ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

入門者です(技術系に無知です。)SWRはある程度調整されている(と思う)市販のアンテナ(50MZ用)を使用するつもりですが、アンテナチューナーは持っていません(無線機にもついていません。)アンテナチューナー無しで電波を出すことはやめた方が無難なのでしょうか?結局、チューナーはやはり購入すべきでしょうか?
さらに必要であるとして購入した場合ですが、今後アンテナチューナが内蔵されている無線機を購入しても、さらにその無線機にアンテナチューナーを接続して使用することもできるのでしょうか?なお、ワイヤーアンテナは使用予定はありません。(結局チューナーは購入しても無駄にならない?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 ANO.1の者です。



 チューナーをつけてもアンテナのSWRは改善されません。改善されるのは送信機の出力コネクターにおけるSWR、すなわち送信機とチューナーまでの同軸ケーブルのインピーダンスが規格の50Ωになるということです。この状態では送信機からの電波はストレス無くチューナーに流し込むことができます。
 しかし、チューナーからアンテナまでのSWRが高いままだとアンテナから効率よく電波は発射されず、チューナーやケーブルやアンテナを暖める熱源にしかなりません。チューナーをつないだことでアンテナの性能は一部の特殊なアンテナを除いて上がることありません。

 多バンド用モービルアンテナは元々SWRを下げにくいですし、同調する帯域が狭いのでその帯域からはずれたSWRの高い部分で送信するときに高SWRがゲインインの送信機トラブルを回避するのに役立ちます。この場合も電波が良く飛ぶようになるとかのアンテナの性能の向上はありません。

この回答への補足

発射電波が、無線機へ悪影響を与えるのを防ぐのが、メインでしょうか、つまり、それが結局は、アンテナが適正なSWRの範囲であれば
チューナーにストレートに入ってきた電波は、ストレートにアンテナに供給されることにつながる。という感じですかね?
実際アンテナチューナを大部分の人が使用しているのでしょうか?
想像からするとモービル運用の人たちには必需品なのかなという
感じを受けていますが。

補足日時:2008/03/11 20:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アンテナチューナーの存在理由が理解できた感じです。あれば、無線機自体の保護にもなるし、その他の利点も理解できました、でも値段が結構しますね。

お礼日時:2008/03/11 21:17

 モービルで運用してる方々のほとんどがチューナーは使っていると思います。

それも大部分無線機内蔵タイプが多いと思います。誤解を恐れずに皆様方がチューナーを使う理由を述べると、

 無線機の保護
 気持ちよく無線機の出力計の針を振らせたい
 (実際に空間に放射される電波のエネルギーは気にしない)

以上の2点ではないかと思います。

 短波帯の自動車等からの運用は電波を効率よく飛ばすという点でとても難しいかと思われます。たとえば、本来の波長に対して80%ほど短縮された車載アンテナなら、たとえSWRが1.0でも、空間に放射できる電波はアンテナに入力された電波の10-20%程度でしょう。10Wなら実際に放射されるのは1-2Wということです。
 この難しいところが逆におもしろいわけで皆様創意工夫して運用しているようです。質問者様も頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アンテナチューナーの存在理由がよーくわかりました、だいぶ質問以前の想像と違っていました。再三に渡りありがとうございました。とりあえず、移動運用でいってみようと思いますので、SWR計で、十分注意して波を出して見ようと思っております。

お礼日時:2008/03/12 18:57

 アンテナを調整するのが基本です。



アンテナを調整せずにチューナーを付加してもアンテナ自体の性能が上がることはありません。チューナーを付加すると無線機とチューナーの間のSWRは改善されますが、チューナーからアンテナまでは改善されません。高SWRが原因の送信機の故障等の予防には効果があると思います。

 SWRが3以下ならチューナー無しでも使えますがそれ以上で使うならチューナーを入れた方がいいでしょう。でもこの場合もアンテナを調整するのが先だと思います。

 チューナー内蔵の無線機に外付けチューナーを付加することは可能ですが、無意味です。送受信とも外付けチューナーのロスの分悪くなるだけです。

この回答への補足

よく理解できました、調整が第一なのですね。アンテナの性能が上がるものだと思っていました(アンテナのSWRが改善される)、ただ、よく無線機のカタログなどの文章で見るのですが、「モービルで使用する多バンドアンテナに最適」ということは、アンテナのそれぞれの周波数でのSWRを改善するということではないのでしょうか?(ほんと素人で申し訳ありません。)

補足日時:2008/03/09 18:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすくご説明していただきありがとうございました。ほとんど訳わからずでもやもやとしていたことが、晴れました。
リグとかそろえてサー波だすぞと思っていたところ、もしかしたらアンテナチューナがないと電波は出せないかも、とがっかりしていたところでしたので。

お礼日時:2008/03/09 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSWRの下げ方を教えて!

SWRを下げるアドバイスをお願いいたします。
モービルアンテナを設置して調整をしていますがどうしてもSWRが下がりません。

リグはFT-8900、アンテナはダイヤモンドのCR8900です。
車両はコルトプラスです。
基台はハッチバックに直付けしてボディーアースをとっています。また念のため平編銅線でボディーと基台コネクターを接続しています。(すべて導通グリス塗っています)

今のSWRは
145と430は問題なし

50メガは
50.00→7.0
50.50→7.0
51.00→7.0
51.50→2.5
52.00→2.0
52.50→1.7
53.00→1.8
53.50→1.9
53.98→4.0

アンテナをフルに伸ばしての数値です。(これ以上伸ばせません)

29メガは
28.00→3.0
28.30→2.0
28.50→1.3
28.60→1.1
28.80→1.4
29.00→2.2
29.30→5.0
29.50→6.0

こちらはアンテナを最大限短くしての数値です。

29メガはアンテナを切ることで何とかなりそうですが
50メガはこれ以上伸ばせないのでお手上げです。

チューナーを入れるしかないのかと考えてますが
SWRを下げる効果的な方法がありましたらご教示願います。

またチューナーを設置する場合のお勧めチューナー等があったらあわせて教えてください。
できればチューナーの取り付け取り外しとうはあまりしたくないので他バンドはスルーするような
コンパクトなチューナーを紹介願えればと思っています。

いろいろこまごま書きましたがご教示よろしくお願いいたします。

補足
基台はハッチのブレーキランプ下約15センチのところについています。
この車は上につけるとアンテナがまっすぐ立たなくなったり取り付け位置が難しい車のようです。

SWRを下げるアドバイスをお願いいたします。
モービルアンテナを設置して調整をしていますがどうしてもSWRが下がりません。

リグはFT-8900、アンテナはダイヤモンドのCR8900です。
車両はコルトプラスです。
基台はハッチバックに直付けしてボディーアースをとっています。また念のため平編銅線でボディーと基台コネクターを接続しています。(すべて導通グリス塗っています)

今のSWRは
145と430は問題なし

50メガは
50.00→7.0
50.50→7.0
51.00→7.0
51.50→2.5
52.00→2.0
52.50→1.7
53.00→1...続きを読む

Aベストアンサー

私は6メーターや10メーターはモービルを本気でしたことはないですが給電部の位置が少し下過ぎる気がします、車体が悪さをするのでアンテナ機材など工夫して出来るだけ給電部がルーフサイドにくる様にしないと難しいと思います。

もしくはマストタイプにして少し車体から離す等工夫しないと無理でしょう、それでも高さは必要です、一番簡単なのは磁石のアンテナ貴台を使うか・・・

SWRがいくら何でも1.5以下にはしておかないと反射波でリグが熱を持ってファイナルが飛べば高く付きますから・・・

またチューナーを使うのは結局は電気的にごまかしているだけなので私は余り勧めません(ロスが増えるだけ)本気でモービルを楽しむのでしたらアンテナが一番高く付くと思っていても良いでしょう(過去に私がしていたのは貴台だけで2万はかけていました)

余り参考に成らないでしょうが、一番は専門のショップに見て貰い相談でしょうか(私が本気でしていた頃よりも良い物が有るかも知れないので)

なお、10メーターのアンテナ程度は自作していました・・・今では無理だけど・・・

Qアマチュア無線のオートアンテナチューナーについて

再開局しました。いろいろなバンドに出たくてオートアンテナチューナーを購入しました。FC-40と言うものです。一応20m以上あれば1.9から50までに出られると言うので、購入しました。ワイヤーは20m強張りました。それで、マッチングを取ってみると1.9、7、21、18、24、28、50はマッチングが取れました。しかし、3.5、10、14がうまくとれません。それとやはり本物のアンテナにはかないません。そこで、ハイバンドはアンテナを上げることにしました。しかし、ローバンド1.9と3.5とWARCバンドはこれで行くことにしました。接地はアース板1m角のものを埋めているのでそれを使っています。
あとワイヤーはなるべく鋭角に折り曲げないようにしてグラスファイバーのつりざおを使い高く上げるようにしました。しかし、3.5はうまく落ちてくれません。後、長すぎるので非常に近隣から見ても不細工です。効率は落ちますがコイルを巻くとかするほうが少しでも体裁は良くなるのでしょうか?ただ、同じコイルでも先端に付けたいと思います。皆さんはどのようになさっているのでしょう?建物から極力離すようにもしているのですが、3.5は何とかしたいです。オートアンテナチューナーはあくまでもアンテナの代替品であることは承知しています。なので出られないバンド(ローバンド、WARCバンド)に出られると言うだけのものだと解釈しています。オートアンテナチューナーの性能を最大に引き出す方法をお教えください。

再開局しました。いろいろなバンドに出たくてオートアンテナチューナーを購入しました。FC-40と言うものです。一応20m以上あれば1.9から50までに出られると言うので、購入しました。ワイヤーは20m強張りました。それで、マッチングを取ってみると1.9、7、21、18、24、28、50はマッチングが取れました。しかし、3.5、10、14がうまくとれません。それとやはり本物のアンテナにはかないません。そこで、ハイバンドはアンテナを上げることにしました。しかし、ローバンド1.9と3.5とWARCバンドはこれで行く...続きを読む

Aベストアンサー

IC-736、オートアンテナチューナー内蔵タイプを使用しています、オートマチックチューナーはあくまで、マッチングの取れない、アンテナエレメントに対して、インピーダンスマッチングを整合するもので、無理にあわせるので、どうしてもSWRが周囲の影響で下がらないことがあります、なるべく高い場所に設置する、周囲の金属製の物体から離す、出力電力を落とす、アース線は太く、短く、地中のアース板の回りには木炭を埋める、短縮コイルを入れると、フルサイズに比べて電力損失は大きくなります、なるべくフルサイズのエレメント長を確保してください、できればインパーデッドVがお勧めです

QSWRの測り方

こんばんは
第一電波工業のw-721ワイヤーダイポールを調整中です。SWR計の取説に「SSBモード以外」で測定するように記載があったのでAMモードでSWRを測定していました。おおむね満足いく数値になったのですが、CWモードで計測しなおしたところ数値が大きくなってしまいました。SWRを計測するうえでの注意点や常識など教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずモードはCW(文字通り連続波無変調)が最適です。
SSBは論外ですが、AMもパワーが出ない(設計)が多いので避けたほうがいいです。

注意点としては最初は低電力から始めてアンテナの調整が進んでSWRが落ちてきてからフルパワーで
測定することです。不思議に電力によってSWRが変化します。
それと目的周波数(良く使う周波数)を中心に出来るだけ広い周波数帯を使ってグラフを書きながら最適点を追い込んで行くようにします。
それとマルチバンドアンテナは内側(この場合21)から調整するのが原則ですが、
実際には7と21の相互干渉があります。
したがって面倒ですが21を少し長め(周波数低めで)7の調整に入り7と21の様子を見ながら最終点に追い込むのが理想です。
それが大変なら21を先に調整完了にして7を調整すればいいです。
いずれにしてもSWR1~1.5なら大差ないですからそれほど神経質になる必要も無いのですが
相互影響が僅かにありますよということで。
もう一つは張る高さ・角度(水平、逆V)によっても変わりますし、周囲の建物の影響も受けます。
これらによって驚くほど短縮率が変わったりします。

頑張ってください。

まずモードはCW(文字通り連続波無変調)が最適です。
SSBは論外ですが、AMもパワーが出ない(設計)が多いので避けたほうがいいです。

注意点としては最初は低電力から始めてアンテナの調整が進んでSWRが落ちてきてからフルパワーで
測定することです。不思議に電力によってSWRが変化します。
それと目的周波数(良く使う周波数)を中心に出来るだけ広い周波数帯を使ってグラフを書きながら最適点を追い込んで行くようにします。
それとマルチバンドアンテナは内側(この場合21)から調整するの...続きを読む

Qハム用ダイポールアンテナの作り方

倉庫からKENPROのKA-50と言う、昔使っていたバランが出てきました。
これを使って、7,14,21MH帯のオールバンドダイポールアンテナを作って見たいと考えています。
そこで、製作、調整方法の詳細が記載されているサイトがありましたらご紹介願います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)貴殿のそのアンテナは、一般的に何と言う名のアンテナでしょうか。
ダイポールだと思います。 
ただ、給電点より両端の高さが若干低いので、厳密にはダイポールに近いインバーテッドVでしょうね。

給電点での折り曲げ角度を大きくして、逆Vの形に近づけると、素子方向に放射する傾向が強くなるため、無指向性アンテナのような性質に近づきます。
全方位を受信したい場合には逆Vは有利かもしれません。ただし、エレメントの端は電圧最大となるので、注意が必要です。


(2)例えば後でバンドを追加してエレメントを増やした場合は、すべてのVSWRの再調整は必要になるのでしょうね。

私は経験則のみで考えています。しかも無線をやめて久しいのではっきりとわかりません。
ただし、VSWRは、他のエレメントからの反射波の影響も受けますので、VSWRが最小になる周波数でも下がらなくなる可能性はあると思います。
最近は、回路シミュレータでVSWRのシミュレーションをしてみることも出来ますね。

Qモービルホイップアンテナを固定局で使うには?

友人より頂いたアマチュア無線144/430MHzモービルアンテナを自宅のベランダに設置しようと考えています。
アンテナの入っていた袋には、「144MHz帯は車のボディーをアースとして使用するので、基台とボディーを完全に導通させてください。」と書かれてます。
自宅のベランダにて車同様のアースを取る事が可能なのでしょうか?
ちなみにアンテナは、第一電波工業のSG-M505です。

Aベストアンサー

過去にはノンラジアルの後付け出来る物も(GPアンテナみたいな3本足の物)有りましたが、当時はノンラジアルアンテナなどほとんど無い時期でしたから需要が有ったのですが、現在はその多くがノンラジアルアンテナに成っていますから無くなったのでしょう。

http://www.kuranishi.co.jp/products/yourvoice/ear4.pdf

URLはPDFですが、読んでみてください。
その上で質問者自身が可能だと思えば実施してください、以前簡易的にモービルアンテナを使ったことも有りますがこだわれば固定用のアンテナにした方が良いです(アース以前に間に合わせにしか使えない)

その理由は設置場所の制約が大きくどうしても手軽にベランダの手すりなどに取り付けるために利得の低い物だと送信受信ともに満足行かないし、下手すればTVI等も出る恐れがあります(友人が経験して対処に難儀したこと有り)

もちろん給電部から上に建物などの部分が有れば影響を受けるためにSWRも綺麗に落ちないと思います(1.5以下に成らないとあまり使わない方が良いでしょう)もちろん受信専用なら問題ないです(送信するとSWRが悪いと最悪無線機のファイナル壊します)

もちろんSWRが悪いと無線機から10W出ていてもケーブルのロスなども含めアンテナから出るときにはかなりの電力をロスしてしまいます(そのロスする部分が悪影響を起こします)
簡単に書けばこんな感じです、モービルアンテナで固定局を運用するのは間に合わせ的なら良いですがそうでなければきちんとした物にして、常置場所として設置しましょう。

移動運用でも少し力を入れている人ならモービルアンテナは使いません(移動運用とはモービルでは無いですよ)受信程度に使うのであればそんなに気にする必要はないです。

過去にはノンラジアルの後付け出来る物も(GPアンテナみたいな3本足の物)有りましたが、当時はノンラジアルアンテナなどほとんど無い時期でしたから需要が有ったのですが、現在はその多くがノンラジアルアンテナに成っていますから無くなったのでしょう。

http://www.kuranishi.co.jp/products/yourvoice/ear4.pdf

URLはPDFですが、読んでみてください。
その上で質問者自身が可能だと思えば実施してください、以前簡易的にモービルアンテナを使ったことも有りますがこだわれば固定用のアンテナ...続きを読む

Qフェライトコアの正しい取り付け方について

お世話になります。
自分はノイズ対策とかそういうものが大好きで、
色々なものにフェライトコアを付けています。
しかし、以前から疑問だったのですが、フェライトコアの理論の説明や、
効果については色々と検索して見つけたのですが、
取り付け方の説明というのを見た事が無かったので質問に至りました。

もしかしたら、そのケーブルの種類によっても作法が異なったり、
付けない方がいいという場合もありましたら、教えて頂けると幸いです。
今回は文字だけだと説明が難しかったので画像を添付致します。
お手数をお掛けして申し訳ないのですが、何卒よろしくお願いします。

それでは、本題です。
■質問:01
フェライトコアは巻いてこそ意味があるのでしょうか?(または、効果が上がるのでしょうか?)
同様に、巻かなくもいいのでしょうか?

■質問:02
コードをフェライトコアに巻きつける場合、なるべく多く巻いた方がいいのでしょうか?(何周も)
また、巻きすぎが良くない場合など、およそ何周くらいが丁度良いのでしょうか?

■質問:03(添付の画像)
フェライトコアにケーブルを巻きつける場合、画像の様な3パターンを考えるのですが、
どの巻き方が一番良いのでしょうか?
A:コアとの隙間を広く取り、ケーブルを大きく巻く
B:コアと密着させ、小さく巻く
C:コアの周りを巻かず、ケーブルを束ねる様に中を通す

お手数をお掛けしますが、宜しくお願いします。

お世話になります。
自分はノイズ対策とかそういうものが大好きで、
色々なものにフェライトコアを付けています。
しかし、以前から疑問だったのですが、フェライトコアの理論の説明や、
効果については色々と検索して見つけたのですが、
取り付け方の説明というのを見た事が無かったので質問に至りました。

もしかしたら、そのケーブルの種類によっても作法が異なったり、
付けない方がいいという場合もありましたら、教えて頂けると幸いです。
今回は文字だけだと説明が難しかったので画像を添付致します。
お...続きを読む

Aベストアンサー

1.「巻いた方が効果が上がる」です。コアの中を貫通させるだけでも効果は有りますが、コアの中を通る磁束を高めた方が効果が出ます。

2.1の通り
巻きすぎるといろいろとロスも発生しますので、程度問題では有りますが・・

3.
Aのように隙間を空けてはコアを通らない磁束が大量に発生して効果が薄れます。
Cの往復ではケーブルの外に出る磁束が往復でキャンセルされてしまい効果が薄れます。
という事でBの密着巻きです。

Qモービルアンテナの調整

アマチュア無線のモービルアンテナSWR調整のことで教えてください。
7~430のマルチバンドアンテナ(コメットUHV-5)を購入したのですが、21MのSWRが落としきれません。
調整用エレメントをはずした状態(もっとも短くした状態)で、21.02付近が最下点で、最下点をより上にしたいのですが、調整用エレメントでは限界という状況です。
そこで、コイルを切れば(巻き数を減らせば)最下点が現状よりも上の周波数になるものでしょうか?
切断してしまうと元に戻すのが大変なので、知見がある方がいらっしゃれば教えていただきたいと思います。
また、巻き数を減らして良いのであれば、どこのコイルを減らすと良いのでしょうか?
一応、完璧ではありませんが、アース対策などは適宜行っているつもりです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

随分と共振周波数が低いところに来ているようですね。
完璧ではないアース施工が一番疑わしい箇所ですが、特定の周波数のみ不具合が起こっているのでもしかすると、無線機からの引き回しで途中にコネクタ経由していたりとか、分波器が入っているとかはありませんか?
国内メーカーの車載用同軸ケーブルには、途中コネクタ着脱式を採用されているものがあり、正しく閉めていないと同様の不具合を発することが極稀にあります。
また、分波器が挿入されているようでしたら一旦外して確認されてみてください。
理想的な配線は、一本の同軸ケーブルで無線機から空中線まで給電できればいいのですが如何でしょうか?

また、他には同軸の接線しているコネクタのはんだ付け不良が起こりつつあるとか、無線機への電源供給線が劣化しつつあるとかも考えれますので、合わせて確認されてみてください。
まさか、シガーソケットから電源を取っているということはないと思いますが...

Qアマチュア無線のアンテナのアースについて

アマチュア無線の144MHz(FM)のアンテナのアースについての質問です。

数年振りに開局することになり、
「普段はモービルとして使用するが、たまにハンディとしても使用する」
ということで、
・リグ=VX-3(スタンダード)
・アンテナ=SG-M505(ダイヤモンド)
・基台=CLB(ダイヤモンド)
→キャリアやパイプ取り付け用
を購入しました。

ここで質問
・SG-M505は、144MHzはアースが必要とのことですが、アースはボディと導通していれば大丈夫ですか?

ネットで調べたところでは、
「アンテナとボディの抵抗が限りなくゼロになるようにしている=遠方との安定した交信のため(?)」
ことが多いようです。
しかし私は、それほど長距離の交信を求めていないため、リグが壊れない程度のアースがとれれば良いと考えています。

そこで今考えているアースの方法ですが、
車に付けているキャリアとボディの導通は確認済みなので、
「CLBとキャリアの被服を剥がして導通するようにする」
ということを考えています。

リグを壊さないことを目的とした場合、以上のアースで問題無いでしょうか?

アマチュア無線の144MHz(FM)のアンテナのアースについての質問です。

数年振りに開局することになり、
「普段はモービルとして使用するが、たまにハンディとしても使用する」
ということで、
・リグ=VX-3(スタンダード)
・アンテナ=SG-M505(ダイヤモンド)
・基台=CLB(ダイヤモンド)
→キャリアやパイプ取り付け用
を購入しました。

ここで質問
・SG-M505は、144MHzはアースが必要とのことですが、アースはボディと導通していれば大丈夫ですか?

ネットで調べたところでは、
「アンテナ...続きを読む

Aベストアンサー

>・SG-M505は、144MHzはアースが必要とのことですが、アースはボディと導通していれば大丈夫ですか?

それで結構です。

>「アンテナとボディの抵抗が限りなくゼロになるようにしている=遠方との安定した交信のため(?)」

SWR計を用い、ケーブルの長さを微調整して下さい。

Qアマチュア無線 100W機で移動局の局免許取得できるか?

こんばんは。

今度、HF/144/430のオールモード機を購入しようと思っていますが、
2アマなので100Wまで出せるモデルを検討しています。
しかし、法令では移動局は50Wまでとなっています。
屋外へ持ち出すときだけ50Wにパワーを絞って運用すると
して、100W機で局免許はおりるでしょうか。

おりないならば、100W機はたとえ50Wに絞ることができたと
しても、局免許は「固定のみ」で屋外に持ち出して運用することは
できないということでしょうか。

移動局の局免許がほしければ、ハード的に最大50Wしかでない
モデルを購入するしかないということでしょうか?

よろしくご教授ください。

Aベストアンサー

100W機を移動する局に使う場合、50Wにする必要がある点は1の方が言われるとおりです。
ただし表面からツマミやメニューで50Wに設定して運用するというのは認められていませんので100W機のままでは移動局免許は下りません。 

内部スイッチを50Wに切り替えるか、調整して50W以下にする必要があり、2アマ以上の場合メーカーなどの改造証明が要らないというだけです。
2アマ以上であれば、将来移動しない局にリグを移して100W運用する可能性があるので、このようになっていると思います。
私の場合は切替スイッチが無い機種だったので改造箇所の写真と出力測定時の写真提出を求められました。

出力低減が必要な移動する用と100W出る移動しない局用に100W機を共用して申請することも当然できないわけです。
よくある疑問なので市販申請書の注書きやTSSのQ&Aあたりに載っていると思います。

結局自宅で50Wを超える出力で運用したい場合は、移動する局用とは別のリグを用意し、移動しない局の免許を申請するしか無いようです。
無線局としては2局ですがコールサインは同じエリア内なら同じものが割り当てられます。 私も電波利用料を2局分払って(払わされて?)います。

参考ですが、以前は移動する局と移動しない局をそれぞれ新設するより、移動する局を新設後に移動しない局に変更し、新たに移動する局を申請したほうが安かったです。 最近の手数料は判りませんが検討されると良いかもしれません。

100W機を移動する局に使う場合、50Wにする必要がある点は1の方が言われるとおりです。
ただし表面からツマミやメニューで50Wに設定して運用するというのは認められていませんので100W機のままでは移動局免許は下りません。 

内部スイッチを50Wに切り替えるか、調整して50W以下にする必要があり、2アマ以上の場合メーカーなどの改造証明が要らないというだけです。
2アマ以上であれば、将来移動しない局にリグを移して100W運用する可能性があるので、このようになっていると思い...続きを読む

QダイポールアンテナのSWRが下がらない

こんにちは
画像のとおり2階のベランダからステンレス製の物干し竿を斜めに突き出し、その先に第一電波工業のw721を取り付けています。SWRを計ったところ、中心周波数7.23MHzで1.7もありました。
エレメントの角度を変えてみたりしたのですが、ほとんど変化がありません。

地上高は、バランが10mくらい、エレメントの両端はそれぞれ2.5mくらい。
また、建物からの距離は、バランが1mくらい、エレメントの両端はそれぞれ4mくらいの傾斜型逆Vアンテナとして設置しています。

中心周波数はエレメントの長さを伸ばすことで調整できると思いますが、SWRが高いのはどういった原因が考えられるでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私のSWRメータの説明書によると

(1)1.0~1.5: 非常に良い状態

 (2)1.5~2.0: 良い状態

 (3)2.0~3.0: 許容できる状態

 (4)3.0~5.0: 許容できない状態

となっています。

気にしなくて良いと思います。


人気Q&Aランキング