新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

広島大教育数学を目指している代ゼミセンター総合偏差値58前後の1浪女子です。父とWEBで大学入試偏差値を見ていたら、父が言うには

筑波(旧東京教育)大理工数学、長崎大経済、上智大、津田塾大数学って30年前に比べ偏差知的に5は低い、

逆に、東北大工、青山学院、東京理科ってこんなに難しかったかなあ?

って、言っていました。

正しいのでしょうか?またその原因は?自分が入った大学が30年後今より簡単な大学になるかもって思うと、、、、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大きく時代の流れと言いますが、


・少子化→子供一人当たりの投資額が増える→進学率の向上
・産業構造の変化→製造業減少→商業、サービス業増加
・東京一極集中→地方大学の低下
・女子も四大進学→女子大から共学へ
・高齢化→医療系人気
・寄らば大樹ではなくなった→資格の取れる学科が人気→学問系(理学部文学部)が低下
など、さまざまな変化があります。受験生人気もそれに影響されて偏差値の上下があるようです。大まかに、
首都圏↑ 地方↓ マンモス私大↑ 女子大など単科↓ 理工系↓ 医療系↑
そういう点から見ると、おっしゃってる大学は、
筑波(旧東京教育)大理工数学:筑波に移転して大幅に下がってます。昔は山手線内でしたからね。
長崎大経済:地方の経済が低迷して、地方の経済系はどこも下がってます。長崎だけ特別ではないです。
上智大:一時ブレイクしてやや落ち着いたと言うところ。
津田塾大数学:女子大不人気
逆に言うとお買い得かもしれません。
しかし、以下は思い違いなのでは?
>逆に、東北大工、青山学院、東京理科ってこんなに難しかったかなあ?
例えば、群馬あたりで工学部志望だと、東大理一→東工大→東北の順ですから、その位置は変わってません。ただ、工学部不人気で東工大が昔より易しくなってます。今が下がっているほうです。昔はもっと上でしょう。
青山学院は郊外移転で下がったほうです。昔のほうが、確かJAL(上智青学立教)と言われている頃と比べると随分易しくなってマーチ最下位なんて揶揄されています。
東京理科も早稲田慶応の滑り止め、国立の滑り止めの位置は変わっていません。早慶が↑なので、神楽坂の学部は↑かもしれませんが、野田が易しいので全体的には変わらないでしょう。

あなたの志願の教員養成系は全体的に下がってます。堅調なのは広大、上昇したのは学芸大(東京教育廃止による)。少子化で教員採用が減っている、一般企業就職は不利、もありますが、かつて地元の国立しか選択肢を与えられなかった女子が都市部の私立や医療系など進路を広げていることが大きいでしょう。

>自分が入った大学が30年後今より簡単な大学になるかもって思うと、、、、
大学の評価なんてどうでもいいですよ、何十年も経ったら。それより、大学が変わる以上に、業界が変わります。昔の名門企業が↓ 無名の会社が堂々たる会社へ、、、こっちのほうがはるかに深刻です。
    • good
    • 1

偏差値は、母集団あっての数値なので、母集団が時代と共に変化すれば偏差値は変わります。

よって経年によって偏差値がどう変化したか?という検討は、データ解釈的には意味のない行為です。
毎年生まれる日本人の上位10万人のみが大学に行くときの偏差値と、全員が大学に行くときの偏差値は当然違います。
また、特にお父さんの受験のころ(たぶん共通一次初期で、私と同じ頃)は、全員がほぼ同受験科目を受けての偏差値だったのですが、最近はそもそも受験科目数自体が違うことが前提になるので、同じように数字を解釈することは意味がありません
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E5%8A%9B% …
ここの大学受験をご参照ください。

各年度における偏差値の相対位置の変化の経年分析は、意味が少しあります。
1980年ころの A大学の偏差値 > B大学の偏差値 だったのが 2010に A大学の偏差値 < B大学の偏差値 となれば この30年で B大学は A大学よりも 世間的に評価が上がったなということ。

上記の偏差値への解釈から考えると
お父さんの各大学への感想(お父さんはたぶん私と同じ年くらい)
お父さんの受験が共通一次の前、初期 二三年後で激しく変わります。
共通一次ショックによって、急激に難易度が上がった私立大学、そうでない私立大学が如実にありました。特に1979年の第一回のあと、第二次オイルショックを乗り越えバブル前夜に進みますので、かなり変化します。

自分が入った大学が30年後・・・
まぁ30年後には 普通の人は気にしません。母校から寄付金のお願いが来てもゴミ箱入りが普通です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔と今の大学受験の難易度

この質問までの経緯を説明しますと

<高校で>
担任「今は少子化で、選ばなきゃ誰でも大学に入れるからねー。お前らは幸せっちゃ幸せだよねー。俺らのときは、ベビーブームって言って、倍率とか大変な数字だったから、きつかったんだけどね・・・今より受験は難しかったよ。」

<予備校で>
英語講師「長文も昔と比べるとすごいレベルが上がったんだよね。昔の早慶の英語も今みたら、楽に感じるよ。そんだけ求められてるものが増えたんだろうね。」

数学講師「医学部の数学なんかも、昔はもう少し易しかった。理工系のが、全然難しかった。全体的に難化してる。」


どっちもなにか違和感あるんですけど、実際はどうなんでしょうか。
科目ごとの評価でも構いませんので、お聞かせください。

Aベストアンサー

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが悪いのをその学生の責任にするようなものです。英語なら理解できたかもしれないし、適切な語学サポートがあれば優秀だったのかもしれない。数学受験で入ってないのに、それも分かっておらず「数学の能力が低い」と言ってプンプン怒ってる。そういう先生は少なくないですね。

事実、東大入学レベルは上位0.8%ぐらいなんですけど、ハーバードは上位5%程度で入れます。
でも後者の方が圧倒的にレベルは高いですよね。
日本は多様な人材を採ってそこから育てて行こうって言う欧米型にシフトしてる印象を受けます。
プロ野球のスカウトと同じですね。
4番バッターばっかり採っても勝てないんですよ。
それで使えなかったら可哀相だけどこぼれていくだけだし。
いまの大学入試ってそういう感じですよ。


個人的に、試験自体は「受験地獄」と言われた80年代の第二次ベビーブームから90年代前半が最難関だったと思います。特に都市圏の私立は難関で日当駒船なんかでも浪人生があふれてました。
医学部も難関だったのですが、一気に難関化したのはバブル崩壊以後の1990年代中盤からですね。
今の医学部は医療費抑制が話題になる中で医師ブームも落ち着いたし、医学部定員はその時期の200%になろうとしてますから最難関の時期に比較すれば簡単にはなってます。まだまだムズかしいですけど90年代後半の医学部ってギャグみたいにムズかったですから。
薬学部などは90年代に乱立した為に易化がとても進んでますけどね。
バブル崩壊後はあらゆる業界が不況でリストラも進まなかった為に大手企業が0採用などを行いました。結果悲惨なものになりましたし、特に割を食ったのは事務や営業の担い手の文系職でした。
よって国立理系、公務員、医師などが手堅いと言うことで一気に難化しましたね。
親に聞いたら当時の公務員なんか「滑り止め」「コネばっかり」だったそうですから、今の時代とだいぶ違いますよ。


そういう「流れ」みたいなものはあると思いますよ。
日本ではマイナーですけどIIT(インド)や北京大(中国)は1000人に1人の秀才しか受からないと聞きます。じゃあ東大と比べてどっちが上か?って言うとランキング上は圧倒的に東大なんです。
人口が違うんですから国によって難易度が違うのは当たり前のことです。


今の大学の試験自体は易化してると思います。
一方で過去の人の映像インタビューを見てみるととてもレベルが低いですし、プレゼン能力は無いなと思います。
バブルだけでなく6,70年代も面接はほとんど「がんばります」で受かった時代だったと思われます。
英会話能力やネット関連の能力も相当低かったでしょう。求められてないし、機材も無かったですから。
1970年の大阪万博のガイドの英語を聞いてると相当酷いですからね。
でも当時は日本で最高峰の才媛で英語の得意な女子大生ばっかりだったと聞きます。
あれぐらい喋れる奴はいまの大学生では腐るほどいますからね。
要するに試験自体は易化してるけど、若い世代が特別あほなわけではないだろうと言うのが僕の意見です。
もし試験内容がプレゼンと英会話、ワードエクセルなどのIT系であれば、現代の若者の圧勝ですよ。

こういうのは気にしないでいいと思います。
また時代そのものより個人の努力や優秀性が大事だと思いますよ。
日本が文明開化する前後で英語やオランダ語を取得したのは漢文(中国語)素読を幼少期に行っていた武士の若者たちでした。
「生まれた時代が悪かった」なんて言わずに一生懸命に英語を勉強してたようですし、以後の世代の庶民なんかよりずっと立派な英語を使いました。
だから優秀な奴も無能な奴もどの世代も一定存在するんだと思います。

僕もNO2さんに賛成ですね。
単純に大学がどんどん定員を増加し続けてるので入学が簡単になるのは当たり前です。

と言うか大学側のスタンスが「優秀層を採る」から「育てる」方にシフトしてる部分が大きいです。
大学の入試科はそれで採ってるのに、その考え方が大学全体に一体化無く、昔のスタンスで講義を進めようとする教授が多いのが問題ではないかと思います。組織の問題ですね。
要するに育てる能力が低い=無能だと言う事ですけれど。
例えば外国人学生はどんどん増えてますが、日本語で授業をしてスコアが...続きを読む

Q20年前と比べて全体的に大学の偏差値が下がっているのでしょうか?

20年前と比べて全体的に大学の偏差値が下がっているのでしょうか?

1990年代前半に中堅どころの大学に入学したものです。
最近母校の偏差値を見ていたところ、私が入学した当時よりも下がっていてショックを受けました。
当時同じランクの大学の中でも上下の入れ替わりがあり、母校は人気がなくなっているようです。
母校以外にも昔からのお嬢様学校として有名だった比較的難関だった女子大なども偏差値が下落して三流大学の仲間入りになっていました。
逆にこの20年で以前は評判が良くなく低迷していたのに今は人気が出て盛り返した学校もあるようです。

第二次ベビーブーマーだったので、当時は競争率も高くそれなりの偏差値だったはずなのに、子供が成長して受験を考えるとき(10年後)に、胸を張って出身大学のことを言えるのだろうか?と少々気がかりです。
少子化の今、難関大学以外の大学は入りやすく、偏差値も下がっているのでしょうか?

ベビーブーマーの私の子供の世代(10年後受験)になると、また子供の数が多くなり、偏差値などもまた盛り返してくるものでしょうか?
どの大学も学部を増やしたり、いろいろ対策を練っているようですが、偏差値の上下変化にはどのような要因があるのでしょうか?

20年前と比べて全体的に大学の偏差値が下がっているのでしょうか?

1990年代前半に中堅どころの大学に入学したものです。
最近母校の偏差値を見ていたところ、私が入学した当時よりも下がっていてショックを受けました。
当時同じランクの大学の中でも上下の入れ替わりがあり、母校は人気がなくなっているようです。
母校以外にも昔からのお嬢様学校として有名だった比較的難関だった女子大なども偏差値が下落して三流大学の仲間入りになっていました。
逆にこの20年で以前は評判が良くなく低迷していた...続きを読む

Aベストアンサー

偏差値って、単純にその年の受験者の中でのその成績を取った人の位置(上位何%など)鋸とを表した数字です。大学の偏差値は、その大学に合格した人が、センター試験や予備校の模試で採った偏差値の平均ということです。数学的には間違った使い方ですが、ご質問者さんの意図に沿って偏差値という言葉を使いますね。
なので、子どもの数が減っているのに大学の数が増え、合格者数が増えているので、相対的に下がったんです。単純にその大学を志望する人が減って、人気が無くなったから、全体の順位が低い人でも合格できるようになって、偏差値が下がったんです。
少子化というか、大学受験をする人の数は増えない限り、全体としては回復できません。今は、浪人するのは頭のいい人ばかりです。上を目指して失敗するんですね。昔のように、最初から下を狙って失敗する人の数はグッと減りました。
今は、受験者の減少は一段落していますが、このあと、さらに少なくなります。また、日本の大学進学率は近隣諸国の半分程度です。で、進学できない理由は、学力と経済的な事情が半々です。
で、少子化対策に成功する、高校生の親御さんが子どもを大学に行かせられるほど豊かになる、大学の学費を国が面倒みる などでも起きない限り、偏差値が上がる大学は一握りのはずです。

偏差値って、単純にその年の受験者の中でのその成績を取った人の位置(上位何%など)鋸とを表した数字です。大学の偏差値は、その大学に合格した人が、センター試験や予備校の模試で採った偏差値の平均ということです。数学的には間違った使い方ですが、ご質問者さんの意図に沿って偏差値という言葉を使いますね。
なので、子どもの数が減っているのに大学の数が増え、合格者数が増えているので、相対的に下がったんです。単純にその大学を志望する人が減って、人気が無くなったから、全体の順位が低い人でも合格...続きを読む

Q30年前の大学の入試難易度

現在大学院生のものです。
ちょっと気になったので質問させていただきます。
私たちの教授の世代はおよそ30~40歳上と言う事になりますが、
実際、30~40年前の大学の入試難易度はどれくらい
だったのでしょう。

例えば国立大学でも、やはり京都大学と滋賀大学を
比べてみても京都大学は難しかったのでしょうか。

また、入試はどういう形式だったのでしょう。
理系だと理科英語数学はしっかりあったのでしょうか。
センター試験はなかったんですよね。

回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1978年(一期校・二期校の最後)と1979年(共通一次第一回)の受験生が答えます。

1:基本的な難易度は変わらない
今も難しい大学は、その頃も難しかった

2:医学部が若干アップ
地方国立大学の医学部は、東大の理一よりちょっと難易度で易しかった。現在は地方国立大学の医学部のほうがちょっと難易度で難しいようですね。

3:二期校の雄が受難?
滋賀大学は、私が東日本の人間にはよくわかりませんが、東京近辺ですと、二期校で難関大学だったところが、かなり難易度を下げています。
かつて、東京医科歯科大学の医学部は 慶応医学部 東大理三と同程度の難易度でした。問題との相性とか体調で、慶応医学部合格 東京医科歯科大学 不合格なんてのはざらでした。理三を落ちて医科歯科大学合格で、「東大の時は、風邪でもひいていたのかな」と噂される程度です。
また横浜国立大学の経済なども、東大の文系を落ちたので、横国にいますというような学生が多かったです。その意味で偏差値は高かった。

こんなところでしょうか。

私のころ偏差値がグングン上がったのが上智ですね。
予備校でも、30年前の前後で、私立文系の難関コースが「早慶コース」とか言っていたのですが、「早慶上智コース」とかに名前が変わりました。

1978年(一期校・二期校の最後)と1979年(共通一次第一回)の受験生が答えます。

1:基本的な難易度は変わらない
今も難しい大学は、その頃も難しかった

2:医学部が若干アップ
地方国立大学の医学部は、東大の理一よりちょっと難易度で易しかった。現在は地方国立大学の医学部のほうがちょっと難易度で難しいようですね。

3:二期校の雄が受難?
滋賀大学は、私が東日本の人間にはよくわかりませんが、東京近辺ですと、二期校で難関大学だったところが、かなり難易度を下げています。
かつて、...続きを読む

Qひとむかし前の大学受験は?

1960~1980頃の大学受験がどんな感じだったのか知りたいのですが
当時のことを書いてあるサイトや書籍をおしえてください。

Aベストアンサー

60年代末期~70年代初頭にかけては大学紛争がピーク。
東大医学部の学生がインターン制度に抗議。これに端を発し、またたく間に全国の大学に広がりましたね。東大に限らず以前より他大学医学部でも登録制度に対する問題はあったようで、また、多くの国公立・私立でも学費値上げ等に対する反対や抗議はあったようで、ここにきて一気に紛争に発展。
確か東大はその年の入試を中止したと思います。それほどに国を揺るがす出来事だったのです。

あと、国立大は一期校と二期校があり前者が一流(メジャー)、後者が二流(マイナー)というイメージがあり受験生や家族もそういった色眼がねで捉えていて、特にへんぴな地方国立大に行くより華やかな都市部の私立大へ行く傾向は当時からあったようです。

入試偏差値は当時も今も大きく変わりはないかと。今も昔もいい大学は入試の難易度が高いのも変りません。
東大・京大、をはじめ旧帝大、一橋、東工大、東京医科歯科、全国の国公立医学部・歯学部、をトップとし(偏差値:60以上)、私立では関東の早・慶、立教、明治、中央。関西では同志社、関学、といった特に伝統的名門校が上位で、理系単科大では東京医科、日本医科、順天堂医学部、東京理科、芝浦工大、東京歯科。女子大は津田塾、東京女子、日本女子、など。(偏差値:概ね、文系60以上、理系55以上)

60年代末期~70年代初頭にかけては大学紛争がピーク。
東大医学部の学生がインターン制度に抗議。これに端を発し、またたく間に全国の大学に広がりましたね。東大に限らず以前より他大学医学部でも登録制度に対する問題はあったようで、また、多くの国公立・私立でも学費値上げ等に対する反対や抗議はあったようで、ここにきて一気に紛争に発展。
確か東大はその年の入試を中止したと思います。それほどに国を揺るがす出来事だったのです。

あと、国立大は一期校と二期校があり前者が一流(メジャー)、後者...続きを読む

Q1980年ごろに大学受験をされた方いますか?

これはネット上で見つけた1980年の偏差値表なんですが、慶應の偏差値の低さにびっくりです。
早慶というより、完全にマーチ関関同立の一角という印象を受けます。
当時の慶應はどのような扱いだったのでしょうか?


http://www.geocities.jp/gakurekidata/hensa1980.html

<1980年駿台予備学校偏差値 1980年代々木ゼミナール>
63.2 早稲田政経(政治)  68.8 早稲田政経(政治)
60.1 早稲田法       64.6 早稲田政経(経済)
59.8 早稲田政経(経済)  64.4 早稲田法
58.3 中央法(法律)    63.4 中央法(法律)
57.8 上智法
55.9 同志社法       63.4 上智法
55.7 中央法(政治)
55.6 早稲田商
55.5 学習院法       62.8 中央法(政治)
              62.8 同志社法
55.5 慶應経済       62.3 上智経済(経営)
54.6 慶応法(法律)    62.1 学習院法(法律)
               62.0 慶應経済
               61.4 明治法
54.1 明治法        60.5 関学法
54.1 立教法
53.7 青学法        60.5 慶應法(法律)
53.6 関学法        60.5 慶應商
52.7 慶應商        60.4 立教法
51.5 明治政経       60.1 青学法
              60.0 学習院法(政治)
51.0 法政法        59.4 慶応法(政治)
50.5 慶応法(政治)    57.0 法政法
50.4 南山法
50.0 成蹊経済

これはネット上で見つけた1980年の偏差値表なんですが、慶應の偏差値の低さにびっくりです。
早慶というより、完全にマーチ関関同立の一角という印象を受けます。
当時の慶應はどのような扱いだったのでしょうか?


http://www.geocities.jp/gakurekidata/hensa1980.html

<1980年駿台予備学校偏差値 1980年代々木ゼミナール>
63.2 早稲田政経(政治)  68.8 早稲田政経(政治)
60.1 早稲田法       64.6 早稲田政経(経済)
59.8 早稲田政経(経済)  64.4 早稲田法
58.3 中央...続きを読む

Aベストアンサー

1970年代に大学生やってたので、質問者さんの要請とはすこしずれるのですが、当時と今と若干感じは異なりますが、早慶はやはり私大の両雄という感じでしたよ。
あの頃と今の違いは
早稲田政経が私大トップ、東大文系の滑り止めはここが定石。
一般に 早稲田>慶応 だったが、これは早稲田が受験生も多くて人気!の面もある。慶応が偏差値的に低く感じられるのは、数学必修の学部が多くて、いわゆる私文洗顔者が敬遠していたのが大きいと思われます。反面、旧帝大の併願先、或いは国立理系の併願先にもなっていた。
経済は定評があるので、地方の旧帝や神戸、横国クラスだとどっちにしようか迷う感じでした。今は慶応選ぶ人が圧倒的でしょうからそういう意味では随分評価は上がったと思います。これは早慶ともに。
それと当時は偏差値がちょっと上下よりスクールカラー重視だったような気がします。いわゆる早稲田>明治>中央>法政のバンカラ系、慶応>上智>立教>青学>明学 のオシャレ系、ではっきり分かれていたと言うか。立教と明治を受けるなんて感じはなかったです。そういう意味でも早慶はそれぞれのラインのトップで、マーチとはやっぱり「名前では別格」でした。
実際は、早慶の下位学部よりマーチの上位学部を優先する人は結構いましたよ。そういう意味ではマーチの一角、云々は言えるかもしれません。今ほど大学名=ブランド 意識は強くなかったと言うことでしょう。

1970年代に大学生やってたので、質問者さんの要請とはすこしずれるのですが、当時と今と若干感じは異なりますが、早慶はやはり私大の両雄という感じでしたよ。
あの頃と今の違いは
早稲田政経が私大トップ、東大文系の滑り止めはここが定石。
一般に 早稲田>慶応 だったが、これは早稲田が受験生も多くて人気!の面もある。慶応が偏差値的に低く感じられるのは、数学必修の学部が多くて、いわゆる私文洗顔者が敬遠していたのが大きいと思われます。反面、旧帝大の併願先、或いは国立理系の併願先にもなって...続きを読む

Q神戸大が旧帝大並みに評価されている理由

予備校の広告などでも旧帝大と同列で扱われていることが多いと思います。
神戸大より少し難しい筑波大、ほぼ同等の学力の千葉大、横浜国大、広島大よりも先に名前が挙げられるのはどうしてなのでしょうか?
ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

神戸大の経営・経済・法学部は以下の理由で一橋とともに伝統があり格が高いです。東京の企業でも卒業生数のわりにはそれなりの勢力ですよ。難易度についても旧帝大と一橋と神戸大はセンター5教科7科目、2次3教科以上あり比較できますが、筑波大、千葉大、横浜国大、広島大は教科数が少ないので難易度は下がります。

明治時代から昭和初期にかけて財界に必要な学問研究と財界人養成のために官立商大、公立商大、官公私立高商が設立されました。
格の高さは、官立商大>公立商大>官立高商>公立高商>私立高商>私立専門部
現在でも旧商大・高商系の大学は文系財界人で一大勢力を持ち、偏差値に比して就職が強い傾向にあります。

旧官立商大:一橋大、神戸大(経営・経済・法学部)
旧公立商大:大阪市立大(商・経済・法学部)
旧官立高商:小樽商大、名古屋大(経済・法学部)、滋賀大(経済学部)、横国大(経営・経済学部)など
旧公立高商:横市大(経営科学系)、兵庫県大(経営・経済学部)
※現在の名称で表記

河合塾最新偏差値【センター5教科/2次3教科以上、国公立文系】
偏差値/大学学部名(センター得点率)※名大法は2次2教科
70.0/東大法(90.6) 東大経(90.0)
67.5/東大文(89.4) 京大経(88.0) 一橋法(87.4) 京大法(87.2) 京大文(85.6) 一橋経(84.8)
65.0/大阪法(85.8) 大阪文(84.0) 神戸法(84.0)
62.5/大阪経(84.7) 九州法(83.3) 神戸経(82.0) 東北法(81.3) 名大法(81.1) 九州文(80.4) 神戸文(80.4)
60.0/九州経(82.0) 名大経(81.1) 北大文(80.7) 名大文(80.0) 東北経(79.6) 東北文(78.9)
57.5/北大法(79.3) 北大経(78.0)

管理職数 東京海上+東京三菱(UFJ合併前2005)+東京系の商社(三菱三井)
慶應460
東大425
一橋339
早大287
京大134
神戸87
東北42
阪大40
名大40
九大38
同大28 阪市20 北大10 中央7 法政4 千葉2 筑波1

管理職数 日本生命+三井住友銀行+関西系の商社(住友+伊藤忠)
慶應197
東大157
京大131
早大130
神戸122
一橋118
阪大71
同大42
九大30
東北29
名大30
阪市25 中央15 北大12 法政2 千葉1 筑波0

神戸大の経営・経済・法学部は以下の理由で一橋とともに伝統があり格が高いです。東京の企業でも卒業生数のわりにはそれなりの勢力ですよ。難易度についても旧帝大と一橋と神戸大はセンター5教科7科目、2次3教科以上あり比較できますが、筑波大、千葉大、横浜国大、広島大は教科数が少ないので難易度は下がります。

明治時代から昭和初期にかけて財界に必要な学問研究と財界人養成のために官立商大、公立商大、官公私立高商が設立されました。
格の高さは、官立商大>公立商大>官立高商>公立高商>私立高商...続きを読む

Q名古屋大学と筑波大学のどちらがいいですか?(理系)

  私は将来、生物学の研究者になって、実験室で真剣に取り組む日々を送りたいと思っています。名古屋大学は理学部生命理学科、筑波大学は生物学類を志望しています。

  入試難易度ランキングや科研費などいろいろなランキングを見てみたけど、名大が筑波大の前に位置することは多いとはいえ、大した差でもなさそうです。。名大は旧帝大でノーベル賞受賞者も輩出しているが、筑波は有名な研究型大学だし、学園都市にあるというのがどうしても憧れてしまいます> <

  専門の勉強から考えると、名大はどうもコースとかに別れずに勉強していくみたいだけど、筑波大は2年次から5つのコースに分かれて勉強するので、興味のある分野について深く勉強できるようです。。
それで私はいったいどの大学がもっと自分に合うのか分からなくて混乱したので、ここでみなさんの意見を聞かせていただきたいと思いました。。

・教育、研究、教授、学生のレベルから評価すると、名大と筑波大はそれぞれどうでしょうか?

・バイトの見つけやすさ、買い物の便利さなどの生活面において、名大と筑波大はそれぞれどうでしょうか? 

・生物学だとアメリカのほうが進んでいるみたいだけど、ちょっと横柄な国だと感じているのであまり行きたくなく、今のところは修士、博士課程ともヨーロッパに行って勉強して、できれば将来ヨーロッパの研究所で研究したいと思っています。それなら大学に通っている間、交換留学などでヨーロッパの目当ての国に行って研究環境などを「下見」しておきたいと思いますが、だとしたら交換留学のプログラムが充実してる大学を選んだほうがいいかな?

・ちなみに、、、ヨーロッパで生物学の研究が進んでいる国や大学をご存知でしたら教えてください。。まだ大学院とかについては何も調べていないのですが、ドイツやイギリスに少し興味を持っています。。

質問多くて申し訳ありません。。(・。・;

どれか1つだけでもいいし、これとは別の総合的な意見とかでもいいので、名大と筑波大のどちらがいいか意見を教えてくださると嬉しいです> <
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

  私は将来、生物学の研究者になって、実験室で真剣に取り組む日々を送りたいと思っています。名古屋大学は理学部生命理学科、筑波大学は生物学類を志望しています。

  入試難易度ランキングや科研費などいろいろなランキングを見てみたけど、名大が筑波大の前に位置することは多いとはいえ、大した差でもなさそうです。。名大は旧帝大でノーベル賞受賞者も輩出しているが、筑波は有名な研究型大学だし、学園都市にあるというのがどうしても憧れてしまいます> <

  専門の勉強から考えると、名大はどう...続きを読む

Aベストアンサー

まず、生物学に限らず、理系の研究者(特に大学の専任教員)になるのは、きわめて厳しく狭い道ですので、能力面のみならず経済面でも問題ないかを確認してください。例えば、能力面では、(受験学力と研究能力が一致するわけではありませんが)、相談者が東海地区に住んでいるのでなければ、東大か京大かではなく、名大か筑波大と言っている時点で、疑問符がつきます。また、経済面では、例えば10年以上無給でも生活に困らないのでしょうか。

大学の研究レベルと研究者になれる大学のレベルとは全く別のものと考えるべきで、大学の研究レベル(専任教員の研究レベル)では名大と筑波大は甲乙付けがたく、その設立経緯から筑波大が優遇されていた面もあるかもしれません。しかし、研究者になろうとする者にとっては、旧帝国大学に進学するかその他の大学に進学するかには大差があると思います。東大・京大でなくとも旧帝国大学には地元のトップ層の学生が進学するのに対し、例えば筑波大には東大や一橋・東工大に進学できない者が進学するということで、例えば、卒業後に東大の大学院に進学した際に、旧帝大卒業生の場合は「変わり者」と言われる程度であるのに対し、その他の大学卒業生の場合には「学歴ロンダリング」とまで言われてしまいます。

名大は旧帝国大学で、東海地方では東大よりも評価されている(言い過ぎ)ので、研究者としての道も一般的なもの(ただし、大学院同期進学者の誰もが大学の専任教員になれないこともあるはずです)のですが、筑波大では研究者としての道は極めて狭く、研究者を目指したものの研究補助者(テクニシャン等)にもなれなかったというのが一般的のようです。それでも、どのような大学に進学しても、研究能力のある者が、寝食を忘れて研究に努め、幸運にも恵まれれば大成するはずと思いますし、研究能力があるかどうかは、実際に研究して努力してみなければ分かりませんので、他人の立場からは自分の進みたい道を進まれればよいというのが最も適切なアドバイスのように思います。

なお、相談者の方が誤解されている点が幾つかあるようですので、専門家ではありませんが指摘しておきたいと思います。また、相談者が女性の場合には、女性研究者の待遇などの問題もあり、『理系の女の生き方ガイド』(講談社ブルーバックス)など多くの書籍が出版されていますので、それらをまず読まれることをお勧めいたします。

・ 生物学の研究者は、実験室で実験を直接しているわけではない。研究者になるまでは、真剣に実験に取り組むのは当然で、実験をできなければ研究者にはなれないが、研究者になれば、研究補助者や学生にどのような実験をさせるかが仕事となります。研究の元となるアイデアを考えたり、研究班の実験結果を評価したり、研究班を組織・運営するというのが仕事で、「研究室で真剣に取り組む」というのとは違うようです。例えば、現在の山中伸弥・京大教授には研究室で自ら実験をされるというような時間はないはずです。

・ 学部レベルでの専攻が大学院レベル以降の研究分野を決定するわけではない。理系の研究者になる場合、修士(博士課程前期)以降に何を専攻するかがで研究分野が決まるので、学部レベルまでは大学院の専攻分野と近接する分野を専攻していれば十分のようです。例えば、福岡伸一・青学大教授は、分子生物学の研究者として著名ですが、大学(大学院も)の専攻は農学部の食品工学なので、工学部・工学研究科で理学部の研究をしたという感じだと思います。

・ つくば市は、学生にとって研究学園都市ではない。つくば市やその周辺に住んでいる研究者にとっては、娯楽も少ない(今はかなりマシになったようですが)ので、関係研究機関が近接している学園都市は研究にとって好都合な面もありますが、大学生には、つくばは田舎で刺激が少なく、筑波大学は広すぎます。名大もかなり広いですが、筑波大では各学部が広く分散しており、自転車程度が移動手段である大学生が交流できるわけではありませんので、学生にとって総合大学としてのメリットは少ないと思います。いちど筑波大学に行かれればその大きさと人の少なさが実感できると思います。なお、筑波大の学生の場合には、アルバイト先はかなり少なく、家庭教師とか塾教師ではなく飲食店でバイトをしている学生がほとんどだと聞いたことがあります。

まず、生物学に限らず、理系の研究者(特に大学の専任教員)になるのは、きわめて厳しく狭い道ですので、能力面のみならず経済面でも問題ないかを確認してください。例えば、能力面では、(受験学力と研究能力が一致するわけではありませんが)、相談者が東海地区に住んでいるのでなければ、東大か京大かではなく、名大か筑波大と言っている時点で、疑問符がつきます。また、経済面では、例えば10年以上無給でも生活に困らないのでしょうか。

大学の研究レベルと研究者になれる大学のレベルとは全く別のものと考...続きを読む

Q筑波大学の評価は?

一浪理工系受験生です、将来は高等学校教師が希望です。
この時期で、旧帝大ガチ合格にちと届かず、筑波、広島、お茶、奈良女、千葉、神戸、横国の中から筑波大を第一志望に勉強しています。理由として、旧東京教育大(旧高師)の流れを汲む総合大学、国の研究学園都市構想の核で歴史的には旧帝ではないが研究費等の配分は旧帝並、つくばTXが開通して東京圏、、、等からです。

旧帝大でない一橋、東工(、お茶大):いずれも都内が旧帝大以上の評価を受けています。筑波大学は開設以来の評価や難易度の変遷、これからの評価はどのように予想されますか?

Aベストアンサー

 回答者の年代によって答えは変わってくるのですが、オジサンの
私から見ると、筑波は広島大や神戸大より上です。難関十国立大学
という予備校が作った10校には入っていませんが( 代わりに神戸が
入っている )、少なくとも関東での評価は横国や千葉大より上ですね。
実際、就職実績では筑波のほうが上回っているはずです。

 ただ将来、九州に帰るつもりなら、素直に広島大学でいいのでは
ないでしょうか? 旧 広島高等師範としての名声は、教育分野では
いまでも通用します。神戸は関西圏なら明らかに筑波より上ですが、
関東ではガクンと評価は落ちます。関西における横国の評価をイメ
ージするとわかりやすいでしょう。

 なお、都会( 新宿とか渋谷とか )への出やすさで比べれば、
横国と千葉も、そう筑波と変わりませんよ。横国に初めて行った
人は、山の上だと知ってビックリします。なにしろゴルフ場跡地に
作られましたからね。横浜のイメージで行くとガックリします。

 千葉大も東京の隣だと思っていると、意外に遠いので驚きます。
福岡から見た北九州とまでは言いませんが、西鉄を天神から大牟
田まで乗りとおすくらいのイメージですよ。

 回答者の年代によって答えは変わってくるのですが、オジサンの
私から見ると、筑波は広島大や神戸大より上です。難関十国立大学
という予備校が作った10校には入っていませんが( 代わりに神戸が
入っている )、少なくとも関東での評価は横国や千葉大より上ですね。
実際、就職実績では筑波のほうが上回っているはずです。

 ただ将来、九州に帰るつもりなら、素直に広島大学でいいのでは
ないでしょうか? 旧 広島高等師範としての名声は、教育分野では
いまでも通用します。神戸は関西圏なら明らか...続きを読む

Q偏差値50の大学(学部)について

ネット(主に2ちゃんねる)を見ていると、大学について非常に細かくランキングされています。
例えば日東駒専・産近甲龍の偏差値は50強ありますが、かなり低く評価されています。偏差値60強あるMARCH・関関同立さえ「国公立に入れなかったバカ」だというような意見すらあります。

偏差値がちょうど50の大学(学部)に入学しようとすれば、全受験生の上位半分に入らないといけないという事だと思います。大学進学率を50%として高校3年生全体でみれば、全体の上位1/4に入らないと偏差値が50の大学(学部)には合格しないと思います。

私からすれば、偏差値50の大学に入学できる学生=高校3年の学力上位1/4は、とても優秀な学生だと思います。しかし、ネットや世間の評価は私ほど甘くないと感じます。
私の大学に対する評価は甘口すぎるのでしょうか?それとも世間が辛口なのでしょうか?
また、そもそも 「進学率50%×偏差値50=上位1/4」という私の計算が間違っているのでしょうか?
意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

> 偏差値がちょうど50の大学(学部)に入学しようとすれば、全受験生の上位半分に入らないといけないという事だと思います。大学進学率を50%として高校3年生全体でみれば、全体の上位1/4に入らないと偏差値が50の大学(学部)には合格しないと思います。

いいえ。これが間違っています。
大学入試の得点で出した偏差値、というのは、日本には存在しません。この大学の偏差値というのは、その大学に合格した人が過去に各社で実施されている模試の受験者がとったその模試の偏差値のことです。
全国規模の総合模試以外の模試は、受験生が限られているので、当然ですが、その受験生の中だけで偏差値を出したら、東大合格者もマーチも同じような偏差値になってしまいます。全大学の偏差値(正しくは序列)を出せるのは、全国模試だけです。
で、きちんと受験者の合格・不合格を全国規模で追跡している模試は、日本には私の知っている限りでは3つしかありません。そのうちの1つは、来年は撤退すると宣言しています。

のこりの2つの全国模試は、受験生以外も受験していますから、ほぼ全国の高校生と考えていいと思いますよ。2つの模試とも、上位の高校、下位の高校はあまり受験していないのは確かなので、ある意味、ちょうどバランスは取れていると思います。

あなたが見ているネットは、この手の話を仕事にしている人はほとんどいないんじゃないかなぁ。特に、いろいろな会社の模試、いろいろな時期の模試の偏差値をそのまま見比べている人や、具体的な模試、回を書かずに平気に大学の偏差値を語っている人は信用に足りません。

あともうひとつ。
模試を仕事にしていると実感しますが、大学に行けない人の行けない理由は、今は学力がトップではありません。
もうここ10年くらいは、看護学校志望者の上位の人たちは、楽勝で慶応大クラスに受かる学力を持って競争をしています。彼ら彼女らは予備校にも通えないし、進路指導の充実した私立進学高やトップ公立高にもいないので、学校で参加した模試などがすべてで、自分の学力を把握しています。自分流で際限なく勉強しているんです。大学受験の技法を教わっていないのと、難関模試や大学ごとの模試を受験する機会がないので、表に出てこないんです。

国立大に行ける人は高校生の1割いません。多くは私立大に進学します。今の日本の家庭の平均年収は400万円くらいですが、この中には、超お金持ちが含まれていて、最多収入帯は300万円前後です。
私立大の受験料、入学金、学費を、もし仮にただにして、教科書も義務教育のように無償化したら、今の偏差値50くらいの大学に受かっている学生はひとりも受からないと思いますよ。
ちなみに、アジアの多くの国の高校生の大学進学率って日本より上なんです。8割を超えている国もあります。ご質問者さんの書かれている通り、高校生をホントに学力で選別して50パーセントしか大学生になれないのなら、下位の大学で中退率3割以上なんて悲惨な状況にはなっていないと思います。一応付け加えておくと、中退理由の上位に金銭もありますが、トップは成績不振です。

日本の大学は、受験で貧乏人を選別して、入学後に学力で選別する制度になっています。

> 偏差値がちょうど50の大学(学部)に入学しようとすれば、全受験生の上位半分に入らないといけないという事だと思います。大学進学率を50%として高校3年生全体でみれば、全体の上位1/4に入らないと偏差値が50の大学(学部)には合格しないと思います。

いいえ。これが間違っています。
大学入試の得点で出した偏差値、というのは、日本には存在しません。この大学の偏差値というのは、その大学に合格した人が過去に各社で実施されている模試の受験者がとったその模試の偏差値のことです。
全国規模の総合模...続きを読む

Q”難関大学”の定義は?

難関大学とは、どのくらいのレベルの大学のことですか?
国立では東大京大はもちろんですが、他にも阪大や東北大や北大、名古屋、

私立なら、早稲田慶応上智や、明治、同志社、関学云々とありますよね。

しかし、国立のほうが、日本の場合良いのに国立よりこういった私大はどういう点で難関ということですか?
私立の倍率を見ると3倍というのもありますが、国立はそれほど高くないということでしょうか。

私立の中には、得点率が65~くらいで合格圏というのがあり、で「難関大学」というわりには、本当にそうなのか疑うような学部もありますよね。

いろいろ教えていただけますか。

Aベストアンサー

私もよく疑問に思います。私の通っていた予備校では、早慶上智は最難関大、マーチは難関、日東駒専は中堅、といった表での分け方がされていたと思います。

でも、慶應は一学年6600人ほどですし、早稲田は10000人くらいの学生が一学年にいると聞きます。それだけの人数がいても世間一般では難関という認識です。

ですから、受験生全体を相対的に見たときの分け方、ということもあるのではないかと思いました。平均、基準が偏差値50なわけですから、そこから考えると、難関、中堅、と分けられるということです。偏差値の高い大学はやはり基本的に学力の高い学生しか受からないようになっていますよね。

また、人それぞれな部分もありますよね。偏差値が50くらいの人であれば、マーチは難関ですし、70(模試にもよりますが)くらいの人から見れば、早慶の入試問題もそれほど難しいとは思わないかもしれません。また45くらいの人から見れば、日東駒専は難関と思えるのではないでしょうか。それは一般的な難関の認識とは違うのですけど。

私のイメージでは、東大→京大→東工大→一橋、早慶→阪大北大名大東北大、上智→ICU→MARCHまでと、筑波や横国やお茶女、都立大、学芸大あたりの首都圏の国公立と医学部は別格ですけど難関だと。でも基本的に偏差値60を超えていれば頭が良いというイメージはあります。成蹊大や本女、津田塾などです。

社長に日大卒が多いことも疑問に思いますが、私個人の見解としては、日大は人数がとにかく多いのと、会社の規模などを考慮に入れていない調査結果である、というものですが。大企業の社長はやはり有名大卒が圧倒的に多いですよね?

>しかし、国立のほうが、日本の場合良いのに国立よりこういった私大はどういう点で難関ということですか?

何がよいのでしょうか?「私大はどういう点で~」というのは偏差値だと思います。

>私立の倍率を見ると3倍というのもありますが、国立はそれほど高くないということでしょうか。

国立のことはあまり分かりませんがセンターもあるしいくつも受けられないからではないでしょうか。倍率は関係ないですよ。

>私立の中には、得点率が65~くらいで合格圏というのがあり

偏差値の高い大学は問題の難易度も高いですから関係ないです。

>「難関大学」というわりには、本当にそうなのか疑うような学部もありますよね。

上智の神学部とかは結構極端だった気もします。大学自体は難関でなくても医学部はたいてい難しいですし。でもそこまではっきり分かれているわけでもないですし学部の偏差値って予備校によって数字が違ったりしますので大学単位で考えればいいと思います。

私もよく疑問に思います。私の通っていた予備校では、早慶上智は最難関大、マーチは難関、日東駒専は中堅、といった表での分け方がされていたと思います。

でも、慶應は一学年6600人ほどですし、早稲田は10000人くらいの学生が一学年にいると聞きます。それだけの人数がいても世間一般では難関という認識です。

ですから、受験生全体を相対的に見たときの分け方、ということもあるのではないかと思いました。平均、基準が偏差値50なわけですから、そこから考えると、難関、中堅、と分けられるということです...続きを読む


人気Q&Aランキング