人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

ピアノの先生になりたいと思っている小学5年生の子どもがいます。
小学校卒業までに、どのくらい弾けるようになっていれば音大が目指せるのか教えてください。
習いはじめたのが小学1年の後半で、ピアノ歴は三年半弱。幼稚園の時はリトミックに通っていて、ピアノは遊びで弾いていました。
現在の教本は、
◯ハノン
◯ツェルニー30番の後半
◯バッハインヴェンション残り1曲
◯メンデルスゾーンの小品
◯コンクール課題曲(3曲)
です。
ソナチネは終了し、ハイドンのソナタを数曲、モーツァルトのロンドやベートーベン等の古典を弾いたあと、ロマン派の勉強をするためにメンデルスゾーンを弾いています。
コンクールばかり勧められ、普段の教本の進みが悪いと感じます。
小5でこんな進度で音大が目指せるレベルに到達できるのでしょうか。
先生に焦りはなさそうですが、どう考えても遅いでしょう。現在、学コン(小学生)の課題曲が弾けないレベルにいるので本人も親も焦ります。
この1年で弾けるようになるべき教本、小学校卒業までに到達していなくてはならない教本等、具体的に教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

#3です。


もし、コンクールではなくて教則本をすすめてほしいと思うなら、やはりキチンと先生に言ったほうが良いと思います。

私自身はどちらかといえばコンクール嫌いなので(正直に本音を言えば、小学生以下のコンクールの存在意義があまり理解できない)、そういう方向の回答になってしまいますが。。
ただ、本番で人前で弾くのは一番練習になる、というのはそうだと思う。で、現実的に一般家庭の小学生がそれなりの会場で人前で弾く機会はコンクールしかない、というのは確かにそうでしょうし。。
どれくらいの練習時間をかけるかにもよりますけど、年1回3ヶ月とかならいいような気もします。。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

重ね重ねありがとうございます。

教本を進めたい旨は何度もお話しているのですが……

一般家庭の小学生が人前で弾くのはコンクールしかない…というお考えなら、公開レッスンやアドバイスレッスンを受けるように…とは仰らないでしょう。
コンクールがお好きなのかと思います。(元々はコンクールなど興味がないご様子でしたが。)

年に3~4回あちこち掛け持ちし、同じ曲で違うコンクールに出る事もあるので1曲を半年以上弾くこともあります。
上達しないと思いませんか?
コンクール成績が良くても、基礎がこんな進度では意味がありませんよね(;_;)

お礼日時:2014/05/15 15:16

ペースは遅くないと思います。


楽譜の進みだけでは判断できませんが、コンクールで賞も獲っているようなのでそれなりに弾けているのだと思います。
先生には音大に行きたい旨を伝えてあるのでしょうか?
音大を目指す子と趣味でやっている子だと先生もペース配分が違うと思うので遅くとも中1になるまでには伝えたほうが良いと思います。
目安としては高1でショパンのエチュード、バッハの平均律に入っていれば何とかなると思います。
もちろん音大のレベルにもよりますが。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ペースは遅くないですか…?
ピアノを習い始めた時に、『音大に行きたいと思った時に手遅れにならないようにお願いします。』とはお話しました。
バッハやツェルニーは指定のテンポで暗譜で合格なので、それが音大を目指すためのレッスンなのかな…と理解しています。
ツェルニーの50番まで弾いてからショパンエチュードと仰っていたので、高1でたどり着くのか微妙でしょうか(;_;)
バロックと古典が大好きなので、バッハはなんとかなりそうですが、ツェルニーの遅れがこわいです。(コンクールが近づくとツェルニーはストップしてしまいます。)

お礼日時:2014/05/13 20:55

単純に年齢から見れば早い方ではないですが、3年半という年数から見れば、普通かむしろ早い方ではとも思います。


したがって才能が全くない、ということではないと思うので、きちんと練習すれば音大入学レベルには到達するように思います。
あんまり焦らずに。

コンクールに参加することは、大人(とくにある程度の音楽教育を受けてきた大人)から見ると確かに無駄なようにも思うのですが、子供さんが嫌がってないのなら、ある程度同年代と競争するというのは本人のモチベーション維持に少しは貢献するように思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですか。きちんと練習すれば音大レベルにはなれますか。

コンクールについては、教本のレッスンをきちんとしていただけるのであれば挑戦しても良いと思うのですが、一時間のレッスンでは練習していったものを全て見ていただけないので、コンクールをやめたいです。しかし、先生の教室にはコンクールに出る生徒が他にいないので、出てほしい感じなのです。
本人は、そこそこのコンクールでも出るとなぜか受賞できるので嬉しいけど、学コンレベルにはいないので早く学コンレベルに追い付きたい気持ちでいます。(学コンに出たいのではなく、課題曲が弾けるレベルになりたい)
関西在住ですが、できれば関東の有名な音大へと思っているので、教本の進度がやはり気になります(T_T)

お礼日時:2014/05/13 18:40

教本だけバンバン進めばいいというわけでもないと思いますし、何よりもお子様のやる気が引き出せているレッスンになっているのなら、その進度で大丈夫だと思いますよ。


もちろんこの先もしっかりと練習を続ければの話ですが。

私が進学した音大はあまりレベルの高いほうではありませんでしたが、大学受験の試験内容はソナタレベルの曲がしっかり弾けていれば大丈夫という感じでした。

コンクールばかり勧められるとのことですが、生活の負担になっている、子供が出たがらない等の理由がないのであれば、そういうものにはどんどん出場されるのも良いと思いますよ。自分よりもずっと上手な人の演奏も聴けますし、多くの曲目を知る事ができますし、それらは音大に進んでからも必要な知識と経験になります。(と私は思いました)


コンクールに出たくない、レッスンの内容に不安を感じるのであれば、その旨を先生に伝えてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
コンクールについては、習いはじめて8ヶ月位で初めて挑戦し、なぜか良い賞をいただいたので本人も嬉しく、その後様々なコンクールに挑戦してきました。出ると受賞し、記念コンサートまで出させていただくので、長期間同じ数曲を練習することになり教本が進まないです。練習はしていくのですが、見ていただく時間がない状態になります。その旨、相談してみましたが、人前で演奏するのが一番上達するのだそうです…。
1曲を深く学ぶことも大切ですが、音大を目標とした時に基礎ができていないということになりはしないかと不安です。
本人は先生を尊敬し、楽しいレッスンのようですので、もう少し様子をみてみたいと思います。

お礼日時:2014/05/13 18:21

 高校卒業までキチンとレッスンを続けることが出来れば間違いなく音大には入れます。


問題はその後です。頑張ってください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。問題はその後だとは承知しております。
しかし、このゆっくりペースでも間違いなく入れるのですか??音大とは、私が思うほど難しくないという事なのでしょうか……(学校によるとは思いますが。)

お礼日時:2014/05/13 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学3年生の娘がピアノを習っています。

小学3年生の娘がピアノを習っています。
今、バイエル下巻の75番くらいを練習していますが、小学3年生だとどの程度のレベルなのかわかりません。
娘は、1歳からヤマハの音楽教室に通っていて、4歳から個人のピアノ教室に変更しました。

5歳の時に引越しのため先生が変わったこともあって(教本も変わりました)、切り替える時間が掛かってしまったということもあるのかもしれませんが、本格的にピアノを始めて6年もやっているのに進みが遅いような気がします。

私は子供の頃にエレクトーンを習っていたのですが、ピアノのことは全く知識がありません。

本人は自分から進んで練習する感じではないので、あまりにも進みが遅いようなら辞めさせることを検討しようと思います。

ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音楽大学に行って将来は音楽で身を立てる・・・というんじゃなければ、小学生でブルグミュラーを終わってツェルニーに入るかなというレベルで十分だと思いますが。3年生でバイエルの後半ならそんなに遅くないと思いますよ。

ただ、バイエルの後半~ブルグミュラーあたりでやる気が切れる子も出てきますから、「続けるか止めるか」判断する時期になると思います。ツェルニーに入るとちゃんとしたピアノ(電子ピアノだと上級機種)が欲しくなりますしね。見切るならそろそろ見切り時であることも確かなんですが・・・。

Qピアノ6年目の息子 テキストと進度

小学5年生の息子が、個人のピアノ教室に6年通っています。
月4回通い、発表会はホールが年一回、先生の家で2回です。

現在、バンスティンピアノベーシックスのテクニック2と、バーナムピアノテクニック1、ハノンのゆびのたいそうの三冊があと2,3曲で終わりそうで、バンスティンピアノベーシックスのピアノ2は半分、ピアノのテクニック、チェルニーOp777ははじめたばかりです。発表会がおおいので、そのための曲も常に練習し、別の楽譜をもらうこともあります。
練習は毎日10分から一時間程度、各テキスト一曲ずつ宿題で、必ず仕上げて行きます。

学校の合唱曲の伴奏を頼まれるのですが、先生にはまだ早いといわれるので、自己練習で仕上げてこなしてきました。

学校でヤマハなどに同じ年数通う友人の話を数人聞いても、もう少し先に進んでいるように思います。

本人はプロまではなくても、そこそこまじめに取り組み、うまくなりたいと思っています。
進度が遅いとやめる人もいます。
テキストの数も含め、これでいいのかと疑問を持っています。
見識のあるかたのアドバイスをお願いしたいです。

Aベストアンサー

お礼拝見しました。
昨日は読み返す時間がなく誤字脱字など多く失礼いたしました。
今日改めてここまでを読ませていただいたいた感想です。

曲のやり直しが一度もなく、の部分、私もあり得ないと思います。
初めてピアノを始めた時期、幼少の場合は飽きさせないために、レッスンで出来ないことがあっても、次に行くことはあり得ます。
2歳3歳4歳頃は、私はあえてそうすることも多いです。
次に他の教材や、進んだ教材で、または本人の手が大きくなったりしてその先で出来たりするので。
ただ、ある程度教材が進度が進んだら、年齢が大きくなったらそうはいきません。
上手く弾けない、その部分をほったらかしに、雑に、まあなんとなく弾けているから…では技術が積み上がっていきません。
ある程度のレベル、年齢になったら本人も自覚が出来ると思うので、レッスンでも上手くいかない場合、その部分を指摘したうえで、練習方法も教えた上で、「もう一度来週。次の曲も譜読出来るならしておいて」ということもよくあります。
それでもクリアー出来ない場合もありますが、これも程度物で、発表会などは完成度が求まられるので時間をかけますが、ほどほどで先に進みます。
必ず同じような箇所がその先や他の曲でも出てきたりするし、またそこでやることもできるし、その時には本人の力がついて、あの時苦労したけどこの曲では上手く弾けたというようなこともあります。
テクニック的な事なら、ハノンをやっているなら、同じような「ハノンの〇番を使ってこのように練習してみて」ということもあります。
以上はテクニック的なことです。

この部分だけ考えても、6年やってきたことやお子さんの年齢から考えて、1回で〇になることはあり得ず、今現在もそうなら、簡単に〇になってしまう手ごたえのない教材をやっているか、あるいは先生がその部分に気が付いていないか、あるいは気が付いていても、これを克服するテクニックを自身で知らないために見過ごしているか…などが推測できます。

繰り返しになりますが、テクニックと音楽性(曲想等)は両輪で、テクニックがあってこその音楽性ですが、ここまでお子さんが音楽性を育むような教材を与えられてきたかというと甚だ疑問でもありますし、テクニックを磨く教材に関しては段階を踏んで、着実に最短距離で積み上げられる選び方もあると思います。
手が小さい場合等、しばし少々外れることや、必ずしも教材全部や順番にやらない場合もありますが。
ここで書かれたことだけでお子さんの実力、先生の意図を私が推し量ることは危険ではありますが、客観的に見て、無駄な、やらなくていい教材もあり、段階を踏んだ、先に進む教材を選ぶべきだと、私は思います。
今の先生が「不満を言ってやめた方のことを失礼だとずっと怒っている」とのことですが、一度話してみるのもいいかもしれませんが、方針が変わらないのなら、他の先生を探すべきでしょう。
私はむしろいろんな先生に出会って、それぞれのいいいところを吸収するべきと思っているので、今回変わることに何ら疑問、違和感は感じません。
より合った、楽しく、才能を伸ばしてくれる先生を求めることを躊躇すべきではないのでは?

「かなりご年配」とのこと。
50半ばの私はご年配とは言われないので70は超えていらっしゃるのでしょうか。
私の親は80を超えていますが、当時優秀なピアノ先生は数少なく、特に地方などは大した経歴でなくても地元のピアノの先生として通っていました。
が、今はきちんとそれなりの音大を出た先生が地方にもたくさんいる時代、まして子供は少ない時代ですので、必ず力のある先生が見つかると思います。

一番確実なのは口コミでしょう。
「よい医者はよい医者を知っている」とかで、そのピアノの先生がだめでも知り合いの先生を紹介してくれることもあると思います。
都市部か田舎か等で通う場合、条件としては厳しくなってしまうこともあり得ますが…。
力のある先生は、おそらくネット等には載っていなく、周りの習ってる方、習っていた方などに聞くことがいいように思います。

他の方法としては、各音楽大学、卒業生がそれぞれ全国で同窓会〇〇支部…などと称して活動していることも多く、定期的に演奏会、教えている生徒の合同演奏会などをしていることもよくあります。
そういう団体の連絡先がわかれば問い合わせて、最寄りの先生を紹介して欲しいと申し出てもいいと思います。
その団体の連絡先がわからない場合…ですが、おそらくどの音大も同じだと思いますが、大学内に「同窓会」の仕事をしてる部署があり、私の大学だと大学の情報、新しい同窓会員名簿の購入希望や(ここには住所、勤務先などが載っているのでこういうものが見られたら一発で近所の先生が見つかるでしょう)各地の同窓会情報、定期的に郵送されてきます。
事情を話して、主にその年の支部をまとめている先生の連絡先になっていることが多いと思いますが、連絡先がわかれば、そこからまた探していくことも可能かと…。
ただ、このあたりは昨今、個人情報が厳しいので、保証はできません…。

最後に大事なことを一つ。
今の先生はもしかしたら、ピアノ科出身ではないのかもしれません。
声楽科やこくりつの教員養成が主たる目的である教育学部卒だった可能性もあります。
声楽科の友人なども、卒業後は〇〇大学卒で地元でピアノの先生です。
私は大学で声楽科の友人の伴奏をしていましたが、その友人を含め他の声楽科の友人が当時何を弾いていたか、ですがせいぜいソナチネ、ソナタレベルで、記憶にあるには、ある時「ショパンのノクターンを弾いている」というのでへえと思い、どの曲かと思ってきたらテンポの遅い、短い曲でした。
推測するに多くはそのレベルを音を間違いなく正確に弾いている…であり、ときにやっとであり、曲想豊かにというわけではないと思います。
声楽科の人はピアノをやっていた人が多いですし、上手な人もいます。
芸大の作曲、私立の作曲等でもピアノ科より余程上手(今活躍されている方沢山いますよね、逆に稀にピアノ経験などなく、ただ声だけに才能があり、他の事は何とか間に合わせて音大合格もいますが)と思われるようなケースもありますが、おおよそにおいて言えることとして…です。
所詮副科としてなので、やっていること、進度は限界があります。
そもそも入試の時点で違いますし、うまい下手にかかわらずピアノ科として4年過ごすとそうでないとでは守備範囲というか、引き出しの多さが違って当然と思います。
バイエルレベルの初級を教えているくらいではそう大差ないのかもしれませんが。
ピアノ科出身は総じて楽典やソルフェージュ関係には強いと思います。
が逆に、私は声楽に関しては、同じことが言えます。
私の範囲はピアノ(これも厳密に言えば芸大レベルの指導は到底無理で、自分が受験した音大…当時私立上位3校に入っていたと思いますが、自分が弾いてきた曲のレベルからしてせいぜいそこまでで、実際に受験するなら受験生を多く持っている先生、または音大の先生に部分的か最終的か引き渡すと思います)と、かつて熱中した合唱コンクールだったり、学校の教材、音楽会の合唱、合奏であり、声楽に関しては、私自身が学んだり個人的にレッスン受けたのは、コンコーネ、コールユーブンゲンこのあたりまではいいですが、日本歌曲少々、イタリア歌曲少々程度であり、歌曲レベルの指導はできません。
保育士試験を受ける人の弾き語りの童謡はレッスンし(もともとピアノで通っていた生徒だった)楽典なども指導して合格させましたが、せいぜいそこまで、音大の声楽志望などは声楽出身の先生に引き渡すでしょう。
吹奏楽に関しては各楽器の知識がほとんどゼロです。
専門外なので、おおよそのことはわかっても、指導は出来ない、が専門の先生を探すアドバイスは出来る…と思います。

医者と同じかもしれません。
やはり専門があるので、はた目にはわかりにくいですが、どうせ教えてもらうなら、ピアノ科出身の先生に指導してもらった方がいいいと私は思います。
レベルの高い楽曲を弾けたり、肩書きが立派だとよい指導者とは限りませんが。
今はピーク時より弾けなくても、経験と引き出しはもっていることが多いと思うので、ある程度のレベルの音大(これもレベルがピンキリなので非常に大事)の尚且つピアノ科卒の先生をお勧めしておきます。

いずれにせよ、より良い環境を求めて、高いレベルを求めて、本人、親御さんが指導者を変えていくとこに関しては何ら問題ないです。
指導者は自分が教えられないと思ったら次の段階に進まさせるべきであり、スポーツの世界ではよくある話でしょう。
お子さんも引き留められるかもしれませんが、すでに移られた方もいるようですし、個人差がありますが、今、体や手も出来てきて一番伸びていく時期でもあると思うので(中学、高校は通学に時間がかかったり、部活、受験などで滞ったり、やめたり、中断したりが多いです)やれるとき、やりたいとき、興味があるときは伸びる時とも言えると思うので、お子さんのためにぜひ良い方向にもって行ってほしいと思います。

とりとめなく長くなりました。
すぐには書き込めないかもしれませんが、質問疑問等ありましたら遠慮なくどうぞ。

お礼拝見しました。
昨日は読み返す時間がなく誤字脱字など多く失礼いたしました。
今日改めてここまでを読ませていただいたいた感想です。

曲のやり直しが一度もなく、の部分、私もあり得ないと思います。
初めてピアノを始めた時期、幼少の場合は飽きさせないために、レッスンで出来ないことがあっても、次に行くことはあり得ます。
2歳3歳4歳頃は、私はあえてそうすることも多いです。
次に他の教材や、進んだ教材で、または本人の手が大きくなったりしてその先で出来たりするので。
ただ、ある程度教材が...続きを読む

Qピアノの発表会で弾く舞台栄えする曲を教えてください。

小学4年生の娘が来春のピアノの発表会で弾く曲を探しています。
クラシックは全くの無知で、先生に「希望の曲は?」と聞かれても全然わかりません。
お詳しい方、オススメの曲があったら教えてください。
娘のピアノ暦は4年です。
私の希望としては「聞いた事がある有名な曲」がいいです。
娘の希望は「優しいメロディーの曲」だそうです。
ちなみに先生いわく、「メヌエットだとちょっともったいないかな」くらいのレベルのようです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。専門家ではありませんが、ダラダラとピアノを10年ぐらい習っていましたので良かったら参考にして下さい。
 お嬢様のピアノ暦が4年という事ですが、現在は大体どれぐらいの曲を弾いているのでしょうか?私の時はバイエル(赤&黄)→ブルグミューラーと進んでいったのですが。ヤマハとかはまた独自の教則本だと思うのでちょっと分かりませんが、4年でもものすごく上達する人と私みたいに黄バイエルをウロウロしたりする人もいますので(^_^;)。
 またメヌエットも沢山の作曲家(ベートーベンやビゼーなど)が書いてますのであまり参考にならないのですが、ソナチネの中にあるメヌエットでしょうか??
 一応バイエル終了している位で、発表会に向く有名な曲といえば
エリーゼのために→王道ですので、ライバルがいるかもしれません。
乙女の祈り→最初がなかなかカッコいいです。
ト調のメヌエット→もしかしてこのメヌエットでしょうか。
http://www.tsutaya.co.jp/item/music/view_m.zhtml?pdid=20052467
↑この中に入っている「楽しき農夫」や「水の精」「ユーモレスク」も優しい感じです。「ユーモレスク」は某胃腸薬のCMで使われていますので良く知られています。
他の試聴はこちらで聴けます。「すみれ」や「人形の夢と目覚め」「スケーターワルツ」「アベ・マリア」なんかも優しい可愛らしい感じです。
http://classic-midi.com/classictop.htm

 最終的にお嬢様が決めると思いますが、先生に何曲か弾いてもらうとか、比較的平易な曲が入っているCDを貸してもらって聴いてみるともっと具体的なイメージがつかめると思います。全音ピアノピースとかだったらAレベルでしょうか?発表会は少し上のレベルを狙いますので、実力がもっとあってどうしてもこの曲!というのでしたらBでもいけるような感じです(ちなみにユーモレスクやト調のメヌエット、エリーゼは全音ではBクラスです)。好きな曲はやる気で練習しますので、好きでもない優しい曲をするより上達は早いと思います。
 素敵な曲に出会えると良いですね。ご参考までに。

 こんにちは。専門家ではありませんが、ダラダラとピアノを10年ぐらい習っていましたので良かったら参考にして下さい。
 お嬢様のピアノ暦が4年という事ですが、現在は大体どれぐらいの曲を弾いているのでしょうか?私の時はバイエル(赤&黄)→ブルグミューラーと進んでいったのですが。ヤマハとかはまた独自の教則本だと思うのでちょっと分かりませんが、4年でもものすごく上達する人と私みたいに黄バイエルをウロウロしたりする人もいますので(^_^;)。
 またメヌエットも沢山の作曲家(ベートーベンや...続きを読む

Qピアノを習った時の教則本について

クラシックのピアノを習う時、「バイエル」「ツェルニー」などの使われる教則本(?楽譜)の順番や名前などを教えてください。。

自分が名前だけ知っているのは上記のものや、「ハノン」「ソナタ」「ブルグミュラー」「インヴェンション」などは聞いたことはありますが、どういう順番で使われるのか知りません。
先生によって使われる楽譜とかも違ってくるのでしょうか?

あと、小学、中学、高校卒業時、目安として、どの課程を終えてるくらいなのでしょうか?
あと、音大(ピアノ専攻)目標だとどれくらいでしょうか?

教えてください。。<m(__)m>

Aベストアンサー

ピアノ講師です。

・練習曲は
バイエル→ブルグミュラー→チェルニー30→40→50、ショパンエチュ-ド

・曲は
ブルグミュラー終了あたりから
ソナチネアルバム→モーツァルトソナタ→ベートーヴェンソナタ

・バロックものは
ブルグミュラー終了あたりから
バッハインヴェンション→シンフォニア→平均律

そのほかにもさまざまな、作曲家のものを
レベルに合わせて弾いていくと良いでしょう。

趣味で習われている方なら
高校生でモーツァルトソナタあたりまで弾ければ
レーパートリーも増えて
大いにピアノを楽しめるでしょう♪
たいしたものです!

音大レベルになると
ブルグ、ソナチネアルバムは小学校低学年には終了させ、
モーツァルトソナタに入ります。
同時にバッハインヴェンションも練習を始めます。
高校生ではもうベートーヴェンソナタに入っていないといけません。

受験は
ベートーヴェンソナタ、バッハ平均律は必須ですから。

今はたくさんの教材があるので、生徒に合わせて
使用されるのではないでしょうか?
ギロック、バーナム、バスティン、キャサリン~などあります。

音大志望の場合は、昔の上記のような道をたどるのが殆どです。

ピアノ講師です。

・練習曲は
バイエル→ブルグミュラー→チェルニー30→40→50、ショパンエチュ-ド

・曲は
ブルグミュラー終了あたりから
ソナチネアルバム→モーツァルトソナタ→ベートーヴェンソナタ

・バロックものは
ブルグミュラー終了あたりから
バッハインヴェンション→シンフォニア→平均律

そのほかにもさまざまな、作曲家のものを
レベルに合わせて弾いていくと良いでしょう。

趣味で習われている方なら
高校生でモーツァルトソナタあたりまで弾ければ
レーパートリーも増えて
...続きを読む

Q『子犬のワルツ』の難易度について教えてください。

こんにちは!!
私は今度ピアノの発表会で『子犬のワルツ』を弾くのですが、その曲は平均で何歳(初めて何年目)くらいに弾ける曲でしょうか??
私の男友達は小4くらいの時から弾いていたような気がして、遅れているのかなと思い、少し心配です。
まだ弾き始めてから3日目ですが、なんとかすべて通して弾けるようになりました。しかし、上手く弾けないので、コツも教えてくれたら嬉しいです。
【私は中2で、大勢でやるピアノ教室(ヤマハみたいな)を3歳から始め、ピアノを本格的に始めて8年目です。】
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

他の方の回答と重なる所がありますが、「難易度」や「平均」と一口に言っても、たとえば楽譜などに書いてあるものは目安でしかなく、どんなふうに弾きたいか、どのレベルまで持っていきたいか、あるいは弾く人にとって得意な種類の曲か苦手な所の多い曲か、などによると思います。miho0111さんは、「子犬のワルツ」、好きですか?もし好きでしたらその気持ちを大事にして、楽譜に書いてある難易度や、他の人が何年生(ピアノをはじめて何年目)で弾いたかとか、そういうことはあまり気にしなくていいのではないかなと思います。

コツ、ですが、他の方も書いていらっしゃるように、リズムや曲の流れ(弾んでいる所や流れている所とか)にノって弾くこと。それから、細かい音符も多いのでそういうところを丁寧に練習するといいと思いますよ。

楽しんでがんばってください。

Qこのピアノ進度って・・・

ピアノを習って3年半になる娘のことで質問します。
娘は、5歳からピアノをはじめました。本人はそれなりにピアノが好きなようで、一応毎日練習をし(ほんの3、40分ですが)毎週出る課題もちゃんとやっているようです。最近になってピアノの先生から、カ●イのグレードテストを受けてみましょうといわれ、課題曲の楽譜をもらってきたのですが、この楽譜を見てびっくり、バイエル65番でした。今まで娘のピアノに関しては、特に疑問もなかったのですが、3年以上もやってるのにまだバイエル65番?とショックを受けました。娘は、普段、バイエルは使っておらず、教本は、今はバスティンのピアノレベル3と、ドレミ楽譜出版のピアノひけるよシニア3を使っています。これがバイエルや、その他の教本のどれぐらいにあたるのか分らなかったのですが、3年以上やってまだバイエル半分って・・これってこの年頃の子としてどんな進み具合なのでしょうか?娘に力がないから遅いといえばそれまでなのですが、私も若干ピアノがひけるのですが、娘はそれなりに頑張って取り組んでいるように見えるし、先生からも、(リップサービスかもしれませんが)教えがいのある子といっていただいています。でもこの位やってまだバイエル65なんて、小市民の我が家にとって、決して安くないお金を払って通わせてるのに、もう少し効率良くというか、さッさっと進めてもらえないんだろうかなどと思ってしまいます。決して教育ママ的考えで何がなんでもさっさと進めというのでなく、この進度ってどうなのぉ?という単純な疑問なのですが、お答えをよろしくお願いします。また、カ●イグレードってどうなのでしょう?わざわざ高い受験料を払っても受ける価値ってあるのでしょうか?こちらもよければあわせてお答えをお願いします。

ピアノを習って3年半になる娘のことで質問します。
娘は、5歳からピアノをはじめました。本人はそれなりにピアノが好きなようで、一応毎日練習をし(ほんの3、40分ですが)毎週出る課題もちゃんとやっているようです。最近になってピアノの先生から、カ●イのグレードテストを受けてみましょうといわれ、課題曲の楽譜をもらってきたのですが、この楽譜を見てびっくり、バイエル65番でした。今まで娘のピアノに関しては、特に疑問もなかったのですが、3年以上もやってるのにまだバイエル65番?とショックを受けまし...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちはmikemamaさん^^
お嬢様、レッスン頑張っておられますね^^
ピアノを指導しているものとしてです。
バスティンの3ですか、難しいですね^^
バスティンをテキストの通りきっちり進んでおられるのでしたら、かなりの実力があると感じます。
そうではなく、曲をただ進めておられるのかで、評価が少し変わってくるかもしれませんが、今回はカ○イのグレードを受けられるとの事ですね^^
カ○イのグレードも、ヤ○ハのグレードもですが、子ども対象のグレードは、ほぼ落とすと言うことは無いはずです。
なぜなら、グレードで落ちてしまって音楽が嫌いになってしまっては、元も子もないからです。
自信とやる気を出させるためのものが、子ども対象(指導者のためのものでない・・・と言う意味です)
のグレードです。そのため、いざ指導者のグレードを取得するときに、苦労することもありますが・・・・(笑)
それとは、意味が違うので、安心してグレードを受けてください。
そこで、レベルがバイエル65番と言うことですね。
確かに、今されているテキストよりはかなりかんたんだと思います。しかし、No.1の方の仰ってる通り、いくら落とされることは無いといっても、余裕を持って受けることと、ドキドキして受けるのでは、評価もかわってくるのでは?^^
きっと、先生は少し余裕を持ったグレードから。。。と思われたのではないでしょうか?
本当は、もっと上級のグレードを受けられるのでしょうけれども、全く初めてのグレード受験のときは、少し、グレートを下げて受けていただくことはあります。ただ私の場合は、そのときはその旨を保護者の方に告げて、ご理解をしていただいた上での受験としています。
決して、実力が無いからだとは思わないでいただきたいと思います。
それと、私は少しNo.1の方とは違う見方をしています。
>大体、皆は小学校いっぱいで辞めますよね。そこか らは音高や音大希望の人もいます。<
と、No.1の方は仰っていますが、それは違うと思います。
長く続けることの大切さ、音楽の楽しみを感じておられるのなら、小学校卒業のときにピアノも卒業なんてことは、無いです。
塾やクラブそして、お勤め等忙しさはそれぞれの方が感じておられます。それでも、多くの方はほとんどが小学校を卒業されても続けておられますよ^^
もちろん、ほとんどのかたが趣味としてです^^
中には、音楽の道に進んでいってくれた生徒さんもおられますが・・・うれしいかったですヾ(*~~*)ノあはっ
あ。。。。話がそれてしまいました\(__ ) ハンセイ
ピアノは歴史のある楽器です、でもこんなに、いろんなジャンルを楽しめる楽器はそんなに無いと思います。
No.1さんが、仰るように
>私が伝えたい事・・「楽しみながらやって欲しいです。」<
これは、その通りです。
まだまだ、先は長いです。
ご家族の方の励ましの言葉ほどお嬢様の心に響く言葉は無いと思います。
一緒にレッスンをするつもりで、お嬢様のピアノを聴いてあげていてくださいね^^
お嬢様そして、mikemamaさん頑張ってくださいね^^

こんにちはmikemamaさん^^
お嬢様、レッスン頑張っておられますね^^
ピアノを指導しているものとしてです。
バスティンの3ですか、難しいですね^^
バスティンをテキストの通りきっちり進んでおられるのでしたら、かなりの実力があると感じます。
そうではなく、曲をただ進めておられるのかで、評価が少し変わってくるかもしれませんが、今回はカ○イのグレードを受けられるとの事ですね^^
カ○イのグレードも、ヤ○ハのグレードもですが、子ども対象のグレードは、ほぼ落とすと言うことは無いはずです...続きを読む

Q90年代:ピアノ教本の進度(音大を目指さない場合)

1990年代、幼稚園~高校生期に地方の個人教室でピアノを習っていました。
音大進学を前提としない場合です。
最近、興味があって調べたのですが、
幼稚園でブルグミュラー、小学生でバッハ・ソナチネ⇒モーツァルトソナタ、それ以降はベートーベンソナタ、ショパン等を…というのが
一般的なのでしょうか?

私、姉、一緒に習っていた友人の場合をmixした結果
私の通っていた教室での目安はこんな感じでした。

幼稚園:バーナム等ごく初心者向けの教本
小学生(低~中学年):バイエルor同等の教本+ハノン+ツェルニー
小学生(高学年):ブルグミュラー+ハノン+ツェルニー
中学生:ソナチネ+バッハ
高校生:ソナタ+バッハ

私は小学校高学年からソナチネに入り、中学生後期にソナタに入ったので、
当時、先生からは「普通より早く進んでいる」と言われていましたが、
今となってはそれでもずいぶん遅れていたのでは?と疑問に思っています。

小学校高学年期に地域のピアノ教室合同の勉強会に行ったことがあるのですが、
他の教室の生徒の進度も、だいたいウチの教室と同じようなものでした。

【質問1】
1990年代に、ピアノ教室に通っていた方、
あなた様の教室の教本の進度はどのような感じでしたか?

また、お恥ずかしい話ですが、
高校卒業時に教室を辞めた時点で「エリーゼのために」を弾いたことがありませんでした。
他に、難易度を問わずとも有名なクラシック・ピアノ名曲といえるようなものは何ひとつ弾いたことがありませんでした。
「ソナタ・アルバム1」で終わったので、ベートーベンの三大ソナタなども弾けませんし、ショパンの曲も一曲も弾けません。
コンサートに行ったり、家にあったCD等を聞き「この曲何度も聞いたことがある…」と思っても、タイトルや作者をいっこうに覚えることができませんでした。
「幼稚園の時に子犬のワルツを弾いた」とか「小学生の時、発表会で悲愴を弾いた」というネット上の書き込みを見て、驚きました。
【質問2】
そういった有名どころの曲は、ひととおりピアノ教室で教えてもらうものなのでしょうか?
【質問3】
長くピアノ教室に通っている子は、代表的なピアノ曲のタイトルや作者を覚えているものなのでしょうか?

通っていた教室では一年に一回発表会がありましたが、
ショパンのワルツやベートーベンソナタあたりは、
たまに高校生が弾いていましたが(私は高校生期は発表会には参加していません)、
中学生までの子は映画の挿入歌とか、ポップス調の曲をもらうことが多かったです。

以上、皆さんのお考えやご自身の経験などと合わせてご返答いただけますと幸いです。
よろしくお願いします。

1990年代、幼稚園~高校生期に地方の個人教室でピアノを習っていました。
音大進学を前提としない場合です。
最近、興味があって調べたのですが、
幼稚園でブルグミュラー、小学生でバッハ・ソナチネ⇒モーツァルトソナタ、それ以降はベートーベンソナタ、ショパン等を…というのが
一般的なのでしょうか?

私、姉、一緒に習っていた友人の場合をmixした結果
私の通っていた教室での目安はこんな感じでした。

幼稚園:バーナム等ごく初心者向けの教本
小学生(低~中学年):バイエルor同等の教本+ハノ...続きを読む

Aベストアンサー

ちょうどその頃からピアノの指導を始めました。
進度としては、1番の方のものと一番近い形が多いかもしれません。ちょうど初歩教材がたくさん出てきた頃でもあり、現場は混乱していました。

大手の教室に在籍していた方の場合は、大手の指定教材がありますので、あまりこういうった進度が参考にならないケースもあります。
また、進度は、本人のやる気、家庭環境(ピアノがなくてレッスンを始める子が増えたのも、この頃からかもしれない、と、以前先輩先生と話をしたときに伺いました)などによっても変わってきます。部活動を第一、ピアノはその次という子は練習時間も短いですし、中学受験をする場合も小4くらいからピアノのペースを落とすこともあります。

ちなみに、当時の私の生徒は、なぜか「小学校を卒業したらピアノはやめる」という子が多く、ソナチネまでも行けない子も多かったです。なぜそうなのかが当時は分からなかったのですが、受験ではなく、生徒の通う中学の部活が厳しいため、ピアノまでやっていられなかった…からでした。


質問1の場合は、その人が特別早熟だったか、あるいはアレンジもの(または抜粋、子犬のワルツならテンポがかなり遅いとか)などではないでしょうか?

質問2ですが、私は有名な曲はあまり弾いていません。エリーゼは中学のとき勝手に譜を読んで弾いていました。教材の中に出てこない場合は特別取り上げることもないです。ただ、有名曲を弾きたい弾かせたい、という方が多い場合に対処したり、先生の方針もいろいろですので、「どうせ趣味なんだから有名曲が弾けたほうが」という考えの教室もあります。

質問3ですが、これは人によりますね。
私の生徒でも、覚えている子、覚えていない子、両方いました。

とにかく、教本の進度は教室の方針や生徒本人によって違います。またネットでは誇大表現をしている方もいるようですので、話半分に聞いておいたほうがいいかな…と、そういう書き込みを読んで感じることもあります。

ちょうどその頃からピアノの指導を始めました。
進度としては、1番の方のものと一番近い形が多いかもしれません。ちょうど初歩教材がたくさん出てきた頃でもあり、現場は混乱していました。

大手の教室に在籍していた方の場合は、大手の指定教材がありますので、あまりこういうった進度が参考にならないケースもあります。
また、進度は、本人のやる気、家庭環境(ピアノがなくてレッスンを始める子が増えたのも、この頃からかもしれない、と、以前先輩先生と話をしたときに伺いました)などによっても変わ...続きを読む

Qブルグミュラーの次の本は?

 子供の頃ブルグミュラーの途中でやめてしまい、独学で再開しました。

ブルグミュラーは イイ曲ばかりで練習も楽しいですが、完璧にとなると、まだまだ練習しないといけないレベルです・・・


  そろそろブルグミュラーの本が終わりそうなのですが、次に使う本は 何が一般的でしょうか?

独学なので、楽しく練習できる本の方がいいような気がしますが、上手になりたいので、いつかはまたピアノ習いたいと思っています。

 でもやっぱり子供の頃と比べると覚えも悪くて ダメですね・・・まだ20代後半ですが。。覚えるのに時間かかってしまいます。

  ブルグミュラーの次の本 教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。(長文になってしまったのでお時間のあるときにどうぞ。)

趣味で弾くのであればブルグミュラーと同じレベルのもので
ギロック叙情小曲集というのがあります。
最近よく使われていて曲も楽しいものが多いです。

少しレベルアップだとショパンのワルツ集がお勧めです。
子犬のワルツ、華麗なる大円舞曲など有名なものが入っています。
あとはご自身の好きな曲を弾くのがいいかと思います。

そしてここからレベルアップを目指すのであれば下記のものも参考にしてみてください。
ただし、ブルグミュラーのように楽しい曲というよりは修行になってきます。(^_^;)

教材はテクニック練習、曲集を平行して使うのが良いでしょう。

ピアノはバロック、古典、ロマン、近現代と4つの時代に分けられます。
そしてレベルに合わせてすべての時代の曲を学んでいきます。

中でも音楽の父バッハの曲はクラシックを学ぶ人は避けては通れません。
なのでインベンションとシンフォニアはぜひとも弾いて欲しいです。
ただこれは独学だと難しいのでこれを学ぶ場合は先生についたほうが良いと思います。


ご質問にあったソナチネですが、「ソナチネアルバム1」というものです。
いろんな出版社から出ていますが、一番メジャーなものは全音楽譜出版社です。

ソナチネアルバムは古典時代の色々な作曲家の曲が載っているので
古典時代の音楽を勉強するのにとても役立ちます。
一般的に非難される理由は右手がメロディー、左手が伴奏、と作りが安易で音楽性に乏しいからだと思います。
しかしこれは古典時代、そしてソナタ形式の特徴でもあると思うので一度は通ったほうが良いと私は考えます。

ソナタ系はソナチネアルバム1、2→ソナタアルバム1、2→作曲家ごとのソナタ
とレベルが上がります。
曲数が多く全部やるのは大変なので、たいてい何曲か抜粋して学びます。


テクニック本:ツェルニー20、100、30、40、50とレベルが上がっていきます。
ブルグミュラー終了であれば、30番からでいいと思います。

もう一つバーナムテクニックという本もお勧めです。
30番が難しそうと思ったらこちらでも良いと思います。
こちらは曲が短く、1曲に対して1つのテクニックの練習になっています。
私の場合、子供を教えるときはバーナムテクニック導入、1、2と使った後
ツェルニー20、30と使っています。
ブルグミュラー終了であればバーナムテクニック3または4あたりがいいと思います。

もっと先のことを言うとモシュコフスキー20の小練習曲(ツェルニー40レベル)
クラマービューロ60番(ツェルニー50レベル)
などもあるのでご参考になれば幸いです。

長々とまとまらない文章を書いてしまいましたが、
まとめると

趣味でやるならギロック叙情小曲集、ショパンのワルツ集、ご自身の好きな曲

レベルアップをしたいなら
ソナチネアルバム1とツェルニー30またはバーナムテクニック3or4
さらに先生につくならバッハのインベンション

といったところでしょうか。
他にもたくさんいいテキストがありますが代表的なものを選んでみました。

PS.トンプソンは日本版も出ていますよ。絵が日本の子供向きではないので私は使っていませんが。

No.3です。(長文になってしまったのでお時間のあるときにどうぞ。)

趣味で弾くのであればブルグミュラーと同じレベルのもので
ギロック叙情小曲集というのがあります。
最近よく使われていて曲も楽しいものが多いです。

少しレベルアップだとショパンのワルツ集がお勧めです。
子犬のワルツ、華麗なる大円舞曲など有名なものが入っています。
あとはご自身の好きな曲を弾くのがいいかと思います。

そしてここからレベルアップを目指すのであれば下記のものも参考にしてみてください。
ただし、ブルグミュラー...続きを読む

Qピアノの先生方に質問-練習曲の完成度

ブルグミュラー25の練習曲、チェルニー30番、100番などの練習曲は一般的には子供達(小学生)が弾く練習曲ですよね?でも、テンポもかなり速いですし、指が相当動かないと綺麗には弾けないし、ある程度ピアノを弾ける大人が弾いても結構難しいと思うのですがどうなのでしょうか?

ピアノを習っている生徒にもよると思いますが:
質問(1):一般的にこういう練習曲の完成度はどのくらいなのでしょうか?例えば、弾く速度は遅くても全体的に一定のテンポで弾ければいいとか、8分音符が綺麗に弾けていればパスするとか。はたまた楽譜どおりに弾けるまで弾かせるとか。
質問(2):1曲に掛ける時間はどのくらいなのでしょうか?(2週間、1ヶ月、3ヶ月等)
質問(3):その場合、生徒に期待する1曲に対する練習量はどのくらいですか?(1日15分で週5日等)

ブルグミュラーとチェルニーでは完成度などが違うと思いますが、具体的にお答え頂けると有難いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
ブルグミュラーはそれまでやっていた練習曲とは違い、アーティキュレーションや表現力、音楽用語の理解なども要求されるようになるので、その曲を理解した上で、テンポが遅くても○にしている曲もあります。
しかし、アラベスクやタランテラ等、比較的スピードを求められる曲では、指を鍛えるためにも、速く弾けるようにします。その曲の特徴によって、目標を変えます。譜読みを間違わない・突っかからない等ある程度の基準を満たしていればですが。

ただし、ツェルニーは、技法上達の目的がはっきりしていますので、ペダルを使わずきちんと弾けるように。
そして、あまりにも設定テンポが速すぎる場合もあるので、生徒さん個人個人に合わせた設定テンポを提示してそのテンポで弾けるようになるまで、なるべくやります。

(2)
こちらも生徒さんによって変えています。
とにかく数をこなして、譜読み力をつけたい。レパートリーを増やして慣れたい。
こんな方には、合格目標を、深すぎないところに設定し、流れや、読譜力などを主に勉強してもらいます。
その場合は、2週間から長くても1ヶ月かけます。
しっかり勉強して、音楽力や読解力、表現力を身につけた方が良いと判断した生徒さんには、1ヶ月普通にかけます。

生徒さんの性格にもあわせないといけませんよね。
飽きっぽい人に何ヶ月もかけられないし、
ゆっくり時間をかけてもコツコツできる人は、一曲でたくさんのことを学んでもらう為に時間をかけても構わないだろうし。早く終わりすぎても、何がなんだかわからないまま消化してはもったいないですから。

私が子供の頃、先生に言われたのですが、
私は同年代の他の子と比べ進むのが遅くて落ち込んでいたのですが、そるはあなたがたくさんのことを学べるからで、もっと深く出来ると思うから、時間がかかるのよ。
と言われて、元気が出たことがありました。


(3)
練習時間ですが、
生徒には、毎日5分でも良いからピアノに向かって。といっています。
しかし、やれる時は、今日はここまで出来るまでやる。とか、ここの部分を言われた通りに、三回中三回失敗しないように弾けるようになるまでやる。
とか、一つだけでも目標を持ってやろうといっています。

ただし、上を目指している子には、一日2時間以上しないと出来ないくらいの課題を与えていますので、これも個人差がありますよね。

(1)
ブルグミュラーはそれまでやっていた練習曲とは違い、アーティキュレーションや表現力、音楽用語の理解なども要求されるようになるので、その曲を理解した上で、テンポが遅くても○にしている曲もあります。
しかし、アラベスクやタランテラ等、比較的スピードを求められる曲では、指を鍛えるためにも、速く弾けるようにします。その曲の特徴によって、目標を変えます。譜読みを間違わない・突っかからない等ある程度の基準を満たしていればですが。

ただし、ツェルニーは、技法上達の目的がはっきりして...続きを読む

Qプロのピアニストに育てるには??

現在2人の子供がピアノを習っております。
下の男の子(現在6歳ピアノ暦1.5年)の演奏を
先生は『何か人を引き付けるモノを感じる』とおっしゃい
子供のピアノの才能について考える事があります。
今年はピティナコンペに出場し 全国には届かず
地区本線奨励賞で終わりました。
今までのレッスン環境での結果としてはここまで出来たら上出来でだと思って降ります。
今、子供の有るか無いか まったく分からない才能を伸ばすべきか??
について至極真剣に悩んでおります。
今後 個人レッスン5回/週 + グループレッスンに参加し
来年からは ピティナ と ショパコン に出場する予定にしております。
この世界(ピアノ)はとても厳しく
子供が自分の判断で動ける様になってから頑張ったのでは
とてもかなわない世界だと常々感じております
実際 私達の目標も
小学校2年生まで 上記コンペで全国上位入賞
3年生では 5・6年生のクラスで全国レベルに対応
4年生で 全日本学生音楽コンクール ピアノ部門で
一定の成果を残せる・・が目標です。
これでもピアニストには なれないかも知れません。
男子がピアノ一本で 生涯生活していくには
どこまで 登りつめなければ ならないのでしょうか?
相当厳しいと聞きます。
有名な海外の国際コンクールでも上位入賞しなければ
以降はフリーターとか・・・・
小学生のプロのピアニスト(女の子)の話を聞くと
その経歴はぞっとします。
やはり ピアノは御稽古事の1つと捕らえ
あまり深追いするべきでは無いのでしょうか?
もし有るなら(才能)今磨かないとダメだと思うのです。。。

現在2人の子供がピアノを習っております。
下の男の子(現在6歳ピアノ暦1.5年)の演奏を
先生は『何か人を引き付けるモノを感じる』とおっしゃい
子供のピアノの才能について考える事があります。
今年はピティナコンペに出場し 全国には届かず
地区本線奨励賞で終わりました。
今までのレッスン環境での結果としてはここまで出来たら上出来でだと思って降ります。
今、子供の有るか無いか まったく分からない才能を伸ばすべきか??
について至極真剣に悩んでおります。
今後 個人レッスン5回/週 + ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
 ピアニストとして生活するということは、ショービジネスに飛び込むんだということを認識すべきだと思います。つまり、演奏者・演奏自体・見せ方に魅力があるか、またそれをお金を出して見たり・聞いたりする人がどれほどいるのかということです。免許を取るのと違うのですからコンクールで優勝なんて、結局はどうでもいいことです。
残念ながら日本ではクラッシックのショービジネスの土壌はありません。演奏者を見ても売れるのは美人で売るか、演奏のすごさで売るかです。演奏のすごさといっても、ど素人でも分かるすごさです。つまり、すごく指が速くうごくとか激しい演奏だとかで、上原なんとかさんのように結局は曲芸のような弾き方をしないと日本ではうけませんよね。
 また、ピアノのショービジネスで生きるとすれば、世界でピアノコンサートをする人と、場末の酒場で演奏する人も同じ世界にいることも考えるべきだと思います。
 結論としては日本ではリスクをとるほど旨みのあるチャレンジとは思えません。ただ旨みはなくともピアノを弾いているのが幸せという人もいますので、それ以上は本人次第だと思います。

こんにちは
 ピアニストとして生活するということは、ショービジネスに飛び込むんだということを認識すべきだと思います。つまり、演奏者・演奏自体・見せ方に魅力があるか、またそれをお金を出して見たり・聞いたりする人がどれほどいるのかということです。免許を取るのと違うのですからコンクールで優勝なんて、結局はどうでもいいことです。
残念ながら日本ではクラッシックのショービジネスの土壌はありません。演奏者を見ても売れるのは美人で売るか、演奏のすごさで売るかです。演奏のすごさといっても...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング