コロイド溶液の性質を調べる実験で
透析チューブに水酸化鉄((3))のコロイド溶液を入れ、
それを純粋の入ったビーカーに入れる。(透析)
次にそのビーカーの水を試験管にとってヘキサシアノ鉄((2))酸カリウム水溶液を
2~3滴加え、その結果試験管内の水溶液はどうなるか?
というものだったのですが結果は緑色に変色しました。
これは一体なんでなんでしょうか?
あとへキサシアノ鉄((2))酸カリウム水溶液とは
一体どのようのものなのでしょうか?
教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 コロイド溶液の透析実験ですね。


まず、塩化鉄(3)FeCl3溶液を沸騰水中に入れて、水酸化鉄(3)Fe(OH)3のコロイド粒子を作ります。
 反応式:FeCl3+3H2O→Fe(OH)3+3HCl
で、半透膜(透析チューブ)は、溶液の溶媒およびイオンのような小粒子は透過するが、コロイドのようなやや大きいめの粒子は透過できないという実験です。
 上記の反応で作ったコロイド溶液なら、外液にはコロイドは出てきませんが、イオンは出てきます。ので、以下の実験をします。
1)Cl-の検出反応
  塩化物イオンは半透膜を通過するので反応します。
  硝酸銀AgNO3溶液を滴下すると塩化銀の白色沈殿(AgCl)を生じます。
2)Fe3+の検出反応
  これはコロイドに変化していますから反応しません。
  ヘキサシアノ鉄(2)カリウム(フェロシアン化カリウム:黄血塩)
  K4[Fe(CN)6]を使用して検出しますが、反応しません。普通は、
  やや黄色の液体のままになるはずです。
  もし、Fe3+のイオンが存在していたら、鮮やかな青色沈殿を生じます。
  ブルーシアンブルーなどと呼ばれますが。
 ところが、ご質問の「緑」色は鉄の2価のイオンの色です。鉄(2)の
 化合物が水に溶けると[Fe(H2O)6]2+の錯イオンを生じ、緑色になります。
 つまり、鉄の2価のイオンの存在が一番怪しい。何か還元状態になって、
 鉄イオンが3価から2価に変化したか、ヘキサシアノ鉄(2)カリウムの
 変質による、鉄の2価イオンの遊離などが考えられますが。
  もう少し、詳しい状況を教えてください。

参考URL:http://www.nhk-gaku.ac.jp/hs/teach/kagaku/p4_01. …

この回答への補足

えーとそれとの対称実験として
さらにこの緑色に変色した液体の中に塩化鉄((3))水溶液を一滴入れ
さらに純水を入れそこにまたへキサシアノ鉄((2))カリウム溶液を数滴入れました
その結果緑だったのが青に変わりました

あと質問したいのですがなにか還元状態になって、鉄イオンが3価から
2価に変化するというのと、鉄の2価イオンの遊離とはどういうことですか
勉強不足で申しわけありませんが教えていただけないでしょうか
お願いします

補足日時:2001/02/06 16:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
初めて質問してこんなに親切な意見がすぐに返ってくるとは思いませんでした
うれしかったです
参考にさしてもらいたいと思います

お礼日時:2001/02/07 22:26

dragon-2 さんの詳しい解説があるので今更ですが,yukinari さんの補足を拝見して思った事があるのと,補足に対する回答が dragon-2 さんから中々出ないようですので一言(dragon-2 さん,回答する質問が多くてお忙しいんですか?)。



>ヘキサシアノ鉄(2)カリウム(フェロシアン化カリウム:黄血塩)K4[Fe(CN)6]を使用して検出しますが、反応しません。普通は、やや黄色の液体のままになるはずです。
 もし,ここに極く微量の Fe3+ のイオンが存在していたら,青色と黄色が混ざって緑に見えると言う事はないでしょうか?

>ご質問の「緑」色は鉄の2価のイオンの色です。(中略)ヘキサシアノ鉄(2)カリウムの変質による、鉄の2価イオンの遊離などが考えられますが。
 ご使用になったヘキサシアノ鉄((2))酸カリウム水溶液はどんな色だったんでしょうか。「ヘキサシアノ鉄(2)カリウムの変質による鉄の2価イオンの遊離」であれば,この試薬自身が緑色だったはずです。

>何か還元状態になって、鉄イオンが3価から2価に変化したか、
 この可能性はどうなんでしょうか。何も付いていない鉄イオン自身は空気などで容易に酸化され,2価イオンが容易に3価イオンになりますので,ちょっと可能性は低いように思いますが。

>あと質問したいのですがなにか還元状態になって、鉄イオンが3価から2価に変化する
 2価の鉄イオンと3価の鉄イオンでは,3価の方が酸化状態が高いと言う事は判りますよね。で,何かの理由で還元状態になった場合,3価の鉄が還元されて2価の鉄が生成するわけです。
 しかし,上記の様に空気中では一般に酸素が存在しますので,どちらかというと酸化状態で,2価の鉄が存在しても3価の鉄に酸化されてしまいます。
 2価の鉄の状態を保つには,何かの還元剤が必要ということになります。

>鉄の2価イオンの遊離とはどういうことですか
 たとえば,使用した試薬のヘキサシアノ鉄((2))酸カリウム中の鉄は2価です。この鉄が試薬の分解などで2価のまま遊離してくると,2価イオンの遊離となります。


 と,ここまで書いてきて,2価の鉄イオンは非常に考えにくい気になりました。これはやっぱり,元々のヘキサシアノ鉄((2))酸カリウム水溶液に色が付いていたのではないでしょうか。で,その色の元は不純物の混入ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
もともと色がついていたってのが一番可能性が高くて
ほかに微量のFe3+があったという可能性もあるかもしれないということ何ですね
実験のときどうだったか調べてみようと思います
う~ん化学って難しい

お礼日時:2001/02/07 22:22

以下の参考URLサイトにある実験ですね?



更に、
http://210.153.89.190/CollegeLife-Labo/6829/mato …
(遷移金属)

これを参考に考えてください。

ご参考まで。

参考URL:http://210.153.89.190/CollegeLife-Labo/6829/jikk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました
早速いってみますね

お礼日時:2001/02/06 16:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVB6.0 ヘキサの条件式

文字が数桁あります。(桁数は変動)
この文字の右から2桁目(後から2桁目)とヘキサの1FのIF文を作りたいのですがヘキサの部分のロジックがわかりません。
例えば比較する文字が「xyz=abcdefghijk」とします。
右から2桁目は「Mid(xyz, Len(xyz) - 1, 1)」で「j」と判断されます。
「j」とヘキサ1Fの条件文は
IF Mid(xyz, Len(xyz) - 1, 1) = Hex(1F) Then
   msgbox "ヘキサ1F有り"
Else
   msgbox "ヘキサ1F無し"
End if
だと思ったのですが、これだとHex(1F)が31と認識されているようで比較できません。
わかる方、教えて下さい。

Aベストアンサー

If Mid(xyz, Len(xyz) - 1, 1) = Chr(31) Then

でいいんじゃないの?

Q クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム

 クロム酸カリウムの水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を加えると,二クロム酸イオンが生じる。
という記述があったのですが、反応式がわかりません。

どなたか、教えていただければ光栄です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは間違いでしょう。


次のような平衡が成り立っています。


2H^+ + 2CrO4^2- ⇔ 2HCrO4^- ⇔ Cr2O7^2- + H2O


酸を加えると平衡は右に移動して Cr2O7^2- を生じ、
塩基を加えると左に移動して CrO4^2- を生じます。

Qヘキサ表現が上手く行かない

 文字列の中にヘキサ表現で書き込もうとしましたが、思ったように行きません。
 私の解釈がまちがえているのでしょうか。

"123\x00456"
 \x00 の部分がヘキサになると思ったのですが、\x004 の部分がヘキサになって 0x04 になります。すなわち "123" 0x04 "56" です。

試しに "123\0x00456" とすると、\0 の部分が 0x00 となります。
すなわち "123" 0x00 "x00456" です。

Aベストアンサー

JISの規格書を見てみましたが、8進数字の時は1-3桁となっていますが、16進数字の時は桁数の上限がないですね(16進文字と解釈可能な文字が続く限り)。

ということは、"123\x00456" は、\x00456 を16進表記と解釈するのが正しそうです。
gcc だと「16 進エスケープシーケンスが範囲外です」という警告を出した上で、"123" 0x56 と解釈されますね。

希望の文字列を表記するのは、
"123\x00" "456"
ですね。(自動的に連結されます)

Q塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式

塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式は????

イオン反応式まではできましたが・・・全反応式が・・・

Aベストアンサー

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3SnCl2+K2Cr2O7+7H2SO4→3Sn(SO4)2+3CrCl3+K2SO4+7H2O

でもかまいません。コレも数合わせです。すっきりしているということで言えばこちらの方です。
溶解度についての議論をした結果ではありません。
SnCl2SO4を考えるのであればクロムミョウバンCrK(SO4)2を考える方が現実味があります。

オレンジ色の溶液が青緑色の溶液に変わったという事だけははっきりしています。

全反応式を求めよという問題は設定に無理があります。

前の質問の#3に書いたことをもう一度読んでみてください。

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3...続きを読む

Qバイクのバッテリーについて

どうも最近バッテリーが上がりっぱなしです
四日まえぐらいに充電しても何日かたつとバッテリーが上がってます
使用期間は、2年ぐらい
バッテリーのタイプは、密封式の奴です
ちなみにこのバッテリーは、純正のバッテリーです
バッテリーを充電して10回~15回ぐらいエンジンを掛けるとバッテリーが上がってきます
これは、バッテリーがもうダメになってるのでしょうか?

回答宜しくお願いします

Aベストアンサー

今晩は(^.^)バイク屋さんで充電されたのでしょうか??
バイク屋さんで充電されたなら、発電はされていると思います。
もしバイク屋さんで充電されていないので有れば、一度エンジンをかけ、テスターで電圧を見て見た方が良いと思います、13v以上有れば良し、(私のバイク及び車は14v少しあります)
無い場合は発電していませんので、何度充電及び交換しても無駄です。
ご確認有れ(^o^)丿

Q高校化学の問題です 硫酸で酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液とちょうど反応する硫化鉄(Ⅱ)FeSO

高校化学の問題です

硫酸で酸性にした過マンガン酸カリウム水溶液とちょうど反応する硫化鉄(Ⅱ)FeSO₄水溶液の反応において、過マンガン酸カリウムと硫化鉄(Ⅱ)の物質量の比はいくつになるか。

酸化還元反応の問題なんですが、反応式の立て方がわかりません(T_T)
おねがいしますm(_ _)m

MnO₄− + 8H+ 5e− →Mn²+ +4H₂Oは
わかります!

Aベストアンサー

以下,下に付く数字を「_2」のように,上に来るイオン価数を「^3+」などと書きますが,読みにくいので紙に書き直してみてください.

「鉄イオンには2価のものと3価のものがある」

と覚えてください.そうすると,Fe2+ が酸化されたときの変化は次のようになることがわかります.

Fe2^+ → Fe^3+

両辺の電荷をe-を補ってあわせると

Fe^2+ → Fe^3+ + e^-

これを酸化剤の式と組み合わせるのですが,そのとき,e^- の数が同じになるようにします.つまり

MnO_4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H_2O
5Fe^2+          → 5Fe^3+ + 5e^-   (両辺を5倍した)

辺々足し合わせて,5e^-を消去すると

MnO_4^- + 8H^+ + 5Fe^2+ → Mn^2+ + 4H_2O + 5Fe^3+

この式からKMnO_4とFeSO_4の物質量比は1:5であることが分かります.


なお,イオン式でない化学反応式を作りたいときは,イオンの元を考えると,

MnO_4^- ← KMnO_4
H^+ ← H_2SO_4 (硫酸酸性)
Fe^2+ ← FeSO_4

ですので,イオンを元の形に戻すのに必要なイオンを左辺に補い,同じものを右辺に加えます.

(K^+ + MnO_4^-) + (8H^+ + 4SO_4^2-) + (5Fe^2 + 5SO_4^2-)
 → Mn^2+ + 4H_2O + 5Fe^3+ + K^+ + 9SO_4^2-

イオンを適当に組み合わせると
KMnO_4 + 4H_2SO_4 + 5FeSO_4 → MnSO_4 + 5/2 Fe_2(SO_4)_3 + 1/2 K_2SO_4

両辺を2倍して・・・以下略(係数比は2:10).

以下,下に付く数字を「_2」のように,上に来るイオン価数を「^3+」などと書きますが,読みにくいので紙に書き直してみてください.

「鉄イオンには2価のものと3価のものがある」

と覚えてください.そうすると,Fe2+ が酸化されたときの変化は次のようになることがわかります.

Fe2^+ → Fe^3+

両辺の電荷をe-を補ってあわせると

Fe^2+ → Fe^3+ + e^-

これを酸化剤の式と組み合わせるのですが,そのとき,e^- の数が同じになるようにします.つまり

MnO_4^- + 8H^+ + 5e^- → Mn^2+ + 4H_2O
5Fe^2+  ...続きを読む

Qバッテリーのつなぎ方

はじめまして。

車のバッテリーがあがると、ブースターケーブルをつかって他のバッテリーからエンジンをかけることが出来ますよね。
さっき車の取説を見たのですが、ケーブルのつなぎ方として

1.正常なバッテリーの+端子とあがったバッテリーの+端子をつなぐ。
2.正常なバッテリーの-端子と車体(バッテリーから離れたボルトなど)をつなぐ。

とありました。
1は理解できますが、なぜ-側はバッテリーの端子同士をつなげないのでしょうか?

Aベストアンサー

 安全のためにはむしろ故障車のプラスから配線すべきでしょう。

http://chokoku.go.jp/michi/technic/q11b.html

http://chokoku.go.jp/michi/technic/main.html

 一番危険なのは供給する元気な救援車のバッテリーのプラスとマイナスを他に気をとられて、誤ってショートカット(直結)してしまうこと。右手に赤いケーブル、左手に黒いケーブルをもってしまうとばちっとやってしまう可能性が出てくる。私は絶対にやらないというのならどういう手順でもよいと思います。

 故障車のプラスから始めて故障車のアースで終わるのはそういう意味があるのだと思います。

Q硫酸化鉄(II)と過マンガン酸カリウム水溶液の反応式

酸化還元反応の硫酸化鉄と過マンガン酸カリウムの化学反応式がよくわかりません。イオン反応式は作れるのですが反応式を完成させるうえで反応後の物質がわからないので教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

>MnO4(-)+8H(+)+5Fe(2+)→Mn(2+)+4H2O+5Fe(3+) です(あってますか)
あと、硫酸酸性の条件です。

反応材料は硫酸鉄FeSO4、過マンガン酸カリウムKMnO4、硫酸H2SO4です。

イオン反応式には存在しても変化しないイオンは現れません。反応式の左辺にあるイオンの相手がそれです。

MnO4ーの相手の K+
8H+の相手の 4SO42-
5Fe2+の相手の 5SO42-
これだけを両辺に足してみて下さい。

右辺には正の金属イオン、負の硫酸イオンが存在します。正と負を組み合わせると化合物が見えてきます。

右辺に来る-イオンの電荷が偶数ですのでK+と5Fe3+の奇数とうまく合いません。全体を2倍しておきます。

左辺だけ書いておきますから右辺を作ってみて下さい。

2KMnO4+10FeSO4+8H2SO4

Q電動バイクのシリコンバッテリー

電動バイクの購入を考えていますがいろいろ解らないがあり質問します
最近電動バイクにはシールドバッテリーとかシリコンバッテリーとか
積んでいるみたいですがシールドバッテリーとかシリコンバッテリー
の見分け方はどのようにするのですか?

シリコンバッテリーとは中にシリコン状の液体が入っているんでしょうか
またシールドバッテリーとシリコンバッテリーはキャップが無く
中を見ることも出来ないと思うのですが
比重はどのようにして判断するのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家でもないので解説するのは僭越ですが、シールドバッテリーはその名前のとおり、密閉されていて転がしても液漏れしない、補水不要のバッテリーです。MF(メンテナンスフリー)バッテリーとも呼びます。
一部の中大型バイクを除きますが、原付~小型バイクでは20年と少し前から普及が進み、現在はほぼ100%がシールドバッテリーを搭載してます。

シリコンバッテリーを使ったことは有りませんが、シールドバッテリーの電解液を希硫酸から有機シリコンに代えたものということらしいです。
美容整形術に使うようなドロリとした液状なのかどうかは見たこと無いので判りません。

外観での見分け方は、他の商品との差別化のために判りやすく、外面にも「SILICON」とか書いてあると思いますよ。(↓見にくいですが、「SILICON POWER」と書いてあります。)
http://www.greensaverbattery.com/

最近のシールドバッテリーは、比重管理などしなくて良く、過充電防止機能の付いた専用充電器で充電して、電圧管理だけしていればよい!ということになっています。
適正に比重管理できない圧倒的多数のユーザーのための事故防止とサービス向上を目的とした「改良品」ということですね。

専門家でもないので解説するのは僭越ですが、シールドバッテリーはその名前のとおり、密閉されていて転がしても液漏れしない、補水不要のバッテリーです。MF(メンテナンスフリー)バッテリーとも呼びます。
一部の中大型バイクを除きますが、原付~小型バイクでは20年と少し前から普及が進み、現在はほぼ100%がシールドバッテリーを搭載してます。

シリコンバッテリーを使ったことは有りませんが、シールドバッテリーの電解液を希硫酸から有機シリコンに代えたものということらしいです。
美容整形術に使うよう...続きを読む

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報