マンガでよめる痔のこと・薬のこと

自社所有の賃貸マンションがあり、老朽化にともない、
外壁の工事を行うことになりました。

問題になったのが大阪ガスのガス警報機で、1998年の
改修工事の時にサービスで全戸につけたものなのですが、
かなり旧型のものでもあり、室内の本体の他に玄関扉の
インターホン上部(共用部分側)に「室外ブザー」なるものが
ついているのです。

取り付けてから当初5年間は当方で料金を支払っていたのですが、
その後は個別更新という形になっています。
ですので、継続契約している方がいるとすれば、戸外ブザーは
10年前のものなので機器の保障期間も過ぎていますし、

もう関係ないものだと思っているのですが、取り払うことによって
部屋内の警報機にも弊害が出るでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

問題が出るかどうかは、ガス会社に確認してください。

警報端末だけであれば、はずしたところでべつに問題はないと思います。そもそもその経年だと、警報器としての寿命(信頼性や機器の動作など含め)は尽きてると思います。
    • good
    • 0

大家してます



>取り払うことによって部屋内の警報機にも弊害が出るでしょうか?

その前に個別契約なら大家に取り払う権利は無いでしょうね

本来その様な設備や費用は大家が負担すべき物でしょう
普通はガス会社が設置してくれますね(交渉次第)
この際ガス警報器などもやり直されては?

うちでは中古マンションを購入後、ただ鳴るだけだった火災報知器を電話回線で警備会社直通に直しました

月額の費用は必要ですが安全・安心です

安全・安心・快適...入居率UP...(笑)。

大家負担でも外壁の費用に比較すれば何でもない金額でしょう

うちも塗り替えるだけなのに250万円と言われて頭が痛いです
1月工事予定...。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション台所のガス警報器の新品への取り替えタイミング

マンションの各戸の台所に設置されているガス警報器が有効期限5年を既に1年超えていることが判明し、理事会で全戸のガス警報器を新品と取り換えることを決定しました。
  参考:機種は<SH13933 パナソニック ガス当番 都市ガス(天然ガス)用>
ところが消防定年退職された方が「新品と交換ではなく定期的に機能検査して故障が判明すれば取り替える方法でよい。このマンションはSRC12階建て80戸で法的には本来ガス警報器は要求されていない。たまたま建設時に火災報知器とセットになっている製品なので取り付けられたもの。5年後に予定された大規模修繕で積立金が赤字になるので少しでも無駄は避けた方がいい」との意見を出され、対応に紛糾しています。またガス警報器に表示されている「有効期限は取り付け後5年間」の意味も解釈がいくつかあります。有効に機能する単なる使用者の管理上の目安情報なのか、メーカーの保証(それ以内に故障したら無償で取り替える)の期限なのかということです。また火災報知器は半年毎に機能検査を全数やっていますが、ガス報知器はやっていません。有効期限以内でも定期的にやらなければならないものなのかという疑問もあります。通常、同類マンションでは常識的にどんな管理が行われているのでしょうか。アドバイス宜しくお願い致します。

マンションの各戸の台所に設置されているガス警報器が有効期限5年を既に1年超えていることが判明し、理事会で全戸のガス警報器を新品と取り換えることを決定しました。
  参考:機種は<SH13933 パナソニック ガス当番 都市ガス(天然ガス)用>
ところが消防定年退職された方が「新品と交換ではなく定期的に機能検査して故障が判明すれば取り替える方法でよい。このマンションはSRC12階建て80戸で法的には本来ガス警報器は要求されていない。たまたま建設時に火災報知器とセットになっている製品なの...続きを読む

Aベストアンサー

#7です。お礼ありがとうございます。以下補足です。

>ただある住戸1軒で今回有効期限から1.5年過ぎており、トラブルないか尋ねると最近、ガスコンロでの煮炊きでガス漏れ警報器が鳴りやすく困るというものがありました。

取り付けから6年半ですか・・
まあ、ありえますがとても早いですね。でも全体の中の1戸だけということなら、まあそれぐらいのでしょう。

>どうも油煙などでセンサーが汚れると逆に反応が悪くなるのではという気がするのですが。また誤動作ですが、敏感になり過ぎる以外に<反応が鈍くなる>とか<まったく反応しなくなる>とか<鳴りっぱなしなる>とかはないのでしょうか。

普通はそう考えるのですが、センサーの仕組み上、敏感にしかなりません。反応が悪くなるのはセンサーそのものが故障している場合だけで、反応が悪いというよりまったく反応しないでしょう。

 このセンサーの仕組みを極簡単に説明すると、たとえば穴のいっぱい開いた通路を考えてください,人間が落ちてしまうほどの穴がいっぱい開いているのです。通常は通路を通ることが出来ません。つまり、通路を通れないのでセンサーの信号はONにならないわけです。
ガスが充満すると、この穴をふさぎます。十分に渡れる程度まで穴をふさげば、橋を渡ってスイッチがONになります。
経年劣化するというのは、この穴が脂分などでふさがれていく、ということです。ですからちょっとの量のガスでもONになりやすくなりますし、穴が多くふさがれば反応しっぱなしになります。
ですので、敏感になることはあっても鈍感になることはまずないのです。これはガスセンサーだけの話しです。

>ところでガス漏れ警報器には自らのトラブルを自己検知してランプが赤になりっぱなしとか点滅するとかの機能は搭載されていないのでしょうか。

センサー側の電源が入らないときは緑のランプが点灯しません。それをチェックして警報音を鳴らすインターホン親機などがあります。それ以外のトラブル検知はありません。
取説:http://dolphin.va.panasonic.co.jp/ideacontout/2012/06/02/2012060200080065.PDF
(パナソニックのものですが、写真の製品です。OEMなので各社から発売されていますが、同じものです)

>また専門業者のチェックでお椀状の容器をかぶせて煙チェックしていますが、あれで普通反応、過剰反応、鈍感反応、反応なしが判断できるのでしょうか。
それがうちの本職ですが、煙でチェックする煙感知器・熱でチェックする熱感知器・ガスでチェックするガス感知器などがあります。
 ただ、点検でチェックできるのは「正常に作動しているかどうか」だけです。煙に関しては「感度測定」もありますが、お椀型の容器ではできません。

皆さん誤解しているのですが、専門業者の点検は「正常に作動するか」だけしか見れません。特に「誤作動」は一般的には「火事でもないのに反応すること」とされますが、専門家としては「センサーを動かす何かがあれば、作動は正常」なのです。たとえば暖房機をつけて感知器が反応したり、バルサンを焚いて反応するのは専門家としては「誤作動」とはいいません。感知器を作動させる原因があり「感知器としては、正しく反応して作動」しているからです。
何がいいたいかというと「誤作動とか故障するかどうかを、点検で見つけることは殆ど不可能」ということです。


>また専門業者のチェックは6か月毎ですが、5年未満でこの6か月の間に故障するとかあるのでしょうか?
ありえますが、そもそも火災関係の器具は信頼性が高いので、そう簡単には壊れません。特に熱感知器は、毎年何百棟の建物を点検し、何千個もの感知器を確認しますが、年間故障で交換するのは10個未満です。
ただし、ガス検知器はセンサーの特殊性から経年劣化で感度が上がりますので、10年程度で交換するものは多いです。

#7です。お礼ありがとうございます。以下補足です。

>ただある住戸1軒で今回有効期限から1.5年過ぎており、トラブルないか尋ねると最近、ガスコンロでの煮炊きでガス漏れ警報器が鳴りやすく困るというものがありました。

取り付けから6年半ですか・・
まあ、ありえますがとても早いですね。でも全体の中の1戸だけということなら、まあそれぐらいのでしょう。

>どうも油煙などでセンサーが汚れると逆に反応が悪くなるのではという気がするのですが。また誤動作ですが、敏感になり過ぎる以外に<反応が鈍く...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報