プロが教えるわが家の防犯対策術!

FT-IRで得られる吸光度(absorbance)は
a.u.(任意単位)になると思うのですが、
これはサンプルから得られる強度を
バックグランドの強度で割って対数をとっているため
単位がなくなっているのだと把握しております。

ではバックグランドのスペクトルは
どういった単位になるのでしょうか?
強度の対数なので強度の単位そのものでしょうか?
(対数とっても単位は同じ‥‥?)

ちなみに、検索していたら
a.u. = absorbance unit
という記述も見かけたのですが
吸光度の単位としてはどちらが正しい(一般的?)なのでしょうか?

A 回答 (3件)

まず,任意単位 arbitrary unit と吸光度単位 absorbance unit を区別しましょう.



任意単位とは無次元という意味ではなく,たとえば長さなら長さではあるが,その単位は m とかではなく,実験者が任意に決めた単位を使っていて,数値の絶対性には意味がなく,相対値の比較で議論すればよい,ということです.

次に,吸光度ですが,これはそもそも無次元量である透過率の,そのまた常用対数を取るという定義ですから,これは本質的に無次元量です.しかし,一定の定義に基づいた目盛りなので,任意単位とは違います.物理的な意味では単位のない量ですが,数値の意味を明確にするため, absorbance unit という仮想的な単位を使うことはよくあります.

arbitrary unit と absorbance unit を区別するために,arb. u. と abs. u. という書き方もあります.AU しかなければ,文脈で判断するしかないでしょう.吸光度を任意単位で示すということもありえるので,やっかいですが.

FT-IR では習慣的に吸光度を縦軸に取ることが多いといえます.古い分散型の IR では透過率で示すことが多いのと対照的です.ひとつには,定量性が上がったということがあるのでしょうか.
バックグラウンドのスペクトルですが,もっともふつうには試料なし (紫外可視なら空気でしょうが,赤外の場合,CO2 がかぶるので乾燥窒素あたりが望ましい) を基準にとり,これで光学系全体の補正を行っているわけで,これ単独では意味がありません.これと,試料との差分 (あるいは比) を取ることで,吸収強度を計算するわけです.
    • good
    • 1

紫外・可視分光光度法と同じで、光の透過度(透過率)からA.U.が算出できますし、実際のスペクトルではA.U.表示、もしくは透過率(T%)表示されているのではないかと思いますが。

この回答への補足

はい、実際の測定スペクトルはa.u.あるいはT%で表されていますが、
バックグランドは差スペクトルではないので
a.u.にならないのではないかと疑問に思った次第です。
強度の単位になるのでしょうか?

補足日時:2006/07/28 16:22
    • good
    • 0

こんにちは



任意単位(arbitary unit)は無次元である必要はないです
強度はそれぞれの測定系に依存する傾向がありますから
絶対的な強度をグラフに示してもあまり意味が無かったりします
そのような時は強度は示さず相対的な強度であることを示し
その単位も(a.u.)と記すことになっています

この場合も何かしらの単位があるはずだと思います
例えばαの2乗でプロットしてcm^-2とか・・・
吸収係数と横軸の関係から導き出せばいいのではないでしょうか
詳しくはFT-IRの教書で調べれられるのがよろしいかと
a.u.=absorbance unitと表すのは・・・申し訳ないですがよく分かりません

参考までに

この回答への補足

なるほど。
a.u. = 無次元
という誤った解釈を致しておりました。
大変参考になりました。

>この場合も何かしらの単位があるはずだと思います
確かに、サンプルの吸光度は無次元でしょうけど
バックグランドはa.u.とはいっても単位があるのでしょうね。
A = -log10 (I0) だとすると、やはりI0の単位(=強度)が単位となるのでしょうか。

補足日時:2006/07/28 16:34
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング