微妙に違うと思います。
なのでグローブが沢山おいてあるようなお店に行って試しにメーカーごとにはめ比べてみるといいと思います。
それで店頭に置いてあるのはなるべく買わないほうがいいと思います。多くの人が手を入れていて型が変に
ついてたりするので。
できればいいと思ったものはお店で注文したほうがいいですよ。そうすればまったく新品が着ますから。

No.4さんが言うとおりミズノプロとかあまりいいグローブを持ってると先輩とかに言われたりします。
うちの某都立高校はぜんぜん言われませんが(笑
でもさすがにNo.2さんのURLのオーダーはまだ早いと思います、これこそ高校で自分のポジションが決まってからのほうがいいですよ。中学時代に決まっていても高校ではだいぶポジションが変わる人もいますから。
僕は中学でセカンドをやっていて、そのつもりでセカンド用のグラブを買ったら、高校はサードでしたから(苦笑
ちなみには僕のお勧めのメーカーはザナックスです。マイナーですがミズノプロに勝るとも劣らないぐらい品質はいいのに値段が手ごろなところがいいですよ。ミズノプロと比べたら1万ぐらいは安くつくと思います

グローブのメーカーは色々ありますがやはり各メーカーによってすべて微妙に違うと思います。
なのでグローブが沢山おいてあるようなお店に行って試しにメーカーごとにはめ比べてみるといいと思います。
それで店頭に置いてあるのはなるべく買わないほうがいいと思います。多くの人が手を入れていて型が変に
ついてたりするので。
できればいいと思ったものはお店で注文したほうがいいですよ。そうすればまったく新品が着ますから。

No.4さんが言うとおりミズノプロとかあまりいいグローブを持ってると先輩...続きを読む

Qドアスイングを直すには

 どうしてもドアスイングになってしまいます。逆に前でうとうと意識するとミートポイントが前になってしまってタイミングがうまくあいません。どうしたらいいか教えてください

Aベストアンサー

こんばんは、
ドアスイングの悪い点は早い段階でバットのヘッドが下がり遠回りの軌道でヘッドが遅れて出てくることです。
当然速球に振り遅れたりする訳なんですが、これを改善するなら反対のことを意識することが大切です。

バットのヘッドの軌道を高い位置に置くように意識してみてください。
コツとしてはバットのヘッドを肩の高さより高い位置に出来るだけ保つことです。
そのために右打者でしたら左手の脇を締める意識が大切です、このとき肘まで体に付けたまま振ろうとすると窮屈になります。
左肘を出来るだけ体に近いところで動かすようにすると脇が開きにくくなります。
No2さんのおっしゃっている脇に何か挟んで素振りを行うのも効果的ですね。

私の場合ですとバットを右肩と耳の間を通すように振るイメージでした。
昔の練習方法だと壁を右斜め後ろに置いてバットがあたらないように振るなどの練習があります。
頑張ってくださいね。


人気Q&Aランキング