dポイントを20倍にするたった2つの方法

こんにちは。
今日の午前、1歳半になる飼い猫が亡くなりました。
なんとか心が落ち着いたので書き込みをしています。

私の猫にしてあげた対応は正しかったのでしょうか。
今までの経緯を整理してみました。

1.1月3日
  尿が出にくくなり、動物病院へ連れて行きました。
  結石と診断され、獣医さんが猫のお腹を圧迫させて尿を出しました。
  出血が少し見られました。
  膀胱炎の薬をもらって帰って来ました。
2.1月13日にまた尿が出にくくなり動物病院へ連れて行きました。
  鎮静剤を打った後、お腹を圧迫させて尿を出しました。
  その時、100円玉程の長さの結石が尿と一緒に出ました。
  尿が出た後、出血があり鮮血というような色でした。
  止血剤の注射をして、抗生物質と前回と同様の膀胱炎の薬をもらって帰宅しました。
  この日から嘔吐も伴うようになりました。
3.翌日1月14日にも、尿が出にくく出血し、嘔吐していました。
  深夜、獣医さんにお願いをしてみてもらいに行きました。
  お腹を押して尿を出したのですが、出血が多かったです。
  獣医さんが言うには、
  「出血性膀胱炎だと思って治療してきたが、膀胱ガンかも知れない」と説明されました。
  こんな若い猫でも膀胱ガンになるのかと思いましたが、
  様子を見ましょうということでその日は帰宅をしました。
4.1月15日、16日とあまり水も飲まず、食事もできませんでした。
  16日の夜に、獣医さんに電話をして様子を伝えたのですが、様子を見ましょう、明日来て下さいということでした。
5.1月17日、本日の午前、息をひきとりました。
  猫を病院に連れて行こうと家族に説得しているところでした。

治療中、点滴、血液検査など他の処置はしていません。
尿毒症にならない処置と抗生物質、膀胱炎の薬の処方だけです。

家族は、この猫の寿命だろう言っています。
手術をしても無駄だろうと。

本日、獣医さんに電話をしたら、
「血液検査では何も分からない、手術をして膀胱ガンだとしても治らない、獣医学はその治療法がない
膀胱ガンだとしてそれを切除しても、その時は猫がもたない」という説明でした。

大切にしていた猫ですので非常にショックを受けています。
出血性膀胱炎という診断で、膀胱ガンの恐れという以外、何も原因が分かりません。

若い猫に結石と膀胱ガンが同時に起こることはあるのでしょうか?
みなさんは聞いたことはありますか?
お腹を圧迫させて無理やり結石を出したことで尿路などに傷が出来たのが原因ではないかと
思ってしまうのですが考えすぎでしょうか。

何もしてあげられなかった自分が悔しいです。
最後は、家族と一緒のときに息を引き取ったのが、
せめてもの救いだと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

安い 食べ物」に関するQ&A: 【食べ物】この世で1番安くて1番腹持ちが良い市販品の食べ物って何ですか? 私は食パンだと思います。

A 回答 (11件中1~10件)

実際に診察していない立場では具体的なお話がしづらいのですが、猫ちゃんでの「尿が出ない(出にくい)」という症状は、かなり緊急度が高く早急に対処しなければ命に関わるもののひとつになります。

原因が何であれ、尿が出にくい状況が改善するような対処が必要です。その点で、どの時点でもすぐに病院に受診したり連絡して指示を仰いだご判断は正しいものでした。さて、尿が出にくくなる原因については確かに膀胱炎や結石、膀胱がん、いずれも可能性がありうるものではあります。また、原因はひとつではなく複合することもあります。
1歳半と年若い猫ちゃんでは膀胱炎や結石の方が頻度が高く、腫瘍(がん)は比較的稀ですが、ないとは言えません。また出血は膀胱炎、結石、膀胱がんのいずれでも起こり、出血によって固まった血があると尿がまた出づらくなります。尿が出ない状況を対処療法しながら原因を探っていくのが一般的なアプローチで、特に膀胱がんを診断するには尿検査や超音波検査などの検査データが根拠に欲しいところではありますので、獣医療としてはこちらの情報では何とも言えないところがあります。今回のように、亡くなってしまってなお疑問点が残ってしまうことが最も残念であることだと思います。かかりつけの獣医師とよく検査や治療方針などを相談し、疑問点があれば可能な限り解消されるまで質問を重ねられたらなら、と個人的には思います。また、それが難しいと途中で感じるのであれば、セカンドオピニオンをとるのも一つの手段です。
    • good
    • 18

専門家紹介

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する獣医師が回答。
※教えて!goo内での回答は終了致しました。
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

訂正です。


大きい袋は避ける様にの意味で記入したつもりでしたが、
選ぶ様にとなってしまい申し訳有りません。
安い大袋は絶対駄目です。
大きい袋は、例え良いフードでも多等飼いで無い限り酸化が早いので
止めて下さい。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ご訂正ありがとうございます。
承知しました。
猫がキャットフードを食べる消費ペースも考えて
袋の大きさを選んでいかなければならないですね。
その事もキャットフード選びの基準として覚えておきたいと思います。
誠にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/19 13:48

獣医師です。


猫ちゃんを亡くされた事、お悔やみ申し上げます。
猫の膀胱炎はこの季節になると比較的多く見られるようになります。
原因は様々ですが、寒いことで活動が鈍くなり、飲水量がへったり、トイレへ行く機会が減ることなどが挙げられています。

今回の事は、実際に診ておりませんので全て推測となりますことをご了承下さい。
膀胱癌についてですが、猫には犬に比べると膀胱癌の発生率はそれほど高く無いと言われています。また、排尿困難や尿閉などの急性の症状は通常あまり伴うことはなく、尿検査でそれほどひどい炎症反応や結石なども見られないのに(膀胱粘膜の上皮細胞が塊で出ることはあります)血尿だけが長期に渡って続く場合に初めて膀胱癌を疑います。
膀胱癌を診断する場合、腹部の単純レントゲン撮影や造影検査、尿の沈さを染色して鏡検するなどの検査を通常は行うことと思います。
1.5cmの結石というと、猫であればかなり大きいと言えるでしょう。雄猫の尿道はかなり細いですから、圧迫で出てきたということは尿道を傷つけてしまった可能性はあるかもしれませんね。
また、尿が出にくい時に嘔吐などの症状があれば、急性腎不全を疑い血液検査をするのは一般的なことだと思います。血液検査で全てが分かるわけではもちろんありませんが、腎不全を起こしているかどうかの判断は出来ます。腎不全を起こしていれば点滴をして尿量を増やすことが必要です。
私個人は結石と膀胱癌が同時に起きた例を診た事はありませんので、横から口出しするつもりはありませんが、尿閉による急性腎不全を起こしていた可能性はあるかもしれません。ただ、こればかりは実際に診た者しか分からないこともあると思いますし、はっきりとしたことはやはり言えないでしょうね。
どうかご自分をお責めにならずに。猫ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
    • good
    • 36
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
臨床の獣医師さんからのご意見、大変参考になります。

この猫もいつもより活動が減っていたような印象があります。
トイレへ行く回数が減っていて、トイレへ行く時は尿量が多かった気がします。

usuwan様のご指摘のとおり、
症状からみると死因は急性腎不全の可能性が高そうですね。。
検査の流れについても情報を下さり、頭にとどめておきたいと思います。

やはり、尿を出す処置は尿毒症を防ぐために必要だったのかも知れませんが、
検査が不十分だったのかなと思いました。
痩せることもなく食欲もあって元気だったのに、
急に膀胱ガンの恐れですと言われて驚いていました。

この獣医さんは、質問欄にも書かせていただきましたが、
血液検査や点滴という処置は何もしていませんでした。
水も食事もとらないで吐いてしまうと伝えていたのですが、
腎不全の可能性については説明されていませんでした。。
1月14日以降は血尿があり、
1月15日以降は血尿に加え、失禁(尿の臭いがしました)もありました。

これからは、しっかり検査をしていただける獣医さんを選びたいと思います。
私ももっと積極的に猫の治療方法について質問をしていくべきだったと反省しています。

ご多忙の中、ご意見いただきまして感謝いたします。
誠にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/19 13:40

sei_sukeさん。

はじめまして、こんにちわ。
私も今、血尿の病気の猫と暮らしています。

きちんと対処してあげたと思います。
きっと、そのねこちゃんも天国からsei_sukeさんのご家族のところに来て、良かったと思いますよ。

今、血尿から調べてみました。
私も動物の医師ではないので猫を飼った経験、本、インターネットですが・・・。
結石と膀胱ガンとは、同時に発生しないと思います。
多分、この病気だと思われますが・・・。
「尿石症(猫泌尿器症候群)」:猫の尿石症(にょうせきしょう)または、泌尿器症候群(ひにょうきしょうこうぐん)は、若齢の猫においてよくみられる疾患であり、血尿や排尿障害などの臨床症状がみられるのが特徴である。
一般的にこの疾患は、抗生物質や止血剤などで改善するが、その処置が遅れたり、間違ったり慢性の膀胱炎を繰り返したり、尿道の狭窄(きょうさく)・閉塞(へいそく)などを併発して腎機能が低下し、重篤(じゅうとく)な場合には外科的な処置を行わないと腎不全により死に至ることもある。

猫ちゃんは、腎臓が悪くなると病状は一気に悪化します。
動物全般、医療費がとっても高いと思います。
まして血尿・腎臓等の病気になると病院にかかる日数も増え、医療費が莫大になるときがあります。
その猫ちゃんは、それも分かっていたと思います。

ねこちゃんの死を現実に受け入れるまでに時間がかかると思いますがあまり自分を責めないで下さいね。
どんなときでもそのねこちゃんにとっての対処は、私は正しいと思います。
そのねこちゃんが生きた日々は、1年半と短いとは思いますが色々と教えてくれたことや思い出を大切にしてくださいね。
偉そうなことを書いてすみませんでした。
    • good
    • 25
この回答へのお礼

rainbow_chiさん、はじめまして。
ご回答ありがとうございます。
私事なのに色々とお調べいただいて大変感謝しております。

ご指摘のとおり、尿石症の症状がこの猫の症状と酷似しているようです。
獣医さんも最初は、抗生物質、止血剤、膀胱炎の薬、腹部の圧迫と
処置は良かったのかも知れません。
その後、また排尿障害になったのですが、その時に、尿道の狭窄・閉塞を
併発していたのかなと思います。

1月3日と13日の時、この猫の股間部(先端部分)は、
赤くなっていて痛そうに外に出ていました。
ですが、14日以降は、痛がっているのに先端部分が完全に引っ込んでいて、
前回の見た時の状態とは違うなと素人目にも分かりました。
これが尿道の狭窄・閉塞の兆候だったのかなと今では思っています。

14日の時に、鎮静剤を打って眠っていたのですが、
膀胱を圧迫して尿を出そうとした時は痛がらなかったのに、
股間部の周辺をつかんだ時に、眠っているのにも関わらず
体をビクビクさせて痛がっていたのが印象的です。

獣医さんは膀胱ガンの恐れと言っていたので、
なぜこの部分を痛がっているのだろうと聞いてみたのですが、
「詰まってはいませんよ」という言葉だけでした。

狭窄・閉塞の状態を治療できずに
腎不全になってしまったのかも知れませんね。。

この子の病気が少しずつ理解できました。
rainbow_chiさんの仰るとおり、この子との思い出を大切にしていきたい思います。
今、この子の写真を整理しているところです。
日ごろ、あまり涙を見せない家族が涙ぐんでいたので、
みんな大切にしていた猫だったんだなと改めて思いました。
お気遣いいただいて本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/19 12:24

sei_sukeさん、キャットフード選びで大事な事は、大きい袋で特価(安価)の物や1キロ\1200円以上の物を選んで置けばほぼ間違いは無いです。


(但し、子猫の時から体が丈夫健全な猫ちゃんです。)
良いキャットフードは良いドッグフード色々な原料が入っている為、値段は
高価です。大体3キロで4000円位が相場です。
愛犬家・愛猫家の中には値段が高いから、安いから良いフードとは限らない
と仰る方も居ますが、コストを抑えたフードに、どうしてフードの値段以上の材料が使われると思いますか?そんな話は有りません。
だってフードメーカーが潰れてしまいます。
今の時代って以上な位ペットブームですよね?それを見計らって、毎年毎年
ペットフード・ペット玩具産業に進出してくる会社が多いのは事実
ですが、毎年毎年倒産して行く会社も有るのも事実です。
やはりおもちゃや洋服なんかは中国産が殆どって事も有りますが…。
日本のメーカーだから安心・海外のメーカーだから不安って考えている方が
多いと思いますが、日本の安いフード・おやつこそ中国産を使用してるのも
事実なんですよ。
敢えてメーカー名は出しませんが、海外のメーカーの方が、ドッグにしても
キャットにしても良いフードが有るのは事実です。
どうしても安心も信用も出来ないのが、中国産のフード・おやつ・おもちゃ
これは避けた方が懸命かと思われます。
それ+中国よりも安全基準が低く危ないと言われてるのが、デンマーク産
これも購入時注意して見てください。
よって安価なフード・おやつ・缶詰やお徳用フード・おやつ・缶詰は
買わない。
1番はカリカリフードのみがベストです。
日本のメーカーでフード選ぶのなら、人間用の乳製品も作っているメーカーか、コーヒーのメーカーにも有るメーカーが今の日本じゃお勧めです。
他の商品も有りますが…。うちは使いませんね。
外国ならオーストラリア産・イタリア産・アメリカ産ですね。
アメリカ産も不安は有りますが、製造工場が大体はオーストラリアに
変わりましたからね。
フランス産のフードはとにかくしょっぱいのが多いです。(塩分高め。)
ご自分でも試食するのがベストです。試食して美味しいとか思っても駄目
だし、しょっぱいなら尚更駄目です。原料によって魚やチキンの味位しか
しない程度ならまずまずです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

w168様、ご回答ありがとうございます。
詳細なキャットフードの選び方をアドバイスして下さり
非常に参考、勉強になりました。
このページを家族にも読ませてあげたいと思います。

やはり、日本のキャットフードは中国産の可能性が高いのですね。
w168様の仰るとおり、企業は利益優先でしょうから品質の悪いものが
混ざっていることが多いんだなと痛感しました。
市販には、安くて量もそれほど多くないものが売っていますが、
そのような商品には手を出さないようにしたいと思います。
これからは外国のキャットフードについても視野に入れて、
比較的、安全基準の高い国のキャットフードを選ぶように情報収集していきます。
明日にでも、
「大きい袋で特価(安価)の物や1キロ\1200円以上の物」
を探しに出かけてみたいと思います。

試食のご提案ありがとうございます。
自分で味見をしてみて、多少高いキャットフードだったとしても、
味の濃いものや美味しいと感じたものは避けたほうが良いということですよね。
素材本来の味がメインのものを選ぶようにします。

w168様のおかげで、今度、猫を飼うときがきましたら、
適切なキャットフード選びができそうです。
ご親切なアドバイスに大変感謝しております。
誠にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/19 10:58

とても深い悲しみを感じていらっしゃる事と思います。


ご愁傷様です。
うちも16歳の子が腎不全の治療を始めて2年目です。
同じように2歳になる少し前に引越しのストレスから血尿、排尿困難で毎日通院しました。
3年前に血尿に気付き、夜11時過ぎてましたが救急で検査していただいた病院に通院しています。
猫ちゃんの死因は解剖しなければ本当の事は判らないでしょう。
でも、どんなに色々手を尽くして治療、看病しても、寿命だったんだと自分を納得させようとしても、もっと何かしてあげられなかったか、自分は飼い主として責任を果たしていたか、この子の気持ちを判ってあげられていたか・・・と後悔の波は何度も打ち寄せると思うんです。
膀胱に溜まったオシッコをお腹を押して出すのは残酷だと思います。
猫ちゃんも苦しかったでしょう。
うちはされた事はないですし、聞いた事もないです。
ですが、それぞれ獣医のやり方や判断もあるでしょうから、それ以上は何とも言えません。
ですが、やはりまずは血液検査で内蔵機能の状態を見るべきとは思います。
うちも救急で行った時もまず採血して結果まで15分くらい待ちました。
他の病院も行ってみるべきだったかもしれないですが、今悔やんで悲しんでいても猫ちゃんも悲しむでしょう。
旅立った後は元気な身体になって飛び回るそうですよ。
ですから今回の件を糧にして、また縁があって猫ちゃんを飼う事になった時の為だったんだと、猫ちゃんに感謝した方が喜ぶと思いますよ。
心からご冥福をお祈りします。
ご自分を責めずに、少しづつお元気になられますよう、祈ってます。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お気遣いいただき少し気が楽になりました。

ご指摘のとおり、私も血液検査などは出来ませんかと伝えたのですが、
獣医さんから血液検査では原因は分かりませんという説明を受けました。
内臓機能の状態を調べるという話は全く出てきませんでした。。

この獣医さんは、動物実験の研究や人間とガンの研究、薬の実験などで
本を出版していたこともあるようです。
エイズや白血病、ガンの治療などもやってきたとも聞きました。
動物の病気も人間の病気についても詳しいということで、
他の獣医さんより臨床経験も、動物実験のデータも持っているということから
この方に任せておけば猫を治してもらえるかも知れないと思ってしまいました。

今となっては他の病院にも診察に行くべきだったと思っています。
前の回答者様のところでも書かせて頂きましたが、
2万円でお腹を開けて調べることは出来ると言われました。
出血のもとや本当の死因が分かりませんので気にかかりますが、
家族から寿命だったと諦めなさいと言われました。
私もこれ以上、この子を傷をつけるのは止めておきたいと思います。

何よりこの子にとって私しか頼るものがなかったのに、
何も出来なかったことが悔しいです。
pomepome39様の仰るとおり、この子の死を無駄にしないように、
もっと猫や動物について学んでおきたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 19:19

ご冥福をお祈り致します。


若い猫や年老いた猫に関係なく膀胱炎は起こります。
増してや、猫の御飯で安い缶詰(塩分が高いのが多い。)や
安いドライフード(塩分が高い物多い。)それをミックス御飯で毎食与えて
居たのなら膀胱炎まっしぐら=寿命を縮めて居ます。
どちらか当てはまる様でしたら、長生きは出来ませんよ。
しかも病院通いも多くなり、猫の方が体に負担が多くて可愛そうですよ。
やっぱり生き物を買う(飼う)以上は良い物と愛情を与え長生きさせるのが
1番ですよ。
なので良くスーパーやホームセンターで、エッ、こんな物を与えているの?
って飼い主良く見かけます。
やはり人の食べ物もペットの食べ物も安い物は原料が良く有りません。
その様な物を与えていくと結果的に病院代が高く付くのは確かなので、
万が一猫ちゃんを飼う機会が有れば、教訓にして下さいね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご指摘のとおり、市販の安い缶詰やドライフードをあげることは、
猫の体に悪いと聞きました。
それを教訓に以前から飼っていたのですが遅かったようです。。

結石ですと再発はしやすくても、すぐに死に至るとは考えていません
でしたのでそれが何より悔しいです。
もっと猫のことを考えてあげられるチャンスがありませんでした。

w168様は、猫の食事についてお詳しそうですので、
猫の食事選びで何か判断基準がありましたら教えて下さると幸いです。

アドバイスに感謝しております。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 18:51

猫ちゃんのご冥福をお祈りします。



私はド素人ですが、最近見た急性腎不全の症状に似てるのかな?って思いました。
尿が出にくくなり、体の中で逆流して危険な状態になるそうです。
体に毒素が溜まるので気持ち悪く、おそらく嘔吐も伴うと思います。

sei_sukeさんが他にできたことと言えば、#3さんの言うとおり、他の病院に行ってみると言うことではないでしょうか?

文章を読む限り、獣医は「膀胱炎」と完全に決めてかかっていたようで、他の可能性を考えていなかったんですね。
それだけ具合が悪いのであれば、血液検査で結果も出てくると思うのですが・・・。
また癌にしても、そんなに急激に悪くなるとは思いません。
大学病院など大きい病院なら手術してくれる可能性だってあると思います。

ご存知かも知れませんが、動物は死ぬと虹の橋に行って遊んでいるそうです。
そこでsei_sukeさんを待っていますから、必ずまた会えますよ。
と、私は信じています。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
仰るとおり獣医さんは出血性膀胱炎と言っていました。
その後、出血が多いことから膀胱ガンかも知れないと。
尿が出ないのは、腫瘍が邪魔をしているのかなという診断でした。

ガンならば痩せたり食欲がなくなったり、
何か前兆があるのではと思いましたが。。
元気な猫だったのでどうしてという感じでした。

腎臓関係の病気については何も言っていませんでした。
最初、嘔吐をしていた時に先生にそれを伝えたのですが、
鎮静剤の作用で吐くことがあると説明されて信じてしまいました。
その後も、吐いていることを伝えていたのですが
気にとめていなかったようです。

2万円でお腹を開けて調べることは出来ると言われましたが、
そんな興味本位なことできません。。
ですが、出血のもとは何だったのか、
本当の死因は何だったのか気にかかります。

私が他の病院に連れて行ってあげたら、
違う結果があったかも知れないと後悔しています。

虹の橋のお話は、はじめて聞きました。
またこの子と会えることを祈っています。

素敵なお話を教えて頂き、本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 18:35

ご愁傷様です。


うちにはおしっこが出にくくなる猫が2匹います。
質問者さんの猫ちゃんは男の子でした?
男の子で去勢手術するとそうなる子が多いらしいです。

家の場合は2匹とも石が詰り、何度かおしっこがでにくくなり
また、出血も伴ってますが今だに元気です。

私が行った病院では
まず、おしっこがでなくなってから24時間くらいで
毒素が体に回って死んじゃうといわれました。
なので、病院に行くとカテーテル刺しておしっこを出してました。
あと一度なった子は繰り返しやすいので石ができにくい食事や
治療中であれば専用の食事に変えなきゃだめといわれました。
家も治療中は治療食・その後は予防食にしてます。
予防食は病院じゃないと手に入らない場合が多いので
たまに切らしてしまい普通の食事に戻すと、またすぐ
おしっこでなくなってしまいました。
逆に予防食を毎日欠かさず食べるようになってからは
数年おしっこでなくなったりしてません。

私は以前、飼い犬を亡くしました。
そのときは12歳で心臓を患ったので寿命といわれれば
寿命だったのかもしれませんが
どうしても、他に何か方法があったんじゃないかという思いがあり
それからは動物病院もセカンドオピニオンをするようになりました。

私は専門家じゃないし、猫ちゃんの状況を見たわけじゃないので
えらそうな事はいえませんが、質問内容を見る限りだと
質問者さんが何かできたんじゃないかというのであれば
1と2の間には数日あるようなので
他に対処ができたんじゃないかと思います。
(今回の場合、処方食に変えるとか。もし変えてたらごめんなさい)
あと、おしっこを出す方法がお腹を圧迫とありますが
私の経験ではお腹を圧迫させて出す先生はみんな年配の方でした。
(数10軒程度の経験ですが)
年配の先生は最近の治療方法を知らないで治療してる方もいるそうです。
(今回が当てはまるかはわかりませんが)
動物医療も日々変化してってるようなので
質問者さんにできた事といえばセカンドオピニオンじゃないでしょうか?


納得いくまで説明を受ける。
こちらは素人ですから知らないのは当たり前。
だからネットでも調べるし、先生にも疑問がなくなるまで聞く。
嫌な顔せずきちんと説明してくれる先生の所に通う。
他の先生にも診せて聞いてみる。

たしかにお金はかかりますが、今後後悔したくないという思いから
私はこういう風になりました。
電車や車で一時間かけて病院行く事もありましたし、
緊急でタクシーで行った事もあります。

質問者さんのおつらい気持ちよくわかります。
他に何かできたんじゃないかと思うとますます・・・。
私は5年経ったいまでも引きずってますよ(汗

今回は何かできたかどうかは実際はわかりません。
けど、少しでもそう思うのであれば
今後、猫ちゃんを飼う時に同じ後悔をしないように
精一杯育ててください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
貴重なご体験を話して下さり大変感謝いたします。

うちの猫は男の子でした。
去勢手術をしていない猫だったので、
去勢していなのになるんだねと獣医さんも驚いていました。
予防食を与えるよう指示をされましたので、
最初の通院の翌日、PHコントロールのための食事療法食を購入しました。
それから10日後の13日にまた排尿困難になってしまって、
お腹を圧迫する処置をしたところ1.5cmほどの結石が出てきました。
これで詰まっていた結石が出たと思って安心していたのですが。。

その翌日もまた排尿困難になってしまい、
通院したところ、もう詰まってないのに何でこうなるんだろうと、
またお腹を圧迫させて尿を排出させていました。

獣医さんが言うには、
「腹部を押して尿を出すというやり方は他の獣医さんはあまりしません。
解剖学を知らないから、そういう発想が出て来ない。学校でも教わらないから」
と仰っていました。

猫もお腹を押されて痛がって鳴いていたので、
見ていられませんでした。。

この獣医の先生は、地元の獣医さんに紹介されて伺ったのです。
1月3日はお正月でしたのでどこも動物病院がやっていなかったので、
ここなら絶対診てくれる、とおすすめしてもらい駆けつけました。

私もセカンドオピニオンで他の病院に連れて行こうと
家族と話していた時だったので、これが何より悔しいです。

様子を見ましょうと言われましたが、
様子を見ずに他の病院にも行くべきだったと。。

この猫のことは一生忘れないと思います。
hana_hyde様の心が癒される日を祈っております。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 17:15

こんにちは



ご愁傷様です

うちの猫も結石を持ちながら9年生きてくれました
何しろ変化を感じたら夜中でも医者に連れて行ったころが懐かしいです

といいうのは9月に肝臓の病気で亡くしました(夏の暑さが原因だったようです)
責めますよね自分を責めますよね
いまだに立ち直っていなくて痩せました

冷たい言い方かもしれませんが
次の猫の時には同じ過ちをしない。って思ってください
それが一番の供養だと思います

しっかり休んでくださいね

そして猫ちゃんが幸せに成仏しますように
    • good
    • 10
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
お気遣い頂いて心が少し楽になりました。

yuyuyunns様のお気持ちお察しいたします。
簡単には立ち直れないですよね。。
思い出すだけで勝手に涙が溢れてきます。

今も私の横で安らかな表情をしています。
あまりにも早い寿命でしたが、毎日、この猫と接することで
心が癒されていました。
とても濃い思い出になりました。

仰るとおり次の猫を飼うことがあれば、
猫の健康を第一に考えて接していきたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 16:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q猫のトイレから血尿のあとが・・・

今日、猫のトイレを掃除していたところ薄い赤茶色の血尿のあとを見つけました。2回おしっこをした跡があり、どうも2回目が血尿だったみたいなんです。
明朝には動物病院に連れて行くつもりではあるのですが、できるだけ早く病状を把握しておきたいので、どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

まずはあまたの猫の性別を確認します。もしも男の子であれば特に注意が必要です。猫の血尿の原因にはたくさんの病気がありますが、特に多い病気の一つにストラバイトという結石による膀胱炎があります。この結石は猫の場合には、砂粒状の場合が多く、次第にたまって膀胱にいたずらをします。男の子の場合にはこの結石が、尿道に詰まって尿閉塞を起こす場合があるのです。もしも吐きも伴っているのであればすぐにでも病院を探した方がよいこともありますよ。血尿がある場合の症状の注意点は、トイレに行く回数の増加はないか、食欲はあるか、嘔吐はないかなどです。とくに吐きがある場合には緊急を要する場合がありますが、あなたの猫はどうでしょうか。ほかの病気については病院にて診察してもらってください。

Q飼い猫が頻繁にトイレに行きます。何故?

猫が頻繁にトイレに行きます。
トイレの回数が多くなったのは昨日の夜からで、部屋中を走り回っては
トイレに行くといった行動を10数回していました。
便秘しがちな猫なのですが、トイレでの排便姿勢を見ると大ではなく
小をするためにトイレに行くような感じです。
一連の流れは下記のような感じです。

我が家の猫(メス、おそらく二歳前後、室内飼い)の状況。
1.突然走り出す。
2.トイレに行き30秒ほど力む。(苦しそうな感じはしない)
3.トイレから出ると、排泄部を舐める。
4.飼い主と遊んだり、ご飯を食べたりしていつもと変わらない感じ
 に戻る。
また1.の状態に戻る。
今はこのような状況でです。

実家の猫も頻繁にトイレに行くような状況があったため、病院に
連れて行ったところ尿道結石と診断されました。
我が家の猫も尿道結石の疑いがあるのでしょうか?
皆さんの意見を参考に、必要であれば病院に連れて行きたいと
思っています。
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4です。

膀胱炎か、尿石症でオシッコが少量になっているとき、
膀胱炎は、何度もしているから少量 膀胱にはたまってない
尿石症は、出ないから少量 膀胱にはたまっている
ですよね。

私は獣医さんに教えてもらったのですが、知識が無ければ難しく、やはり、獣医さんに見てもらうのが一番先決ですが、
自己判断は難しいですが、
膀胱を触ってみるのも手かもしれません。
猫を立たせて(四這いに)お腹の、後ろ足の付け根付近にあると思います。
こりこりするものが触れたら、尿石症でオシッコが膀胱にたまっている状態だと思います。
そういうものが無ければ、膀胱炎かな?
お試しになるなら、膀胱に傷がつきますのであまり強くされないでくださいね。


ちなみにうちの子が尿石症になった時は、夜間に気がついたため病院にいけず、病院で見てもらったときには、かなりな大きさであと少し遅ければ死んでたみたいです。
その時は、トイレに入って砂を掻いて座っはみるものの、オシッコはなく、何度も何度もその行為をし、いつもトイレの前にうずくまってました。水も飲みたいけど飲めないようでした。

No.4です。

膀胱炎か、尿石症でオシッコが少量になっているとき、
膀胱炎は、何度もしているから少量 膀胱にはたまってない
尿石症は、出ないから少量 膀胱にはたまっている
ですよね。

私は獣医さんに教えてもらったのですが、知識が無ければ難しく、やはり、獣医さんに見てもらうのが一番先決ですが、
自己判断は難しいですが、
膀胱を触ってみるのも手かもしれません。
猫を立たせて(四這いに)お腹の、後ろ足の付け根付近にあると思います。
こりこりするものが触れたら、尿石症でオシッコが...続きを読む

Qストラバイト結晶の猫に食べさせられるもの

9~10歳のオス、去勢済みがいます。(他に2匹います)

1年ほど前にストラバイト結晶が出て、2ヶ月間治療食(ヒルズ)をあげました。
その後、市販の予防食(ねこ元気・処方食に比べるとずっと安価)をあげ続けています。

で2週間前、再度尿検査でストラバイト結晶が出て、今日病院で購入してからヒルズのc/dになります。
サンプル(ロイヤルカナン3種とヒルズ1種)をもらって、ヒルズの食いつきが良かったのと、ロイヤルカナンは別の健康な猫が我先にと食べてしまうのでヒルズにしました。

かかりつけの獣医さんは、ストラバイト結晶は、治療食・予防食100%だといいます。
「マグネシウムとリンが最低限ならいいが、どのメーカーのフードがどうとか、この食品ならいいとかわからないので、処方食限定というしかない」という感じの言い方でした。
逆の言い方をすれば、マグネシウムとリンが最低限であれば他のものも食べさせても可ということかと思いました。


食べるのが好きで、ストレスに弱く、後から来た2匹とも仲良くできない子です。
遊ぶこともあまりせず、一日定位置で眠り、お腹が空いたらご飯を食べます。
処方食や予防食は嫌いみたいで、それしかあげないでいるためイヤイヤ食べます。最初に結晶が出てからずっとです。
猫草ならいいとか、ささみなら少しはいいとか、またたびなら構わないとか聞いたりネットで見たこともあるのですが、担当医の返事は、確証がないのでいいとは言えないという感じです。猫草もあげなくても大丈夫ですよーという感じでした。
あげないと駄目かということでなく、あげてもいいかどうか訊きたかったのですが、あげなくてもいいという返事でした。

猫草もまたたびも好物ですので、あげられたらいいなと思ったのですが、あげてもいいかどうかはわかりませんでした。先生の言い方だとあげないで、という感じでした。

拾った日やクリスマスやお正月やシャンプーした日や予防接種の後には、缶詰ご飯をあげたり、たまに猫草やまたたび、おやつをあげたりしていたのに、今は一切できません。
健康でいて欲しい、まだまだずっとずっと一緒にいたいとは思うので、食事療法やめたいとかそういうことでは決してありません。
ただ、ほんの少したまにだけでいいから、何か食べさせられるものはないのかなと探しています。
食品成分表も買いに行こうと考えています。

食事しか楽しみがない子から、その楽しみも奪って、ただ長く生かすことだけを強要するのがエゴなのかと悩んだりもします。
数年寿命が縮んでも(無知な発言かもしれませんが)美味しいもの好きなものいっぱい食べられる一生の方がいいのだろうかとかも考えます。エゴだろうがなんだろうが、一緒にいて欲しいのは私なので、そうすることはないですが。

ストラバイトでも食べていいものはないか。
同じ病気でも別の治療方針の獣医さんにかかっていたかたはいないか。
注意すべきこと、アドバイス、病気がどんなものか、どんなことでも構いませんので、何か聞かせていただけないかと思い質問させて頂きました。
宜しくお願いします。

9~10歳のオス、去勢済みがいます。(他に2匹います)

1年ほど前にストラバイト結晶が出て、2ヶ月間治療食(ヒルズ)をあげました。
その後、市販の予防食(ねこ元気・処方食に比べるとずっと安価)をあげ続けています。

で2週間前、再度尿検査でストラバイト結晶が出て、今日病院で購入してからヒルズのc/dになります。
サンプル(ロイヤルカナン3種とヒルズ1種)をもらって、ヒルズの食いつきが良かったのと、ロイヤルカナンは別の健康な猫が我先にと食べてしまうのでヒルズにしました。

かかり...続きを読む

Aベストアンサー

我が家の雄猫(現在3歳半)が、1歳~2歳の頃に同じ病気にかかりました。

まずは、結晶を無くす事が先決です。
療法食を食べていれば、個体差はあるかと思いますが…
恐らく1か月~1か月半ぐらいで消えると思います。

その後は、維持食に移行すると思います。
(尿検査を経て、医師からそう言われると思います)

維持食期に入ったら、様子を見つつ、維持食+普通食を与えても良いと思います。
(維持食だけでは、必要な栄養素を取れない可能性がある為)

但し、その『普通食』は、良質なフードにしてあげて下さい。
ベタな所では、アイムス・サイエンスダイエット等です。
安価なフードは、安価なりの理由があるのです。

個体差というか、体質の違いがありますので、
アイムス・サイエンスダイエットが必ずしも安全安心とはいえませんが…
うちの雄猫は、ヒルズのpHコントロールライト+アイムス体重管理用の食事で、
ここ1年半ほど同じ症状は出ておりません。

維持食期に入ったら、猫草は大丈夫だと思います。
普通に販売されている猫用おやつは極力与えない事、
ウェットフードは良質のものを、週に1度程度、量は40g程度に抑えて下さい。

お水は新鮮な水道水を。
(人が飲む、ミネラルウォーターはダメです。カルシウム等の栄養が高すぎる為)
お湯が好き、流水が好き、等の好みを見分け、必要な量を飲んでくれるよう工夫してあげて下さい。
(お水の飲み過ぎは腎臓病の兆候ですから、飲み過ぎの時も注意が必要です)


結石が出る要因としては、体質以外の点では、運動不足・ストレス等も上げられます。
9~10歳は、少し高齢にさしかかっていますから、過度な運動はよくないとは思いますが、
食べる事以外に、遊ぶ楽しさや、撫でる等のコミュニケーションを増やすなりの工夫を取り入れるのも良いと思います。
(小さなお子様がいてお忙しいとは思いますが…猫ちゃんの為にもほんの少し時間を分けてあげて下さい><)


あと…
煮干し・鰹節はあげない方が良いです。
(何人もの獣医師に確認を取りましたが、皆「絶対にあげないで下さい」と明言されました)

猫の体は小さいのです。
カルシウムの取り過ぎは結晶のもとになります。
(猫の体は元々、そんなにカルシウムを必要としません)

基本的に、干した魚というのは、養分?が凝縮されていて、人が思うよりずっと塩分濃度が高いのです。
塩分の取り過ぎは、腎臓を傷めます。
猫の腎臓は、人の親指・第一関節部分ぐらいの小ささです。
ひとつまみほどでも、とりすぎになってしまうのがお分かりになると思います。


まずは、結晶がなくなるまで、頑張って療法食を上げ続けて下さいね。
療法食にお湯をほんの少し(ご飯がふやけすぎない程度に)かけてあげると、匂いが出て食べてくれる場合もあるようです。

猫ちゃんが早く良くなりますように…!!

我が家の雄猫(現在3歳半)が、1歳~2歳の頃に同じ病気にかかりました。

まずは、結晶を無くす事が先決です。
療法食を食べていれば、個体差はあるかと思いますが…
恐らく1か月~1か月半ぐらいで消えると思います。

その後は、維持食に移行すると思います。
(尿検査を経て、医師からそう言われると思います)

維持食期に入ったら、様子を見つつ、維持食+普通食を与えても良いと思います。
(維持食だけでは、必要な栄養素を取れない可能性がある為)

但し、その『普通食』は、良質なフードにしてあげて下さ...続きを読む

Q猫 慢性腎不全の最期の看取り方。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多く、毎日150ccの指示でしたが50cc程入れたところで逃げられたり、全く刺せなかったりで、3日に2回は何とか輸液できていた感じです。腎不全の猫ちゃんを飼ってらっしゃる方のレシピを見て、鱈の茹で汁をあげてみたりスープ状のパウチを買いあさりましたが、それでも飲まず食わずが5日程続き、もうダメなのか…と思いながら、ダメ元で鱈の茹で汁に使った身をあげてみたら(本当は身はダメなのでしょうが食べることが優先だったので)かなりの食いつきがあり、1日に1切れの3分の1程度をあげていたら徐々に食欲が戻り、パウチも1日3袋食べたり、たまに気まぐれでいつものウェット缶を少し食べるまで回復しました。とにかく必死だったので、初めて鱈の身を食べてくれたときはそれはもう本当に嬉しかったです。水も飲むようになりました。

腎不全の診断を受けた1か月半前に、ご飯の後に前足で口を引っ搔く仕草が何日か続いたので、口内炎の疑いを持って1か月前に一度病院に行ったのですが、ポリープとの診断を受けました。見せてもらうとイクラくらいの大きさのできものが1つ、右ほほの口腔内の入り口にありました。悪性だったら切除したほうが良いけど、年齢が年齢なので麻酔で死んでしまうかもしれないし、口にできるものは切除しても再発しやすいから、この子の場合はもう仕方が無いとのことでした。この時の体重は2.6kgでした。

それからも、腎不全の診断を受けた後も、ご飯の度に口を気にしていました。腎不全の進行とポリープはどちらが先かはわかりませんが、口が痛くて食べる量が減り、脱水になり、一気に腎不全の数値が悪くなってしまったのではと考えています。最初は引っ掻きながらも食べていたので特に気にしておらず、他にも2匹いる為いつから食べなくなったのかもハッキリわかりません。半年ほど前から少しずつ痩せてきていましたが、もう歳だからと解釈していました。お恥ずかしい話ですが、食べないことで起こる脱水や腎不全の進行の可能性についても全く無知でした。

今月に入ったあたりから、鱈をあげると歯をギリギリと鳴らすようになり、口からこぼれた身のかけらには少し血がにじむようになりました。それでも鱈は好きらしく、食べていましたが、2週間程前からは口の痛み?か口の不快感が勝つようになり、ほとんど食べなくなったので、あげるのをやめました。
体重はあまり変わらなかったですが、パウチやウェット、たまにカリカリも食べたり、皮下輸液からは跳んで逃げるくらい元気になっていました。

ちょうどその頃に私の健康診断があり、採血のときに何故かいつも以上の痛みを感じました。あの子はこの痛みを背中から毎日受けてるんだ…輸液はただの延命じゃないのか?水も毎日100ccくらいは飲んでるのに、本当に毎日しないといけないのか?この子はそれを望んでないのでは?と迷いが出始めてしまい、毎日しないといけないのに、2日に1回にし、特によく飲む日が続いた4日間は輸液なしにしてしまいました。すると翌日、腎不全の診断を受ける前のあの感じ…低い声で鳴きながらフラフラと徘徊し、外に出たがり、そしてうんちがなかなか出ず、きばりすぎて吐いてしまいました。あわてて輸液を再開しましたが、すでに遅かったようです。最初の時のように、輸液を毎日やればあの復活劇があるはずだと信じて毎日続けましたが、逃げる力がないのか輸液はやりやすく、食欲は低下したまま、パウチを1日に1袋食べる程度で水もあまり飲まなくなり、でも口を引っ搔く頻度は増えていました。
輸液を再開して7日目の夜、家に帰ると、テーブルの上に座ったその子の口から血が垂れていました。近くのこたつにも大きな1滴。真っ赤な鮮血です。その子は小刻みに震えていました。血ははよだれと一緒に少しずつ出てくる感じで、たまに黒い塊もありました。歯の隙間から口の中を見るとまさに血だらけの状態でした。何故なのか訳が分からず、とにかく出てきた血を止まるまでの2~3時間拭いてやり、救急に行こうかと話もあがりましたが、その子自身穏やかだったこともあり、救急は見送りました。(この日の午前中に輸液とビタミン剤と抗生物質を打ちに病院に行っています)しかし翌日から元々弱かった後ろ足が更に軟弱になり、一度歩き出すと次の場所に着くときは倒れこむ感じでした。口からは薄茶色っぽいよだれが出るようになり、口の中もネバネバしているような感じでした。
次に病院に行けたのはその3日後の25日(金)で、先生曰く、ポリープがつぶれたのか歯が抜けたのか、吐血ではなく口の中からです。としか言われませんでした。体重はうんと減って1.7kg。抗生物質とビタミン剤と輸液を打ってもらい帰りましたが、後ろ足が立たずほぼ寝たきりになり、おしっこもそのままするようになりました。1日大匙1杯ほどに減ったご飯もこの日からは一切食べなくなりました。
強制給餌には反対派でしたが、もし食べたいのに痛くて食べられないのなら可哀想だと思いシリンジでお水をあげると、ガツガツと飲んでくれました。スープ状のフードは嫌がりましたが、少し無理やり、大匙1杯ほど飲ませました。たまに口を、カッ、カッと開けるような仕草をします。
昨日の朝は水も嫌がりましたが、また少し無理やり水もフードも飲ませました。夜も同様に嫌がりましたが、水と、フードを小匙1杯程度、あと24日あたりから口内炎の疑いを勝手に持っていたのでマヌカハニーを買って帰り、口腔内に少しずつ塗りました。寝たきりのようで、たまに上体は起こして休んでいるような感じでした。ただ22日頃からほとんど目はつぶっておらず、もしかするとしばらく寝ていないのか…。私の声に対して反応は無く、一昨日、昨日と私がこたつで添い寝をし隣に寝かすのですが、こたつに入りたがるので中に入れ、顔だけ出すようにしてました。どうやって移動してるのか、私がたまに目を覚ますたびに違う場所に寝ころんでました。
そして今朝7時過ぎ、カッ、カッ、の音で目を覚ますと、寝ころんだままこたつの中で口を半分ほど開けて頭を小さく上下していました。感覚が長くなり、止まったのかと思えばまたカッ、カッ、、、、、カッ、と最後は1回だけ動かし、目を開けたまま逝ってしまいました。気が付いてからは2分くらいの時間でした。呼吸困難なのか痙攣なのか、その間は何も言ってやれず、しきりに名前を呼んで体をさすってあげることしかできませんでした。ここ数日の弱り具合から見て、もしかしたら今日旅立つかもしれない可能性も覚悟もあったものの、実際かなり辛いです。
口の周りを拭いて、ブラッシングでボコボコに絡まった毛玉を取り毛並を整え、準備していた猫柄の箱で眠ってもらっています。キレイ好きな子だったのに、ここ数か月は毛づくろいができず、ガリガリなのでブラッシングもできない状態で可哀想でした。

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。心の整理がついておらず、あった出来事を全て書いてしまいました。まとめられず。すみません。

肝心の質問なのですが、
①亡くなった後に口の中の状態だけ見ましたら、全体的に白っぽく、舌も真ん中あたりが白く、唾液は粘り気がある感じでした。歯は左側の上の奥歯が右側に比べ2本ほど少ないようでしたが、出血部位は無く、当初の右頬のポリープはありませんでした。
白っぽいというのはやはり口内炎でしょうか?

②もし口内炎であれば、輸液を怠った4日間で腎機能が低下もしくは尿毒症になり、潰瘍ができてしまったのでしょうか?輸液を続けていれば防げたのでしょうか?もしくは続けていても、数か月後いずれは同じ結末になったのでしょうか?

③最期の瞬間のカッカッとなったのは苦しんでない、老衰だと家族は言いますが、そうなのでしょうか?尿毒症の症状なのか呼吸困難なのか老衰なのか…マヌカハニーが溶けきれず詰まってしまったのではと、可能性が絞れません。亡くなる1時間半前に一度起きた時は静かだったのですが、その後いつから始まったのかは不明です。

④5日前くらいからほぼ透明で無臭のおしっこが出ていたのですが、亡くなる直前の2回分は濃い黄色(薄茶色?)でアンモニア臭もそれなりにしていました。残った老廃物を出したのか、強制給餌のフードやマヌカハニーの色がそのままおしっこに出ることはありますか?

⑤診察料が良心的でいつもお世話になっている病院なのですが、最初にポリープとの診断があったとき、年齢からくる免疫力の低下と言われただけでしたが、血液検査を勧めて欲しかったと今になっては思ってしまいます。特に口の中のものは腎臓からの場合が多いと後で調べてわかりました。出血の原因もそこまでさっぱりわからないものなのでしょうか?信頼したいのですが、少し疑心暗鬼になってしまっています。どちらの病院もこんなものでしょうか?

もう終わったことなので今更といえば今更なのですが、間違った解釈があればご指摘願いたく質問させて頂きました。同い年の猫も腎臓の数値が少し高いので、今後の参考にもさせて頂きたいです。宜しくお願い致します。

初めて質問します。すみません、かなり長文になります。

今朝、腎不全の猫が他界しました。17歳8か月の生涯でした。
約2か月前に食欲の低下に気付き、最近いつものご飯(ウェット缶)をあまり食べない、水も飲んでない気がする…、と。すぐに病院に行けず、それから4日後にやっと行き血液検査をしたところ、腎不全との診断でした。BUN140以上、CRE6.7、体重2.35kg、かなりの脱水状態。明日から毎日皮下輸液しに来て下さいと言われ、行ける日は病院で受け、行けない日は自宅で輸液していました。最初は失敗も多...続きを読む

Aベストアンサー

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ白でした。栄養が足りず貧血でしたから。

③老衰でも病死でも、死ぬ間際に発作症状とか痙攣をおこすという話はよく聞きます。それでは?マヌカハニーではないと思います。

④うちの猫は完全食欲廃絶して1週間後に息を引き取りましたが、死ぬ前に垂れ流した尿はやたら黄色で臭かったです。エサはもう食べていないので食物の成分ではない。凝縮された補液の成分(ビタミン、ミネラル等)が出てきたか、最後に溜まった老廃物を一気に出したか、でしょうね。

⑤獣医は確かにヤブも多いので(年配の獣医だと去勢と予防接種くらいしかロクに知らない人もいます。設備の新しい若い獣医にかかった方がいい)そちらの獣医さんがどうか知りませんけど、たとえどんなに優秀な獣医でも動物の診断には限界があります。猫は人間と違って検査や治療に協力的ではないです。体重2kgの弱った小動物にしょっちゅう採血したり、X線だのCTだのMRIだのかけるわけにもいきません。持病で免疫の落ちた老猫には様々な症状もでます。獣医でもうまく説明がつかない症状が出たりします。出血もそんなひとつだったのかもしれません。白黒つけたいお気持ちは分かりますが、あまりこだわらない方がよいのではないですか。

あなたは今、猫を失った上、治療や看護方法に疑問や後悔が残っていて、とても辛い時期だと思います。
でも猫ちゃんはきっと感謝していると思います。17歳まで元気に飼ってもらって、病気になっても飼い主さんが自分を救おうと必死に頑張って、最後まで寄り添ってくれたのですから。

今は静かに亡くなった猫ちゃんの冥福を祈って、残された2匹の猫ちゃんを大切にしてあげてください。(彼らを定期健診にも連れて行ってあげてくださいね。)

看病、よく頑張りましたね。お疲れ様でした。

腎不全でも、癌でも、病気で死ぬ猫の最期は皆ある程度壮絶でかわいそうなものです。
私も、やせ細った猫に注射や点滴の針を刺すのがつらくて、毎日病院に通うなんてとんでもないし、
そういう治療を極力避けていました。補液をあまりやらなかった結果、やはり脱水症状を起こし、食欲も続かず、結果的に余命を何日か縮めてしまったかもしれません。

うちの猫の死因は癌で、腎不全の医学的に詳しいことは分からないのですが、

①衰弱死したうちの猫も口の中や舌は真っ...続きを読む

Q猫が3日ほど餌を食べてくれません。。。マジにやばいです

15年以上飼っている老猫です。

ここ数日まともに餌を食べてくれません。
口内炎を煩っているので、普段から食べるのは大変そうなのですが、もうそれは何年も続けてきたので今更では無いと思うのですが。

とにかく、痩せはじめて、体力も無くなってきています。一応、食欲の出る薬は毎日飲ませているのですが。。。(口内炎用に)

普段はドライフードなのですが、肉を買ってきたりしてみましたが、それも食べてくれません。昨年、もう一匹の猫を同じように亡くしているので、なんとか、餌を食べてもらって、栄養をつけてもらいたいのですが、何かいい方法はないでしょうか?

このままでは、本当に体力の限界です。お願いします。助けてください。

流動食とかいい方法ないでしょうか。。。今の状況は本当本人も「死」を待っているだけみたいな状況なんです。

Aベストアンサー

30年来、ネコを飼いつづけている者です。

年齢もあるのでしょうが、いくつか方法を挙げます。
なんとかよくなればと願いを込めて投稿します。

1、口をこじあけて、口の内側にやわらかく練ったごはんを塗りつけてしまってください。ぐはんは、消化の良いもの、体にいいもの(レバーのペーストがおすすめ)がよろしいかと思います。

2、水分も同様です。鼻のかわきに注意してあげて、水分を近くに置いてあげておいてください。


最後に、おもらしをする可能性があります。おこらないであげてください。それと共に、寿命が近いことをわかってあげてください。

がんばって元気になることを祈ります。
 

Q猫の膀胱炎完治するには

こんにちは、1歳になる雄猫(去勢済)の飼い主です。今朝、猫が頻繁にトイレへ行く異常さに気づき、病院へ行ったら膀胱炎と診断されました。尿採取のためペニスにカテーテルを差し込んだら、血尿がみるみる出てきてびっくりしました。そして尿の検査結果、わずかでしたがストラバイトの結晶が見られました。医師に言われた今後の治療方法としては、投薬(プレドニン錠、バイトリル錠、トランサミン錠)及び食事療法でした。食事の方は猫の好みを知るため4種類の缶詰(ヒルズ、アイムス、ウォルサム、スペシフィック)を出されました。うちは今までカリカリと缶詰の併用でしたが、医者には缶詰のみを勧める(水分量が多いため)と言われました。
さて、前置きが随分長くなってしまいましたが、以下質問です。
1)食事療法として缶詰のみを勧められましたが、カリカリと併用だと支障あるのでしょうか?
2)食事療法として4種類(4社)の缶詰を出されましたが、猫の好みも考慮しようと思いますが、この中でお勧めはありますか?
3)膀胱炎を経験している飼い主さんはとても多く見受けられましたが、完治するまでどれくらいかかりましたか?個々によって違うと思いますが、それぞれのケースが知りたいです。
4)医者に、もしかしたら一生食事療法が必要かもと言われました。猫ちゃんが完治して一般食に戻られたケースなどはありますか?
5)うちの猫はあまり水を飲みません。(今まで牛乳派)うまくお水を飲ませるいい方法などありますか?
6)このサイトを見て、膀胱炎などの猫はブラッシングが必要(?)というように見受けられました。もし必要であればそれは何故ですか?
質問は以上です。非常に長くなってしまいましたが、よい回答頂けるれば大変助かります。よろしくお願いします。

こんにちは、1歳になる雄猫(去勢済)の飼い主です。今朝、猫が頻繁にトイレへ行く異常さに気づき、病院へ行ったら膀胱炎と診断されました。尿採取のためペニスにカテーテルを差し込んだら、血尿がみるみる出てきてびっくりしました。そして尿の検査結果、わずかでしたがストラバイトの結晶が見られました。医師に言われた今後の治療方法としては、投薬(プレドニン錠、バイトリル錠、トランサミン錠)及び食事療法でした。食事の方は猫の好みを知るため4種類の缶詰(ヒルズ、アイムス、ウォルサム、スペシフィ...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初に、箇条書きで書けないので、少し読みにくいかも知れませんが、読んで頂くと嬉しいです。
我が家は、メスの子なんですが、昨年より3回目の膀胱炎を発症しました。結晶はなく状況が違うのですが、あまりの大変さは身に染みてわかります。
だいたいは、1回の発症で投薬が3週間~1ヶ月半以上続きます。この時に絶対にちゃんと投薬してください。猫も質問者さんもヘトヘトになりますが、ちゃんと飲ませないと長引くだけかも知れません。
毎日のトイレチェックは、やはり重要で少しでも量が少ない場合やトイレ回数が多くなった時には、すぐに病院に問い合わせて、利尿注射をしてもらうか、薬が変更になるかも知れません。
エサは、我が家でも1回.2回と発症する度にナチュラルフードのマグネシウムの低いものに変えてきましたが、最終的には療法食に落ち着きそうです。3回目の治療が終わったのが、数日前なんですよ。
1回目の治療の時にちゃんと療法食に変えていたりしたら、2.3回も大変な思いをさせなくて済んだかと思うと、かわいそうな事をしました。(再発率は高いそうなので、一緒だったかもしれませんが)
今のフードは、ドライにウォルサムpHコントロール(普通味)で、ウェットがヒルズc/dになりました。
最初に試供品(病院でもらう)で、少しずつ味を慣らして食いつきの少しでもいいものを2種類試してから、決めました。でもやっぱり普通のものより食いつきは落ちるんですよね。。ドライにウェットを少し入れてかき混ぜるとやっと食べてくれます。
飲み水の量としては、測っていませんし、多いか少ないかの判断が出来ないのですが、1日に2回多くて3回程度飲んでいます。
ウェットにする方がいいのか、悩みましたが、今の所はドライがメインで少量のウェットです。今のところは一般食に戻すつもりはありません。おやつ類もやめました。
ブラッシングについては、私の質問でそう思われたのかも知れませんが膀胱炎の原因が特定できない我が子については、人間側の出来る事を書いたまでで、それが有効かどうかは獣医に言われたのでも、どこかのサイトに書かれたものでもないです。ですが、ブラッシングをしている最中にお腹を触ったりして診察時にもあまり嫌がらなくなりました。(成猫のノラだったので、なかなか触らせてくれなかったんですよ)

お互いに大変ですが、再発しないようになってほしいですね!!

まず最初に、箇条書きで書けないので、少し読みにくいかも知れませんが、読んで頂くと嬉しいです。
我が家は、メスの子なんですが、昨年より3回目の膀胱炎を発症しました。結晶はなく状況が違うのですが、あまりの大変さは身に染みてわかります。
だいたいは、1回の発症で投薬が3週間~1ヶ月半以上続きます。この時に絶対にちゃんと投薬してください。猫も質問者さんもヘトヘトになりますが、ちゃんと飲ませないと長引くだけかも知れません。
毎日のトイレチェックは、やはり重要で少しでも量が少ない場合やト...続きを読む

Q猫3歳オスの血尿が止まりません。一日3回の

血尿、残尿感はない様子、病院で抗生物質の注射をし、3日後血尿が酷くなったため(頻尿と血餅はなし)、病院で安定剤(ノーマルン)を内服し、そのまた3日後副作用(のどの渇き、便秘)あった為、ドクター指示にて服用を中止しました。その後検尿で潜血(3)蛋白(3)ph6,5結晶は見られず、レントゲンでも結石はなく、エコー施行し尿量少なかった為はっきりではないが、結晶はなかったそうです。特発性膀胱炎と診断され、2週間たってたので、また抗生物質の注射をしてもらい止血剤(塩化リゾチウム)の内服が始まり3日たちました、血尿はまだ止まりません。血尿が始まって3週間たちました。ドクターは造影の検査を進めてます、でもストレスが原因なら病院に行くことが大きなストレスかな?とも思います。ドクターと相談の上食事をヒルズc/dに変えました、ストレスの緩和もしてるつもりです。同じような経験をお持ちの方、是非アドバイスを頂ければと思いますので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

下記サイトに血尿に関するQ&Aが出ています。
http://www.noah-vet.co.jp/soudan/cbbs_cat/srch.cgi?no=0&word=%8C%8C%94A&andor=and&logs=all&PAGE=20
水分を多くとらせるために、ウェットタイプのエサに水を混ぜて与えるといいと思います。
お医者さんが造影の検査をすすめているなら、そうしたほうがいいと思います。
病院ですごく暴れるということがなければ、通院によるストレスということは、あまり考えなくてもいいと思います。病院を変えてみるのも一つの方法でしょう。
下記サイトの#3の回答に相談できるサイトがまとめてあります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7755117.html

Q尿道結石になったネコに何を食べさせてますか?食事療法を悩み中です

過去にも同じ質問をさせて頂いているのですが、最近また猫用ペットフードで悩んでいますので、質問させて下さい。

1年前に9歳のオス猫は、尿道結石になり急遽ペニス切除の緊急手術になりました。再発するのも怖いので、結石にに配慮した猫用フードを探し中です。

市販のフードは、結石にに配慮と記載されてますが、どこまで信用出来るのか分かりません。
ちなみにウォルサム、ヒルズのドライもウエットタイプも大キライです。
少し混ぜただけでも、嫌がります。
※唯一ウォルサムのPHケアだけは混ぜる位なら許してくれます。
(ただこの製品は療用食ではありません・・と記載されてますが)

なんたって我が儘なネコなんです。
そのくせ食事には欲深くて、おいしいものが大好きです。
そうゆうふうに育ててしまった私にも責任があるのでしょうが・・(汗)

結石にになった子に何を食べさせてますか?

Aベストアンサー

とりあえず今は落ち着いていて、再発防止のためだけでしたら、療法食でなくても良いとは思います。

うちの子が結石になった時は、ヒルズ、ウォルサム、アイムス、スペシフィックの療法食を試しましたが、まともに食べたのはスペシフィック・ウェットだけでした。

治った後は、療法食ではなく尿路疾患対応のナチュラルフードを食べていますが2年以上再発していません。
尿のphをたまに調べて(おしっこチェッカーというのでやっています)少しアルカリに傾くと、療法食のウォルサム・メチオニンタブレットを2粒ほど食べさせています。これは食事ではなくタブレットなので少量で良いですし薬のように口にほうり込む事も出来ます。うちは好んで食べるのですが。

ちなみにフードは缶詰とドライ両方で、缶詰はいろいろです。ドライは、ソリッドゴールド、ナチュラルバランス、アボキャットなどのナチュラルフードです。ナチュラルバランスは尿のphを正常にするクランベリーなど入っていておすすめです。アメリカで一番大きな動物園の猫科の動物の食事に使われているとの事です。

スーパーなどにはないのでネットで買っています。
参考URLでサンプルを送ってくれるのでご覧になってはいかがでしょうか。ナチュラルフードの中には多少あやしげなものもありますのでご注意くださいね。
書き込みました3つがわたしのおすすめです。

参考URL:http://www.nekobatake.com/

とりあえず今は落ち着いていて、再発防止のためだけでしたら、療法食でなくても良いとは思います。

うちの子が結石になった時は、ヒルズ、ウォルサム、アイムス、スペシフィックの療法食を試しましたが、まともに食べたのはスペシフィック・ウェットだけでした。

治った後は、療法食ではなく尿路疾患対応のナチュラルフードを食べていますが2年以上再発していません。
尿のphをたまに調べて(おしっこチェッカーというのでやっています)少しアルカリに傾くと、療法食のウォルサム・メチオニンタブレッ...続きを読む

Q猫膀胱炎予防する為の良いお食事はありますでしょうか

うちの猫ちゃん膀胱炎になってすでに3週間経ちました、一昨日夜また前よりひどくなりまして、トイレを行ったり出たり、さすが猫ちゃんもすごく疲れ、そのうち寝込んだままでオシッコをするようになりました。すごく可哀そうです。昨日からは違う抗生剤を変更し、まだ効いてないですね。明日朝また病院へ行くかもしれません。
猫ちゃん膀胱炎のなったらどれぐらい辛いと大変のが良く分かりましたが、今後再発しないように何を注意すれば良いでしょうか?膀胱炎に予防できるような食事やお水はありますでしょうか?
ご存知の方教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

質問がありましたので再レスです。

そうですね、砂の全量交換は短い方で1ヶ月、長くても2~3ヶ月に1度が普通のようです。
うちはおから系なのですが、パルプ、木質、おから系はどうしても吸湿するので限界に気づくのですが、ベントナイト系は持ちがいいから気にならない分、長く使ってしまうのでしょうね。

おっしゃる石というのはベントナイト(俗に鉱物系)だと思いますが、
性能ピカ1は昔からエバーグリーンですね。
http://item.rakuten.co.jp/hinoki/c/0000002652/
ベントナイト(モンモリロナイト)は鉱石の一種でして、特異な給水性能と若干の抗菌作用があり、生体に無害で吸水作用と引き替えに分子間にあるミネラルとマイナスイオンを放出するという面白い鉱石でして、昔から化粧品や石けんなどに多用されてきました。

猫砂として性能がいいのは確かにエバーグリーンですが、実際何カ所か採掘場に実際行って研究しましたが、どこも殺菌作用について鉱石としての著しい性能差というものはありませんでしたので日本国内製であれば実際どこも品質は同じようなものですね。(吸水性能は確かに差がありましたが)

少しでも吸水した状態(湿度でも)は分子間が広がり多孔質になるので、その状態で長期間だと殺菌作用が先に切れた場合は逆に細菌の繁殖元となりますので定期的な全量交換はやはりベントナイト系でも必要だと思います。

やはり3週間で改善がないのは薬がわたしも合ってないのだと思います。
新しく変えた薬が効き、早く治るといいですね。

質問がありましたので再レスです。

そうですね、砂の全量交換は短い方で1ヶ月、長くても2~3ヶ月に1度が普通のようです。
うちはおから系なのですが、パルプ、木質、おから系はどうしても吸湿するので限界に気づくのですが、ベントナイト系は持ちがいいから気にならない分、長く使ってしまうのでしょうね。

おっしゃる石というのはベントナイト(俗に鉱物系)だと思いますが、
性能ピカ1は昔からエバーグリーンですね。
http://item.rakuten.co.jp/hinoki/c/0000002652/
ベントナイト(モンモリロナイト)は...続きを読む

Qどうかよろしくお願いいたします。

どうかよろしくお願いいたします。
5週間前の3月9日に排尿後のトイレシートにキラリとした物を一粒だけ見つけ、獣医さんに診せたところ血尿(+++)が在り膀胱炎だろうと、抗生物質と炎症止めのお薬をいただき、服用させておりました。その時はストロバイトも結石もありませんでした。

10日後の3月19日に尿検査をしていただくと、まだ血尿(+++)は止まっておらず尿タンパク(+)も出ていました。phは6~7でストロバイトも結石も無しでした。血液検査をしていただくと、WBCは85 TPが8.1  ALBが3.8  BUNが26.3 CREが1.7  GPTが48 GOTが44 GLUが99 Caが11.5 リンが3.5 LDHが145 でした。腎臓のエコーも撮っていただきましたら、右腎臓が少しカタチがいびつになっており、中に黒く少し濁った影がありました。それが何なのか分からないと仰るのです・・・。腫瘍か炎症かどちらかだと言われました。

その後、4月2日に再検査をして頂きましたが、潜血(+++)はまだ有り、尿タンパクは(+)でした。血液検査はWBCが123  TPが8.3  ALBが3.8  BUNが3.0  CREが1.6 Caが11.7  IPが3.5でした。エコーでの検査では、腎臓はキレイになっているとのことでした。

こんなに長く血尿は続くものなのでしょうか?
コノ血液検査の結果では血尿の原因は分からないものなのでしょうか?
もし、わかるとしたら病名は何でしょうか?
心配で心配でたまりません・・・。
猫本人は、少し元気はありませんが、食事も食べており、排尿もしております。

どうか、どんなことでもかまいません。
教えて下さい。よろしくお願いいたします。

どうかよろしくお願いいたします。
5週間前の3月9日に排尿後のトイレシートにキラリとした物を一粒だけ見つけ、獣医さんに診せたところ血尿(+++)が在り膀胱炎だろうと、抗生物質と炎症止めのお薬をいただき、服用させておりました。その時はストロバイトも結石もありませんでした。

10日後の3月19日に尿検査をしていただくと、まだ血尿(+++)は止まっておらず尿タンパク(+)も出ていました。phは6~7でストロバイトも結石も無しでした。血液検査をしていただくと、WBCは85 TPが8.1  ALBが3.8  ...続きを読む

Aベストアンサー

そちらは注射は無しでしたか。
我が家のかかりつけでは、膀胱炎等泌尿器系はいつも診察当日に注射をして、
1週間分の抗生物質の飲み薬を処方されるという感じです。
一番最後に別の子が膀胱炎でかかった時には、
注射の抗生剤が持続性のあるものになったとかで、注射のみで飲み薬の処方は無しでした。
獣医さん各々の治療方針の差によるものなのかもしれませんが、
まぁ、注射も良し悪しかもしれないです(笑)
注射される時は1回に3本とか打たれているので、
(点滴や、ストラバイトを溶かす薬等のでっかい注射1本に、抗生剤等の小さい注射2本)
次々に注射針を刺され、しかもでっかい注射の薬液で一時的に水コブが背中にボコッと
できあがる様子を見るのも、猫が気の毒になります。

今飲んでもらっている抗生物質が、2週間後が飲み続けて良い推奨期限なら、
とりあえずそこで投薬はストップするのではないでしょうか?
それでも別の薬を処方されるなら、ちょっと投薬をやめて様子を見たいと
相談してみるのもよいかもしれません。

快癒は……いつになるでしょうね……。
我が家の猫も肉眼的血尿が消えるまでに2ヶ月近く、尿検査で潜血+++がなくなるまで
半年以上かかっていましたから、もしかしたら質問者さんの猫ちゃんも
そのくらいかかるのかもしれませんし、そこまでかからないかもしれませんし……。
このような状態が長く続いているのはさぞ心配かと思いますが、
猫ちゃんが元気を回復してご飯もちゃんと食べているなら、
そのうち治るかも、位に考えて肩の力を抜いてみるのもいいかもしれません。

そんな事をアドバイスしている私も、当時は毎日オシッコの色をチェックし、
(割り箸に小さく切った白い紙を挟んで、用足し最中のオシッコに当てて
確認していました)、泌尿器の専門医に何度も診てもらい(専門外来は平日(^^;))、
酷く吐けば慌てて翌日の病院に嘔吐液持参で連れて行き……と心配性な日々を
過ごしておりました。
当時の私も、現在の質問者さんの心境と同じだったと思います。
深刻な病気は検査で見つからなかったのですから、きっと治ると信じて
様子を見守っていきましょう!

ところで、採尿150ccは多いですね(笑)
私は採尿の時は、100円均一のプラスチックおたまを使っています。
これを、オシッコで腰を落とす動きに合わせて、そっと腰の下に差し込みます。
おたまは柄が長くてトイレ内の位置取りに柔軟に対応できますし、
おたまの大きさは猫のお尻の大きさと大体同じくらいですから、
多少位置がずれてもちゃんと採尿する事ができますよ。

そちらは注射は無しでしたか。
我が家のかかりつけでは、膀胱炎等泌尿器系はいつも診察当日に注射をして、
1週間分の抗生物質の飲み薬を処方されるという感じです。
一番最後に別の子が膀胱炎でかかった時には、
注射の抗生剤が持続性のあるものになったとかで、注射のみで飲み薬の処方は無しでした。
獣医さん各々の治療方針の差によるものなのかもしれませんが、
まぁ、注射も良し悪しかもしれないです(笑)
注射される時は1回に3本とか打たれているので、
(点滴や、ストラバイトを溶かす薬等のでっかい注射1本...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報