いまいちどのカテゴリに入るかわからないのでここに書きます。
先ほどTVを見ながら爆笑していると、うちの爺さまがきて
「おい、兼一無道作九の二って知ってるか?」
といわれました。

どういう意味なんでしょうか?
なんか嫌味で私に言ったような感じがしたのですが
あまりよい意味ではないのでしょうか。
それとも何かの教訓みたいな意味で使われるのかな?
ことわざなんだか、誰かの有名な言葉の一節なのか
さっぱりわかりません。
検索にもヒットしないし・・・

あまり学がないもので(^^;
どなたか教えていただけませんか? もしかして常識かなぁ

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

【見一無頭作九の一(けんいちむとうさっきゅうのいち)】なら辞書(国語大辞典:小学館)にありました。



まず【見一】は「珠算による割算の一つ。除数が二けた以上の割算で、独特の九九を用いて行うもの。その九九の初段の先頭が『見一無頭作九の一』であるところから出た名称。見一無頭算。」とのこと。
続いて【見一無頭作九の一】とは「見一の九九の先頭の句。被除数と除数の首位がともに一で、前者が後者より小さいならば、前者の首位の一を九とし、第二者に一を加えてみよ、ということを意味する。」とのことです。

写していてもさっぱり意味が分かりませんが、どうやら和算の専門用語のようですね。また「九の二」に何か特別の意味があって、それで何か言いたかったのかも知れませんし。「和算」で検索してみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 0

一晩寝て思い付いたのですが、それはなんらかの美術作品のことではないでしょうか? 版画とか。



つまり、「兼一無道」さんが作った版画の、「九」枚刷ったうちの「二」番目という意味。

よく絵画作品などで、版画とか複製の作れるものだと、作者名のあとに「25/100」とか分数が振ってある事があるのですが、これがずばり「○○枚刷ったうちの××枚目」という意味なので、このことではないかと思うのですが。どうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう考え方もあるかもしれませんね。

私もいろいろ考えたのですが、とりあえず直訳してみると
「兼ねてから道は一つに有らず」みたいな意味かなぁとも思いましたが、残りの「作九の二」がさっぱりわかりません。
やっぱり分けて読むのかなぁ?

ちなみに当時の情景としては
ソファーにひっくり返ってせんベーかじりながらテレビ見ていました。かなりグータラ者な格好してたと思います。それで嫌味的に教訓みたいな感じでいったのかなー、と思ったわけです。なんか機嫌悪かったし・・・
ちなみにうちの爺さまは93歳。2ヶ月前にばーちゃんが死んでかなりナイーブになっていまして、言われたときにどう返答して良いのかかなり悩みました。

どうでも良い話なんですが、一緒に考えていただけましてありがとうございます。本人に聞きにくい分、気になって仕方ありません(^^;

お礼日時:2001/02/10 23:08

え~全然知りません。


そもそもなんて読むんですかこれ。
おじいさんはこういう漢字で喋ったんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちの爺さま耳が悪いためか、爺さまがしゃべる言葉を理解するのにかなり困りまして。
たぶん「けんいつむどうさっきゅうのに」って言ってたと思います。
なんていってるのかあまりわからなかったので紙に書いてもらいました。
で、    兼 一 無 道
       作 九 の 二 
って書かれました。

 なんじゃコリャーって感じですね
 

お礼日時:2001/02/10 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q頭にイボがあるんですが、 病院で取るとなると、どの科が良いと思いますか? 地元にある病院でもイボ取れ

頭にイボがあるんですが、 病院で取るとなると、どの科が良いと思いますか?
地元にある病院でもイボ取れますかね?
麻酔は、ちょっと頭だと嫌なんですが(*T^T)
首のイボは手術して取りました。
地元の皮膚科でもイボ簡単に取れますか❓
若いうちに、取った方がいいかな

Aベストアンサー

>どちらだと1日で行けば終わりますか?(^_^;
どちらも2回だと思います。2回目は経過を見るだけです。

Q「鶴の恩返し」の教訓は何でしょうか?

小泉首相がモンゴル政府に、日本の昔話「かさじぞう」と「鶴の恩返し」の絵本をわたし、教科書に載せるように推薦したそうです。
「かさじぞう」は、人に親切にしていれば福がくるという教訓がありますが、
「鶴の恩返し」の教訓は何でしょうか?
日本人は悲しい話が好きなのでこの説話が人気ですが、
外国の人からみるとどういう話として受け取るのでしょうか?
この説話から導かれる教訓というものがありますか?
「のぞき見しちゃだめ」ってことでしょうか?
なんともいえない「「かなしさ」が、教育に役立ちますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔話には異類婚姻譚に分類される話がいくつかあります。
異類婚姻譚には大きく分けて、二種類のものがある。女性が人間ではない「異類」(神であったり、蛇であったり、蛙であったり)を婿にむかえるというもの。
もう一種類は男のもとへ「異類」が嫁としてくるというもの。

ここでは後者にしぼって考えます。
この話は、たいていが鶴であったり、狐であったり、魚であったりする「異類」が人間に助けられ、嫁としてやってきて、男に富をもたらすが、男がやがてその正体を見破ったために元の世界に帰っていく、というパターンをとります。

なぜ正体を見破られた「女」は、そこを去らなければならなかったか、というのは、さまざまな民俗学的な考察がなされていますが、たとえば折口信夫は「信太妻の話」のなかで、この「狐」は、「異族」から来た妻という含意があるのではないか、という考察を行っています。
-----
「妻が其「本の国」の神に事へる物忌みの期間は、夫にも窺はせない。若し此誓ひを夫が破ると、めをと仲は、即座にこはれてしまふ。見るなと言はれた約束に反いた夫の垣間見が、とんだ破局を導いた話は、子どもが家庭生活をこはした物語同様、数へきれない程にある。」
http://aozora.gr.jp/cards/000933/files/18402_14348.html
------

さて、話を拡げるときりがないのでご質問の「教訓」ということに話をしぼってみましょう。
もちろん昔話にはさまざまな教訓が含まれている、とされています。
けれども、たとえば動物をいじめてはいけない、ということを子供たちに伝えるためだけであれば、「物語」という形式を取る必要はなかったはずです。
具体的な場面で「そうしてはいけない」と禁じればいい。そのほうが、より具体的で直接的でしょう。

むしろ、昔話は「物語」として語られることに意味があったのではないか。
この点からの考察は野家啓一の『物語の哲学』になされているので、興味があればご一読ください。

わたしたちの多くはこうした昔話を、人から聞くのではなく、絵本で読むことで知っていきます(それも「読んでもらう」という形で、耳から入ってくるのですが。あるいは、いまではビデオやDVDの映像として、そうしたものにふれていくのでしょうか)。
こうした「昔話」と、「口承の文芸」として存在した昔話の決定的な差というのは、あきらかです。本やあるいは映像が固定されていて決して揺るがないことに対して、「ひとの語り」による物語は、人によって、あるいは同じ人でもその日の気分によって、微妙に姿を変える。
たとえば、「動物をいじめてはいけない」ということを伝えながら「ああ、ほんとうにこんなことが起こらないかな」という、語り手の願望がこめられていても不思議はない。

だからこそ「昔話」は残ってきたともいえるのではないか。
既存のゆるやかな物語に、語る人のさまざまな解釈を盛り込みながら、つまり、その人自身の「物語」を織り込みつつ語っていく。

そうして、今日残っているのは、その最大公約数的なものでしょう。

近代的思考の洗礼を受けているわたしたちは、この話の要点は、とか、この話の教訓は、とか、あるいはまた、作者は何が言いたかったのか、という観点から「物語」をまとめようとしますが、こういう観点から読む「昔話」に、どこまで意味があるのでしょうか。
昔話の意味は、語られることにある、ゆるやかな物語に、語り手の小さな物語を織り込みつつ、語られてこそ、意味があるのではないか。わたし自身、そのように思います。

さて、質問者氏はいくつかの点で昔話である「鶴の恩返し」あるいは「鶴女房」と木下順二の戯曲『夕鶴』を混同なさっておられるように思います。
この両者、というか、戯曲『夕鶴』は、昔話をベースにしつつも、一種の近代文学としてあるものです。混同なさっておられる点は、重要な「ちがい」としてある部分です。

まず、質問者さんは「つう」として、この鶴女房を名前で呼んでおられますが、名前が与えられているのは戯曲のみです。そうしてこれは極めて重大なちがいである、と竹内敏晴は『動くことば 動かすことば ―ドラマによる対話のレッスン―」(ちくま学芸文庫)のなかで指摘しています。

『夕鶴』では、このようなせりふがあります。

「あんたはあたしの命を助けてくれた。何のむくいも望まないで、ただあたしをかわいそうに思って矢を抜いてくれた。それがほんとに嬉しかったから、あたしはあんたのところに来たのよ。」

一般に「恩返し」としてやってくる「異類」が、なぜやってきたのか、その心情が語られることはない。

-----(p.29からの引用)----
「恩返し」から「愛」へ。ここに、『夕鶴』が昔話「鶴女房」から近代文学へ脱皮したモメントがある。そしてそれは、つうが、鶴から名前を持った人間の女になるプロセスでもあるのでしょう。
------

ほかにも竹内はこの『夕鶴』のなかに描かれている、昔話を超えたさまざまな観点を指摘するのですが、やはり、『夕鶴』と昔話は分けて考える必要があるように思います。

あれやこれやと書きましたが、ご質問の回答としては、昔話『鶴の恩返し』に教訓を求める必要があるのでしょうか? ということになるかと思います。

昔話には異類婚姻譚に分類される話がいくつかあります。
異類婚姻譚には大きく分けて、二種類のものがある。女性が人間ではない「異類」(神であったり、蛇であったり、蛙であったり)を婿にむかえるというもの。
もう一種類は男のもとへ「異類」が嫁としてくるというもの。

ここでは後者にしぼって考えます。
この話は、たいていが鶴であったり、狐であったり、魚であったりする「異類」が人間に助けられ、嫁としてやってきて、男に富をもたらすが、男がやがてその正体を見破ったために元の世界に帰ってい...続きを読む

Q頭にあるほくろ(イボ)の除去手術について

以前から気になっている、ほくろとイボを取ろうと思っています。
ほくろの大きさは10mm×10mmで後頭部の少し下(首と頭のつけね)辺りに
イボは5mm×5mmで左耳の上の辺りにあります。

私のような場合、除去手術をする時
髪の毛を剃らないといけないと思うのですが
どのぐらい剃るのが一般的なのでしょうか?(^^;

場所的にその部分だけを剃るとかなり不自然ですので
頭を丸めることになるのかなぁと・・
学生の頃なら問題ないのですが、
一応社会人ですのでちょっと心配です(^^;

数年前に一度皮膚科で診てもらい、悪性ではないとのことでしたので
除去しなくても良いのですが、イボはまだ大きくなる可能性がありそうですし
ほくろはかなり大きいので、できれば取ってしまいたいと思っています。

アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

長辺1cmは無かったと思いますが結構でかいです。
大枚1枚でおつりがくるくらいだったと思いますが。
消毒、糸抜で2~3日通う必要があります。
ガーゼも血が止まれば、取ってもいいと思います。
(テープが頭にくっつかないので。でも自己責任でお願いします。
 病院にいけなければ家族にエタノール塗ってもらいましょう
 今が汗もでなくてちょうどいい季節じゃないですか)

ちなみに口の中に出来たできものは、切除しても化膿はしなかったです。
あたりまえか?

Q昔話「花咲か爺さん」の起源は?

「花咲か爺さん」の昔話は、1)何時頃成立して、2)誰によって作られたものか? また、3)仏教的背景は無いかを知りたいです。

 ご存知の方よろしくお願いします

Aベストアンサー

成立年代や作者については特定は難しいのではないかと思います。
ただ、不確かな記憶ながら(桜井徳太郎氏の著作だったと思うのですが)、江戸時代初期の赤本に既に載っている旨の記述があったと記憶していますので、それ以前に少なくともその原型は成立していたことになります。恐らく室町時代後期ぐらいに成立したのかも知れません。

#1のお答えにもあるように、中国の「花神」や「狗耕田」との類似性がよく指摘されていますが、個人的にはその影響はあまり大きくないのではないかと感じます。
というのは、花咲爺では確かに枯木に花を咲かせることがクライマックスであり重要なパーツなのですが、これは爺本来の属性や能力に由来するものではなく、また能力として獲得されたものでもありません。むしろ爺に突然与えられた幸福、富のひとつの形態として登場するに過ぎないものであって、この点で「花神」との位置付けはかなり異なっているからです。

また同様に、犬に対しても物語中で労働力としての視点は全くなく、むしろ神と現実世界との媒介として爺に与えられる幸運をとりつなぐ役目をしていることが重要なのであって、やはり「狗耕田」とは位相が異なります。

花咲爺は日本オリジナルと考えていいのではないでしょうか。もちろん、柳田国男や関敬吾らの指摘を待つまでもなく、古今東西昔話には決まったパターンがあるわけで、ある類型のなかに分類できるものがほとんどですから、大きな視点から見れば全てが似ている、という表現もできるわけですが。

仏教の影響について。成立にあたっての明確な背景は無論不明ですが、内容的には、間接的ながら多少仏教的な因果応報の思想の影響をみることができるかも知れません。ただ、その思想は明確に読み取れるものではなくて、強いて言えば、という程度のものでしょう。

関敬吾が「動物報恩譚」と分類したような物語、つまり助けられた動物の報恩によって富がもたらされる、というストーリーの骨格になるようなはっきりした「因果」はここには見られません。むしろ、ストーリーのなかには爺の善行は明記されないものの、悪役として隣の爺を登場させることによって、読者は間接的に主役の爺の普段の善行をイメージし得る、という仕組みになっています。

いわば爺が「善人」であることは暗黙の前提となっていますので、物語としてはこなれた印象がある反面、富をもたらすきっかけを特定できないわけで、主役の爺に関して言えば、因果や報恩といった概念を説くよりも、宿命的に富がもたらされる「致富譚」の色合いが強いと言えます。むしろ、隣の悪役爺の方が、犬を殺す悪行や強欲によって結果的に罰を受ける、という意味で負の因果を説く存在であると言えるでしょう。
いずれにせよ、花咲爺は仏教の影響は否定できないにせよ、あまりあからさまなものではないと思えます。

#2のご回答中の引用には、「千寿経」とありますが、恐らくこれは「千手経」の誤りではないかと思います。千寿経は聞かない名前ですが、千手経のほうは広く知られたお経で、既に平安初期の「日本霊異記」を初めとして沢山の文献にこれを読む姿が描写されています。観音信仰とあいまってこのお経の中の陀羅尼は特に信仰され、いい臨終を迎えるため、病気平癒祈願などのために貴族中心に広く読まれたのです。

ただ、私には内容的に花咲爺との接点があまりあるようには思えませんし、少なくとも典拠というのであれば、それこそ日本霊異記の沢山の話(法華経を謗って現世で罰を受ける話、など)のように、もっと明快かつ直截的な物語である必要があるのではないかと思います。

あまり役に立つ回答にはなりませんでしたが、もしお時間があるようでしたら、昔話研究の王道である柳田国男、関敬吾、桜井徳太郎氏らの著作を読まれることをお勧めします。

成立年代や作者については特定は難しいのではないかと思います。
ただ、不確かな記憶ながら(桜井徳太郎氏の著作だったと思うのですが)、江戸時代初期の赤本に既に載っている旨の記述があったと記憶していますので、それ以前に少なくともその原型は成立していたことになります。恐らく室町時代後期ぐらいに成立したのかも知れません。

#1のお答えにもあるように、中国の「花神」や「狗耕田」との類似性がよく指摘されていますが、個人的にはその影響はあまり大きくないのではないかと感じます。
というの...続きを読む

Q頭のイボは何科に行けばよいでしょうか?

後頭部の内部にイボができて押すと少しいたいのですが、診察してもらうのは何科に行けばよいでしょうか。脳神経外科でよいのでしょうか

Aベストアンサー

私だったら、まず皮膚科に行きます。
イボの状態を診てもらって、場合によっては皮膚科で処置できるかもしれないし、処置ができる施設のある病院の「形成外科」宛に紹介状が出るかもしれません。

Q十訓抄(じっきんしょう)の10の教訓

十訓抄の10の教訓とはなんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

第一、人に恵みを施すべき事(人に恵みをあたえなさい)
第二、驕慢を離るべき事(おごりたかぶるのをやめなさい)
第三、人倫を侮るべからざる事(人を馬鹿にするのをやめなさい)
第四、人上を誡むべき事(人をあげつらうのはやめなさい)
第五、朋友を撰ぶべき事(友達は選びなさい)
第六、忠直を存ずべき事(忠義は正しく行いなさい)
第七、思慮を専らにすべき事(思慮深くありなさい)
第八、忍す諸事を堪ふべき事(我慢することを学びなさい)
第九、懇望を停むべき事(何でも欲しがることをやめなさい)
第十、才能を庶幾すべき事(自分の才能をみがきなさい)

の十訓です。

#muse2000さんのはモーセの十戒(^_^;)(あっ、第四訓違反かも)

Q仔犬の頭にイボ?ができました。

初めまして。
生後2ヶ月2週間の、スムースチワワ(オス)と
暮らし始めて、今日で11日です。
昨晩、頭頂部に、直径2mm程のいぼの様な物を
見つけました。
前日にはありませんでした。

触っても痛がらず、色もついていません。
そして今日の昼間見たら、その部分の毛が抜けていました。
今は一日中一緒にいるので、頭をぶつけたりは
してないと思います。
でも、もしかしたら給水器にでも
ぶつけたのかもしれません。
怪我はないので、
何かの病気でしょうか。
場所が大泉門の真横なのも気になります。
来週、病院に行く予定なんですが、
救急に行った方がよいでしょうか。
今はとても元気で遊んでて、食欲も便も
変化はないです。
よろけたり等もないです。

長くなりましたが、どなたか
ご意見頂けるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「大泉門不全」と言う言葉をキーワードに検索をして見て下さい。チラッとしてみましたが、可也ヒットした感じです。獣医師サイトを中心に見られている事をお勧めしますが、予定を早めて明日にでも行かれた方が良いかもですよ。真横と言う事なので、簡単にしてみましたが。チワワは、結構そちら関係が多いみたいですね。早ければ早い方が良い、と言う感じは、するけども、場合によっては設備整った大学病院か、個人病院を紹介される可能性もあるかも。さ、どうぞ。

Q桃太郎 爺さんは何の為に山へ芝刈りに?

桃太郎のお話で「お爺さんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に・・・」ってありますよね。川へ洗濯は、水道がない時代だから当然として、爺さんは何の為に山へ芝刈りに行ったのですか?普通芝刈りなんて自分の庭でも面倒ですよね。芝刈りが、何か職業として成り立ったのでしょうか?それともその時代は芝刈りが治山事業として、幕府や藩から動員がかかっていたとか?

Aベストアンサー

柴狩り

入会権が関わってくるほど、生活に密着した重要項目だと思います。

目的は
1、草を集め、牛馬の食物確保
2、小枝や薪を燃料として確保
3、材木としての建築・道具の材料確保
4、山の整備

狭義は2でしょうが、それらを総合した作業を、柴狩りと呼ぶこともあるようです。

2については、実施すればすぐに分かることですが、枯れ草や小枝は火起こしの初期に、中期以降は薪(マキ)が、それぞれ必要です。

Qイボの悩み(助けてください!)

私は患って7年ほどのウィルス性イボがひざ裏、左手甲と顎を中心にあります。イボの直径はほとんど1ミリ程度で放っておいても1年で1ミリ程度しか大きくなりません。ただ、小さなものがかなり増えてきます。大きさは前述のとおり、1ミリ程度かそれ以下のものがほとんどですが数が多いです。そのため、かかりつけの病院にいって診察してもらっても、医者も半笑いのあきれ顔でイボが小さいから様子を見るか、焼いてもらっても医者が目で確認できるほどのものしか液体窒素で治療してもらえません。他の病院を受診しても、「これは小さすぎるから放っておきましょう」とか、「イボってのはもっと大きくなるからこれはイボじゃないんじゃない」と言われ、自分の中で納得するものが得られません。漢方薬(ヨクイニン)も飲んでいますがあまり効果がなく、医者には体質だからしょうがないと言われます。
最近は顎にできたイボ(ほとんど1ミリ以下で外見ではほとんどわかりませんが数は多いです)が気になり、自分が心配性な性格もありますが「もしこのまま増えていったらどうしよう」「もう治らないんだろうか」と考え込んでしまい、ヒゲを剃ることも気になってできず、精神的に本当につらいです。二年ほど前は鏡を見て新しいイボを見つけるたびに全身から血の気が引いていき、頭が真っ白になり、その日は何もやる気が起きなくなり、それ以来、鏡はあまり見なくなりました。
最近は、「なぜ自分だけこんな目に遭うんだ」と考えたり、このようなネガティブな考えをする自分自身を責めたりする日々が続き、自分は本当に弱い人間だということを痛感します。医者の言うように「小さいから放っておけ」と考えればいいんですが、やはり自分の精神状態がその考えに追いついていきません。
こんな弱い私ですが、少しでもアドバイス頂ければ幸いです。

私は患って7年ほどのウィルス性イボがひざ裏、左手甲と顎を中心にあります。イボの直径はほとんど1ミリ程度で放っておいても1年で1ミリ程度しか大きくなりません。ただ、小さなものがかなり増えてきます。大きさは前述のとおり、1ミリ程度かそれ以下のものがほとんどですが数が多いです。そのため、かかりつけの病院にいって診察してもらっても、医者も半笑いのあきれ顔でイボが小さいから様子を見るか、焼いてもらっても医者が目で確認できるほどのものしか液体窒素で治療してもらえません。他の病院を受診し...続きを読む

Aベストアンサー

皮膚科で自費で一つ5000円とかでイボをとってくれますよね。

自費扱いなら、お金目当ての病院で
無理やり何とか取ってくれるかもしれません。

無数にあるのでいくらかかるかわかりませんけどね。

それより一年で1mmしか大きくならないのであれば、
大きくなった物だけでもとってもらうとか・・・

私もイボで皮膚科にかかってましたが、
自分でも気にしなかった小さな物も(ほとんど見えない、
もちろん1mm以下です)
「これもイボだね」って液体窒素で焼いてくれましたよ。

ですから、見た目もイボではないと思います。

ウイルス性のイボは、傷があればうつりますので
乾燥やキズに注意すれば広がらないと思います。

ネガティブな人をポジティブに変えることは
難しいので、とことんやってもらっても良いかもしれませんね。

お大事にして下さい。

Q宋玉の九弁五首

宋玉の九弁五首に、「悲しい哉…」の一節がある漢詩があるはずですが、その白文と書き下し文、現代語訳を教えていただけないでしょうか。お願いいたします。

Aベストアンサー

書き下し文と現代語訳については、
参考URLにある新釈漢文大系『楚辞』の転載からご確認ください。
白文につきましては以下のとおりになりますが、
こちらではJIS外の漢字が表示されないようですので、
書き下しの字と照らし合わせてみてください。

[白文]
悲哉秋之為氣也!
蕭瑟兮草木搖落而變衰,
憭慄兮若在遠行,
登山臨水兮送將歸,
泬寥兮天高而氣清,
寂寥兮收潦而水清,
憯悽欷兮薄寒之中人,
愴怳懭悢兮去故而就新,
坎廩兮貧士失職而志不平,
廓落兮羇旅而無友生。
惆悵兮而私自憐。
燕翩翩其辭歸兮,蝉寂漠而無聲。
鴈廱廱而南遊兮,鶤[昆+鳥]雞 啁哳而悲鳴。
獨申旦而不寐兮,哀蟋蟀之宵征。
時亹亹而過中兮,蹇淹留而無成。

参考URL:http://rose.zero.ad.jp/~zad70693/sogyoku/sogyoku.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報