【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

2つほど質問があります

1、先物取引が危険と言われるのはどうしてですか?
先物の定義としては、「将来の一定の期間に、現時点で取り決めた価格で取引する」ことだと思います。あらかじめ価格は決めているはずなので、安全な気がするのですが・・・。まあ、会社の問題(勧誘がひどいなど)もありますが、
http://quote.yahoo.co.jp/ にも
TOPIX先物や日経平均先物の文字があり、一般的に行われているのに、周りが先物の批判をするのが不思議です。

2、先物取引とオプション取引って同じものですか?それとも違うものですか?意味を調べると、あらかじめ定められた期間にあらかじめ定められた価格で取引する点で同じなのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

#4のi536です、下記に答えていないので追記します。



>先物取引が危険と言われるのはどうしてですか?

自分の商売で使う材料分を確保するために先物取引でその分の買いを行うのならば危険ではないと思います。
最終的に現物を買い取ればいいわけですから。

上記以外での先物取引は、10日後の天気が晴れか雨かだれも正確に予測できないのに、
そのいずれか一方に大金を賭けるようなものです。したがって危険なんです。
実際、穀物の先物取引は自分でほとんど知る方法がない世界中の天気に大きく影響されます。

同様にいつ地震・戦争・事故がおきるか予測できるひとはいません、
金・銀・石油等の先物取引はこれらに大きく影響されます。
予測できない事件を無視してこのままの状態がつづく方に先物取引では大金を賭けます、
これが危険なんです。

もちろん、危険といっても、
本人がそこまで納得ずみでやる分には危険なことではありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました\( ^o^ )/
少しのお金で何倍もの金額を取引したり、金や石油など株以上に予測しにくい(変動が大きい)から危険なのですね。もともと、こういう変動のリスクを少なくするために先物があるのだと思うのですが、なんか不思議です。
先物を扱っている会社の不評を聞きますが、野村などの大手が参入しないのは、やはり危険すぎるからでしょうか?

お礼日時:2002/09/22 23:35

他の方の回答とダブる部分も多いのですが…、



先物取引は、対象資産の将来の「当てっこ」をするようなものですが、先物の満期になると、必ず対象資産の現物と同じ価格に収斂します。それまでの間は、ほぼ現物と同じように動きます。(満期までの、現物と先物の価格差は、現物の保有コスト等から計算される理論値近辺を動きますが、ほとんどの場合は、理論値からのずれは、現物自身の値動きに比べると、無視しうる程度のものです。)
このように、先物は現物とほぼパラレルに動くからこそ、現物を持っている参加者にとって、先物売りは、「実質的に将来の価格を決めて、価格変動リスクをヘッジする」事に使えるわけです。(但し、先物市場への参加者が極端に少ない場合は、先物と現物の価格差が、理論値と大きく乖離する事はありえます。)

言い換えると、現物とパラレルに動く以上、先物のリスクも現物とほとんど同じです。具体的に言えば、日経平均先物を1千万円分買うのと、日経平均採用の225銘柄を、指数と同じように1千万円分買う場合とのリスクの差は、ほとんどありません。

一般的に、先物がリスクが高い、といわれるのは、

1.1千万円分先物を買うのに必要な資金(=証拠金)は、1千万円よりもぐっと少ないので、自分のリスク許容限度以上のポジションをとってしまう事がある。基本的には、本人の自己管理の問題だが、業者の強引なセールスの入り込む余地がある。

2.(一部の?)商品や為替は、一旦動き出すと短期間に一方通行で動く傾向がある(ような貴がします)ので、安易に「売られ過ぎ・買われ過ぎ」を信じて参加するとヤケドする。また、株や債券と違って、市場参加者が、生産者・消費(購入)者(&投機筋)に分かれ、生産者と消費者の力関係の変化で、相場の向きがまるで反対になりうる。(これは先物というより対象の現物資産の話です。)

3.先物批判に付いては、今から10年ぐらい前の株式相場では、「先物が裁定取引を通じて現物を動かすようになり、かえって現物の変動を大きくしている」という批判はありました。より性格には、現物の指数の変動を大きくしているだけで、個別の銘柄で商いの多いものは、それほど影響を受けなかったんですが…。何となく、先物はプロのもの、裁定取引で現物指数が動くと、「プロが相場を弄くっている」という風に考えられがちのようです。

尚、オプション取引は、他の方が回答された通り、一定の価格で売買する「権利」を、売買するものです。権利を買っても、その権利を行使する必要はありません。だから、例えば日経平均が1万円の時でも、1万2千円で買う権利には何らかの値段はつきます。オプションの買値以上には決して損をしない一方で、満期日に1万2千円以上になっている確率はゼロにはなりませんから。しかし、その確率は、株価が動かなくとも、日数が減る分だけ次第に減っていきます。つまり、株価は「変わらず」でも、買う権利の価格は、時間の経過とともに下がっていきます。このように、時間の影響を受ける事が、先物とオプションの大きな違いです。「必要資金が少ない」為にリスクをとりすぎる危険があるのはよく似ていますが、全く別のリスク特性を持つもの、と考えるべきです。

尚、他の方も回答にもあるように「現物の裏づけのある投資家にとっては、先物は危険ではない」とよく言われます。例えば、原料として将来金を購入する予定のある会社にとって、金の先物買いは、最終的には現物を引き取ればいいんだから、リスクを増やすわけではない、という事です。但し、注意して頂きたいのは、そもそも「先物を買う」行為自体、将来金の価格があがる事を恐れてやるわけです。先物を買う事が正しかったかどうかは、先物に利が乗っているかどうかでしか、判断できません。もし、先物で損をしていたら(=金の価格が下がったら)、仮に現物を引き取ったとしても、それは会社として原材料コストのアップ(=先物を買わなかった同業者に比べて高い)につながります。先物で損が表面化しなくとも、会社としての損は変わりません。

現物の裏づけがある投資家にとってリスクが少ないのは、先物を売買しようがしまいが、会社としてリスクをとっているので、先物をヘッジとして使う限り、リスクを減らす方向にのみ働く、という意味で考えるべきでしょう。他の方の説明が「おかしい」というわけではなく、時々誤解される方がいらっしゃるので念の為です。ヘッジだろうが、投機だろうが、先物の損得が、会社としての損得に直結する事にはなんら違いは無く、ヘッジ目的の参加者も「真面目」な人は、そのつもりで勝負してます。
    • good
    • 4

取引の形態を分類すると次のようになる。

(1)実物取引(現物取引)(アメリカではCash または Spot,Physicalと言う)。契約と同時に、またはほとんど時間をおかずに、受渡と決済が行われる取引のことを言う。日常生活の多くの取引=小売店での買い物はこれになる。Cash on Delivery などと言う。 
(2)先渡し取引(Forward)。契約条件の内、商品の品質、数量、単価、受渡方法、決済方法などは契約締結時点で決定されるが、実際の受渡と決済は予め約束された将来の一定期日に行われるもの。取引そのものは売り手と買い手の間で相対で行われる。クリアリング・ハウスや江戸時代、大阪堂島米会所での消合場などの第三者が介入する取引ではない。銀行間(Inter-Bank)為替市場で先物の取引をフォーワードと呼ぶ。日常生活では、たとえば完成前のマンション購入契約は先渡し取引の範疇に入る。「現物先物」「現先」とも言う。
(3)先物取引(Futures)。 取引契約時と商品受渡時・決済時が違うという点では Forward と変わりない。しかし次の点の違いは大きい。すなわち、(1)取引所のような一定の場所で、一定の時間に、(2)予め決められた取引規則、契約条件に従い、(3)公開唱え(Open Outcry)という方法で、(4)集団取引を行い、(5)成立した取引は取引決済会社(Clearing House)に付け替える、(6)その結果、反対取引が容易に出来る、(7)契約当事者間の信用問題が発生しない、といった点が Forward と異なる。(差金取引とも言う)。この取引で一般投資家は取引総額の一部を契約金として支払う。後日取引終了時に売買価格の差額を精算する(儲かったときは利益金をもらい、損をした場合は差額を支払う)。つまり少ない資金で大きな取引が出来るので、ハイリスク・ハイリターンとなる。 
(4)オプション(Option) 。将来のある特定の時期に、予め約束した条件で、ある商品を売却したり、購入したりする権利を売買する取引。オプションは先物と異なり、権利の売買なのでその権利を行使するかどうかは買い手の自由、ということは実物の商品が売買されない場合もあるということ。
上記は取引形態による分類。扱い商品による分類では、株・債権・為替・鉱工業品・穀物(江戸時代にはコメも扱った)などがあり、取扱業者も違う。株を扱う証券業界では「損失補填」が非難をあびた。工業品や穀物の商品取引では、営業員の強引な顧客勧誘や客に無断での売買などが批判を浴び、悪いイメージを植え付けた。
まとめ=先物取引は需給及び価格の安定に役立つものです。扱う商品や取引形態によってはハイリスク・ハイリターンもあり、十分理解してこのマネー・ゲームに参加すべきです。なお江戸時代には現代人でも理解できない人が多くいるほど、先進的なコメ先物取引が行われていた。今日の経済以上に進んだ市場経済だったのです。
    • good
    • 1

>先物を扱っている会社の不評を聞きますが、


>野村などの大手が参入しないのは、やはり危険すぎるからでしょうか?

銀行と証券会社が異なるように、証券会社と先物取引の会社は異なります
(法律で認可あるいは免許みたいなものがそれぞれの業務で必要だということです)。
したがって証券会社でいくら大手とはいえ、野村は先物取引はできないはずです。

現在の法律がどうなっているか詳しく知りませんので、単なる参考にして下さい。
    • good
    • 2

先物の目的を考えてみてください。


たとえば.ダイスの収穫はじきに応じて変化しますので.購入する側も売却する側もそれなりの価格変動が伴います。
これでは.購入する側が溜まったものではありません。適切な額に常に一定することが必要です。
素の為に.先物取引が導入されました。

先物では.現物を引き取るのであれば消して危険なものではありません。が.どちらかと言うと現物を引き取る側の意向が強く現れます。その結果.銅先物で壊滅的打撃を受けたのが.チリ国営銅鉱山でした。これは.米国が同鉱山の国営かに反対し.チリで国営かを行った直後に銅相場を暴落させ.チリ経済を破綻させたものです。

なお.現物を引き取らない取り引きの場合には.本来の機能.つまり現物の価格安定に伴うショックアブソーバーとしての機能が働きます。お得意様である大手需要家の価格安定の為に損する人々を育成する必要があります。この損をする人々に組み込まれてしまいます。
    • good
    • 2

元先物営業マンです。


オプション取引は会社的に利幅が少ないので扱わなかったので分かりません。

本来先物取引は別にそれ程危険なもんではないです。
自分で勉強して取り組めば十分利益を出せますよ。
穀物なんて基本的に毎年同じ動きやしね。
今はブロイラーってあるけど何で値段が動くんやろ?
そんなに生産消費量も動かへんと思うねんけどな~


何が危険なのかと言うと営業マン?管理アドバイザーの勧めを聞く事です。
彼らは会社の手数料を稼ぐ為に転売させまくります。
しかも両建てなんかさせられてどっちに動いても利益がでなくなるのです。
追証って本来その期間を抜ければ返すもんやけど、預けたが最後、それでどうにか新しいものを買わせるからな~
取り組むならくれぐれも会社の人間の言う事を聞かないように。

成功と失敗は3:7くらいかな。

元業界人としてお薦めはしませんけどね
    • good
    • 3

先物取引について



株式の信用取引と似ています。

1枚何がしかの金額でその金額の10倍位の金額の売買を行います(100万で1000万のものを売買します)。
したがって、損得どちらにころんでも元金の10倍位に膨らみます。
しかも、6ヶ月以内という期限付きで必ず反対売買する必要があります。
したがって、予想を外れたからといって、株みたいに塩漬けはできません。

また売買には手数料を支払う必要がありますので、先物取引に参加した時点で必ず損から始まります。
先物取引で利益を売るには、売買分の手数料の幅を超える必要があります。

自分の予想が外れてある幅以上逆に値が動いてた場合、追証として更に入金をしなければなりません。
ひどいときは追証・追証・追証・・・で持ち金が尽きるどころか負債を負うようになります。
    • good
    • 4

1.簡単に言うと、僅かな委託証拠金で多額の商品を取り引きすることにあります。

現物の小豆を100万円分買うのに、10万円程度の証拠金で取り引きします。将来、その小豆が実際には、150万円出さないと買えない場合、追加で50万円支払って買うことになり、この50万円が損になるからです。
このようにテコの原理を使うので、100万円で、1000万円の商品を買う契約をすることになりますから、相場によっては、500万円を損してしまうので、大変危険なのです。

参考URL:http://www.tse.or.jp/beginner/futures/futures02. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました\( ^o^ )/
少しのお金で、何倍もの金額を取引するところが、失敗するとかなり危険そうですね。
ところで、成功するのは1割、失敗は9割と何かで見ましたが、本当でしょうか?
「先物市場を勉強すればするほど、儲からないことが分かる」とも聞いたことがあります。

あと、先物を扱っている会社の不評を聞きますが、野村などの大手はなぜ参入しないのですか?

お礼日時:2002/09/22 23:26

1.先物取引自体は正当な取引です。

しかし、それを扱う会社の営業マンが詐欺まがいの勧誘をする人がいるので危険と言われているのです。

2.違います。オプションは予約金を払って特定の値段で決められた時に買う権利を買うものだと考えましょう。したがってそのとき、特定の価格より安い場合は、予約金は意味をなさないのでパーになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました\( ^o^ )/
「オプションは予約金を払って権利を買う
先物は予約金なし」
これで合っていますか?

お礼日時:2002/09/22 23:13

2.の先物とオプションの違いが下記サイトに説明あります。



1.についてはちょっとわかりませんでした。

参考URL:http://money.genex.co.jp/futures_seminar/option/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました\( ^o^ )/

お礼日時:2002/09/22 23:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先物取引で大損した

昨年の10月に再び三貴商事のセールスマン金を買うように勧められました。
「クリスマスシーズンを控え金の需要が大きくなるので金の価格上昇が予想されることので、値上がりしたところで金を売って儲けたらどうか」
そこで私はマイホーム資金の足しにしようと、2000万円を金の先物取引に注ぎ込みました。当時の金相場は1730円程度でした。
その後、セールスマンの言葉通りに金はどんどん上昇し、私は新聞の先物取引欄を見て、喜んでいました。
ところが予定通り金が上昇し2000円になった頃、三貴商事から慌てたような電話が掛かってきたのです。
すでに最初のセールスマンから担当が代わり3人目の担当でした。
「危なくなったから追い証として、お金を用意してくれ」
もうお金がないことから断り、すぐに決済をするように求めました。
ところが、私の銀行口座に振り込まれたのは、たったの3万1千円。
わずか2ヶ月間の間に、全財産のほとんどを失ってしまったのです。
真相は、三貴商事が私が知らないうちに勝手に私が買った金を先物売りに回していたのです。当然文句を言いました。しかし三貴商事側は「携帯電話に連絡して、売りを立てることについて了解をとっている。決して勝手に先物売りをしたのではない」
確かに、金の先物買いをしてから数日後に頻繁に携帯電話に電話が掛かってきました。
「金が値上がりしたから利益を確定するために少しずつ売りに回したらどうか?」という言い回しでした。
それで現金化するという意味で了解の返事をしたのです。
しかし三貴商事は、現金化しないで先物売りに回してしまった。それで大損です。
なお、値下がりして損をする危険性は説明されたけど、値上がりして損をする危険性の説明は全く受けていません。

どなたか、対応策を教えてください。

昨年の10月に再び三貴商事のセールスマン金を買うように勧められました。
「クリスマスシーズンを控え金の需要が大きくなるので金の価格上昇が予想されることので、値上がりしたところで金を売って儲けたらどうか」
そこで私はマイホーム資金の足しにしようと、2000万円を金の先物取引に注ぎ込みました。当時の金相場は1730円程度でした。
その後、セールスマンの言葉通りに金はどんどん上昇し、私は新聞の先物取引欄を見て、喜んでいました。
ところが予定通り金が上昇し2000円になった頃、三...続きを読む

Aベストアンサー

私は10年ほど前に某商品先物取引の営業をしていたことがあります。
まだ、このような営業方法を取っている会社があるのですね。
今回の件では全額とはいかないまでも、お金は返ってくると思います。まず最初に契約から売買等の詳細、及び受け取った書面等を全て準備してください。時系列にて詳細に自身の取引の流れを説明できるよう準備します。
1.三貴商事の本店の管理部もしくは顧客相談窓口に連絡してください。この連絡先は契約時に書面等にて連絡先を聞いていると思います。と、同時に日本商品先物取引協会へ苦情の連絡を入れます。その際に自分に不利だと思われるようなことは一切言わず、まずは取引会社の説明不測である旨を強く主張すべきです。そこである程度の解決の糸口が見つからないようであれば、各都道府県の弁護士会にて商品先物取引に強い弁護士を紹介していただき依頼すべきだと思います。絶対にお金は返ってきますので、あきらめずに頑張ってください。

参考URL:http://www.nisshokyo.or.jp/consulting/center.html

Q父が先物取引で大損!!助けてください!!!!

今日 姉から知らされました。。
父が先物取引を先月からやりだして
たった一月で800万円の損失をこうむったと。。。
かなり悪質な業者です!!
上場してはいるらしい証券会社なのですが。。
名前は聞いたことのない会社でしたが、、
お願いです!どなたかいい情報なり
少しでも損失を取り返せるやり方や
もしくは体験者の方でもかまいません。
なにかいい知恵を貸してください!!!
大至急!!お願いします!!!!

Aベストアンサー

…皆さん、とても冷たいですよね…。(^_^;)

ご質問されているナオミンさんもきっと、
お父様が悪いって状況が、まったくわかっていないわけじゃないと思うんです。

「悪いのはあなたのお父様」
そんな言葉がききたくてここに書き込んでいるわけじゃないでしょう。

取り引きのことについて、社会的な状況を説明してあげることも必要ですが、
それよりもなによりも、
「お父様が部屋から出てこない」
これってすごく切羽詰まってますよ!
正直、非常に危険だと思います!

とりあえず以下のような団体があるようです。
ご参考になさってください。

とにかく、被害が最小で収まることを祈っております。頑張ってください。

参考URL:http://www.jppp.jp/jp/index.htm

Q日経225で稼いでいます

1年間日経225をやってきました。配信サインで淡々と続けてきた結果、ラージ1枚複利で3000万円近くの利益がでました。
もちろん本業の年収を超えています。
この不況下、投資で稼ぐのが一番だと思っています。
先物、というと毛嫌いするのが一般的だと思いますが、こんなときだからこそ皆さんも投資に参加されるといいと思うのですが・・・
10万円からでも1年やり続けると、かなりの利益になりますよ。

まだまだ日本では投資は一般的ではありませんね。
なぜ多くの方は投資に目がいかないのでしょうか・・

Aベストアンサー

そもそも、外国人と違って、日本人は博打を打ちにくい人種です。株や、先物、オプション、コモディティ、FXで自分の予想と同じようにトレンド推移する事が100%無いからです。私はチャイナショックまでかなりの利益を株、コモディティ、TOPIXで稼ぎました。しかし、多数の何とかショックで4億以上の損失を出しました。決め手はリーマンショック。それでダウで上場していた、自社株を全てバークレイズに売却し現金化して会社を譲渡した為。現在はNYでぬくぬくと遊んで暮らしています。一生遊んで暮らせるだけの金があるから。
投資に目が行かない?私の経験から言うと、単に自己満足。私もそうだったから。確実に稼ぐのであれば、私は日経225よりもオフショア口座で毎月1千万づつ入金をします。そっちの方が気楽で神経を使わず、確実に儲かるから。

>配信サインで淡々と続けてきた結果

とは、どっかの分析情報サイトのことでしょうか?私は全くその様な事を必要にしませんよ。投資の基本は「お金が無くなってもこの会社にお金を出資して頑張ってもらって、利益が出れば私に配分を下さいね」と言うのが投資で現に借用書の代わりに株券を発行する。これが投資です。貴方がおっしゃっているのは、ただの投機です。
要するに「買った値段よりも売った値段よりもキャピタリル・アゲインがあれば利喰いをして利益を得る」という方法です。意味はかなり違いますよ。その事で利益を得たいのであれば、ファンタメンタル分析やテクニカル分析を完全にマスターすれば情報に頼らなくても9割は勝てます。私の経験上。
私から言いますと、厳しい意見ですがこの様な板は成金の自己満足のように感じます。
そもそも、投資と言うのは「私の個人資産が無くなっても良いからこの会社に頑張ってもらいたい」と言うもので、私もその思いもあり、会社の運転資金を得る為にリーマンに自社株を担保に入れて借り入れを起こしていたものです。
もし、この不況の中、私が投資する事は絶対にありません。なぜならば、世界がどの様に動くか、どこで底打ちをするか不透明だからです。多少の小遣い程度ではあるかと思いますが、今は、気分が乗らないから、私は絶対にしませんよ。

そもそも、外国人と違って、日本人は博打を打ちにくい人種です。株や、先物、オプション、コモディティ、FXで自分の予想と同じようにトレンド推移する事が100%無いからです。私はチャイナショックまでかなりの利益を株、コモディティ、TOPIXで稼ぎました。しかし、多数の何とかショックで4億以上の損失を出しました。決め手はリーマンショック。それでダウで上場していた、自社株を全てバークレイズに売却し現金化して会社を譲渡した為。現在はNYでぬくぬくと遊んで暮らしています。一生遊んで暮ら...続きを読む

Q株で儲かっている人が1割で9割は損をする理由(どうして50%ではないのですか?)

ネットで株をはじめて7年くらいになります。
株は上がるか下がるか、1/2の確立ですよね?
デイトレーダーやネットで株取引する人がどうして9割が負け、勝てるのは1割の人になるのか、どうしてもわかりません。
私の周りにいる人も実際9割くらいの人が負けています。
証券会社に勤めていた友人も「前にディーラーやっていて、手数料なしで売買してたけど、10人いたら9人まマイナス出すよ」と言っていました。
インサイダー情報とかで儲かる人がいるのはわかりますが、自分が買った株が上がるか下がるかは50%ですのでそれとは別だと思います。
本に書いてあるとおり「10パーセント下落で損きり」などの決まりを守ってもどうもプラスになりません。
数学的にでも、精神的にでもかまいません。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>目を閉じて銘柄を選びます。
>コインを投げて表が出れば上がる、裏が出れば下がる。
>30日後に必ず売る

数学的確率論ですか?今の下落相場でも45%はプラスですね。
でも個人投資家はそんな風に銘柄を選択しません。
3ヶ月前、この一年の平均の半額に下がった銘柄・小型株が人気です。
そういうものの7割がたが、さらに3割以上も下げています。

7割でも普通は数社に分散投資するので、合計で9割がマイナスに
なるというわけです。

個人投資家はなぜ9割が損をするかというのは、機関投資家が
儲けてしまうからと説明したつもりでしたが。

Q先物口座開設の審査がゆるいネット証券を教えて下さい

日経平均先物ミニを始めたいと思っているのですが、口座を開設するのに審査が必要だ、ということを知りました。聞くところによると厳しいところは電話がかかってくるとか。できれば簡単にネットのやりとりだけで口座を作りたいのですが…。審査がゆるいところがあれば教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。基本的にどの証券会社もネットのものは電話無しですよ。私はクリック証券で信用口座と先物を開きましたが、まったく無審査、申し込みページへ飛ぶのと確認の3クリック程度で後日口座開設完了のメールが届きました。


 ただ、気をつけておきたいのは電話審査の有無よりも、どの会社も社内基準が有るようで、職業と年収と投資暦の合格基準が有るようです。つまり何がいいたいかというと嘘でも基準を満たさないと不合格になるということです。これは自己申告ですので後日電話がかかって本当か確認されることはありませんが、多少下駄を履かせないと通らない人もいるということです。参考程度に、年収4-500万以上、投資暦2-3年以上が合格ラインに思います。あくまで私の感触程度ですので必ず通ることを保障するものではありません。

 これも参考程度にお願いしますが、ユルイとよく言われるところは、

イートレード
クリック(実際に私がやりました)
楽天

あたりだと思います。無事に開けることを祈っています。

Q先物と株の違いはなんですか

単純な質問で申し訳ないのですが、先物取引と株の違いを教えて下さい。
先物取引は危険だと言いますが、株は危険ではないのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「先物取引とは将来の売買についてあらかじめ現時点で約束をする取引のことです。」http://www.saveinfo.or.jp/kinyu/derivatv/deriv020.html

先物取引は少ない資金で大きな額の取引ができます。その分危険性が大きいです。

株式の現物取引は、全額を支払わねばなりませんが。先物取引の場合、約束だけして後で売ってその差額をもらったり、支払ったりするわけです。

どのくらいの額の取引をしているか自覚していれば危険ではありません。株式は、その会社が倒産すれば、紙くずになりますが、金や原油はゼロにはなりません。

Q株式投資の利益率 何%稼げれば好成績でしょうか

人それぞれのお考えだと思いますが、お伺いいたします。
個人で株式投資を行っていて、年間の利益率がどれくらい行けば好成績と言えるんでしょうか?

2.000万円程の余剰資金が手元に有ります。
当初、投資信託で運用を検討致しましたが、リスクのわりに見返りが無いようで、株式投資を検討してみようと思います。

冒険せずに、有る程度どんな商売をしているのが分かる国内の一流企業の株のみで、分散させて運用してみようと思います。
ご意見いただければ有難いです。

Aベストアンサー

株式投資はリスクがあるので、年間の利益率が15~20%ぐらい
あれば好成績かと思います。
10%以下の目標ではリスクに見合うリターンとは
言えないと思っています。

投資信託をやめたのは良い選択ですが、2000万円の資金を
全て使って株投資するのは危険性が高いです。
しばらくは少ない資金で投資し、自分の投資スタイルを確立してから
本格的に始めた方が良い気がします。

国内の一流株の分散投資は良い考えですが、それでもタイミングを
間違うと利益が出ません。
そのタイミングをつかむ為にも、小額がら投資を始める事をお勧めします。

Q先物取引の失敗の原因

いまさらなんですけど最近ナニワ金融道を読んで気になりました。
先物取引で失敗する人は何が原因なんですか?たとえば小豆を例にすると、人間が生きている限り需要がなくなることはないですよね。ってことは、いつかは相場が上がりますよね。それまで待てば、株と違って倒産することもないから絶対に失敗することなんかないはずですよね。どうしてなんでしょうか?気になるので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

まず、先物取引でも株などの現物取引でも、投資では失敗する人の方が成功する人より多いです。
その上でですが、先物取引や信用取引をする人の方が、現物取引をする人より失敗することが多いです。理由は、レバレッジをかけることができるからです。

商品は倒産しませんが、上場会社だって倒産する会社の数なんかものすごく少ないです。株の方が商品と比べて倒産する分リスクが高い、なんていうのは現実的な問題ではない。うちのメインバンクは普通預金金利が0.001%で、B銀行の0.002%より50%も不利だ、なんて言ってるようなもんです(100万円預けて年10円か20円という差)。

100万円持ってるとします。
儲かるか損するかは別にして、運用資金の年間の変動幅が平均10%ぐらいの方法で運用をしたとします。ある年には110万円になってるけど、翌々年には90万円になっているかもしれない。10連敗しないと10年後にも0円にはなりません。上がる確率と下がる確率がそれぞれ50%だとすると、運悪く10年連続で10%下落する可能性は、1000年に1回ぐらいしかありません。(50%の10乗)

取引コストを考えず上のような確率対等なゲームをするなら、10年後に儲かっているか損しているかという確率は五分五分です。ゼロになっている可能性は限りなく少なく、倍になっている可能性もほとんどありません。75万円~115万円の範囲内に納まっている確率が大きい、といった感じです。

ところで、先物取引や信用取引でレバレッジをかけるということが上記のゲームの構造と違ってい部分は、1ヶ月の価格変動幅が平均100%とか200%、といった投資をしている場合がある、という点です。
資金が200万円になっても300万円になってもゲームは終わりませんが、100万円無くなったらゲーム終了です。この違いはわかるでしょうか。儲かるか損するかではなくて、損得による運用資金の期待変動幅が、たとえば1年で100%を超えるなら1年以内に1回、1ヶ月で100%を超えるなら1ヶ月に1回、資金が倍になるか若しくはゼロになる可能性がある、という意味です。
先物で失敗する人は、予想が外れるということとは本質的に無関係に、お金が無くなるべくして無くなるような運用をしている場合が多いです。

70万円のキャッシュを持っている人が今日の相場で小豆を1枚買って、6ヵ月後に70万円が無くなっている可能性はゼロです。6ヵ月後に儲かっているか損してるのかは空けてびっくり玉手箱ですが、損している確率が非常に高いと考えるべき合理的な理由は、どこにもありません。

まず、先物取引でも株などの現物取引でも、投資では失敗する人の方が成功する人より多いです。
その上でですが、先物取引や信用取引をする人の方が、現物取引をする人より失敗することが多いです。理由は、レバレッジをかけることができるからです。

商品は倒産しませんが、上場会社だって倒産する会社の数なんかものすごく少ないです。株の方が商品と比べて倒産する分リスクが高い、なんていうのは現実的な問題ではない。うちのメインバンクは普通預金金利が0.001%で、B銀行の0.002%より50%...続きを読む

Q商品先物取引のリスクについて

最近(2ヶ月程前)からちょっとしたきっかけで商品先物取引を始めた素人です。
(商品)先物取引は大変危険なので絶対に手を出すなという事を耳にしており、ハイリスク商品である事は間違い無いと思うのですが、多額の損失が発生するほどの危険性が私にはいまひとつ理解できません。
ストップ制限があるのに(本、追)証拠金以上の多額な損失が発生する事があるのでしょうか?損失を取り戻そうとして無理な枚数での購入や、ストップ制限により損切り決裁ができずに、(両建もできずに)持ち越したりすれば更に悪化するかもしれませんが、それ以外にどのような状況で多額な損失が発生するのでしょうか?
自己抑制及び、経験=勉強、また海外情勢、経済情勢への関心が高まる為、遊び感覚ではありながらも続けていこうかと思っているのですが・・・

Aベストアンサー

過去にブローカーの立場で数百人だか数千人の投資家の実際の運用パターンを見てきましたが、これらの経験から、多くの投資家が取引が継続できなくなるような損失に至る原因を一般化して言うと、合理的な「自己抑制」を殆どの投資家が徹底して行わないためだと考えられます。
単純化して言うと、「合理的な資金管理」と「マーケットに対して優位性のあるアプローチ」の積み重ねさえ機械的にできていれば、世界情勢や経済なんか知らなくても儲かります。
ストップ高やストップ安が連発するという確率なんかも、資金管理ルールの中に内包されていなければなりません。
資金管理ルールはそんなに難しいことではありません。例えば1枚しか取引しないと決めておけば、証拠金10万円の取引でストップ高やストップ安が4連発しても20万円ちょっとの損にしかなりません。
仕手株なんかだと1週間ぐらいで1/10ぐらいまで価格が下落するものを時々見ますし、予兆無く突然倒産するものなんかもありますが、ボラティリティと言う意味では、先物取引(商品でも株価指数でも)なんてよっぽど可愛い値動きしかしません。
問題の根本は先物であるか現物株取引であるか投資信託であるかということに関係無く、自分自身の資金管理ルールを持続的に徹底できていないということに帰結すると思います。やれてる人も慣れてくるとやってはいけないことをやってしまいます。5年も10年も持続することが難しいんです。

過去にブローカーの立場で数百人だか数千人の投資家の実際の運用パターンを見てきましたが、これらの経験から、多くの投資家が取引が継続できなくなるような損失に至る原因を一般化して言うと、合理的な「自己抑制」を殆どの投資家が徹底して行わないためだと考えられます。
単純化して言うと、「合理的な資金管理」と「マーケットに対して優位性のあるアプローチ」の積み重ねさえ機械的にできていれば、世界情勢や経済なんか知らなくても儲かります。
ストップ高やストップ安が連発するという確率なんかも、資...続きを読む

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む


人気Q&Aランキング