ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

先日婚姻届を出しその確認のため戸籍謄本をとりました。
すると役所の方が謄本請求申込み書の私の名前の1文字を指し「あなたいつもこの字書いてるんですか?」「へぇー、なんでですかー?戸籍の漢字とは違いますよ。」(この人の言い方にも少し思うところあったのですがそれはおいておいて・・・)といわれました。
そんなはずはないと思い、私の前の本籍地で謄本を調べてもらったのですが、よく見ると違っていました。事情を話すと出生届を出したところに確認してくれるというのでその日は頼んで帰ったのですが、後日連絡があって戸籍があっているということだったのです。
でも住民票に記載されている漢字(親が出したと記憶している漢字)とは違いますし、免許証やパスポートなどもすべて住民票の漢字なんです。
戸籍と住民票の漢字が違うなんてことはあるのでしょうか?
せっかく親につけてもらった漢字だし、できれば住民票の方に(私側からいえば正しい方に)統一したいのですが・・・。
今後どのようにどこへはたらきかければよいのでしょうか?
長くなりましたが、アドバイスよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>戸籍と住民票の漢字が違うなんてことはあるのでしょうか?


ザラにあります。戸籍の記載と住民票の記載とは別の事務ですから。本籍地と住所地の市区町村役場が違えばなおさらです。
もう役所には相談されたのでしょうか?

出生届書の原本は、出生当時の本籍地市区町村役場を管轄する(地方)法務局・支局に最低27年間保管されていて、「記載事項証明」として写しの交付を受けることができます。保存期間を経過した届書は役場に戻っていることもあります。
出生届書を自分の目で確認されなくても良いのなら、出生当時の本籍地市区町村役場の戸籍係に、「出生届に書いてある名の文字と戸籍の名の文字が違うはず」と相談すると、届書が廃棄されていない限り、調べてくれると思います。
役場が遠方のときは、直接電話されるよりも、現在の本籍地か住所地の役場にお願いして電話してもらったほうがいいでしょう。個人からの戸籍の内容に関する電話照会に対して、戸籍係はなかなか厳しいです。(虚偽の戸籍届出や悪質な消費者金融のせいです。)
いずれにしても、戸籍の地番号と筆頭者氏名、生年月日を言わなければ調べてもらえませんが。

出生届書に書かれた文字が、あなたが今まで使ってこられた文字と同じで、かつ、当時、子の名として使える文字であったならば、戸籍のほうが誤りということになり、戸籍の訂正を求めることができます。
最初の戸籍が訂正されれば、市区町村役場間での連絡により、現在の戸籍まで訂正されるはずです。

訂正の申し出は、出生当時の本籍地市区町村役場にすることになります。遠方のときは郵送でもできますが、書き方については最寄りの市区町村役場に相談されたほうが良いでしょう。申出書の用紙もあります。
この申し出で大事なのは、出生届書に書かれた名の文字を、長い間使っているという証拠を示すことです。運転免許証、年金手帳、健康保険証、卒業証書、友人からの手紙など、できるだけたくさんの種類のものを、コピーをとって申出書に添付します。
この申し出を受けて、市区町村役場は管轄法務局の許可を得て、戸籍の訂正をします。
出生年月日についてもこの方法により訂正を求めることができるはずです。

しかしこれはあくまでも、出生届書により、戸籍を記載する市区町村側に誤りがあったことが確認できる場合です。
出生届書が廃棄処分になっていたり、出生届の記入を間違っていたときには家庭裁判所に申し立てをすることになるでしょう。
家庭裁判所から戸籍訂正の許可がおりるかどうかは、事情(実情)次第です。

めちゃくちゃ長くなって申し訳ありませんが、ご参考までに。
    • good
    • 7

基本的には、戸籍の記載を正しいものとして取り扱うことになっているんです。


戸籍というのは、個人の身分事項を公証する書類ですから、氏名についても、それを基準とします。住民基本台帳(住民票)は、それに基づいて作成されているわけですね。したがって、氏名や生年月日が、戸籍と住民基本台帳で異なる場合は、戸籍にあわせることになるんです。
ただし、本件では、戸籍の記載が間違っているという可能性があり、また、出生届(等)によって、出生届出の名を確認することができたので、出生届出地に確認をとったものと思われます。その結果、出生届による戸籍に記載には誤りがないことが確認でき、一方、住民基本台帳の誤りが明らかになったものと思われます。

ですから、法的には住民基本台帳の誤り確認されただけで、訂正するだけのことなんです(免許証やパスポート)。さらに、あなた方が思っている名前も間違いだったということになります(最初の届出から)。ただ、あなた方からいうと、出生届が誤っていたために、戸籍の記載が誤ったものになってしまったというところでしょう。
この状況で、本来あなた方が思っていた名にする場合、「誤字」や「俗字」と呼ばれるものを「正字」にすることはできますが、「正字」を別の字に変えることは困難です。原則として家庭裁判所の許可がひつようです。

この回答への補足

できれば出生届を直に確認したい、とまで思ってます(不可能かもしれませんが)
住民票の方がどちらかといえば特殊な漢字なのです。出生届から、戸籍や住民票に記載されるのだと思ってたので、だとしたらどうして住民票だけわざわざあんな特殊な字で記載されているのか、不思議で仕方がないのです。
まずは、今住んでいる市役所に相談してみようと思います。

補足日時:2002/11/11 11:54
    • good
    • 3

以前、全く同じ経験をしました。


出生届に書いたはずの字と違った字で戸籍に記載されていると気がついたのは、婚姻届を出したときでした。
もちろん、免許証もパスポートも住民票の字でした。
実害が無いので、そのままにしておきましたが、2年前に「相続があったときなどに本人の確認ができなくて手続きが厄介になります」という市役所の方のお話しで、戸籍の方を訂正してもらいました。
詳しい手続きは忘れましたが、簡単なものでしたよ。
市役所の住民課などでご相談下さい。

この回答への補足

そうなんですか?
市役所で相談してみたいと思います。ありがとうございました。

補足日時:2002/11/11 11:50
    • good
    • 2

まず、戸籍に使用されている文字と住民登録に使用されている文字が、どちらも現在名前に使用して良いとされている文字でないと、訂正は困難です。


当用漢字と、人名用に使用を認められている、いくつかの文字だけです。
JIS第2水準の文字でも、名前には使用できない文字は数多くあります。

私の戸籍の名前の文字は、日本で数家族しか無いといわれる特殊な文字(届け出当時は受付可能だった)の為に、住民登録の方は当用漢字の文字で登録してあります。

使用可能な文字でしたら、住民登録の文字は訂正できます。
区市町村の判断で訂正できますので、家庭裁判所の手続きは無用です。
ただし、訂正は1家族全員の訂正となります。

結婚されたという事ですから、住民票の家族は独立していると思いますので、お二人だけの文字の訂正となります。
実際の手続きは、担当窓口でご相談ください。

戸籍の方の文字の訂正も、単なる文字の訂正ならば家庭裁判所の手続きなしで、区市町村だけの手続きでできる場合もあります。
こちらも、ご相談される事をおすすめします。

この回答への補足

住民票の方に(私側からいう)正しい字が手書きではなくPCで打ち出されているので多分使用できる漢字だと思います。
戸籍の字と住民票の字はくっついてるか離れているかの小さな違いなのですが、住民票の方にわざわざあまりつかわない難しい方の字が登録されているなんて、本籍地への連絡(?)ミスではないのか、など疑ってしまうのですが・・・。
今住んでいるところは出生届を出したところとは違うのですが、こちらでまずは相談してみようと思います。

補足日時:2002/11/11 11:43
    • good
    • 2

似たような経験をした者です。


海外へ行くために、パスポートが切れていたので更新に行きました。更新なので、すぐに済むと思っていたら、えらく時間がかかって、係官に呼び出され、「戸籍謄本に違った生年月日が書かれてある。今までの生年月日ではパスポートは発行できないので、住民票を書き換えてもらってもう一度来なさい」と言われました。戸籍謄本を見ると、生年月日を記入するところが2ケ所あり、1つは今まで親しんできた生年月日でしたが、もう1ケ所のところに違う生年月日が記入されていました。今まで、こちらの生年月日で通してきたし、住民票もそうなっているし、母子手帳にもちゃんと正しい生年月日が記載されているので、これは役所の記入ミスであり、そちらの手違いなんだから今まで通りの生年月日でパスポートを発行してほしいと主張しましたが、けんもほろろにつっかえされました。「では、今まで通りの生年月日でパスポートを発行してもらうにはどうすればいいのですか?」と尋ねると、「裁判所に申し立てて、戸籍を書き直ししてもらいなさい」と言われ、そんなことしてたら、パスポートが間に合わなくなると言っても、そんなことは知ったことではないみたいな言い方をされて、泣く泣く生年月日の方を変更することにしました。

住民票の変更はいたって簡単で、戸籍謄本を見せて事情を説明すると、簡単に変更してくれ、新しい住民票には「職権にて生年月日を変更」という注意書きがありました。しかし、戸籍の変更は、先に書きましたように、裁判所に申し出て、変更手続きを取る必要があり、大変な労力を要するようです。

というわけで、私の生年月日は私の生まれた日ではありません。しかも、星座まで変わってしまいました。

この回答への補足

こうゆうこともあるんですね・・・なんか納得いかないですけど・・・。
裁判所に申し出る労力を考えるとやっぱり泣き寝入りするしかないのかな、なんて思ってしまいます。

補足日時:2002/11/11 11:39
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戸籍と住民票で、名前に使われている漢字が異なる場合、戸籍の表記に統一できますか

【質問の要約 住民票や免許証の名前に、戸籍と同じ表記の文字を使う(同じ表記の文字に直してもらう)ことはできますか?】

こんにちは。このたびパスポートを申請しようと思い、戸籍抄本の交付をはじめてうけました。この戸籍抄本を見て、私の名前(姓ではない)の漢字が、免許票や住民票と異なることを知りました。

漢字が異なるといっても、日常誰もが知っている漢字の横棒に「ハネをつけ加えた程度」のほぼ同じ漢字です。(この戸籍の漢字は、パソコンにはない文字のようです。)

さて、ここで質問ですが、住民票や免許証の私の名前を、この「ハネをつけ加えた程度」の戸籍の漢字にかえてもらうことはできるのでしょうか? 両親がつけてくれた名前ですから、できればそのままの漢字を免許証や「住民票の写し」にも表示させたいと考えています。

方法があれば、手順を教えていただければ幸いです。なお、私の年齢は20歳後半です。

Aベストアンサー

基本的には「戸籍に記載されている漢字」が正しいので住民票は戸籍の漢字に合わせるのが原則ですので、戸籍謄本もしくはご本人の戸籍抄本を持参して市民課で届出すれば字体を修正することは可能です。
ただし、旧字体や誤字などの場合は、「常用漢字」で表記することもありますし、ご質問にあるような「ハネを付け加えた程度」となるとフォントの相違程度のものと考えられますのでこれだと是正は出来ない可能性があります。
いずれにしても住民登録のある市役所市民課でご相談してください。

Q苗字の漢字を変えるには?

苗字に「﨑」という字がつきますが普段は「崎」を使用しています。
戸籍?の字も「崎に変えることはできますか?
両親とはなれて一人暮らしですが変える場合は家族全員のを変えることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

 おはようございます。

 以前、役所で戸籍事務をしていましたので、何でも聞いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

 では、説明開始!

 「澤村」を「沢村」に、「廣瀬」を「広瀬」に、「渡邊」や「渡邉」を「渡辺」に変更したいというときはどうすればよいのでしょうか。
 このように漢字としては同じ意味の漢字でも字体の違う漢字がたくさんありますね。氏を変えたい、名を変えたいというのとは少し違って、字体だけを変更したい場合です。

 とりあえず、漢字は、
・正字(文字通り正しい字)
・俗字(正字とはいえないが俗によく使われている字)
・誤字(文字通り間違っている字)
に大きく分類することができます。

 上の例は、「澤、廣、邊、邉」も「沢、広、辺」も全部「正字」、正しい字です。まちがった字ではありません。それでは何が違うのかといいますと、「澤、廣、邊、邉」はいわゆる旧字体(昔はこれがまさに正字といわれていたのでしょう。)で、「沢、広、辺」は通用字体(現在はこちらの字が広く使われています。学校で習うのもこちらですね。)と呼ばれるものです。

 このように、旧字体を通用字体に変更したい場合は、本籍地の役所で「文字更正の申し出」をすれば、通用字体に変更することが可能です。
 手続はものすごく簡単です。「申し出」の用紙に必要事項を記入して本籍地の役所に提出するだけです。戸籍の字が修正されるのはもちろんのこと、住民票の字も修正されます。

 正字(旧字体)から正字(通用字体)の変更は簡単ですが、逆に「沢村」(通用字体)を「澤村」(旧字体)にという変更はできません。

 ここまでは、あなたのケースではありませんから、参考です(すいません。長くなっちゃいました。まー知識としてもっておかれても損はないと思いますので)。


戸籍には、正字だけでなく、俗字や誤字もたくさん記載されています。昔は手書きで戸籍を記載していたので、書く人のくせなどもあり、信じられないほどたくさんあります。どんなに大きな漢和辞典を見ても載ってない字もたくさんあるのです。
 やっかいなことに戸籍に記載されている氏名が正しい氏名ということになっていますから、誤字で戸籍に記載されている人は、その誤字がその人の正しい氏名になっているわけです。当然、住民票に記載される氏名も戸籍と同じです。

 いよいよ本題です。

 「誤字」や「俗字」を正字に変更したい場合も本籍地の役所に申し出すれば字を訂正してもらえます。
 あなたの場合は、「俗字」に当たりますので、簡単に変更できます。

>両親とはなれて一人暮らしですが変える場合は家族全員のを変えることになるのでしょうか?

 戸籍の現物を見ていただくと早いのですが、名字(氏)は戸籍の一箇所にしか書かれていません。戸籍の一番初めに書いてある、本籍地の地名の下に、筆頭者(お父さんのことが多いと思います)の氏名が書かれています。ここにしか「氏」は書かれていないんです。例えばあなたの欄を見られると、「名」しか書かれていません。
 ですから、戸籍の「氏」を変えると言う事は、自動的にその戸籍に載っている人全員の「氏」が変わることになります。
 もし、それが困るということであれば、あなただけ戸籍から抜け、1人で新しい戸籍を作り(「分籍」といいます)、それから訂正を申し出られれば、あなただけが変わります。

 こんなところです。補足が必要でしたらどうぞ♪

 おはようございます。

 以前、役所で戸籍事務をしていましたので、何でも聞いてください。分かる範囲でお答えさせていただきます。

 では、説明開始!

 「澤村」を「沢村」に、「廣瀬」を「広瀬」に、「渡邊」や「渡邉」を「渡辺」に変更したいというときはどうすればよいのでしょうか。
 このように漢字としては同じ意味の漢字でも字体の違う漢字がたくさんありますね。氏を変えたい、名を変えたいというのとは少し違って、字体だけを変更したい場合です。

 とりあえず、漢字は、
・正字(文...続きを読む

Q戸籍の旧字体を新字体にする場合

戸籍に登録されている漢字(旧字体)を新字体に変更すると何か不具合やトラブルなどありますでしょうか?

また、変更すると両親と旧字体、息子が新字体と分かれてしまうのでしょうか?

ご存知の方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、30年に近く前に、戸籍の姓も名も、両方に文字を旧字体から「略字体」にしました。

届け名は、確か「文字の修正」だと思いました。

姓は、戸籍単位で旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。
戸籍筆頭者と、配偶者の両方の自署名と、印鑑が必用です(認だったか、実印だったか記憶に無し)

名は、当人だけの自署名と、印鑑が必用で、こちらも旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。

修正後は、戸籍単位(夫婦単位)で、姓を修正と記載されています(未婚の子も含む)。
私の子が結婚したので聞いてみると、私が修正の届けをした略字体で、戸籍が作成された様です。

また,私の親は、姓を修正していませんので、死亡届・相続の時に戸籍謄本・除籍謄本をみたら、旧字体のままでした。
つまり、私の戸籍(私が筆頭者)と、私の親の戸籍(父親が筆頭者)は、姓の文字が違うということです。

最近の電子化された私の戸籍謄本(抄本)は、文字の修正部分の記載がどうなっているか、謄本・抄本の記憶がありません。

それから、私のお墓の文字は、旧字体で彫ってあります。
しかし、私は、気にしてはいませんが、私の子供たちには理由を説明してあります。


> 戸籍に登録されている漢字(旧字体)を新字体に変更すると何か不具合やトラブルなどありますでしょうか?

私は時々、「戸籍の文字を変えた」と言うと、初めて聞く人はびっくりします。
旧字体と略字体の、文字の修正と説明すると納得します。
しかし、普段から、家族みんなが略字体で書きますので、生活には影響がありません。
逆に、お寺の塔婆や、神社のおふだで、旧字体が書かれると違和感があります。


> また、変更すると両親と旧字体、息子が新字体と分かれてしまうのでしょうか?

nikogooさんの親の姓の質問なら、先に回答のように、nikogooさんの親(戸籍筆頭者と配偶者)が、文字の修正を出さない限り、nikogooさんの親は旧字体のままですし、nikogooさんが結婚しているなら、親とは別の夫婦単位の戸籍です。

nikogooさんの子供の質問なら、子供さんが未婚なら、nikogooさんの戸籍(たぶん、nikogooさんが筆頭者の戸籍)に入っていますので、未婚の子供同じ字体になります。

息子さんが結婚すれば、結婚当時のnikogooさんが戸籍筆頭者の字体です(息子さんが、結婚と同時に相手の姓を名乗れば別ですが・・・・)。

--------------------------

私の知り合いには、略字体で名前を書くと、文字が違うと言って旧字体にこだわる人がいますが、私は、旧字体には全然こだわりません。

また、電子化の文字に無い自体にもこだわる人がいます。電子化できないそれらの文字のほとんどが、代用の文字になっています。
例えば、「崎」の文字が、上が「山かんむり」だといったり、「山かんむり」に「鳥」だったり。
高」の文字が、「なべぶた」の下が「はしご」状の文字だったり。
「柳」の右側の「卯」が、いろいろな形だったり。
「渡辺」の文字の、「渡」にも「辺」にも、それぞれ両方にいろいろな形の「渡」と「辺」もあり。

「吉田」の文字の「吉」の上半分は、上が長いのが標準らしいですが、上が短い土の文字の「土吉」も変換が出来る?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1023337975
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1352606183

私は、30年に近く前に、戸籍の姓も名も、両方に文字を旧字体から「略字体」にしました。

届け名は、確か「文字の修正」だと思いました。

姓は、戸籍単位で旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。
戸籍筆頭者と、配偶者の両方の自署名と、印鑑が必用です(認だったか、実印だったか記憶に無し)

名は、当人だけの自署名と、印鑑が必用で、こちらも旧字体から「略字体」修正の届けですが簡単です。

修正後は、戸籍単位(夫婦単位)で、姓を修正と記載されています(未婚の子も含む)。
私の子が結婚...続きを読む

Q戸籍の旧字の使用は強制?

 以前は旧字を使わないということで、固有名詞であっても旧字ではなく簡単な漢字を使っていましたよね。それが、戸籍上の字を使いたいという希望があって、旧字の使用も認められたという報道も見た記憶があります。
 結婚して名字を変えたのですが、結婚相手がその戸籍上の旧字を使わずにいたので、わたしも略字で生活していました。ところが昨年から「戸籍上の漢字を使用しないとは、うその名字を名乗っている。」と上司から叱責されるようになってきました。「どちらを使いたいかではなく、正しいのは戸籍上の漢字の方だからそれを使わないのは許されない。」と言うのです。さらに事務担当の人から、「違う名字を名乗っていると、将来年金を受け取れないかもしれない。」とまでおどかされてしまいました。
 ただ、戸籍上の漢字は届けを出せば旧字はすぐに変えらるし、うそをついている意識はなかったのですが、現在は戸籍上の旧字を使うことが強制になったのでしょうか?
 一度名字を変えた方は分かると思うのですが、もう一度漢字を変える手間はとても取りたくありません。それに結婚で名字が変わること自体我慢がならなかったのに、またなじみのない字になるなんて。もし、強制でなければこのまま略字で押し通したいのですが。夫は戸籍の字を変えることに反対です。
 教えてほしいことを整理しますと、
(1)戸籍上の旧字は使用が強制になっているのか。
(2)もし、強制でない場合、旧字を使用しないと不利益が生じる可能性があるのか。
(3)夫の戸籍上の漢字と妻の漢字を違うものにできるか(多分無理でしょうね)。
(4)一度戸籍上の漢字を変更してから、また元に戻せるのか。
 
 とても困っていますので、よろしくお願いします。

 以前は旧字を使わないということで、固有名詞であっても旧字ではなく簡単な漢字を使っていましたよね。それが、戸籍上の字を使いたいという希望があって、旧字の使用も認められたという報道も見た記憶があります。
 結婚して名字を変えたのですが、結婚相手がその戸籍上の旧字を使わずにいたので、わたしも略字で生活していました。ところが昨年から「戸籍上の漢字を使用しないとは、うその名字を名乗っている。」と上司から叱責されるようになってきました。「どちらを使いたいかではなく、正しいのは戸籍上...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。以前,戸籍事務をしていた経験がありますので「3」「4」についてお答えさせていただきます。

(3) 戸籍謄本を見られるとわかりやすいのですが,名字は,戸籍見出しとして,戸籍の筆頭者の欄にしか書かれていません。ご夫婦のそれぞれの欄には,氏名ではなく名しか書かれていませんので,したがって,戸籍単位でしか名字の変更はできません。

(4)旧字体から通用字体の変更は簡単ですが,逆に通用字体を旧字体にという変更はできません。

Q戸籍に登録される漢字の読み(ふりがな)について

身内の恥をさらすようで恐縮ですが、相談にのってください。

私の名前の漢字は読み方が二通りあります
”ふみこ”と”あやこ”です
いままで生きてきたウン十年は「ふみこ」で生きてきました。
今まで何の疑問も抱いていませんでした。

最近父が「そう言えば”ふみこ”とふりがなを付けて出生届を出したか記憶が定かではない」
と言い出しまして、初めて自分の名前に疑問を持ちました。

そういえば保険証は”あやこ”ですし、学生の時の名簿も初めは毎回”あやこ”だったので訂正していましたし、
ダイレクトメール、電話セールスでも”あやこ”でした。

これは確認しなければ!という事になって先日戸籍謄本を取り寄せたのですが
肝心のふりがなは記載されていませんでした。

そこでご相談なのですが
自分の名前のフリガナを確認する方法ってあるんでしょうか?
それとも漢字さえ正しければ読み方は本人の自由なのでしょうか?
どなたか詳しい方、教えてください!!

それにしても、なんていいかげんな両親なのでしょう!
「そういえば、なんでふみこって呼んでいるのかな?」だって!!
こんな親にはなりたくないな、と思った私でした。

身内の恥をさらすようで恐縮ですが、相談にのってください。

私の名前の漢字は読み方が二通りあります
”ふみこ”と”あやこ”です
いままで生きてきたウン十年は「ふみこ」で生きてきました。
今まで何の疑問も抱いていませんでした。

最近父が「そう言えば”ふみこ”とふりがなを付けて出生届を出したか記憶が定かではない」
と言い出しまして、初めて自分の名前に疑問を持ちました。

そういえば保険証は”あやこ”ですし、学生の時の名簿も初めは毎回”あやこ”だったので訂正していましたし、
ダイレクト...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは,puni2です。いろいろ出ていますので,少しまとめてみましょう。随時,内部通達なども引用します。

出生届には「よみかた」の欄があります。
届の用紙の「記入上の注意」には,「よみかたは,戸籍には記載されません。住民票の処理上必要ですから書いてください。」と書かれていると思います。
この注意から分かるように,基本的には戸籍にも住民票にもふりがなはついていません。
あくまでも「処理上」ということで,住民票の原本(のことを住民基本台帳という)でデータを並べる時に使ったり(文字どおり紙の台帳の場合),またコンピュータ化されている場合は検索する時に使います。
また,選挙人名簿は住民基本台帳をベースにして,その中から選挙権のある人だけを抜きだして作りますが,これには振り仮名がついています(投票所の入り口で係員がチェックしていますね)。

従来は,出生届の「その他」の欄に「傍訓記載希望」などと書いておくと,戸籍上も傍訓(振り仮名)が記載されました。また,この傍訓は婚姻などで新たに戸籍を作るときもそのままついた形で転記されました。(昭和6年4月24日民事第469号民事局回答)
ただし,傍訓はあくまでも「名の読み方を明らかにするために戸籍に記載するものであって、名の一部をなすものではない」(昭和56年9月14日付け法務省民事局第2課第5537号民事局長通達)ので,他の人の戸籍に出てくる場合は傍訓は付けません。(たとえば,Aさんの夫がBさんで,Bに傍訓がついているとき,Aさんの戸籍に「何年何月何日Bと婚姻届出」と書かれますが,Bには傍訓はつきません。)
従って,searchingboyさんのお読みになった「漢字に振りがなをつけて届をすると、戸籍の姓名を記入するときは漢字と振りがなの両方を書かないと正式の届と違うことになる」という説明の真偽は「偽」ということになります。
なお,傍訓を消したいという申し出があれば,消すことはできました。

しかし,1994年11月より,戸籍にはいっさい傍訓を記載しないことになりました(平成6年11月16日法務省民事局第2課第7005号民事局長通達)。
94年12月から戸籍のコンピュータ化が認められるようになったので,それとの関連であろうと思われます。
従って,コンピュータ化されている戸籍には読みがなは一切記載されません。ただし検索の便宜上,データは入力されていると思われます。その場合は,戸籍のデータと住民基本台帳のデータとをつなぐリンク(戸籍の附票という)があるので,住民基本台帳の読みを使っているのではないでしょうか。
また,現在まだ戸籍を紙で維持しているところでは傍訓があるかもしれませんが,コンピュータ化する時点で消えます。

以上のことから,shoyosiさんの回答のような結論になります。

なお,一般には出生届の読みは自由と言われていますが,実は全くの自由ではありません(でした)。
「傍訓が名に用いた文字の音訓又は字義に全く関連を有しないときは、これを付した届出は受理することができない。」となっていました。(前出,昭和56年9月14日付け5537号通達)
今手元にないので確認できませんが,確か前例集に「高」と書いて「ひくし」と読ませようとしてハネられた例が載っていました。昭和30年代の実例だったかな。
また,疑問がある時は受付を保留にしておいて上部機関に問い合わせをしていました。
現在は,傍訓そのものを付けなくなってしまったので,この規定自体もなくなっています。
「高」で「ひくし」と読ませることが可能になったかどうかはわかりませんが,「悪魔」君という名前に一旦ストップがかかった(結局,字を変えて決着した)という例もありますし,おそらく従来と同様の運用がなされていると思われます。

こんばんは,puni2です。いろいろ出ていますので,少しまとめてみましょう。随時,内部通達なども引用します。

出生届には「よみかた」の欄があります。
届の用紙の「記入上の注意」には,「よみかたは,戸籍には記載されません。住民票の処理上必要ですから書いてください。」と書かれていると思います。
この注意から分かるように,基本的には戸籍にも住民票にもふりがなはついていません。
あくまでも「処理上」ということで,住民票の原本(のことを住民基本台帳という)でデータを並べる時に使ったり(...続きを読む

Q名前(漢字)の変更について

こんにちは、名前の変更と言うか漢字の変更について教えて下さい。
色々とトラブルが続いており、名前(漢字)を変えようかと思っています。
変更した名前は、どこまで使用出来るのでしょうか?戸籍は変更出来ないと聞いています。
通常、会社や生活の中で使用する分には問題ないと思いますが、どこまで可能なのか分かりません。
運転免許証は、変更後の名前(漢字)で可能なのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 こんにちは。

>変更した名前は、どこまで使用出来るのでしょうか?

 これは難しい問題ですね。公的手続きに使用するのはダメでしょうが、その他については貴方が決めるのではなく、相手が認めてくれるかどうかと言う事になりますね。

>戸籍は変更出来ないと聞いています。

 戸籍については、「姓」「名」とも変更する手続きはありますから、出来ない事はありません。でも、難しいのは確かです。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

>通常、会社や生活の中で使用する分には問題ないと思いますが、どこまで可能なのか分かりません。

 いわゆる「通称名」になりますから、公的にその名前が貴方の名前であると言う事を証明するすべがありません。契約などの法律行為は、少なくともダメ(と言うかトラブルの元)ですね。

>運転免許証は、変更後の名前(漢字)で可能なのでしょうか?

 運転免許証の氏名の変更には「住民票」が必要です。「住民票」の名前を変えるには「戸籍」の名前を変える必要がありますから、「名」の変更の手続き(家庭裁判所の許可)が必要になります。

参考URL:http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

 こんにちは。

>変更した名前は、どこまで使用出来るのでしょうか?

 これは難しい問題ですね。公的手続きに使用するのはダメでしょうが、その他については貴方が決めるのではなく、相手が認めてくれるかどうかと言う事になりますね。

>戸籍は変更出来ないと聞いています。

 戸籍については、「姓」「名」とも変更する手続きはありますから、出来ない事はありません。でも、難しいのは確かです。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/hitosen/ujina/ujina.html

>通常、会社や生活の中で使用する分...続きを読む

Q戸籍謄本と住民票の違いは何ですか?

戸籍謄本と住民票の違いは何ですか?

Aベストアンサー

>戸籍謄本と住民票の違いは何ですか?

戸籍謄本は、依頼者の血縁関係(出生)を証明する「戸籍」の内容を写した公的書類です。
住民票は、依頼者が現在何処に住んでいるのかを証明する「住民票」の内容を写した公的書類です。

基本的に、戸籍は変更する事が出来ません。
家庭裁判所などで、正当な事由が認められれば内容(戸籍住所など)を変更する事が出来ます。
誕生と共に戸籍に記載され、死亡と共に戸籍から抹消されます。
また、外国籍の方には戸籍は存在しません。
戸籍制度は、日本など数カ国にしか存在しません。

住民票は、人単位・家族(世帯)単位の住所移動毎に変更する事が出来ます。
進学・就職・転勤などの理由で、自由に(住民票移動=転出・転入)変更する事が出来ます。

単純にいうと、戸籍謄本は「本人の出生証明書」的な意味合いがあり、住民票は「本人の住居証明書」的な意味合いです。

Q戸籍の名字が旧字になっていた事に気づきました

長男の小学校入学の際に、教育委員会より戸籍と住民票の名字が違うことを指摘されました。(横棒がでるかでないかの違いです)個人的に調べたところ、戸籍上では旧字が使用されており、住民票は単なる役所での間違いのようでした。この件に関しては、私の両親はもちろん、他の親族の誰も知らずに過ごしていました。すでに住民票の表記は戸籍と同じものに変更されていますが、将来のある子供のことを考えると、今後どうしたらよいものかと悩んでいます。
戸籍は旧字のままで、日常は新字を使うことの不便であるとか、旧字を新字に変更したことに伴う財産上の手続きとか、相続問題とかを天秤にかけた上で、決めたいと思いますので、どなたかアドバイスと共に教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

個人情報の保護の重要視のし過ぎで、いまだ旧字と新字の取り扱いが統一されていないようです。
金融機関や役所の職員の無知又は取扱の規定が間違っていると思います。
戸籍上旧字であっても、記載する字が新字であっても、問題ないはずです。役所を統括すべき総務省、金融機関を統括すべき金融庁へ確認した際に、旧字と新字は読み替えで便宜を図るとの事です。

従って、書類上戸籍や住民票を出す際には、相手方へ確認すべきだと思います。

私は、戸籍も普段書く字も旧字ですが、役所や金融機関が新字にすることがあります。なるべく旧字で統一するよう頼んでいます。旧字を使う理由は、旧字がバランスや見た目が良いと思っている自分と姓名判断で旧字のほうが良いと判断されたからです。

旧字から新字への変更は簡単なものですが、旧字に戻すのは難しいと聞いたことがあります。いまだ旧字云々をいう役所や金融機関がありますので、戸籍・免許・金融機関など統一する必要があると思います。

他の親族が・・・との事ですが、戸籍ごとの変更となります。お子さんがいらっしゃるようですので、すでに親の戸籍からは抜けているはずです。あなたと同一の戸籍(二世帯まで 例:親と未婚の子)にいる人に了解を貰えば、戸籍筆頭者かその配偶者の手続きで変更は簡単に出来ます。

不動産をお持ちであれば、法務局への確認もされたほうが良いでしょう。変更が必要だと費用が発生するかもしれません。

個人情報の保護の重要視のし過ぎで、いまだ旧字と新字の取り扱いが統一されていないようです。
金融機関や役所の職員の無知又は取扱の規定が間違っていると思います。
戸籍上旧字であっても、記載する字が新字であっても、問題ないはずです。役所を統括すべき総務省、金融機関を統括すべき金融庁へ確認した際に、旧字と新字は読み替えで便宜を図るとの事です。

従って、書類上戸籍や住民票を出す際には、相手方へ確認すべきだと思います。

私は、戸籍も普段書く字も旧字ですが、役所や金融機関が新字にす...続きを読む

Q本名とは別に、通称名を持つことはできますか?

本名とは別に、通称名を持つことができると聞いたことがあるのですが、本当にできるのでしょうか?
特に正当な理由があるというわけではなく、正直おもしろ半分ではあるのですが、友人などから本名ではなく、いつも通称のような名前で言われています。
具体的にどのような手続きをすれば、通称名を取得できるのでしょうか?
また通称名は、生活のどのくらいの範囲で使用できるのでしょうか?
興味本位な質問で申し訳ないのですが、とても気になったもので。
ご存じの方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

>本名とは別に、通称名を持つことができると聞いたことがあるのですが、本当にできるのでしょうか?
できます。ただ,

>友人などから本名ではなく、いつも通称のような名前で言われています。

というところがちょっと気になりました。

結婚した人が,旧姓を通称として使う,というケースは増えていますし,
たいていの場面で通じます。

しかし,一見していかにもニックネームだな,とわかるような名称は,芸能人の芸名とか,小説家のペンネームのような場合ならいいでしょうが,
日常生活で「じゃあこちらにお名前とご住所を」と言われた時,「これ,本名ですか」などとトラブルのもとになるのではないでしょうか。
たとえば,水野亜美子さんという人がいたとして,マンガ「セーラームーン」に出てくる水野亜美にちなんで,まわりから日ごろ「セーラーマーキュリー」と呼ばれていても,たとえば本屋で本を注文する時に名前の欄に「セーラーマーキュリー」と書くのには勇気がいりそうです。

>具体的にどのような手続きをすれば、通称名を取得できるのでしょうか?
これは,既に出ているように,正式のものではありませんから,手続きも特にありません。

>また通称名は、生活のどのくらいの範囲で使用できるのでしょうか?

正式の身分証明を必要とする場合は使えません。例えば,
病院や役所,銀行などの窓口。
銀行は普段はいちいち証明を求めませんが,口座を作る時は証明が必要です。(隠し口座などを防ぐため,けっこうチェックが厳しくなってきています。)
それ以外の場でしたら,かなり通用するようになってきています。
たとえば,大学の教員の中には,通称として旧姓を使いつづけている人がいますが,
学生は本名(戸籍上の苗字)をほとんど知りません。
時間割も,研究室の表札も,みんな通称が書かれています。
本名を知っているのは人事や給与関係の職員ぐらい,という場合もあります。

アルバイトをする場合,職場に通称で届け出ると,給与明細や源泉徴収票は通称で書かれます。
アルバイトの給与はたいてい税金を多めにとっているので,確定申告すると少し戻ってくることが多いのですが,
確定申告の書類には「屋号など」を書く欄がありまして,
ここにペンネーム・芸名などを書くことができます。

郵便の場合,ポストに通称と本名の両方を出しておくと,理解が早いです。
ただ,不在通知が入っていて本局にとりにいくと,なりすましの被害を防ぐため,身分証明を求められます。
旧姓ぐらいだったら,名前の後半と住所は一致しているので,納得されるでしょうが,全然違う名前だと,説明が大変かもしれません。

ちょっと思いつくままに,通称の使用例をあげてみました。

>本名とは別に、通称名を持つことができると聞いたことがあるのですが、本当にできるのでしょうか?
できます。ただ,

>友人などから本名ではなく、いつも通称のような名前で言われています。

というところがちょっと気になりました。

結婚した人が,旧姓を通称として使う,というケースは増えていますし,
たいていの場面で通じます。

しかし,一見していかにもニックネームだな,とわかるような名称は,芸能人の芸名とか,小説家のペンネームのような場合ならいいでしょうが,
日常生活で「じ...続きを読む

Q名前を変えるのに必要な手続きとは?

質問いたします。
私3年ほど前に姓名判断で見てもらい、名前のみを変えました。
その後、戸籍上はすぐには変えられないということなので、
郵便物や簡単な会員証、ホテルの予約の名前等、できるとことはすべて変えた後の名前を使ってきました。
この変更後の名前で書かれている物、印刷されている物はすべて保存してあります。

そろそろ戸籍上も変更後の名前にしたいのですが、
もう変更することはできますでしょうか?
またどのような今後手続きをしていかなくてはなりませんでしょうか?

分かる方おられましたらよろしくご指導ください。

Aベストアンサー

近年、改名が認められた事例としては、性同一性障害で女性名から男性名への変更許可申
立が認められた事案や、近所に同姓同名の人がおり、郵便の誤配、間違い電話に悩まされ
ていることをもって「正当な事由」として認容したケースがあります。


>そろそろ戸籍上も変更後の名前にしたいのですが、
>もう変更することはできますでしょうか?

ご相談の内容では、姓名判断の助言から、改名したいという事のようですが、裁判例では
「姓名判断は不合理な迷信であってそれだけを理由として改名を認めるわけにはいかない」
という考え方が主流です。 ただし、当初は姓名判断が動機で戸籍上の名前とは異なった
名前を使用したが、それが長期間(永年使用)にわたり、通名の方が定着してしまった場合
に改名を認めた事例があります。 

これは、長期間にわたり通名を使用したことにより、通名の方が定着してしまった場合に
通名への変更許可申立を認めなかった時に、実生活への不利益、日常生活に与える影響の
重大性を考慮(重要視)して判断する場合があると言うことです。(裁判官によってかなり
考え方が違うため、本件でも確実に認められるとは限りません。)

したがって、裁判官に改名がやむを得ないと認めさせるに足る十分な客観的事情を証拠と
共に明示することが必要です(本件では、改名が認められなかった場合に想定される実生
活への重大な不利益。 下記判例より、重大な不利益が認められた場合でも通称の使用期
間が約3年では短いと判断される可能性もあります。)。


■【参考判例】
大阪家裁(平成8.12.6)の抗告審において、性同一性障害で通称の使用期間約4年間で男性
名から女性名への変更を許可。(家裁では不許可)

徳島家裁(平10.08.20)において、性同一性障害との診断があり通称の使用期間は約3年の
ケースで男性名から女性名への申立が却下されています。

家裁において、性同一性障害で通称の使用期間約5年間以上で、概ね、男性名から女性名
への変更を許可しています。
 
例外として、性同一性障害で通称の使用実績がない場合であっても、女性名から男性名へ
の変更が認められたケースがあります。[静岡家裁(平10.04.28)]


>またどのような今後手続きをしていかなくてはなりませ
>んでしょうか?

■【氏名の変更のための手続き】

氏名の変更のための手続きについては、まず家庭裁判所に「氏名の変更の許可申立書」を
提出します。

●申し立てることができる人
戸籍の筆頭者及びその配偶者であること。
名前だけの場合は本人。

●申し立てる裁判所
申立人の住所(住民票上の住所)を管轄している家庭裁判所。

●申立費用
収入印紙(申立書に貼附する)を600円、郵券(郵便切手)を大体400円程度、現物で持参
する。

●申立書と併せて提出する書類
申立人の戸籍謄本、氏名の変更の理由があることを証明する書面(陳述書)、同一戸籍内
に15歳以上の者がいる場合には、その者が署名押印した氏名の変更についての「同意書」。

●同一戸籍内に15歳以上の者がいる場合
同意書を提出しますが、家庭裁判所では同一戸籍内の15歳以上の者と直接面接を行い、そ
の意思確認を行うこととなっています(特家審規5条)。


家庭裁判所から氏名の変更の許可の審判が出て、かつ、誰からも即時抗告を行われず2週
間経過したとき許可の審判が確定します。家庭裁判所から確定証明書が郵送されます。

次に住所地の区市町村役場(所)「戸籍係(課)」に行き、氏名の変更届に必要な事項を記載
して、家庭裁判所で出た「許可の審判書(謄本)」と、その「確定証明書」を添付して提
出します。

以上の手続きを経て氏名の変更が実現します。


■【参考法律】

戸籍法第107条(氏の変更)
やむを得ない事由によつて氏を変更しようとするときは、戸籍の筆頭に記載した者及びそ
の配偶者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない。

第107条の2(名の変更)
正当な事由によつて名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け
出なければならない。


以上参考まで。

近年、改名が認められた事例としては、性同一性障害で女性名から男性名への変更許可申
立が認められた事案や、近所に同姓同名の人がおり、郵便の誤配、間違い電話に悩まされ
ていることをもって「正当な事由」として認容したケースがあります。


>そろそろ戸籍上も変更後の名前にしたいのですが、
>もう変更することはできますでしょうか?

ご相談の内容では、姓名判断の助言から、改名したいという事のようですが、裁判例では
「姓名判断は不合理な迷信であってそれだけを理由として改名を認めるわけ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング