最新閲覧日:

インポート物の下着等を置いた、ランジェリーSHOPを出したいのですが。

始め私はただの下着好きだったのですが、去年の10月で仕事の契約期間が終わり、次の仕事をしようと思った時、「あ~ランジェリーshopをやってみたい」と
思いました。

だけど何をして良いのか分からず、下着の事も素人なので。(@_@)
まず問屋さんや業者さんにお話を聞かせてもらって、だけど
仕入れ値とは何故あんなに高いの~~~っとびっくりしました\(◎o◎)/!

どなたか何か良いアドバイスがあれば聞かせてもらえないでしょうか。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

実店舗でしょうか?ネット店舗でしょうか?


ネット店舗でしたら、開業支援サービスという選択もあります。
ホームページから商材提供、配送代行まで全て行ってもらえます。

http://www.moneymaker.jp/

参考URL:http://www.moneymaker.jp/
    • good
    • 0

ランジェリーショップって言ってもなんかブランド品ばっかりの店から売上重視のちょっとアダルト色の強い店まであると思うんですが、たしか埼玉県に販売の方法の特許を取った有名なランジェリーショップがあると聞きました。

そこは、いつもカップルでいっぱいだそうです。どうせなら儲かる?店からはじめて利益が出て、チョット失敗しても大丈夫って体力を付けてから自分のお気に入りのお店に投資した方が、良いんじゃないでしょうか?商売って、危険ですよ。下手すると人生損しちゃいますから。
    • good
    • 1

海外のメーカーはホームページを持っているところが多いと思いますので、日本に輸入できるかどうか、e-mailで質問してみるといいと思います。

ある程度の数量がまとまるのであれば、それなりの卸価格を提示してくれる可能性はあります。日本法人がある、または商社が代理店になっているなどの場合は、そちらと交渉するか、そこを通さずに直接取引してくれるか、本社と交渉することになります。展示会ということなら、日本のではなく、海外のショウなどに行き、そこで買い付けることができれば、他のお店との差別化はできると思います。ファッションものは、流行の形、色などがありますので、難しい分、当たると大きいという要素があります。
また、海外メーカーの場合、日本人の体型に合うのか? という問題もクリアーしなければなりませんね。

また、例えば、インターネットでお店を開く場合、楽天などに出店するには、月々のテナント料は5万円です。普通の店舗を構えることに比べれば、ほんのわずかです。が、その分、どうやってお客さんを呼び込むかが問題になります。月間売り上げの平均は50万円位だといいます。中には2000万円近く売っているサイトもあるということですので、50万円に満たない店の方が多いということになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)そしてφ(..)メモメモです。
俄然ファイトが出てきました。ありがとうございます。
まずは やはり語学が必要ですね!!
自信が少しついた時kensakuさんのアドバイスをまず実行してみたいと思います。
つまずきながらでもがんばっていきたいです。
本当に参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/09 17:12

海外のディラーなどの接触は展示会は言うまでもありません。

ただ、展示会はある程度の動向、流行りの調査、新規開拓などでこれをメインに考える必要もないと思います。事業開業当初はまめに見ることをお勧めしますが、ある程度慣れてくるころには信用の出来る取引先が出来てるでしょうからそちらがメインになるのではないでしょうか。でもいつ無くなるか分からない、とかいつ身売りするか分からないということも考えまして「もし、ここがダメになったら次はこのブランドだな」と目をつけておくことは非常に大切です。海外の売れ筋ブランドはまとめて身売りすることがよくあるからです。それもアメリカンドリームの一つなのです。ある程度成功させてポンと高くブランドごと売るという。貴金属でもよくありますね。下着とて同じことが言えます。また、海外に「つけ」というのはあまり存在しません。現金での買付が主で、それ以外には相手先が引きだし可能な外国口座を作り、仕入れの都度そこから引きだしてもらうというやり方です。引きだされた額はまとめて一定のサイト(期間)をもらい返済していくという方法ですね。LCなどがこれです。これが日本で言う信用取引(買掛など)に該当します。ただこの口座は資金の規模も大きく(最近では多少小口でも可能なようです)、開設するにも多少手間が必要です。書店で輸入に関する手引きなどにも内容が詳しく出ていますので参考にするとよいかもしれません。また海外で商談には多少なりとも英語力が必要です。外国人を相手に商売、商談するというのは楽しい反面、自分でガツンと主張できないと「はいはい」と言うことを聞くことになりかねません。きちんと交渉できることは交渉してこそビジネスですので、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

umibouzuさんどうもありがとうございます。
umibouzuさんのお陰で本屋さんへ行く回数が増えました。行って見るとumibouzuさんのアドバイス関連の本がたくさんありますね。本当に勉強になります。
またNOVAへ行く足がよりいっそう楽しく真剣なものに変わりました。
知らないことばかりで 転ばぬ先の杖を差し伸べて下さって本当に感謝しております。

お礼日時:2001/02/09 16:55

先ほどはちょっと厳しい意見でした。

でもmayoiさんの「やりたい!」って気持ち、とても大切なことです。それが一番大事だったりします。ただ、私の知り合いでやはり「花屋をやりたい!」「インポート雑貨屋をやりたい!」と始めた人が、あまり計画せずに始めたために消費者金融(お自動さんやアコムなど)の世話になり大変なことになったのも記憶に新しかったもので。その二人とも「考えれば分かったことでしょ?」といろいろと指導も含めてしたところなんです。まったくの個人が事業を始めてたかだか400万や500万の借金でも(企業ならどうって事のない額でも)返すのは大変なことなんです。大きなスポンサーがいるならまだしも、起業するにはとりあえず1000万ぐらいの資金はあるに越したことはありません。大げさなようで、これぐらいのお金は準備資金でスポーンと消えてしまうのです。SOHOなどともてはやされている今日この頃ですが、よは個人事業やスモールオフィスのことで、昔からあるものなんです。その成功者の方々はそれなりの経験、知識、営業力、実力のある人が多いです。ネットでも成功した人や失敗した人のHPがありますのでいろいろと見られると良いとおもいます。なにかピンと来るものがあると思います
検索サイトで「SOHO]でたたくとワンサカ出てきます。ぜひ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

umibouzuさん度々と貴重なアドバイスありがとうございました。
正直SOHOと言うものを耳にはしたことはあったのですが、意味は知りませんでした。
やるなら一年でも長くやっていきたいので、umibouzuさんのアドバイスを肝に銘じながら、まずは勉強から始めたいと思います。
また何かアドバイスあれば宜しくお願いします。

お礼日時:2001/02/08 23:31

こういうお店で大事なのは、接客技術ではないでしょうか? であれば、まずどこかのお店にアルバイトでもいいから勤めて、ノウハウを吸収するのがいいと思います。


接客だけでなく、仕入れ、資金繰り、顧客管理技術など、何業をするにも大事なことを経験しておいた方がいいと思います。
お店を開くって、ものすごく大変なことです。まして扱う商品が輸入ランジェリーということは、それなりの雰囲気の内装やディスプレイも必要となり、初期費用が膨大になります。インターネットを使った通販なら、もっと手軽にできますが、お客さんの信用を得るためには実店舗があったほうがいいことはいいですね。
また、海外のメーカーから直接仕入れることもできますが、現金で支払う必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kensakuさん的確なアドバイスどうもありがとうございました。
まずはルートからと意気込んでいたのですが、もう少しゆっくりと考えてみたいと思いました。
そうですね。まずは丁稚奉公にでもいきながら、色々勉強していきたいと思います。また、海外のメーカーとの接触はやはり展示会が一番ですか?

お礼日時:2001/02/08 23:23

まず起業する前の準備段階でいろいろと調べることがあります。

採算度外視で儲かる商売でもないと思いますのできちんとした計画が必要です。起業での1番のミスは見切り発車です。起業でものを言うのは営業力も必要ですが、経験も非常に重要です。また、例えば以前にインポートの下着屋さんに勤めていてコネがあるとか、取引先とコネがあるとか、とても重要です。何故なら卸と言えど、全くの初対面は問屋にしても一見の客なわけです。ということは裏返しで、その問屋の常連は当然掛け率が違います(卸値)。自分が1万で仕入れている同じものを8000円で仕入れていることもあるということです。そうなれば上代や売値にそれがハネ返り、価格で勝負しずらくなります(店が近くだったり、また同じブランドだったり)。安く仕入れている店が高く仕入れている店より安く売れるのは当然ですから。いきなり厳しい意見ですが、最近の消費者の財布はそう甘くはありません。情報も早いです、「あそこの店の方が安いよ」と。ましてや商売でとなるときちんとした計画と見込みが必要です。経理処理、申告という面倒な事務処理も多々あります。大変だと思いますが、まずその変からじわじわと練ってみてくださいませ。そうすると事業計画ができあがってきて、一層ご商売もうまくいくかと思います。頑張ってください!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

umibouzuさんアドバイスどうもありがとうございました。
そうですね。焦って見きり発車はだめですね。
年内にと考えて少し焦ってしまいました。
また何かアドバイスあれば是非お願いします。

お礼日時:2001/02/08 17:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報