ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

私は現在27歳です。32歳の妻と0歳の子供がいます。

現在65歳払い済み500万円と15年払い100万円(子供の教育資金)の2つに加入しています。
保険屋に勧められて加入しましたが、私自身に運用の知識がなく、
特別勘定をどのような割り振りにすればいいかわかりません。
現在は保険屋の勧めるがままに、
株式35%
世界株式30%
債権15%
世界債権20%
となっています。

これで大丈夫でしょうか?
皆様はどのように割り振っておられて、何%ぐらい実績があるのか教えていただけませんか?
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

元生保です。



変額保険は「死亡保障付の投資信託」と考えて差し支えありません。
ただし、実際の投資信託などよりもはリスクが少ない、というものです。

ソニーなどの場合でも、どこかの運用会社に、お客さんからあずかった保険料の一部をあずけ運用させるわけです。それで儲かった部分が、満期時にちょっと上乗せしてもらえるわけです。

運用は基本的に、株式はリスクが大きいかわりリターンも大きく、国債はリスクが小さいかわりにリターンも少なくなります。

ですから、要は、あなたの変額保険に加入する目的しだいなんですね。
あなたが、運用にもっと力をいれたいと思うならば、株式の割合を多くすればいいし、運用も大事だけど、保障もね・・・という場合には国債の割合を多くすればいいわけです。

加入している方は、それぞれだと思います。
お金に余裕がある人だったら株式の割合を増やしているかもしれませんし、そうではないけど、ちょっとでも将来に備えてお金を準備したいと思っている人は堅実に国債の割合を増やしているかもしれません。

世界的には景気は決して悪くないと思います。10年くらいの保険だったら株式の割合を増やしてもいいかもしれません。
    • good
    • 0

過去の実績なら,ソニー生命のHPに出ていますし,保険加入され


た時に,ライフプランナーから資料をもらっているでしょうから,
それで過去の実績を確認してください。

また,質問者さんの提示された比率が大丈夫かどうかは,その人の
リスク許容度によるため,他人の目安はアテにしないでください。
他人が大丈夫と言っても,それを聞いた人が大丈夫と思うかどうか
は,その人次第なのですから。

私の変額終身(ソニー生命)は,目標利率が4.5%に設定されている
ため,それを上回らないことには,変額保険にした意味がない
(運用成果がリターンされることが私が変額終身保険にした理由)
設定保険金額より多く受け取れないため,ハイリスク(国内・海外
ともに債券はゼロ,海外株式型を主体)にしています。
世界的に,今年7月までは市場が好調だったため,予想以上の利回
りでしたが,サブプライム余波で,積み上げ分がマイナスになりま
した。
基本的に,長期で「下がればまた上がる」と思っているので,
特に比率を動かすことはしていません。

保険期間が長期になるので,その人なりの考え方で良いと思います。
その人のやり方次第で良いと思いますよ。

ただ,「日本株式型」は中期でもなかなか成績が振るわないですね。
ちょっと気になります。

参考URL:http://www.sonylife.co.jp/customer/operation/inf …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qソニー生命変額保険について

ソニー生命変額保険の積立金の引き出しについてお尋ねします。
内容をあまり理解していないまま加入して、サイトを読んで自分なりに整理できたのか,おそら出来ていないと思います。(担当者さんには、聞きずらく)

オプションAに加入しています。昨年加入したばかりですので、まだ、1度も引き出しをしたことがありません。引き出し方もわからないからです。
ときどき送られてくるはがきには,+3万の時もありましたが、次の月には-になるときも。

まだ、引き出したことがないのですが、今後の参考に。
サイトには、増えているときにむやみに引き出さないほうがいい場合も。なぜですか?

年2回までは、引き出し可能。+の時に2回まで、例えば何10万引き出したとしても、死亡保障は、変わらないのですよね。積立金の意味が分からないのでこんな言い方になってしまいますが、いつ -になるのか分からないようなら、毎年2回引き出したほうが良いですよね。すみません。いやしくて。

最後にもう1つ。今年も引き出さないまま終わろうとしています。年2回とは、契約日が基準ですか?
すみません。わからないのでよろしくお願いします。

ソニー生命変額保険の積立金の引き出しについてお尋ねします。
内容をあまり理解していないまま加入して、サイトを読んで自分なりに整理できたのか,おそら出来ていないと思います。(担当者さんには、聞きずらく)

オプションAに加入しています。昨年加入したばかりですので、まだ、1度も引き出しをしたことがありません。引き出し方もわからないからです。
ときどき送られてくるはがきには,+3万の時もありましたが、次の月には-になるときも。

まだ、引き出したことがないのですが、今後の参考に。
サイ...続きを読む

Aベストアンサー

素人の爺ですが、実際にソニー生命の「変額終身保険」や「変額年金」に私や家族が加入しています。

オプションAの場合予、定利率以上に運用が上手にいった場合、変動保険金が+になります。
+の場合年2回まで引き出せます。

(1)引き出す場合は「書類で行う」・・・数日必要 
 
「インターネットの手続きを行っている場合は」・・・瞬時に、1日単位で引き出せます。

変動保険金は「1日単位で変動」しますので変額保険には「インターネットの手続き」は必須です。
当然変動保険金が-の時は引き出せません。

(2)引き出しても死亡保証は変わりません。・・・そのとうりです。

(3)年2回とは?・・・基準は契約日(契約日から1年単位)です。

(4)むやみ引き出さないほうがいい?・・・これは考え方です。
私の場合目的は「無料で終身保険や年金保険」に加入することです。契約してから長いもので10年程度、経過しています。運用利率は結構、順調(波はあります)ですので、変動保険金は「保険料支払い金額」に対して一番よいもので35%程度、悪いもので15%程度です。
変動保険金が100%を超えれば、理論的には無料で終身保険や年金保険に加入できることになりますが、変動保険金は雑所得になりますので、引き出す金額を無税にするには年「20万以内」に抑えることが肝腎です。但し「生命保険控除の金額」は変動保険金の金額分へります。

変額終身保険は保険付きの「博打商品」ですどんなに失敗しても死亡保証は必ずありますので、「インターネット契約」を行い、思い切って運用してください。欧米ではこの手の保険商品は一般的な保険商品です。
運用上手の加入者がひとりでも多くなれば、ソニー生命の「特別勘定」の安定性が増します。

素人の爺ですが、実際にソニー生命の「変額終身保険」や「変額年金」に私や家族が加入しています。

オプションAの場合予、定利率以上に運用が上手にいった場合、変動保険金が+になります。
+の場合年2回まで引き出せます。

(1)引き出す場合は「書類で行う」・・・数日必要 
 
「インターネットの手続きを行っている場合は」・・・瞬時に、1日単位で引き出せます。

変動保険金は「1日単位で変動」しますので変額保険には「インターネットの手続き」は必須です。
当然変動保険金が-の時は引き出せません。...続きを読む

Q変額保険は解約したほうがいい?

4年前にSニー生命のFPの勧めで変額保険に3個はいりました。
そう当時の説明では長い期間みれば必ずプラスになるといってました。

主人が4月より転職し公立学校の教員になりましたので、これを機会に保険を見直そうと思い、
ネットで無料の保険相談(mもす保険)を受けました。
変額保険は現在ほとんど進めることがなく、満期時は元本割れがほとんだ。
その保険会社は会社のリスクがないので変額保険を進めるようにいわれている。
変額保険は解約したほうがいいといわれました。

実際のところどうなのでしょうか?

(1)変額保険 有期型 15年 保障金額100万円
(2)変額保険 終身型 70歳払い込み 満期金額1920万円
(3)変額保険 終身型 70歳払い込み 満期金額300万円
年齢は40歳 

Aベストアンサー

確かに高すぎます。
その金額を先ずためるとしてあなた方のライフプランはいい生活環境に変わると思いますが。
いかがでしょう。

私がサイトで調べるとデジタル生命保険会社?がありますが、教員専門のアドバイザーがいるそうです。

でも、そこも一応保険会社ですから気をつけて良く話を聞いてください。

Q変額保険・終身型の運用について

ソニー生命の変額保険(終身型)に入っています。払い込みはあと20年弱です。特別勘定の運用実績によって保険金額が変動するものです。運用対象は8つ。株式型(現在の保険料繰入比率10%)、日本成長株式型(5%)、世界コア株式型(10%)、世界株式型(15%)、債券型(48%)、世界債権型(12%)、総合型(0%)、短期金融市場型(0%)の繰入比率を1%単位で自由に選べます。また、年12回の範囲内において、いつでも特別勘定の資産を他の特別勘定へ移動させることができます。繰入比率や特別勘定を変えて、変動保険金額をアップする方法を教えてください。

Aベストアンサー

私は、分散せずに世界株式型に100%集中させています。
世界株式型の過去の運用実績は、他の特別勘定に比べてはるかに高いものとなっております。
ベンチマークと比べてもはるかに高い運用をしています。
http://www.sonylife.co.jp/contractor/operation/index.html

運用先は、主にタバコ・食品・飲料関係の企業となっているので、
一時的なアップダウンはあるかもしれませんが、長期的に見れば
安定して運用できると考えています。

変額保険(終身型)に複数も入っていますが、
すべて世界株式型100%で運用しています。
ここ数年はダウン傾向ですが、
戻り方は他の特別勘定と比べても早いので、
20~30年先に使うものと割り切ってほってらかしにしてます(笑)

ただし各種のデータはあくまで過去の実績であり
将来を約束するものではありませんので自己責任でお願いします。

Q変額保険の運用について

2か月前、変額終身保険に加入しました。加入までに3か月間検討を行いましたので、変額終身保険のリスクについては十分承知の上で、月々の小遣いで資産運用を行ってみたいと思い加入をしました。
インターネット上の書き込みと虎の巻、約款を一通り読んで、変額終身保険加入の先輩方に教えて頂きたく質問させて頂きます。

加入内容:S生命/変額終身200万/積立機能重視/月払い/60才まで/30才・会社員、女、既婚

質問1:資産分配について
加入時は担当さんのおすすめ通りに投資先を決定。自分でインターネットで変更可能とのことですが、資産分配はどのように決定するのが一般的ですか。
虎の巻のモデル・ポートフォリオによると安定的と出ましたが、このパーセンテージに皆様は合わせるのでしょうか。

質問2:運用実績について
上積み部の引き出しですが、書面以外は不可能でしょうか。
担当の方に聞いたところ、書類請求→返送→処理の時点での金額確定と案内がありました。
(こちらの質問内ではインターネット契約を行い、資産移動が可能との書き込みがありました。)

質問3
変額保険の運用について学ぶ方法はありますか?
約款、虎の巻読みましたが…もう少し深く知りたいです。
職業は全く関係ないのですが、長期的な面から少しでも知識を身につけたいです。

よろしくお願いします。

2か月前、変額終身保険に加入しました。加入までに3か月間検討を行いましたので、変額終身保険のリスクについては十分承知の上で、月々の小遣いで資産運用を行ってみたいと思い加入をしました。
インターネット上の書き込みと虎の巻、約款を一通り読んで、変額終身保険加入の先輩方に教えて頂きたく質問させて頂きます。

加入内容:S生命/変額終身200万/積立機能重視/月払い/60才まで/30才・会社員、女、既婚

質問1:資産分配について
加入時は担当さんのおすすめ通りに投資先を決定。自分でインターネ...続きを読む

Aベストアンサー

追記
素人の爺です。
お金の運用
・・・・預貯金で運用するには「金利の高いとき」
・・・・株で運用するには「株に人気がなく誰も株に見向きもしないとき」
ですから今「まとまったお金」を運用するのは得策でありません。

変額個人年金なら毎月3000円から運用できます。(20歳以上)
お子さんなら200万の終身保険の加入でも(運用期間がメチャクチャ長いので)将来、数千万程度の資産価値になる可能性も十分あります。

Q死亡保障の金額は適当な額か?子供2人あり。

家計の中から保険金の支払いが多いので
生活が苦しいです。
主人いわく周りに聞いたらかけすぎと言われたとのこと。
つまり収入の割りに掛けすぎだというのです。

子供女9歳。男1歳。
二人には学資保険をかけています。
それぞれに15歳100万。18歳200万がそれぞれの年に
下りるようになっています。

主人も私も30代です。
生命保険は2000万です。
主人はこの保険さえもやめてしまえ。
保険金で生活が苦しいんだから。
俺が死んでも何とかやっていけるやろ。
と安易なことをいい、かなり切れました。

ここで質問なのですが、
主人に万が一のことがあった場合、
死亡保障はいくらくらい必要でしょうか?

ごく一般的な家庭と仮定してお願いします。
主人はサラリーマンです。

また、今までかけてたので辞めたくないのですが、
2人の子供の15歳満期を解約しろと言われています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学資保険は、"保険"という名前がついていますが、積立貯蓄と考えてください。

学資保険の保険料は、いわゆる話にでるような生命保険等の「保険料」とは性質が違います。
詳細をみずに学資保険も合算された保険料を、「保険料」としてみれば、「他より多い・かけすぎか?」となるのはある意味当然のことになってしまいます。

目的は学資ですので、もし支払った額に対し受取額が下回るような元本割れするような学資保険でしたら、残念ながらムダとなります。
(支払回数と受取額(350万)を比較してどれぐらい上回るかどうか・・350万以上or近く払うことになっていたらムダです)(ふつうに貯蓄していたら利回りが期待できることから、本来は350万を大きく上回らなければ損ということになります)

そもそも子どもには保険はたいして必要ありません。
しかも学資保険の"子どもの保険"は、いざというときに期待するほどの額ではない可能性もあります(以前郵便局で見積もりをとったところ入院日額250円となっていて意味ないなあと思いました)。

保険をなくすのが不安でしたら、県民共済のこども共済(月1,000円で1年に1回40%のキャッシュバックがあるので実質600円)程度で充分だと思います。
http://www.saitama-kyosai.or.jp/kyosai/index.html

学資保険として返戻率がいいのは、ソニー生命の学資保険です。
(しかしながら、積立貯蓄と考えると、必ずしも高利率というわけでもないです)

私は15歳で30万・18歳で100万円としています。少ないと思いますが、全額を学資保険でまかなう必要はないので、あとはその他の貯蓄でカバーする予定です。

学資保険は17年ぐらい同じ金額をかけ続けますが、収入が増えるという前提で、若い時のほうが負担感があります。
ベースは学資保険としても、不足分については、必ずしも苦しいときに同額を貯めなくても、貯められるときに貯めるという方法でも良いのではないかと思います。
子どもに奨学金をとらせるという方法もありますし、ほんとに不足ならば教育資金ならば有利な貸付制度が会社や自治体にあることと思います。
契約上可能か、または中途で損失がでないか要検討ですが、学資保険の減額はしてもよいと思います。


ご主人にかかる生命保険は、これとは別の話となります。
貯蓄ではなく本来の保険です。

2,000万円は、特に多額だとはいえない額です。
ローンを組まれているとのことで、ご主人の死後住居費の心配がないことから、少なくされていることは間違いではありません。

生命保険の必要保障額は、
「ご主人亡き後の生活費(学費・住居費を含む)+ご主人死亡による経費(葬儀等)-死亡退職金等-奥さんの給与等の収入-公的保障」となります。
公的保障分を差し引くのは考慮しなければなりません。
日本ではサラリーマンの遺族には手厚い公的保障があります。遺族年金などがあります。
http://www.ifinance.ne.jp/learn/socin/siv_4.htm
年額100万ちょっとですが、子が18歳に達するまでですので、お子さんが小さいですので総額は最高で2千万近くになります。
算出額を必要保障額としますが、2,000万円は大きくははずれていないだろうと思います。

2,000万円のかけ方ですが、終身などにしていなければ、保険料は多額ではないと思います。
シンプルな死亡保障としてはオリックスダイレクト、共済では県民共済は死亡保障+医療保障です。
ネットでもシミュレーションができるので、現在の掛け金と比べてみてください。
http://www.orix.co.jp/ins/index.htm
http://www.saitama-kyosai.or.jp/kyosai/index.html
(県民共済は県によって違うのでお住まいか勤務先の県をみてください)

学資保険は、"保険"という名前がついていますが、積立貯蓄と考えてください。

学資保険の保険料は、いわゆる話にでるような生命保険等の「保険料」とは性質が違います。
詳細をみずに学資保険も合算された保険料を、「保険料」としてみれば、「他より多い・かけすぎか?」となるのはある意味当然のことになってしまいます。

目的は学資ですので、もし支払った額に対し受取額が下回るような元本割れするような学資保険でしたら、残念ながらムダとなります。
(支払回数と受取額(350万)を比較してどれぐら...続きを読む

Qソニーの学資保険と変額個人年金で悩み中

娘が生まれたので、学資保険に入ろうと元本割れのないソニー生命に
入ろうと思い、ライフプランナーの方に来て頂いたのですが、その方に
貯蓄目的なら学資保険よりも変動型個人年金を18歳で解約するプラン
を強く勧められ、なんの迷いもなく学資保険に入るつもりだったので、
正直迷っています。
その方がおっしゃってた事に、18年後の物価の上昇・ここ数年はあが
り続けてる日経平均・投資の配分もその時の状況で見直せる等々・・。
18年後には入学金も上がってるだろうし・・という事も言われました。
保険はまるっきり素人なので、どうすればよいのか迷っています。
最初に入ろうと思っていた学資保険は12歳・15歳の時にそれぞれ
30万、18歳の時に200万というプランでした。
どうかお知恵をお貸しください!

Aベストアンサー

>貯蓄目的なら学資保険よりも変動型個人年金を18歳で解約するプランを強く勧められ、

学資保険よりも・・・までは同意します。学資保険は、お勧めしかねる保険です。周りの方々が、子供が生まれたら、猫も杓子も学資保険・・・と言うでしょうが、実際は、もっと他に適した保険があります。

私も、学資保険を希望なさった方には、学資保険は売りません。お子様が誕生なさったのでしたら、まず、死亡保障を大きくすべきで、学資保険と大きな死亡保障を融合させたプラン、かつ、返戻金が確定しているの方がお勧めだからです。

件の、変動型個人年金(変額個人年金の事ですよね?)では、
・中途解約時の返戻金が確定していない
・死亡保障が大きく取れない
この2点から、おすすめできません。
確かに、インフレヘッジにはなるでしょうが、18年後とかに、そのヘッジ分のメリットが、返戻金減少リスクを上回るかを検討すると、私は、そんなにメリットがあるとも思えませんが。(これに関しては、担当者ごとの意見があるとは思うが、所詮、当て物なので、確率論は言えても、誰も正解は出ません。)

そもそも、そのライフプランナーが、なんでそんな事を言うかというと、学資保険を売っても、相手の手取りは殆どないのですが、変額個人年金に関しては、そこそこの手取りがあるから、という背景があるのを覚えておいてください。そりゃ、保険屋さんも商売ですから、手取りが多い方がいいでしょうが、その際、お客様にもメリットあればいいのですが、変額年金利用は、少し首をかしげますねえ・・・と言うか、私の経験不足かもしれませんが、学資に変額年金を使う手法は、初めて耳にしました。
(ソニーのプランナーも、たいていは、学資は契約して、付随して死亡保険を提案のパターンが多いのに、これはどうしたものか・・・・)

一度、東京海上あんしん あたりやってる代理店の方と会ってみるといいでしょう。学資保険に代替しうる適切な商品がありますから。

>貯蓄目的なら学資保険よりも変動型個人年金を18歳で解約するプランを強く勧められ、

学資保険よりも・・・までは同意します。学資保険は、お勧めしかねる保険です。周りの方々が、子供が生まれたら、猫も杓子も学資保険・・・と言うでしょうが、実際は、もっと他に適した保険があります。

私も、学資保険を希望なさった方には、学資保険は売りません。お子様が誕生なさったのでしたら、まず、死亡保障を大きくすべきで、学資保険と大きな死亡保障を融合させたプラン、かつ、返戻金が確定しているの方が...続きを読む

QDoCoMoの料金引き落とし日は何日?

タイトル通りなんですがドコモの携帯料金引き落とし日は何日なんでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

利用した月の翌月末日になります。
末日が土曜・日曜・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。

http://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_schedule/

Q変額個人年金保険って安全なのでしょうか

定期預金が満期になったので銀行に継続手続きに行ったら変額個人年金保険を勧められました。
銀行利息が1%に満たない現在、運用成果で15%以上の利率が期待できるとの熱心な説明があり、元本割れしても10年間据え置きしてそれ以後15年間で保険料相当額が保障されるとの話です。
私は投資信託についてはまったくの素人ですが、現在は株安なのでこれから上がる可能性が高く運用成果が上がったら3年後には手数料なしで解約できるとの話もありました。
でもこれって運用方法を引き受け会社が操作することで、運用成果はいくらでも操作できるのではないでしょうか。
そのため、最終的に25年間銀行に預金を預け続けることになるのではないかと勘ぐってしまいます。
私は金銭的に余裕がある訳ではなく25年間も銀行に預金をあずけ続けることができませんので、このような商品に申し込んで安全なのかどうかが解りません。
皆さんの考えを教えてください!

Aベストアンサー

商品名に保険」が入っていますので、生命保険会社の商品を銀行が販売していることになります。売れると銀行は保険会社から販売手数料をもらう仕組です。お金を預けるのではなくて、●●生命保険会社の○○保険という商品を買うわけです。銀行は売るだけです。
15%の運用は一番うまく行った場合の目標のようなもの、でも、10年間で100万円が115万円になるだけなら、国債を買ってもできてしまう大したことない成績ですが、年15%なのでしょうか?それと、仮に年15%の運用としたら、インフレも同じくらいになるので、お金の価値は今の方が高い場合もあります。たぶん、外国に投資するものと思われます。

>最終的に25年間銀行に預金を預け続けることになるのではないかと勘ぐってしまいます。
勘ぐる必要はありません。10年間が過ぎたら15年間で年金のように保険金が支払われるだけです。銀行は商品を売って手数料を手にしたら、お客さんとは何の関係もなくなります。繰り返しますが、売っているだけです。

熱心に勧めるということは、売ると販売手数料が上乗せになったり、銀行上層部から「売れ売れ」の大合唱なのでしょう。

>3年後には手数料なしで解約できるとの話
おかしいと思いませんか?銀行にお金を預けて、解釈するとき手数料がかかるというのは。こういうことを、何かあるのではないかと勘ぐるべきです。つまり、払ったお金のある程度の部分は手数料なのです。だから、早い時期で解約されると運用で埋まらないのでお客に負担させるわけです。

変額というのは、運用成績で受取額が変るからですね。
こういうのは、相続税対策に向いています。

安全を求めるなら1%に満たない定期預金です。この商品は、保険会社の破綻というリスクもあります。

商品名に保険」が入っていますので、生命保険会社の商品を銀行が販売していることになります。売れると銀行は保険会社から販売手数料をもらう仕組です。お金を預けるのではなくて、●●生命保険会社の○○保険という商品を買うわけです。銀行は売るだけです。
15%の運用は一番うまく行った場合の目標のようなもの、でも、10年間で100万円が115万円になるだけなら、国債を買ってもできてしまう大したことない成績ですが、年15%なのでしょうか?それと、仮に年15%の運用としたら、インフレも同じくらいになる...続きを読む


人気Q&Aランキング