プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

吸収スペクトルを測定したのですが吸光度が負の値になりました。
ブランク溶液をベースラインにしたんですけど、負の値になるってことはブランク溶液よりも何かの物質が少ないってことなんですか?
それとも光を放出したってことなんですか?
教えて下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

機械的あるいは装置の問題で負になる原因で考えられるとすると、


・迷光
・散乱光
・発光(蛍光など)
あたりが考えられますが…。

外部から光学系に、蛍光灯や太陽光などの迷光が入り込んでいるようなことはないでしょうか。
キムワイプできちんと拭かれたとのことですが、キムワイプは結構繊維が硬いのでセルに細かい傷が入ってしまう場合があります。それで散乱が出たということはないでしょうか。
あるいは、何らかの沈殿や結晶などの微粒子が析出しているなんてことは…ありませんよね。
    • good
    • 2

>サンプルにもphen溶液・還元剤溶液・緩衝溶液を加えました。


>検量線はきれいな直線になったし、セルはちゃんとキムワイ
>プで拭いたので、セルが汚れていたとは思いません。
すみません。降参です。
あとは光学系の精度の問題でしょうか?両方ともにブランクを入れて出てくる程度の±なら測定に何も問題はなくて、測定限界の範囲内でFeは無かった、ということだと思います。
    • good
    • 0

No.2の回答をしたものです。


全領域負だとセルの汚れとかが気になります。しかしNo.1さんやNo.3のご指摘の基礎的なことが問題をもたらしていない、ということを前提として...

>ブランク溶液はphen溶液・還元剤溶液・緩衝溶液を加えたものです。
>鉄の吸収スペクトルはちゃんと濃度に比例して大きくなり、検量線は
>切片が-0.0123といい感じになりました。

上のお話ですとブランクにも、Fe入りにもphen溶液・還元剤溶液・緩衝溶液が入っている訳ですね。

>1つ未知試料として、市販されているミネラルウォーターを測定した
>のですが、このときに吸光度がマイナスの値をとったということです。
>グラフは正の値は全くとらず、わかったことといえば鉄は入っていな
>いということです。

こちらのサンプルにはphen溶液・還元剤溶液・緩衝溶液を入れられたのでしょうか?ブランクだけに入っているのでしたら微妙にこれらの吸収端が測定波長域に伸びてきている可能性はありませんか?

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
サンプルにもphen溶液・還元剤溶液・緩衝溶液を加えました。検量線はきれいな直線になったし、セルはちゃんとキムワイプで拭いたので、セルが汚れていたとは思いません。

補足日時:2007/04/30 20:38
    • good
    • 0

測定する前に、ベースライン補正していますよね。



また、吸光度を測定する際は、
リファレンスに使うセルと、サンプル側に使うセルはいつも区別して使用し、
セルフォルダーに入れる向きも常に一定にするなどの気遣いが要りますよ。
    • good
    • 0

ブランク溶液とありますが、ブランク側も溶液なのですか?


ブランク側が溶媒のみ、サンプル側が溶液の測定をやったとしても、ブランク溶媒そのものの吸収が強いところを測ってしまうと、差をとった結果は微妙です。
No1さんがおっしゃっているように、セルの汚れなどがあればブランク側での減光が大きくなります。

この回答への補足

ブランク溶液はphen溶液・還元剤溶液・緩衝溶液を加えたものです。鉄の吸収スペクトルはちゃんと濃度に比例して大きくなり、検量線は切片が-0.0123といい感じになりました。
1つ未知試料として、市販されているミネラルウォーターを測定したのですが、このときに吸光度がマイナスの値をとったということです。グラフは正の値は全くとらず、わかったことといえば鉄は入っていないということです。

補足日時:2007/04/30 19:54
    • good
    • 0

ブランクのセルが汚れている、あるいはどちらかのセルの長さが正確でない事が時々起きます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング