プロが教えるわが家の防犯対策術!

みなさんツェルニー30.40.50をいつから初めて何年で終わらせましたか? 自分はいままったくの独学だったので30番から始めて半年で14番です。 それって遅いんですかね?「進度ではなく」今高1で何年かかっても音大に 行くつもりです。20代のうちにですよ・・・それって無謀??あとみなさんはショパンの「木枯らし」をいつ弾くことができましたか?参考までに教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

はじめまして。

音楽の専門家ではありませんが、経験者として回答致します。

ご質問1:
<ツェルニー30.40.50をいつから初めて何年で終わらせましたか?>

高校までには終っていました。


ご質問2:
<自分はいままったくの独学だったので30番から始めて半年で14番です。 それって遅いんですかね?>

独学でそれだけ進まれるのは凄いと思います。


ご質問3:
<今高1で何年かかっても音大に 行くつもりです。20代のうちにですよ・・・それって無謀??>

そんなことないと思います。

どんな夢も無謀だとは思いません。音大もどうしてもそれを実現されたいなら、まずそれを目標と定めて夢実現の第一歩にされるといいと思います。

ただ、音大に行くことが夢では小さすぎます。音大に行って何をしたいのか、音楽を何に生かしたいのか、そういった次の展望ももたれることをお薦めします。

パリのアパルトマンをコンセルバトワールの留学生などに貸していますが、以前医師の資格を持ちながらパリにピアノ留学されている方がいました。30代の方で医師よりもピアニストの夢は捨てきれなかったようです。

ピアニストとして遅咲きの人もいます。技術だけでなく感性や人生経験も芸術家としての幅を広げます。

高一で「何年かかっても音大に行く」という確固たる決意があるのは素晴らしいことだと思います。まだまだお若いですから、夢を目指して頑張って下さい。


ご質問4:
<ショパンの「木枯らし」をいつ弾くことができましたか?>

高校時代に弾いていました。ただ、高校時代後半は大学受験(音大ではありません)のためピアノレッスンを一時中断し、以降はピアノは趣味の領域になっています。

ピアノは一種の祈りの行為だと思いますから、今でも時々弾いております。以前はよく貸しているアパルトマンに住む日本からの留学生に、ピアノのレッスンを受けたりしていました。ショパンの曲はエチュード、即興曲などよく弾きます。バッハも好きです。

ちなみに、たまにコンセルバトワール(パリ国立高等音楽院)の卒業試験を聞きにいきますが、ショパンの曲は課題曲として毎年選ばれています。やはりピアノを制するならショパンなのでしょうか。

いつかパリにも留学しにいらして下さい(笑)。
以上ご参考までに。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

そうですよね。やっぱ夢は大きくですよね。絶対かなえて見せます。。。あぁもっともっとうまくなりたい!!

お礼日時:2008/03/26 23:55

バイエルすっ飛ばしたの?まぁいいか!!


ツェルニー30番はたしか小学校の低学年の時には終わっていました。
半年で14番はちょうどよいペースだと思います。バイエルですら終わるまでには最低10ヶ月かかるとされていますからそれより上級であるツェルニー30番を半年で半分終わらせるのは才能があります。でもでもほんとにちゃんと完全に弾けているでしょうか!?先を急ぐより基礎を固めたほうが大きな城が建ちますよ。ツェルニー40番以上はまだ進まないほうが良いと思います。その前にハノンとソナチネを終わらせてからツェルニー40番以降かソナタに進むのが時間がかかっても正確な方法であると思います。
ツェルニー50番は高校の時には終わっていましたが、今でもたまに練習します。ツェルニー60番はまだ弾けないところもありますが練習中です。
ショパンの木枯らしは中学生の時に弾きました。とりあえず10年ぐらい引き込まないとしっかりとしたショパンのエチュードは弾けないでしょう。
音大頑張ってください。
    • good
    • 0

他の回答者さんの回答を見て、泣きそうデス・・・


わたしは音楽大学入ってから50番始めて、ほとんど弾かずに終わりました。
確か40番は高校に入ってから始めて、なんとか終わらせた・・・。
30番は覚えてませんが。半年で14曲と言われても、No.2の方が言うように、完成度が問題なので、早い遅いは一概には言えません。

ツェルニーって基準にならない気がするんです。好き嫌いや或いは得意苦手があって、コノ人のピアノスゴイ・・・なんて人がツェルニーだけは全然ダメだったりするようです。

木枯らし?大学卒業してからですよ、そんなもん。

あと2年間あれば、音大は入れると思いますよ。どんな音大でもいいのであれば、ですが。本当音楽大学ってピンキリだし、受ける人はもっとピンキリです。

ただ気になったんですが、音大卒の先生っていうのは、音大の教授とかではないのですか?世のピアノの先生の7割は音大卒ですが(カク言う私もそうですが)その誰に習っても大学に受からせてくれるとは、残念ながら言えません。変な指導されて、受験失敗した例もあったりします。

先生にちゃんと相談してますか?音楽大学を目指すなら、それなりのレッスンの仕方がありますし、弾くべき曲も、学ぶこともあります。その先生が大学受験は手に負えないとなれば、違う先生を紹介してくれるケースもあります。
とにかく先生に相談しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう先生に相談済みです。先生はピアニスト・中高の音楽教師・個人教室をしています。4大+院にも行ったそうです。その先生も回答者サンとおなじで50番は半分してその後はエチュードに移ったそうです。決して50番はすべてやる必要はないようです。30番は先生としましたのあるていどでできていると思います。ただ手が曲を忘れていく・・・今はソナチネ・バッハ・ハノン・ツェルニーとかしています。2年後には行かないと思います。やっぱある程度行ってから第一目標はショパンのエチュードにはやく入ることですかね・・・では回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/27 00:01

質問に、簡潔にお答えしましょう。


ツェルニーの30番は小4ぐらいで終わりました。その後、40番50番、と進みますが、高1までには終えていましたよ。
音大受験には課題曲があるのでそれをこなす事が出来るレベルに高校生になる頃にはなっていなければなりませんでした。
受験にはショパンのエチュードからも課題曲が出るので、高1ぐらいから「木枯らし」なども引き始めていました。
あと、
受験の課題に当時良く出ていたベートーベンのソナタも、半分以上済ませていました。
バッハの平均律も1巻は終わっていましたね。(高2ぐらいのとき)

やる事が一杯ありますよ。

今時の受験では、ショパンのバラードや、スケルツォも弾く事ができないとちょっと苦しいですよね。
    • good
    • 0

こんにちは


No2の者です

no1にも書きましたが回答者は質問に書かれていることからしか
質問者さんの現状を推測するしかありません。

なので質問の中から発想すると「無謀ですよ」という答えになるわけで

>今はちゃんと音大卒の先生に習っていますよ。
こういうのは最初に言わないとわからない訳です。

今習っているのであれば、無謀ではないでしょうね
音大もいくらでもありますし、どこでもよければ入れるのではないでしょうか。
先生に具体的に入学できそうな音大を探してもらうのが一番良いかと思いますよ
がんばってください
    • good
    • 0

こんにちは



まったくの独学で、いきなり最初からチェルニー30番からはじめたという
状況でしょうか?

>30番から始めて半年で14番です。
これまで習ったことがあるかどうかが不明なので、なんともいえませんが
「独学で弾けるようになった=教室で習う場合の譜読み終了レベル」
ということが多いです。つまり独学の人が、もうこの曲が弾けるようになったので
次の曲に進もうというレベルは教室でレッスンする場合に当てはめると
「とりあえず譜読みが終わって、音が間違ってないですね」
というレベルです。
そこから音の強弱とか速さ、細かい音符の長さやリズムを仕上げていく感じになります

なので「独学で30番から始めて半年で14番」と書かれた場合、一般的には
とりあえず譜面をなぞっただけなんだろうな・・・と想像しちゃいます。

そこから発想すると
>今高1で何年かかっても音大に 行くつもりです。
>20代のうちにですよ・・・それって無謀??
無謀です。何年かかっても音大に行くとありますが、参考書と問題集を
買ってくれば、独学でもなんとかなる普通の大学受験とはまったく事情が違います

どうしても音大進学ということであれば、すぐにしかるべき専門の教室なり
個人教室なりが必要です。

ただどうしても音大行く必要あるんでしょうかね?
ピアノ弾くだけなら趣味でもいいと思いますし、
職業にしたいなら音楽系の専門学校もたくさんありますし

もうちょっと情報ないとなんとも言えない感じです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ツェルニーとかする前まであは独学でしたが今はちゃんと音大卒の先生に習っていますよ。それでも無謀と思われますか?

お礼日時:2008/03/24 20:08

こんばんは。



懐かしい本ですね。幼稚園のころに弾いていました。小学生ではコンクールに出ておりましたので、相当進んでおりました。ショパンは、小学生で弾いておりましたが、「楽譜どおり」って弾き方でした。わたくしは、才能がないのでピアノは高校生で辞めました。でも、今でも悲しい時や、暇な時はピアノに向います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピアノを習った時の教則本について

クラシックのピアノを習う時、「バイエル」「ツェルニー」などの使われる教則本(?楽譜)の順番や名前などを教えてください。。

自分が名前だけ知っているのは上記のものや、「ハノン」「ソナタ」「ブルグミュラー」「インヴェンション」などは聞いたことはありますが、どういう順番で使われるのか知りません。
先生によって使われる楽譜とかも違ってくるのでしょうか?

あと、小学、中学、高校卒業時、目安として、どの課程を終えてるくらいなのでしょうか?
あと、音大(ピアノ専攻)目標だとどれくらいでしょうか?

教えてください。。<m(__)m>

Aベストアンサー

ピアノ講師です。

・練習曲は
バイエル→ブルグミュラー→チェルニー30→40→50、ショパンエチュ-ド

・曲は
ブルグミュラー終了あたりから
ソナチネアルバム→モーツァルトソナタ→ベートーヴェンソナタ

・バロックものは
ブルグミュラー終了あたりから
バッハインヴェンション→シンフォニア→平均律

そのほかにもさまざまな、作曲家のものを
レベルに合わせて弾いていくと良いでしょう。

趣味で習われている方なら
高校生でモーツァルトソナタあたりまで弾ければ
レーパートリーも増えて
大いにピアノを楽しめるでしょう♪
たいしたものです!

音大レベルになると
ブルグ、ソナチネアルバムは小学校低学年には終了させ、
モーツァルトソナタに入ります。
同時にバッハインヴェンションも練習を始めます。
高校生ではもうベートーヴェンソナタに入っていないといけません。

受験は
ベートーヴェンソナタ、バッハ平均律は必須ですから。

今はたくさんの教材があるので、生徒に合わせて
使用されるのではないでしょうか?
ギロック、バーナム、バスティン、キャサリン~などあります。

音大志望の場合は、昔の上記のような道をたどるのが殆どです。

ピアノ講師です。

・練習曲は
バイエル→ブルグミュラー→チェルニー30→40→50、ショパンエチュ-ド

・曲は
ブルグミュラー終了あたりから
ソナチネアルバム→モーツァルトソナタ→ベートーヴェンソナタ

・バロックものは
ブルグミュラー終了あたりから
バッハインヴェンション→シンフォニア→平均律

そのほかにもさまざまな、作曲家のものを
レベルに合わせて弾いていくと良いでしょう。

趣味で習われている方なら
高校生でモーツァルトソナタあたりまで弾ければ
レーパートリーも増えて
...続きを読む

Q娘のピアノの発表会の選曲に不満です

2ヶ月後の発表会のためにと、先生が選んで下さった曲に不満があります。
簡単過ぎるような気がするのです。

そこで、質問です。
先生の指導法を信じて、不満は述べるべきではないのか、
あるいは、
簡単過ぎるというのは素人の判断で、娘にとって妥当な曲なのか、

アドバイスをお願い致します。

小2
ソナチネ アルバム1 7番  終了
ツェルニー 30番 6     終了

発表会
バッハ ミュゼットニ長調    です

Aベストアンサー

約30年前、音大卒。
ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。
お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。
実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。

よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりまで弾ける、のか、、音符を間違えずに終わりまでは弾ける、のか、曲想までつけて弾きこなせているのか、実際、曲の完成度はピンからキリまで様々です。
発表会は、曲が間に合わないということは避けなければなりません。
普段は、もう何か月か弾いているので、どうしてもここが上手く弾けないけれど、まあ先へ行きましょう、とかが出来ますが、そういう訳にいかないため、やはり、どうしても実力相応か、少々簡単な曲で完成度を上げるということが多いかもしれません。
そのあたりはお子さんによります。
日頃どれくらいのペースで1曲仕上げているのかによります。
普段は音符さえ間違えないように弾けたら、大抵は次の曲に進むことも多いですが、発表会は曲の完成度を高めることが求められます。
たとえ低学年、簡単な曲を弾く場合でも、です。
暗譜もしなければいけませんし。

お子さんは何回目の発表会なんでしょうか?
今まではどうだったんでしょうか?
小2のお子さんとしては、進度的には進んでいる方だと思いますが、2か月前というと、週1回レッスンで8回くらいありますよね。
でも風邪で休んだりするかもしれませんし、やはり先生は無難に、余裕が残るくらいの日数を見込んでいるのだと思います。
ここまで教えていた先生なら、そのあたりは熟考された上での選曲と期間だと思いますが。

親御さんから、今からもっと難しい曲に変えてほしいというのも、日頃先生と充分コミュニケーションが取れているような関係なら言ってみても問題ないと思いますが、言わない方が無難かと思います。
変えてもらって逆に間に合わないことになったら大変ですし。
子供は素直な感想で言うことはあっても、親御さんからのそのような申し出はあまり聞いたことがないですし、もし申し出られて、逆に今から変更するような教師なら、私ならその力量を疑います。
次回の参考にするしても、言われたからいちいち変えているようでは教師としてはどうかと思ったりもするんですが…。


今回の曲が、簡単すぎてこまるくらいなら、次回は必ずそれ相応の曲を選んでくると思いますよ。
それくらい、ピアノ発表会や、学校の音楽会の選曲は、先生の日頃の指導力が現れる場面でもあるので、教師側は考えに考え抜いて選曲しているはずです。
基本的には冒険もしませんが、簡単すぎる曲も選ばないということになるでしょうか。

日頃はいろいろチャレンジしてみたり、曲の完成度までは、とてもそこまで丁寧にやっている時間はないと思いますので、発表会は少し簡単なように思えても、細かいところまで丁寧に弾き、完成度の高い曲に仕上げることを目標にしたらいかがですか?
それが発表会の目的の一つでもあると思います。
難しいといわれるような曲を弾けるようなことも大事ですが、音楽はただ譜面どうり演奏できればそれでいい、終わり、なのではなく、本当はそこからです。
難しい曲だと間違えずに弾くことが精いっぱいで、そこから先の余裕がなくなってしまうこともありがちです。
むしろ技術的に少し余裕がある方が、表現力豊な演奏ができると思います。
ピアノが上手下手というのは、まさにそこの差ですから。

発表会後、ちらっと「うちに子にはちょっと簡単すぎたみたいです」と言ってみたらいいどうでしょうか?
それなりの先生なら、それくらい言われなくてもわかるはずだとは思いますが…。

約30年前、音大卒。
ピアノ講師、学校の音楽専科の教師をしていた経験からお話しします。
お気持ちはわからないではありませんが、結論から言うと、今回はこの選曲でやった方がよいのではないかと思います。
実際のお子さんの実力というのは、今弾いている曲というのは、参考にはなりますが、聞いてみないと何とも言えませんが、理由はいくつかあります。

よく、ピアノのレベルを聞かれた時、〇〇を弾いている、〇〇は弾けるなどと言いますが、教える側からすると、音を沢山間違えるけど何とか止まらずに終わりま...続きを読む

Q音大を目指すには(小5の進度)

ピアノの先生になりたいと思っている小学5年生の子どもがいます。
小学校卒業までに、どのくらい弾けるようになっていれば音大が目指せるのか教えてください。
習いはじめたのが小学1年の後半で、ピアノ歴は三年半弱。幼稚園の時はリトミックに通っていて、ピアノは遊びで弾いていました。
現在の教本は、
◯ハノン
◯ツェルニー30番の後半
◯バッハインヴェンション残り1曲
◯メンデルスゾーンの小品
◯コンクール課題曲(3曲)
です。
ソナチネは終了し、ハイドンのソナタを数曲、モーツァルトのロンドやベートーベン等の古典を弾いたあと、ロマン派の勉強をするためにメンデルスゾーンを弾いています。
コンクールばかり勧められ、普段の教本の進みが悪いと感じます。
小5でこんな進度で音大が目指せるレベルに到達できるのでしょうか。
先生に焦りはなさそうですが、どう考えても遅いでしょう。現在、学コン(小学生)の課題曲が弾けないレベルにいるので本人も親も焦ります。
この1年で弾けるようになるべき教本、小学校卒業までに到達していなくてはならない教本等、具体的に教えてください。
よろしくお願いします。

ピアノの先生になりたいと思っている小学5年生の子どもがいます。
小学校卒業までに、どのくらい弾けるようになっていれば音大が目指せるのか教えてください。
習いはじめたのが小学1年の後半で、ピアノ歴は三年半弱。幼稚園の時はリトミックに通っていて、ピアノは遊びで弾いていました。
現在の教本は、
◯ハノン
◯ツェルニー30番の後半
◯バッハインヴェンション残り1曲
◯メンデルスゾーンの小品
◯コンクール課題曲(3曲)
です。
ソナチネは終了し、ハイドンのソナタを数曲、モーツァルトのロンドやベートー...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。
もし、コンクールではなくて教則本をすすめてほしいと思うなら、やはりキチンと先生に言ったほうが良いと思います。

私自身はどちらかといえばコンクール嫌いなので(正直に本音を言えば、小学生以下のコンクールの存在意義があまり理解できない)、そういう方向の回答になってしまいますが。。
ただ、本番で人前で弾くのは一番練習になる、というのはそうだと思う。で、現実的に一般家庭の小学生がそれなりの会場で人前で弾く機会はコンクールしかない、というのは確かにそうでしょうし。。
どれくらいの練習時間をかけるかにもよりますけど、年1回3ヶ月とかならいいような気もします。。

Qピアノ上達法 中級から上級に進むには

三十代後半の主婦です。
若い頃ピアノを十五年ほど習っていましたが、上級はじめ程度までしか進みませんでした。(ツェルニー50番の前半、全音ソナタアルバムの二巻、バッハの平均律の一巻くらいまでやりました)
その後結婚して、マンションにピアノが置けず、また家事育児に追われ、十年間ピアノから遠ざかっていました。

ですが子育てが落ち着いた今になって、あの時弾きこなせなかった素晴らしい曲の数々が弾けるようになりたいと思い、(具体的にはショパンのバラード、スケルッツオなどです)独学でピアノの練習を始めました。

十年間弾いていなかった指は最初思うように動いてくれず、泣きたい日々が続きましたが、半年たった今では、ショパンのワルツ程度が弾けるようになりました。

でも、どうしても中級程度以上の曲が弾けません。少しでも自分のレベルより難しい曲をやろうとすると、つっかえつっかえから先に進みません。
今、自分のレベル程度で好きな曲を弾けることは楽しいですが、楽しむだけでなく、レベルの向上を図りたいんです。

金銭面や時間の面で定期的にレッスンを受けることは難しいので、一人ででも上達できる曲選びや練習方法をぜひ教えてください。

練習は平日二時間ほどしています。
弾いている曲は、ショパンのノクターン集、プーランクの15の即興曲集などです。練習曲のようなものは併用していません。

どうぞよろしくお願いします。

三十代後半の主婦です。
若い頃ピアノを十五年ほど習っていましたが、上級はじめ程度までしか進みませんでした。(ツェルニー50番の前半、全音ソナタアルバムの二巻、バッハの平均律の一巻くらいまでやりました)
その後結婚して、マンションにピアノが置けず、また家事育児に追われ、十年間ピアノから遠ざかっていました。

ですが子育てが落ち着いた今になって、あの時弾きこなせなかった素晴らしい曲の数々が弾けるようになりたいと思い、(具体的にはショパンのバラード、スケルッツオなどです)独学でピ...続きを読む

Aベストアンサー

私も個人でピアノを教えている者です。私もerikakouさんのように大人になってもピアノを楽しめる生徒を育てたいと思っています。

楽しむにしてもやはり上手に弾けた方がより楽しいもの。今現在、趣味の域にしてはとてもお上手でいらっしゃいますが、中級程度以上の曲にも取り組みたいとのことでしたら、やはり部分練習でテクニックをつけることだと思います。

つっかえつっかえで先に進まなくなる部分にテクニック上の問題があるわけですが、それが何かを知ることが第一です。
弾きにくい部分は、
音階・アルペジオ・重音(3度・6度等)・トリル・跳躍
のいずれかのテクニックが必要である場合が多いと思います。
その問題のパッセージを1小節なり数小節なり取り出し、リズム練習等されると良いでしょう。ツェルニー50番の前半まで弾かれたなら、いろいろな練習法をご存知だと思いますので活用してください。
ハノンは、その曲の調性のものだけを取り出して弾けば十分のように私は思います。音階やアルペジオの指づかいに慣れる意味でも役に立ちます。

私も、できれば先生につくことをお勧めしたいのですが、大人になると自由に動けない状況ばかりです。
その場合は独学となりますが、苦しい練習では楽しむためのはずのピアノが辛くなってしまわないかが心配です。
お好きな曲を選び、その中の難しい箇所はみっちり反復練習されたらいかがでしょうか?
緩急をつけて是非長くピアノとお付き合い頂きたいです。

長くなりましたが、最後に私のお勧めの本を紹介させて頂きます。
小さく薄く、それでいて中身の濃い本だと思います。
  『ピアノ奏法の基礎』 
     ジョセフ・レヴィーン著・中村菊子訳(全音楽譜出版社)

私も個人でピアノを教えている者です。私もerikakouさんのように大人になってもピアノを楽しめる生徒を育てたいと思っています。

楽しむにしてもやはり上手に弾けた方がより楽しいもの。今現在、趣味の域にしてはとてもお上手でいらっしゃいますが、中級程度以上の曲にも取り組みたいとのことでしたら、やはり部分練習でテクニックをつけることだと思います。

つっかえつっかえで先に進まなくなる部分にテクニック上の問題があるわけですが、それが何かを知ることが第一です。
弾きにくい部分は、
音階・...続きを読む

Q小学3年生の娘がピアノを習っています。

小学3年生の娘がピアノを習っています。
今、バイエル下巻の75番くらいを練習していますが、小学3年生だとどの程度のレベルなのかわかりません。
娘は、1歳からヤマハの音楽教室に通っていて、4歳から個人のピアノ教室に変更しました。

5歳の時に引越しのため先生が変わったこともあって(教本も変わりました)、切り替える時間が掛かってしまったということもあるのかもしれませんが、本格的にピアノを始めて6年もやっているのに進みが遅いような気がします。

私は子供の頃にエレクトーンを習っていたのですが、ピアノのことは全く知識がありません。

本人は自分から進んで練習する感じではないので、あまりにも進みが遅いようなら辞めさせることを検討しようと思います。

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音楽大学に行って将来は音楽で身を立てる・・・というんじゃなければ、小学生でブルグミュラーを終わってツェルニーに入るかなというレベルで十分だと思いますが。3年生でバイエルの後半ならそんなに遅くないと思いますよ。

ただ、バイエルの後半~ブルグミュラーあたりでやる気が切れる子も出てきますから、「続けるか止めるか」判断する時期になると思います。ツェルニーに入るとちゃんとしたピアノ(電子ピアノだと上級機種)が欲しくなりますしね。見切るならそろそろ見切り時であることも確かなんですが・・・。

Qピアノの先生方に質問-練習曲の完成度

ブルグミュラー25の練習曲、チェルニー30番、100番などの練習曲は一般的には子供達(小学生)が弾く練習曲ですよね?でも、テンポもかなり速いですし、指が相当動かないと綺麗には弾けないし、ある程度ピアノを弾ける大人が弾いても結構難しいと思うのですがどうなのでしょうか?

ピアノを習っている生徒にもよると思いますが:
質問(1):一般的にこういう練習曲の完成度はどのくらいなのでしょうか?例えば、弾く速度は遅くても全体的に一定のテンポで弾ければいいとか、8分音符が綺麗に弾けていればパスするとか。はたまた楽譜どおりに弾けるまで弾かせるとか。
質問(2):1曲に掛ける時間はどのくらいなのでしょうか?(2週間、1ヶ月、3ヶ月等)
質問(3):その場合、生徒に期待する1曲に対する練習量はどのくらいですか?(1日15分で週5日等)

ブルグミュラーとチェルニーでは完成度などが違うと思いますが、具体的にお答え頂けると有難いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
ブルグミュラーはそれまでやっていた練習曲とは違い、アーティキュレーションや表現力、音楽用語の理解なども要求されるようになるので、その曲を理解した上で、テンポが遅くても○にしている曲もあります。
しかし、アラベスクやタランテラ等、比較的スピードを求められる曲では、指を鍛えるためにも、速く弾けるようにします。その曲の特徴によって、目標を変えます。譜読みを間違わない・突っかからない等ある程度の基準を満たしていればですが。

ただし、ツェルニーは、技法上達の目的がはっきりしていますので、ペダルを使わずきちんと弾けるように。
そして、あまりにも設定テンポが速すぎる場合もあるので、生徒さん個人個人に合わせた設定テンポを提示してそのテンポで弾けるようになるまで、なるべくやります。

(2)
こちらも生徒さんによって変えています。
とにかく数をこなして、譜読み力をつけたい。レパートリーを増やして慣れたい。
こんな方には、合格目標を、深すぎないところに設定し、流れや、読譜力などを主に勉強してもらいます。
その場合は、2週間から長くても1ヶ月かけます。
しっかり勉強して、音楽力や読解力、表現力を身につけた方が良いと判断した生徒さんには、1ヶ月普通にかけます。

生徒さんの性格にもあわせないといけませんよね。
飽きっぽい人に何ヶ月もかけられないし、
ゆっくり時間をかけてもコツコツできる人は、一曲でたくさんのことを学んでもらう為に時間をかけても構わないだろうし。早く終わりすぎても、何がなんだかわからないまま消化してはもったいないですから。

私が子供の頃、先生に言われたのですが、
私は同年代の他の子と比べ進むのが遅くて落ち込んでいたのですが、そるはあなたがたくさんのことを学べるからで、もっと深く出来ると思うから、時間がかかるのよ。
と言われて、元気が出たことがありました。


(3)
練習時間ですが、
生徒には、毎日5分でも良いからピアノに向かって。といっています。
しかし、やれる時は、今日はここまで出来るまでやる。とか、ここの部分を言われた通りに、三回中三回失敗しないように弾けるようになるまでやる。
とか、一つだけでも目標を持ってやろうといっています。

ただし、上を目指している子には、一日2時間以上しないと出来ないくらいの課題を与えていますので、これも個人差がありますよね。

(1)
ブルグミュラーはそれまでやっていた練習曲とは違い、アーティキュレーションや表現力、音楽用語の理解なども要求されるようになるので、その曲を理解した上で、テンポが遅くても○にしている曲もあります。
しかし、アラベスクやタランテラ等、比較的スピードを求められる曲では、指を鍛えるためにも、速く弾けるようにします。その曲の特徴によって、目標を変えます。譜読みを間違わない・突っかからない等ある程度の基準を満たしていればですが。

ただし、ツェルニーは、技法上達の目的がはっきりして...続きを読む

Qインベンションの練習の順序

今、インベンションを練習していますが、各番号の難易度を教えてください。
3つくらいのグループで「易しい」「中くらい」「難しい」で、回答くだされば
うれしいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

makimaki2001さん、はじめまして。

インベンションについては、奏法の解説書なども数多く出ていますが、わたしが持っている解説書には、インベンションの難易度について、次のように示されていました(左から易しい順です)。実際に、バッハは息子にこの順序でインベンションを与えたとも言われています。

1番、4番、7番、8番、10番、13番、15番、14番、12番、11番、9番、6番、5番、3番、2番

が、あくまでもこれは「インベンションを弾けるようになるためには」という観点からの難易度設定です。インベンションは、対位法、カノン、フーガなど、作曲技法を学習するという観点からは、1番から順に学習するほうがよいそうです。
とはいえ、楽曲としての難易度レベルは、1番がいちばん簡単で、2番が最も難しいことになっていますから、順にやっていくと2番で挫折する可能性大ですが...。

わたしが師事したピアノの先生は、「ピアノを習うのではなく、バッハを習うつもりでいてね」とのことで、インベンションは1番から順にやりました。
進み具合の効率化を図るなら楽曲の難易度順、楽曲分析に比重を置くなら番号順ですすめるのがよいでしょう。
ただし、先生についてらっしゃるようでしたら、練習順序を先生に相談なさるのもよいかと思います。

makimaki2001さん、はじめまして。

インベンションについては、奏法の解説書なども数多く出ていますが、わたしが持っている解説書には、インベンションの難易度について、次のように示されていました(左から易しい順です)。実際に、バッハは息子にこの順序でインベンションを与えたとも言われています。

1番、4番、7番、8番、10番、13番、15番、14番、12番、11番、9番、6番、5番、3番、2番

が、あくまでもこれは「インベンションを弾けるようになるためには」という観点からの難...続きを読む

Qグランドピアノを置くためには・・・?

家を新築するにあたって、グランドピアノを購入しようかと思っています。防音や床の強度など、考えなければいけないことはたくさんあると思うのですが、具体的にはどんなことに注意したらいいでしょうか?あと、部屋自体はどのくらいの広さが適当なのでしょうか??もちろん、広ければ広いにこしたことはないでしょうが、そうもいかないので最低ラインが知りたいです。

Aベストアンサー

meilinさん、はじめまして。グランドピアノご購入とのこと、おめでとうございます。

これまでの回答を拝見して、「みなさんすごいなぁ」というのが正直な気持ちです。
わが家は、2Fにある6帖の部屋に、奥行180cmのグランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトーンの3台を置いているのです。


>防音や床の強度など、考えなければいけないことはたくさんあると思うのですが、具体的にはどんなことに注意したらいいでしょうか?
 まず、木造住宅だったり、坪単価があまりにも安い住宅でもない限り、家庭用の普及型グランドピアノ1台置くのに、わざわざ床の補強は必要ありません(これはわが家新築時に住宅メーカーの設計士さんに言われました)。
 いまどきの家は、そのくらいの重さはすでに想定ずみということなのだと思います。ただし、わが家は2Fに置くこと、しかもアップライト・エレクトーンと3台あわせて700kg近くになることもあって、簡易床補強だけしました。坪\6,000しかかからなかった、本当に「気持ち」の作業ですが...。

 防音については、音を出す側が気を遣うべきだと思います。
 防音室を入れることができればそれに越したことはありませんが、それが難しくても、次の点について検討なさってはいかがでしょうか。

1.窓を二重サッシ(二重ガラスではありません)にして遮音性を高める
2.ピアノを隣家に近い部屋に置かない
3.防音カーテンを利用する(気休めかと思ったのですが、適度な吸音もしてくれますし、屋外への音もれにも効果あります)
4.フローリングの部屋ならカーペットを敷く(防音カーペットだとより効果的です)

 また、ピアノのためには次の点にも気をつけてあげたいものです。

1.台所の近くに置かない
  ・急激な温度変化が起こったり油が飛散したりで、大切なピアノを傷めます。
  ・また、ゴキブリの被害にあいやすくなります。
2.ピアノを置く部屋には床暖房を入れない
  ・ピアノの底板が高温になり、フレームや弦に悪影響を与えます。


 どの程度のピアノをご希望なのかわかりませんが、グランドピアノは奥行のサイズが長ければ長いほどよい音がします。ヤマハ・カワイが出しているいちばん小さなグランドピアノは4帖半のお部屋でも余裕をもって置けますし、わたしの知人は3帖間にヤマハのC3を入れています(もちろん、他の家具はなにも置けず、ピアノ専用室になっていますが)。置くことだけを考えれば、ピアノが物理的に設置できれば十分です。響きについては、音場調整のための板がヤマハやカワイから販売されていますので、それで調整することも可能ですし、グランドピアノですから、大屋根の開閉具合で響きや音量をコントロールすることもできます。


 あと、話がそれるのですが...。
 せっかくグランドピアノを買われるのでしたら、色々なメーカーのピアノを試弾してくださいね。国産二大メーカー、海外メーカー...。
 特に、国産二大メーカーの場合は、浜松にある工場付属の試弾場へ出向いて、複数台の同じ機種の中からお気に入りの1台を選べます。遠いところにお住まいであっても、楽器店(特約店に限りますが)に申し出れば手配してくれます。
 わが家のグランドピアノはカワイのものですが、浜松の工場まで行って、20台弾いた中から選んだお気に入りです。アップライトはカタログから注文しただけなのですが、やはり自分で選び抜いた1台は愛着が違いますよ...。

meilinさん、はじめまして。グランドピアノご購入とのこと、おめでとうございます。

これまでの回答を拝見して、「みなさんすごいなぁ」というのが正直な気持ちです。
わが家は、2Fにある6帖の部屋に、奥行180cmのグランドピアノ、アップライトピアノ、エレクトーンの3台を置いているのです。


>防音や床の強度など、考えなければいけないことはたくさんあると思うのですが、具体的にはどんなことに注意したらいいでしょうか?
 まず、木造住宅だったり、坪単価があまりにも安い住宅でもない...続きを読む

Qピアノの楽譜 ヘンレとウィーン原典版二つが存在するのはなぜ?

こんにちは!ピアノが好きで趣味で弾いてます。
バッハ、モーツアルト、ベートーベンなどのヘンレ、ウイーンを原典版(URTEXT)と呼びますが、どちらがより正確な楽譜なのでしょうか?
個人的に校訂者の手が加えられてない、作曲家の一番忠実な楽譜を原典版と理解しています。何故二つ存在するかが疑問です。是非お教えください。

Aベストアンサー

校訂者の手が加えられていないと言いましたね?それは間違いです。手を加えられていないのは、作曲者の自筆譜です。いくらなんでもそのままでは弾けませんね?だから、「それを見て演奏できる」最低限の形にするために校訂者が必要なのです。その校訂を、余計な解釈を入れずに、最小限に抑えたものを原典版と言います。対して、校訂者の解釈によって演奏や研究に助言を与えたものを解釈版と呼びます。これは自分で解釈をするのが困難な初歩の学習者や、原典版を使っていても、一つの解釈を参考にしたいときなどに使用します。

しかし、作曲者も人間なので、書き間違えや、曖昧な部分(スラーをどこまで伸ばすか、等)がありますし、何回も書き直したりします。また、何をもって最小限にするかも人によって違います。
つまり校訂者によって楽譜が変わるのは、特にバロックや古典派など時代がさかのぼるほど当然のことなのです。

原点版は2つどころか、それ以上、曲によっては、バッハのインヴェンションや、ベートーヴェンのソナタは何十とか、かなり存在すると言われています。有名どころでは、ベーレンライター原典版がありますね(青い表紙の)。時代によって原典の考え方も違うし、また曲について新しい研究や発見がなされれば、楽譜も新しくなるのは当然でしょう。

よって、同じヘンレ原典版でも、重版されるごとに少しずつ変わっています。楽譜の最終ページに書いてあるアルファベットを見てください。

つまり、厳密な意味で「作曲者に忠実」という楽譜は存在しません。原典版とは、「それが忠実であると推測される、と校訂者が勝手に思っている」楽譜のことです。

しかも、ベーレンライター版には運指がついていません。運指は多くの場合、作曲者が書いたわけではないので、校訂者が不要と感じれば、より正確な原典版を作るために省かれます。しかしそれでは演奏しにくい。よって、原典版でも、多くは校訂者によって運指が書かれます。よって、演奏譜には、正確な原典版は存在しないといえます。

一応、お勧めをあげますと、バッハはウィーン原典版、ベートーヴェンはヘンレ、モーツァルトはウィーンでしょう。ベーレンライター版は演奏にはお勧めできません。

校訂者の手が加えられていないと言いましたね?それは間違いです。手を加えられていないのは、作曲者の自筆譜です。いくらなんでもそのままでは弾けませんね?だから、「それを見て演奏できる」最低限の形にするために校訂者が必要なのです。その校訂を、余計な解釈を入れずに、最小限に抑えたものを原典版と言います。対して、校訂者の解釈によって演奏や研究に助言を与えたものを解釈版と呼びます。これは自分で解釈をするのが困難な初歩の学習者や、原典版を使っていても、一つの解釈を参考にしたいときなどに使...続きを読む

Qショパン - エチュード10-4 は難易度の高い曲ですか?

ショパンの「エチュード10-4」をMP3プレーヤーでよく聞いています。
いつも聞きながら、「指の筋肉が鍛えられそうだな」とかピアノの上手い人が練習曲として弾くのに良さそうだな、なんて思っていました。

※私はピース楽譜でBレベルの曲しか弾けないので初心者です。

私の予想では、「エチュード10-4」はピースでCレベルくらいだと考えていたのですが、インターネットで調べてみるとFレベルで、かなりの上級者向けの曲だと分かりました。

耳で聞く分には、「速さが命の曲」という印象で、曲の旋律自体はそれほど複雑に感じませんでした。(前述したように指の筋肉がついていないと弾けない曲だと思いましたが)

実際、弾いた事のある方がいたら、曲の難しさの印象を教えて下さい。

自分が弾きたいわけではなく(私のレベルでは弾けません)、興味心の質問です。

http://www.youtube.com/watch?v=rXAbtsy_lgk&feature=related

Aベストアンサー

こんにちは。

ショパンエチュード10-4ですか(笑)←なぜ(笑)かと言うと、今さっき10-12を弾いてたのでタイムリーなご質問だなと思いまして(^^;)
全般的にショパンエチュードは 楽譜自体複雑ではないですよね。
なので聴いた感じ速さだけが際立ち さほど『大曲』というイメージを持たないというのは分かります。


難しさはその『速さ』なんですね。指定のテンポを考えずにゆっくり弾けば F難度がC~D難度くらいになるでしょうかね~。でもテンポを出して(速く)弾くのに難しい音型をショパンさんも考えている訳で…『そうは簡単にテンポ出して弾かせないぞ』みたいな?感じ

質問者さまもピアノを弾かれるのであれば テンポを速く弾く難しさってある程度お分かりになると思いますが F難度くらいになると指定のテンポで弾くのは 想像以上に難しいんです。
もちろん右手だけでなく 左手にも同じような音型がありますから 右手と全く同じテクニックを持って弾かなければならない。

それと 10度が頻発に出てきますので 手の小さい人には多少ハンディがあるかな…とか。

それに加え エチュードと言っても 非常に芸術性が高いものですので 深い表現力も必要になります。


ショパンエチュードに限らず ピアノ曲(だけではないと思いますが 私はピアノしか演奏しないので)は聴いた感じより 本当はかなり難しいものが多いと思います。
よく音楽関係のカテゴリで 『私は今~をやっています。~を(例えばカンパネラとか)弾きたいのですが弾けるでしょうか?』というご質問をみかけますが それも多分 聴いた感じが簡単そうに聴こえるからなんでしょうね。


私は『エリーゼのために』でさえ パーフェクトなタッチ・ペダリング・解釈・表現力 全て完璧に弾くのはなかなか難しいなぁ…と思ったりしますね。
ピアノは(いやいや 音楽は)奥が深いんです。

こんにちは。

ショパンエチュード10-4ですか(笑)←なぜ(笑)かと言うと、今さっき10-12を弾いてたのでタイムリーなご質問だなと思いまして(^^;)
全般的にショパンエチュードは 楽譜自体複雑ではないですよね。
なので聴いた感じ速さだけが際立ち さほど『大曲』というイメージを持たないというのは分かります。


難しさはその『速さ』なんですね。指定のテンポを考えずにゆっくり弾けば F難度がC~D難度くらいになるでしょうかね~。でもテンポを出して(速く)弾くのに難しい音型をショパンさんも考えている...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング