毛根から毛を抜くと、その穴からは、二度と生えないのですか(眉毛など)?また、新しく毛穴ができたりするのですか?発毛の様々を教えて!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

美容整形(脱毛専門)に勤めていた知識の範囲でお答えします。

まず、毛を抜いても、同じ穴からまたはえてきます。なぜかとゆうと、毛穴の奥には毛乳頭とゆう組織が存在します。毛乳頭とは、新しく毛を作り出すところです。毛をピンセットなどで抜いただけでは、毛乳頭は毛穴に残ったままです。毛乳頭をこわしてしまわない限り、毛は何度でも生え変わります。体のどの部分でも、これは言えることです。レーザー脱毛をご存知だと思いますが、あれは毛穴の奥の毛乳頭をこわし、毛の再生を止めるものです。
新しい毛穴ができるか。できません。人間個人個人の毛穴の数は、生まれた時からきまっています。ですので、成長とともに増えるとゆうことは、ありません。長くなりましたが、おわかりいただけたでしょうか。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

簡潔で分かりやすいご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/02/12 07:01

医療のページにこんな記事がありました。



つまり、まつげには再生能力があります。
「逆まつげは眼瞼(まぶた)に生える睫毛(まつげ)の方向が悪く、内側に向かって伸びるためにこれが目に当たり痛みや異和感の原因になるものでうっとうしいものです。この治療としては伸びてきた毛を抜くか、睫毛電気分解法でまつげの毛の根元を焼いて毛が生えないようにする方法がとられてきました。しかし毛は、再生能力があり焼いても再び再発することが問題です。このような再発性の睫毛乱生の治療としてレーザーで毛根を破壊する方法が開発されました。

毛には再生能力があるということです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

確かに、眉毛を抜いても又生えてきますよね、ただ、血がごくたまに出るので心配になったのです。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/12 07:03

毛根が残っていれば、また生えてくると思います。


実際、高校生の頃額の毛をよく抜いてましたが、しばらくたつと元通りになりました。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

元通りになりましたか、それを聴いて安心しました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/02/12 06:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q縮毛矯正で傷んだ毛根 二度と復活しない?

2年くらい前まで結構な頻度で縮毛矯正をしていました。

今はやっていません。髪はハゲてはいませんが、昔に比べると元気がない気がします。

おそらく縮毛矯正で毛根が傷んでしまったのだと思います。

この2年、まったくパーマや縮毛矯正はしていません。もちろんカラーもです。

ですが、一度傷んだ毛根はもう二度と復活しないのでしょうか?

Aベストアンサー

私は縮毛矯正ではなく、金髪の頃がありました。
髪の毛も傷みまくり、バサバサでした。
髪の毛も太くて量も多かったのです。

今では髪の毛が細くなって量も半分になり、
生えてくる髪の毛はバサバサのままで何をしてもツヤツヤになりません。
毛根を傷めてしまったのだと思っています。

育毛剤などは毛根を元気にしてくれるものがほとんどですので、
今からでも頭皮ケアと髪の毛のケアをしてみては?

Q毛が生えるのはどんなところ?なぜ生えるの?

よろしくお願いします。

人によって個人差があると思うのですが
毛が生える部分、生えない部分あると思うのですが
何故でしょうか?

例えば男女ともに思春期になれば陰毛は生えると思うのですが
なぜヒゲは男性にしか生えないのでしょうか?
(もしかしたら女性は処理しているのでしょうか?)


男女ともに毛が生える部分、性によって生える部分との違いは
何でしょうか?

大人になると毛は生えるところが多いと思うのですが
細胞の影響などによるのですか?

教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B_(%E5%8B%95%E7%89%A9)
第二次性徴
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E6%80%A7%E5%BE%B4

これでわかるかな

Q傷んだ髪から生えるのは

髪を切ろうと思いますが、傷んだ髪から生えてくるのは痛んだ髪でしょうか?

ヘアアイロン等で髪が毛根の近くから痛んでいると思います。
この場合、坊主にするしか無さそうなので心配です。

Aベストアンサー

髪が痛むのは生えた後に何らかの変化(アイロンやドライヤーの熱とか、カラーリングなどの科学的なモノ)が髪に与えられるからです、
ですので新しく生えてくる部分は痛んではいません、

ただ痛んでる部分を放置していると、
その部分からたんぱく質が流れ出やすくなったり、
裂けたりして新しく生えてくる部分に悪影響を与えるかもしれませんので、
こまめにトリートメントなどをして保護してやって下さい、

である程度のびたらカットしてしまうのが一番、
目に見えている髪の毛の部分は、
組織としては死んでるのと同じで、
一度痛んだ髪はもとには戻りませんから(トリートメントなんかもこれ以上悪くしないという事なので)。

Q「毛」 が生えてないんですか?

人間には何故、体毛が生えてないのですか?トラとか、いのししとか、ジャングルの間を行き来するので剛毛が役立つのはわかります。北極狐も寒いのでふさふさの体毛が役に立つのはわかります。哺乳類で体毛がないのは結構珍しいのでは?大型のサイや象はけがないですよね、水生のカバにもありませんが、ビーバーやカモノハシにはあります。
素人なんですが、宜しくお願いします。
僕的には、毛がないほうが、「肌触りがいいから」なんですが、だめですか?

Aベストアンサー

 
  これは、過去にも色々な考えがあって、しかし、どれも妥当性が疑わしい仮説しかなかったと思います。水中生活をしていたので、体毛が薄くなったという説は、水中生活というのは、イルカや鯨のように文字通り、水のなかで生活するのではなく、大昔の巨大恐竜が、体重の重みを支えることのできるように、半身を水中に沈めて生活していたというのと似て、水のなかに入ると、食料が得やすいので、海辺などに住み、水に身体を入れて、色々活動していたという説です。この説の根拠は、体毛には、毛の生える方向(一種の傾き)があるのですが、全身で見てみると、水中で活動するのに抵抗がないようなパターンになっているということが根拠だったと思います。
 
  人類または人類を含む化石広義人類生物には、体毛が比較的薄かったということがあるのですが、この理由は、私見ですが、体毛がなかった人類祖先生物が、人類方向へと存続して行った結果だと思います。
 
  人類を含む、亜人類の霊長動物の祖先は、大体、数百万年前に、アフリカ東部において、森林生活をしていたのが、おそらき気候変動で、樹から降り、地上生活を始めたのが、その二足歩行の起源だとされています。樹上生活をしていた場合は、濃い体毛があった方が、生存に適しているので、体毛がある方が、残りやすいということが言えますが、地上生活だと、樹上生活の意味での体毛は不要です。
 
  またアフリカは、当時から高温で、氷河期の場合でも、温帯程度になったぐらいで、寒さを防ぐための体毛の必要はなかったのです。しかし、それなら、ライオンなどは、体毛が豊かではないかという話になりますが、象などは、寒冷地に適応したマンモスの体毛は深かったことが知られていますが、普通の象は、そんなに濃い体毛はありません。馬やキリンも、体毛なしではありませんが、比較的薄いです。馬は、たてがみが長いですが、体毛は人間よりはずっと濃いとは云え、たてがみほどは延びません。
 
  体毛の薄い人類の祖先が現れ、また体毛の濃い人類の祖先または祖先の枝生物が存在して、共存または競合していたのだと思います。ここで人類の祖先の進化と存続で、体毛のない方の生物、つまり、より生物的に「不利な生物」が、人類の直接の祖先生物として残ったのだと考えられます。「生物的により不利」であるので、大脳化という進化と会わせて、「技術」の開発が人類祖先に起こって、それが、現在の人類へと繋がって行くからです。
 
  つまり、生物としては、強い条件がない、例えば、牙がない、強力な筋肉や、鋭い爪や、少々噛まれても、貫通できない強靱な厚い皮膚もない、驚く速さで走る脚もない、文字通り、野生の生物界では、その身体の大きさから云うと、自分を守ったり、捕食生物と闘う生物的器官を備えていなかったのが人類の祖先で、だから、大脳化と共に、その使用法で、技術や策謀を考え出し、これを、生存の武器としたのです。
 
  こういうことから云えば、体毛があった方が生物としては、都合がよいが、象のように、厚い皮膚があって体毛がいらないとか、馬やキリンのように、高速で走れて、これも厚い体毛がいらない場合に、ほとんどないか、薄いか、短い体毛になっているのと同じように、人類祖先は、知能が武器だったので、体毛の必要がなく、また、生物として見ると、古い、それも、人類の祖先とは別系統の化石、亜人類祖先の方が、まだ、生物として色々強力だったのが、純粋な人類に近づくにつれ、「幼若化」とも云われているように、ますます、生物としての強さがなくなり、幼児的な姿になって来ているというのは、そういう弱い生物は、必然的に「知能」で補い対抗する必要があったので、結果として、体毛のない、無防備な祖先生物から、人類が子孫として生まれたので、人類には薄い体毛しかない、というのが答えになるのではないでしょうか。
 
  体毛が濃くあった人類祖先は、人類へと繋がる前に、滅びたのだということです。なお、これは、私見で、体毛については、合理的定説がないので、自分で色々な説を元に考えるしかないのです。一応「自信なし」にしますが、自信あると言える人はいないはずだと思います。「分かっていません」という回答なら、「自信あり」かも知れませんが。
 
  注)体毛がないので、アウト・オヴ・アフリカで、アフリカを出ると、寒いことや、住む場所が見つからないなどで、衣類や住居などを発明せざるを得なくなったので、これも、技術開発への導因で、ますます、知能を武器とする人類祖先が有利になって行ったということです。少々の体毛では、暑さ寒さの気候変化に対応は難しいが、体毛なし+衣類/住居技術だと、もっと適応が高いからです。なお、頭の髪とか、胸・陰部の毛などは、前者は社会集団的認知に意味があり、後者は、性的配偶者選択での有利条件で残っている、あるいは進化したのだという説明が合理的でしょう。(体毛が退化したのではなく、体毛のない生物こそが、人類へと進化する条件を持っていたのです)。
 

 
  これは、過去にも色々な考えがあって、しかし、どれも妥当性が疑わしい仮説しかなかったと思います。水中生活をしていたので、体毛が薄くなったという説は、水中生活というのは、イルカや鯨のように文字通り、水のなかで生活するのではなく、大昔の巨大恐竜が、体重の重みを支えることのできるように、半身を水中に沈めて生活していたというのと似て、水のなかに入ると、食料が得やすいので、海辺などに住み、水に身体を入れて、色々活動していたという説です。この説の根拠は、体毛には、毛の生える方向...続きを読む

Qマユゲには2種類の毛根が

マユゲを抜くと二種類の毛根があることに気づきました。

一つは髪の毛や他の毛と同じように白い毛根。
もう一つはぷにゅぷにゅした黒い毛根です。
たまにヒゲを抜いてもこの黒いのがたまにあります。

白いほうは抜くと痛くて、黒いほうは痛みが全くなく抜けます。

これっていったいなんなんでしょうか。
違いについてわかるかた教えていただきたいです。

Aベストアンサー

毛周期の違いです。
毛は成長期、退行期、休止期を繰り返しています。

>一つは髪の毛や他の毛と同じように白い毛根。
こちらが休止期。
>もう一つはぷにゅぷにゅした黒い毛根です。
こちらは成長期です。

参考URL:http://www.datumo.com/taimo/tai-mousyu.html

Q白い毛の生えた黒い毛虫

今日、道を横切って歩いていた毛虫です。左側が頭です。
これは何の毛虫なのでしょうか?
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

モンクロシャチホコの幼虫
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/kysmr/data/mr0048s1.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/ga2_1.html

Q毛根再生

ネット等で調べると毛根から髪の毛が抜けると毛根がマタ再生してから髪の毛が生えると聞きましたが無理に抜いた後に毛根再生って何日かかりますか?傷ついて再生しない場合が有るのは理解してます。なので仮に大丈夫だった場合を教えてください。
あと上記内容で皮膚科を受診する場合、健康保険はききますか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

はじめまして 
無理に抜いた後の毛根再生ですが、よくいわれてるのが129日だそうです。
同じところを何度も抜いていると、再生しづらくなるとは思いますが・・・
皮膚科での健康保険も適用されると思いますよ。
内容は違いますが、以前円形脱毛症で受診した時は適用されました。
まあ皮膚科ですので診察して、薬(育毛剤)、怪我なら軟膏などを渡され経過を見ましょう という感じになるのではないでしょうか。

Q朽ち木に生えている黒い毛のようなもの

昨晩、ミヤマクワガタが死んでしまい、それと関連あるのか、一緒に入れていた朽ち木に直径2センチ位の茶色い毛のようなものが生えていました。これいったい何者?? カビ?キノコ?卵?

Aベストアンサー

一昔前まで、ムラサキホコリカビと呼ばれていたもので、今ではムラサキホコリという、粘菌の仲間(正確には変形菌類)です。

このままもっと水分を多く、乾燥しないようにすると、面白いものが見られます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%9B%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%93&client=firefox-b&biw=1280&bih=874&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj1h6jqvp3OAhVHQo8KHX_GDZwQ_AUIBigB

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B2%98%E8%8F%8C%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF&client=firefox-b&biw=1280&bih=874&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjGnfWLwJ3OAhXFMY8KHT5WC5QQ_AUIBigB#tbm=isch&q=%E7%B2%98%E8%8F%8C%E3%80%80

一昔前まで、ムラサキホコリカビと呼ばれていたもので、今ではムラサキホコリという、粘菌の仲間(正確には変形菌類)です。

このままもっと水分を多く、乾燥しないようにすると、面白いものが見られます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%9B%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%93&client=firefox-b&biw=1280&bih=874&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj1h6jqvp3OAhVHQo8KHX_GDZwQ_AUIBigB

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B2%98%E8%8F%8C%E3%80%8...続きを読む

Qしっぽのついた毛根

たまに毛根にしっぽがついたようなものがあるんですが、ネットで調べると、どうやらこれは危険な毛根のようで・・・。
何か改善策をアドバイスしていただけませんでしょうかm(_ _)m

Aベストアンサー

髪の毛の専門家(理容師)です。

簡単に言えば,髪の毛が栄養失調になりかけていると言えるでしょう。

ということで,まずは,栄養バランスを考えた食事を摂ることです。
「3日間で摂取した栄養それぞれの1日平均が,それぞれ,所要量(1日に摂取するべきだと定められている量)以上,許容上限摂取量(それ以上摂取すると危険な状態になってしまうといわれている量)以下になるようにした食事」を心掛けてください。
なお,食わず嫌いは厳禁ですが,好き嫌いはある程度の範囲でしたら,別に構いません。
ただし,野菜全般が嫌いとか,肉はまったく食べられないという場合は,好き嫌いを少なくする努力をするべきです。

次に,それぞれの食事の開始時刻を,毎日,ほぼ同じ時刻になるように心掛けてください。
これは,体が消化と吸収の準備を整いやすくするためです。
なお,前後30分以内でしたら,許容範囲内です。
また,1週間に1~2度程度でしたら,大きくずれても構わないそうです。

よく噛むことも大切です。
食品が細かく噛み砕くほど,消化酵素の働きが効率よくなり,その分,多くの栄養とエネルギーを体内に取り込むことが出来るようになります。

睡眠不足は厳禁です。
ただし,毎日8時間は寝ているから大丈夫という話でもありませんので,注意が必要です。
とりあえず,起床時刻を毎日同じにすることから始めてください。
起床時刻が同じでしたら,または,同じになったら,今度は,その起床時刻の6時間半前,8時間前,9時間半前のいずれ多一つには,就寝するようにしてください。(最初は,布団に入って目をつぶっているだけでも構いません)
なお,1週間に1~2度程度でしたら,夜更かししても構いません。
ちなみに,起床時刻は生活リズムの基点で,就寝時刻を一定にするのは,睡眠中の体の回復などの準備を整いやすくするためです。(ついでに,目覚めがすっきりすると思います)

ストレスを受けない生活というのは無理でしょうから,ストレスを受けましたら,出来るだけ早く,少なくとも就寝前までには解消しておきましょう。
ストレスを受けますと,栄養等の吸収が悪くなりますし,また,体の各所に栄養等が運ばれにくくなります。
酷いときには,髪の毛には栄養等がまったく届かないこともあるくらいですからね。

季節的なことですが,今から夏の間にかけて,冷たいものを大量に摂取してしまうことは避けてください。
適量なら問題にはなりませんが,大量に摂取してしまいますと,やはり,消化も吸収も悪くなります。
また,暑い時期になりますと,どうしても軽い食事になりがちですが,たまには良いですが,出来るだけしっかり食べることをお勧めします。
もし,冷たいものを大量摂取してしまったり,軽い食事ばかりになってしまったり,または,その両方だったりしますと,夏バテによる食欲不振にもなりますし,髪の毛にも栄養等が届きにくくなってしまいます。

ある程度大きな病気や怪我をしている場合,または,それが治ってから数ヶ月くらいは,そのような毛根の髪の毛が存在してしまうことがあります。
病気や怪我をしている場合は,医師の言うことを良く聞き,治療に専念して,出来るだけ早く直してしまうようにしてください。
栄養等が病気や怪我の回復により多く使用されてしまうため,「毛根にしっぽがついたような」髪の毛があっても仕方がないのです。
また,髪の毛にまで症状が出る,及び,それが回復するまでには,どうしてもタイムラグが発生します。
そのため,治ってもしばらくは,そういった髪の毛が存在してしまうのです。

髪の毛の専門家(理容師)です。

簡単に言えば,髪の毛が栄養失調になりかけていると言えるでしょう。

ということで,まずは,栄養バランスを考えた食事を摂ることです。
「3日間で摂取した栄養それぞれの1日平均が,それぞれ,所要量(1日に摂取するべきだと定められている量)以上,許容上限摂取量(それ以上摂取すると危険な状態になってしまうといわれている量)以下になるようにした食事」を心掛けてください。
なお,食わず嫌いは厳禁ですが,好き嫌いはある程度の範囲でしたら,別に構いません。
...続きを読む

Q毛の生えてない「芋虫」は絶対蛾の幼虫じゃないの?

ヒメシャラに、つるっとして大きいものだと体長が4センチくらいになって、幅は8ミリくらいの、
茶褐色ないも虫(?)がつくのですが、
これはいったいなんの幼虫なんでしょうか?

毛ははえておらず、こちらに気づくと(?)
枝の真似をして、必死で枝にしがみつきます。

今の季節から夏に頻繁に見つけます。

(下に黒い糞が落ちるのできづく)

蛾の幼虫(毛が生えてないから)じゃないとしたら、蝶々の幼虫なんでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは

「毛の生えていない幼虫(イモムシ)は蛾の幼虫ではない。」
答えは×です。
「シャクガ」の幼虫(尺取虫)や「スズメガ」の仲間の幼虫には毛の無い、いわゆる「イモムシ」が多くあります。

有名どころでは「カイコ」の幼虫には毛がありません。
(そう言えば「モスラ」もそうだな…)

ガの仲間の成虫・幼虫の画像を集めているサイトがありました
(ムシ嫌いな方は、見るのも嫌かも?)

参考URL:http://www.jpmoth.org/


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報