今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

重力加速度ってどういう意味ですか?1秒ごとに
速度が速くなるんですか?素人にわかりやすくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この世は誰が作ったのか、不思議な自然法則があって、「ニュートン」と言う方が発見されました。

「万有引力の法則」です。
まっ、発見しなくても存在しているのですが・・・。

つまり、質量のあるものには何でも働く力で、引き付けるだけしかしません。反発は今のところしていないようです。

地球は自転しています。つまり「遠心力」がかかっています。
「引力」と「遠心力」の合力を「重力」と言いますが、赤道上と極では遠心力のかかり方がちがうので、重力には場所によって多少の差があります。他の方が回答されているように、微々たるものですが。

この「重力」とは、物を一定の力で引き付ける作用をします。
たとえば自転車に乗って、ペダルを一定の力で踏み続けると、自転車はだんだんと速度が上がってきますよね。そのペダルを一定の力で踏む力が「重力」なわけで、自転車が進む方向が落ちる方向と考えると少しわかり易いと思います。
一定の力をかけ続けると、物はどんどん速く動きます。(摩擦は無視します)
「重力加速度」って、「重力」によって「加速」される「度合い」であり、地球上では一般的に、「9.8m/s^2」と言われています。
単位の分母がs^2になっているから、直感的にわかり辛いですが、わかり易くバラすと、「毎秒、秒速9.8mずつ速くなる」と言う「度合い」を意味しています。

つまり「重力」と言う一定の引き付ける力で物を引っ張ると(落とすと)、1秒後は秒速9.8mの速さになり、2秒後はさらに秒速9.8m速くなるから9.8+9.8で秒速19.6mになり、3秒後はまたさらに秒速9.8m速くなるので、9.8+9.8+9.8で秒速29.4mになり、4秒後は・・・となるわけです。

地球の重力と言う一定の力で物を引き付けると、1秒ごとに、秒速9.8mずつ増えていく(加速していく)ので、そのときの加速度を「重力加速度」と言い、値は9.8となり、「1秒ごとに秒速○○m増える」と言うことで、単位が「m/s^2」になるわけです。

ちなみに余談ですが、地球の重力加速度を使って物を落とし続けると、354日後には光の速さになります。あくまで計算上でです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

わかりやすい解説どうもありがとうございました!
色々と勉強になります。

お礼日時:2008/03/27 21:12

fuuraibou0 ですが、東京タワーのてっぺん(333 m)から物を落とすと、


約8.2秒かかり、
地上に達したときの速度は、9.8×8.24=80.75(m/秒)です。
つまり、平均の速度は、40.37(m/秒)で、40.37(m/秒)×8.24(秒)≒333(m)になります。
だから、落下距離 h (m) は、地上に到達した時の速度 V を 2 で割って、平均速度 (V/2) に地上へ到達したときの時間 t (秒)をかけた値で、h=(V/2)t ですが、V=9.8×t で、h=4.9×t^2 でもあります。

なお、これは地球上の話ですが、月では重力の加速度が地球の(1/6)で、1.6(m/秒^2)になり、地球よりもゆっくりと落下します。
    • good
    • 0

こんばんは。



>>>1秒ごとに速度が速くなるんですか?

大体そんな感じです。
1秒ごとに、下向きの速度が、9.8m/s(秒速9.8メートル)ずつ増えていきます。

東京タワーの上でなくてもよいのですが、
どっか高いところから速度ゼロでスタート(物体から手を離す)すれば、
1秒後の下向きの速度が9.8m/s
2秒後の下向きの速度が19.6m/s
3秒後の下向きの速度が29.4m/s
・・・・・
となっていきます。


どっか高いところで、物体を真横に投げると、
横方向の速度は(空気抵抗を無視すれば)ずっと一定。
下方向の速度は、上記と同じで
1秒後の下向きの速度が9.8m/s
2秒後の下向きの速度が19.6m/s
3秒後の下向きの速度が29.4m/s
・・・・・
となっていきます。


物体を真上に19.6m/sで投げれば、
1秒後は上向きに9.8m/s
2秒後は停止
3秒後は下向きに9.8m/s
4秒後は下向きに19.6m/s
5秒後は下向きに29.4m/s
・・・・・
となっていきます。


物体を斜め上に投げ上げ、
その、投げ上げた瞬間の、上方向の速度が19.6m/s、横方向の速度が5m/sであれば、
1秒後は上方向に9.8m/s、横方向に5m/s
2秒後は横方向だけに5m/s
3秒後は下方向に9.8m/s、横方向に5m/s
4秒後は下方向に19.6m/s、横方向に5m/s
5秒後は下方向に29.4m/s、横方向に5m/s
・・・・・
です。
このとき、物体の位置(物体の速度ではありません)の軌跡は二次関数のグラフそのものになります。
ですから、二次関数のグラフは「放物線」と呼ばれます。

ちなみに、
「放物線」は英語で parabola と言いますが、これは、衛星放送を受信するのに使うパラボラアンテナの語源になっています。
パラボラアンテナのお皿の断面は、二次関数のグラフになっているんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常におもしろい回答ありがとうございます!
かなり勉強になります。

お礼日時:2008/03/27 20:52

昭和33年にできた高さ333mの東京タワーのてっぺんから、物を落としたら、どんな重い物でも、1秒後の速度が9.8(m/秒)、2秒後に 2×9.8=19.6(m/秒)、3秒後に 3×9.8=29.4(m/秒)になります。

このときの1秒ごとに 速さが加速される割合、9.8{(m/秒)/秒=m/秒^2} が重力の加速度です。

といっても、これは地球上での話で、同じ地球上でも、赤道は 9.80 ぐらいで、北極では 9.81 ぐらいなので、平均したら 9.806 ぐらいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。でも本当にそんなに
早く落ちるものなんですか!?

お礼日時:2008/03/26 03:45

加速度の説明のために、まず速度の説明をします。


速度は、時間当たりどれだけ移動したかを表す割合です。
従って、速度が0であれば全く移動しないことになります。

加速度は、時間当たり、どれだけ速度が変化したかを表す割合です。
従って、加速度が0であれば速度の変化がないことになりますから、
一定速度ですし、
加速度が0より大きければ、速度がどんどん早くなっていくことになります。

地球の重力によって発生する加速度のことを、特に重力加速度と呼びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少し意味がわかりました!ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/26 03:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重力加速度

1G=9.8m/s2と言われていますがこれはどういう式ですか?自然落下した場合1秒後では9.8m進み2秒後3秒後また4秒後にはどれだけ進んでるのでしょうか。

Aベストアンサー

>自然落下した場合1秒後では9.8m進み

いえ、そうではなくて、
「1秒後に9.8m/秒の速度に達する」
ということです。
2秒後 19.6m/秒
3秒後 29.4m/秒
4秒後 39.2m/秒
 :

距離は、1/2×9.8×t(秒)^2となります。
1秒後 4.9m
2秒後 19.5m
3秒後 44.1m
4秒後 78.4m
 :

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q重力とはなんでしょうか?

ふと、重力について気になりました。
手元の本を持ち上げ、離すと地面に落ちますが、
ひもで引っ張られたわけでもなく、磁力で引っ張られて
いるわけでもありません。

一体、何故、本は落ちるのでしょうか?
万有引力とは、一体どういう原理の力なのでしょうか?

Aベストアンサー

ひもでひっぱるのも,磁力でひっぱるのも,重力でひっぱられるのも,
それらは全て同じように「遠隔に働く力」によるものです.

ひもでモノひっぱると持ち上がるのは,紐とモノの原子・分子の間に
電気的な力が働く(クーロン力)からです.

ほっぺたをたたいていたいのも,手のひらの分子が
ほおの分子を電気的に反発させて押すからです.

従ってまず,「遠隔に働く力が普通のこと」だとの認識が必要です.

次に「なぜ」ですが,
どういう仕組みで落ちるか,は理論物理でいま頑張られているところです,
超弦理論は重力の仕組みを説明する可能性のある理論のひとつです.
でも「なぜそういう力が存在するのか」は,現在の物理の課題にはなりにくいと思います.
しかし重力の仕組みが解明されれば,こういう必然性があって
この程度の大きさの力として現れる重力があるのだ,と説明される可能性もあります.

物理は多くの「なぜそうなるのか」に答えてきましたが,
その都度「なぜそうなるようにそうなるのか」と言う疑問が次々に湧いて来ました,
ひとつずつ進んでいるところだと思います.

重力や電磁気力などがなぜこのような大きさの力で働くのか?については,
それぞれの定数がなぜその大きさになっているか,に関係があります.
これらの力に大きく関与する定数で無次元化したものが「微細構造定数」で,
現在の我々の宇宙の微細構造定数は「うまくできている」ような大きさになります.

それはなぜか?

まだ仮説である理論に基いて書かれたSFチックな文章を下記に示しておきます.
壮大な結論が待っていますよ.

http://homepage3.nifty.com/iromono/hardsf/darwinuniv.html
http://homepage3.nifty.com/iromono/hardsf/index.html

参考URL:http://homepage3.nifty.com/iromono/hardsf/darwinuniv.html,http://homepage3.nifty.com/iromono/hardsf/index.html

ひもでひっぱるのも,磁力でひっぱるのも,重力でひっぱられるのも,
それらは全て同じように「遠隔に働く力」によるものです.

ひもでモノひっぱると持ち上がるのは,紐とモノの原子・分子の間に
電気的な力が働く(クーロン力)からです.

ほっぺたをたたいていたいのも,手のひらの分子が
ほおの分子を電気的に反発させて押すからです.

従ってまず,「遠隔に働く力が普通のこと」だとの認識が必要です.

次に「なぜ」ですが,
どういう仕組みで落ちるか,は理論物理でいま頑張られているとこ...続きを読む

Q重力加速度gと重力mgのmの単位ってなんでもいい?

あるものの速さや位置エネルギーを出すときに(等式ではなくて単位が影響する)はm(質量)の単位は決まっていますか?重力加速度の定義について知りません

例えばある物体の質量は10kg、重力の及ぼす力はmgだから9.8×10=98【N】
つまり重力加速度の単位はm/s^2と同時にN/kgってことだよね?
そこで質量10000g=10kgの物体に重力が及ぼす力をgのままmg=Fに代入すると98000Nでぜんぜん違う
と言うことは重力加速度は単位をkgに直してから使えってことですよね。

ちなみにN/1000g=10^-3N/gがg用の重力加速度ってことか!

Aベストアンサー

 力学で使われるのがMKS単位系です。m(メートル)、kg(キログラム)、s(秒)が基本的な単位です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MKS%E5%8D%98%E4%BD%8D%E7%B3%BB

 N(ニュートン)は、基本的な単位を使った組み立て単位と呼ばれるもので、kg・m/s^2となります。

 たとえば、N/kgはm/s^2となりますから、確かに加速度の単位となっています。

 実際の数値計算を行う時、Nはkgを使った組み立て単位ですから、グラム(g)での数値を使ってしまうと正しい計算結果となりません。仰るように、もしグラム単位の数値であれば、それをkgに直してから計算する必要があります。

 しかし、力学だけでもMKS単位だけでなく、CGS単位系というのもあります(基本単位はcm, g, s)。こちらの方が、古くからあり、使われる場合もあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/CGS%E5%8D%98%E4%BD%8D%E7%B3%BB

 さらに電磁気学で必要な電流を単位に加えたMKSA単位系があります(MMKS単位系にアンペア:Aを加えたもの)。

 これをさらに拡充して、各国共通で使う取り決めがなされたのが国際単位系(SI単位系)があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E5%8D%98%E4%BD%8D%E7%B3%BB

 その他に、工学や技術では、重力単位系というものもあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%8D%E5%8A%9B%E5%8D%98%E4%BD%8D%E7%B3%BB

 どの単位系を使うにせよ、その単位系の基本となる単位で計算するよう、注意する必要があります。

 また、個人独自の単位系を考案して使うことが便利であったりすることもありますが、他の人へ伝えたりする場合は、上記でご紹介したよく知られた単位系に直すことも必要でしょうね(実は、体積にcm・m^2なんてものを使ったりしたことがありますが、もちろん他人にはm^3に直して伝えていました)。

 力学で使われるのがMKS単位系です。m(メートル)、kg(キログラム)、s(秒)が基本的な単位です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/MKS%E5%8D%98%E4%BD%8D%E7%B3%BB

 N(ニュートン)は、基本的な単位を使った組み立て単位と呼ばれるもので、kg・m/s^2となります。

 たとえば、N/kgはm/s^2となりますから、確かに加速度の単位となっています。

 実際の数値計算を行う時、Nはkgを使った組み立て単位ですから、グラム(g)での数値を使ってしまうと正しい計算結果となりません。仰るように、もしグラム単位...続きを読む

Qmin-1の意味は?

回転数とは思うのですが、min-1はどういう意味で、また何の略で、どう読むのでしょうか。

RPMであれば、round per minutesで
1分間の回転数という意味ですよね。

min-1とRPMはイコール(=)なのですか?
またなぜー1とつけるのでしょうか。

分かる方、お願い致します。

Aベストアンサー

#1の方の回答の通りですが、ちょっと補足めいたことを。

読み方は「まいふん」だと思います。そう言ってます。

rpmは[revolutions per minute]1分間あたりの回転数ですね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=rpm
もしかすると「round」という言い方もあるのかもしれませんので否定はしませんが、
「revolutions」と言う場合が多いと思います。

で、なぜRPMを使わないかというと、
単位の表示方法を世界的に統一しようという動きがあり、(SI単位系を使おー)
「revolutions」は「回」という、それを表す単位がSI単位系に無いため、
RPM → min^-1 となります。

天気予報の気圧を表すミリバールという単位がヘクトパスカルになったのも
SI単位系を使おーという動きのためです。

インチ、ポンド、フィートなども使うのを避ける方向になっています。

Q質量と重量の違いは?

質量と重量の違いは具体的にどういう違いがあるのですか?
わかりやすい例えなどあればお願い致します

Aベストアンサー

1.
質量は物体固有の量なので、その物体がどういう環境にあっても質量は変わりません。地球上で質量1[kg]の物体は月面でも、無重力の宇宙空間でも質量は1[kg]です。
2.
重量(重さ)は物体に重力(引力)が作用することによって生じる「力」のことです。したがって、引力が変われば重量も変わります。月面での重量は地球上での重量の1/6になりますし、無重力の宇宙空間では重量は0になります。
なお、地球上で1[kg]のものは月面では1/6[kg]になるというのは正しい表現ではありません。地球上で1[kg]のもの(質量) は月面でも1[kg]です。(単位については6.参照)
3.慣性質量
無重力で浮かんでいる物体を動かそうとすれば、力を加えなければいけません。加える力の大きさは物体によって違います。動かすのに大きな力が必要な物体が質量が大きいのです。したがって、質量は動かしにくさの程度を示すものです。
4.
物体に重力(引力)が作用することによって生じる「力」は質量に比例します。重力が作用して大きい力(重量)が生じる物体が質量が大きいのです。
これが、質量と重量を混同する原因になったのだと思います。
5.
慣性質量=重力質量です。
6.
質量の単位は[kg]です。質量と重量は違うので、重量の単位は[kg]ではありません。一般社会では慣用的に重量の単位にも[kg]を使っていますが、工学的には区別するために[kg重]、[kgf]、[kgw]などを使うこともありました。重量の正しい単位は力の単位[N](ニュートン)です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AA%E9%87%8F

1.
質量は物体固有の量なので、その物体がどういう環境にあっても質量は変わりません。地球上で質量1[kg]の物体は月面でも、無重力の宇宙空間でも質量は1[kg]です。
2.
重量(重さ)は物体に重力(引力)が作用することによって生じる「力」のことです。したがって、引力が変われば重量も変わります。月面での重量は地球上での重量の1/6になりますし、無重力の宇宙空間では重量は0になります。
なお、地球上で1[kg]のものは月面では1/6[kg]になるというのは正しい表現ではありません。地球上で1[kg]のもの(質量) ...続きを読む

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q速度と加速度の違いって何ですか?

速度と加速度の違いって何ですか?
教科書見てもイマイチ良く分からないので質問させてもらいました
物理はイメージが大事らしいので、何かイメージできるような例をあげてもらえれば嬉しいです

Aベストアンサー

こんにちは。

一言で言えば、速さや進行方向が変わるとき、その変わり方の大きさと変わる方向が加速度です。

直線運動の場合は簡単で、速さが変わるとき、その変わり方の大きさが加速度です。
速くなるときはその進行方向に対してプラスの加速度、遅くなるときは進行方向に対してマイナスの加速度です。

イメージとしては、毎年の貯金残高が速度。1年当たりの利息が加速度です。

1.
クルマや電車に乗っていると、道路や線路が真っ直ぐでしかも速さが一定だと、止まっているのと同じに感じますよね?
それを「等速直線運動」と言います。(基本)
最も重要なのは、等速直線運動以外の運動は、すべて加速度があるということです。

2.
クルマや電車を停止状態からある速さまで持っていくとき、乗っている人は後ろに押される感じがしますよね。それは、クルマや電車が前方に加速度を持った状態です。
また、ブレーキをかけると、乗っている人は前に押される感じがします。それは、クルマや電車が進行方向と逆方向に加速度を持った状態です。
なお、クルマ・電車の加速度の方向と乗客が感じる力の方向が逆なのは、作用反作用の法則によるものです。

3.
高いところから物を落とすと、落ちるスピードは時を追うごとにだんだん速くなります。これも加速度があるからです。

4.
地球の周りを月が、太陽の周りを惑星が回っています。これは、中心方向に加速度を持っているからです。(ちょっと難しいですけれどもね。)

5.
路面が濡れたり雪が積もったりしていると、直線よりカーブの方が滑りやすいですが、これは中心方向の加速度を担っているのがタイヤと路面の摩擦であるため、摩擦力が小さくなると曲がった進路を保つことができなくなるからです。

こんにちは。

一言で言えば、速さや進行方向が変わるとき、その変わり方の大きさと変わる方向が加速度です。

直線運動の場合は簡単で、速さが変わるとき、その変わり方の大きさが加速度です。
速くなるときはその進行方向に対してプラスの加速度、遅くなるときは進行方向に対してマイナスの加速度です。

イメージとしては、毎年の貯金残高が速度。1年当たりの利息が加速度です。

1.
クルマや電車に乗っていると、道路や線路が真っ直ぐでしかも速さが一定だと、止まっているのと同じに感じますよね?
それを...続きを読む

Q斜面を転がる物体の加速度aについて 斜面を転がる物体は質量mに関係なく、重力加速度g=9.81(m/

斜面を転がる物体の加速度aについて

斜面を転がる物体は質量mに関係なく、重力加速度g=9.81(m/s^2) と斜面の角度θによって決まる。
って事ですが、

自由落下の加速度も質量mに関係なく自由落下の加速度gは一定。

ですが実際に高い位置から、重い物と軽いもを落とすと、重い方が落ちます、それは実際には空気抵抗などが関係してるため。と聞いたことがあります。

だったら実際に斜面を重い物と軽い物を転がすとすると、
実際は摩擦力と空気抵抗の関係で重いものが速く転がって、軽いものは遅く転がるのでしょうか?

摩擦力や空気抵抗を考慮して加速度を計算した場合、実際に近い加速度がわかると言うことでしょうか?

もしそうなら、空気抵抗の計算は良くわからないので、摩擦力だけを考慮したらどういった加速度の計算式になるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、誤解があるようです。
重い物体の方が軽い物体より速く落ちるわけではありません。
空気抵抗の大きさによっては、軽い物体の方が速く落ちます。
多分、「重い物体」を鉄の玉、「軽い物体」を羽毛や紙、とした説明を聞いたのだと思います。
この場合は、羽毛や紙の方が、空気抵抗の影響を大きく受けますので、したがって、ゆっくり落ちます。
でも、「重い物体」でも空気抵抗の影響が大きい形状をしているならば、必ずしも速く落ちるとは言えません・・・まあ、羽毛や紙よりかは速く落ちるでしょうけれど(^^;)
それから、斜面の場合でも一概には言えません。
全く摩擦の無い斜面ですと、物体は加速g・sinθ (θは斜面の傾き角)で滑り降りますが、
摩擦がある場合、物体と斜面の間で滑りが起こる場合と起こらない場合で加速度が異なってきます
  滑りが無い場合:加速度 (2/3)g・sinθ ただし、物体の形状が球のとき
  滑りがある場合:加速度 g(sinθ ー μcosθ) μ:動作摩擦係数 μの値は、物体と斜面の材質で決まります。
そんなわけで、重い物が速く転がって、軽い物が遅く転がるとは言えません。
例えば、斜面との摩擦が大きいゴム製の直方体と摩擦の小さい紙で作った同じ大きさの直方体
を斜面上において、同時に手を離したとします。
ゴム製の直方体は摩擦が大きくて、斜面上で静止し、
紙製の直方体はスーッと斜面上を滑り落ちていく、なんて事もあります。
確かに、斜面の実験で重力加速度を求めることは可能ですが、実験上の様々な事柄を考慮しないと、求めることはできません。

まず、誤解があるようです。
重い物体の方が軽い物体より速く落ちるわけではありません。
空気抵抗の大きさによっては、軽い物体の方が速く落ちます。
多分、「重い物体」を鉄の玉、「軽い物体」を羽毛や紙、とした説明を聞いたのだと思います。
この場合は、羽毛や紙の方が、空気抵抗の影響を大きく受けますので、したがって、ゆっくり落ちます。
でも、「重い物体」でも空気抵抗の影響が大きい形状をしているならば、必ずしも速く落ちるとは言えません・・・まあ、羽毛や紙よりかは速く落ちるでしょうけれど(^^;...続きを読む

Q重力1Gは何kg?

重力1Gは何kgに値しますか?

Aベストアンサー

重力1Gは加速度で、kgは重さです。
つまり1Gは9.8m/s^2 という答えがあるだけで、何kgには変換できません。
空気抵抗の無い真空中であれば、鉄の塊も鳥の羽でも重さの違う物でも、同じ高さから落とせば同じように落下します。


人気Q&Aランキング