『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

平凡なサラリーマンですが、自分に自信をつけるため武道を始めたく思っています。中年の素人がのこのこと加わっても、他の皆の迷惑だろうという気が強くありますが、しかし思い立った今始めたいです。近くのカルチャーセンターでは週1の合気道と月2の琉球空手があります。その他も探せばそれなりにあるとは思います。お勧めの武道や中年で始める加わる場合の注意点などありましたら教えて下さい。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんにちは40歳からはじめれる格闘技ですが。

それは少林寺拳法か剣道です!少林寺拳法は僕と一緒に父が42歳からはじめました。今4年間続けているのですが3段です。はじめる前はビールバラで腹もたるんでいたりしてのですが、今ではムキムキです。(笑)フルコンタクトや乱取りは基本的にないので怪我をすることもほかの格闘技に比べたら少ないと思います。少林寺では打撃の『剛法』関節の『柔法』整体の『制法』からなります。護身術としてもいいですし、人間的にも鍛えれると思います最近は結構いろんなとこに道場ができてきています。一度見学にいってみたらどうですか?
剣道は弟の剣道道場の先生は50過ぎから初めてという話を聞いたからです!
僕は柔道もやっているのですが、今からするのにはお進めできないです!
    • good
    • 11

こんにちは。


ぼくは少林寺拳法をやっています。
(中国の“少林拳”とは全くの別物で、日本人が編み出したものです。)

先日も58歳の男性がうちの道場に入門してきました。
みんな(孫や子供と同じくらいの年齢の人たち)とも楽しそうにやってますよ。
入門は随時受け付けしてますし、いつ入ってもちゃんと基本を1から教えてくれます。
体力に合わせて、自分のできる範囲でやっていけばいいんです。
「しなきゃいけない」という押し付けはありませんから、気楽に心技体を養えます。
気分転換にも、体力を増強するのにもいいと思います。
もちろん自信はつきます!
ぼくが少林寺を始めてから得たいちばん大きなものは“自信”ですから。

少林寺拳法は、非力な子供や女性から車椅子の少年や片腕の老拳士までいろいろな人がやってます。

見学もOKですので、まずは道場を覗いてみていただきたいです。
下の参考URLに少林寺拳法のホームページを書いておきました。
同じ少林寺拳法の拳士になれたらうれしいですが。

少林寺拳法にせよ、他の武道にせよ、おおいに楽しんでくださいね!

http://www.shorinjikempo.or.jp/link/index.htm
(↑これは、各地の支部道場のリストのページです。)

参考URL:http://www.shorinjikempo.or.jp/
    • good
    • 4

武道をしても精神修行にはならないかと。


#1のように武道ができても礼儀を知らない輩もいるからね。
(URL参照の事)
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=367831

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=367831
    • good
    • 2

武道というイメージは無いかもしれませんが、


弓道をお勧めします。
40代、50代からはじめられる方も非常に多いですし、
非常に高齢まで現役で続けることも可能です。

わたしは弓道と出会って自分に自信がもてるようになりました。
真剣に取り組めば、自分の内側深くを見つめる
非常に過酷な武道であるともいえます。
    • good
    • 2

どちらにお住まいかわかりませんが、『芦原会館』という空手は、老若男女できる空手です。

無理強いをすることもなく、練習前には十分な柔軟体操の時間がありますので、自分のペースを守れます。昇級審査は年に2-3回ありますが、無理に受ける必要もないので自信がついた時点で受けられれば?私自身も何人も40代の方を指導したことがありますし、皆さんご自分のペースで何年か後には黒帯を取られています。
尚、芦原会館の詳しい全国の所在地は下記のURLにアクセスしてください。
昔、空手バカ一代でケンカ10段として有名だった芦原英幸という人が始めた空手で今は息子さんがやっています。非常に理に適った動きですので面白いと思います。(一般の生活で考えてぎこちない動きがない)。組手などのハードなトレーニングはありません。まず、技や基本を懇切丁寧に教えてくれます。

参考URL:http://www09.u-page.so-net.ne.jp/gj8/ashihara/
    • good
    • 0

剣道5段で街の道場で教えているものです、合気道と太極拳も教えております(一応それなりに段位は持っております。

居合は現在精進中です。

合気道もいいですね。40代でも十分はじめられますがいきなりだと
ちょっとハードかも知れません。ゆっくりと形だけ教えてもらっているのなら
何とかなりますがそれでも受け身をとらざるをえず、なんだかんだいっても
2時間やるとハーハーゼーゼーですね。

私は、居合が一番良いと思います。
動きとしてはハードではありませんし、なにより剣道をしていなくても
できるものです。居合と剣道とはまったく別物です。
40から始めても十分楽しめますし、また有段者になることも可能です。
どの武道もそうですが、居合はなおのこと集中力を養えますので、是非試してみて下さい。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q40代男ですが強くなりたいです。

40代男です。
ずばり強くなりたいのと体を大きくしたいです。
今はキックボクシングのジムなどを
探しているのですが、なにか良いスポーツはあるでしょうか?
池袋近辺のジムが理想です。

高校で柔道を授業で受けた程度で経験は何もありません。
ケンカをしたこともありません。

現在は3年くらい週1でジムに通ってウェイトをしているので
そこそこ体力はあるつもりでいます。

Aベストアンサー

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの
強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと
武器を持った相手と生きるか死ぬかの戦いを実戦といっているのか
リングの上で戦うことを実戦といっているのか

普通に暮らす人が極端な場面に遭遇する確率は高くはありません。
護身、強さといっている場合はまさにkimsunaさんの言われている心の余裕を
指している場合が多いのではないかと思うのです。
別にケンカや武器を持った相手を常に想定した強さを求める必要はなく、
心と体の平静を保てる強さを求めてもいいと思うのです。

私も40代になってから合気会系の合気道を始めました。
実戦だとか、護身だとか関係ないです。
心身の鍛錬になると思ったしなにより、それでも何かのっぴきならない状況に
陥ったときに、落ち着け、体が動かせるようになっていればいい
そう思ってです。それで十分だと思ってのことです。

合気道は役に立たないとか、型稽古ばかりなので意味がないと言われます。
それは、恐らく知らないからです。
私はまだまだですが高段位の方々は、それこそ力まず、ぶれず、常に安定して相手をさばけます。
力は要りません。
昔よくジムに通っていて筋肉量の多い私は逆にいつも「力を抜きなさい」と指導されます。
合気道は、どこをどうすれば相手を制圧できるか非常によく練られた武道です。
そういう意味ではお勧めです。
どんな状況でも相手を簡単に転がせる術を心得ている、それだけでも違うと思いますよ。
ですが、必ず相手との接触があってから始まる武道なので能動的ではありません。
空手その他攻撃を仕掛ける面での強さを求められるならそちらでいいと思います。

お互い40代、がんばりましょう。体力的には何の問題もありません

いい回答をして下さっている方もおられますが、kimsunaさんの
強くなって、万一何かがあっても大丈夫という
精神的な余裕が欲しかったという感じです。
という回答へのお礼にとても同感しますので少し経験を踏まえコメントします。

こういう質問は結構多いのですがよくつく回答としては
とにかく逃げるが勝ち。護身というものも現実としてはなく、意味がないという諭しの回答
○○は、実戦では役に立たないという回答です。

それでいつも思うのです。みなさん「実戦」て何を想像、想定しているんだろうと...続きを読む

Qヘタレにも習える護身 格闘技を教えてください

先日、電車の中で若者の携帯使用を注意している40代くらいの会社員のかたが、逆切れした若者に殴られているのを見ました。

すぐに回りの人達と、僕で駅員に通報して、事無きを得ましたが、とても人ごととは思えず、「逃げるが勝ち」といいつつも、どうしても身を守るときはあるんだなと護身を習うことを決意しました。


といっても、34歳のオジさんである私、、格闘技なんて大学生のときにならっていた、剣道初段くらいです。。候補として、少林寺拳法・合気道・テコンドー・空手・ボクシング・キックボクシング
などを考えているのですが、体があまり強くない私としては、練習の怪我で翌日の仕事に影響がない練習をしたい希望があります。

どの格闘技が、 「へたれサラリーマンにも、無理なく学べる」でしょうか?
どなたか、練習などしていて詳しくしっているかた、
あなたのお勧めを教えてください。よろしくお願いいたします。

補足ですが、あくまで護身で、絡まれたときに相手を無力化できれば目的は達せます。
理想的には、10秒ほど相手を無力化して、そのうちに逃げるのを目標にしています。

Aベストアンサー

絶対的にお勧めは、ブラジリアン柔術(BJJ)です。
30代で始めた人も多くいます。

僕自身は、剣道、フルコン、キック、テコンドー、グラップリング、ブラジリアン柔術などの試合に出た事があります。
趣味として合気道も習いました。

上級者とも楽しく練習が出来て、なおかつ、上達した場合に新しく入って来た人にまず負けず、なおかつ、いざという時に身を守れそうなのもブラジリアン柔術です。180cm70kgくらいの素人がやってきて、相手が本気の本気でスパーしても、簡単に仕留める事が出来ます。
雰囲気の話をして申し訳ないですが、打撃系のジムはぎすぎすというか、怖い人が何人もいて敷居が高いです。
合気道は技としては大変優れていると思いますが、実際に使える人はほんの一握りだと思います。

UFCなどのノールール系の格闘技でBJJの技術は必須です。実用性はばっちりです。

練習も、心地よい疲れはありますが、尾を引く痛みはありません。

一度見学してみてください。

Q50代の女性でもできる武道

50代の女性でもできる武道があったら教えてください。
攻撃的なものではなく、怪我の危険も少ないもので、心身の健康に役立つものがあれば嬉しいのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

比較的費用もかからず習いやすいものなら太極拳がいいと思います。あとお金はかかりますが弓道や居合道もよいのでは。
空手等のように急に力を入れたり、抜いたりするものは50を過ぎて初心からはじめる方には注意が必要です。合気道もときに強引に技をかけてくる人がいますからもし復帰するならご注意を。
いずれにせよ人がすすめるから始めるより自分で見学してやってみたいと思う気持ちのほうが大事です。50代はかなり体力の個人差が出る時期ですからご自身の体力と相談して稽古されると良いと思います。

Q大人になって合気道

現在32才です。
護身と健康、前々から何か武術を習いたいとと思っていたのですが中々時間が作れずにいました。
ですがこの度合気道を始めたいと思っているのですが
この年齢から始めるのはいかがでしょうか?
また始める場合はどのような場所(道場?)がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

合気道をしています
稽古仲間にも30歳代から始められた方が沢山居ます
それよりも40,50,60歳代から始められる方もいます
年齢は気にすることはないと思います
確かに若くから始めた方が、柔軟性や体力はありますが合気道の場合、年齢に即した稽古をしていけばよいと思います
道場は、合気会本部に問い合わせをしたら紹介していただけます
また、どの道場が良いかは見学をして決められるのが良いのではと思います
道場選びのポイントを経験から書いておきます
(1) 合気道の最も大きな団体は合気会です
  創設者:植芝盛平氏です
(2) 弟子達によりいくつかの流派が出来ています
  流派によって技が違います
(3) 会費(月謝)がまちまちです 2.000~10.000円以
  上まであります
(4) 合気会でも技に違いが見られます
  本部師範の教える技と道場師範の技に大きな違いが
  ある場合があります
(5) 稽古方法が比較的優しく行っている道場と体力が
  かなり必要な道場があります
(6) 杖、木刀技を習う道場と習わない道場があります

男性の場合、合気会では初段で袴を着けますが、養神館
のある道場では三段にならないと袴を着けませんでした
どの道場が良いか、流派がよいかは、見学をされご自分に合った道場を選択されるのが良いと思います
また師範の人柄も大切だと思います
合気会の本部や各道場、たの流派の本部は「合気道」で検索するとかなり調べられます

合気道をしています
稽古仲間にも30歳代から始められた方が沢山居ます
それよりも40,50,60歳代から始められる方もいます
年齢は気にすることはないと思います
確かに若くから始めた方が、柔軟性や体力はありますが合気道の場合、年齢に即した稽古をしていけばよいと思います
道場は、合気会本部に問い合わせをしたら紹介していただけます
また、どの道場が良いかは見学をして決められるのが良いのではと思います
道場選びのポイントを経験から書いておきます
(1) 合気道の最も大きな団体は合気...続きを読む

Q50歳から始めて黒帯になれますか?

タイトルどおりです。小学生の頃より苛められていた私は、経済的にあまり余裕の無い暮らしの中、父に頼み込んで空手の通信教育を受けさせて貰いました。然しながら、子どもだった私には難しく途中で挫折してしまいました。それでも、拳頭を鍛える事だけは覚えましたので、それを使ってケンカばかりしておりました。そうこうする内に、卒業し進学し就職し・・・空手のことなどとうに忘れておりました。でも、最近になって、当時の「約束」を思い出すのです。自分が、父が亡くなった年齢に近づくにつれ、亡き父との約束を果せないものか?と強く思うようになりました。長くなり恐縮ですが、難しいでしょうか?或いは、この程度の体力が有れば・・・という「ガイドライン」のようなものがあるならば是非とも教えて頂きたいのです。おっさんの戯言とお笑いくださっても結構ですので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

黒帯というのは空手の黒帯の件ですね?
不可能ではないと思いますが道場によって習っている人の層や方針が違うと思うので、一番よいのは通える範囲の道場にいくつか見学に行って実際に練習を見てみて自分でもやって行けそうかどうか考え、館長にも相談してみるのがベストと思います。

ひとくちに空手と言っても流派によって方針が違い、例えば極心流などではフルコンタクトと言って実際に突きや蹴りを相手に当てる、実戦的な練習や試合をします。これだとケガの可能性もあるし体力的にもかなりきついでしょう。50歳でもかなり身体を鍛えていて体力には自信があるならだいじょうぶかもしれませんが、一般の50代なら20代の若者と練習するのはかなりきつそう。道場の練習生が、あなた以外は皆、10代や20代の若者ばかりなら大変かも。
だけども同年輩の初心者も多いような道場ならまずあまり体力の変わらない人と練習可能でしょう。もちろん、上達して体力もつけばもっと若い人と互角以上に出来るようになるかもしれないし。
昔は若者ばかりの道場が多かったけど、最近は女性も増え年齢層も多様化しているのではと思うので、いろいろ探してみれば貴方に合いそうな道場も見つかるのではと思います。

最近は前述のように蹴りや突きを当て合う実戦的なフルコンタクトの空手の人気が高く、子どもや女性も習っているようですが、以前は、蹴りや突きが相手に当たる前に止める、つまり寸止めする流派が一般的だったのではと思います。寸止めと言っても実際は勢い余って相手に当たってしまい、結局、それなりにケガをしたりもしますが。しかし最初から当てることを前提としてるかどうかで先のフルコンタクトとは違うわけで。
質問者様が昔、通信教育で習われたのはおそらくこのタイプだったのではと思います。
空手を習うことで何を求めたいですか?バリバリ武闘派のイメージ?
それならフルコンタクトの空手の道場をいくつか見学させてもらって、自分がついて行けそうな内容の練習、同じような体力の人達のいるところを見つければよいかも。
もし「かつて通信教育で勉強したこと」を実際の道場に通うことで再確認ししっかり自分のものにしたい、年齢も大人になったことだし精神修養、精神面に重きを置いて空手に取り組みたいということであれば、フルコンタクトにこだわらず、伝統的な道場で尊敬できる館長のいるところを探してもいいと思います。
既にご自身でも学習なさったのではと思いますが空手には「型」があり、一見「こんなのただの『踊り』みたいで何の役にも立たないじゃないか」という印象を受ける人もいるかもしれないが、実は奥が深く、本当にうまい人の型は惚れ惚れするものだと思います。「型なんて」と思うかもしれませんが、トップレベルの方の方は力強いし本当に素晴らしいです。体力にはあまり自信が無いが精神面を極めたいということなら、この型を極めることを目標にしてもいいかも。これだって実際はかなり体力が必要だとは思いますが、ただ、相手との直接の接触が無い分、ケガの心配は無いでしょうから。

無理をせず、ケガの無いように気をつけつつ、昔の夢をかなえられることをお祈りしています。黒帯も夢じゃないと思いますよ。
貴方に合ったよい道場が見つかりますように。

黒帯というのは空手の黒帯の件ですね?
不可能ではないと思いますが道場によって習っている人の層や方針が違うと思うので、一番よいのは通える範囲の道場にいくつか見学に行って実際に練習を見てみて自分でもやって行けそうかどうか考え、館長にも相談してみるのがベストと思います。

ひとくちに空手と言っても流派によって方針が違い、例えば極心流などではフルコンタクトと言って実際に突きや蹴りを相手に当てる、実戦的な練習や試合をします。これだとケガの可能性もあるし体力的にもかなりきついでしょう...続きを読む

Q中年から始める格闘技

40代男です。何か格闘技を習ってみたいのですが、これまで格闘技の経験が全くないので
、できるのかな・・・と少々不安です。
格闘技の中で中年オヤジにおすすめのものはあるでしょうか。ご経験からでもなんでも結構
ですのでアドバイスをくださいませ。
ちなみに、日頃ジムで筋トレをかかさず続けていますので、筋力だけはあります。
柔軟性は死ぬほどありません(泣)

Aベストアンサー

40代前半男性です。

私はキックボクシングジムに通っていました。
現在は仕事の都合で辞めてしまいましたが、出来ればまた通いたいと思っています。
ちなみに始めたのも40代でそれまでは格闘技経験はありませんし、
スポーツ経験さえありませんでした。

キックボクシングやボクシングのジムは
特定の曜日や時間に集まって習うというクラス性ではなく、
(ジムの営業時間内で初心者クラス、中級者クラスとある場合もありますが)
基本的に自由に練習を開始して自分のペースで内容も自分の管理でやるので
気軽に始められると思いますし、練習内容が自己管理と言っても
トレーナーがアドバイスをしてくれるので初心者でも安心です。

また、サンドバックやミットを叩いたり蹴ったりするのは
ストレス発散にもなっておすすめです。
私はスポーツクラブに通った事もあるのですが、
スポーツクラブはファッション感覚でダラダラやっている印象を受けたのですが、
キックボクシングジムはプロやアマチュアでの試合を目指している人もいて、
そういったはっきりとした目標を持った人と一緒に練習する事は刺激にもなりました。
体力作りを目的とした人に無理矢理スパーリングなどはありませんので
その点は安心してください。

通いやすそうなジムがあったら一度見学に言ってみると良いと思います。
練習の体験が出来る場合もありますので参加してみるのも良いのでは。

40代前半男性です。

私はキックボクシングジムに通っていました。
現在は仕事の都合で辞めてしまいましたが、出来ればまた通いたいと思っています。
ちなみに始めたのも40代でそれまでは格闘技経験はありませんし、
スポーツ経験さえありませんでした。

キックボクシングやボクシングのジムは
特定の曜日や時間に集まって習うというクラス性ではなく、
(ジムの営業時間内で初心者クラス、中級者クラスとある場合もありますが)
基本的に自由に練習を開始して自分のペースで内容も自分の管理でやるので
気軽に始...続きを読む

Q少林寺拳法が弱いと言われる理由?

大学に入って武道系の部に入部しようとしてさまざまな部を見学しましたが
その中で感じたのは、
練習方法において
空手はまずはまっすぐ突くことや横に蹴ることに集中して
一つに絞って練習しており(つまり、右手で正拳突きのみを10など)
それに対して少林寺拳法はすぐに多様な技をつなげて練習している(天地拳など)
ように感じました。
器用な人なら技をつなげて練習しても大丈夫だと思いますが私のように不器用な人はまずはまっすぐ突くことに集中しなければ基本が見につかずに、少林寺拳法が弱いと言われる原因ではと思いました。素人目で恐縮ですがみなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

空手は一発で倒すものと思われます。一撃入魂的な。(あくまで個人的な意見です)
少林寺拳法は、違うと思います。
私は少林寺拳法はほんのわずかですが稽古をした経験より、相手の反撃や攻撃をかわして、自分の体制を
立て直してから攻撃するやり方ではないかと感じました。
もちろん、決め技は蹴りや突きだと思います。
やはり、カンフーの攻撃が少し入っていると感じましたよ。

いつもどの武道が強いとか弱いとか一概に言うことはできません。
それぞれの武道には一長一短がありますので、絶対に強い武道もないと思います。
それに、武道は人を気づけるものではないことを理解してください。

Q中高年から始めるスポーツについて

40代や50代で始めたスポーツで、はまっているものをお教えさい。

そのスポーツの楽しいところは、どんなことですか?
なにかオススメのスポーツはありますか?

私自身は、あまりじっとしているより、バタバタと動きたいほうなんですが

Aベストアンサー

私は現在45歳ですが、今年に入ったあたりからジョギングを始めました。
要は走る、ただそれだけ。難しいことは何もありません。
また他人と競う必要も特にありませんから、遅くてもいいのです。
ひたすら走る頻度を増やし、また走れる距離を延ばすことを目指しています。
ジョギングは実際、50歳や60歳を過ぎてから始めて、
それでフルマラソンを完走したりする人がゴロゴロいますからね。

モチベーションのために、
手近な所で開催される何かの大会にエントリーしてみましょう。
たとえば5kmとか10kmとかを、完走目的で。
ちなみに私は、今年11月の湘南国際マラソンの10kmにエントリー済です。

Qブラジリアン柔術は実戦では有効ですか?

格闘技を護身術として習おうと思っています。ブラジリアン柔術、キックボクシングが
良いかなと思っています。どちらも実戦では、強い有効な格闘技と思って絞ったのですが、
YouTubeで、本当のストリートファイトを見てみると喧嘩が始まると、二三発入れば、そのあとはボコボコにされて終わるパターンが大半でした。組みつく余裕などは実戦では、難しいと思ってきました。。。となると、組みつくまでがスタートとするブラジリアン柔術はあまり実戦的はないのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

狭い日本では喧嘩は胸倉のつかみ合いや至近距離でのにらみ合いから始まる事がほとんどだとよく聞きます。
これは組み技の間合いだと思います。
あとキックボクシングは才能である程度左右しますがBJJは誰でもやればやる程強くなるといいます。
あとキックは老いたら引退ですが、BJJは老いても続けられると思います。
ドランクドラゴンの鈴木はBJJ使いですがニコラスペタスの道場に道場破りにいくテレビの企画で3人抜きくらいしてました。

Q本当に実践的な護身術、格闘技を習いたい

実践的な護身術、格闘技を習いたいと思っているのですが、
なかなかどれを選べばいいのかわかりません。
あくまで実践で戦える、というのを念頭においています。
具体的には、

・打撃、関節技、組技、寝技など、様々なものができるようになりたい
(いろんな相手を想定しているため)
・武器を使ったものもあるほうがいい
(ナイフなどで襲われたときのため)
・格闘、護身、ストリートファイト

趣味や体を動かす程度というわけではなく、真剣に身につけたいと思っているので、
慎重に選びたいのですが、こういった条件でいい武術や護身術は
あるでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

武器は論外。持っているだけで違法行為です。大きさではありません。今では職人さんがカッターナイフを持っているだけでもつかまる事があるほどです。
そしてある剣道の県大会優勝経験者が、友人が暴漢に襲われたとき手も出せずにいました。なぜでしょう。
それは彼が棒を持っていなかったからです。それだけの事です。
武器に頼れば、武器に支配されます。幡随院長兵衛は武器を持ち込めない風呂で殺されました。

全ての武術が実践で使えます。しかし全ての武術は実践には使えません。
つまり全ての武術は基本形しか教えられません。それをどう組み合わせて応用するかはあなたのセンスによります。セセンスがなければ何をやっても使えない、センスが秀でていればどれでも使えるということです。
ジークンドーでも戦う相手は一人を意識することだそうです。以下に自分のテリトリーに引き入れるか、それがセンスです、なのでどの武術でも一人でも多数でも同じという事になります。

どの武術でもみなさん技しか見ていないですよね。違いますか?だから多数を相手に出来ないと思うわけですよ。
しかし真面目に武術を習っている人は判っているはずです。技で勝てると思っているなら本屋の本で習った人より弱いでしょうね。なぜなら最も大事な事は市販の本でも書かれているからです。
例えば剣道も一対一でしかないです。でも剣術では多数を相手にします。居合いの教本には図入りで書かれています。でもそれは剣道の本には文字でしか書いていないだけの話なんです。
さてそれが何であるのか。それが判れば先の「戦う相手は一人」も理解できるでしょう。それはテリトリーの問題でもあります。そしてそれはゴルゴ13でも同じことです。

でも勝つために覚えるならやめたほうがいいです。必ず負けます。
私には飲み屋で出くわすと地元のやくざさんの方が挨拶に来る師匠がいます。その人の教えは「距離を置くために使う」というものです。
物理的な距離、逃げる時間の距離、心理的な距離。それを作るのが目的だというのです。だからやくざさんでも一目置いて挨拶に来るのです。
外国人やチンピラは力にひれ伏しますけど、日本人や真のやくざさんは力ではひれ伏しません。そのことも覚えておくべき事です。それを力で抑え込もうとすれば気の休まる時間がなくなります。

武器は論外。持っているだけで違法行為です。大きさではありません。今では職人さんがカッターナイフを持っているだけでもつかまる事があるほどです。
そしてある剣道の県大会優勝経験者が、友人が暴漢に襲われたとき手も出せずにいました。なぜでしょう。
それは彼が棒を持っていなかったからです。それだけの事です。
武器に頼れば、武器に支配されます。幡随院長兵衛は武器を持ち込めない風呂で殺されました。

全ての武術が実践で使えます。しかし全ての武術は実践には使えません。
つまり全ての武術は基本形...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング