プロが教えるわが家の防犯対策術!

築10年の注文住宅についてです。
基礎のコンクリート部分と地面のコンクリート部分にすき間があります。
建てた時からのものか途中からなったのかは分かりません。
通常こういうものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

10年ですと地上は当時より動きます。


動いたり沈下した証です。 

地球は動いてます。
地震でも動きます。
気候変化で地下水が減り地盤も沈下します。

ベタ基礎と縁切り土間コンやパイロンを打った家
地面差が10Cmなんてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地面差が10Cmなんてあるんですね。
大変よく分かりました。

お礼日時:2008/01/11 18:38

地面のコンクリート・・でテラスのことですか?


それは空きますよ。長年のうちにはね。
テラスの下は基礎はないので沈みやずれも別行動をとるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テラスと言うか建物全体4分の3をぐるっと1周してる感じです。
回答いただきとても助かりました。

お礼日時:2008/01/11 18:42

>基礎のコンクリート部分と地面のコンクリート部分にすき間があります。


■どの位の隙間なのか分かりません。具体的に数値で表してもらった方がいいですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すき間は大きい所で5ミリぐらいです。
お気遣いどうもありがとうございます。

お礼日時:2008/01/11 18:40

そんなもんかな。

建物その物に変な所がなければOKだと思います。地盤の変異は周りの家にも出ますし。10年経ってるのであれば、逆に落ち着いたころではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他にはとくに変な所はありません。
おかげで安心しました。

お礼日時:2008/01/11 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q犬走りにヒビが

築1年の家に住んでいますが、半年ほど前に犬走りに0.5mm位のクラックが基礎との付け根から犬走りの先端まで入ってるのに気がつきました。 HMに連絡したところ「この程度は問題ない」と言い割れ目にセメントか何かを塗っていきました。 半年たってその割れ目のセメントが取れてきたのでまた連絡して塗り直してもらおうと考えていますが、 本当にこの程度なら問題ないのでしょうか? いろいろと家の不具合が多く見つかったのでイマイチHMが信用できなくて・・・

Aベストアンサー

■まず基本的にご理解いただきたいのは、犬走りはたとえコンクリートがつながっているように見えても基礎とは一体になっておらず「家周囲の土の上にコンクリートを敷いただけ」なのです。ヒビが犬走りだけのものでしたら、問題は全くありません。今の段階で補修の必要もありません。数年様子を見たほうがよいです。割れ目から草が生えてこないようにだけはしてください。

■家の基礎を造った時に、周囲の土を掘っていますから家の周りの土はやわらかくなっています。そのため部分的に沈下して犬走りにはヒビができます。

■それをふせぐには、犬走りを造る時にお金をかけて鉄筋を入れたり、基礎の施工時に掘り返したより深くコンクリートを敷くか、なのですがいずれもただの犬走りにはお金がかなりかかるため、オプションで注文しない限りはそのようなことはしません。

■よって、場合によってはヒビが入ります。でもそれはただの犬走りのヒビであって家の構造には全く関係ありません。今後もっとヒビは増えてくるかもしれませんから、ある程度数年放っておいて、おちついたところで塗りなおす、のが最も良い方法です。

■「じゃあHMの保証などはどうなるの?」とお思いでしょう。よく契約書や保証書をご覧ください。HMや工務店では犬走りは家本体とは別ものであること、上記のような原因でヒビはよく生じること、なので保証書には基礎に関しての部分近くに「犬走りなど家周囲のコンクリートのヒビは含まれない」というような内容が書かれていませんか?

■セメントを塗りにきてくれただけでも良心的というものです。全く問題はありません。もちろん、基礎本体にクラックが増えてくれば問題です。

■犬走りのヒビは地盤沈下や基礎工事の不具合の指標、というようなことを言う素人がいますが、これはさも本当のようなウソです。

■まず基本的にご理解いただきたいのは、犬走りはたとえコンクリートがつながっているように見えても基礎とは一体になっておらず「家周囲の土の上にコンクリートを敷いただけ」なのです。ヒビが犬走りだけのものでしたら、問題は全くありません。今の段階で補修の必要もありません。数年様子を見たほうがよいです。割れ目から草が生えてこないようにだけはしてください。

■家の基礎を造った時に、周囲の土を掘っていますから家の周りの土はやわらかくなっています。そのため部分的に沈下して犬走りにはヒビがで...続きを読む

Q外壁の隙間をふさぐには

こんにちわ。 

今私は庭にある倉庫を改装してそこで生活をしています。

いろいろ手を加えそれなりに住みやすくはなってきたのですが、山際に立地していることもあり、夏になると基礎と外壁との隙間からムカデやクモ、コオロギなどが大量に侵入してきて困っています。

冬のうちに隙間を埋めてしまおうと思い、セメントを買ってきて基礎と外壁の隙間に塗ってみたのですがすぐに垂れて落ちてしまいます。何か隙間を埋める方法がありましたら教えてください、よろしくお願いします。

P.S 地面から外壁までの高さは15~18センチ程度、外壁と基礎との隙間は2センチ程度です。

Aベストアンサー

確かに発砲のは良いかと思いますカッターで加工出来ますしね 
セメントを使用されたとありますがどのようなものを使用したのでしょう? もし垂れてしまうのであれば速乾用乾燥生コンなどもありますよ 物によっては練ってる間に固まってくる30分や1時間で固まるものもあります まあ水の加え具合で調整してください もし速乾用がなければミユキの乾燥生コンなどに急結剤と水を1:1ぐらいで加えてみてください  
あとは外壁用のコーキングなどもあります 先端に角度がついている物を使用すると使いやすいと思います


人気Q&Aランキング