うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

うつ病の発症は、はっきりとした原因はまだわかっていないようです。


発病の要因として、家族や親しい人の死亡などの環境要因、慢性的な疲労などの身体的要因があるようです。

・うつ病の原因 | うつ病の情報・サポートサイト こころの陽だまり
http://www.cocoro-h.jp/untreated/overview/etiolo …

A 回答 (10件)

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。

(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・
    • good
    • 129

 「うつ」と「甘え」の違いということですね。

近年,新型うつということで,このことが問題にされています。「会社に出勤することはできないが,飲み会やショッピングに出かけることはできる」といったことが言われています。

 うつや不安障害などが症状を目安に語られることが多いのですが,実際には,脳内での変化が起こっていることが確認されています。いわゆる「脳の病気」ということです。うつの場合で考えれば,うつは過敏→無気力→無行動→抑うつといった変化が順に起こってきます。このうち,無行動・抑うつの部分では,脳内物質の変化が起こっており,身体的にも免疫異常などの症状を伴います。

 この点から考えれば,軽度のうつでも脳内に何らかのバランスを欠いた状況があると考えられますから,そこが「甘え」との違いとしてとらえることができると思います。具体的には,脳内の影響から「やろうとしているのにできない」というのが「うつ」の症状なのに対して,「最初からやる気がない」というのが「甘え」ということになるかと思います。
    • good
    • 4

専門家紹介

専門家プロファイル_国府谷明彦

職業:心理カウンセラー

【うつや不安・ストレスには,薬に頼らない治療法もあります】認知行動療法を中心として実績重視で,東京青山・仙台で活動を続けてきました。30年弱の活動歴を生かし仙台から被災地支援面接も実施中。うつや不安,薬の副作用に悩む方も,ご相談下さい。

詳しくはこちら

専門家

「怠け」というものが「自分に甘える」ことだとしたなら、


「鬱」というものは、「誰にも甘えられなかった」反動だと思います。

人は、「人に甘えなければ生きていけない」
弱い生き物なのです。
でも、それを許さなかったり、阻害したりする、社会、いじめ。
本当に無情だと思います。

バランスの問題です。
甘えすぎる「怠け」。甘えなすぎる「鬱」。

頑張って頑張って、苦しいよぉ・・・・
では、何のために生きているのかわからなくなるでしょう。

かくいう私も、心理的な問題で高校を辞めました。
今は、どうやったら、自分らしく生きられるのかを模索し、音楽や、芸術関係の道に進もうと思っています。

どうして、本当に辛いときは涙が出ないのでしょうね。
泣けたら少しは楽になるのに。
    • good
    • 190

まず『うつ』と『甘え』は違いますよ。


その考え方が自分自身を追い詰めてしまっていると思います。
質問者様が仰る通り、うつ状態は誰もが持っているものです。
大抵の人は、うつ状態から自分自身の力や周囲(家族、友人、同僚等)の協力等で脱していきます。
これが健康な姿(=本来?)なのです。

一方うつ状態から脱することが出来なくなると悪循環が始まり、うつ病となってしまいます。
だから早く診察し対処することで治療期間も短く苦しみも少なく済むので、経験者の方々は診察を勧めていると思っています。
もし何もせず悪化してしまうと治療期間が長くなる可能性も高くなり、苦しみも深く、最悪は自殺してしまうケースもあります。
*必ずしも自殺すると言うことではありません。
  ただ可能性がゼロではないということです。
  うつ病は考え方をマイナス思考にし、そして稀死念虜が生まれてしまうことがあるのです。
*うつ病の苦しさは人それぞれだと思いますが、経験者でないとわからない辛さがあります。
  この経験をして欲しくない気持ちを感じて頂ければと願います。

また人間は顕在意識(考え・意識等)と潜在意識(=無意識)があり、比率は約10:90です。
ほとんどのことは潜在意識の中で行動がなされているので、自分でコントロール出来る部分は限られています。
ですからご自身の状態(サイン)を素直に受け入れてみては如何でしょうか。
質問者様が、健康で元気な姿になられることを願っています。


<PS>
うつ病に対して世の中の認知度は上がっています。
しかし未だに偏見を持っている人も多く、実態(=現実)はとても辛いことが多いです。
(気遣ってくれる人もいれば、その反対の人もいます)
例えば明らかに仕事が原因でうつ病になった人が、どれだけ退職へ追い込まれているか。
*現時点でうつ病の起因を明確に証明することが難しく、ほとんどが労災とは認められていません。

何事に関しても悪用している人はいますが、それは極一部だと思っています。
ですから「『全て』の方が本当に病気なのでしょうか」の表現は慎んだ方が良いと思いますよ。
    • good
    • 59

「鬱」か「怠け」か?



難しい問題ですよね。私の主治医も明言できないと言いますし、
精神科医の香山リカさんも『仕事中だけ≪ウツ病≫になる人たち』という本
をお書きになっていますし、身体面で不調が見られれば「心身症」という
ことになるんでしょうが、そうでないとすると「甘え」かもしれませんね。

私にいえることは、躰が悲鳴を上げて壊れないうちに助けてあげてください
ということです。私も「適応症」で休職中です。不眠が2週間続き、
“これでは躰が保たない”と判断したからです。
休職最初はそれこそ寝たきりの状態でした。
今は復職に向けて、規則正しい生活を送っています。

あなたの体調はあなたしか理解できません。あなたが「怠け」と思い無理を
されるのは構いませんが、倒れてからでは遅いのです。
それだけは理解していてください。
    • good
    • 51
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
興味深い本です。是非、視野を広めるためにも読んでみたいと思います。
確かに、倒れてからでは、それこそ周囲に迷惑がかかってしまいますね。
自分の弟も重度の鬱で、高校を辞めてしまいました。
限界に達してしまったのだと思います。
現在は通院によって回復しつつありますが、他人と会話ができないほどに病んでしまっています。
もっと早く周囲が理解していれば・・・と後悔しました。
母親も躁鬱で通院中です。母親は、冷静に病気と向き合っているようです。
自分自身、家族のケアに努めてきましたが、自信のうつ傾向に気づいたときは、まさか自分まで・・・と思いました。
倒れるほどの無理はしないように気をつけようと思います。

お礼日時:2007/11/30 19:44

甘えちゃいけないんですか?www


誰がそんなこと決めたんですか?教えてください。
    • good
    • 81
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
誰が決めたわけではないですが、
自分が「甘えていいのだろうか」と悩むのは
・周囲に迷惑がかかるから
・やるべきことが滞って、自分自身、後に痛い目みるから
・より怠惰な自分になるのが怖いから

だと感じています。あくまで、勝手に自分で感じているだけです。

お礼日時:2007/11/30 19:30

私も本物の鬱病の人とただの甘えた考えから具合が悪くなっている人の区別がつかないクチです。



社会人になったばかりの頃、
その生活に慣れていない上、先輩との上下関係も厳しく(今ならイジメと言うのかな?)、
通勤途中には必ず下痢、仕事中の頭痛は頻繁、果ては鼻血まで毎日出すようになってしまいましたが、
それでも、倦怠感・厭世感・自殺願望に襲われながら死に物狂いでやってきて、
気付いたら、お局と言われてもおかしくない勤続年数になってしまいました。(笑)
現代ならば、あの諸症状は体が弱いせいではなくメンタルからのものだとわかり、
「鬱」として処方箋を書いて貰っていたかもしれませんが、
当時は、今のように精神疾患に対して理解のある時代ではなく、
「こんな体調不良程度で辞めたら自分は満足に社会生活も送れない落伍者だ、社会不適合者だ」
と自ら考え、精神的に匍匐前進するような毎日を送って生きてきました。
勿論、薬を貰って引き篭もっていられる環境でもそもそもなかったので、
働かざるを得ないという事情もありましたが。

そうして月日は流れ、現代に。
ある新人が、大お局様たちに苛められ続け、とうとう来なくなってしまいました。
私はこっそりかわいがっていたので心配してメールなんか送っていたところ、
ある朝、私のケータイに彼女からメールが。
「先輩、負けたくないんです、あの人たち(※大お局様たちのこと)に。
ここで会社にもう行かなくなったら、
あの人たちを喜ばせるだけだと思うと、とっても悔しいんです。
でも・・・、毎朝、家から駅までは行けても、ホームから電車に乗れないんです。
どうしても乗れないんです!! 助けてください!」
駆けつけて彼女を抱きしめたいと思いましたよ。
でも、同時に、
私はそれでも乗ってきたけどな、今の子はやっぱ甘いなとも思いました。
彼女は結局、鬱病と診断されて、退職になりました。
その後重くなってしまって、今でも仕事に就くことができないようです。

私と彼女の違いは何だったのか、今でもよくわかっていません。
私ならカツを入れ直して頑張ると思います。
鬱病の人にこの「頑張る」という言葉はいけないそうですが・・・。
    • good
    • 47
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
うつ病で退職された方は本当にお気の毒だと思います。
読んでいて、苛める人達が心から腹立たしいと感じます。
なぜ、悔しいを思いをしなければならないのでしょうか。
電車に乗れないほど痛めつける権利など、その方々には無いと思います。
私の仕事場でも、メンタルヘルスマネジメントに取り組んでいますが、そんなものは名ばかりです。
組織が欲しいのは、取り組んでいるという表面的な事実だけです。
私以外にも病んでいる方々は沢山おり、その現状に誰も気づかず、
また、言い出せないような圧迫感を自然と作っています。
これでは意味を成さないと思います。

私はまだまだ若造なので、世間知らずなのかもしれませんが・・・。
平穏な暮らしを奪う権利など、誰にあるのでしょうか。
でも、やはり「仮病」や「甘え」だと捉える方がいるのも確かだと思います(自分も含め)。難しいです・・・。
人によって、心の打たれ強さは違うということでしょうか。

お礼日時:2007/11/30 19:27

「甘えている」という自責の念が起こるのも、実はうつの


典型的な症状の一つなんです。今あなたは、自分で頑張ろうとしても
なぜか頑張れない、気力や体力が自分の思い通りにならないという
悩ましい状態ではありませんか? 本当に甘えているだけの人なら、
自分がその気になれば、気力も体力も全て思い通りにコントロール
できます。やれるのに自分で“やらない”のが単なる甘え、
やりたくてもなぜか思い通りに“できない”のがうつの状態です。

こころと体は密接につながりを持っています。
甘えているだけなら、今感じていらっしゃるような頭痛や吐き気、
不快感など体に明らかに出るような症状はないんです。
自分が快適なほうを自ら選んで生活しているだけだから、
悩みもジレンマも感じず、体もとても元気です。
ところが、何かはっきりと体に症状が出ているということは、
抱えきれないストレスや悩みが処理しきれず、脳内の
神経伝達物質の流れが乱れてしまって、脳が体をコントロール
できてない証拠なんですね。

もしきつい言い方に聞こえたらすみませんが……
自分を抑うつ状態だと認めたくなかったり、医師にそう診断されるのが
怖いというお気持ちが、どこかあるのではありませんか? 
自分が「甘えているだけ」という確信をもちたいとお考えなら、
逆に病院に行ってみて、医師に「甘え」かどうか
確認していただいたら、はっきりするのではありませんか?
「甘え」と言われてすっきりできるならそれでもいいし、
今体に出ている症状だけでも、病院でいくらか楽になりますよ。
今まで仕事に行きたくない気持ちを、我慢に我慢を重ねて
よく頑張ってこられたと思います。でも、我慢もし過ぎると
頑張る気力すら出ないほど心身ともに疲れてしまうんですよね。
吐き気や頭痛、だるさだけでもすぐにとって、お大事になさってくださいね。
    • good
    • 30
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
仕事に対して「やらなきゃ・・・やらなきゃ・・・」という焦りは常にあります。でも、どうしても手につかず、具合が悪くなり、横になる。
しかし、仕事が滞る不安で十分に寝付けない。
結局疲れはとれず、翌日の仕事に影響がでる。・・・悪循環です。
やらなきゃ・・・でもできない・・・という葛藤のようなものが常にあります。
おっしゃられる通り、やりたくても思い通りにできないでいます。
やはりうつなのでしょうか。
身体症状がとれるだけでも有り難いので、
医師に相談してみたいと思います。

お礼日時:2007/11/30 19:11

>うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?


これは違います。
うつ病とは、人間の三大本能(睡眠・食・性)が低下することにより発症する精神疾患です。
要するに、生きるエネルギーが非常に低下、または枯渇してしまった状態のことです。

あなたの質問文脈から察するに、あなたは真面目で、これまでの困難を「気合」で乗り越えてきたと思われます。
これまで、自分を殺していませんでしたか?これまであなたが困難を気合で乗り越えてきた分、きっと生きるエネルギーを消耗しているはずです。

そして、あなたは心のどこかで「自分がうつ病になるはずがない」と、自分がうつ病であると認めることを拒んでいませんか?

うつ病は「気合」で治るものではありません。
質問の文章を見た限りですと、あなたはいま軽度の抑うつ状態であると思われます。
心療内科もしくは精神科への受診をお勧めします。
精神科と聞くと悪いイメージを持ってしまうかもしれませんが、現代社会の視点で見ると、今はもう当たり前の時代になっています。

私はうつ病で、現在も治療中です。
症状によりますが、基本的には薬物療法。うつ病状が悪い場合はカウンセリングやデイケアなどをする場合もあります。


これはあくまで一人間の意見ですので、
参考程度にとどめて頂ければ幸いです。
    • good
    • 30
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
正直に申し上げますと、自分がうつ病と診断されるのが怖いです。
自分がうつ病だと自覚することで、それが追い風となり、どんどん悪化するような気がして怖いのです。
また、「自分はうつなんだから仕方ないだろう」と、全ての物事を投げ出すような・・・さらに弱い自分になるような不安があります。
「病は気から」という言葉がありますが、「自分はうつなんだ」という気持ちに、さらに押しつぶされてしまうのが怖いのです。

でも、それに向き合わなければ治療の意味はないですよね。
ちゃんと認めて、受診を考えようと思います。

お礼日時:2007/11/30 19:03

うつ病3年です。


うつ病になると、まず、「憂鬱感」が出てきます。心がいつも沈んだ状態になって、そのままです。心にドーンと闇がさしているような「沈み感」というものが存在します。

それと同時に「死にたい」という気持が常にあって、本当に死にたいわけじゃないのに、死にたい気持が勝手に出てきてあふれてきてしまってどうにも仕方がない状態になります。そんなときは、頓服の薬を飲んで、ふとんにくるまって、「死にたい発作」がおさまるのを待っています。感情のコントロールがきかなくなることもしょっちゅうです。

あとは私の場合は全身の疲労感です。まるで10キロの米俵をしょっているかのように体が重くてだるいです。起きるのもやっとです。「甘え」だと思って何かをしようとすればするほど、状態は悪くなり、ついには入院になってしまいます(今の私がそうです)。

また「死にたい」という感情が邪魔をして、集中力が続かないというのもあります。本を読もうとしても、仕事をしようとしても、集中力が続かないのでほとんど何もできません。やろうと思っても無理なのです。「死にたい」感情でいっぱいだし、体は10キロの米俵をしょっているかのように重くてだるくて、さらには、心に「沈み感」がずっと存在し、集中力が続かないのでは何にもできません。
以上が私のうつ病の症状です。「甘え」とは異なります。
    • good
    • 28
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
自分も似たような症状です。死にたいわけではないのに、泡のように消え去りたいとか、気づいたら考えてしまっています。
また、集中力が続かないため、日頃の仕事に支障をきたしています。
これは病気なのかもしれませんね・・・。

お礼日時:2007/11/30 18:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q非定型うつ? 今日の外来診察で、非定型うつと診断されました。 10代~20代の女性が患う、新型うつみ

非定型うつ?

今日の外来診察で、非定型うつと診断されました。
10代~20代の女性が患う、新型うつみたい。
でも、私10代~20代に当てはまりません。
治療法も、自分には無理なんでは?と思うものです。
過眠、過食も一人暮らしでは、止まらないと思うし。毎日30分歩けなんて、次の日動けなくなりますよ。(T_T)私は、精神科分野の病の他に、生まれつきの病を持っているので、うつ病だけじゃないことで、治療法も良し悪しなんです。
昔から、ストレスに弱くて。ストレスが原因の病もいくつかあります。
引きこもりがちな、私にも出来る非定型うつの治療法は、ないでしょうか?

Aベストアンサー

非定型と定型の鬱があるんですね?自分も躁鬱で休職中です。
ストレスを抱えやすいのは辛いね!
自分は途中から躁が強く出るようになりました。無敵状態だけど、周りを傷つけたりした。
はやく治したいね。でも頑張らない病気だから悩まず、医者に任せてます。

Qうつ病?

はじめまして。
私は去年の11月頃うつ病らしき症状が出ていました。
けどそれは1ヶ月ほどで治ったと思っていたのですが
最近ひどくはないですがまた症状が出てきました・・・

最近はすごく信頼している仲が良い人と居ても
常にイライラしてしまいます。
以前はイライラしても隠せていたのですが
今はイライラを隠せなくなりました。
自分はすごく自己中な人間だなといつも思います。

時々吐き気や息苦しさを感じます。
そして時々変な感覚?を感じます。
遊んでいてもいきなりその感覚におちいります。
うまく言えないのですがいきなり
ボーっとして、1人になりたくなって、
私は何をしているんだろう?って思ったり
遊んでいるのに何も楽しくないって思ったり。

けど、普通に楽しい時もあるんです!
食欲もあります。(ストレスのせいか
かなり食べますが)

こんな症状ってうつ病の症状なのでしょうか?

Aベストアンサー

ご質問文を拝見するに、うつの症状の疑いがあるものはありますが、なんとも言えません。
ここのQ&Aサイトは、医学的な判断を下す場ではないです。

プロが使うツールを試しましょう。
SDSテストというのがあります。
これは、病院や精神科などで行なうと、有料です。
しかし、ただで出来ますから。

下記の2サイトは、専門医に診てもらうべきかどうかの判断が出来ますので、やってみてください。

http://mental.heart-warm.net/check/utu/sds.html

http://www.jtu-net.or.jp/cgi-bin/selfcheck/e-selfcheck.cgi

もしも、「行ったほうがよい」という結果が出たら、(必ず)受診されるのがよいでしょう。

医療を受け、薬を飲むことによって状態が良くなる確率は、かなり高いと聞いています!

心療内科、精神科関係は、結構はやっていて、医者が忙しいこともあり、初診の予約が1ヶ月向こうというケースは、ざらだそうです。
早めに電話を入れましょう。

初診のときだけは、診察時間を若干長めに取ってくれると思いますので、
初診時に、どれだけあなたの状態を告げられるかが、一つの勝負です。
たとえば、上記のSDSの結果をプリントアウトしたものを持参するのもよいでしょう。

医者が流行っている理由として、患者さんが多いことが挙げられます。
逆に言えば、たくさん患者がいるのですから、うつは、珍しくない珍しくない病気なのです。
一生のうちに鬱を1回以上経験する人は、全人口の15%ぐらいもいるそうです。



気が早いかもしれませんが、おまけとして、知らないと損する情報を一つ。
「自立支援医療制度」

http://www.pref.fukushima.jp/seisinsenta/jiritu/jiritu_iryou.html
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/mhwc/jigyousyoukai/jiritusieniryou.htm
これらのリンクは自治体のサイトですが、制度は全国共通です。

ご質問文を拝見するに、うつの症状の疑いがあるものはありますが、なんとも言えません。
ここのQ&Aサイトは、医学的な判断を下す場ではないです。

プロが使うツールを試しましょう。
SDSテストというのがあります。
これは、病院や精神科などで行なうと、有料です。
しかし、ただで出来ますから。

下記の2サイトは、専門医に診てもらうべきかどうかの判断が出来ますので、やってみてください。

http://mental.heart-warm.net/check/utu/sds.html

http://www.jtu-net.or.jp/cgi-bin/selfche...続きを読む

Qうつ病

私は職場で6年前にこの病気になってしまいました。
でも、今は主人のせいにしてしまっています。
うつ病の私と結婚してくれて看病してくれて心配して・・・
主人には感謝の気持ちでいっぱいなのに、
些細な注意、彼の理想、わからなくはないんですが、
何か言われると気になり、立ち直れません。

このまま、私は時がたてば治るのでしょうか・・・

Aベストアンサー

自分は、7年前にパニック障害と診断されました。
体の異変、落ち込み、いらいら・・・
いろいろと症状がでました。
今でも、安定剤・睡眠薬など服用しています。

「このまま、私は時がたてば治るのでしょうか・・・」
ですが、おそらく病院へ通われてると思いますが、
必ず、治りますよ。
不安にならず、治療に専念して下さい。
あと、やはり家族の理解は大切です。旦那さんには、
家族会など病院であると思いますので、是非お二人で行かれたら
良いと思います。

自分は、今は仕事もできるようになりましたよ。
前向きに考えましょうね。

Qうつ病 過ごし方

今までの薬(ルーラン・ルボックス・デパケン)をジプレキサ・デパケンに変更しました。
仕事も先月末で辞めて、今はストレスが大分減りました。
おかげ様で精神状態は安定してきたのですが、人間関係に弱い自分が見えてきました。(特に自分が嫌った人に対してのストレスがすごいです。それと常識のない人が大嫌いです。)
生活するには支障がない程度には回復してきましたが、仕事をするとなると自信がありません。
人それぞれだと思いますが、何かアドバイスを頂ければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめまして。

過去にうつ状態を経験有の女性です。

退職されて、だいぶ安定されてきたからこその、悩みですよね。

社会復帰してからの不安対策を考えてみたらどうでしょうか?

「過去と他人はかえらない」

と思います。

社会生活の中で、嫌いな人常識のない人って、たぶんたくさんいると思うんです。

じゃぁ、そこにストレスを感じるとゆうことが、うつ病を経験して得た知恵だと思います。

ストレスを蓄めないようにできることを、今から探してみたらどうでしょうか?
あまり深く考えてしまうと、また症状が悪化してしまうかもしれません。

ストレス解消法
例えば、カラオケ、友達とたくさん話す、散歩、読書等いろいろあると思います。

あと、嫌いな人に遭遇した時に、スルーできる人にならないと、社会生活もまた不安になりますよね?

医師やカウンセラーなどに、社会生活への不安なども相談されてみてはどうでしょうか?

友達は、カウンセリングでだいぶ友達自身のストレス解消をみつけて、社会復帰しています。(友達は自立神経失調症でした)

今の質問者様に負担にならない程度で、やってみては?と思います。

はじめまして。

過去にうつ状態を経験有の女性です。

退職されて、だいぶ安定されてきたからこその、悩みですよね。

社会復帰してからの不安対策を考えてみたらどうでしょうか?

「過去と他人はかえらない」

と思います。

社会生活の中で、嫌いな人常識のない人って、たぶんたくさんいると思うんです。

じゃぁ、そこにストレスを感じるとゆうことが、うつ病を経験して得た知恵だと思います。

ストレスを蓄めないようにできることを、今から探してみたらどうでしょうか?
あまり深く考え...続きを読む

Qうつ病

この世から消えたい気持ち、頭痛、吐き気、背中の痛み、心のモヤモヤが心療内科で処方された薬を飲んでも1週間続いています。今までこんなに続いた事はありません。
うつが酷くなっているという事でしょうか?月曜に病院へ行きますが、すごく不安な気持ちでいっぱいです。

Aベストアンサー

心の病気とか不調というのは、当然ながら心の中(思考パターンなど)に原因があって表出しているものなので、薬のみで心敵不調を完治させようというのはなかなか難しいです。薬が全然ダメということではなく、心の中のもやを消し、上向きにさせていく作業と併用することで、はじめて薬の良い効果が期待できると思います。

また、人間の思考パターンは加速する傾向があるので、不安だ、どうなるのか。。。といった現状への不安感やモヤに注目すればするほど、注意を向ければ向けるほど、それらの不安やそれらに伴う不調も肥大してしまいます。

なんであれ、心の不調は自分の心から生じているわけで、つまり、「自分」の心であるのだから、努力次第でいくらでも改善、変化させることができるのです。まずは気持ちをゆるめ、ラクにすることが今は一番大切だと思いますよ。そのうえで、色々な自分にあった治療を模索してはいかがでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報