人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

享年には、享年六十二 として 享年六十二歳 と「歳」をつけないと習いそのように使ってきましたが、広辞苑の「享年」の例文に 享年九十歳 が出ていました。さて、いかがでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

辞書 種類」に関するQ&A: 電子辞書の種類

A 回答 (7件)

はじめまして。



ご質問1:
<享年には、享年六十二 として 享年六十二歳 と「歳」をつけないと習い>

理由は、享年の「年」=「年齢」と「歳」が重複するからです。

1.享年の「享」は「受ける」という意味があります。また、この単語で使われる「年」は「年齢」のことです。

2.そこから「天から授かってこの世に生存した年齢」として使われている語です。

3.それが転意して「死んだ時の年齢」を指す遣われ方をするようになりました。この意味では「行年」=「(あの世に)行った年齢」という語も使われます。

4.従って、享年の「年」は「年齢」のことですから、「歳」も「年齢」で意味が重複するため、2度も使う必要がないため「歳」が省略して使われるのが普通をされているのです。


ご質問2:
<享年九十歳 が出ていました。>

ただの慣例です。

1.満年齢の場合は、歳をつけるのが慣例化しているようです。

2.もちろん「歳」をつけない言い方でもいいのですが、満年齢は歳をつけた言い方が多数派になりつつあります。

3.理由は特になく、強いて言えば「語感」だと思われます。

一の位がある年齢だと、数字だけで終っても、62「ろくじゅうに」、65「ろくじゅうご」など、子音で終わると断定的・決定的な語感を与え、「そこで人生終わり!」といったニュアンスを与えます。

一方、60「ろくじゅう」80「はちじゅう」だと、「ゅう」という長母音で終るため、「継続する」「長引く」ニュアンスを与えます。「そこで人生終わり!」という締めくくりを入れるために、「歳」を便宜上結びの語として使っているのではないでしょうか。「ろくじゅっさい」とした方が、歯切れもよくそこで終わり、というニュアンスが出る気がします。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0

こんにちは ( ^^



同様の例として、「齢(よわい)」がありますね。
文語表現では、元来「齢」や「享年」の後に「歳」を付けなかったと思われます。

【例】
「齢十六にして○○家に嫁ぎ‥」

それが今では・・・
「16歳で○○さんと結婚して‥」

つまり、「齢十六」や「享年八十」は、本来ならば「大昔の表現(=死語)」として消え行く運命にある言葉の筈・・・
なのですが、なぜかしぶとく生き残り、現代口語の中でもしっかり使われることが多々あります。その結果、「齢十六歳」、「享年八十歳」というような文語と口語がミックスされた表現が出来上がったと考えられます。辞書の例文は、その辺の事情を微妙に反映しているのでしょう。

ちなみに、現在は「はたち」を「二十歳」と書きますが、古くは「二十」のみでそう読んでいました。

【例】
比叡の山を二十(はたち)ばかり重ねあげたらむほどして‥
(伊勢物語)

これなども、時代の推移を感じさせる好例だと思います ( ^^
    • good
    • 2

 >広辞苑の「享年」の例文に 享年九十歳 


 ・広辞苑で「享年」をはじめて引きました。少し興味ありますね、確かに~歳が第五版に付いています。
 さて、広辞苑第一版の解説は「この世に生きながらえた間の年齢。」とあり、例文は無い。
 第二版は「この世に生きながらえた間の年齢。死んだ時の年齢。」と変更され、例文は無い。第二版の段階で解説上「行年」に被ってきています。
 第三版は第2版と同じであります。
 第四版は解説上で同じですが、「-九十歳」の例文は出現しています。
 第五版は第四版と同じであります。
 第六版は未確認。

 ginmanさんが言われるように享年では~歳は付けないのが原則と思いますが、広辞苑では解説上で第二版から、~歳表記で第四版から享年と行年が特別な区別無く捉えられているようです。それが世間の使用通例に添ったものなのか、広辞苑独自の判断かは不明です。
 今では表記も「享年八十八」「享年八十八歳」「享年88」「享年88歳」が混在してますし、特別に気にする方が少数なのかもしれません。ご参考まで。
    • good
    • 1

辞書には「享年」の意味が2種類載っています。



・生きていた年数
・死んだ年齢

本来の意味は前者で、最近になって後者の意味で使われるようになりました。

前者の意味に捉えるならば、年数なので、歳を付けることは不自然ですが、後者の意味に捉えるならば、年齢なので、歳を付けた方が自然に感じます。歳を付ける事例が増えてきたのは、後者の意味で使う場合が多くなったからだと思います。

数え年の場合は歳を付けず、満年齢の場合は付けるという考え方があるようですが、数え年・満年齢の違いは関係ないと思います。後者の意味で使われるようになったは最近のことなので、数え年に馴染みがないだけでしょう。
    • good
    • 0

以下のURLを参考にしてみてください。



  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AB%E5%B9%B4

本来、「歳」をつけないのが正しかったのですが、世間一般で、「歳」をつけてしまう用法が広まり、俗な用法とはいえ、広辞苑などにも収録されるに至ったというのが真相のようです。宗教界においても、逐語的厳密性については締め付けがなくなっているというか、絶対性が失われてきていることの裏返しかもしれません。
    • good
    • 0

広辞苑を含めて手持ちの数種類の辞書を確認したところ、「享年」の意味というか、ニュアンス的には2通りあるようです。


(1)この世に生きていた年数
(2)死んだ時の年齢
ここから、(1)の場合は足掛けの年数(数え年)なので、「享年六十二」と表記し、
(2)の場合は満年齢として、「享年六十歳」と表記すると思われます。

当方も質問者様と同様に(1)の認識をもっていたのですが、改めて辞書に当たると、(2)の表記も併存していることを認めざるを得ないのです。
信用性には欠けるかもしれませんが、参考URLに貼ったウィキペディアの記事にも同様の記述があります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AB%E5%B9%B4
    • good
    • 0

数え年で「歳」という単位をつけないのが正しいようですが、


満年齢で歳をつけることも一般的になっているようです

以下が参考になるかと

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%AB%E5%B9%B4
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q「享年」を教えて下さい

亡くなった時に使用する「享年」とはどうのように年齢を数えるのか教えて下さい。
例えば、1968年6月21日生まれの場合で・・
満年齢35歳、数えで36歳、2004年1月30日に死亡した場合は享年何歳になるのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

実用的な意味では、tetsuya1968さんの旦那寺というのでしょうか、関係するお寺様にお聞きするとよいと思います。
ちなみに私の内に関係するお寺さんは「数え年」で過去帳をつけています。
s-shigeoさんのおっしゃるとおり、過去帳の記載とは関係なく、マスメディアで報道される場合は満年齢だと思います。
ただし、「数え年に一つプラスする説」というのは、寡聞にして聞いたことがありません。


人気Q&Aランキング