あの頃はまだ幼かったので 理由がよく分かりませんでした。

昔 テレビでおぼろげに聞いたんですが、アメリカがビンラディンを裏切ったから~ みたいなことを聞いたような気がするんですが・・・
何が発端でこのよう(イラク戦争?)になったのでしょうか?

アメリカの天然資源ほしさの圧力にキレたとか・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

そのに行くまでに、アメリカのベトナム戦争後も他の国や場所で戦争してます。


そしてソ連が無くなり戦争がしたい場所や国に民主国家の実現など言って他国の内政干渉をして来た。
その時、犯罪者だけで無く一般人(子供や老人とか)関係なく爆撃など大量に殺してきた。
そして、この名前サダム・フセイン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83% …

イラン・イラク戦争→湾岸戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B9%BE%E5%B2%B8% …
この時、全世界で一部映像配信や空爆などしました。
その後に誤爆や関係ない施設など情報や相手の位置なども確認できる衛星も使っているが、
爆撃後の映像やどんな施設や一般の家の現状の報道で、誤爆??と疑問だらけでした。
関係も無い一般市民など多大な犠牲を出しながら「クエート制圧」
その後も市民の犠牲者と軍の犠牲者も出しつつ周辺制圧
これだけでもアメリカ主体の弾圧・抑制・宗教などされて行き、

9.11 が起こる
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1% …

その主犯が 「ビンラディン」と発表
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5% …

そして イラク戦争に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%A9% …

湾岸戦争・イラク戦争でも多国籍軍が一時的に参加してますが、
その時、核を隠しているやテロをやっているから一時的参加して早期に解決!!
ですが、実際今も戦争やってます。
それに各国が疑問が出たり国のお金や資金を出してまで、こんな長期に出す事も問題が出て、
他の国の脱退が出ています。 日本じゃ給油に金額水増しなどです。

それで、なぜ?ビンラディン(イラク周辺か)
1.政治や治安など内政干渉 
2.30年以上の武力制圧
3.アメリカが世界1の武力社会(民主国家)
4.油田や天然資源が無くなる
5.アメリカ領土にされる
7.一般人などの虐殺
8.長年子供から植付いたアメリカの恐怖

たぶんこれ以上有ると思う、考えるとね。
テロもするだろうとか?
    • good
    • 0

9.11の件はさておき、ビンラディンがイスラム原理主義にはまったのは、彼の祖国サウジアラビアの国教であるワッハーブ派が重要な役目をしています。


ワッハーブ派は、イスラム教スンニ派に属する宗派で、ムハンマドの教えを絶対視し、個人的な解釈を一切認めず、厳格なイスラム法を守る、(他人にも守らせる)事を旨とする宗派です。
そもそもワッハーブ派は、オスマン・トルコの支配からの脱却を願うアラブ人が結束するために、スンニ派内でも比較的自由な戒律を主張するトルコの国教であったファナフィー派に対抗するために唱えられた宗派です。
イギリスが第一次大戦でトルコと敵対した時に、イスラム原理主義を主張するワッハーブ派を支援し、独立させたのがサウジアラビアでした。
そのため、サウジアラビアは、厳格なワッハーブ派を国教として、国民に教育してきました。
その教育に感化された一人がビンラディンでした。
彼は、ソ連のアフガニスタン侵攻時に、イスラム戦士として参加し、そこで石油に潤う祖国サウジアラビアとは全く別のイスラム世界を知ります。
イスラムによる国家統制により住民を豊かにする必要性を強く感じ、既存勢力との戦いを決意し、テロ支援での戦いを始めます。
彼の敵意は、祖国のサウド王家にも向けられますが、主な支援者がサウジアラビアのワッハーブ派である事が、彼の矛盾となってしまっています。
ビンラディンとアメリカが敵対するのは、ソ連解体で必要が無くなったビンラディン一派をアメリカが抹殺しようとしたからです。
イラク戦争は、アメリカが勝手に関係付けただけで、全く関係ありません。
    • good
    • 0

9.11が陰謀じゃないかというのはもはや一部の人の間では常識。


公然の秘密と言ってもいいくらい。
また、ビンラディンとアメリカCIAの結びつきは誰も知らない人がいない。
しかし、彼の役目はもう終わり。
アメリカがイラク戦戦争に踏み込む切っ掛けが出来た時点で終わり。
同じ駒はもう使えない。
しかし、次の駒がある。
ダライ・ラマ14世。
これは全くビンラディンと同じ。
彼は中国に打ち込む楔だ。
彼はCIAから毎月給料をもらい、彼の家族はCIAの重要なポストについている。
彼はただのネズミでは無い。坊主の衣を着たアメリカの傀儡。
ビンラディンに変わる次の駒。
    • good
    • 0

9.11をアルカイダが行ったテロであるという現在の常識は"何一つ"証明がなされていない。

通常テロが起こると複数のテロリストが犯行声明を発表し、自分たちが首謀者であると主張し、便乗しようとするのが定番であり、ビンラーディンの9.11後の声明もそれ自体は何の証明にもならない。アルカイダなどの現反米テロリストたちは米ソ冷戦期アメリカと共に戦闘を行いアメリカから資金や軍事指導や情報などの支援を受け、米軍やCAI関連との関わりからそれらの事情通でもある。

9.11事件そのものそれ自体以外は、公然の謎です。
    • good
    • 0

ビランディンが反米になったのは、イラクのクウエート侵攻に対抗したサウジ駐留米軍に女性兵士が居て、その振る舞いが聖地メッカでイスラムの戒律を犯した事からと聞いた事があります。


その後ビランディンはイスラム原理主義から、イスラエルに肩入れしアラブに圧力をかける米国にテロ攻勢をかけ、サウジから厄介者扱いで追い出されて、同じ原理主義のアフガン政府の庇護を受けながらテロ活動を継続していました。
アフガン政府は世界政治音痴気味で在った事で、一息ついたビランディンが仕掛けたのが9.11であり、それを利用した米国がイラクに侵攻したのは歴史の皮肉ですね。
    • good
    • 0

もともとアフガンは、旧ソビエト連邦の中央アジア諸国の反政府活動の後方基地となっていました。


それで、ブレジネフ政権は、1978年に、アフガンに親ソ政権をうちたて、79年に20万近い軍隊を送って、制圧にかかりました。
いわいる「アフガニスタン侵攻」です。
以後10年間、アフガンでは、敵兵の死体を踏みつけて踊りを踊るとか、捕虜の頭の皮を生きながら剥ぐ、というような凄惨な戦争が続きました。

それに対しアメリカは、レーガン政権になってから、水面下で、CIA経由で、反ソ勢力に、後方から莫大な軍事援助をしました。
ですから、当時はビンラーディンらの反ソ勢力はアメリカではスーバースターであり、シルベスタ・スタローンの、「ランボー・怒りのアフガン」では、彼らは英雄として描かれています。

ところが1989年にソ連軍が撤退すると、アメリカはビンラーディン一派に、「鼻もひっかけなく」なってしまいました。
ビンラーディンらはもともと戦場で勇敢なことが「売り」で、それは裏返せば「頭の中が単純だ」ということを意味しますから、アメリカに「裏切られた」という喪失感は、強かったと思います。

子供が親に無視されて、あてつけに高いところから飛び降りたり、グレたりするのと、たいした違いはありません。

911テロも、見方を変えれば、アメリカの自業自得みたいな側面はあります。
    • good
    • 0

911はイスラム教の聖地であるサウジアラビアに異教徒である米軍が駐留しているってのが、大きな理由だったような。



イラクでの内乱はフセインが大量破壊兵器を所持していて、査察に応じないというCIAのガセネタにだまされて、侵攻しフセイン政権を倒したまではいいが、傀儡政権の運営に失敗して現在に至ります。

911とイラクに直接の関係は無いと思ってますが自信なし。
    • good
    • 0

逆ですアメリカはイラクの石油を強奪したいので戦争の口実が欲しかったのです ビンラヂィンはCIAの人間でテロは米政府(ブッシュの)自作自演です テロ後ビンラディンは米国の病院に入院しててCIA長官が見舞いにいったなんて話もあります 




最近日本の国会でもついに米政府自作自演説が議論されました 水面下ではかなりの大騒ぎになっています
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%9B%BD …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラク戦争後、アメリカはイラクで利権を得ましたか?

アメリカがイラク戦争を強引に行ったのは、イラクでの石油採掘権などの利権が欲しかったためという説がありました。
実際、アメリカはそのような権利を得て、経済的に潤っているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アメリカのイラク侵攻はイラク1ヶ国だけを念頭に置いたものではなく、中東全体を考えて行なったものです。

 中東の産油国はクエート・カタール・アラブ首長国連邦など、中小の王国が多く、石油収入が巨額で豊なものの、人口は少なく軍事大国ではありません。
 王国の中で、ある程度自前の軍事力を持っているのはサウジアラビアぐらいでしょう。

 この中東において、イスラム二大強国イラクとイランは、長い間どちらかがアメリカのコントロール下にありました。(イランが王国だった時は、アメリカ石油資本がイランの石油を支配し、軍事的にもアメリカと同盟関係にありました。イランに「イスラム革命」が起こるとアメリカは、イラクに軍事援助を行い、イランの動きを牽制しました。)

 ところが、イラクのフセイン大統領が、アメリカから軍事援助を受けて支持してもらっている状況を、中東における全面的な支持と勘違いして、クエート王国に侵攻し、併合しようとしました。

 アメリカとしては、湾岸の『王国』にある石油利権を確保するには、弱小王国への軍事侵攻は認めないという姿勢を、これらの国の国王・王族に見せなければなりません。
 その結果湾岸戦争が起こり、イラクはクエートから撤退しましたが、中東の二大強国であるイラン・イラクが反アメリカとなってしまいました。また、イラクではフセイン政権の弱体化によって、『イスラム原理主義』による革命の動きが活発化しました。

 イランに続きイラクで『イスラム原理主義』による革命が成功したならば、他のペルシャ湾岸石油産油諸国=王国でも、国王を追放(=アメリカの石油利権の破壊)をするイスラム革命が起こる可能性が高まります。

 そこで、イラクに侵攻し、『王国』に対する侵略者であるフセイン大統領を処刑し、イスラム原理主義を押さえれば、湾岸諸国の王国に恩を売ることになりなります。
 ですから、イラク侵攻でアラビア湾全体の石油利権を強固にでき、アメリカの国益になると見た共和党のブッシュ政権が、強引にイラクに戦争を仕掛けたわけです。

参考:イラク復興のための工事は、半ば戦場のような場所で行なわれるため、大規模な地上軍を派遣しているアメリカ及びイギリスの企業(またはその支配下にあるイラク企業)がほとんど独占して受注しています。
 支払いは、イラクの石油の売り上げや西側諸国の援助で行なわれていますから、イラクの石油利権はアメリカのものとなったと見てよいでしょうが、イラク単独での収支決算で見れば、今までのところでは、アメリカは儲かっていないでしょう。

 尚、クリントン政権時代には、アメリカの国家予算は大幅な黒字(=政府は国民の税金を物を買うことに使わず、過去の赤字国債を減らしました。つまり国はあまりお金を使いませんでした。それでもアメリカの景気は悪くなりませんでした。)
 今、ブッシュ政権はアフガニスタン・イラクの戦争費用として膨大な借金をして(今年の政府の赤字50兆円:GDPに占める割合から見れば、日本よりましですが。)、その借金で物=国産兵器を買っているのでアメリカ経済は好景気を続けてきました。(無理に借金をして政府が、バブル経済を作り出しているようなものです。バブルは必ずはじけます。実際、それがサブプライムローン問題と言う形で現実になりつつあります。) 

 アメリカのイラク侵攻はイラク1ヶ国だけを念頭に置いたものではなく、中東全体を考えて行なったものです。

 中東の産油国はクエート・カタール・アラブ首長国連邦など、中小の王国が多く、石油収入が巨額で豊なものの、人口は少なく軍事大国ではありません。
 王国の中で、ある程度自前の軍事力を持っているのはサウジアラビアぐらいでしょう。

 この中東において、イスラム二大強国イラクとイランは、長い間どちらかがアメリカのコントロール下にありました。(イランが王国だった時は、アメリカ石...続きを読む

Q今現在もアメリカはイラク?アフガンで戦争をしていますが、軍需産業とか軍

今現在もアメリカはイラク?アフガンで戦争をしていますが、軍需産業とか軍産複合体とか一般人の自分には分からないのですが、ある人は戦争はデメリットだけではしないメリットがあるから戦争をするのだと言いますが軍需産業?などなどは戦争を長期化させて儲かるのでしょうか?もし解説してくださるのならどこからのソースでどれだけ信用が置ける記事や内容なのか是非お願いします。

Aベストアンサー

軍需産業だけじゃなく軍事維持としても必要な面はたしかにあります。

日本でも自衛隊が50年以上も救護活動ぐらいしかしてないということで自衛隊不要論が高まってきて、予算削減の話まで出たところで「イラク派遣」の法案が成立して海外活動するようになって予算維持になりました。

あんまり使わないでいると縮小路線になってしまうのはどの国でも一緒です。
しかし軍隊は国家の生命線ですから、国民を納得させるためにもなんらかの動きをしなければいけません。
実戦に慣れることでより強力な部隊を持つことが出来ますしね。


ただ、単純に「戦争をすれば儲かる」というのは都市伝説だと思います。

アメリカはイラクでこそ大規模な戦争をしてますが、
ソマリアやルワンダなどの大規模紛争に関しては平和維持軍を送ることに消極的です。
戦争ならなんでもいいというわけではない証拠だと思います。

Qアメリカ 軍予算 削除されてるですか? 戦争は資源を奪い儲かりますか?

現在でもアメリカは世界の警察ですか?

米国では海軍のみならず軍全体の予算が
オバマ政権下で強制的に削減され続けている。
ようですが、なぜですか?

オバマの政権?
あるいは、不況なんですかね
軍事も

今後軍産複合体は、何を考えてるのでしょうか?

今後、戦闘機などもAIに移行するからですか?
イスラエルには、4兆2000億円の軍事援助の実施
を行うようですが、イスラエルとはアメリカは
どういう考えを持ってるのでしょうか?


______________________


米国政府がこれまでに実施してきた対外援助としては
最大規模となるイスラエルに対して、
総額400億ドル(約4兆2000億円)の軍事援助の実施を計画していることが
13日、スーザン・ライス(Susan Rice)
国家安全保障問題担当大統領補佐官による発言で明らかとなった。


総額400億ドルの軍事援助は向こう10年間に渡って実施される予定となっており、
この軍事援助を通じてイスラエルは保有する航空戦力や
防御用ミサイルの近代化を進めることを予定している。



イスラエルに1機目のF-35A戦闘機「Adir」が到着|エアライン本舗 <http://airlinehonpo.blog.fc2.com/blog-entry-2814.html>

現在でもアメリカは世界の警察ですか?

米国では海軍のみならず軍全体の予算が
オバマ政権下で強制的に削減され続けている。
ようですが、なぜですか?

オバマの政権?
あるいは、不況なんですかね
軍事も

今後軍産複合体は、何を考えてるのでしょうか?

今後、戦闘機などもAIに移行するからですか?
イスラエルには、4兆2000億円の軍事援助の実施
を行うようですが、イスラエルとはアメリカは
どういう考えを持ってるのでしょうか?


______________________

...続きを読む

Aベストアンサー

>現在でもアメリカは世界の警察ですか?

この質問文だけ答えます。

過去にアメリカ軍に警察を依頼したことはないが、アメリカ軍の参戦を大きく期待した例はあると思います。
それは、第2次世界大戦が一番の例ではないでしょうか?
アメリカの参戦から連合軍の主導権を取り、やがて、ドイツ、イタリア、日本を破って、それぞれ法的処理で終わらせてます。
アメリカ軍が警察の役目、国際犯行グループであるドイツ、イタリア、日本に対し、アメリカ軍は銃撃戦(戦争)の末、捕らえました。後に、法廷で裁いて終わらせてます。
犯人逮捕後、裁判までやってると言う流れは警察の行動と似てます。
ここまでが、私の回答です。

次に追加意見ですが、
上記のように、昔も現在でも大差なくアメリカ軍に依存する国々は多いと思います。
中国の世界視観、宿敵となりつつある中国軍はアメリカ軍を大きく刺激してます。
縮小しても世界の至る箇所において、今後もアメリカ軍の駐在は継続すると思います。

結論です。
まず、形だけの国連安保の体質を変えない限り、アメリカの独走は止みません。

アメリカは常に中国軍の動向を気にしながら、世界の警察と自覚しなくても世界各国はアメリカ軍に対する依存性、期待度は高いと思います。
アメリカの余計な介入と言うか、これまでの無駄な手出しは決して無くならないと思います。
しかし、一応、最初はなんでもかんでも手をだして失敗するケースが目立ち、やがて軍撤退となることが多いと予測します。

>現在でもアメリカは世界の警察ですか?

この質問文だけ答えます。

過去にアメリカ軍に警察を依頼したことはないが、アメリカ軍の参戦を大きく期待した例はあると思います。
それは、第2次世界大戦が一番の例ではないでしょうか?
アメリカの参戦から連合軍の主導権を取り、やがて、ドイツ、イタリア、日本を破って、それぞれ法的処理で終わらせてます。
アメリカ軍が警察の役目、国際犯行グループであるドイツ、イタリア、日本に対し、アメリカ軍は銃撃戦(戦争)の末、捕らえました。後に、法廷で裁い...続きを読む

Qイラクとアメリカ

こんにちわ。

イラクとアメリカ、大変緊張した状態が続いていますが
戦争はすると思いますか?
そして、戦場はどこになると思いますか?
アメリカ国民としてはどのようなことに心配、警戒が必要だと思いますか?

私はこの夏一ヶ月ロスへの留学を考えているのですが
親に反対されています。
テロなどの心配をしています。

実際の問題や状況を知りたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

戦争はあるかもしれませんね。アメリカはめっちゃ石油欲しそうですから・・。戦場はしばらくはイラクでしょうがイスラエルを巻き込む可能性も充分あります。アメリカ国民としてすべきことはイラク攻撃を阻止することが第一。そこから始めないといけません。警戒はしてもしなくてもほとんど同じです。最悪の場合は一緒ですから。

ロスなら比較的安全だと思いますよ。テロ的なものに限っていえば日本と危険性はほとんど変わらない思います。普通の犯罪に限れば日本の方が安心ですね。

やっぱりアメリカに行くからにはアメリカの今の現状を勉強してから行くとよりアメリカが分かると思いますよ。実際の状況や問題はテレビ、新聞だけでなくアメリカ市民からの情報も知っておいた方がいいです。メーリングリストやメルマガとかを探したら情報源はいくらでもあると思います。

Qイラクでアメリカ人がさほど攻撃されていないのは何故でしょう?

ここ半年ほどの間、イラクで自爆テロがあってもアメリカ人に被害はないように思えます。
イラク戦争直後は米兵に対する攻撃が目立ったのですが、このごろは警察組織などに対する攻撃が多いです。
つまりイラク人同士の争いにおもえます。

抵抗組織がアメリカ兵を襲わなくなったのは何故ですか?
それとも襲いたくても襲えない理由があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ついでなので貼っておきます。
ここ数日のニュースです。

米軍死者1600人超える イラク人犠牲者も減らず
(共同通信) - 5月9日18時27分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050509-00000167-kyodo-int

イラク中部2か所で攻撃、米兵3人死亡
(読売新聞) - 5月9日10時28分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050509-00000102-yom-int

イラク各地で米兵7人死亡 武装勢力との戦闘など
(共同通信) - 5月9日8時8分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050509-00000018-kyodo-int

爆弾でイラク兵9人死亡 バグダッド、米兵2人も
(共同通信) - 5月5日8時3分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050505-00000025-kyodo-int


人気Q&Aランキング

おすすめ情報