【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

英語の長文問題集で有名なものに基礎英文問題精講、 基礎英語長文問題精講 、英語長文問題精講、英文標準問題精講がありますが、違いはなんでしょうか。レベルはどのくらいでしょうか。現在高3の文系で偏差値は70程度で英語には十分時間を費やせます。どれがよいでしょうか?また、古い、入試レベルを逸脱しているとの批判もあるようですが、どうでしょうか。国立大学志望です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

伊藤氏のが使い難いというなら、Z会の英文解釈のトレーニング(実践編)か、もしくは英字新聞を和訳するのがいいと思いますよ。

JAPAN TIMESでも朝日イブニングニュースでもどっちでも良いですがね。

もう英作文対策やってるんなら、次は安河内哲也著の三省堂から出ているアクセントや発音の問題集をやって取りこぼしを抹殺して、ヒヤリング対策やれば、あとはメンテナンスをちょこまかちょこまかやれば、190は下らないはずです。メンテナンス間隔さえ長すぎず短すぎずで考えてメンテナンスしてくださいな。

ヒヤリング対策は俺の頃はなかった代物なんで、それは英語のコーナーで聞いてみてください。
    • good
    • 1

おはようございます



英文解釈であれば、基礎英文がお勧めです。
標準のほうは、勉強というよりは、教養を高めるために読むものだと思います(読む分にはおもしろいです)

長文の基礎のほうは、中堅私立向けの演習の追加にいいかなという感じのレベルですから、現時点での基本の確認にはいいと思います。
標準のほうは、一通りの学習は終えたけど過去問に取り組む自信はないなあというときに、軽く経由するといいかなと思います。

別に古くさいとは思いませんが、かなり癖の強い問題集ですから、使い方はよく考えたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

この時期の高3の偏差値70と言っても、浪人生と混ざった模試じゃないでしょ?高2模試で偏差値70ってことなんでは?結構高2模試ってアテにならないっすよ。



まあそれはさておき、一応額面通りの偏差値70レベルの人がやる問題集じゃないでしょ?旺文社の英語精講シリーズは。

偏差値70レベルの勉強なら、やはり中心になるのは英作文と難解長文なんで、英語精講では易しすぎますよ。

ライオン社伊藤和夫著の長文読解教室とか、Z会の英文解釈のトレーニング(実践編)とかやった方が身になると思いますよ。ただ、この二冊はマジで解説が易しくないので、70レベルじゃないとツラい二冊ですよ。

あとはZ会の英作文のトレーニングとZ会の英作文の通信添削やれば、まあヒヤリング対策とアクセント問題集やれば、どこの大学の英語の試験で苦労することはないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。Z会の英作文のトレーニングを4月から始めています。難解長文の演習とありますが、具体的にはどの問題集を使えばよいのでしょうか?ビジュアル英文解釈1,2はしましたが、長文読解教室もすべきでしょうか。伊藤氏のものは内容はよいのですが、使いにくいです。

お礼日時:2008/05/03 23:29

こんにちは。


基礎英文問題精講、 基礎英語長文問題精講を所持しています。
★内容と違い
◎基礎英文問題精講
これは比較的短い文章を使って、構文を学びます(例えば倒置、同格、The 比較級~,the比較級・・・など)
後半の方はちょっとずつ問題も入っていますが、大きくまとめると、「基礎的構文と和訳の練習」となるでしょうか。
◎基礎英語長文問題精講
基礎英文問題精講と比べて長い文章を用いて問題演習をします。
問題演習ですから記号問題もあり、和訳ありです。
(記号と言っても「この単語と同意の単語を選べ」「この文章のタイトルとして一番良いのはどれか」といったバリエーションはあります)
もちろん解説にはこの文章で重要な構文を挙げています。
★古い、入試レベルを逸脱している?
確かに古いものもありますが、駿台のテキストに載っているものもあったので、「古過ぎて使えない」ということはないと思います。
英語長文問題精講、英文標準問題精講は知りませんが、基礎英文問題精講、 基礎英語長文問題精講は入試レベル全く超えていません。
私は受験時代大体偏差値65前後をさまよっていましたが、構文もほとんど知っているものばかり・・・。
確認用と和訳の練習として使っていたほどです。
偏差値が70もあるのでしたら、心配無用でしょう。

以上です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英文標準問題精講

現在、基礎英文解釈の技術100を三回やり、定着してきたと感じている状況です。そこで原仙作の英文標準問題精講に目を通したのですが、これは基礎英文解釈の技術100をやった程度では太刀打ちできないものでしょうか?

SVCOを振りながらやってみて意外と丁度良いかなと思ったのですが、周囲からの脅しがキツイので、僕が、分かった気になってるだけなのかと不安になります。

Aベストアンサー

No.2です。

「英文標準問題精講」買ってきて、
初級編と中級編をパラパラと読んでみてますが、
「東大京大と早稲田慶応難関学部」用ですね…。
この大学受ける人が、
リーディング訓練の一貫の中の、
単なる1冊として使うのは、
わりといいとおもう。

文の内容自体は難しくないし
文章構造も別にトリッキーではないけど、、
単語とか構文とかががビミョーに「普通の大学では出ない」感じのものが
わりとちりばめられていて、
普通の大学うけるひとには、
使いにくいと思う。
---

普通の大学うけるひとは、
「CDつきの入試長文教材」で
精読訓練も速度向上訓練もおこなえばいいとおもうけど。
とくに英文解釈的な本つかわずとも。

そのほうが、単語レベルとか文章の取り扱う内容とかが、
入試にマッチしてるわけで。

Q名問の森か難系か

東工大志望の新高2です。

物理のエッセンスを終えた後に何をやろうかを悩んでいます。
学校の先生によると「東工大なら難系」とのことだったんですが、ネットで色々見てみたら「名問の森が作者も同じなのでいい」となっていました。

できる限り親には負担をかけたくないので物理などは独学で何とかしたいのですが、どちらのほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

とりあえずエッセンスをしっかりやることです。一説によるとこれだけで全統模試で偏差値70近くはいくらしいです。物理は問題数をこなすことも大切ですが、それ以上に物理が体系的に「見える」ことが大切です。その「見える」段階はエッセンスで確実にしておく必要があるでしょう。

さて本題ですが、ぶっちゃけどっちでもいいです。むしろ、東工大ならエッセンスが完璧になったら、とりあえず過去問を数年分といてみることです。ここで、どれくらいできるのか?どの分野が頻出か?また、解けなかった問題はエッセンスレベルに穴があったからではないか?などをじっくり分析しましょう。その上で、ある程度傾向やニガテから何系や名門をやるにしても、どこを重点的にやるかを見極めるのです。

おそらくエッセンスレベルでも最初のほうは結構解けるはずです。熱+力学等の複合問題の解き方が不足するでしょう。あと、エッセンスは波、一部電磁気、(熱)等の分野がやや弱い気がします。これらの点は模試等でもしっかり不足を確認して対策を取る必要があるかもしれません。ちなみに、名門のほうがより標準+レイアウトが解きやすいです。難系はちらっとしかみたことないですが、問題が多い+やや何+レイアウトが難しそう、です。東工大系なら何系のほうが実践に近いかもしれませんが、だからといって率直に難系にすべきというわけではありません。難しいということはその分時間がかかりますし、全部復習しきれないで終われば本末転倒です。また、試験で重要なのはまずは「標準」を確実にすることです。名門でも東工大に受かるやつは沢山います。問題集とは別に、東工大模試等で演習をかさねて、きちんと形式に対応できるようにする必要はありますが、パターンを覚えるだけと割り切るなら名門はかなり負担が軽減されます。一方難系なら、より高度な問題にも動じずに対応できる力はつくでしょう。ただ、現役合格を目指すとなると数学や化学も含めてと負担が多いので、物理だけに難系を全部網羅させるほどの時間は取れないとおもいます。よって、難系にするならある程度、上記の分析から「必要な問題とそうでない問題をわけて、必要度の高そうな例題から確実に定着させていく」といった勉強法を前提にしておいたほうが良いでしょう。

いずれにせよ、過去問+東工大模試は重要な資料ですから、これらは早いうちに見ておくことが、名門や難系よりも重要なことです。逆にいえば、問題集を全部やらないでも、確実に過去問等で高得点が取れる(もちろん時間以内に、初見で)といえるなら、その問題集をそれ以上やる理由は薄いでしょう。他の勉強にまわすほうが現実的です。

長文ですが、ようするに「これだけやれば、過去問で合格レベルに達する」といえる実力がつけばどんな問題集をやろうと別にいいのです。名門、難系どちらにせよそれ以前が完璧なら足りないことはありません。(もしたまたま難化し、それで足りなければ、受験者の多くが足りないので結局解けるところをとれば合格できる)目標は一応受験のようなので、物理以外の分野の勉強にもこのことを生かすといいでしょう。

とりあえずエッセンスをしっかりやることです。一説によるとこれだけで全統模試で偏差値70近くはいくらしいです。物理は問題数をこなすことも大切ですが、それ以上に物理が体系的に「見える」ことが大切です。その「見える」段階はエッセンスで確実にしておく必要があるでしょう。

さて本題ですが、ぶっちゃけどっちでもいいです。むしろ、東工大ならエッセンスが完璧になったら、とりあえず過去問を数年分といてみることです。ここで、どれくらいできるのか?どの分野が頻出か?また、解けなかった問題はエッ...続きを読む

Q東大理3レベルはどのくらい?

ただ興味があるだけなのですが、東大の理科三類に合格する学生のレベルというのは数学・英語・理科など具体的にどのくらいのレベルなのでしょうか?この教科書をスラスラ解けるぐらいとか、英検何級ぐらいとか教えてください

Aベストアンサー

 理IIIではないですが、文系の東大生です。

 まず、理IIIですが、センター5教科7科目を平均して9割以上得点することが概ね合格の必要最低条件であるに加え、2次試験においても、英数に加え、文系と同じ内容の英語、国語(国語に関しては問題数が少ないですが)を解く能力が要求されます。基本的には、英語の一部を除き全科目論述問題ですので、そもそも英検や教科書の問題、及びテレビ番組のクイズ問題のように、「ピンポン早押し型」の解答力が求められるような類のものではありません。従って、中々比較は難しいかと思います。むしろ、一問にかじりつき、問題の一文字一文字の条件まで如何に解析し、解釈し、記述的解答に結びつけるか、といった、医学に限らず学問をやる上での前提条件たる基本的な読解・思考・表現能力があるか否かが重視されますので。

 ちなみに、理I・IIに比べ、理IIIの合格最低点はそれよりも50点前後上です。同じく東大の問題に接した身として、あれだけのものを試験会場にてそのような高得点でパスする、といった基礎的な素養は、並大抵のものではないように思います。東大医学部の学生が、医学に全く関係のないような外資系金融やコンサルからヘッドハンティングされている、という事実も、その医学の素養ではなく、理IIIに合格したという基本的な学問上の基礎力を評価しているからではないか、と思います。

 理IIIではないですが、文系の東大生です。

 まず、理IIIですが、センター5教科7科目を平均して9割以上得点することが概ね合格の必要最低条件であるに加え、2次試験においても、英数に加え、文系と同じ内容の英語、国語(国語に関しては問題数が少ないですが)を解く能力が要求されます。基本的には、英語の一部を除き全科目論述問題ですので、そもそも英検や教科書の問題、及びテレビ番組のクイズ問題のように、「ピンポン早押し型」の解答力が求められるような類のものではありません。従って、中々比較...続きを読む

Q英文読解の透視図かポレポレか

京大の文系学部志望で、一浪中です
英語の学力はだいたい過去問の平均で
センター:180/200(筆記)
京大二次:60/150(予備校の採点)
ほどです

京大の複雑な文構造に対応できていないことは明らかなので、そこを克服したいのですが、上の二冊の参考書ではどちらをやるのが適切でしょうか。

具体的には、センターに出てくることが少ない倒置や先行詞から離れた関係詞などが絡む英文がなかなか読めない状態ですので、その辺りを読めるようにしたいです。

直前期に入りつつありますが、英語に充てることが出来る勉強時間は1日4時間程度はありますので、二次までに終わらない(理解して定着させるところまで)ということはないかなと思います。

Aベストアンサー

実力相応としてはポレポレ、京大を強く意識したい場合は透視図、でしょう。

背伸びをして伸びるタイプか否か。守るか攻めるか。それは質問文の情報からは回答者にはわからないものです。

といって詳細スペックをここに補足してもらうのも時間の無駄なので、自分の目で見定めるか、あなたを回答者よりも知る人(学校や塾の先生、あるいは先輩とか)の助言をもらうべきでしょう。

私なら、現役なら透視図、しかし浪人しているのでポレポレにしとくか、というところでしょう。

「英文解釈教室」に感動したおじさん世代の人間(一浪東大)です。高三夏にこの書に触れ受けた衝撃は今も忘れませんが、真の効果が得られたのは半年後、つまり現役では落ちたあとでした。この手の教材は即効性は高くないので、やるなら急がないと。

Q東京大学と国立医学部どっちがむずかしいのですか?

きになってみたので質問しました。
どちらのほうがむずかしいのでしょうか?
東京大学なら理三は抜きでおねがいします。

Aベストアンサー

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験事情を考えるとこの倍率の面の差が大きく、国立医学部がより難しいということになります。

まあ、医学部というところ自体が特殊なところで、ずっとA判定が出ている医学部を受験しても落ちることはざらにあります。さらに旧帝大系の医学部、千葉などの旧医大系、その他では東京医科歯科大などの難関校のようにほぼ毎年難易度が上位で安定している大学を除けば、どの国立大学医学部もその年のセンター試験の動向次第で志願者の増減の変動が激しく、相当難易度が浮き沈みしますので単純に偏差値的に下位の国立大学医学部は東大より簡単とも言えませんし、逆に年によっては“結果的に”東大理系よりも入るのが簡単だったのではないか、と思える国立大学医学部もあります。

最後に5ランクでかなり大雑把にまとめると、

S、東大理三、京大医
A、その他旧帝大系医学部
B、千葉大などの旧医大系・東京医科歯科などの難関校
C、(特に首都圏近辺にある)公立大学医学部
D、東京大学理一・ニ、その他国(公)立大学医学部(年により変動の可能性有り)

というランクわけになると思います。
(昔から医学部には“旧帝大、旧医大、旧医専、その他”の順のランク分けがありますが、このランク分けに加えて首都圏近辺の国公立大医学部の人気が地方国公立大学医学部に比べて高くなるという事実があり、例えば、医科歯科は旧医専ですが、東京にあるため、地方の旧医大系よりも難易度が高かったりします。)

単純に数値の比較だけでなく、総合的に見れば東京大学の理一・ニよりもほとんどの国立大学医学部の方が入学することに関しては難しいと言えます。他の回答者の方も仰っていますが、国立大学医学部に模試でA、B判定が出るようならば、東大理一・ニにはかなり余裕でA判定が出ます。

偏差値で単純比較するのが困難なのは、東大理一・ニと国立大学医学部とでは定員がまったく違うからです。理一・ニは約1000人・500人といった定員がありますが、医学部は100人弱の定員ですし、医学部人気の昨今の受験...続きを読む

Q東大物理50↑をめざす!微積は必要?

 私は新年度めでたくお家で浪人が決まった受験生です。せっかく一年浪人することになったので、他の科目よりも興味がわいてきている物理を、来年はかっこよく高得点をとってみたい!と思い、無謀にも東大物理50点以上という目標を掲げました(笑)。
 巷では、公式物理と微積物理がありますが、そこで調べてみると、微積は大学入試には(東大でも)必要ない!微積の知識はかえって邪魔になるという意見と、そもそも物理は微積で扱うもので微積は裏技ではなく表技だ!だから使ったほうがいいに決まっている(特に難関志望は必須)という意見と、両方あって全く正反対なのでどっちなんじゃい!とわからないでいます。
 そこで、質問ですが
 ・結局、微積物理と公式物理どっちがいいか?
 ・東大模試成績優秀に名前が出るような人は微積を駆使しているのか?
 ・どちらの物理にしてもどういう勉強法や教材が東大物理50↑を目指すのにはよいか?

 等についてアドバイスをお願いします。なお、私は現役時代は勉強をサボってばっかいましたので(宅浪だけど今年はがんばる!つもりではいます)、参考書はエッセンスを数回通した程度、今年度東大物理は22点、というほどでしかないことを付け加えておきます。

 私は新年度めでたくお家で浪人が決まった受験生です。せっかく一年浪人することになったので、他の科目よりも興味がわいてきている物理を、来年はかっこよく高得点をとってみたい!と思い、無謀にも東大物理50点以上という目標を掲げました(笑)。
 巷では、公式物理と微積物理がありますが、そこで調べてみると、微積は大学入試には(東大でも)必要ない!微積の知識はかえって邪魔になるという意見と、そもそも物理は微積で扱うもので微積は裏技ではなく表技だ!だから使ったほうがいいに決まっている(特に難...続きを読む

Aベストアンサー

使えるのであれば微積物理の方が良いです。
一応,東大模試成績優秀者に名前載りましたが、私は微積物理を習ってました。友達も載りましたが、その人も微積物理を習ってました。
微積の知識が邪魔になる というのはよくわかりません。(時間の無駄 ということ?)
でもとりあえず難関志望者は必須 というのは嘘です。一応難関大に入ってますが、周りの友達は大学の物理学でさんざん苦労してます(定数係数の1階線形微分方程式ですら解けない人も多い)。
微積を用いて物理を学べば、高校物理ではぐらかされている箇所がわかります。物理に対する見通しがよくなって、法則の使いどころを見誤ることがなくなると思います。

よく勘違いしてる人が多いですが、高校でいう微積物理は、微積分を駆使して物理を"解く"というスタンスではないでしょう。どちらかというと微積を使って物理を"学ぶ"というスタンスだと思えます。
高校で微積を積極的に使うと役に立つのは、まず、変位・速度・加速度が、要は同じ変数であることがわかること(初期値がわかってれば、時間的に微分/積分すればもとめられる)。
単振動(運動方程式)、キルヒホッフの微分方程式の一部を解けるようになる(簡単な微分方程式しか解けないので、一部です)。それで過渡応答まで知ることができて、時間的に解析可能になること。
ファラデーの法則、ガウスの法則をちゃんとした形で学べること。
くらいではないでしょうか。
ただ、ファラデーの法則の積分系を知っとくと有利な問題を、東大の過去問で見たことはありますが、知らなきゃ解けないレベルではなかったですし、有利ってほど得するものでもありません。ガウスの法則なんか、高校じゃ積分が使えないためにまともな問題が滅多に出ません。
そもそも、高校じゃマクスウェル方程式を全部やりませんし。

光と波動なんてヒドイものです。
マクスウェル方程式を全部やらないので、電磁気学が電磁波の話へとつながっていきません。本来、光は電磁気学に組み入れるべきものですが、つながりがわかりません。高校は干渉効果くらいしかやらないでしょう?
波動も同様に力学と関係するものですが、高校波動は、運動方程式すら書きません(たまにこれを狙った問題は出ますが)。数式で波動を書く練習をするだけです。

熱も第二法則(エントロピー増大)はやらないでしょう?まともにやるのはエネルギー保存則の第一法則くらいで、格別目新しいことはやりません。

こんな感じで高校生がやたら騒いでる微積物理なんて大したものではないですから(微積物理と騒いでる人たちもほとんどの人たちはやらないでしょう)、そんなに微積に心配にならずにちゃんと大学に入って学んでも良いと思います。微積物理も公式物理もやってることは変わりませんから、物理を"理解"することに努める方がいいと思います。
勉強は、きちんとした参考書を読んでから、問題演習をひたすらやるのがいいと思います。河合の『物理教室』,駿台の『新・物理入門』なんかは無難な参考書だと思います。

使えるのであれば微積物理の方が良いです。
一応,東大模試成績優秀者に名前載りましたが、私は微積物理を習ってました。友達も載りましたが、その人も微積物理を習ってました。
微積の知識が邪魔になる というのはよくわかりません。(時間の無駄 ということ?)
でもとりあえず難関志望者は必須 というのは嘘です。一応難関大に入ってますが、周りの友達は大学の物理学でさんざん苦労してます(定数係数の1階線形微分方程式ですら解けない人も多い)。
微積を用いて物理を学べば、高校物理ではぐらかされて...続きを読む

Q東大医学部の難易度について

私の親戚の子供なんですが現在私立中学2年の子がいます。学校のレベルは全国レベルでいうとそれほど上位ではなく県内でいうとそこそこといったレベルです。
小学生の頃から理数系が得意で県内でも上位クラスでした。本人曰く将来医者になりたいと言ってるのですが家がそれ程お金持ちでもなく行かすならなら国立の医学部しかやれないと親は言ってます。年末その子に会って勉強の話しを色々してたんですが冗談まじりで目指すなら東大医学部いきたいな~と言ってましたが親曰く今の段階では到底そんな学力はないそうです。
もう10年近く前になりますが同じ小学校からその親戚の子が通っている私立中学に入って一浪の末阪大医学部に進学した子がいるんですがその子は小学校の低学年の頃から神童と噂される位の秀才で誰もが東大に行くものと思ってたんですが現役で阪大医学部を落ちました。これから推測すると東大の医学部はやはり全国トップクラスではないと無理なんでしょうか?私の学生時代とある業者の全国模試で800点満点中800点取った人が志望大学東大医学部とある本に載ってたのが印象に残ってるのですが東大医学部に入るにはそんなキチガイじみた学力が必要になるんでしょうか?また合格圏内の偏差値ってどれくらいなんでしょうか?
ぜひアドバイス宜しくお願い致します。

私の親戚の子供なんですが現在私立中学2年の子がいます。学校のレベルは全国レベルでいうとそれほど上位ではなく県内でいうとそこそこといったレベルです。
小学生の頃から理数系が得意で県内でも上位クラスでした。本人曰く将来医者になりたいと言ってるのですが家がそれ程お金持ちでもなく行かすならなら国立の医学部しかやれないと親は言ってます。年末その子に会って勉強の話しを色々してたんですが冗談まじりで目指すなら東大医学部いきたいな~と言ってましたが親曰く今の段階では到底そんな学力はないそう...続きを読む

Aベストアンサー

大学の入試に関して言えば

東大の定員は約3千人で大学進学を志望する全国の受験生がおよそ60万人。大雑把に言って全受験生の上位1%ぐらいの学力の人が東大に受かるのね(甘く見ても上位2%という所かな)。

で、その中でも医学部に進学できる理科3類は他の回答者もいう通り90名のみ。だから同じ理科系の理科1類にA判定(この判定をとった人なら合格可能性は80%以上で、余程の失敗が無い限りまず受かる)をいつもとるような生徒でも、志望が理科3類だとC判定(合格可能性50%程度)にも達しないのはザラ。

単純に言うと、東大理科3類は大学受験の文字通りの最難関で、受験生全体の上位0.01%ぐらいの人が受かる。

偏差値で言うと、(偏差値というのは母集団の内容で変わるんだけど)
河合塾とか駿台とかがやっている普通の受験生が対象の全国模試で大体偏差値60以上の人のみが受ける「東大模試」というのがあるんだが、その東大模試で偏差値70オーバーでないとまず受からない。
つまり、普通の全国模試レベルだと偏差値80クラスね(普通だと偏差値は75で打ち止めにしちゃったりするけれど・・)。合格圏でいうならその模試の成績優秀者として名前がでるうちの上位100番までぐらいと考えるべきだね。もう一度書けば、普通の全国模試で偏差値70では理科3類は受からない。

あ、それから、現在の国立大医学部のレベルは大体東大に受かるのと同じ程度と考えればいいんじゃない。だから、ご質問の阪大医学部に合格した人はけっこう成績が良かったのよ。

最後にアドバイスを書けば、いま中2のその親戚の子だって、これから4年間学校でダントツの1位をとり続けるぐらいの頑張りができるなら理科3類に受かる可能性はあるけれど、たいていの場合は、現実に目覚めて志望校を落とすから・・
その時に無駄かつ無理な励ましをしない方が良いってこと。
本当に理科3類に入るためには、キチガイじみた学力が必要なんだからね。国立大医学部でも東大に入るのと同じぐらいの学力が必要ということは覚えといてね。

一応、理科3類の合格者も、今年志望している者も身近にいっぱいいるという立場からの話なんだけどネットだとなんとでも言えるからこの話を信用するもしないも質問者次第。

大学の入試に関して言えば

東大の定員は約3千人で大学進学を志望する全国の受験生がおよそ60万人。大雑把に言って全受験生の上位1%ぐらいの学力の人が東大に受かるのね(甘く見ても上位2%という所かな)。

で、その中でも医学部に進学できる理科3類は他の回答者もいう通り90名のみ。だから同じ理科系の理科1類にA判定(この判定をとった人なら合格可能性は80%以上で、余程の失敗が無い限りまず受かる)をいつもとるような生徒でも、志望が理科3類だとC判定(合格可能性50%程度)にも達...続きを読む

Q赤本と黒本どっちがいいの?

質問はタイトルの通りですが補足をします。
現在センター用の赤本を2冊(数学と英語)持っているのですが、他のサイトなどを見ると赤本よりも黒本の方が解説などが質がよい(詳しい)というような意見が結構ありました。
これから他の教科を買い足す場合、このまま赤本を買ったほうがよいのか、やはり黒本にしたほうがよいのか教えてください。
またその理由も教えてください。

Aベストアンサー

私の場合、センター対策は黒本を使い私大・国立対策は赤本を使っていました。黒本は全教科買って持っていましたが、あれってかなり重くて
たまに予備校で自習する時に持っていかずに塾で赤本を借りたりしていました。
同じ年度の解説を比べてみると、やっぱり黒本のほうが丁寧な気はします。
私は河合生だったのですが、在籍中に先生に黒本の解説は河合の先生が書いている、ということを伺いました。
まぁ、そんな理由から黒本を愛用していました。
でもそれぞれの好みはあると思うので、一度本屋さんで同じ年度のものを見比べてみてはいかがでしょうか。

Q旧帝大の医学部と慶應医学部

医学部受験者です。
旧帝大(東大以外)の医学部と慶應の医学部に合格してしましました。

国立の方を第一希望として頑張った結果ですが、親戚・友人・先生などほとんどの方から慶應への進学を勧められています。

慶應は実家から通学圏内ですが、国立の方はアパート暮らしをしなくてはなりません。

慶應を薦める人は大学としての格が上と言います。また、実家から離れた国立大学へ進学すると関東に戻って来れないとも言います。

借金してでも慶應に入るべきと言われ、本当に迷っています。

・そんなに慶應大学の医学部の格が上なのでしょうか?自分にとっては学費のかかる私立大学がそんなに優秀とは思えないのです。

・大学所在地での勤務を余儀なくされる。又は関東に戻ってきても、立場が弱いというのは本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、入れば分かりますが慶應の医学部には三四会というOB組織があり、卒後のバックアップなども良くも悪くも慶應特有の連帯感で国立大学よりも強いです。

慶應の力がどの程度かということですが、国立大学医学部、中でも旧帝国大学医学部を各地域の医学界の頂点ととらえる考え方の中でも慶應医の力は別格です。そりゃあ国立大学より学費が高いですから東大理三とダブル合格すれば理三に行くのが当たり前ですが、過去には理三に行かずに慶應医に行った人間もいるぐらいのレベルです。もちろんこれは極めてレアなケースではありますが、入学時点で将来臨床医になると決めており、尚且つ慶應医出身者が親戚などにいる人にとってはあり得る選択だと思います。

私も貴方と同じで国立第一志望で旧帝に受かり最初はそっちに行こうかと思いましたが、親の意見、予備校関係者の意見などを総合して結局慶應医に行きました。ちなみにその時の予備校の人の意見としては、どちらでもよい、研究医になるなら旧帝へ、関東の人間なら縁もゆかりも無い土地に行くより地元の慶應、などのものがありました。私はその時点では研究に行く可能性も視野に入れていたので迷いはしましたが、結局のところ、将来的に関東圏で働く予定であったことが決定的でした。

もちろん、実際は地方の旧帝に行っても卒後関東圏に戻ってくることは可能です。ただ、その場合、関東の大学の医局に所属する形が一般的ですからそこでの立場は当たり前ながらその大学生え抜きの人間よりは弱いです。誰だって他校出身者より自分とこの後輩の方が可愛いもんですから。特に慶應の医局に所属した場合、医局構成員の多くは慶應生え抜きであり、教授もほとんど慶應出身者という状況です。慶應という組織は医学部に限らず全般的に慶應命、排他的な部分が非常に強いですから、外の人間から見たら嫌な感じということも多々あると思います。。よって将来関東で働くつもりなら慶應医がいいでしょう。

逆に旧帝医に行くメリットは何か。

第一にお金ですね、学費。これは確かに大きいことは大きい。ただ、貴方の場合、自宅通学が不可能になりますからいくらアルバイトするといっても親の仕送りに頼る部分もあるのが普通です。そうなると結局のところ、学費の差がそのまま慶應に行った場合との金額の差にはなりません。日々の生活で親に負担してもらう部分は自宅を離れた場合の方が当然上がりますから、実際には6年間で1千万弱ぐらいの差に縮まるでしょう。もちろんお家の経済状態にも寄りますが、この金額の差は将来のことを考えるならば必ずしも高すぎる金額ではないと思います。

それから、次のメリットとして一般的なのが研究ですか。
確かに研究面でのバックアップは国立の旧帝の方が受けやすいという部分はあると思います。ただどれほどの差なのか。慶應がまったく研究していないかと言えばそんなことはありませんし、新聞に載るような研究をしている先生方もたくさんいます。そして優秀な研究をしている先生の研究室には国や企業からのバックアップはかなりあります。結局、いかに研究費のバックアップを受けられるかどうかは国立、私立の差よりも研究の内容であると感じます。

まあ、最終的な結論としてはどちらに行ってもいいと思います。どっちに行っても将来的に後悔するようなことになることはない大学間での選択ですから。
私はもう一度同じ状況に置かれて考えるならばやっぱり慶應を選ぶと思いますが、選ぶのは貴方ですからね。

最後に参考までに慶應入って良かったと思えること、逆に良くなかったと思うことを書いておきます。
まず、良かったこと。
卒業試験がありません。各大学、国公私立問わず医学部ではどこも卒業試験がありますが、慶應にはありません。よって卒業は極めて楽です。毎年全員卒業であり、卒留(卒業留年)はいません。
出席、特に臨床系の出席が甘い。基本的に学生の自主性任せなのでかなり遊べます。もちろん最低限、きっちりと試験を通さなければ進級していけませんが、効率よい学習が出来る人なら高学年になっても相当遊べます。自分もかなり遊んでました。

良くなかったこと。
部活に入らない人間への風当たりが強い。これは慶應に限らないかもしれませんが、慶應では特にその傾向が強い気がします。入学早々、絶対に部活(それも運動系の部活が望ましい)に入れと命令されます。興味の無い人間には苦痛な気がしますが、将来的にも部活がどこだったかははじめましての次に来る慶應出身者同士の挨拶代わりみたいなものですからどこかの部活に一度は所属しておいたほうがいいとは思います。基本的に途中でやめる分には平気です。6年間ずっとは部活に所属し続けず、途中でやめる人間もけっこういますから。
ポリクリ(5~6年次に行われる病院での臨床実習)が長い。これは苦痛です。国家試験の準備したい時にしつこくポリクリがつきまといます。他大では6年の夏前でポリクリが終わり、9月以降は卒試と国家試験という流れが普通ですが、慶應では国家試験にはほとんど何の役にも立たないポリクリが延々と6年の11月末まで続きます。。ちなみに国家試験は翌年2月ですのでポリクリの間も計画的にやっていかないときついです。ただ、これは毎年学生側から文句行ってますので貴方が慶應に入学してポリクリやる頃にはもっと短縮されるかもしれません。

同じことで悩んだ経験のある人間です。

貴方がどれだけ医学界の事情に明るいかは分かりませんが、基本的には自分の将来の拠点としたい地域が決まっているのならばそこの地域で力のある大学に行くのが常識です。今は医局という形での各大学の勢力図も昔ほどではなくなりましたが、その大学の関連病院という形で地域別の大学の力は色濃く残っています。その意味で関東圏に住んでいる人間で将来地元で働きたいなら関東圏における慶應の力は非常に強いのは事実です。関東圏では東大、慶應で勢力が二分されますし、...続きを読む

Q英語長文について 基礎英語長文問題精講を買ってやっているのですが あまりにも文章が簡単です 精読

英語長文について

基礎英語長文問題精講を買ってやっているのですが
あまりにも文章が簡単です

精読のプラチカを10題ほど解いていて
残りの長文のレベルが上がってきたので
すこし低めのレベルの長文を読みたくて
中古で買ったのですが
単語も長文もあまりにも簡単すぎて為にならないような気がしました

精読のプラチカの前に
やっておきたい500の方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

>残りの長文のレベルが上がってきたのですこし低めのレベルの長文を読みたくて中古で買ったのですが

なんだこれ、逃げているだけですか。あれこれ食い散らかすのはあなたのレベルでは危険です。また、基礎長文精講はどちらかというと多読用の教材です。個人的には古さが目立つシリーズで使いにくくお勧めはしません。英標(英語標準問題精講)なんて20年以上前でも既に古くさく響くものがなかった。しかし文章自体は名文が多い。

使えないと感じているなら読み流し用、補助用に格下げしても良いのでは。


人気Q&Aランキング