人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

政治における多元論とはどのようなものなんでしょう?
ルソーの「社会契約論」と関係あるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

社会契約論を全部読めば、あなたなりの答えが出ます。

日本語訳もまともで読みやすいし、ルソーは文章力が高いので、読んでいて、さして苦痛ではありません。

国家の本質である一般意志に、市民の特殊意志や個別意志が反することはありうるし、それをどの程度まで許すかという点に、ポイントがあります。個人は結局、一般意志への服従を強制されるわけですけど。

ドイツ古典哲学は、カントからヘーゲルにいたるまで、「自由とは、一般意志と個別意志が合致した状態である」という、ルソーの思想をそのまま引き継いでいます。これは、ルソーを肯定的に読む人たちの理解の仕方です。

Wikipediaの記事は、逆に否定的なことばかり書いてますね。これはイギリス系の思想家の典型的な思考様式です。まあ、自然法思想そのものが、昨今では流行らないという現状もあるのですが、これだとルソーの偉大さに影響を受けた人々がたくさんいることが、逆に説明がつかなくなってしまいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりやすい回答、ありがとうございます。
日本語訳で読んでみます。

お礼日時:2008/01/20 01:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング