ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

「法律6科目まるごとエッセンス」を買おうか迷ってます。やはり基礎程度の知識になりますか?使用してた方がいればおしえてください。

A 回答 (1件)

そうですね~基礎程度と言うか、ある適度知識がないと読んでいても意味が分からないと思います。


私は他に基本書を読んで、大事だと思われる箇所を「法律6科目まるごとエッセンス」に書き込んでいます。
基本書を持ち歩くのは分厚くて重いから大変だし・・。
ですので、持ち歩く時用に読まれるならオススメしますが、家での勉強には不向きかと思います。
勉強頑張って下さい!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。もう一度本屋に行って考えてみます。ありがとうございました。

お礼日時:2008/02/23 09:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国家公務員と地方公務員の違い(転勤の有無と給料の違い)

国家公務員と地方公務員ってどう違うのかわかりません。
国家公務員は省庁の本部が東京にあるから東京に転勤になる事が多いのですか?

地方公務員はその地方に配属されてるから転勤にはならないのでしょうか?

それから、給料はどちらが多いのですか?

ちなみに30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか?

Aベストアンサー

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備範囲は全国区となるので、各地方へ転勤する事も少なくありません。特に昇格(係長次席から係長、係長から課長補佐など)する前に、一旦約2年間地方の出先機関へ転勤し、戻ってくると1つ上の役職に昇格するというパターンが多くなっているようです。

 給料については、一般的には地方公務員の方が国家公務員に対してやや多い傾向にあると思いますが、省庁や配属先にもよるでしょう。

>30代前半の男性(国家公務員)の方で年収900万ある方っていらっしゃるのですか

 私は、約10年前(30代半ば)で家の事情により国家公務員を辞めましたが、その時の年収は税込みで約750万円でした。
 キャリア組や技術のある技官ならば、900万円ある人も多くはないでしょうが、いると思いますよ。

 余計なお世話かもしれませんが、お見合いということなら、地方公務員の方をおすすめします。
 理由は、国家公務員は、結構帰りが遅くなることが多いからです。これも人に(というより配属先)によりますが、国会開催中などは、待機が命ぜられることや、予算審議の時期になると、毎日終電で帰ることも珍しくありません。
 家庭を大事にし、子供とのふれあい等を重視するなら、国家公務員より地方公務員の方がいいと思います。

 ただし、重複しますが公務員といえども、地方も国家も定時に出勤・退勤できるところは少ないですし、世間で思われてるほど楽な仕事では無いということは事実です。

 簡単に言えば、国家公務員は国の機関の職員です。国会議員をはじめとして、各省庁(本省)やその出先機関の職員ということです。一方、地方公務員は地方自治体の機関に所属する職員です。市役所や市立図書館、消防署員などが該当します。

 転勤については、地方公務員は文字通り、その地方自治体の職員ですから、その自治体以外への地域へ転勤することはまずないでしょう。あったとしても短期間(長くて半年くらい?)研修を行う程度だと思います。

 それに対して、国家公務員は国の職員ですから、守備...続きを読む

Q市役所職員採用試験の申し込みについて

市の職員採用試験(一次筆記)をの申し込みをする予定なのですが、申し込み方法が必要書類を市庁舎に直接持参(郵送不可)となっています。

この場合、
質問1、服装はどのようにしてゆけばいいのでしょうか?
筆記試験はよく、スーツより私服が多数といったようなことを聞いたことがあるのですが、申し込みのため市庁舎を訪問する場合も私服(遊び着というのではなく落ち着いたもの)でもよいのでしょうか?

質問2、「本人が持参」ということは、申し込み時に何らかの人物チェック等をすると考えていた方がよいのでしょうか?
単なる事務手続きと考えるべきなのか、それとも簡単に志望動機等を聞かれるようなことも想定しておくべきなのでしょうか?

公務員の試験を受けるのは初めてなので、小さなことでもとても緊張してしまっています。
市によってもシステムは違うと思いますが、実際に試験を受けられた方など何かアドバイスをいただけたら幸いです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは☆
昨年、採用試験に合格したものです。
私の場合も郵送もOKでしたが、直接持って行きました!!

質問1.に関しては、私の場合でしたら、スーツではなく【私服の落ち着いた格好】で行きました。
だいたい、1次試験時もスーツの人に比べたら、私服の人が大半ですネ!もちろん、この場合も落ち着いた格好ですが。。。私も私服の1人でした(^^)v

質問2.に関しては、そのような心配は一切要らないと思います!ですが、挨拶等は当然ですが、しっかり行った方がいいと思いますよ。(受付や、書類を渡す時など★)
たぶん総務課へ行き、人事担当の人が書類に目を通してから、受験番号を記入し、受験票を渡されるだけです!!


たぶん、iyoponさんの受ける市も同じとは思いますが☆
いろんな回答がきて、その中の1つの意見として参考にされてくださいね☆
また、何かあればお力になります。

Q国税専門官と国立大学職員で迷っています

国税専門官と国立大学職員の内々定をいただき、どちらの職を受けるか悩んでいます。

国税専門官は、税務のスペシャリストとして充実した仕事ができると考えられ、初任給も大学職員より数万円上です。
今後どうなるかはわかりませんが、税理士資格ももらえるかもしれません。
ただし、人に嫌われる仕事であり、最悪の場合は毎年域内を転勤しなければならないため、精神的なストレスが溜まり易く、家庭をもつことにも障害が多いと聞いています。

国立大学職員は、初任給こそ国家2種相当ですが、昇給の遅さがネックとなって、徐々に給与に差が付き、平均では国家2種比80~90%の給与となるようです。
ただし、転勤は少なく、基本的には同じ地域で生活ができること、大学という知的フィールドで過ごせることが魅力的です。
独立行政法人化したため、変わりつつあるようですが、仕事もそこまで大変ではないようです。

ネットや知り合い等、私の集められる情報の範囲では、両者は「給与←→転勤」という天秤の上にあり、それにやりがいという点が加わるのではないかと考えています。
しかし、恥ずかしい話なのですが、どちらの職を受けるかという決定打がなく、迷ってしまっています。

両者の特徴や、長所短所等、何でも構いません。
判断材料になるものがあれば教えていただけないでしょうか。

なお、国税専門官、国立大学職員共に関西の採用です。

どうかよろしくお願いいたします。

国税専門官と国立大学職員の内々定をいただき、どちらの職を受けるか悩んでいます。

国税専門官は、税務のスペシャリストとして充実した仕事ができると考えられ、初任給も大学職員より数万円上です。
今後どうなるかはわかりませんが、税理士資格ももらえるかもしれません。
ただし、人に嫌われる仕事であり、最悪の場合は毎年域内を転勤しなければならないため、精神的なストレスが溜まり易く、家庭をもつことにも障害が多いと聞いています。

国立大学職員は、初任給こそ国家2種相当ですが、昇給の遅さ...続きを読む

Aベストアンサー

関西ということは大阪国税局ですね。
国税専門官は、平均3~5年で転勤になります。早い人だと1~2年の場合もあります。
職場が変わるわけですから、精神的なストレスはその度に多かれ少なかれあります。家族を持つと子供や配偶者のこともあり、単身赴任を選ぶ人も多いです。
ただ東京国税局・大阪国税局の場合、ほとんどが引っ越しをしなくても通える範囲にあるのでかなり恵まれているといえます。
転勤になっても引っ越すことは地方に比べれば圧倒的に少ないです。
地方はほとんど引っ越しが伴うため、精神的・肉体的・金銭的にかなりきついし、家族にもかなりの影響が出ます。この家族への負担を考えて単身赴任の割合が多いのです。
よって質問者さんの場合、転勤といっても引っ越すことはあまりないのではないかなと思います。勿論どこに住むかによって変わってきますが、自分の住居と税務署の所在地を考えればおおよその目安がわかるのではないでしょうか?(通勤時間2時間は当たり前の範囲と考えてください。地方では2~3時間で頑張ってる人もいますし、自腹で新幹線通勤している人もたくさんいます。)
和歌山になれば確実に引っ越しでしょうが。

仕事のやりがいは、大学職員より圧倒的にあると思います。
ただその分、いろいろな面でとても厳しい環境にあります。世間のイメージからはほど遠い公務員と考えてください。成績も暗黙に求められます。お金の絡む仕事は民間・公務員関係なく厳しいものです。
仕事柄私生活でも世間の目は気にしないといけませんし、仕事上も相手にスキを与えてはならないのでいろんなことに気を配る必要があります。
半分以上の仕事が相手にとって嫌なことになるため、文句を言われたり、罵倒されたりといったこともあります。
これがきつくて、精神面でまいってしまう人もいます(病気になったり・・・)。
何を言われても、「自分は正しいことをしているんだ。間違ったことをしてるわけではない。税は公平・公正に。」といった確固たる正義感・信念が必要です。

大学職員は国税専門官に比べれば、非常にぬるい世界にいると思います。私は国立大学出身ですが、事務職員にあまりいいイメージは持ってません。
しかし、自分が事務職員になるなら仕事面では楽かも?と思います。

給与が違うわけですから当然きつさも違います。
どちらが自分の性格や生活にあっているかよく考えてで選んでください。

関西ということは大阪国税局ですね。
国税専門官は、平均3~5年で転勤になります。早い人だと1~2年の場合もあります。
職場が変わるわけですから、精神的なストレスはその度に多かれ少なかれあります。家族を持つと子供や配偶者のこともあり、単身赴任を選ぶ人も多いです。
ただ東京国税局・大阪国税局の場合、ほとんどが引っ越しをしなくても通える範囲にあるのでかなり恵まれているといえます。
転勤になっても引っ越すことは地方に比べれば圧倒的に少ないです。
地方はほとんど引っ越しが伴うため、...続きを読む

Q地方役場公務員のコネ採用

 親戚(いとこ)の話です。いとこは26歳、役場で臨時職員をしています。近畿の町役場の支局です。勤務2年目に公務員試験を受けました。しかし、結果は残念な結果でした。でもなんとなく予想はしていたそうなのです。なぜなら正職員の方々は皆コネっぽいんだそうです。親兄弟がもと役場の職員で、親が公務員、また役場と業務提携をしている業者の親戚の娘さん、など裕福な方々中心なのだそうです。いとこが驚いたのは、いとこの友人の弟(いったん民間会社に入社、退社、プー期間あり)が合格したのだそうです。ひとつ下の25歳だそうです。ですが、その合格した友人一家というのは父親が法務局勤務、またその友人が自衛官で、公務員一家で裕福な家なのだそうです。確か地方上級試験だったと思います。いとこは、そういうコネというか、公務員の家族がいたほうが有利なのかなと、つぶやいていました。また、いとこと同じ臨時職員の方が受けたようなのですが、その方は家族がその役場にいるにもかかわらず、落ちてしまったそうです。その人も、かなり勉強したそうなのですが。私の父は「町長か議員に頼んだのでは」と言っています。でも、実際議員さんにお金を払って、入れてもらうこともあるそうなのです。わずか2人の枠だったんだそうです。いとこはやる気を失いつつあります。私はあきらめるよう言っているのですが、実態はどうなのでしょうか?年齢制限が切れるまで受けるよう言うべきなのでしょうか?

 親戚(いとこ)の話です。いとこは26歳、役場で臨時職員をしています。近畿の町役場の支局です。勤務2年目に公務員試験を受けました。しかし、結果は残念な結果でした。でもなんとなく予想はしていたそうなのです。なぜなら正職員の方々は皆コネっぽいんだそうです。親兄弟がもと役場の職員で、親が公務員、また役場と業務提携をしている業者の親戚の娘さん、など裕福な方々中心なのだそうです。いとこが驚いたのは、いとこの友人の弟(いったん民間会社に入社、退社、プー期間あり)が合格したのだそうです...続きを読む

Aベストアンサー

実際に臨職あがりの地方公務員かなりいます
ですが臨職だからといって受かってないのも多数いますが


例外が去年まであった市があります
それは愛媛県北条市です
ニュースでもやってましたが完全なコネと臨職を面接のみで地方公務員に採用していました たしか10年ぐらい

採用なしといっておきながら採用内定者がいた去年に発覚してもうしないとのこと


私はちがう市の採用ですが臨職あがりです
コネは多少あったのかもしれません
ですがコネといっても臨職の時にいかに真面目にやっていたかっが課長なりの評価によっての推薦みたいな
ものではないでしょうか 
面接時の志望動機も答えやすいですし


しかし2次を完全コネじゃない?と噂の人もいます
たとえば親が市会議員とか隣接する市役所勤務の部長だったりとか 自分で作文は半分しか書かなかったとか暴露していたのもいました。


-------------------------------------------------
結論ですが
一次試験にコネは本来絶対にありません 2次試験の面接は臨職ということで他の人よりは有利になります
ですので年齢制限がきれるまで受け続けてはどうでしょうか
 
近畿ですと公務員学校の在校生が多数受験するでしょう 町役場ということで多少は少ないと思いますが
1日10時間勉強を半年1年繰り返した公務員試験特化人間みたいな人も受験しますので 
かなり1次試験は難しいかもしれません

実際に臨職あがりの地方公務員かなりいます
ですが臨職だからといって受かってないのも多数いますが


例外が去年まであった市があります
それは愛媛県北条市です
ニュースでもやってましたが完全なコネと臨職を面接のみで地方公務員に採用していました たしか10年ぐらい

採用なしといっておきながら採用内定者がいた去年に発覚してもうしないとのこと


私はちがう市の採用ですが臨職あがりです
コネは多少あったのかもしれません
ですがコネといっても臨職の時にいかに真面目にやっていたかっが...続きを読む

Q公務員試験の欠席について

公務員試験を受けるつもりだったのですが、
勉強不足で筆記試験を突破できないと思い欠席するつもりでいます。

そこで質問なのですが、
(1)欠席の連絡は入れるべきなのか。(他のページには必要なしとの回答があったのですが。)
(2)例えば今年県庁職員を欠席し、来年同じ県の市・区町村役所職員を受ける際には影響はあるのか。
(3)欠席した公務員試験と同じ職種を再度受験しても影響はないのか。

今まで民間企業で就職活動をしていたので、公務員試験をよく理解していないのですが、
筆記試験で不合格でも来年、再来年と受けても可能性はあるのでしょうか?

教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

(1)特に必要ないと思う。

公務員試験は複数を受けるのが当たり前のようになっているので、試験日程の重複や他の試験での合格、民間への内定などで来ない者は珍しくない。

(2)一切影響ない。

個人情報やプライバシーもうるさい中、他の自治体に欠席者情報まで流すとは思えない。

(3)たぶんない。

よほど受験者が少数の区分で覚えられるほどのものでない限り、昨年の欠席者だということすらわからないだろう。


ただ、一次試験合格後の面接試験のように「個別に約束をして受ける」試験を蹴ると、明らかに印象は悪いし、相手にも覚えられるだろうね。

個人的には・・・マークシートの試験なんだから最悪消しゴムでも転がして回答するって手もあるのだから、試験会場の雰囲気偵察兼ねて受けに行ったほうが次につながるんじゃないかな、と。

Q専攻とは

よく大学での専攻は?などと言いますよね。
この専攻って何の事なのでしょうか?

学科の事ですか、ゼミの事ですか、それとも特別の研究室のような所での研究の事ですか。

もし、学科の事だとしたら、細かく学科に分かれておらず、学部だけしかない規模の小さな大学の場合はどうなるのでしょうか。

また、研究室の事だとしたら、研究室に入っていない学生は専攻なしということになるのでしょうか。

Aベストアンサー

普通、「専攻」と言ったら、卒論で自分が扱う分野、卒論がないのなら、それに代わりゼミ研究などで自分が扱っている分野のことです。

たとえば「私は文学部の日本文学科で、紫式部を専攻しています」のように使います。そこまで細かく説明することを要求されているわけではないなら、「文学部で日本文学を専攻してます」って言い方もアリです。

また大学によっては、「○○科」の変わりに「○○専攻コース」などを設けている場合もあります。この場合、○○の部分を自分の専攻であると言ってしまっても差し支えありません。

まあ、そんなに厳密な言葉でもないので、神経質になることはないですよ。自分が主に勉強している(したいと思っている)分野、という程度の意味です。

Q公務員試験における「論文」ってどうやったら書けるようになるのですか?なにも書けないんです・・・

今年5月と6月に、国家公務員2種試験や県庁の公務員試験を受けますが、「論文」が苦手です。

白紙の用紙に「書け」って言われても書けないんです。
択一試験なら、ほとんど間違い探しみたいな感覚でできるのですが、
白紙の何もない状態から、自分の考えだけを1000字以上書き綴るっていうのが難しいです。

お金もなくて独学なんで、一応模範解答の読み込みをしているだけなんですが、実際に先日模擬試験の論文を受けたところ、なんにも書けませんでした。文法や日本語の使い方うんぬんよりも、

「なにをどうかいたらいいかがわからないんです」
それまでに暗記してたはずの知識もいざとなるとなかなかでてきません。せいぜい200字しか書けなかったんです。

すいません、こんな私に「論文」が書けるようになるためのアドバイスをください。まずなにからはじめれば良いでしょうか?お願いします。
(そのような対策本とかでも結構です)

Aベストアンサー

論文っていうのは、知識で書くものではないですよ。

minngaodenさんは今、こうして「質問文」を書いているわけですよね?今書いたこの質問文章で、全部相手に「何を質問したいか」を伝え切れているでしょうか?いや、まだ不足しているはずです。
例えば、どういうテーマが模擬試験のときに出たのでしょうか。暗記していたはずの知識ってどんなことでしょうか。法律?行政?相手により細かく伝えようとすれば、もっと書くことはあるはずです(字数制限があるから無駄なことは書かないですけどね)。

なぜ書こうと思えばかけるのか?
これはminngaodenさん自身に、「論文を書くにはどうしたらよいか」という問題意識があるから書けるわけです。
そもそも、minngaodenさんはどうして公務員になりたいのでしょうか。公務員になって何をしたいのでしょうか。それをかけばいいんじゃないですか。字数は後からついてくるものです。
これからは公務員といえども、企画力が問われる時代です。
とりあえず、自分が何をしたいのか書いてみてください。それをひたすら読み直し、訂正を加えていってください。自分が完成したと思ったら、それを気の置ける友人に読んでもらってください(恥ずかしいかもしれませんが)。
小説家だってエッセイストだって、もともと文章が書けるのではないんです。何度も何度も書き続けてそういう職業につけるだけの能力を得るのですから、ちゃんとした文章が書きたいのであれば、ひたすら書く練習を続けてください。

あと、「字は大きく書く」「極力きれいに書く」「改行や字下げは正しく」とか表現上のテクニックもありますが、とりあえず書くこと。自分で読み直しているうちに「こうした方が読みやすい」ということをいくつか気がつくはずです。

なお、もしもminngaodenさんの志望理由が、ただ単に安定しているからとか、親が薦めるからとか、そんなアレならそもそも受けてもしょうがないのでやめておいたほうがいいです。
これからは安定もしないですし(現に市町村合併によってリストラしている自治体もあります)、知らないかもしれませんが、増えるどころかここ数年の公務員の給料は減っています。普通はベースアップがあるから、大して減額にはなりませんが、昇給停止措置をとっている自治体もあります。

論文っていうのは、知識で書くものではないですよ。

minngaodenさんは今、こうして「質問文」を書いているわけですよね?今書いたこの質問文章で、全部相手に「何を質問したいか」を伝え切れているでしょうか?いや、まだ不足しているはずです。
例えば、どういうテーマが模擬試験のときに出たのでしょうか。暗記していたはずの知識ってどんなことでしょうか。法律?行政?相手により細かく伝えようとすれば、もっと書くことはあるはずです(字数制限があるから無駄なことは書かないですけどね)。

なぜ書...続きを読む

Q現業公務員と非現業公務員

大学の講義で、現業公務員と非現業公務員がでてきたのですが、違いがよく分かりません。
違いを簡単に教えていただけませんか?

Aベストアンサー

現業公務員(非権力的公務員)は、用務員、学校給食調理師、公用車の運転手のように、公権力に直接係わらない仕事をする公務員のことです。例えからもお分かりだと思いますが、用務、調理、運転手など、仕事の内容自体は民間でもやっていることです。

逆に、非現業公務員(権力的公務、主に事務職)は、公権力に直接係わる仕事をしています。例えば、市長名で文書を作る、規則の案を作る等です。これは公権力の行使に直接係わる仕事ですので、公務員のみが行えるもので、民間業者では行っていませんし、代わりとなりません。

以上から、公務員の労働基本権の制限の可否(現業公務員への制限は緩やかでよいのではないか)、公務執行妨害の成否(現業公務員への暴行は公務執行妨害といえるか)等が問題となります。

Q市役所事務の志望動機 添削

いつもお世話になっています。
市役所の事務職面接に向けて、志望動機を考えたんですが、住んでいる市でもないので、なかなか難しくて、、、
厳しくてかまわないので、添削お願いします。

1、市役所を志望した理由
きっかけは大学生活で3年間勤めた接客のアルバイトで、私はお客様にサービスを提供して、喜んで頂くという事にやりがいを感じていました。そしてお客様の身近に立ってお役に立てるような仕事を生涯の職業にしたいという思いから、市役所事務を志望しました。
2、希望する部署
健康福祉課を志望します。大学のゼミで学んだ少子化問題で、女性が子供を産み育てていく中で、居住自治体の保育サービスの質が女性の出産に重要な役割を果たす事を知りました。実際○市でも、少しずつ人口は減少しています。私は保育所の整備や、育児相談会などの子育て支援を通じて、子を持つ女性が一生○市に暮らし続けたいと思えるように、住民ニーズに沿った保育サービスを提供していきたいと考えています。
3、○市志望の理由
私は○市の住民ではありません。本市には数回訪れた程度でした。ですが本市は近年駅前開発が進み、高層マンションや大型スーパーの立地も増え、発展してきている都市だと感じていました。又、○市の▲公園や海釣り公園など、緑や海の自然の魅力も大きいものです。
しかし一方では治安の悪さというイメージもいまだ残っています。そのようなイメージを払拭し、住みやすい都市というイメージに変えていき、益々本市を発展させていくために力になりたいと考えています。


長文になり申し訳ありません。3はかなり苦し紛れです;;やっぱり他市の人から治安がどうこうと言うべきじゃないですかね?

いつもお世話になっています。
市役所の事務職面接に向けて、志望動機を考えたんですが、住んでいる市でもないので、なかなか難しくて、、、
厳しくてかまわないので、添削お願いします。

1、市役所を志望した理由
きっかけは大学生活で3年間勤めた接客のアルバイトで、私はお客様にサービスを提供して、喜んで頂くという事にやりがいを感じていました。そしてお客様の身近に立ってお役に立てるような仕事を生涯の職業にしたいという思いから、市役所事務を志望しました。
2、希望する部署
健康福祉課...続きを読む

Aベストアンサー

某企業で人事担当をしています。

なかなかよく纏まっていると思います。
このままでも十分いけると思いますよ。

敢えて申し上げるのでしたら、

1.の市役所志望理由について
「お客様の身近に立ってお役に立てるような仕事を生涯の職業にしたいという思いから」
という理由では、サービス業全般にあたります。
なぜ市役所なのかを説明するには、2.で述べられている部分を
簡潔にまとめて併せるとよいでしょう。

3.について
治安の悪さを引き合いに出すのは構わないと思いますが、
「治安を改善して市を発展させていくために力になりたい」という部分が
あなたが前述している「保育サービスを提供していきたい」ことと
聞き手の中でリンクし難いかと思います。
前段で述べている、あなたが市の将来性や自然に魅力が
あなたの感性に合うという回答で十分かと思います。

1.2.はご自分のお考えがあるだけにしっかりと回答されていますが、
3.については、ありきたりさが出てしまっています。
面接において私が重視している点は、
回答の程度よりも如何に自分なりの考えを持っているかです。
皮肉な言い方をしてしまいますと、面接とは、
「マニュアル通りのキレイな回答を聞くことが目的ではなく、人間性を見ることが目的」
なのです。
3.のような回答にはくれぐれもご注意下さい。
逆に、1.2.はよく出来た回答だと思います。

また、テクニックとしては、1.で私が指摘させて頂いたような
ツッコミどころを敢えて残すことも手です。
得意な面で質問されるよう、敢えて詳しく説明しないのです。

以上、ご参考に頂ければ幸いです。
よい結果をお祈りいたします。

某企業で人事担当をしています。

なかなかよく纏まっていると思います。
このままでも十分いけると思いますよ。

敢えて申し上げるのでしたら、

1.の市役所志望理由について
「お客様の身近に立ってお役に立てるような仕事を生涯の職業にしたいという思いから」
という理由では、サービス業全般にあたります。
なぜ市役所なのかを説明するには、2.で述べられている部分を
簡潔にまとめて併せるとよいでしょう。

3.について
治安の悪さを引き合いに出すのは構わないと思いますが、
「治安を改善...続きを読む

Q県庁の仕事

こんにちわ。

県庁の仕事と市役所の仕事、その違いはどこにあるのでしょうか?
市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていくという理解でよいのでしょうか?
県庁の職員はどんな仕事をしているのか教えてください!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていく…この理解でほぼ間違いないと思います。イメージとしては県庁は市町村のサポート(リーダーでなくサポーター)であるという感じがあるので、「大枠を作る」というと少し違う気がしますが。

市役所勤務、県庁勤務と一口に言っても、配属される部署によって全く異なる仕事をすることになります。3年に1度も異動がある公務員ですから、どちらに行っても様々な仕事を経験することになると思います。(市役所と県庁の人事交流なんかもありますし、どちらかが取り立てていいとかいう問題としてでなく、比較的自分のイメージに合っているという程度の差だと考えてください)

市役所にあって県庁に無い部署としては「市民部」。いわゆる窓口業務を行う部署です。婚姻届もあれば、苦情相談もあり…市民が一番イメージしやすい部署でしょう。県庁にはこうした部署が無いわけではないのですが、あっても市町村や外郭団体、NPOなどと関わることが多く、肩書きなしの住民とやり取りする機会は少ないです。

市町村に比べ都道府県が強い部門としては、労働・商工・土木でしょうか。どれも国も強いのですが、ある程度広い区域で事業を進める必要のあるものは都道府県が行っています。これに関連して、たとえば福祉でも、生活保護のような一般的(?)な福祉は市町村ですが、児童虐待や精神障害などの特殊(?言葉の選び方が悪いです。すみません。)な福祉は、ある程度広域でまとめないと予算も組めないので、都道府県が行うことになります。

窓口が多い市役所に対して、県庁はドアの向こうの仕事が多く、一般にはイメージしにくいと思います。中でやっている仕事は、私の場合、補助金の交付に関わる事務、講演会の企画、市町村行事の取りまとめ、会議の準備、国からの調査への回答、その他伝票の処理やアルバイトの方の保険事務、旅費計算、諸々の庶務です。一つ一つ順番に片付けていくのではなく、常に4~5の仕事を並行してやりながら、電話を受けたり、お客様にお茶出したりしています^^ まだまだ若輩者ですので、庶務が多いですが。
人によって仕事のスタイルは違うと思いますが、私はもっと外に出たいなぁと思っています。思っていたよりデスクワークが多く、(先輩は結構出張したりしているのですが)自己啓発を続けないとすぐに世間から置いていかれそうです。

市役所の方と話をしていると、住民が何に困っているか、リアルに感じておられるのが伝わってきて、県庁にいると自分がオカミになりそうでヤだなぁと思います。

それでも、雇用・福祉・教育・警察それぞれと関わりながら比較的大きな仕事が出来る都道府県の立場が、私は好きですね。。。

市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていく…この理解でほぼ間違いないと思います。イメージとしては県庁は市町村のサポート(リーダーでなくサポーター)であるという感じがあるので、「大枠を作る」というと少し違う気がしますが。

市役所勤務、県庁勤務と一口に言っても、配属される部署によって全く異なる仕事をすることになります。3年に1度も異動がある公務員ですから、どちらに行っても様々な仕事を経験することになると思います。(市役所と県庁の人事交流なんか...続きを読む


人気Q&Aランキング