まもなく1歳になる男の子の父親(40代)です。
子供の将来の教育資金のために学資保険加入を検討しています。
あくまでもメインの目的は貯金で、医療保険等が含まれているものは考えていません。
いろいろな情報を調べて、ソニー生命の学資保険が良いのではないかと思っています。

しかし、「今は低金利時代だから、積立定期の方がお得」という意見も聞きます。
ただ学資保険は、「18年間で返戻率○○○%」という表記で、積立定期は「年利○%」と
いう表記が一般的かと思います。どちらが得かという観点で、これをどのように比較したら、
良いのでしょうか?(保険というより、数学の問題のような気がしますが。)
また金利以外でも、比較するポイントがあれば教えてください。

ちなみに、ソニー生命のHPで我が家が希望するプランを入力してみたら、
17歳満期で返戻率106.7%となりました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

単純に数学の問題として計算してみました。



年利1%で17年間複利で計算すると、元本に対して108.4%の戻り。
年利0.5%なら元本に対して104.1%の戻り。
返戻率が106.7%なら、0.7%前後の利率だと思います。

ただし実際には積立定期には利息に対して20%が課税されて複利で運用されます。一方、学資保険では生命保険控除があるし、逆に受け取り金額によっては一時所得として所得税もかかるかもしれません。
また積立定期にした場合、今後17年間今の低金利が続くとは思えません。今後、いつになるかは分かりませんが定期の金利は17年間のうちには必ず上がるはずです。

それらのことを考えると単純には比較できませんので、結局は父親がなくなったときの保障をどう考えるかで学資保険に加入するかどうかを判断するしかないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。求めていた回答にかなり近いです!
17年の返戻率106.7%は年利で0.7%程度ということですね。
ソニーの学資保険は金利だけで考えるとたいしたことないのかもしれませんが、
利便性なども考慮すると悪くない選択なのかなあ、という気もしてきました。

お礼日時:2008/02/24 00:06

すみません。


利率だけを単純に比較するなら、現在の生命保険の積立利率は1.5%~1.7%ぐらいです。
預金金利よりはるかに高いと思います。

ただ、保険の場合は、保険料の全てが積立にまわるのではなく、一部が純保険料といって、保障を買う掛け捨てにまわっています。

ざっくりと説明すると、(保険料―純保険料)×予定利率 この複利計算です。

通常純保険料比率は公表していませんので、利率で損得の比較はできません。

比較するとすれば、定期預金の複利計算した満期金額から算出した返戻率(積立合計金額/満期金)と養老保険(学資保険)の返戻金を比較すれば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々の回答、ありがとうございます。

お礼日時:2008/02/24 00:03

単純に貯蓄するというのであれば、投資信託という選択肢もあるのかなと思います。

いかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答いただき、ありがとうございます。
でも、他のオススメ商品をお聞きしたかったわけではないのです。
申し訳ありません・・・。

お礼日時:2008/02/21 23:51

ポイントは 預金は三角 保険は四角という考えでしょう。


保険とは、被保険者(学資の場合は契約者も)に何かあった場合の資金確保が目的です。
つまり、預金で準備する場合、稼ぎ頭が不測の事態(死亡や高度障害)になった場合、預金は断念せざるをえないです。
保険は、不測の事態に保険金が下りたり、学資の場合以後の払い込みが免除され満期金が受け取れる仕組みになっています。

保険には「お金を貯める」以外の付加価値が大きいんですよ。
学資保険以外にも終身保険の低解約金型の短期払い(東京海上日動あんしん生命の「長割り終身」など)や長期定期保険の低解約金型の短期払いがあります。 前者は40歳男性で16年後の返戻率108%程度、後者は112%程度になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々に回答いただき、ありがとうございます。
前半の内容は非常によくわかりました。参考になります。
ただ教えていただきたかったのは、学資保険と積立定期の「利率の比べ方」なので、
ちょっと悩みは解消しきれない感じです。すみません。

お礼日時:2008/02/21 23:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q積立貯金と比較したいので学資保険の金利を導き出したい

皆さん、宜しくお願いします。

現在、学資保険の見直しを考えており、乗り換えの対象に積立貯金を考えております。
ただ、学資保険の年金利が分からず比較ができません。

そこで学資保険の年金利の導き方を教えて頂ければと思います。
学資保険で分かっているのは「年払いの金額」「支払期間」「支払総額」「受取総額」です。
これらからの計算方法を教えてください。

また、年金利以外でも比較できる方法があればそちらも教えて頂けるとありがたいです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「学資保険と積立貯金と比較したい」ならば、
「学資保険の金利」を計算するのではなく、
いくら払って、いくらもらえるかという
受け取りの率で比較されてはいかがですか?

金利は単純な加減乗除の計算では算出できません。
さらには、税金が異なるなど、金利が高ければ良いという
単純な問題ではありません。

さらには、学資保険の場合、中途解約の時期によって、戻り率が
ことなるという問題もあります。

税金
積立預金=利息に20%課税。
学資保険=一時所得として計算。
(受取金額)-(支払金額)-50万円がプラスならば、
その2分の1を他の所得と合算して課税。

ご参考になれば、幸いです。

Qソニー生命学資保険 I 型・II 型について

生まれたばかりの子供0歳の学資保険加入を考えております。
学費は学資保険で1/3程度用意し、残りは貯蓄などをしようと思っております。

学資保険は、ソニー生命で年払い6万5千円程度の予定で、契約者は夫25歳です。
ソニー生命のホームページで試算したところ、返戻率はI 型で111%、II 型で114.1%になりました。
いろいろなサイトで学資保険について調べておりましたら、現在は低金利の時代なので、ソニー生命ならI 型を契約し、12歳と15歳で受け取る進学学資金を据え置くとよいと載っていました。
もともと学資保険は夫に万が一のことがあった時にと思い念のため契約する予定のもので、18歳満期で考えており、I 型で契約したとしても、受取りは全額18歳満期時にと考えております。
もちろん学資保険なので、銀行やその他の資産運用に比べて貯蓄性があまりよいとは言えないことも存じております。
とはいえ契約するなら少しでもよいものに入りたいので、今後の景気の回復の度合いはどなたにも確実にわかるものではありませんが、あくまでも予想で考えていただき、I 型とII 型はどちらがオススメか現段階でのご意見を伺いたいです。

また学費の2/3は、銀行などの貯蓄で考えておりますが、どこかよい預け先があれば、アドバイスいただけたらと思います。

生まれたばかりの子供0歳の学資保険加入を考えております。
学費は学資保険で1/3程度用意し、残りは貯蓄などをしようと思っております。

学資保険は、ソニー生命で年払い6万5千円程度の予定で、契約者は夫25歳です。
ソニー生命のホームページで試算したところ、返戻率はI 型で111%、II 型で114.1%になりました。
いろいろなサイトで学資保険について調べておりましたら、現在は低金利の時代なので、ソニー生命ならI 型を契約し、12歳と15歳で受け取る進学学資金を据え置くとよいと載...続きを読む

Aベストアンサー

投資効果について質問されているのなら、同じ会社が運用しているのですからどちらが有利・不利ということはないでしょう。

それより、使い勝手で選んでみてはいかがでしょう。
中学校・高校で、私立に進学した、塾や予備校の夏期講習に通うことになった、ホームステイしたいと言い出したなど、いつどんなお金が必要になるか分かりません。
だとしたら18歳まで待たないと現金が受け取れないタイプよりも、12歳以降いつでもお金が用意できるほうがいいと思いますが、どうでしょう。

Qソニー生命の学資保険の年利

ソニー生命のHPでプラン設計を試算してみました。

保険料払込累計額
2,465,400円(一時払い)

受取学資金累計額
3,000,000円

返戻率 約121.6%

17歳満期(約15年後)

この場合 実質の年利はどういう計算になるのでしょうか?

Aベストアンサー

単純な年利ならば、No.1氏の計算を参考にしてください。
実質年利とは、税金を計算に入れた場合の年利ですが……
例えば、銀行で年利1%と言っているのは、表面利率です。
実質年利は、税金20%を引いた、0.8%です。

では、個人年金の場合には、一時所得として課税されるので、
3,000,000-2,465,400-500,000=34,600円
この34,600円の2分の1が課税されます。
収入によって異なりますが、所得税率20%だと仮定すると、住民税10%と含めて、30%が税金となります。
5,190円が税金として引かれます。
質問者様の収入が多ければ、税率も上がるので、引かれる金額はもっと多くなりますが、それでも、計算上は大した違いはないでしょう。

金利で商品を比較するのならば、税金のこともお忘れなく。

Q学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。

大学進学までとして約1700万の試算です。

素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。

夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。

1.学資保険+定期保険
2.終身保険+定期保険

終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。

どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

Aベストアンサー

●「素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。」

◆決して素人考えとは思いません。あくまでも同じ返戻率なら保障があった方がメリットが大きいと私も思います。
もちろん定期保険・終身保険・学資保険を別々に考えるのがベストですが、そうなると出費が大きくなります。
毎月の保険料を抑制して、少しでも高い保障を得られるのが終身保険で学資積立をするもう一つのメリットとなります。

Qソニー学資保険検討で変額保険をすすめられ…

もうすぐ5歳の息子、1歳になったばかりの息子がいます。

上の子の学資保険を検討の際、変額終身保険をすすめられ、すすられるがまま加入してしまいました。
被保険者は息子で、死亡保険金額600万のものです。

そのときもネットで嫌になるほど調べたはずでした…。
下の子の保険検討でやはり変額をすすめられ、再度調べてみたところ、悪いことばかり言われているのが目に付き、心配で心配で仕方ありません。

だまされてしまったのでしょうか。

今解約すると、だいぶマイナスです。

納得の上で加入し、加入して現在も納得している方、いらっしゃいますか。
また、学資保険の変わりに変額終身保険に加入することについて、肯定的な見方の方はいらっしゃいますか。

また、
損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
これからどうしたらよいのか。
アドバイスをお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学資保険を検討していて何故変額終身保険なのでしょうか。
よくもまあそんな保険に加入しましたね。驚きです。
ソニー生命の営業マンも地に落ちた感じがします。
さて本題ですが、
> 損を承知で今解約したほうがいいのか、継続したほうがいいのか。
下の子は変額終身保険か、学資保険がいいのか。
これからどうしたらよいのか。
変額保険は損を承知で今解約しましょう。
学資保険も入らないでおきましょう。
保険屋が言うのもなんですが、
お二人のお子さん名義で、積み立ての定期預金をするのが
一番確実な方法です。どうしても保険でというのなら、
変額ではなく、子供で加入できる普通の終身保険で、
お子さんの学資が必要な年齢(大学進学時が高校進学時より
よほどお金が必要です。国公立に確実に行けるのなら別ですが)で
解約しても解約返戻金が掛け金より上回る商品を探してください。
保険に関しては、養育費等がご心配ならご両親の補償をきちんと
付けておけば問題ないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報