Apple IDログイン機能メンテナンスのお知らせ

いつもお世話になってます。

どんぐりで工作をしたいと思い、近くの木の下から拾ってきました。
置いておくと時間がたつと縦に割れてしまいます。

割れないで保存する方法はありますでしょうか。


過去の質問も見ましたが、虫対策についての質問はありますが、割れ防止についてはあまり情報がなくて困っています。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

こんなHPを見つけました。



http://www.geocities.jp/lita_tinytot/handmade/wo …

この回答への補足

お教えていただきました情報を元に自分流にアレンジして試してみました。実践してみました作業を以下に記します。

【ニス薄め】
1.スーパーの袋などに両手で持てる位のドングリと油性ニスを大さじ2杯位を入れる。
2.浅漬けのように表面に馴染むまで揉む。
3.残ったニスまで落ちないよう広げた新聞紙にドングリを落とし広げる。
4.新聞紙の上でドングリをよーく転がしニスを拭う。
5.広げたアルミホイルにくっつかないように並べて乾かす。
6.乾いたらツヤはないがコーティングされた割れないドングリの出来上がり。

【ニス厚め】
1.ドングリの底などにピンバイス(手で回す先端がドリルになっている穴あけ用の千枚通しのような模型製作用の道具)で1箇所穴を開ける。
2.その穴を普通の千枚通しでグリグリと穴を広げ大きくする。
3.その穴に楊枝を挿す。(突き刺すわけではなく2~3mm程度)
4.ダンドールの断面を上に向けた台座を作る。
5.楊枝を挿したドングリをダンボールの台座に刺す
6.そこまでたくさん作ってダンボールに刺し並べる。
7.筆で1個々油性ニスを塗る。
8.乾いたら2度塗りする。
9.乾いたら楊枝を抜くが抜かずにそのまま絵を描くなど作業しても良い。(楊枝を抜く際は油性ニスの皮膜が剥がれないよう楊枝を回しながら抜くのがポイント)
10.ツヤが綺麗なドングリの出来上がり。
※この方法だと手間はかかるけど、さらに表面に絵を描く場合楊枝に挿して描く事も出来るし、台座に刺して乾かすことが出来るので便利。


換気に注意しましょう。
H19.12.19

補足日時:2007/12/19 06:37
    • good
    • 3
この回答へのお礼

さっそく試してみます! ありがとうございました。

お礼日時:2007/12/01 15:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!