dポイントがお得になるネット回線は?

今、溶接の勉強をしているのですが、溶融プールというものがよくわかりません。溶融プールとはどのように形成されるのですか?

A 回答 (1件)

 ある辞典にはこう書かれています。


「溶接中、溶融した母材部分が池のようになった部分」 
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアーク溶接で質問です。 以前にも教わったのですが、溶接中にノロと肉を見極めるようになる事を教わったの

アーク溶接で質問です。
以前にも教わったのですが、溶接中にノロと肉を見極めるようになる事を教わったのですが、溶接中にまず棒のすぐ後ろがプール、その後ろが、肉(溶けている金属)、その後ろがノロだと思うのですが、肉がどのようになっているのがいいのですか?
溶接中に、見える肉は溶接後にスラグをとったビードそのものの形状なのでしょうか?
ノロと肉を見てらどんな状態が良いかを教えて頂けませんか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

肉がどのようになっているのがいいか?
きれいにそろっていること。
平均していること。
溶接中に見える肉はたぶんビードです。
どんな状態がいいか?
アンダーカットがない。
適正な余盛り。
一般に、見た目のきれいな溶接がいい溶接です。

ふざけた様な回答でごめんなさいね。
一応、アーク溶接のJIS免許持ちです。

わからないことは聞けばよい、と習ってきたのだろうと思います。
聞くことはいいことです。
ですが、実際に溶接をする、うまくなる、という話なら、いくら話を聞いてもたいしたことになりません。
理屈はいくらわかっていてもしかたないのが溶接です。
(もちろん、理屈を知らないよりは知っているほうがいいです)
溶接は実技、練習あるのみ、です。
要するに、うまくなればわかります。
質問者さんの疑問はやっていればわかることですし、やりながら、結果を確認し、自分にフィードバックさせて考えて身に着けていけるものです。
溶接し、被膜棒ならスラグを取り、磨いてよく見て、ダメならまた別の方法を試す。
半自動なら、設定を変えて、手の速さを変えて、何度も試してみるだけです。
棒の角度や動かす方向、速さなど、いろんな条件で変わってきます。

溶接は、ぶっちゃけ、結果オーライ、的な面があります。
基本はありますし大事ですが、基本通りにしたからといって、結果がダメならダメです。
基本を元に、みなさん、独自スタイルがあります。

ご存知でしょうが、JIS免許は3年ごとに実技試験で更新です。
実際に溶接作業にかかわっていない人には維持できない免許です。
職人仕事ですから、教えることに慣れていない人が多い仕事です。
文章がヘタですいません。

肉がどのようになっているのがいいか?
きれいにそろっていること。
平均していること。
溶接中に見える肉はたぶんビードです。
どんな状態がいいか?
アンダーカットがない。
適正な余盛り。
一般に、見た目のきれいな溶接がいい溶接です。

ふざけた様な回答でごめんなさいね。
一応、アーク溶接のJIS免許持ちです。

わからないことは聞けばよい、と習ってきたのだろうと思います。
聞くことはいいことです。
ですが、実際に溶接をする、うまくなる、という話なら、いくら話を聞いてもたいしたことになりません...続きを読む

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q溶接サイズはどこまでの長さを指す?

建築士独学中です。

隅肉溶接の断面における溶接長さの定義を教えてください。

似たような言葉で「脚長」に関しては、溶接断面で母材を付き合わせた境界線から、溶接の端(止端)までの距離と理解できましたが、サイズに関しては、解説図を見る限りでは溶接断面に納まる境界線を頂点とする直角二等辺三角形が描かれているだけで辺の長さの根拠が分かりませんでした。
ひょっとして、強度計算から導かれる脚長の最低目標値ということなのでしょうか?

Aベストアンサー

隅肉溶接の脚長は各々の箇所で計測します。
計測した脚長のうち最小の脚長が、隅肉溶接のサイズ(S)となります。
サイズを越える部分は補強盛とか余盛などといいます。

2辺のサイズによって構成される三角形の、サイズ以外の辺を底辺とした場合の三角形の高さを「有効のど厚(a)」といいます。

板が直角で構成されていれば上記の三角形は直角二等辺三角形になります。
そのとき有効のど厚は以下の式で求めることができます。
 a=(1/√2)S≒0.7S

隅肉溶接の有効長さは溶接全長からサイズ(S)の2倍を引きます。
 l=L-2S
始端と終端を無効と考えるわけですね。

なので、隅肉溶接の許容耐力(R)は、fsを許容せん断応力度とすれば、
 R=Σal・fs
で求められます。

Q"ガウジング”の意味の問合せです。

hami10です。御無沙汰しております。
最近鋳物工場に出向き”ガウジング”と言う言葉を
聞きました。意味をしるためにサイト検索しても
ピンと来るサイトがありませんでした。
"ガウジング”と言う言葉の定義をお教えいただけ
ればありがたいのですが・・

Aベストアンサー

鋳物の作業工程
http://www.tochu.com/591virtualtour.htm

ガウジング の説明
通電させた炭素棒で電弧を発生させながら高圧酸素を吹付けて溶解した金属を
そばから吹き飛ばすシステム、もしくはその作業の事。高速に金属を掘ること
ができるが、その掘削面は汚い。

鋳物の作業工程では、ガタガタの切断面を電気溶接のような状態で通電し、
相手側を溶かしながら酸素で吹き飛ばしてなだらかな面にする。 といった感じでしょうか

参考URL:http://www.tochu.com/591virtualtour.htm

Q溶接の接地(アース)が取れていない場合

工場のような建物の中で溶接をしてもらいました。
そのとき、溶接屋さんがアースを取っているのを見たのですが、
水でぬれた鉄骨(塗装付)を、動物の糞が着いた上からクランプしただけのものでした。

アースは取れるのでしょうか?

アースが取れていないとすると、
溶接時にどのような危険性が生じるのでしょうか?

また、溶接の良否にはどのような影響がですのでしょうか?

Aベストアンサー

>人間が皮手袋などしておらず、絶縁性が極めて悪い場合、
アースが完全に取れていても感電して危険な状態がしょうじるのでしょうか?

アースが完全に取れていても、人間側が、絶縁になっていない場合は、アース棒の方は、プラスです。
ですから、その状態でアース棒等の金属部分を触りますと、感電します。

普通は、靴が絶縁になっている為、たとえ、アース棒を素手で持って、溶接棒取り付け口に取り付けても感電しないで済みます。

普通は、二重に安全を見て、手袋をして行います。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は

突き合わせ溶接と隅肉溶接について勉強しているのですが、突き合わせ溶接は「部材厚が同じ材料をほぼ同じ面内で溶接する方法」隅肉溶接は「直行する二面の隅部を溶接する方法」という認識で良いと思うのですが

それぞれの溶接方法の使用箇所の制限やメリット、デメリットがいまいちわかりません。
調べた感じだと、突き合わせ溶接は部材が一体化するもののせん断力に弱そうですし、隅肉はその逆で引っ張りには弱いものの、せん断力には強そうですが、これらも自信がありません。

これらの溶接方法にはどのような長所、短所及び使用箇所の制限があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(社)日本溶接協会より引用

溶接継手の強度を求める基本式は,突合せとすみ肉の別なく,次式で与えられる。すなわち,溶接継手の強度は,のど断面あたりの強度として求める。
のど断面は,のど厚と有効溶接長さを掛け合わせたものである。
Pmax=σw・a・ef
ここで,σw:溶接継手の強度(N/mm2)
Pmax:最高荷重(N)
a:のど厚(mm)
ef:有効溶接長さ(mm)

http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0010020040
http://www-it.jwes.or.jp/qa/details.jsp?pg_no=0040020020

参考URL:http://www-it.jwes.or.jp/qa/sitemap.jsp

Q溶接機が付かなくなってしまいました。 不具合、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

溶接機が全く付かなくなってしまいました。
考えられる不具合の原因、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

Panasonicの半自動溶接機 パナオートミニ YD-160 R5という機種を使用しています。
使用ガスは炭酸ガスです。使用ワイヤー 軟鋼用ソリッドワイヤー YM-28 ワイヤー径0.8mm
パンパン跳ねる感じで、アークが安定せず、瞬間的にアークが途切れます。母材が溶け込まず、溶接しても触れば軽い力で簡単に剥がれてしまいます。
電流をいくら調整しても、電流を弱めて行くとアークが途切れる時間が長くなるのみで、いずれの電流で試しても同じ状況です。
溶接中も異常を示すランプは付いていません。

アークを飛ばさない状態でトーチを握るとスムーズにワイヤーが出て来ますが、溶接しながら送給ローラーを確認すると、トーチを握りっぱなしでも、ローラー(モーター?)自体の動きが、アークに合わせて一瞬止まる、もしくは遅くなるような状態です。

試してみた事
溶接機内部のエアブロー
送給ローラーの清掃、締め付け調整
チップ、ノズル交換、コンジットチューブ清掃、トーチボディ、コンジットチューブは後に交換。
電流調整、ガス量調整、トーチを握ると、トーチよりガスが出ている音はしています。
電源ケーブルの本体に接続されている側の一部が裂けていたので、ケーブルを途中から切断し、圧着端子を交換

この溶接機は、定格使用率オーバーによるダイオードの故障が多いとの情報を見て、
寸法、外観が全く同じダイオードが23個あり、型番や記号などの記載が全くなく、
同じダイオードを探す事が困難だった為、サイズが同じであった耐圧600V 1Aの一般整流用ダイオードに全て交換 

アルミ電解コンデンサ 底部から液漏れ? アルミ電解コンデンサのうち3個の底部に茶色い固まった接着剤のようなものが付着していました。
となりにあった抵抗等の部品にまでべったり付着していたのと、残りのコンデンサには付着が無かったので、接着剤ではなく漏れた液が固まったもの?と思い静電容量、定格電圧が同じで、動作温度が同等以上のものに交換してみました。
当方素人で、古い機種だったため、部品表や回路図等が入手出来ず、部品の選択が間違っているかもしれません。

基板の部品交換前と交換後で状態の変化は実感出来ませんでした。


交換した部品

ダイオード23個を下記のものに交換しました。

新電元 D1N60
一般整流用ダイオード
VRM:600V
Io:1A

アルミ電解コンデンサを下記のものに交換しました。

UDB1H6R8MHM1TO
静電容量 6.8μF
定格電圧(V) 50V
極性 無極性 リップル電流 540mA
動作温度 -40~85

EKZN500ELL101MHB5D
静電容量 100μF
定格電圧(V) 50V
極性 有極性 リップル電流 1.2A

EKZN101ELL101MJ20S
静電容量 100μF
定格電圧(V) 100V
極性 有極性 リップル電流 1.43A

ELXZ500ELL221MJ20S
静電容量 220μF
定格電圧(V) 50V
極性 有極性 リップル電流 1.05A
動作温度 -55~105

お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

溶接機が全く付かなくなってしまいました。
考えられる不具合の原因、故障箇所を推測できる方 アドバイスをお願いたします。

Panasonicの半自動溶接機 パナオートミニ YD-160 R5という機種を使用しています。
使用ガスは炭酸ガスです。使用ワイヤー 軟鋼用ソリッドワイヤー YM-28 ワイヤー径0.8mm
パンパン跳ねる感じで、アークが安定せず、瞬間的にアークが途切れます。母材が溶け込まず、溶接しても触れば軽い力で簡単に剥がれてしまいます。
電流をいくら調整しても、電流を弱めて行くとアークが途切...続きを読む

Aベストアンサー

症状としてはワイヤーの送給が不良のように思えますね、もちろん基盤の可能性も高いです。
送給関係のトラブルではアークを出さずに単に覗いてみたりインチングでワイヤが出ても、トーチボディを構えた状態や放電で負荷がかかると送給が上手くいかないことはままあることです。
良くある原因としてはワイヤーの錆、コンジットチューブ・インナーチューブの内部に垢が溜まりそれが抵抗になっている、送給ローラーの溝に垢が詰まっている、チップの内部に鉄粉が付いたりスパッタが付いたりしている、といったところですが、これらはすでに質問者様が交換、清掃されているようですからちょっと違うかなあ。
使いこんだ溶接機なら送給装置のローラー溝がスリ減り(見てもわかりませんが)溝が大きくなっていたりすることがあります。インチングで普通に出ても抵抗がちょっとでもかかると不安定になったりしますね。特定の箇所でスリップするなら溝の局所的な減りや駆動シャフトの偏芯やベアリングも疑わねばなりませんね。
それらを点検してみても原因が特定できなければメーカーか指定工場に出す、ということだと思います。ただ機体が古いので基盤はもう無い可能性が高いです。送給装置は他の機種用でも使えるものがあります(リモコンなどの制御とかケーブル次第?)
どうしてもワイヤーが0.8でなければいけないのならしょうがないですが、ワイヤーを0.9にして試してみる手もありかも。0.9mmのワイヤーでも90Aくらいまでなら下げて使えると思いますよ。ワイヤーが太くなれば送給性は良くなりますからね。コンジットチューブはそのままで良いはずです。チップと送給ローラーは交換(0.8+0.9の2溝タイプならひっくり返すだけ)ワイヤーの単価も少し安いはずです。

症状としてはワイヤーの送給が不良のように思えますね、もちろん基盤の可能性も高いです。
送給関係のトラブルではアークを出さずに単に覗いてみたりインチングでワイヤが出ても、トーチボディを構えた状態や放電で負荷がかかると送給が上手くいかないことはままあることです。
良くある原因としてはワイヤーの錆、コンジットチューブ・インナーチューブの内部に垢が溜まりそれが抵抗になっている、送給ローラーの溝に垢が詰まっている、チップの内部に鉄粉が付いたりスパッタが付いたりしている、といったところ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報