ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

国民年金保険料学生納付特例申請が遅れてしまい困ってます。

私は20歳の大学生です。
昨年度、国民年金保険料学生納付特例申請をしました。

今年度も申請しようと思い、
今年の3月頃に届いた封筒に必要事項を記載しましたが、
それを鞄に入れたまま提出するのを忘れてしまいました。

説明には4月中に提出して下さいと記載されており、
申請が遅れると、障害基礎年金を受け取れない場合があると
説明がありました。

この場合、どのような手続きとするのが最善でしょうか。

回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

社会保険庁の指定を受けている大学等ですと、学校の窓口でも申請が


可能なようですね。

>※平成20年4月から在学する大学等の窓口でも申請手続きが可能に
>なりました。
>(大学等の窓口で申請手続きを行うためには、在学する大学等が
>学生納付特例事務法人の指定を受けている必要があります。)
http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji01.htm

まあ、休み明けに窓口に出しに行けば大丈夫だと思われます。
    • good
    • 1

今日は。


昨年、遅れても問題なく手続きできました。
市役所の方に直接行って、手続きをしましたけれど、特別文句も言われるでもなく、「ハイ。手続きの方完了しました」って言われただけですけど。
可能な限り、早めに行って手続きなされば大丈夫だと思います。
(ご本人でなくても、親とかでもOKです。)

ご参考までに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2008/05/04 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学生納付特例申請書を出し忘れた・・・

現在大学4年生です。
去年までは毎年ちゃんと学生納付特例申請書を出していましたが、
今年はうっかり出し忘れてしまいました・・・。
今から申請ってできるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
結論から先に言いますと、いまからでも申請可能です。

平成21年5月~平成22年3月に申請したときは、
平成21年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。
ちなみに、平成21年4月に申請したときに限り、
平成20年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。

必要な期間とは、上に記されている期間のうち、
いまだ国民年金保険料を実際に納めてはいない期間のことを言います。
言い替えると、既に納めてしまった期間の分については適用不能、
という意味です。

上の期間は、法令での「学生納付特例の承認期間の決まり」が根拠で、
以下のとおりとなっています。
http://www.sia.go.jp/infom/text/kokunen05.pdf の9ページ目後半に
記されています。

1.
 申請のあった日が、当年の4月中にあるときは、
 その前年の4月から、当年の翌年の3月までの期間のうち、
 学生である間で必要と認める期間を、承認する
2.
 申請のあった日が、当年の5月中から翌年3月中にあるときは、
 当年4月から、当年の翌年の3月までの期間のうち、
 学生である間で必要と認める期間を、承認する
(注)
 申請のあった日が、当年の1月中から当年の3月中にあるときは、
 その前年の4月から、当年の3月までの期間のうち、
 学生である間で必要と認める期間を、承認する
 

こんにちは。
結論から先に言いますと、いまからでも申請可能です。

平成21年5月~平成22年3月に申請したときは、
平成21年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。
ちなみに、平成21年4月に申請したときに限り、
平成20年4月~平成22年3月における必要な期間が認められます。

必要な期間とは、上に記されている期間のうち、
いまだ国民年金保険料を実際に納めてはいない期間のことを言います。
言い替えると、既に納めてしまった期間の分については適用不能、
と...続きを読む


人気Q&Aランキング