適合度検定について教えてください
測定結果の分布がある種の確立密度関数に従うかどうかをカイ二乗検定で調べます。測定値の度数と理論度数の比較です。このとき確立密度関数の母数によって、検定時の自由度が変わるといわれたのですが。
母数と自由度の関係を教えてください。
たとえば
p(x)=(x/a)・exp{-x^2/(2a)}:2aがxの2乗平均
で示されるレイレイ分布の場合はどうなるのでしょうか。
いろいろ文献を調べたのですがわかりません。統計に関しては素人です、よろしく
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 最初具体的な確率密度関数の型(例えば正規分布とかレイリー分布とか)はわかりません。


>したがって母数は未知となります。
この時点では「分布が未知」なんですね。

 次に、帰無仮説H1「このデータは母数aのレイリー分布に従う」を立てる。これを一旦信じる。ここで初めて分布の型が決まり、従って、母数の自由度は1に決定。そして、分布が一番データに良く合うように(数値計算で)a=a0を決めてやる。fittingと言います。これで分布が決定。この段階で帰無仮説はH2「このデータは母数a0のレイリー分布に従う」になっており、自由度は1減っている。だからこの仮説H2を検定するには、自由度は(k-2)にしなくちゃいけません。
 で、検定してみたらH2がアキラカに棄却されたとしましょう。つまりこの分布じゃないのが確定。

 では、帰無仮説H3「このデータは母数m, σ^2の正規分布に従う」を立てる。母数の自由度は2ですね。これをfittingしてm=m0, σ=σ0を得る。これで分布が決定。帰無仮説はH4「このデータは母数m0, σ0^2の正規分布に従う」になっており、自由度は2減っている。この仮説H4を検定するには、自由度は(k-3)にしなくちゃいけません。
で、今度は棄却されなかったとする。でも、

「だからこのデータは正規分布(m0, σ0^2)だ。」なんて結論しちゃいけません。帰無仮説は、棄却されないときは「何も言えない」。つまり「仮説H4はデータとはっきりした矛盾を示さない」という事が分かっただけです。(σの真値がσ0より0.1%大きくてもH4は偽なんですよ。)

 時系列データを分布として検定するというのは重要ですね。理論的に予想される分布と比較する訳ですね。この場合線形に近いシステムのようだから、予測するには、信号処理分野の理論、特にinputが分かっていればフーリエ変換などによるフィルター理論で、確率過程とするなら定常過程の理論が旨く行くだろうと思います。なお非線形性が強い場合(振幅が大きいなど)はひょっとするとカオスの理論を使うことになるかな?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が送れて申し訳ありません。とても参考になりました。
しつこい質問でもう分けないのですが、もう少し教えてください。
いくつかの文献ではレイリー分布の母数を時系列データのスペクトルの0次モーメントとしていたり、極値の二乗平均値の半分としていたのですが、やはり実データに当てはめるときは、そのデータの特性を反映させるように、最急降下法のような勾配法で母数を推定し、fittingを行うのがよいのでしょうか。
 素人の質問で申し訳ないのですが、実データに対して、勾配法などを使って、最適化を行った場合、測定誤差の分まで含んでfittingを行ってしまうので、個々の計測値にはよく合うのですが、現象を一般的に論じる場合客観性が失われる可能性があると思えます。たびたび申し訳ないのですがご教示いただければ幸いです。
 それとご回答の中で指摘されているように
復元力がf=-kxであてられるような線形バネでなく
硬化バネf=-(k1x+k3x^3)
軟化バネf=-(k1x-k3x^3)
の場合はカオス的な挙動を示すようで、位相平面上にストレンジアトラクタが現れました。

お礼日時:2001/02/03 21:04

下記ご参照下さい。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=24627,h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

お礼日時:2001/02/03 22:20

 fittingをする結果として自由度を犠牲にする訳ですから、ばっちりfittingやって良いです。

fittingしてパラメータを最適化したモデルは、誰が計算しても再現する。これこそが客観的なんじゃありませんか。
 最急降下法は余りうまい方法とは言えませんが、探すパラメータの数が少なければ差し支えないのかな?

 ストレンジ・アトラクタ。やっぱり出てきましたか。最終的にアトラクタの再構成が出来ると面白いですね。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速回答いただきましてありがとうございます。
統計はまだかじりかけたばかりでわからないことが多いので、また疑問が生じたときはよろしくお願いします。
 本当に助かりました、教官のなかには教科書の例題で似たようなものを見つけて検定すればよいなどといって、意味も考えずに平気なことをやっている連中がいます。stomachman先生のような方が教育の現場に大勢いれば、今日の理数系教育の問題も解消されると思います。
 最後の質問ですが「最急降下法」はあまりよくないとのことですが、私自身勉強不足でどの最適化手法がよいのか悪いのかはわかりません。他の準ニュートン法や共役勾配法などと比較して使いやすいので使っているのですが・・・。
これに関しては単に質問するのでなく、じっくり勉強したいと思いますので是非お勧めの教科書があればご紹介ください。

お礼日時:2001/02/03 21:46

とりあえず、自由度の概念については下記URLを。



N個のサンプル、という制約条件があるので、度数n[1], n[2], ..... , n[k-1]を決めたらあと一つは決まってしまう。だから自由度は(k-1)である。という事です。

また
> 確率密度関数に当てはまるかを調べるときは(k-1-母数の数)が自由度
というのは、ちょっと間違い。そうじゃなくて、
 「確率密度関数の型(例えば正規分布とかレイリー分布とか)は仮定しているがその母数(パラメータ)のうちのr個の値が未知である」という場合に、測定した度数になるべく旨く合うようにr個の母数を推定し、その上で、検定を行う、という時には、つまり辻褄が一番合うようにr個の自由度(度数のデータ)を「消費」しちゃったので、残っている自由度はr個減る。それで、この場合の
χ^2 = Σ{(n[j]-m[j])^2}/m[j]
は自由度(k-1-r)のχ二乗分布で近似できる、という事になります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=17226

この回答への補足

深夜にもかかわらず度重なる回答をいただきましてまことにありがとうございます。私のつまらない質問に親切に回答してくださってとても感謝しています。
2回の回答で少しずつわかってきましたのでもう少し質問させてください。

測定されたデータに関しては、最初具体的な確率密度関数の型(例えば正規分布とかレイリー分布とか)はわかりません。したがって母数は未知となります。
この場合レイレイ分布では母数は1つですから自由度は(k-1-1)=k-2
正規分布では母数が2つありますから自由度は(k-1-2)=k-3
となるのでしょうか。

 それと今回の質問にいたったいきさつを申し上げます。学生だけでやっている自主ゼミで次のようなことがありました。

 スペクトルの帯域幅パラメータが1に近いような広帯域の不規則強制力をバネ振り子のような固有周期を持つものに与えたときの質点の変位の時系列データの極値の分布を想定しています。この場合、固有周期をもつことからある種のバンドパスフィルターのように作用し、質点の変位の時系列データは狭帯域のスペクトルを示しました。この結果に対して、うちの研究室の先輩の修士課程の院生はレイリー分布を仮定して検定を行ったのですが、単純に自由度(k-1)としていました。これに対して私の友人がどこで聞きかじったのか(私もその友人も学部生です)母数を考えないといけないといって議論になりましたが、統計の素人集団の浅学なもの同士でやっているため結論がでず、この質問にいたった次第です。その友人も母数の数を引くということをどっかで聞いただけで根拠はありませんでした。素人ゆえ上記の文中に誤りがありましたらご指摘ください。
 stomachman先生、今後ともご教授お願いします。

補足日時:2001/02/03 01:26
    • good
    • 0

 測定値の母数、度数と仰るからには離散分布の話、と思ったらレイリー分布ですか。

これはどういうことかな?xを適当な区間に分けて、その中に入ったサンプルの数を数えた、という意味でしょうか?
 その場合、一つの区間の度数が最低でも数個以上になるように区分けをします(こうしないとχ二乗検定が使えません)。k個に分けるとしましょう。各区間は同じ幅である必要はありません。たとえば区切りをx[1]=0,x[2],....,x[k],x[k+1]=∞とし、j番目の区間を[x[j], x[j+1])とします。
帰無仮説「N個のサンプルが確率密度関数fの分布からランダムに採られた」を検定できます。具体的には区間jの理論度数
m[j] = N integral {x=x[j]~x[j+1]} f(x) dx
を計算し、実測した度数n[j]と比べます。すなわち
χ^2 = Σ{(n[j]-m[j])^2}/m[j]  (Σはj=1,2,....,kについて取る)
は自由度(k-1)のχ二乗分布で近似できる。

 さて、母数とは何か。レイリー分布
p(x)=(x/a)・exp{-x^2/(2a)} (x≧0)
の場合、aが母数です。つまりこの確率密度関数(確立じゃないですヨ)のパラメータのこと。これを決めると初めて、具体的な分布の形が決まる訳です。
 「aが違えば、分布が違い、同じサンプル数Nであっても区間の設定の仕方が違ってくる。従って、区間の数kも(従って自由度も)変わりうるし、理論度数m[j]も違う。」ということですね。

 まずは良い教科書を手に入れては如何でしょう。ハンドブック的なものだけでなく、きちんとした教科書を持っていると、こういう時に便利ですよ。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました。「確立」はミスタイプでしたすみません。
ご指摘のとおり”xを適当な区間に分けて、その中に入ったサンプルの数を数えた”ということです。

そこで再度質問ですが、多くの教科書がご回答のように自由度(k-1)のχ二乗分布で近似できる。と記しています。多くの教科書でも自由度(k-1)とした場合の
検定については記されていました。
 ただ確率密度関数に当てはまるかを調べるときは(k-1-母数の数)が自由度にな
るというようなことを聞きました。このことに関して詳しく記された文献があればご紹介ください。
 それと今一つ自由度というものがつかめません。そのへんのところを教えてください。


 

補足日時:2001/02/03 00:03
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由度の高いアプリゲームを教えてください

Apple Storeで購入可能な放置系でない、自由度の高いアプリゲームを探しています。
Wiiの「王だぁ」やDSの「頂きストリート」のようなゲームを探しているのですが、自分では見つかりませんでした。
普段はあまりゲームをやらないのですが、1年に1回くらいの頻度で無性に上記のようなゲームをプレイしたくなります。ちなみに、上記2つのゲームは現在は手元にありません。
できれば無料がいいですが、有料でも500円までで経営系でなおかつ自由度が高く、放置系でないアプリゲーム(Apple Storeで購入可能)がありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

近いものならカイロの豊富なソフト群のなかから見つかるかもしれません。
http://kairosoft.net/index.html

どの内容のゲームでも共通して1周目はスローですが、1度エンディングさせると次回からは倍速が選べるようになります。
また、『引継ぎ』の要素があるので、2周目よりも3周目、あるいはそれ以降と、やり込むほどにハイスコアが出やすくなります。

Q(aのx乗−3)(aのx乗+8)の計算方法は、 =a^x × a^x − 3a^x + 8a^x +

(aのx乗−3)(aのx乗+8)の計算方法は、

=a^x × a^x − 3a^x + 8a^x +(−3)8

=a^x^2 + 5a^x −24

であっていますか?

Aベストアンサー

(a˟)ⁿ=a˟ⁿ=aⁿ˟ [ 例:a³˙²=a²˙³=a⁶ ]

このまま展開しても良いけどa˟=yとでも置けば
(y-3)(y+8))=y²+5y-24

y=a˟に戻すと
(a˟)²+5a˟-24

(a˟)²=a˟²=a²˟

∴a²˟+5a˟-24

Q自由度が高いゲーム

PS2・GCで自由度が高いゲームを教えてください!!
自由度が高いとは表現しにくいのですがマップを自由に移動できたりなどです。
メタルギアシリーズのような感じです。
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

うーん、グランドセフトオートシリーズ{PS2}は自由度が高いですよ。あとは、ぱっと思いつかないですね・・

Q適合度の検定の時、カイ二乗値 = Σ{((観測度数)-(期待度数))^2/(期待度数)}とカイ二乗分

適合度の検定の時、カイ二乗値 = Σ{((観測度数)-(期待度数))^2/(期待度数)}とカイ二乗分布の値(例えば自由度5、有意水準5%の時の値11.07)が比較できるのは何故ですか?

すいません。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「検定」の考え方を、正しく理解できていないようですね。

「検定」の考え方とは
(1)「検定対象のデータ」が、ある母集団から採取したものと仮定する。(通常、これを「帰無仮説」と呼ぶ)
(2)このとき、この母集団の特性(平均値、標準偏差)から、「検定対象のデータ」が「起こりうる確率」を求める。それが「p値」。
(3)この「p値」が、通常あり得ないほど小さい(例えば0.05以下)なら、最初に仮定した「帰無仮説」(「検定対象のデータ」が、その母集団から採取したものという仮定)が間違っていると判断する。
(4)従って、「検定対象のデータ」は、その母集団からのサンプルデータではない、その母集団とは別ものと結論する。
ということです。「背理法(反証法)」というやつです。

 カイ二乗検定に場合には、上記の「確率」を求めるのではなく、「確率0.05」(これが「有意水準5%」に相当)となる「カイ二乗値」を、検定データから計算したものと、カイ二乗分布表(あるいは母集団のデータからの計算値)とを比較するという手順になっているだけで、考え方は同じです。

 「比較できるのは何故ですか?」って、検定データから計算したものが「判定対象」(被告)、カイ二乗分布表(あるいは母集団のデータからの計算値)が「判定値」(裁判官あるいは六法全書)ですから、比較することで「検定したいこと」の白黒を判定するのです。

 前の質問の回答したように、きちんと「検定」の考え方と、知りたいのであればその数学的意味を、本を読むなどして勉強してください。こんな掲示板に書けるほど簡単ではありませんので。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9343988.html

「検定」の考え方を、正しく理解できていないようですね。

「検定」の考え方とは
(1)「検定対象のデータ」が、ある母集団から採取したものと仮定する。(通常、これを「帰無仮説」と呼ぶ)
(2)このとき、この母集団の特性(平均値、標準偏差)から、「検定対象のデータ」が「起こりうる確率」を求める。それが「p値」。
(3)この「p値」が、通常あり得ないほど小さい(例えば0.05以下)なら、最初に仮定した「帰無仮説」(「検定対象のデータ」が、その母集団から採取したものという仮定)が間違ってい...続きを読む

Q自由度の高いRPGを探しています。

自由度の高いRPGを探しています。

現在PCでMMORPGをやっているのですが、そろそろやることがなくなってきたので次のゲームを探そうと思っています。
次はオンライン専用ではなくて、オフラインでもできる自由度の高いRPGを探しています。

〔条件〕
1:PS3かXBOX360対応ソフト。(お勧めがなければPCでも可。)
2:やり込み要素があり、自由度が高くて長く楽しめる。(クエストもたくさんある。)
3:装備品、アイテムなど自作できる。

以上ですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「自由度が高く、クエストもたくさんある」というフレーズで、
『The Elder Scrolls IV オブリビオン』が思い浮かびました。

自由度が高く、クエスト数も多いです。
Xbox360・PS3両方対応です。

いかがでしょうか。

Q確率変数XとYはf(x,y)=cxy^2(0

宜しくお願い致します。

[Q]The random variables X and Y have a joint probability density function given by f(x,y)=cxy^2 for 0<x<y<2 and 0 elsewhere
a) Find c so that f is indeed a probability density function.
b) Find P(X<1,y>1/2).
c) Find the probability density function of X.

[問]確率変数XとYはf(x,y)=cxy^2(0<x<y<2でそれ以外は0)で与えられた同時確率密度関数を持つとする。
(a) fが本当に確率密度関数であるようなcを求めよ。
(b) P(X<1,Y>1/2)を求めよ。
(c) Xの確率密度関数を求めよ。

[(a)の解]fが本当に確率密度関数なら∫_y∫_xf(x,y)dx=1.
∫[0..2]∫[y..0]cxy^2dxdy=∫[0..2]cy^2[x^2/2]^y_0dy
=∫[0..2]cy^2(y^2/2)dy=c/2∫[0..2]y^4dy=c/2[y^5/5]^2_0
=c/2(32/5)=32c/10=1. ∴c=5/16

[(b)の解]P(X<1,Y>1/2)=∫[1/2..2]∫[0..1]5xy^2/16dxdy
=∫[1/2..2]5y^2/16[x^2/2]^1_0dy
=∫[1/2..2]5y^2/16・(1/2)dy
=5/32∫[2..1/2]y^2dy
=5/32[y^3/3]^2_1/2
=5/32[8/3-1/8/3]
=0.41

[(c)の解]f_x(X)=∫_yf(x,y)dy=∫[0..2]5xy^2/16dy
=5x/16[y^3/3]^2_0=5x/16(8/3)=5x/6

で(c)の解が間違いだったのですが正解が分かりません。
正解はどのようになりますでしょうか?

宜しくお願い致します。

[Q]The random variables X and Y have a joint probability density function given by f(x,y)=cxy^2 for 0<x<y<2 and 0 elsewhere
a) Find c so that f is indeed a probability density function.
b) Find P(X<1,y>1/2).
c) Find the probability density function of X.

[問]確率変数XとYはf(x,y)=cxy^2(0<x<y<2でそれ以外は0)で与えられた同時確率密度関数を持つとする。
(a) fが本当に確率密度関数であるようなcを求めよ。
(b) P(X<1,Y>1/2)を求めよ。
(c) Xの確率密度...
続きを読む

Aベストアンサー

うーん、前回の質問といい、なぜ前の2問ができてこれを間違うのでしょう?
発展問題というより、視点を変えただけで難易度も考え方も同じです。
今回は前回よりは勘違い度が低いのできちんと書いておきます。

f(x,y)=cxy^2(0<x<y<2でそれ以外は0)
なのですからyの積分範囲は下限x,上限2ですね。

5x/16∫[x,2]y^2dy=5x/16 * [y^3/3]^2_x=5x/48 * (8-x^3)
(=5x/6-5x^4/48)

QPS2 自由度の高いゲーム探し中!!

今、自由度が高いゲームを探しています。ちなみに今GTAを
持っています。やっぱり、私は面白くてあきないゲームが好きです!!
みなさん、自由度が高いゲームがあれば、回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

検索したらこんな記事がありましたよ。
http://news23vip.blog109.fc2.com/blog-entry-535.html
私のおすすめしたいものも、ここにいくつか上がっています。
抜粋すると、
マーセナリーズ(GTAの戦争モノみたいな感覚、ストレス解消にもGood)
バンピートロット(会話の選択肢多し、悪プレイもできる、ロボ好きなら)
ダーククロニクル(大筋は一本道だけど、武器やロボの成長等に自由度アリ、総合的な完成度が高い)
こんなところでしょうか。
いいゲームが見つかるとイイですね!

Aベストアンサー

絶対値があるので、x<a1 と a1≦x<a2 と a2≦x の3通りの場合分け
が必要です。0<b1<b2ですから、与式の両辺に b1b2 をかけておいて
 b2|(x-a1)|>b1|(x-a2)| と変形してからやるといいです。
考えとしては絶対値の外し方[x<0のときlxl=-x,0≦xのときlxl=x]を使い
ます。
1.x<a1 のとき・・・x-a1もx-a2も負になるからマイナスをつけてはずす
   -b2(x-a1)>-b1(x-a2) →両辺に-1をかけてb2(x-a1)<b1(x-a2)
   これを解いて、 x<(a1b2-a2b1)/(b2-b1) ・・・(1)
   ここで a1 と (a1b2-a2b1)/(b2-b1) の大小関係を調べると
   両方に(b2-b1)をかけた式で a1(b2-b1)-(a1b2-a2b1)=-a1b1+a2b1
   =b1(-a1+a2)>0 となるので a1>(a1b2-a2b1)/(b2-b1) となります
   したがって、ここでの解は(1)の解でよいことになります。
2.a1≦x<a2 のとき・・・x-a1は正、x-a2は負だから
   b2(x-a1)>-b1(x-a2)
   これを解いて、x>(a1b2+a2b1)/(b1+b2)
   ここで、1.のときと同様にして (a1b2+a2b1)/(b1+b2) とa1,a2
   との大小関係を考えると、省略しますが、
     a1<(a1b2+a2b1)/(b1+b2)<a2 となり、
   ここでの解は (a1b2+a2b1)/(b1+b2)<x<a2・・・(2)
3.a2≦x のとき・・・x-a1もx-a2も正だから
   b2(x-a1)>b1(x-a2)
   これを解いて x>(a1b2-a2b1)/(b2-b1)
   同様に a2 と (a1b2-a2b1)/(b2-b1) の大小関係を調べると、また
   省略しますが a2>(a1b2-a2b1)/(b2-b1) となり
   ここでの解は a2≦x・・・(3)

以上、(1)~(3)が解となります。
各場合について、数直線をかいて考えるといいでしょう。

絶対値があるので、x<a1 と a1≦x<a2 と a2≦x の3通りの場合分け
が必要です。0<b1<b2ですから、与式の両辺に b1b2 をかけておいて
 b2|(x-a1)|>b1|(x-a2)| と変形してからやるといいです。
考えとしては絶対値の外し方[x<0のときlxl=-x,0≦xのときlxl=x]を使い
ます。
1.x<a1 のとき・・・x-a1もx-a2も負になるからマイナスをつけてはずす
   -b2(x-a1)>-b1(x-a2) →両辺に-1をかけてb2(x-a1)<b1(x-a2)
   これを解いて、 x<(a1b2-a2b1)/(b2-b1) ・・・(1)
   ここで a1 と (...
続きを読む

Q自由度の高いソフトに、暴力表現が多いのは何故?

自由度が高く、細かいところまでシナリオが練り込まれているソフトに興味があるのですが
「グランドセフトオート」「デッドライジング」「オブリビオン」「キアーズオブウォー」など
暴力・犯罪・グロテスクな表現などを多分に含むソフトが多く
そのようなソフトが苦手な私としては、遊んでみようと思えるソフトが見当たりません。

このような自由度の高いソフトに、暴力表現を多く含むソフトが多いのは何故なんでしょうか?

Aベストアンサー

結論として、日本のユーザーが自由度を求めていないからだと思います

ます洋ゲーが残酷なのは文化の違いなので許してやって下さい
自由度が高くない洋ゲーでも首が飛ぶ、血しぶき飛び散るは当たり前というか
お約束みたいな感じになってます、あまり過激という意識はないようです
向こうにもタブーはありますよ
まず子供を殴ったりするのはダメなのでGTAでは子供は歩いてません
同様にロリもダメです、学園ものでメガネロリ娘のパンチラなどは許されないです
好きなひとも多いみたいですけどね(笑)
信仰心もあついので、天使と悪魔とインドや中国の神様を仲魔にする
メガテンとかはおまえら頭おかしいだろと戦争になるほどヤバイことです
中東のあのひとにはまだ知られてないようで安心です(笑)

日本のゲームはストーリーを重視しています
自由度が高いほうがいいと圧倒的な意見ですが
実際、自由度を求めたゲームは売れていません
シナリオが薄くなると言う弊害が日本のゲーマーは許せないようです
自由度の高いゲームはシナリオを先に進めず
キャラ育成や探索をします、この先に進まないってのが分かれ道ですね

自由度を求めた結果、フリーシナリオになり
何度もプレイすることを前提したけれど、何度もやってもらえなかったジルオールや
基本ストーリーは20時間ほどで終了するようにし
脇道をふやしたバンピートロットもほとんどのひとが生活することを楽しまず速攻クリアしました

おつかいが嫌だと言う意見が多いながら
自由度をいれ、なにしてもいいよと言われると何をどうして楽しんでいいかわからないのが日本人の国民性になっていますね
攻略を見るのはいいのですが、すでにストーリーや仲間になるキャラを知っていながら
プレイしてるのは僕には理解できんです

洋ゲーはストーリーよりも操作性やプレイ内容を第一に考えているため
必然的に自由度が高くなってしまっているのだと思います
注目されるのは日本に自由度の高いゲームが少ないからだと思います

個人的には、ひとを虐殺するゲームは楽しめるタイプですが
いい加減、犯罪しなくても自由度の高いゲームが欲しいです
その想いは質問者さんと同じですね
技術的に残酷描写がなく、自由度の高いARPGを作ることは可能だと思います
日本のゲーム業界を変えるのは僕らが買うしかないのだと思いますね。

結論として、日本のユーザーが自由度を求めていないからだと思います

ます洋ゲーが残酷なのは文化の違いなので許してやって下さい
自由度が高くない洋ゲーでも首が飛ぶ、血しぶき飛び散るは当たり前というか
お約束みたいな感じになってます、あまり過激という意識はないようです
向こうにもタブーはありますよ
まず子供を殴ったりするのはダメなのでGTAでは子供は歩いてません
同様にロリもダメです、学園ものでメガネロリ娘のパンチラなどは許されないです
好きなひとも多いみたいですけどね(笑)
...続きを読む

Q確率変数Xが平均0、分散1の標準正規分布に従うとき、|X|の確率密度関

確率変数Xが平均0、分散1の標準正規分布に従うとき、|X|の確率密度関数、平均、分散を求め方と答えを教えてください;;
急ぎの問題で、大変困っておりますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

fがXの確率密度関数 ⇔ Pr[X < t] = int[-∞,t]f(x)dx

この場合、|X| < 0となることはないから Pr[|X| < 0] = 0
Pr[|X| < 0] = int[-∞,0]g(x)dx = 0 ⇒ g(x) = 0 when x < 0


そのガウス積分は、計算する必要ないですよ。
fは標準正規分布の密度関数ということが分かっていますから。
int[0,∞]x^2g(x)dx = int[-∞,∞]x^2f(x)dx = 1

V[|X|] = 1 - 2/π


人気Q&Aランキング

おすすめ情報