ステアリングを回すとジャリジャリ音がするので、ステアリングをはずしてグリスアップしたいのですが、もしエアバッグが爆発すると怖いのでどなたかはずし方を教えてください。ちなみに、エアバッグのついていないステアリングは、はずした経験があります.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

該当車種に使用されているのは、機械式のエアバッグです。

取り付け取り外しにはトルクスドライバーが必要です。六角形の辺の部分がへこんだような特殊な形状のねじですので、専用の工具がないとはずせませんが、トルクスドライバ自体はホームセンターや工具店で手に入ります。
ご自身ではずされるのであれば、工具を用意しハンドルの左右にある樹脂製のふたをはずし、ふたの裏側にある黄色のステッカーの指示に従ってはずしてください。まず黒色のボルトをいっぱいまで緩めてください。これでエアバッグ内部の激発装置がロックされます。次に黒色のキャップをずらし(はずしではない)黄色のボルトを緩めエアバッグを取り外します。上記の作業を行う際に不用意に衝撃を与えないこと及び取り外したエアバッグは万一破裂しても周囲に被害を与えないような安全な場所(決して作業を行う車内などに放置しない)に保管すること。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変お世話をかけましてありがとうございます。
文章もつぼを得ていてとてもわかりやすかったです。
また質問するかもしれませんが、またご協力ください。

お礼日時:2001/02/06 14:16

現在の電気式のエアバックの脱着はバッテリーのマイナスターミナルを外し30秒以上待ってからエアバックコネクターを外すことになっています。

ご質問にあるコロナは機械式エアバックですから、バッテリーのマイナスターミナルを外す必要はありません。ちなみに、電気式エアバックは構造上シャリシャリ音は出ないはず(ハンドルの裏が金属の接点ではなく、スパイラルケーブルと言う配線でつながっているため)。
どちらにしても、エアバックを外すにはトルクスドライバーと言う専用の工具が必要になるのと、万が一爆発したときは生命にかかわる危険性があるため、トヨタ系ディーラーなどにお願いされたほうが良いと思います。
ただし今回のシャリシャリ音の場合は、ウインカースイッチ根元の隙間から、ハンドル裏の金属プレートと棒が見えるので、CRCなどの潤滑材をハンドルを左右に切りながらそこに吹きかけてあげれば、音は止まると思われます。
吹きかけるときの方向を真横にしすぎると、ワイパースイッチの隙間から反対側に出てしまうので、気をつけてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

どうもありがとうございます
参考にして、CRC噴きかけてみようと思います。

お礼日時:2001/02/06 14:19

いただいた補足で十分です。

ただ現在手元に資料がありませんので月曜日にお答えいたします。少々時間が掛かりますがそれまでお待ちください。
    • good
    • 0

車種が不明なので、お答えしかねます。

バッテリーをはずしただけではダメな車種もありますので、確実な方法が判明するまでは手をつけない事です。もし、作業中に暴発すると怪我をすることになりますし、エアバック交換となるとかなり高額な出費になります。また車種によっては取り外し組み付けのさいに、決められた位置で行はないと、エアバッグとステアリングコラムをつなぐ配線を破損するものもあります。

ご自身で作業なさる前に車検証に記載された車両形式・年式などを補足してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

忠告ありがとうございます。
危なく手をつけてしまいそうでした。
今手元に、車検証がないのでわかりませんが、
トヨタ コロナ 6年式 原動機は3Sかなんかが載ってたと思います。

お礼日時:2001/02/02 21:15

一見エアバックとなるとむずかしそうですが、基本的にはバッテリーさえはずしておけば大丈夫です


車種によって若干異なりますが、まずバッテリーをはずして1分間待ちます
あとは普通のステアリングと同じようにカバーをはずします
その中にエアバックのコネクター(配線)が入っているのでぬいてください
(バッテリーをはずしているのでびびることはありません
あとはセンターのねじをゆるめて引っ張るととれます
カリカリ音が鳴るときは多いパターンがボスケースと抜いたエアバックの配線
が干渉してるときです
そう言うときはステアリングのシャフトに配線を巻いてテープなどで固定し
ボスケースとの干渉がないのを確認してから組み付けるほうがいいでしょう
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
ちょっとまだ怖いですが明日にでも早速試してみマース
私犬を飼ってまして、たぶん、犬の毛とほこりがウインカーの電極部についてるんじゃないかなんて思ってるんです。
結果をまた報告しようと思っていますが、どうやって返事を書くのか、「教えてgoo」始めての私には自信がありませんが、できたらやってみます。

お礼日時:2001/02/02 20:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステアリングボス取付時のグリス

「社外のステアリングを取り付ける時、今度ステアリングを外す時に苦労するのを防止する目的で、ステアリングシャフトのスプラインにグリスを塗ると良い」と言う記述をよく見かけます。
ボスを外すのに、プーラーを使用しても、相当苦労するみたいです。

ただ、ボスのメーカーとしては、グリスを塗ると、グリスが押し出されてシャフトのテーパー部に付着し、シャフトのテーパー部にグリスが付着すると、締付け時にボスのクラックや、入りすぎることで車両を破損する可能性が高いため、勧めていないみたいです。

実際のところ、グリスは塗っても大丈夫(許容範囲)なのでしょうか?それとも、絶対に塗らない方が良いのでしょうか?
1年後にステアリングを外す予定があるため、外すのにかなりの労力を費やすのも嫌ですし、プーラーを使っても外せず、ディーラーや車屋に行くのも嫌です。

また、グリスは具体的にどの様な物を塗れば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの研究で食ってます。操縦安定性・乗心地が専門で、操舵系も守備範囲です。

>ステアリングシャフトのスプラインにグリスを塗ると良い」と言う記述をよく見かけます。

 それは何方が書いた記述でしょうか?
 コラムシャフトのスプラインは、グリス潤滑ナシで機能する様に設計されています。(テーパ部にグリスが付着すると最高にまずいのは、御質問内で述べられている通りです。)

※ボスが外し難い、という話はありますが、皆様御回答の様に無潤滑でも外せないワケではありません。
 それより、テーパ部にグリスが付いたままナットを締め付けるとボスが広がるほど深くコラムシャフトに入ってしまい(締まりばめの圧入状態に近くなります)、その後グリスが乾燥すると全く外せない最悪状態となります。

※グリスを塗ってボスのナットを『軽く』締めるというのは十分アリですが、実はこのナットは締め付けトルクを軽くすると結構緩みます。(その為にセルフロックナットを使うメーカもあるぐらいです。)
 緩まない程度に、しかしボスが余計に入らない程度に締め付ける、という事が出来るかどうか・・・あまり現実的な締め付け法とは言えません。

※ボスが拡張されるほどコラムシャフトのテーパ部に押し込まれると、走行中に突然ボスが割れ操舵不能になる可能性もゼロではありません。
 ボスとコラムシャフトを勘合させる時は、テーパ部とスプライン部を脱脂するぐらいの準備が必要です。

 クルマの研究で食ってます。操縦安定性・乗心地が専門で、操舵系も守備範囲です。

>ステアリングシャフトのスプラインにグリスを塗ると良い」と言う記述をよく見かけます。

 それは何方が書いた記述でしょうか?
 コラムシャフトのスプラインは、グリス潤滑ナシで機能する様に設計されています。(テーパ部にグリスが付着すると最高にまずいのは、御質問内で述べられている通りです。)

※ボスが外し難い、という話はありますが、皆様御回答の様に無潤滑でも外せないワケではありません。
 それよ...続きを読む

Qエアウェイブのメーターパネルのはずし方

ナビを自力で付け替えようと思うのですが、ディラー資料では車速パルスはメーターパネルを外さないと取り出せません。資料によるとメーターパネルはクリップのみで取り付けてあるそうですが、試しに引っ張ってみてもびくともしません。また、あまり力をいれて引っ張って壊すのも恐ろしいです。この箇所以外にも、ナビの配線の引き回しのためにクリップ止めを外さなければならない箇所が多数あるのですが、何かコツがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

車速パルスを取るならば、メーターからで無くともECUから取れますよ。
ECUは助手席側にあります

詳しくは下記のHPでECUの配線位置とECUの取り付け位置がアップされています ↓

http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/car/list.html

ECUの位置は、HP上部の左側「ECU(コンピューター)位置を探す」をクリックすると大まかな位置が出ます。

参考URL:http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/car/list.html

Q車のステアリングを交換するのに、どうやればセンター出しをできますでしょうか? また、ステアリングを交

車のステアリングを交換するのに、どうやればセンター出しをできますでしょうか?

また、ステアリングを交換している車というのは、少なからずセンターズレていたりするのでしょうか?

Aベストアンサー

昔、セリカにモモのステアリングを付けた時、真っすぐに取り付けたつもりが、走ってみたら、左寄り。付け直したら、微妙に右寄り。
ところが中心のギザギザを、一つ右だと微妙に右、一つ左だと微妙に左と言う訳で、仕方なく、ちょっと左で、走ってました。
トライ&エラーで、走って決めてはいかがでしょうか。

Qエアバッグの限界は?

フロントとサイドにエアバッグがありますが、壁などに衝突した場合、衝撃を軽減するといってもどのくらいのスピードまでが限界なのでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

>どのくらいのスピードまでが限界なのでしょうか?

・・・という御質問には、残念ながら的確には回答出来ません。と申しますのも、エアバッグの実験は、或る特定の速度で効果的に働いているかどうかを見るのであって、何km/hから効果がなくなるか、という実験は実施していないからです。

1.前面衝突(前突)

>壁などに衝突した場合、

・・・という事なので、とりあえずコンクリート・バリア(固定壁)への衝突と見なして話を進めます。

 コンクリート・バリアに対しては56km/hでの衝突時の乗員傷害値を考えます。56km/hとは随分ハンパな値ですが、これは北米基準の35mph(マイル/時間)をkm/hに換算したモノです。
 実は、この速度は各メーカでマチマチです。北米基準の56km/hは最低ラインで、各メーカでは社内基準として56km/hより多少速い速度(60~65km/h)を設定しているところもあります。
 以上よりエアバッグは、56~65km/h程度の速度での確実な効果は証明されていますが、冒頭で述べました様に、『エアバッグが役に立たなくなる速度』は判りません。極論しますと、56km/hを1km/hでも超えればエアバッグが役に立たなくなる可能性もあるワケです。
 もっとも、アクセル全開でそのままコンクリートの壁に突っ込むヤツはなかなかいません。大体衝突の寸前には、フルブレーキングで減速しています。
 高速道路でフェンスに突っ込んだ事故などでも、事故状況を分析すると、案外衝突寸前の速度は40~50km/h程度まで減速しているケースが多いです。これから考えますと、エアバッグの実験の56km/hという速度も、特に低すぎる事も無いと思います。

2.側面衝突(側突)
 サイドエアバッグは側突時に展開する設計となっていますが、側突の実験では、コンクリートのバリアは使いません。実際の路上でコンクリートのフェンスが飛んでくるケースはなかなか考えられませんし、また、クルマが真横に動いてコンクリートのフェンスに当りに行くケースも考え辛いところです。
 側突実験では、薄いアルミ板を蜂の巣状に成型した『ハニカム材』をクルマにぶつけます。ハニカム材はクルマのボンネットの変形に近い特性を示すので採用されいているワケですが、これより、側突はクルマ対クルマの衝突を想定している事が判ります。(ちょうど交差点などで、横からクルマに突っ込まれるケースです。)
 この実験では車両側は静止状態で、ハニカム材側を動かして車両にぶつけます。その速度は・・・・え~っと・・・・あ~・・・・忘れてしまいましたぁ!(^‐^;)ごめんなさい!確か25km/hか35km/hか、その辺りだったと思います。(何れにしろ、前突よりは低い速度なのは確かです。正確な速度は、お乗りのクルマのメーカに質問してください。)
 側突も、前突と同じく『効果が無くなる』速度は判りません。実験速度まで安全なのは確かですが、それ以上の速度で突っ込まれたらどぅなるか・・・・?

 といったところで、最後に1点お断りしておきます。

 上述致しました速度での前突や側突に於けるエアバッグは、乗員を無キズで守る、とは限りません。
 実験はあくまでも肉体各部にかかる加速度と曲げ・圧縮力等を以ってしてOK/NG判断をしており、受傷する/しない、ではありません。
 つまり、シートベルトやエアバッグは、56km/hまでの衝突で運転手の無キズを保証しているというワケではない、という事です。極論しますと、シートベルトやエアバッグはあくまでも乗員にかかる衝撃を緩和するのが目的であって、実際に受傷するかどうかは、乗員の乗車姿勢や体格、衝撃に対する肉体の強靭さ、などが関係します。
 体格差や肉体の強靭さは簡単にはどぅにもなりませんが、せめて運転姿勢だけでも正しましょう。斜めに構えてハンドルを片手で握る、シートバックを異常に倒す、極端にハンドルの近くに座る、などの変則的なドライビングポジションでは、衝突時にエアバッグやシートベルトがその機能を100%発揮出来ない可能性があります。

 クルマの設計屋です。

>どのくらいのスピードまでが限界なのでしょうか?

・・・という御質問には、残念ながら的確には回答出来ません。と申しますのも、エアバッグの実験は、或る特定の速度で効果的に働いているかどうかを見るのであって、何km/hから効果がなくなるか、という実験は実施していないからです。

1.前面衝突(前突)

>壁などに衝突した場合、

・・・という事なので、とりあえずコンクリート・バリア(固定壁)への衝突と見なして話を進めます。

 コンクリート・バリアに対し...続きを読む

Q後部座席用エアバッグ

質題の通り後部座席用のエアバッグはなぜ採用されないのでしょう?
カーテンシルドエアバッグはありますが、後部座席用専用というのは存在するのでしょうか?

個人的にはフロントシートの後ろにエアバッグがあれば後部座席の人の安全が確保されると思うのですが、短絡過ぎでしょうか?
前突すると前席のエアバッグが作動すると同時に前席背面にあるエアバッグが作動すれば
後部座席の乗員の安全も確保されると言う・・・

ご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

エアバッグにも加害性があり、単純に「エアバッグ装着で安全が確保される」というモノでもありません。
特にシートベルト非装着の場合、一瞬で展開したエアバッグで重傷を負った例があます。
また、エアバッグとの距離が短いと展開したバッグで眼鏡を壊されて受傷した例もあるそうで、シートベルトを装着していても失明の可能性がありそうです。
そのような事故を防ぐためにセンサーで乗員の位置を測定しエアバッグの展開を制御するインテリジェントエアバッグの研究・開発も進められていますが、高度な技術を要し、また実用化されたとしても非常に高価なシステムになることが予想され、普及まで時間が掛かるのは間違いありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%B0

このほか、自動車のキャビンという閉鎖空間で多数のエアバッグが同時に展開すると、急激な圧力上昇により、鼓膜や高齢者などでは心臓などに悪影響が見込まれるとして、エアバッグの同時搭載数に制限があるとの話しも聞いたことがあります。

>個人的にはフロントシートの後ろにエアバッグがあれば後部座席の人の安全が確保されると思うのですが、短絡過ぎでしょうか?
方向性は正しいでしょうし、短絡的とも思えませんが、「アナタが考えているほど簡単に出来る話しでもない」ってトコロでしょうか。

エアバッグにも加害性があり、単純に「エアバッグ装着で安全が確保される」というモノでもありません。
特にシートベルト非装着の場合、一瞬で展開したエアバッグで重傷を負った例があます。
また、エアバッグとの距離が短いと展開したバッグで眼鏡を壊されて受傷した例もあるそうで、シートベルトを装着していても失明の可能性がありそうです。
そのような事故を防ぐためにセンサーで乗員の位置を測定しエアバッグの展開を制御するインテリジェントエアバッグの研究・開発も進められていますが、高度な技術を要し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報