12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

保険の利回りについてです。
全くの素人の質問と思って回答して下さい。
ある保険会社の保険の内容です。
単利
一時払い保険料100万
据え置き期間:10万
積立利率 5.00%(実質利回り4.12%)の場合
とあった場合に、単純に計算すると
年利息は 100万×5.00%=5万、 
10年間の利息分は 50万円ですよね?
それで、
実質利回りの4.12%で運用された場合の年金原資は
いくらになるのでしょうか?
「実質利回り」の意味がよくわからなくて、計算の仕方が分かりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、保険であって、貯蓄ではないことをご理解ください。



このような保険の場合、最初に手数料が引かれます。
それが、10%だった場合、100万円がスタートするのではなく、手数料を引いた90万円からスタートをします。
つまり、5%で運用されるのは、100万円ではなく、90万円なのです。
これを支払った保険料の100万円に計算しなおしたのが、実質利回りです。

では、この10%というのは、何かと言えば、それが保険に使われる料金です。
例えば、初期に中途解約した場合、スタートが90万円なのですから、当然、マイナスとなります。
でも、死亡した場合には、死亡保険金として最低でも支払った金額と同額の100万円が戻ってきます。
つまり、中途解約と死亡保険金差が、この保険の保障であり、貯蓄ではない証明なのです。

>実質利回りの4.12%で運用された場合の年金原資はいくらになるのでしょうか?
パンフレットのどこかに、必ず、手数料の%が書いてあるはずです。
その分を引いたものが、原資です。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 1

積立利率は積立金に対しての利率になります。


単純に考えると100万×5.00%=5万、10年間の利息分は50万円となるのですが、積立金は契約時初期費用を差し引いた残りとなります。

ですから、この積立金を5.00%で運用していくと・・・
10年後の積立金は141.2万円となります。10年間で41.2%殖えているので、年平均は4.12%。元金に対して年平均で4.12%殖えているので、これを実質利回りと言います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電卓の使い方 乗数はどうしたらよい?

長い数字を何乗もするとき、簡単にできる電卓のボタンはあるのでしょうか?電卓にもよるとおもいますが、一般的にどうしたらいいの?

Aベストアンサー

例えば15の2乗は、
15××=

15の3乗は、
15××==

となります。=を繰り返し(連続して)押すことがポイントです。

電卓のメーカーによっては、
2乗は、
15×=

3乗は、
15×==

と、×を二つ連続して押す必要はありません。

お持ちの電卓で試してください。

Q積立利率変動型終身保険って得なんですか?

学資保険を考えていたところ、プランナーに
「学資保険をやるよりは、こちらのほうがいい」と
低解約返戻金特付則積立利率変動型終身保険というものに加入しました。

毎月1万で、死亡時には220万の保障があり、10年のみの支払い。
10年後には120万の支払いに対し、124万
15年後には120万が130万になるそうです。
30年後は返戻率は131%になります。

勧められるままに加入してしまいましたが、
これって銀行に毎月1万定期預金をするより利率がいいんでしょうか?
別に死亡保障はついていなくて良かったんですが・・

Aベストアンサー

保障は保障、貯蓄は貯蓄で別々に考えなければいけません。
保険が得かという質問は得した時には自分がいないか重度の障害をおっているということです。保険は損得で考えません。

貯蓄として考えた場合、120万円が10年後に124万円ですか。毎月の積立預金で運用したと仮定するとわずか0.6%くらいの金利にしかなりませんから定期預金の方が有利です。インフレになれば預金の金利も上がりインフレに負けません。

ですが、すでに契約してしまったようですので気になることを。
低解約返戻金特則ということは支払期間の10年たたずに解約すると必ず元本割れです。また最低利率は保険会社が健全であれば確実ですが、今までの例だと予定利率を大幅に引き下げたことがありますから要注意です。保険は会社が破たんしたらおしまいですが、預金なら安全です。


人気Q&Aランキング