プロが教えるわが家の防犯対策術!

今年他大学の大学院を受けるのですが、その研究室に研究室訪問をしたのですがそこの学生曰く、「教授をみかける日は月に1回あるかどうか。自由に研究していいし、修士のうちは別に学会発表をしなくてもいい。自由すぎるから不安になるかも。」
と言ってました。僕の今の研究室は実験系なので毎日研究室に行くのが当然で、かなり拘束があり、学会発表もしなくてはいけません。
自由な研究室にいくとどんな感じなのか想像し難いのですが不安なので経験者の方は教えていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

大学教員です。

私の研究室は基礎医学系で実験を生業としています。
うちも自由です。

逆に、大学院生にもなって先生からやれって言わないとやらないというのはどうでしょう?
うちの教授は「大学院生(年齢的に十分大人)にこれから躾をしてもそうそう変わらない。他人に迷惑をかけたり、邪魔しない限り、実験しない人はそこそこやってくれればいい」という感じです。
マイナスにならなければ、研究室的にはいいという感じです。

そう考えていなくても、教授にもなると、研究以外のことで忙しく、学生を指導する時間を取れない方もおられます。ふつうはその下の准教授等が指導しますが、それも研究室次第です。

ただ、明らかに自由であるから何もしない学生は、結局その程度の学生であって、逆に考えると学会発表する機会を逃す、国際雑誌に論文を書く結果を出せない、など、学生にとってマイナスではないでしょうか?
それを「できない、くそう」と思うか、「やらなくていい、ラッキー」と思うかは、その学生の今後にどういう影響を及ぼすかは、自分の責任でって感じです。

私が思うのは、自由だけど大学院に来るって人は自分を高めたいから来ているのでしょう?それなのに「自由だから、何もしなくていい、ラッキー」って思うってあり得ないと思うのですが・・・。

ただ、放任主義であることと、学生の方から先生に聞いても教えてくれないということ、これは違います。

わからないことは、自ら教えてくれって聞かないと・・・っていうかもう義務教育ではないのですよ?

拘束があり~をしなくてはならないって悲しいです。
    • good
    • 0

私は30年前の大学院生(修士)です。

しかしその後仕事の都合上異なった分野の見識をが必要なために2つ行った大学院(修士、研究員、招待研究員)の教授や準教授の研究に対する考え方や経験を書きます(都合上1.2.3と区分けします)。また学会には発表しませんでした。また修士号は必要ないので断りましたが(論文は書いた)、後でくれました。
まず、なぜ教授が月に1回くらいしか会えないのでしょうか?其の当たりを確認する必要があります。自分の考えとして、貴方を大人と見て自由にさせているのか?先生が優秀で色々な委員会や講演、自分の研究で忙しいか、健康食品で金儲けやや女に狂っている方もおります。
貴殿の質問内容から推測すると、大学の延長で講義を受けて単位をとり、上の言う研究テーマをやればよいという感じがします?
それなら、やめた方が良いと思います。
次上記の事例です。
1ーK大.研究は自ら考え学ぶもの(他の院生や助手等と議論や示唆してもらうこと多いし、自分に人生観や研究に対する哲学を徹底的に追及されました)。研究テーマは、教室全体での研究分野であまり的が外れていなければ自分で計画を説明し、予算的な範囲なら何でもあり。こちらから質問しなければ関与せず、すれば懇切丁寧に対応してくれた。ただし、就職は自分で探すこと。毎日、土・日なしで分析・圃場作業・セミナー準備で15時間/日、日本語の専門書が無かった。
2TUA大.小生の研修・研究目的がハッキリしていたので、実務研修を中心に近くのOBの農家等を紹介してもらい、朝4時ごろから作業実習、その後は文献や事例研究、やっていることには一切干渉無し。夜は酒盛りしながら人生・その他なんでも在りの議論。
3N大.テーマを決めたら自分でやり、わからないことは聞いて教えてもらった(特に統計分析の手法)。夜は教授との酒盛り相手。
1-3の学校では、1人前の研究者の卵として議論は対等。
論文は、本人の勝手。2と3の大学では、学生の化学分析助手や卒業論文指導の一環も要請されやむをえず協力。
参考になれば!
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2008/05/30 01:00

私の研究室は、理論系で研究については放任主義でしたが、拘束はありました。

幸い、しっかりした先輩がいたので研究をすすめることができました(先輩の指導方法が間違っていたためあまり研究が進まず不満な面もありました。)私の研究室は、卒論はありませんが、4年のときから学会発表をする必要がありました。
    • good
    • 1

自分は理系でも文系でもないので、院の講義がある時以外は何をしていようとまったくの自由でした。

会いたくなければ指導教授と1ヶ月会わなくてもOK。
まあ、確かに「これをやるぞ」という確固としたものがないと不安になるかも知れませんが、他大学を目指すくらいですから「これがやりたい」というハッキリしたものはお持ちでしょう。

義務だから大学に行く、義務だから研究する、義務だから学会に出る、じゃ大学院の場合は困るんです。それとも教授の下働きの方がいいですか?
    • good
    • 0

 大学院の学生は基本的には一つのデスクを与えられ、一人の研究者として扱われます。

研究テーマは未知の分野で、指導教官も踏み入れたことのない領域です。従って指導教官は一緒にディスカッションはしても学生の研究についてああしろこうしろと指導することはできません。勿論ディスカッションの中で提案することはあります。毎日研究室に出て来るのは当り前ですが、それは決して拘束ではありません。出て来ないでさぼっていたら論文が書けない、それだけです。私は週一度のミーティング以外に一切拘束はしない主義でやっていました。自分の研究は自分で責任をもってやるのが研究者の最低の条件です。
 研究室では研究一辺倒ではなく、趣味を語り、人生を語り、そういう交流の中で生涯の仲間意識が生れて行きます。同じ釜の飯を食うということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学生に厳しい教授、放任する教授について

僕の周りの研究室には大きく分けてこんな教員が多いです。
(1)研究に厳しく、ゼミなどでは学生を厳しく指導する。学生に求めるレベルも高く、論文を書くときは何回も何回も書き直しをさせる。
(2)理論系などの個人で論文を書く教授。学生は放任主義で、「卒業はさせるから俺の邪魔をしないでくれ」という。論文に赤を入れてくれるということをしてくれない。
僕の研究室は(1)のような感じです。実験系で教授はとても厳しいですが本気で学生を指導してくれている感じがします。
問題は(2)の教授です。4回生だと論文は3回は書き直して赤を入れてもらいまともな論文になると考えられていますが、教授にお願いしても見てくれないらしいです。そのため学会などで恥をかくのはその学生です。タイトルの時点で日本語がおかしいのとかを見つけます。
疑問なのですが、なぜ学生を熱心に指導しないのかと言うことです。周りからしてみれば、ひどい論文を書いた学生の連名の教授は評価がガタ落ちのはずです。学生を指導するのがめんどくさいのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

あのですね、熱心な先生が常にすばらしいか、ということも良く考えてください。放任の先生が常に間違っているか、というのも考えてみるべきでしょうね。あなたの先生は、あなたが納得しているので、何の問題もありません。むしろ僥倖といえるかもしれません。ですが、マイペースで研究を進める学生にとっては…そしてそれは後になって気づいたりするので悲劇ですが…不幸以外の何ものでもありません。指導熱心な先生が、有能な学者の卵をつぶすことも多いです。

一方で放任の先生についても大変です。何もしてくれない。しかしですね、だからこそ「自分の力で何とかしなくては」と思う学生が多いのも事実です。そして自分で何とかやっていきます。その影で、つぶれていく学生もいます。

けっきょく、「良い先生」は「自分にとって都合の良い先生」であるべきでして、すばらしい先生も確かにいらっしゃるでしょうが、その指導の下で自分の力を出せるかどうかは、自分次第というのが大きいです。明らかにアカハラ、セクハラなどを行う教員は問題ですが。理想の先生というのは「いつもは自主性に任せて放っておいてくれるが、いざというときには力になってくれる」方です。そしてこの世の中においてそのようにすばらしい先生の存在は、とうぜんですが、まれなのです。

あのですね、熱心な先生が常にすばらしいか、ということも良く考えてください。放任の先生が常に間違っているか、というのも考えてみるべきでしょうね。あなたの先生は、あなたが納得しているので、何の問題もありません。むしろ僥倖といえるかもしれません。ですが、マイペースで研究を進める学生にとっては…そしてそれは後になって気づいたりするので悲劇ですが…不幸以外の何ものでもありません。指導熱心な先生が、有能な学者の卵をつぶすことも多いです。

一方で放任の先生についても大変です。何もしてく...続きを読む

Q研究室の人間関係で鬱になりました。

研究室の人間関係で鬱になりました。
現在大学4回生ですが、配属された研究室の院生との人間関係で
鬱になりました。
もともと就職活動を6月末までやっており卒業研究が手つかず
だったことで研究室の院生に怒られてから研究室に行きづらくなり
ました。
もともとあまり院生とは仲も良くなく目の敵にされていたので
他の就職活動していた人以上に怒られこともあり精神的に追い詰められ
7月は頑張って行ってましたが8月からは行けなくなりました。
大学のことを考えるだけで気分が悪くなり最初は内科で診察して
いましたが原因がわからず10月に頑張って大学に行って教授に
休んでいた理由を説明したら「誰でも体調は悪いんだ、休んでいたのは
甘えだ、お前なんていらない」と言われました。
たしかに、自分でも甘えていたと思っていました。
友人に相談したところ心療内科で診察してもらうことを薦められ
行ってみたところ鬱状態と診断されました。
主治医には「教授に事情を説明し何故行けなかったのか自分がどのような
状態かを伝え診断書を提出し落ち着くまで休みなさい」と言われました。
ただ、もう研究室行きたくなく教授の顔も見たくないのが本音で
診断書を出せないままで10月末まできてしまいました。
その結果、教授にメールで卒業書類提出期限が切れたというメールがきました。
そのようなものがあることは私は知らずいきなり言われ動揺し
一応教授に診断書と自分状況をメールで返信しましたが返信が返ってきません。
直接行こうにも気力が沸かず行けません。
去年卒業した先輩は12月から卒業研究始めた奴でも卒業できたと励まされましたが
もうあの研究室にいたくありません。
今さら研究室変更はできないものでしょうか。
留年するにしても3回生で研究室が決められるせいでこのままだと同じ研究室に
なります。

研究室の人間関係で鬱になりました。
現在大学4回生ですが、配属された研究室の院生との人間関係で
鬱になりました。
もともと就職活動を6月末までやっており卒業研究が手つかず
だったことで研究室の院生に怒られてから研究室に行きづらくなり
ました。
もともとあまり院生とは仲も良くなく目の敵にされていたので
他の就職活動していた人以上に怒られこともあり精神的に追い詰められ
7月は頑張って行ってましたが8月からは行けなくなりました。
大学のことを考えるだけで気分が悪くなり最初は内科で診察して
い...続きを読む

Aベストアンサー

ログインするのに30分もかかってしまいました、蛇足です。

研究室であまり、人間関係がよくなく、社会にはいってから鬱になったものの意見です。
厳しいことも書いてあるので、嫌と思ったら、読まないで下さい。


















言いたくはないんですが、まず、あなたの落ち度について
1、就職活動に専念するあまりあまり研究室に行かず、最初の人間関係をうまく築けなかったこと(もちろん、今年の情勢では厳しい就職活動であったのではと理解できますが)
2、8月から10月までにどのくらい研究室に行ったかはかかれてませんが、もしかして行かなかったのでは、それについて連絡等はされましたか
3、鬱状態とわかった後すぐに診断書を提出しなかったこと(これもあんまり言いたくはないんですが、最近は、簡単に鬱の診断書書いてくれます)
4、これはあなたが悪いんじゃないんですけど、自分は甘えていると思ってしまったことで(自分も鬱になって初めてわかりましたが、甘えていると鬱はかなり(全くとはいえないけど)違う)病気であることを認識できなかったこと(自分もそうでしたが、鬱のときはがんばちゃいけない)

なぜ、わざわざ嫌なことを書いたかというと、おそらく大学等に相談したときに、指摘される可能性が高いんじゃないかと思うのです。自分はそうだったんですけど、鬱のときはうまく言葉が出ず、うまく話せまんでした。自分なりに、文章にするなりにして、まとめておいたほうがいいかと思います。

で、結論から言うと、このケースは総合的に考えて教授が悪いと思います。

下の回答者さまの回答を参考なされるとして、まず、主治医に、教授が怖くて(若干のPTSDの可能性もあると思います)相談できないことを伝えてください。必要なら、保護者なり、できれば大学の管理を担当する方を連れて行くことも視野に入れたほうがいいかと思います。自分のときは、主治医とあらかじめ復帰の状態や話す内容をある程度相談し、話して欲しくない内容なりを決めてから、上司と医者で3者で面談しました。もし、主治医がそういうのにきちんと対応していただけない方なら、対応してくださる医者に代わるのもいたしかたないと思います(心療内科は、医者の人柄が問われると思います)

あと、大学ならかかりつけの医者の方もいると思いますので、相談できそうなら相談するのもいいかと思います(というのは、自分の大学の教授を悪くしないために、なんでもない、というような人がいるとことになるかもしれないから、秘密を守った上で、きちんと対応してくれる人なら)本当なら、そこから、対応した部署にまわしてくれればたすかると思うんですけどね。

続いて、教授の悪い点について
1、これは絶対とは言い切れないけど、まず自分の研究室の学生があまりこないことについてどれだけの関心をもっていたか(研究者といえど、教育者の側面もあるはず、2に続く
2、これはひどいと思うのですが、「誰でも体調は悪いんだ、休んでいたのは甘えだ、お前なんていらない」という発言(察するに、去るもの追わずという気持ちなのかも知れないけど、社会ならまだしも、先生と学生という立場で向かっていうのは教育者としてどうなのか)
3、教授にメールで卒業書類提出期限が切れたというメールがきた件。先生ならある程度、学生の研究状況は把握していくもの、そろそろ来ないと間に合わないなどどという連絡がなく、いきなりこれでは戸惑うのも無理はない(ただ、個人的にはこれは脅しじゃないのかと思う。聞いたことがないです。これは友人なりに確認したほうがいいと思う)
4、教授に診断書と自分状況をメールで返信したが返信がないこと。学生が連絡しているのに何も対応しないのは、教育者というよりまず大人としてどうかと。

まとめれば、こんなところでしょうか。この記録があれば、保管しておくことはあとあと必要になってくるかと思います。

心配なのは、就職が決まっていて、会社などに診断書を提出しなければならないことがあること(自分は提出しました。そのときは、健康体だったけど)あなたにとって不利になるかもしれない。

あと、諦めないで下さい。今からでも卒業できます(断言はできませんが)
自分の大学だったら、先生が卒業の単位(確か、研究と内容で10単位くらいだったか)を出してくれれば、卒業できました。中には理系なのに卒業研究を出さずに出た(出された)つわものもいます。


最後に、駄文です。
正直、院生の気持ちもわからなくでない。自分も院生やってましたが、研究と就職と就職した友人の楽しそうな生活を聞いていて、焦る気持ちもあったんじゃないかなと思う(だからといって、後輩にきつく当たるのは違うと思うけど)

読まれていて、きつく感じたらすみませんでした。

ログインするのに30分もかかってしまいました、蛇足です。

研究室であまり、人間関係がよくなく、社会にはいってから鬱になったものの意見です。
厳しいことも書いてあるので、嫌と思ったら、読まないで下さい。


















言いたくはないんですが、まず、あなたの落ち度について
1、就職活動に専念するあまりあまり研究室に行かず、最初の人間関係をうまく築けなかったこと(もちろん、今年の情勢では厳しい就職活動であったのではと理解できますが)
2、8月から10月までにどのくらい研究室に行ったか...続きを読む

Q修士の研究テーマは自分で見つけるものなのでしょうか

私は工学系の大学院生博士前期課程1年なのです。
私の指導教官は「大学院生ならば研究テーマは自分で見つけるもの」という方針なので、
修士の学生にも自分で研究テーマを探させています。
研究テーマを探すのは非常に時間と労力がいるため、これまでのM1の時間のほとんどは文献調査に費やし、最近なってようやく研究テーマになりそうなネタを発見できたという状況です。

しかし他の研究室を見ると入学してすぐ教員から研究テーマが与えられるというところが多いみたいで、さらに研究テーマを自分で考えなくて良い分、その時間を実験などに費やせるので研究もかなり進んでいるようで成果も出ているようでした。

そうすると時間を文献調査に費やして研究テーマをゼロから考えた学生よりも、最初から研究テーマを与えられて研究を進めた学生のほうが実験などを多くこなしている分、より多くのスキルが身についているのではないかという疑問を持ちました。

就職活動で研究をアピールするのにもずっと文献調査に時間を費やしましたなどというよりも、~を実験するために~のような工夫をしましたなどと言ったほうが説得力があるような気がします。

こんなふうな状況なので2年間という限られた時間で研究を行う修士の学生にとっては時間を費やして研究テーマを自分で探すことが本当に有意義なことなのかどうか疑問に思いました。

皆さんどう思われますか。

私は工学系の大学院生博士前期課程1年なのです。
私の指導教官は「大学院生ならば研究テーマは自分で見つけるもの」という方針なので、
修士の学生にも自分で研究テーマを探させています。
研究テーマを探すのは非常に時間と労力がいるため、これまでのM1の時間のほとんどは文献調査に費やし、最近なってようやく研究テーマになりそうなネタを発見できたという状況です。

しかし他の研究室を見ると入学してすぐ教員から研究テーマが与えられるというところが多いみたいで、さらに研究テーマを自分で考えなくて...続きを読む

Aベストアンサー

数年前に電機メーカーに就職した者です。私も似たような状況だったので参考意見を書いておきます。

最も理想的なのは、自分自身でテーマを見つけ、よい結果を残し、修了する、ということだと思います。しかし、現実に修士の2年間という限られた時間の中でそれを行うのは極一部の人間しかいません。テーマ決めから始めると、テーマが決まらずに1年を過ぎてしまった、M2の夏になってもテーマが決まらない、という話も多く耳にしました。

(マスターとしては初めての「研究」を行う場ですので、個人的には曲がりなりにもテーマありきで研究してみたかったですけどね。その中で新しいテーマを見つけることもあるでしょうし。0からのテーマ決めがメインでは研究の面白さを学ばずに終えることになってしまいます。そのせいか私の周りではドクター、研究職志望はいませんでした。皆がテーマが与えられたほうがいいと言っていました。)

しかし、テーマが先生から与えられる環境でも問題はあります。私の周りでは終わってみたら雑用ばかりやっていた、一貫性のあることを与えられなかった、という理由から修士論文が書けないと嘆いている人もいました。テーマあるなしにかかわらず問題は起こるようです。それらに比べればM1のこの時期にテーマが決まるのは、少なくとも最低レベルのことではないと思います。

テーマあるなしに関わらず共通して言えるのは、そもそも先生を頼りすぎてはいけないということです。NO.7の方が言っているように学生が有意義だろうが、就職できなかろうが、先生には関係ないのです。そこに気がつく必要があります。悪いテーマが与えられた場合はそれを拒否しなければなりませんし、テーマが与えられない場合は自分で見つけるしかありません。先生を頼りすぎてはいけません。私も授業の延長で考えていたので「最終的には先生がなんとかしてくれるだろう」という意識がありましたが、そんなことありませんでした。言ってしまえば、先生なんて「利用してやる」くらいの認識でよいと思います。
初めからそういう意識で自発的に動いておけば、もう少しよい結果が出ていたかなあと今では思っています。

>就職活動で研究をアピールするのにもずっと文献調査に時間を費やしましたなどというよりも、
>~を実験するために~のような工夫をしましたなどと言ったほうが説得力があるような気がします。

これについては「文献調査」よりも「実験するために~のような工夫をしました」というほうが「説得力のあることを言いやすい」だけだと思います。自らの力で文献調査し、学んだことをきちんと伝えることができれば認めてくれる方はいると思います。前向きにがんばれば結果はついてきます。

以上の話は研究分野、企業によっても違ってくると思います。参考にしてください。

数年前に電機メーカーに就職した者です。私も似たような状況だったので参考意見を書いておきます。

最も理想的なのは、自分自身でテーマを見つけ、よい結果を残し、修了する、ということだと思います。しかし、現実に修士の2年間という限られた時間の中でそれを行うのは極一部の人間しかいません。テーマ決めから始めると、テーマが決まらずに1年を過ぎてしまった、M2の夏になってもテーマが決まらない、という話も多く耳にしました。

(マスターとしては初めての「研究」を行う場ですので、個人的には曲がりな...続きを読む

Q大学4年で、卒論が完成せず留年

私は現在、地方国公立大学の教育学部に在籍している大学4年生です。
卒業後の進路として、他大学の大学院への進学が決定していたのですが、
卒業論文がもはや完成させることができそうにもなく、留年しそうです。
なんとか卒論発表はしたのですが、先生方からの評価は最悪のようで、発表した30名ほどの中で「最低のレベル」、だったそうです。
卒論のテーマは大学4年の4月には決まったのですが、その後、テーマのレベルの高さ、やりたい事とのずれ、自分ひとりしかいない研究室、ということもあって、見る見るうちにやる気がなくなってしまいました。
夏の大学院試験は、なんとか拾ってもらうようなレベルで合格したのですが、もはや大学院に行く気力はなく、就職活動に切り替える気力もありませんでした。研究室にも積極的に行くことはなくなり、鬱のようになり、家でゲームばかりしていました。
そんなこんなで、卒論発表の一週間前になり焦りだして急いでまとめたので、「最低のレベル」の発表になりました。
担当教員からは、「卒論のレベルに到達していない。今まで何をやっていたのか。卒業させてあげることはできない」と、言われました。
論文の提出期限まで後2週間弱なので、今からでもなんとかなる、と思い
一生懸命やりはじめたのですが、担当教員の言葉で、もはや心が折れそうです。
もし留年になり、ひとりぼっちで今の研究室にもう一年いなければならない事を考えると気が狂いそうです。将来の夢や目標もなくなってしまいました。何かアドバイスを頂けないでしょうか。

私は現在、地方国公立大学の教育学部に在籍している大学4年生です。
卒業後の進路として、他大学の大学院への進学が決定していたのですが、
卒業論文がもはや完成させることができそうにもなく、留年しそうです。
なんとか卒論発表はしたのですが、先生方からの評価は最悪のようで、発表した30名ほどの中で「最低のレベル」、だったそうです。
卒論のテーマは大学4年の4月には決まったのですが、その後、テーマのレベルの高さ、やりたい事とのずれ、自分ひとりしかいない研究室、ということもあって、見る見る...続きを読む

Aベストアンサー

様々な事に挑戦しましょう。そして、失敗しましょう。恐らく失敗をしようとして失敗をする人は、あまりいません。
しかし、経験がない事に挑戦すると初めは誰でも失敗します。

背負っている物が少ないうちにする失敗は、その後の財産になります。成功よりも失敗からの方が多くを学べます。
また、成功よりも失敗の方が理由を分析しやすい傾向があると思われます。
(成功の分析結果は単なる勘違いである場合もあるかも知れません)

ただし、人生を台無しにしてしまうような取り返しのつかない失敗は
やめましょう。失敗し過ぎない程度に多くの失敗を重ねましょう。

Q研究室で見捨てられた

長文になってしまい申し訳ありません。
当方5回生の私立大学生です。

タイトルの通り、研究室で見捨てられた立場になってしまいました。

我が研究室では、院生or助教が学部生の卒論の面倒を見るというスタイルです。
これは教授が忙しすぎて学部生の面倒を見れないためです。
私は院生の1人がやっている実験についていたのですが、先日もう面倒を見る気がないからと言われ実験グループから追い出されてしまいました。
その理由というのが、私の怠慢だと言われました。

研究室についたばかりの3回生の頃、研究の人員に空きがなく、自分の研究はどうすればいいのか教授に相談したところ、とりあえず待っていてと言われてずっと放置されていました。
教授や院生に何度も研究をどうすればいいのか尋ねたのですが、そのたびにまだ待っていてくれと言われてしまいました。
とうとう5回生になってしまい、このままではまずいということで院生に無理を言って実験に参加させていただきました。
ただ、どうやらこの院生には最初から嫌われていたらしく、ずっと理不尽な嫌がらせをされてきました。

例えば、1時間以上かかる実験手順を1回しか見せてくれないのに、次からは私に全部やらせ、ミスがあったりするとずっと嫌味を言われる。
わからないことを尋ねると自分で調べろと言って教えてくれず、頼み込んでやっと教えてもらえるがずっと嫌味を言ってくる。
私が自分で調べて判断して行動すると、なぜ勝手にやったんだお前には常識がないとずっと罵倒する。
言葉遣いが気に入らないと言う。
こちらがメールを出しても返事をしてくれない。
他にも色々ありますが、全て私の未熟故だと思いずっと耐えてきました。
しかし先日、私が培養でミスをしてしまった時、もう実験しなくていいと言われました。
その時は実験を一時停止するからといっていました。

その後、教授に呼び出され、院生が私と実験したくないから外すよう頼んできた、代わりにテーマをやるから実験から出て行くように、と言われました。
院生が実験しなくていいと言ったのはもう実験に参加させないためだったからと教えられました。
院生の言い分は、私がろくに研究もせず、また自分勝手な行動ばかりするから、とのことでした。
確かに私もろくに研究していませんでした。
しかし言い訳をさせていただくと、私が院生に実験について伺っても自分で調べろと言うだけで、何を調べればいいかも教えてくれませんでした。そもそも実験がどういうものかもろくに教えてくれなかったため調べようがありませんでした。
また、教授から与えられたテーマは結果が出るかどうかわからないもので、もし結果が出なかった場合は卒論として認められないと言われてしまいました。

正直もう研究室に行きたくないです。大学を辞めたいとすら思ってきました。
ここでは省きますが、その教授からも謂れのないことで罵倒されたりもしたので、教授も信用できません。
私はどうすればいいでしょうか?
卒業できるかどうかすらわからないのでもう絶望しかありません。

超長文失礼いたしました。

長文になってしまい申し訳ありません。
当方5回生の私立大学生です。

タイトルの通り、研究室で見捨てられた立場になってしまいました。

我が研究室では、院生or助教が学部生の卒論の面倒を見るというスタイルです。
これは教授が忙しすぎて学部生の面倒を見れないためです。
私は院生の1人がやっている実験についていたのですが、先日もう面倒を見る気がないからと言われ実験グループから追い出されてしまいました。
その理由というのが、私の怠慢だと言われました。

研究室についたばかりの3回生の頃、研究の...続きを読む

Aベストアンサー

現在工学系の大学院に通っているものです。ご参考程度に。
質問者様が今後どうしたいのか、で行動は色々と変わると思いますが・・・

文章を拝見させて頂いてる限りでは現在の研究室で卒論を完成させて卒業、というのは厳しいのではないかと思います。
例えばですが、ほかの研究室に移るなどは不可能でしょうか?
ごく少数ですが、研究室の雰囲気に合わないと一年留年して他の研究室に移り、卒業された方もいます。
他の教授に相談してみたり、学生課・学務課などに相談してみるというのもひとつの手であると思います。

研究室に入ると今までは講義など学ぶだけの受け身でよかったのが、研究室では自ら積極的に学ばなければならないので、研究はそれもふくめての学習の場であると私は思います。

今は本当におつらいと思われますが、卒業目指して頑張ってください。

Q修士論文不合格って・・・

工学系の M2 の学生です。

修士論文の執筆をしていますが、もう一杯一杯です。
教授にも「知らないからね」と放置されていて、ほぼ一人で書いてる状態。

決して自分の論文で、新規性のあることをかけているのではありません。

既存の理論を、無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。

一応は形にはしてあります。
全部で 70 ページくらいは記述してきました。
図も、式も、一生懸命に書きました。

しかし、修士論文の審査に合格する自信はありません。


皆さんの身の回りで、修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?

「修士くらいなら落ちないよ」と他人が言うのは、ぜんぜん安心材料になりません。

修士論文に不合格になった工学系の学生さんの話があれば、参考に教えていただきたいです。

僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。

Aベストアンサー

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科しておりますので、それが一度もないと不合格になりますし、実際になった学生はいます。
>僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。
それでしたら修了できる可能性は高いと思いますよ。但し、教員から書き直しを指摘されたら、議論した上で、書き直す努力をすることです。それができれば修了の可能性は高いでしょう。
但し、学校によってハードルは違うので、そこのところはなんともいえません。私のところでは、査読付英文誌に1報は受理されることとなっておりますが、投稿できると教員が判断できれば、修了させています。原稿すらかけなかったら修了できません。

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科...続きを読む

Q大学教員は修士論文をどのくらいのレベルを求めていると思いますか?

まだ修士の学生ではないですが、大学教員は学生の修士論文はどのくらいのレベルを求めているのでしょうか?
修士を修了しても大学教員から見たらまだまだ半人前なのでしょうかね?東大・京大生なら活発に教員と議論できるぐらいのレベルの学生はいそうですけどどうなんでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

修士論文を見たがる人は少なく、ネットで論文検索できる博士論文じゃあないのだから、何か適当にページ数のある論文を書いてくれればOKと思っていますよ。

共研でいろいろ見ていますが、東大だって京大だってレベルはしれています。先輩の論文を半分以上写してパクッているのがいっぱいあります。この人は何をしたのって聞きたいくらいのが。
逆に地方大でも優秀な論文書いている人いっぱいいます。

修士論文程度なら本人の努力次第が非常に出ていて、本人が頑張ったかどうかだけです。

Q大学院(修士)での研究テーマ。

今年から情報工学系の院に入ったものです。

自分の希望で、学部の時とは違う研究室に入りました。何となく研究したい分野があり、そこの研究室を選んだのですが、勉強不足で具体的なテーマは持てませんでした(早く決めなければとは思っていたのですが…)。

そして、この前、指導教官にテーマについて指導を受けたのですが、与えられたテーマについて、「何か違うなぁ」という漠然とした気持ちを持っています。というか、ここに来て(多分必要に迫られて、いやでも考えるため)自分の興味が少しずつ変わっていると思いました。しかし、研究したいことについて、具体的に何か話せるといったレベルではありません…。

せっかく院にまで入ったのだから、自分がやりたいことを研究したいのですが、それが明確にならない不安と、2年間をだらだらと過ごしてしまうのではないかという不安があります。

質問なのですが、修士での研究テーマが決まってから、後でテーマが2転3転するということはあるのでしょうか?
研究テーマに不安を持つということは皆あるのでしょうか?
ある場合、現在のテーマを進めながら他のテーマも考える、という風に平行して進めているのでしょうか?

経験談ですと、特に嬉しいです。
よろしくお願いします。

今年から情報工学系の院に入ったものです。

自分の希望で、学部の時とは違う研究室に入りました。何となく研究したい分野があり、そこの研究室を選んだのですが、勉強不足で具体的なテーマは持てませんでした(早く決めなければとは思っていたのですが…)。

そして、この前、指導教官にテーマについて指導を受けたのですが、与えられたテーマについて、「何か違うなぁ」という漠然とした気持ちを持っています。というか、ここに来て(多分必要に迫られて、いやでも考えるため)自分の興味が少しずつ変わって...続きを読む

Aベストアンサー

旧帝大で教員をしています。

今までどんな優秀な学生であっても、M1の時点で自分でテーマを決めれた人間は見たことありません。
よって、教員側がテーマを設定しています。
また、4回生の時よりも広がりのある研究をするべきだと思いますので、
半年で結果が出るような短絡的なことはさせません。
だから、修士の学生とは徹底的に話し合ってからテーマを走らせるようにしています。
もちろん、大まかなプランはありますが、具体的な手法については今もディスカッション中です。

学生としては自分のやりたいことを説明できさえすればよいのではないでしょうか。
その後は最初の案に従ってディスカッションを深めながら論文探索をして、
5月ぐらいから具体的に動き始めるのがよいのではないでしょうか。

Q研究室で教授に怒られてばかりいます。 現在大学工学部4年生の者です。今年研究室に配属になり、教授に怒

研究室で教授に怒られてばかりいます。
現在大学工学部4年生の者です。今年研究室に配属になり、教授に怒られてばかりで嫌われています。原因は僕の能力が低く、プレゼン発表をしても実験をしてもとにかく上手く行かず教授からできない人間として見られていることです。
そもそも就職のためだけに大学に通い、就職のために大学院卒業を目標にしている自分にとって、あらゆる研究はどうでもいいことであり、教授に怒られようが嫌われようが何も感じません。過去に趣味も親友も彼女もなかった時は本気で辛い思いをして、変わりたいと思ったものですが、それらがある今人生が楽しく教授や研究などどうでもいいことだと思っています。ここまでを書いていますと遊んでばかりで研究をしていない駄目学生だと思われるかもしれませんが、研究室には朝から夜まで、予定が空いている休日も研究室にこもり何とか人並みの実力をつけようと努力しています。同期の学生が一日で読んでしまう論文を電子辞書片手に5日間かけて読んだり、自分の能力の低さを努力でカバーしてるつもりです。しかし一向に結果がでません。怒られるのは常に自分で、自分よりひどい発表をしてる学生でも、ノリがよく、教授と仲がいいためあまり怒られないという、ヤル気がなくなる要素しかありません。
冒頭で申した通り、自分のことを嫌いな教授のために努力するのは本当に億劫であり、嫌われても卒業就職できるため、危機感がありません。幸い研究室の学生との人間関係は良好です。
今年研究室配属されたばかりでここまで差をつけられているため、ついにヤル気がなくなってしまいました。これからはどうせ怒られるのであれば必要最低限の努力をして余った時間を遊びに割こうとかんがえています。
研究室で同じ境遇の方はいらっしゃるでしょうか。教授からの評価は諦めて、遊びで人生を充実させるしかないでしょうか。

研究室で教授に怒られてばかりいます。
現在大学工学部4年生の者です。今年研究室に配属になり、教授に怒られてばかりで嫌われています。原因は僕の能力が低く、プレゼン発表をしても実験をしてもとにかく上手く行かず教授からできない人間として見られていることです。
そもそも就職のためだけに大学に通い、就職のために大学院卒業を目標にしている自分にとって、あらゆる研究はどうでもいいことであり、教授に怒られようが嫌われようが何も感じません。過去に趣味も親友も彼女もなかった時は本気で辛い思いをし...続きを読む

Aベストアンサー

分野は違いますが、心理学系大学院を修了しました。
大学院教授との折り合いが悪く、苦労しました。
たろうさんは、真面目な方なんですね。教授の評価は気にしなくて良いと思います。

能力が低い学生を怒る教授はいないです。教授は自分より能力が低い人間を好みます。バカ相手なら安心なのです。教授はプライドが高いからです。たろうさんは、能力が高いのではないでしょうか?

Q        修士論文は、量より質?

修士論文は、量より質の考え方はおかしいでしょうか?

質問を見ていただきありがとうございます。
修士論文の第1章を書き始めました。
一般的に、修士論文は量(ページ数)よりも内容だと思うのですがおかしいでしょうか?

必要最低限(緒言、研究目的、方法、結果、考察、結論、参考文献、図や表etc)を書き、30枚程度にまとめる予定です。
私の大学には、論文の制限や規定などは特にありません。

このことを別の国立大の修士の友達に話したら、『それは、短すぎだろ?○○(私)の研究は30枚にまとまるほど、データが少ないのか。』と指摘されました。

データ量はかなり多いですが、無駄なものは正直のせたくないのです。
修士論文は、あくまで論文であり、何でも載せればいいというものではないと思うのですが・・・

Aベストアンサー

>一般的に、修士論文は量(ページ数)よりも内容だと思うのですがおかしいでしょうか?
 分野によっても、また、1枚に収める文字数(情報量)によっても違いますが、もし、本当に小数ページで必要十分な内容を伝えることが出来るのであれば、論文本体は30ページでもいいでしょう。ただし、くどいようですが、本当に、それで、必要十分な内容を伝えることが出来れば、です。

 修士論文となると、当然、結果を学会で発表することがあるはずです。そのとき、直接言いたいこと以外の情報があると、論文集のページ制限や口頭発表の時間制限内には収まりませんよね。その意味では、必要十分な情報を要領よくまとめることも大切です。

 回答ですが、私も#3様、#4様の回答を支持します。というか、学生には#3様、#4様のような趣旨の説明をしています。理由も#3様、#4様の回答にあるとおりです。
 ただし、そのままでは論文本体が冗長になってしまうことも事実です。
 そこで、私の場合は、論文本体は、学会等への投稿論文にプラスアルファした程度の長さにとどめておき、本文には、その本文の中で直接使うデータを書かせ、結果の全容~ネガティブデータも含め~は付録にさせています。

 ただ・・・修士論文が30枚ですか・・・文頭に書いたとおり、分野によっても、また、1枚に収める文字数(情報量)によっても違いますが、30枚だと製本できる厚さにはちょっと足りないですね。私のところでは、(字間にかなり余裕のある書き方で)50枚-100枚(+付録)程度が普通です。もちろん、「あの研究室はろくな研究をしないでも卒業させている」と評判の研究室ではそれよりも少ない枚数の論文でOKとなっています。まあ、そんな研究室は少数ですが。
 もちろん多ければいいというものでもありません。その、「ろくな研究をしないでも卒業させている」という研究室でも、学生によっては、かなり長い論文を出すことがあります。しかし、その修士論文を読んでみても、どうでもいいことばかりが稚拙な文章で書かれており、何を言いたいかさっぱりわからない、ということも珍しくありません。

 結局、論文の本体は、必要な情報を、その分野の標準的なまとめ方で、学会の論文集(一般に、1ページあたりの情報量は修士論文よりはるかに多い)よりも若干詳しい程度にまとめ、他の詳細のデータは付録にする、といったことでいいのではないでしょうか。

 あるいは・・まさかとは思いますが、付録も含めて30枚ということでしょうか。だとしたら、分野にもよりますが、若干(かなり?)少ない気がします。

>一般的に、修士論文は量(ページ数)よりも内容だと思うのですがおかしいでしょうか?
 分野によっても、また、1枚に収める文字数(情報量)によっても違いますが、もし、本当に小数ページで必要十分な内容を伝えることが出来るのであれば、論文本体は30ページでもいいでしょう。ただし、くどいようですが、本当に、それで、必要十分な内容を伝えることが出来れば、です。

 修士論文となると、当然、結果を学会で発表することがあるはずです。そのとき、直接言いたいこと以外の情報があると、論文集のページ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング