最近読みたい本がみつからないので
教えてもらいたいと思って質問させていただきます。

ちなみに
今まで読んだことのある本(作家)は
【作家】
・乙一(全部読みました)
・山田悠介(全部読みました)
・恩田陸(puzzle・オセロゲーム)
・赤川次郎(三毛猫シリーズ全部・ポイズン・死者の学園祭)
・大石圭(呪怨・飼育する男)

【作品】
・THEQUIZ
・涼宮ハルヒシリーズ
・キノの旅
・卒業式まで死にません
・モルヒネ
・残虐記

などです。

読んだことある本と似てるような本が一番うれしいです。
ジャンルは
・ミステリー
・ホラー
・ラノベ
・推理
などなど結構なんでも大丈夫です。

オススメな本の紹介よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

それほど本に詳しい訳ではありませんが、いくつか紹介させていただきたいと思います。



まず、森博嗣さんの小説。基本的にミステリです。非常にたくさんの作品を出されているのではじめての方は何から読んだらいいか分からないかもしれませんが、森さん自身は何を読んでも構わないとおっしゃっています。
でも、まずはやはりデビュー作であり、第1回メフィスト賞受賞作の『すべてがFになる』からがいいと思います。シリーズですので(話自体は1冊で完結しますが)、気に入ったらその次……としていけばいいでしょう。内容はまあ、本格ミステリです。どちらかというと少し厚めですが読みやすく奇麗な文章なのですいすい進めていけると思います。
純粋な本格ミステリとは少しずれますが『女王の百年密室』もお勧めです。すごく考えさせられる本です。僕は世界観と登場人物の思考、魅力に取り付かれました。

次にもう一人。京極夏彦さんです。名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。
こちらは外観も中身も重厚感たっぷりです。なんだけれど、はまると一気に読めてしまいます。彼は……なんというか、凄いの一言に尽きますね。ミステリファンなら一読の価値はあると思います。
作品名を上げれば「故獲鳥(うぶめ)の夏」。こちらもデビュー作でシリーズの一作目です。ミステリらしからぬタイトルと表紙ですが、ぜひ。
    • good
    • 0

赤川次郎さんは面白い作品が多いのでとりあえずは、赤川次郎さんだけでも当分大丈夫な気もしますが。



比較的軽めなノリの本が好きそうなので、我孫子武丸さんの「人形はこたつで推理する」、綾辻行人さんの「十角館の殺人」あとほとんど聞かないのですが、積木鏡介さんの「誰かが見た悪夢」
我孫子さんと綾辻さんのはシリーズ物でとても良作でしたので特にお勧めします。
    • good
    • 0

質問者さんがお読みになった本の傾向をみるに、筒井御大の作品は


どうかなと思いました。全集が出ていますから読んでみてください。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=wbnavss?url=index% …
    • good
    • 0

上橋菜穂子さんの、


「狐笛のかなた」という本はいいですよ。
昔の時代の物語ですが、読みやすくて内容もいいです。
あとあさのあつこさんの
「弥勒の月」も江戸時代設定でおもしろいです。
「夜叉桜」という続編もでていますよ。

結構巻数があるのですが、
小野不由美さんの「十二国記」シリーズも読みごたえあります。

よければ読んで下さぃ。

ちなみに、私も乙一さん恩田陸さんの作品好きです。
    • good
    • 0

これは、ラノベというのでしょうか、


わたしは、絵がかわいくて好きなんですけど、
角川ビーンズ文庫の「少年陰陽師」シリーズはどぉでしょうか、
内容は、安部 清明の孫が陰陽師(半人前ですけど、)として活躍するお話です。一応、時代小説なんですけど、中学生の私でも読めるほどですから楽しく読めると思います。これだと説明不足だと思うのでこれをのせておきます。
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200512-05/index.php
おすすめですよぉ~
    • good
    • 0

・文学賞メッタ斬り! 


 文学賞に関する対談の本なんですが、
 「あそこの賞の審査員はなっちょらん!」とか
 「ミステリーとラノベはここが熱い!」とか
 まさにメッタ斬っているので非常に面白いです。
・舞城王太郎「煙か土か食い物」
 ”一応”ミステリーらしいのですが、全く違う。
 話のテンポがラノベ並にテンポいいです。
・冲方丁「マルドゥックスクランブル」
 カジノシーンがテンポ良く秀逸。
 これは一応ラノベらしいのですが・・・これも全然違う。
    • good
    • 0

【倉知 淳】の作品はどうでしょう?


ミステリーなのですが、日常の中のちょっとした疑問や
思い違いを面白可笑しくとりあげて、主人公の【猫丸先輩】に
そこを指摘されて、気づかせてもらえます。
 
短編集なので、結構読みやすいです。
漫画化もされています。


外国のミステリーですが、
【パット・マガー】の作品はどうですか?

通常のミステリーと違って、
『探偵を捜せ』・・・犯人が探偵を探す。
『目撃者を捜せ』・・・事件が起きているのに判らず、
 その目撃者を捜して、事件を立証しようとする。
などなど。
    • good
    • 0

伊坂幸太郎さんの本、たぶんおもしろいと思うんじゃないかな?と思います。


「陽気なギャングが地球を回す」が有名どころです。
推理のような、なんていうかわからないけど、とりあえずわくわくしますよ☆
さわやか系がお好きでしたら「アヒルと鴨のコインロッカー」、グロくても大丈夫なら「グラスホッパー」がオススメです。
    • good
    • 0

コピペですいません。


・『十二国記  月の影 影の海』
作者 小野不由美 
高校生の主人公中島陽子はなぞの男性ケイキによって十二国という異世界つまりパラレルワールドに連れて行かれます。突然つれてこられた中島は生きていくために旅をするが途中で親切にしてくれた人の裏切り行為やだましなどに会いながら苦悩しながら異世界で生きていくという話です。この話は主人公中島陽子の苦悩や葛藤といった心の描写がとてもうまく描けています。TVアニメにもなりました。
講談社文庫から出ています。

・『ブレイブストーリー』
作者 宮部みゆき
RPG ゲームの好きな小学5年生の三谷亘(ワタル)が両親の離婚にショックを受けてワタルの住んでいる町にある幽霊が出るという廃ビルから願いを叶えてくれる運命の女神様のいる幻界(ヴィジョン)という異世界へ行き女神様に家族を取り戻すという願いを叶えるために旅をするという話です。この話も主人公の苦悩の描写がうまく書かれています。アニメ映画版もあります。原作を読んでから映画版を見ると物足りなく感じますので映画版から入ることをお勧めします。
ネタバレになりますがラストは、映画版はハッピーエンドですが原作版は後味が少し悪い終わり方です。原作は角川文庫から出ています。

・『NO.6』
作者 あさのあつこ
架空の世界にあり、あらゆるものが管理された町(都市国家といってもよい)NO.6に住む主人公少年紫苑(しおん)が、NO.6no上層部が報操作までして理想の町と信じ込ませようとしていることに気が付きNO.6から追われる身となり同じ境遇のネズミと名乗る少年と共にさまざまな事件に巻きもまれ、いろいろな人々と出会い、NO.6に隠された秘密を解き明かしていくと言う話です。この話も二人の少年の苦悩がリアルに描かれています。
単行本(講談社)は6巻まで、文庫本版(講談社文庫)は3巻まで発売されています。

・『ぼくらの』(原作はマンガで、マンガをノベライズ化したもの)
作者 鬼頭莫宏
中学生になったばかりの15人の少年少女たちは、離島に夏合宿している時になぞの少女にロボットにのって地球への侵略者と戦うゲームしない?と誘われて、したいと契約します。それが彼らの運命を変えます。彼ら15人は本当に地球への侵略者とロボットに乗って戦わなくてはならなくなりました。
1人1回限定でロボットに乗って地球への侵略者と戦うことになります。しかし、1回分ロボットを動かす動力源は、子供1人の命戦えば
勝っても負けても操縦している子供は死ぬと言うことです。しかし、戦うのを拒否すれば侵略者によって地球を滅ぼされてしまいます。
つまり、子供達はどちらを選んでも死ぬということです。そういう状況で子供達は何を思ったのかなどの精神描写がよく描かれています。
TVアニメにもなりました。TVアニメ版のOPの歌アンインストールはいい曲です。You Tobeでも聞けます。
小学館のガガガ文庫から出ています。

・『なぞの転校生』
作者 眉村卓
学園SFで、ドラマ化と映画化がそれぞれ一回ずつされてます。
小中学生向けですが核実験や科学の進歩における功罪など深いテーマを扱っています。メッセージ性が強くて読んだあとは元気が出ます。
青い鳥文庫から出ています。

・『水の伝説』
作者 たつみや章
小学6年生の光太郎は東京の小学校でいじめにあい、ある田舎の村に山村留学します。そこで村に太古からやどる竜神と遭遇し、それを通じて自然の尊さを描くファンタジー。
講談社文庫から出ています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいぜん読んだ本探してます。外国人作家の本です。

(1)作家は外国人。(2)テロかなんかで崩壊した建物。(3)主人公の女性A(平凡)が、偶然同じ建物にいた女性B(美人)と間違われて(ぶつかったかなんかして、カバンかなんかが入れ替わってしまったからかな?)、搬送された病院で火傷した顔をBさんの顔に整形されてしまう。(4)女性Bの家族が現れ、この時口が利けず体も不自由だったAさんは、Bさんと勘違いされて病院から屋敷に連れて行かれる。(5)怪我の状態は、顔や体が傷ついていて包帯だらけで自力で動けず、口も利けない。筆談するシーンも・・。(6)屋敷で食事や清潔など全ての世話をしてくれる青年は、Bさんのことが嫌いで嫌々お世話してたんだけど、Aさんと接するうちにだんだん惹かれあっていき悩む。(7)勘違いが露見し・・たのかな?あとは忘れちゃいました!
とっても読みたいよ~。ぜひぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の子供のために、良心の呵責に悩まされつつも、真相を隠しB夫人として生きていこうとするが、Aの世話をする義理の弟(B氏の弟)は真実を知っているのか、辛くあたる。
しかし、いつしかお互い惹かれあい…

お探しの話しとかなり近いように思うのですがどうでしょう?
民放の2時間ドラマにもなって驚いたこともありますが。
以前はハヤカワミステリの文庫で読めました。図書館なら必ずあると思います。
この作品以外もアイリッシュは名作ぞろい。「暁の死線」が私のお気に入りです。

お探しの本とぴったり合致はしませんが、かなり重なる小説があります。
NY生まれのウィリアム・アイリッシュ作「死者との結婚」です。
あまりにも有名なミステリ「幻の女」の作者ですね。私の好きな作家の一人です。
あらすじは以下のとおり。

男に捨てられた身重の女性Aが列車で同年代のB夫妻と知り合う。
AがB夫人の持ち物をたまたま身につけさせてもらったその時、列車が転覆事故を起こす。
B夫妻は亡くなるが、Aは持ち物からB夫人と間違われ、裕福なB氏の遺族に引き取られる。
身寄りのないAはお腹の...続きを読む

Q普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オ

普段全く本を読みませんが心機一転、本を読みたいと思います。小説以外のもので面白い本やためになる本、オススメの本はありますか?教えてください!

Aベストアンサー

このテーマは、本当に本当に難しいです。
おいしいお店教えてもらう、または、いいミュージシャンを教えてもらうことより難しいです。
そう言える理由は、私が読書ガイドでさんざん失敗してきたからです。
本の紹介本を読んで、私なりに「これはいいかも!」と思って買っても、当たる確率は5%くらいでした。
こうなる理由は、人によって興味の持ち方がまるで違うからです。
それでもお薦めできる方法を挙げてみます。
① ネット検索をしていると、その分野で「この本は、お薦めですよ」と薦められていることがあります。
その本をAmazonのレビュー数を見て、数が多ければ当たる確率は、ある程度高いと思います。
それだけ注目されているということです。
ただ、あまりにも酷評が多いのは、危険です。
② BOOKOFFの¥108~¥200のコーナーで選んでくれば、外れてもお金の損失は少なくて済みます。

Q昔読んだ本ができたらもう一度読みたいです!

中学のときシリーズで読んだと思うのですが、ニューヨークやシカゴといった都市全体が宇宙を旅していて、主人公は確かニューヨークの市長で、最後に降り立った惑星で、「人類の住むところが地球なのです。」といったような記憶があります。ハヤカワ文庫だったのですが、暇ができたのでもう一度読みたいなと思っています。

Aベストアンサー

 今晩は。何日か前にサンリオの文庫版に関する質問が有って、ここにも自分を含めて少なくとも3人はSF読みがいることが判りました。その時に回答していた人はかなり読んでいますね。そちらに1日遅れで回答しようとしたら、既に締め切られていたので私は参加できませんでした。
 さて、質問の作品は、ジェイムズ・ブリッシュの宇宙都市シリーズですね。これは全部で4作から成っていますが、第1部「宇宙零年」は舞台が木星で、ここではまだニュー・ヨークは出て来ない筈です(いやぁ、私も読んだのはもう20年も前のことなんで・・・恐縮)。次からは最終巻までニュー・ヨークが出てきますが、今度は果たしてそのどれに質問の文章が有るのやら・・・(^^;
 シリーズの中では第3部「地球人よ、故郷に還れ」が最も有名ですが、私としては第1部が一番良かったですね。尚、第2部は「星屑のかなたへ」、第4部は「時の凱歌」で、質問に有る通り早川書房の出版です。SF史上の傑作の一つですからまさか絶版ということはないでしょう。それでは。

Qもう一度読みたいがタイトルも作家名も忘れました

女性のエッセイです 15年くらい前でしょうか 日経新聞夕刊に連載しておりました のちに単行本になっています

次の話が印象に強く残っているのです ご存知のかたお教えください
ご自分ががんになって手術を受けてまだうつつのときに夫が急死したことを知らされます そのために回復が遅れますが、退院して我が家に帰ったときに亡くなった夫の祭壇の前で号泣します

ほかに・・
股関節に先天的な不具合があったこと 
姑との確執には夫が味方してくれたこと 夫は母を捨ててでも自分を取ると
2度目の手術から帰還せず亡くなりました 
娘さんがあとがきを書いていました

Aベストアンサー

重兼芳子の『たとえ病むとも』ではないかと思いますが。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%88%E7%97%85%E3%82%80%E3%81%A8%E3%82%82-%E9%87%8D%E5%85%BC-%E8%8A%B3%E5%AD%90/dp/4006030231/ref=pd_rhf_p_1/249-7463303-8541119

Qマザーテレサの本を、読んだ事がある人に聞きます。 自分が、読んで心に残ったエピソードを教えて下さい!

マザーテレサの本を、読んだ事がある人に聞きます。
自分が、読んで心に残ったエピソードを教えて下さい!
出来レバ、長い文が良いです。

Aベストアンサー

沢山ありすぎて…
死を待つ人の家、を建てたことと子


人気Q&Aランキング

おすすめ情報