『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

 外国銀行で東京に支店がある銀行に口座を開設し(海外に本店のある銀行の東京支店で口座を開く)、円以外(特にドルを希望してます)で預金したいのですがお薦めの銀行をお教え下さい。S&P、ムーディーズのHPを見たのですが外国の銀行格付けページは英語で、わたしにはわかりませんでした(T_T)。

 アメリカの銀行で東京に支店があり、個人口座開設のできる格付けの高い銀行を希望しています。

 日本におけるシティーバンクは日本法人として、日本の法律下にあり、預金封鎖等の事象が発生した時は当該範囲内に入ると考えてますので、考察対象外と考えています。この判断(日本の法律下)は適切でしょうか。

 因みに、私は日本人・日本居住者です(非居住者ではありません)。

 また、日本語しかわからない私でも外国銀行の格付け等がわかるHPがありましたらお教えください。よろしくお願いします。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

下記のホームページ見てください。


また「シニア@毎日」でgoogleなどで検索すれば、外国銀行であることが述べられています。
直接、シティバンクに電話するのが一番。

参考URL:http://www.citibank.co.jp/pr/index.html
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お世話になり、ありがとうございます。

日本法人でないことわかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2002/09/18 07:30

1.シティーバンクは、日本法人ではありません。


 同社関連の信託銀行等は、株式会社として日本法人ですが。間違ってます。
2.英語で打ち出して、少しでも分かる人に見てもらうことです。
 日本語のものはムリです。

この回答への補足

 アドバイスありがとうございます。

>1.シティーバンクは、日本法人ではありません。
 
 次の質問におけるNo.4の方の回答を見たもので・・・
 間違いですか・・・
 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=188581

補足日時:2002/09/14 13:59
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外銀行の口座のお金を日本で引き出したい

海外の銀行(Bank of America)の口座を持っているのですが、今後数年間は米国に行けそうにないため、日本でその口座のお金を引き出したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

今までに試みた事を挙げます。

1.UFJ銀行にあったATMからBank of Americaのキャッシュカードを使って引き出そうとしたが何やらメッセージが出て駄目だった。
2.郵便局のATMでも引き出そうとしたが駄目だった。
3.Bank of AmericaのHPでオンラインサービスのアカウントを作成し、日本にある口座(UFJ銀行)へ送金を試みたが、送金先は米国内の銀行のみらしく、UFJの米国支店のみしか駄目だった。
4.Bank of AmericaのHPでChecking Accountを作ろうとした。(現在の口座はSaving Accountなので、Checking Accountなら日本のATMで引き出せるかもしれないと考えたため)しかし、Social Security Numberを入力する必要があるため駄目だった。(Social Security Numberは持っていない)

他に良い方法があれば教えてください。

海外の銀行(Bank of America)の口座を持っているのですが、今後数年間は米国に行けそうにないため、日本でその口座のお金を引き出したいのですが、どうすれば良いのでしょうか?

今までに試みた事を挙げます。

1.UFJ銀行にあったATMからBank of Americaのキャッシュカードを使って引き出そうとしたが何やらメッセージが出て駄目だった。
2.郵便局のATMでも引き出そうとしたが駄目だった。
3.Bank of AmericaのHPでオンラインサービスのアカウントを作成し、日本にある口座(UFJ銀行)へ送金を試み...続きを読む

Aベストアンサー

 残念ながら、Saving Account の預金を日本で引き出すことはできません。
ご想像通り、Checking Account なら可能です。ただし邦銀のATMでは
下ろせず、郵便局のATM、シティバンクなど外銀のATM、およびクレ
ジットカード会社のキャッシング機でのみ引き出しが可能です。

 なお、東京スター銀行が日本の銀行では始めてシーラスに加盟したそう
なので、もしかしたら同行のATMなら下ろせるかもしれません。

 ただ、ちょっと不思議なのですが、よくSSNなしで、Saving Account
が作れましたね。普通は Checking Account しか開設できないはずですが。
もしやものすごく前に作ったとか? 少なくとも私が Checking Account を
開設した 1998 年には、必ずSSNが必要でした。

 あとは、誰か信用できる人が米国に行くときに、PINを教えて引き
出してもらうことでしょうか。ただし、一定の残高がないと、口座維持
手数料を取られてしまうのはご存知ですよね? 残高が足りなくなると
口座が凍結され、なにかとメンドウなことになりますよ。

 残念ながら、Saving Account の預金を日本で引き出すことはできません。
ご想像通り、Checking Account なら可能です。ただし邦銀のATMでは
下ろせず、郵便局のATM、シティバンクなど外銀のATM、およびクレ
ジットカード会社のキャッシング機でのみ引き出しが可能です。

 なお、東京スター銀行が日本の銀行では始めてシーラスに加盟したそう
なので、もしかしたら同行のATMなら下ろせるかもしれません。

 ただ、ちょっと不思議なのですが、よくSSNなしで、Saving Account
が作れま...続きを読む

Q海外に住んでいても開設できる日本の銀行口座

海外に住んでいても開設できる日本の銀行口座

現在アメリカに滞在し、日本の市役所には海外転出届を提出しています。
日本の銀行に自分名義の口座を開きたいのですが可能でしょうか?

調べた所、オンライン等で開ける口座は結構あるのですが、
口座開設には日本に居住していることが条件となっている所しか見つかりませんでした。
また、同じ名字宛ての公共料金等の請求書や住民票など、
自分の住所を証明する書類が必要とされています。

訳があり家族名義や家族の書類等を提出せずに自分で口座を開きたいのです。
当面すぐに帰国予定も無く、口座はすぐに必要なので困っています。

また、過去に持っていた日本の銀行口座があるのですが、数年使っていません。
日本で開いた口座を全く使用していないとどの位で使用できなくなりますか?

ご存知の方、教えて頂けますと助かります。

Aベストアンサー

嘗て日本では大金持ちが所得を隠したいという要求があり、銀行は預金残高を増やしてくれるという思惑から銀行口座を十分な本人確認なしに開設できた時代があり、1人が1行で複数名義を持てました。
そのせいで脱税や犯罪に使われることが多発、また特にアメリカから「改善しろ!」と圧力もありました。
嘗ての日本のように本人確認をしないで銀行口座が開設できてしまうと、マネーロンダリングなどの国際犯罪やテロ国家支援のレッテルを貼られ、国際社会から強く非難されていました。

そこで、日本も「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」を批准する為に、平成15年に”必ず最初に本人確認をする”という法律が制定されました。
平成20年に改正されて現在の法律になっています。
この法律によって銀行口座開設時に本人確認をしないと銀行が罰せられるようになりました。
従って、非居住者の本人確認が難しいので、非居住者の銀行口座開設は難しくなっています。
銀行側から言えば、マネーロンダリングなどに悪用されるリスクが多すぎて割が合わないからです。

また、「租税条約」とかいう日本と相手国との国際取引上のことで、二国間の税金に関する約束事です。
これに銀行はあまり良い気分をしたがらないのです。
源泉地国(ここでは日本)の所得は、居住地国(あなたの場合はアメリカ)で課税対象になりますから、日本の課税を確定申告で控除しないと二重課税になる場合があります。(分りやすいように簡単に言いまわしています)
従って、日本の銀行では税金徴収が減り、支払い猶予時の保留量が減り増すから。

よって、本人が帰国するしか本人名義の銀行口座を開設することができません。
しか~し、私は2つ考えました。
彼方が過去に持っていた日本の銀行口座が復活できないのであれば、私の案を読んでください。

私は非居住者で無いので試せませんが、もし私が非居住者であったらやってみようと思っていました。
これは単なる妙案です。
正しい回答ではないですから、先ずこのことを頭に入れて置いて下さい。

1つ目の案:
彼方の近くに日本の銀行の海外支店はありますか?
海外主要都市の大手銀行がいいでしょう。
先ずそこで相談します。
その海外支店の顧客になって、日本の支店に口座開設できるかどうか
本人確認の件で進まないなら、日本大使館にも相談すると良いかもしれません。
もしかしたら、本人確認の書類を作成してくれるかもしれません。
それを持って海外支店経由で、日本の支店で開設できるかどうかです。
(本当に相談されるなら、その相談内容や回答を教えて頂けませんか?)

2つ目の案:
彼方は日本国籍でしょうか?
海外転出届を出しているのだから日本国籍なのですが、もし日本国籍から外国国籍へ移籍しているのなら、次のができのうです。
日本に居ながら海外銀行口座開設ができるこのと逆ができそうです。
もし結婚して国籍が変わったのであれば、日本支店のある外国銀行にそのサービスがあれば可能と言えます。
ごめんなさい、私はアメリカの銀行にそのようなサービスがあるか知りませんので、必ず確認してください。



>日本で開いた口座を全く使用していないとどの位で使用できなくなりますか?
という質問ですが、日本の銀行の場合、長く使用していない口座は停止口座になることが多いようです。
強制解約にはならないと思います。
データはバックアップされ、直ぐには出てこないらしいです。
外国銀行では1年以上入出金していないと口座管理手数料を徴収されるところもあります。
その点、日本は基本無料です。
一度、過去に取引していた銀行に相談の上、小額の電信送金をしてみては如何でしょうか?
受取人(ここでは彼方)が受取れないで、組み戻されるケースもあるかもしれません。



変な回答になってしまって、すみません。

嘗て日本では大金持ちが所得を隠したいという要求があり、銀行は預金残高を増やしてくれるという思惑から銀行口座を十分な本人確認なしに開設できた時代があり、1人が1行で複数名義を持てました。
そのせいで脱税や犯罪に使われることが多発、また特にアメリカから「改善しろ!」と圧力もありました。
嘗ての日本のように本人確認をしないで銀行口座が開設できてしまうと、マネーロンダリングなどの国際犯罪やテロ国家支援のレッテルを貼られ、国際社会から強く非難されていました。

そこで、日本も「国際的な...続きを読む

Q外貨で入出金できる銀行

 現在、外貨で預金できる銀行は数多くあります。しかし、外貨口座の外貨をそのまま入出金できる銀行には、どこがあるでしょうか。つまり、両替を介さずに入出金したいのです。なお、ATMで入出金する必要はありません。支店窓口での対応で十分です。

 シティバンクでは、それが可能なことは知っていますが、それ以外の銀行ではどうでしょうか。

Aベストアンサー

 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。

 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料(外貨現金取扱手数料などと呼ばれる)を徴収します。「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き出そう」などとすると、入金・出金の双方で外貨現金取扱手数料を差し引かれて損をします。(そのまま現金で持っていた方が有利)
 外貨現金取扱手数料については、他の為替用語と併せ回答の最後に補足説明しております。(既にご存じでしたら読み飛ばして下さって結構です)

 外貨現金での入出金ができる銀行で、私がこれまでに確認しているものは以下の通りです。分かっている範囲で取扱通貨種と外貨現金取扱手数料についても記しています。外貨現金取扱手数料は特記のない限り1通貨単位あたりの額です。また銀行によっては最低手数料額の設定があり、その場合当然ながら少額で出し入れすると不利になります。

【外貨現金での入出金ができる銀行】
・みずほ銀行[1] 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、ニュージーランドドル(以下NZドル)、スイスフラン 全通貨とも預入時1回500円 払出時1回1,000円
・三菱東京UFJ銀行[2] 米ドル預入2円/払出1円80銭 ユーロ2円50銭 英ポンド8円 豪ドル7円70銭 NZドル6円70銭 スイスフラン4円 その他にも扱い通貨あり
・三井住友銀行[3] 米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフラン 手数料は[3]参照 1万米ドル以上の残高があれば米ドル現金に関してのみ手数料免除
・シティバンク銀行[4] 現金は米ドルのみ可で1米ドルあたり2円 トラベラーズチェックでならユーロ、英ポンド、豪ドルも可
・りそな銀行[5] 米ドルの場合1米ドルあたり2円 最低1,500円
・北海道銀行[6] 米ドルのみ可 1米ドルあたり2円 最低1,500円
・七十七銀行[7] 可能だが対象通貨と手数料についてWeb上に詳細情報なし
・八十二銀行[8] 米ドル2円 ユーロ6円 英ポンド9円 豪ドル10円 香港ドル2円 NZドル7円
・千葉銀行[9] 米ドル1円50銭、ユーロ2円50銭 最低1,500円
・京葉銀行[10] 米ドル、ユーロ、豪ドル 暦年の1回目無料 2,3回目優遇
・八千代銀行[11] 米ドル2円 ユーロ6円50銭 豪ドル8円
・横浜銀行[12] 米ドル2円 ユーロ2円50銭 英ポンド12円 豪ドル11円 NZドル10円55銭 スイスフラン払出4円90銭/預入3円90銭 最低2,500円
・スルガ銀行[13] 可能だが対象通貨と手数料についてWeb上に情報なし
・静岡銀行[14] 米ドル1円50銭 ユーロ6円 豪ドル8円 NZドル8円
・滋賀銀行[15] 米ドル3円 ユーロ5円 豪ドル9円70銭 最低1,500円
・南都銀行[16] 米ドル預入1円/払出2円 ユーロ預入3円/払出6円 豪ドル預入5円/払出10円 カナダドル預入4円50銭/払出9円 いずれも最低1,500円
・北陸銀行[17] 米ドル2円 ユーロ6円 豪ドル8円 最低2,500円 トラベラーズチェックは無手数料
・広島銀行[18] 米ドル3 円 ユーロ7円50銭 英ポンド12円 豪ドル9円 NZドル10 円
・四国銀行[19] 米ドル1円 ユーロ4円50銭 豪ドル6円
・福岡銀行[20] 少なくとも米ドルは可
・南日本銀行[21] 米ドル 外貨額の1%
・沖縄銀行[22] 米ドルのみ可 1米ドルあたり2円 最低500円
・香港上海銀行[23] 支店窓口ででなく現地ATMで引き出す方式(無手数料)*1 対象通貨は米ドル、ユーロほか全22通貨と抜きん出て多い 1千万円以上の口座残高が必要 預入時は要手数料(例えば英ポンドの場合4円)

 手数料の設定は銀行によりさまざまですが全般には高めです。上記の中で広島銀行の米ドルなどは特に不利な例で、日本円を米ドル外貨預金にする際に公示仲値に対し為替手数料が1円加算され、その預金を米ドル現金で出金するのに3円が必要で、合計4円の手数料を支払うことになります。しかし適宜の銀行(広島銀行含む)で即時両替した際のレートは公示仲値+3円なので、外貨預金を経由すると損です。他の銀行や通貨についても、即時両替と同等か割高になるケースが大半です。
 そのような中、活用価値があると考える銀行は以下の通りです。
(1)みずほ銀行
 外貨現金取扱手数料を「預入時1回500円 払出時1回1,000円」と独自の設定にしています。一度にまとまった額で出し入れすることを前提として、他行で外貨現金取扱手数料の高い通貨(英ポンド、豪ドル、NZドル)では活用価値大です。
(2)三井住友銀行
 米ドルの場合に有利です。口座残高が1万米ドル以上あれば、米ドル現金を無手数料で出し入れできます。米ドル以外の通貨では利点はありません。
(3)シティバンク銀行
 トラベラーズチェックで出し入れする場合に有利です。米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドルならトラベラーズチェック発行手数料を含めて無手数料で出し入れできます。支店が少ない上に偏在していること、口座残高が一定基準を割ると口座維持手数料を徴収されるのが難点です。
 米ドルの外貨現金取扱手数料(2円)は口座残高が1千万円以上あれば免除されますが、それなら1万米ドルの預金で足りる三井住友銀行の方が有利です。
(4)京葉銀行
 年に3回までの範囲で、ユーロまたは豪ドルを引き出す場合に有利です。1回目は外貨現金取扱手数料無料、2回目と3回目はユーロ75銭/豪ドル1円25銭です。米ドルは三井住友を利用した方がよいでしょう。支店が東京の1店を除き千葉県にしかないこと、外貨現金預入時には優遇がないことが難点です。
(5)香港上海銀行
 1千万円以上を口座に置いておくことが前提なので気軽には利用しにくいサービスですが、扱いの通貨種が多いことと、外貨現金取扱手数料が不要であることに惹かれます。

 なお参考までに、外貨現金での入出金ができないことを確認した銀行は以下の通りです。入出金ができる銀行/できない銀行のどちらにも名前が挙がっていない銀行は未調査です。
【外貨現金での入出金ができない銀行】
新生銀行[24] あおぞら銀行[25] ソニー銀行[26] イーバンク銀行[27] 住信SBIネット銀行[28] 東京スター銀行[29] 武蔵野銀行[30] 近畿大阪銀行[31]

参考ページ
[1] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/asset/gaika/manabu.html
[2] http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/index.html
[3] http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/list/futsu/index.html
[4] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/index.html
[5] http://www.resona-gr.co.jp/resonabank/kojin/service/huyasu/gaika/gaikahutsu/tyuui/index.html
[6] http://www.hokkaidobank.co.jp/foreign/foreign02.html
[7] http://www.77bank.co.jp/tameru/gaika/futsu.html
[8] http://www.82bank.co.jp/hp/menu000002500/hpg000002482.htm
[9] http://www.chibabank.co.jp/kojin/tameru/gaikafutuu_01.html
[10] http://www.keiyobank.co.jp/tameru/gaikahikidashi/index.html
[11] http://www.yachiyobank.co.jp/kojin/tameru/gaika/index.html
[12] http://www.boy.co.jp/kojin/tameru/gaika/index.html
[13] http://www.surugabank.co.jp/surugabank/kojin/service/fuyasu/gaika/lineup/futuu.html
[14] http://www.shizuokabank.co.jp/feeandinterest/fee/fe-007.jsp
[15] http://www.shigagin.com/personal/finance/gaika/pay.html
[16] http://www.nantobank.co.jp/syohin/gaika/gaika02.htm
[17] http://www.hokugin.co.jp/gaitame/gaika1.htm
[18] http://www.hirogin.co.jp/service/gai/gfy/index.html
[19] http://www.shikokubank.co.jp/shohin/yokin/gaika4.html
[20] http://www.fukuokabank.co.jp/fuku/kojin/gaikayokin/gochui.htm
[21] http://www.nangin.com/shisan/gaika/futuu.html
[22] http://www.okinawa-bank.co.jp/kojin/unyou/gaika/ryui.html
[23] https://www.hsbc.co.jp/1/2/promotion/22cards?WT.ac=TKY_PWS_Personal_S1_JP_22cards
[24] http://www.shinseibank.com/gaika/cam/
[25] http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/gaika/teiki/index.html
[26] http://moneykit.net/visitor/fx/fx01.html
[27] http://searchfaq.ebank.co.jp/je/faq.asp?fid=30158
[28] https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/gaika_futsu_gaiyo
[29] http://www.tokyostarbank.co.jp/starone/products/fx/flow.php
[30] http://www2.musashinobank.co.jp/invest/g_deposit/f_deposit.html
[31] http://www.kinkiosakabank.co.jp/kojin/fuyasu/gaika_info.html

【補足・為替用語】
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビで「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=89円80銭でした」などと報じられているレートは通常この銀行間レートです。また銀行間レートは世界の為替市場で連動しているため、日本と他の国とで懸け離れた値になることもありません。
・公示仲値(TTM) 銀行間レートは常時変動しているため、これを両替の基準レートとすると処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら、銀行間レートに代わる数字として「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートに用います。公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため若干のばらつきがありますが、差異はあっても0.1%かせいぜい0.2%です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに、銀行が外貨を売る(顧客が買う)取引きで適用されるレートです。外貨建てトラベラーズチェックの購入、外貨建て送金などで使われます。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に設定されます。
・外貨現金取扱手数料 外貨現金を扱うとその国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きには「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスクの埋め合わせをします(呼称は銀行により異なる)。TTSにさらに外貨現金取扱手数料を上乗せした数字が「外貨現金売レート」です。即時両替と、外貨預金の入出金とで外貨現金取扱手数料の額が異なる銀行もあります。

*1 シティバンク銀行や新生銀行が提供している、国外のATMで現地通貨を引き出せるサービスと似ているが、シティバンクや新生では「手数料を加えた換算額が、日本円普通預金口座から引き落とされる」のに対し、香港上海銀行は「外貨普通預金口座から直接引き落とされる」点で決定的に異なる。

 私は年間に10回ほど海外に出かけており、両替も含めて外貨の調達法には関心を持って調べています。

 外貨現金を外貨預金として預けたり、逆に外貨預金を外貨現金で払い出したりできる銀行は後述のようにそこそこの数存在します。ただし外貨現金で入出金できる銀行でも、そのほとんどは入出金に際して手数料(外貨現金取扱手数料などと呼ばれる)を徴収します。「円高の時に外貨預金をしておいて、後で現金で引き出して使おう」ならまだよいのですが、「米ドル現金が余ったから、預けておいて次に使う時に引き...続きを読む

Q外国銀行の海外口座開設の可否

1 日本に住んでいて 外国銀行の海外口座に外国通貨で預金できますか。
 (日本経済の破綻に備えるなどにより)
2 もし可能であれば どんな銀行がありますか。
  そして どんな注意が必要ですか。
  英語力の弱い金融素人は手を出さない方が良いでしょうか。
3 外国銀行の格付けは どうすれば調べられますか。

 金融素人です。どなたかお教えください。お願いします。

Aベストアンサー

1.外国人でも比較的簡単に解説可能な国(香港とか)やその国のIDがなければ開設が難しい国(合衆国とか)いろいろです。また金額によっても違います。
また預金保護という観点から言えば、日本国外に開設する場合、すべて自己責任になりますからリスクは高くなるだけでメリットはないと思います。

2.これはさまざまな銀行がありますからWebで調べてください。口座の種類はえてして日本より多いですし、口座維持手数料がかかります。また預金残高によって金利が変わりますので自分が求めているセクターを正確に理解したうえで、銀行、口座の選択を行ったほうがいいでしょう。
語学力はネイティブ並を要求します。自分の大事な財産を預けて運用するわけですから当然です。
語学力の低下に比例してリスクが高まると思ってください。ジェスチャーでどうにかなどとは思わないでください。パック旅行とは違います。
ですが日本人は大卒者なら10年英語は勉強しているわけで、通常の金融取引程度なら不自由なくできて当たり前です。むしろ経済学を少し勉強しておいたほうがいいのではないでしょうか?
どちらにしましても運用する金額、目的によって変わってくると思いますが、疑問点を質問して解決できないとなると海外で運用するメリットうんぬん以前の問題のような気がします。

3.各銀行の企業案内に出てますがS&Pなどの一般欄でも閲覧することができます。

1.外国人でも比較的簡単に解説可能な国(香港とか)やその国のIDがなければ開設が難しい国(合衆国とか)いろいろです。また金額によっても違います。
また預金保護という観点から言えば、日本国外に開設する場合、すべて自己責任になりますからリスクは高くなるだけでメリットはないと思います。

2.これはさまざまな銀行がありますからWebで調べてください。口座の種類はえてして日本より多いですし、口座維持手数料がかかります。また預金残高によって金利が変わりますので自分が求めているセクターを正...続きを読む

Qスイス銀行に口座を作りたい?

スイス銀行等 国外の銀行に預金口座を作る事は

出来ますか?

Aベストアンサー

見出しはスイス銀行だが、質問は「スイス銀行等、国外の銀行」だから、答えは出来るできないで言葉に骨髄反射しなくても(^^)

出来ます。スイスの銀行なら直接口座開設は必要ないし(^^)向こうも歓迎しない。預金1-3億円ではお客でなくてもいいって言われかねない(実際言われるわけじゃないが)

一般にはスイスやルスセンブルクやリヒテンシュタインなどの銀行のパートナーシップである信託銀行のプライベートバンキング部門に口座持ちます。UBS、クレディスイス、ロスチャイルドなど名前はご存知でしょう。
UBSはスイスユニオン銀行といえなくもない(起源です)
http://ja.wikipedia.org/wiki/UBS

プライベートバンキングは富裕層向け資産運用部門で「個人金融資産1億円以上のあなたのための」シティバンク銀行のPB部門は至れり尽くせりの過剰サービスして(^^)日本の税務当局の怒り買い撤退しました。
日本の大和銀行も米国で大規模不正(11億ドル=1100億円以上)して「ルール守れないプレーヤーは退場」の市場原理で米国撤退した。(追い出されたわけですけど)
http://www.gyouseinews.com/storehouse/june2003/001.html
http://www.rondan.co.jp/html/home/onbsman/0011-1.html
http://accessjournal.jp/modules/weblog/index.php?user_id=0&cat_id=105

口座残高少ないと口座維持料取られます(^^)

見出しはスイス銀行だが、質問は「スイス銀行等、国外の銀行」だから、答えは出来るできないで言葉に骨髄反射しなくても(^^)

出来ます。スイスの銀行なら直接口座開設は必要ないし(^^)向こうも歓迎しない。預金1-3億円ではお客でなくてもいいって言われかねない(実際言われるわけじゃないが)

一般にはスイスやルスセンブルクやリヒテンシュタインなどの銀行のパートナーシップである信託銀行のプライベートバンキング部門に口座持ちます。UBS、クレディスイス、ロスチャイルドなど名前はご存知で...続きを読む

Q米国債の買い方を教えてください。

こんにちは。
私は、大切ですが使う予定のないお金が500万円あります。

米国債は年利5%って聞いたので、35年間(自分が定年になるまで)米国債で運用しようと考えています。

ところで、米国債ってどうやって買うのですか??
すいません。ろくに調べもしないで。

Aベストアンサー

参考URLは野村證券で扱っている外貨建て債券です。
買い方ですが、基本的には1000通貨単位での売買になります。
ここでは米国国債ゼロクーポン(2015/08/15満期、残存9年4カ月、単価65.36利回り4.58%)の例で見ます。
ゼロクーポン債とは、金利が0%の代わりに、単価が大幅にディスカウントされていて、満期には100で戻ってくる債券です。
単価が65.36であれば幾らで買えるか?
1000$x65.36x0.01=653.6$
つまり、653.6$ですので、為替レートを1$=116円と仮定すると・・・
653.6$x116円/$=75818円で買えます。
利付け債の場合も計算方法は同じですが、経過利子分の支払いも発生します。

外国債券を買うには口座管理料年間3150円(3年7560円)も合わせて必要です。
又、利付け債を買うならば、利息分を外貨建てMMFに振り込んでくれるような手続きも出来ます。

参考URL:http://www.nomura.co.jp/retail/bond/f_secondary/index.html

参考URLは野村證券で扱っている外貨建て債券です。
買い方ですが、基本的には1000通貨単位での売買になります。
ここでは米国国債ゼロクーポン(2015/08/15満期、残存9年4カ月、単価65.36利回り4.58%)の例で見ます。
ゼロクーポン債とは、金利が0%の代わりに、単価が大幅にディスカウントされていて、満期には100で戻ってくる債券です。
単価が65.36であれば幾らで買えるか?
1000$x65.36x0.01=653.6$
つまり、653.6$ですので、為替レートを1$=116円...続きを読む

Qアメリカから日本への送金

アメリカに在住です。
日本の家族にお金を送金したいのですが何か方法はありますでしょうか。
お金は米ドルです。

Aベストアンサー

送金される金額が分からないのですが、1回 $700 までなら郵便局(USPS) で International Money Order($3.45)を購入して、日本に郵送すれば安上がりかと思います。例えば$2,100を送金するなら3枚の Money Orderを一つの封筒に入れて EMSなどで郵送すれば銀行送金より安いと思います。

Money Orderには受け取り人が記入されていて、日本の家族が身分証明証をもって行けば日本の郵便局で日本円で受け取れます。

これを知る前にはトラベラーズ・チェック(AAAのメンバーだと手数料なし)に相手の名前を記して送り、日本の外貨を扱う銀行で入金してもらったことも有ります。 日本ではT/Cの為替手数料が一番低いと思います。

銀行送金は手数料が高いです。 他に Western Union も海外送金を取り扱っていますが、状況は分かりません。

参考URL:http://www.usps.com/money/sendingmoney/sendmoneyinternationally.htm

Q100万円以上の現金の持ち出し

海外に現金を持っていく際日本円で100万円以上は申告義務がありますよね。
でも、それ以上の現金を手荷物の中や洋服のポケットに入れた場合、
持ち物の検査のX線で判明するのでしょうか?
万一分かると没収ですか?

お札についてる金属マークで探知機に反応するのでしょうか?
海外に口座を開く際現金で入金にたいので、ご存知の方いらしたら教えて下さい。
また、申告する場合、どのような申告になるのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 米ドル札だと、お札に極細の金属線が混入されており、札束になると
金属探知機に反応します。日本の紙幣については公表されていませんが、
発見されてしまう可能性は高いと思います。

 海外への持ち出しですが、実は日本を出るときより、海外で入国する
ときのほうが危険です。ここで未申告がバレると、有無も言わずに没収
されて、取り戻せない可能性が高いのです。多額の現金を持ち歩くのは
麻薬取引など違法なマネーだというのが海外では常識だからです。

 もし米国の銀行に入金するのであれば、トラベラーズチェックを手数
料なしで受け付けてくれますよ。1000 ドル TC にすれば、100 万円でも
10 枚にしかな鳴らないので安心です。なお、TC であっても 100 万円を
超える場合は申告が必要なのでお気をつけください。

Qドルをそのまま預金したい。

ドルを結構持っていて、そのドルをどうするか迷っています。
できたら、ドルのまま預金して、ドルのまま引き出したいのですが、日本の銀行では、円→ドルの外貨預金はあっても、ドルそのままで預金ができません。
CITIBANKも、アメリカで引き出すなら可能ですが、日本在住ではできないようです。
どうしたらいいでしょうか?
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

有利と思われるやり方を2つ紹介しておきます。
1つはNo. 1でfromMtoMさんもご回答のシティバンク銀行ですが、米ドル現金扱い手数料は回避する方法があります。
【シティバンク】
(1)最初に米ドル現金を預ける際、6か月以上の定期預金にすると1ドル当たり2円の米ドル現金扱い手数料は免除されます(以前はもっと短期の定期預金でよかったのですが、今は6か月以上です)。満期を迎えた後は好きな方法で運用できます。
なお前々月の平均預金残高(円・外貨預金合計)が2,000万円相当以上あると、米ドル現金での預入れ・引出しとも無手数料でできます。
(2)引き出しは米ドルの現金でなくトラベラーズチェック(以下TC)で行う方法があります。口座があればTC発行手数料は不要なので、100ドル引き出せばそのまま100ドル分のTCが受け取れます[1]。使い残したTCは無手数料で再び外貨預金口座に戻せます。
(3)TCのほか外貨キャッシュカード[2]を作って引出す方法もあります。外貨キャッシュカードは通常のキャッシュカード(シティバンクでは「バンキングカード」*1)とは別もので、米ドル普通預金口座から直接米ドルを引き出すことができます。ただしアメリカでしか使えません。
(4)なおシティバンクには以下のデメリットもあります。
・支店が少ない上に偏在している。
・利率が全般に低い。(3月4日現在米ドル1年定期で年1.30%だが、他行では高いところで年2.4~2.5%くらいある。また米ドル普通預金の利率は年0.05%なので、普通預金ならわざわざ預ける意味はない)
・預金残高が一定額(*2)を下回ると、口座維持手数料(月2100円)がかかる。

もう一つは三井住友銀行を使う方法です。
【三井住友】
外貨預金口座に1万米ドル以上の残高があると、米ドル現金でも無手数料で出し入れできます[3]。最初の1万ドルは手数料(1ドルあたり2円)を払ってでも預けるか、別途外貨預金をするかになります。
利率は高いとまでは言えませんが、シティバンクよりはまともです。
最初の1万ドルの預金をひねり出せるなら、支店数がシティバンクより圧倒的に多い分三井住友が便利だと思います。

以下は「私ならこうする」という案です。運用予定期間も勘案して適宜工夫頂ければと思います。
・20万ドル超 シティバンク (最初は6か月定期、以降は現金でもTCでも出し入れ自在)
・20万ドル~2万ドルくらいまで 三井住友 (最初に1万ドルの預金をひねり出し、以降は現金で自由に出し入れ)
・2万ドル~2千ドル シティバンク (最初は6か月定期、その後の出し入れはTCで)
・2千ドル以下 預けずにそのまま持っておく (預けると手数料での目減りが大きい)

[1] citibankトラベラーズチェック http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html
[2] citibank外貨キャッシュカード http://www.citibank.co.jp/service/gcc/index.html
[3] 三井住友銀行 外貨普通預金 http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

*1 海外ATMを利用してバンキングカードで外貨を引出すと、所定のレートで計算された額が「日本円普通預金口座から」引き落とされます。外貨普通預金から直接引出すことはできません。
米ドルだけは米ドル普通預金から直接引き出せますが、上記のように専用のカードを別に作る必要があります。
*2 月間平均で外貨預金20万円相当額以上、または円預金と外貨預金合計で50万円相当額以上

参考URL:http://www.citibank.co.jp/service/citi_service/oversea02.html, http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

有利と思われるやり方を2つ紹介しておきます。
1つはNo. 1でfromMtoMさんもご回答のシティバンク銀行ですが、米ドル現金扱い手数料は回避する方法があります。
【シティバンク】
(1)最初に米ドル現金を預ける際、6か月以上の定期預金にすると1ドル当たり2円の米ドル現金扱い手数料は免除されます(以前はもっと短期の定期預金でよかったのですが、今は6か月以上です)。満期を迎えた後は好きな方法で運用できます。
なお前々月の平均預金残高(円・外貨預金合計)が2,000万円相当以上あると、米ドル現金での預入れ...続きを読む

Qアメリカで発行した小切手を日本で換金できるか?

アメリカから日本にお金を送金してもらいたいのですが、アメリカの銀行の小切手を送る事くらいしかやってもらえそうにありません。

アメリカの銀行の発行の小切手を、日本の銀行で換金することは可能でしょうか?

もし駄目であれば何かいい方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数料)や所要時間は、その銀行によって異なりますので必ずお確かめください。費用は送金されてくる資金から通常差し引きされます。
(アメリカの銀行が発行した小切手ならば、手数料は2~3千円、換金の所要期間は2週間程度でしょうか)
 しかし、ここで注意する点が2つあります。
 ひとつは、その小切手の額面金額が少額ならば手数料の方が多くかかってしまい、逆にアメリカの銀行から差額を請求されてしまうことです。この場合は、換金はあきらめるか、もしくは小切手を振出人へ郵送し、あらためて海外からあなたの日本の受け皿口座へ直接振り込んでもらうよう、振出人と交渉してみるのが得策でしょう。
 もうひとつの注意点は、その小切手が振り出されてからどれくらいの時間が経過しているか、です。銀行によって違いますが、一定期間経過していれば取立てができなくなる場合があります。(通常は6ヶ月程度です)
 スムーズに換金できればよろしいですね。

 一般的には、外貨建て小切手を日本国内の銀行でただちに日本円に換金することはできません。(トラベラーズチェックは別ですが)
 まずは、外国為替業務を取り扱っている最寄の銀行の本店もしくは支店に持ち込んでみることです。そうすれば、その小切手の支払銀行(つまりアメリカの銀行)宛に送ってくれて、やがて円に換金されてあなたの口座(その最寄の銀行で受け皿となる口座をあらかじめ開設しておく必要があります)に入金されます。これを「外貨小切手の取立」と言います。
 それにかかる費用(手数...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング