【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

はじめまして。
築30年の木造2階建て住宅なのですが、洋室和室共に床の中央から端に向かって下がってます。
家全体が斜めに傾いていると言う訳ではないのですが、各部屋(6畳)が中央の2畳分が平らな感じで4辺に向かって下がってる感じです。
直す事は可能なのでしょうか?シロアリや雨漏りなどはありません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

正確には現場を見ないと直せる直せないはわかりませんので、あくまでも一般的なアドバイスとして読んでくださいね。



築30年ですとこのような床の歪みはよくあります。
床は1階ですか?1階だとすると、No1さんのご意見の補足として考えられる理由をご紹介します。
30年のあいだに建築物の自重で基礎下の地面が締まって、基礎のあるラインが全体的に下がり、部屋の中心などは建築当初の高さに近い状態であるために、床の隅が下がる状態になっていることがあります。
この場合であれば床面のみの補修でも可能となります。
床板や畳下地の杉板は張替えが必要ですが、うまくいくと根太材を替えずに、「束」という床下で床を支える柱のような材の高さを低くそろえる(寸法を切る)だけで済むかもしれません。
2階であれば梁材という木のクセが出ることで床の中央が高くなることもあります。この場合も、直すことは可能です。

ところで、もしリフォームをお考えならば、この際に耐震補強をなされることおすすめします。
築30年の木造2階ですと当時の耐震強度不足は、ほぼまちがえないと思います。快適性とともに安全性もご検討なされてはいかがでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。
床の件は1階の方がひどいですが、2階もある程度下がっています。
1階はダイニングキッチン、洋室、和室ですべて6畳ですが、ほぼ同じように中心が高くて4辺が下がってます。しかしそれによって、サッシやドアなどが開きづらかったり重かったり軽かったりする事は無く、ヒビ等も見当たりません。
2階は洋室2間と和室で洋室の1つは15年位前に増築した物です。
増築した分はほぼ問題ないように感じます。

一般的な意見で構いませんので、洋室、和室共に
どれくらいの費用が掛かるのか教えて頂けませんか。

買うときは浮き足立っていてここまで下がっているとは思いもせず、室内のリフォーム等をして、土地代と思って買ってしまいました。やはり住んでみると少し気になるので どうしようかと悩んでいます。

よろしくお願いします。

補足日時:2008/05/15 13:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
使い方を間違えたみたいです。スミマセン。

お礼日時:2008/05/15 14:34

こんにちは。



4方に下がっているということは、土台が下がってしまっているということが推測されますね。
床のレベルを見て、水平に下がっているか、それとも傾いて下がっているか確認したほうがいいですね。
4方の角部が高ければ根太関係の物ですのでたいした修理はないですが、すべて低いや、傾きがばらばらなら、土台が下がったということになります。その場合は、ちょっと大掛かりな直しが必要になります。
この場合は、かなり危険である確立が大きいので、早めに建築屋さんに点検していただいたほうがいいですね。
(なぜ修理かというと、地震が起こると場合によっては(地盤沈下)崩れる危険が考えられるので)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
傾きがバラバラという訳ではなく平均的に下がっている感じなので、ちょっと大変なのかなと思ってます。
なるべく早めに点検しようとは思いますが、お金が…。

お礼日時:2008/05/15 13:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2階の床が傾いています。責任はどこに

平成5年に大手住宅メーカーの建売を60坪の土地と一緒に6000万円以上で購入しました。昨年息子の部屋にしていた2階の中央の部屋が空きましたので掃除をしたところ約6畳ほどの洋間の床が中央付近から片側の壁に向けて傾いていました。(立っていると気分が悪くなるぐらい)近くの工務店では修理ができないとのことでしたので、大手住宅メーカーのリフォーム関連会社に修理を申し出ました。2度ほど調査に来て中央から片側約1.5mが15ミリ沈んでいるとのこと。原因は詳しくは1階の天井に点検口の穴を新たにあけて見て見ないと何とも言えないが多分、床を支えるハリが乾燥して縮みさらに下がって起こったのではないか。両隣の部屋や廊下も異常はないので。結局床はがしてハリを補強して床をもう一度貼るとのこと。見積もりは来週くらい。ここで質問です、先方は購入後20年以上経っているので責任外と主張しています。全部ただとは言わないがせめて半分ぐらい負担して欲しいと私が言っています。こんな時はどうなんでしょうか。なお息子に確認したところ5年ぐらい前から大きく傾いていたが丁度ベットを置いていたので足にダンボールを噛ませて調整していたとのこと。いい知恵お教えください。

平成5年に大手住宅メーカーの建売を60坪の土地と一緒に6000万円以上で購入しました。昨年息子の部屋にしていた2階の中央の部屋が空きましたので掃除をしたところ約6畳ほどの洋間の床が中央付近から片側の壁に向けて傾いていました。(立っていると気分が悪くなるぐらい)近くの工務店では修理ができないとのことでしたので、大手住宅メーカーのリフォーム関連会社に修理を申し出ました。2度ほど調査に来て中央から片側約1.5mが15ミリ沈んでいるとのこと。原因は詳しくは1階の天井に点検口の穴を新...続きを読む

Aベストアンサー

責任の所在については安易に言えませんが、少なくとも15mmも木材が収縮する事は考えにくいと思います。

考えられる原因の一つとしては、床下地の大引(根太)を支えるのに嵩上げしていた束がわれて、支えが無くなったことで大引き(根太)が荷重に耐えられずにたわんだ可能性があります。

上記のような施工方法も考えにくいですがあり得ない事でもありません。


何れにしても、原因を追及する事は大切だと思います。
勘違いして欲しくないのは、原因追及とはHMの責任を追及する事ではありません。

あくまでも現状に至った経緯(原因)を追究する事です。

その為には、HMの調査結果だけを信じるのではなく第三者の建築士に依頼をして同様の調査をして頂くのが宜しいかと思います。


調査を受けてくれそうな設計事務所(建築士)をご自身で探す必要があり、難しい様なら建築士会にご相談をされるのが宜しいかと思います。


責任の所在や費用負担の話は原因が明らかになってからの話だと思います。

Q床の膨らみについて

新築一戸建てを購入し、4月から住みまじめました。住み始めてから2ヶ月ほど経って気付いたのですが、2階の床の一部分が膨らんでおり、歩くだけでも膨らんでいるのが分かります。一番膨らんでいるところは床の継ぎ目の辺りです。その継ぎ目の近くにビー玉を置くと、コロコロと転がっていきます(そこそこ勢いつけて)。継ぎ目を境にして反対側にビー玉を置くと、反対側に転がっていきます。
先日、売り主の業者に床なりを修繕してもらいましたが、そのときに、床のふくらみについて伝えたところ、そこに当て木をしてトンカチで叩いていましたが、結局「治りません。」とのことでした。そして、「変な言い方ですが、危険という訳ではないので、もしまた気になるようでしたら、カスタマーセンターに連絡してください。」と言われました。
 私としては、新築を購入してまだそんなに経ってないし、気になるので直してほしいのですが、この言い方からは、どうもあまり直したくないような印象を受けてしまいました。
 今もビー玉を置けばコロコロ転がっていきます。カスタマーセンターに連絡はしたいと思っていますが、ビー玉も普通に転がっていくような膨らみがあるのに、直してもらえないことはあるのでしょうか。
 どなたが、同じような経験をされたり、新築の瑕疵担保などについてご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

新築一戸建てを購入し、4月から住みまじめました。住み始めてから2ヶ月ほど経って気付いたのですが、2階の床の一部分が膨らんでおり、歩くだけでも膨らんでいるのが分かります。一番膨らんでいるところは床の継ぎ目の辺りです。その継ぎ目の近くにビー玉を置くと、コロコロと転がっていきます(そこそこ勢いつけて)。継ぎ目を境にして反対側にビー玉を置くと、反対側に転がっていきます。
先日、売り主の業者に床なりを修繕してもらいましたが、そのときに、床のふくらみについて伝えたところ、そこに当て木を...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

一戸建ての、木工事に対して、短期保証基準についての説明をします。

「木造部分は、木材の変形、変質により著しいそり、すきま、割れ、きしみ等の事象が生じてはならない。なお、木材は年月の経過により収縮するものであり、羽目板、縁甲板、巾木等に多少のすきまができるのはやむをえないことであり、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。」(期間2年)

今回は、住み始めて2ヶ月程しか住んでいないのに、床が変形したか、もしくは当初より変形していたのに、気がつかなかったのか、記載している内容では、どちらかだと思います。

どちらにしても、床の変形を修復する事になるのですが、少し気になることは、検査している内容が、ビー玉を転がすと言う検査方法です。

この方法で検査すると、床のレベルはものすごい精度で水平になっていないと、ビー玉は転がっしまいますので、検査方法を変えてみましょう。

違う方法は、長い真っ直ぐな板などを床に当て、どのくらい膨らんでいるか数値で表した方が施工業者は、わかりやすいと思います。しかし、その膨らみが、1ミリや2ミリ程度の少ない物ならば、施工誤差で、業者も直しません。
直す基準は施工業者により違いますが、大体3ミリ、4ミリより上ぐらいで、直す基準では無いのでしょうか。

いずれにしても(膨らみが大きい場合)、担保になるので、修繕を請求する事は出来ますが、床の修繕は結構手間が掛かるので業者は嫌がりますが、膨らみの程度をしっかり説明して、直してもらいましょう。

参考になればと思います。

参考アドレス(短期保証基準)
http://www.mamoris.jp/seinou/hoshou/betsu.html

はじめまして

一戸建ての、木工事に対して、短期保証基準についての説明をします。

「木造部分は、木材の変形、変質により著しいそり、すきま、割れ、きしみ等の事象が生じてはならない。なお、木材は年月の経過により収縮するものであり、羽目板、縁甲板、巾木等に多少のすきまができるのはやむをえないことであり、住宅の品質又は性能を損なうものではありません。」(期間2年)

今回は、住み始めて2ヶ月程しか住んでいないのに、床が変形したか、もしくは当初より変形していたのに、気がつかなかったのか、...続きを読む

Q床の傾き修理方法が分からず困ってます

日曜大工で現在畳敷きの6畳間をフローリングに変更し、同時に部屋
の傾きを補正したいと考えてます。(2.7メートルで約4センチ傾いてます)
床構造は、「根太-合板-畳」です。
できれば合板は剥がさずに傾きを補正したいのですが、隙間が畳分
しかないこともあり良い方法が思いつきません。やはり剥がさざるを
得ないのでしょうか。
フローリングにすると寒いので断熱材も入れたいと思ってます。
道具は丸のこ、インパクトレンチ、カンナ他、一通りは揃っております。
良いお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

合板の上で傾きを修整するのはかなり大変です。
合板をはがし根太で調整するのが簡単で早いと思います。
根太も外し大引きの両側面に水平になるように木を打ち付け根太を戻しましょう。
ついでに断熱材も入れれます。

Q家でミシッとかバキッという音はしますか?ラップ音?

今まで、色々引越しましたが木造の家でもマンションでも
ミシッとかバキッという音がしました。
それがラップ音なのでしょうか?
江原さんいわく、ラップ音によって色々メッセージがこめられているらしいですが
私はどこの家でもすると思います。
今まで、3人くらいの人に聞きましたが、しない。といわれました。
私は、聞いているけれど慣れてしまっていてわざわざ意識していないんじゃないかと思っています。
鳴るときは良く鳴るし、鳴らないときは鳴らないという感じです。
私も差ほど意識はしていませんが、ずっと不思議に思っています。
家のきしみの音ってどこでも鳴るんじゃないでしょうか?
みなさんはどうでしょう?
もし、本当にメッセージなら少し意識してみたいと思います。

Aベストアンサー

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側は内側より縮もうとする力が働くので、耐えられず表面の部分が割れてしまうのです。
樹種によっても違いますが、たとえばスギの場合、最も深い割れでも表面から4分の1位までのはずです。
そして、木材が1~2シーズンを経験すればたいてい落ち着いて、割れの音もほとんどしなくなると考えられます。

コンクリートのマンションの場合も床がフローリングであれば床鳴り、クッションフロアーや畳でも下地が木であれば同様に音はしますよ。

 主要因はこの辺にあると思います、ただし、もしほとんど木を使っていないコンクリートマンションでしたら?ですね。(断面詳細図でも見ないと確認出来ませんが)

木造の場合、それは柱や梁などの構造材が割れる音ですよ。
大きめの音ですよね。
薄っぺらな板材はそんな音はたてませんから、太く厚い木材が使われている証拠でもあります。

昔のように何年もかけてゆっくり芯まで均等に天然乾燥させた材ならば割れは少ないのですが、 現代はそれを望むのはちょっと無理でしょう。

冬の乾燥した時期、暖房で急に暖められ乾燥した部屋では、木材の表面だけが急に乾燥し始め、水分が飛んでいきます。
そうして木材の表面つまり外側と、内側の水分の差が大きくなると、外側...続きを読む

Q新築一戸建て。二階の床が落ちることってありますか?

約3年前、新築で一戸建ての家を購入しました。
一階はリビングとお客様用の和室で、二階が寝室になっています。
寝室は広めなので、趣味の空間があったり、本棚も複数設置しています。
その本棚について質問です。
ぎっしり本が詰まった状態で、寝室の一部を占拠しています。
四角形の寝室なので、その一辺全てが本棚になっています。
こういう場合って、本の重みが相当だと思うのですが、床が落ちたりする可能性は考えられるのでしょうか?

いわゆる、重たいピアノとかではないので業者さんに確認をしてもらったこともないのですが、やはり、あまりよくないですか?

Aベストアンサー

本の量によってとは思いますが  通常多量の本をおくことを想定しないで設計してると思います いろんな条件が重なったことと思いますが 以前本の重みで床が抜けた事例があったような気がします  また私のお客様で本の重みで床が変形(沈む)してしまい 修理をしたことがあります 本の一冊一冊はたいしたものではなくとも 多量になるとかなりの重量になります いい説明がありましたので参考までに見られてください http://sumai.nikkei.co.jp/house/qahouse/etc20070222a2000a7.html

Q築年数の古いマンション、フローリングが歪んでる?

築42年、鉄筋コンクリートのマンションの7階に、一週間前から住み始めました。
住み始めてから、頻繁にめまいなどがあります。
参考程度に、ビー玉を転がしてみましたらコロコロと転がるところと、そうでないところがありました。
コロコロ転がる所に関しては、結構な速度で転がります。
最近は、平行感覚がおかしくなってきました。
部屋が傾いているのでは?と思い、管理組合の方に相談してみたところ、
下の土台がコンクリートだから、コンクリート特有のでこぼこなのではないか?と言われました。
見にきて頂きましたが、体感的には気にならない。他からも苦情は出ていないし、一部屋だけ傾くなど有り得ないと言われました。
私だけではなく、家族も不調なので気のせいではないと思います。

古いコンクリートマンションでは、床がでこぼこしているようなことはあるのでしょうか?
また、カーペットなどを敷けば改善出来ますか、

Aベストアンサー

床の少しくらいの傾斜でめまいがするというのはちょっと考えにくい。
他の人に見てもらって気にならない(トラブルになるのがイヤでウソを言ってなければ)というのであれば、長時間室内にいると目が回るようになるのだろう。

・内装の化学物質のせいでめがまわる
・壁紙の微妙な模様(デザイン)でめがまわる。目の錯覚
・床、壁、天井、窓などが少しずつ傾斜(狂っていて)していて平衡感覚が損なわれてめがまわる。トリックハウスのようなもん

床がデコボコしていると、足で踏んだ際に微妙な傾斜を感じとってめまいがするような錯覚がおきることはある。
それが長時間になれば水平なところにきても目が回ったり。
船や車に「酔った」感覚というか。


マンションのフローリングの下はコンクリだが、直接張り付けてあるわけではない。
下地の木材が古くなって変形している可能性もある。
この場合、内装屋や大工にフローリングの張替をしてもらえば解決する。
業者は水平を見て施工するし、あまりにデコボコや傾斜でもしていれば水平に直して施工するし、そう教えてくれる。
カーペットだと少しは緩和するだろうけど、ふかふかする分、なおさら平衡感覚を狂わせたりする恐れもあるのでは?

床の少しくらいの傾斜でめまいがするというのはちょっと考えにくい。
他の人に見てもらって気にならない(トラブルになるのがイヤでウソを言ってなければ)というのであれば、長時間室内にいると目が回るようになるのだろう。

・内装の化学物質のせいでめがまわる
・壁紙の微妙な模様(デザイン)でめがまわる。目の錯覚
・床、壁、天井、窓などが少しずつ傾斜(狂っていて)していて平衡感覚が損なわれてめがまわる。トリックハウスのようなもん

床がデコボコしていると、足で踏んだ際に微妙な傾斜を感じとって...続きを読む

Q家がどんどん傾いてます

一戸建ての築40年の平屋(賃貸)に住んでます。
坂道から階段を30段ほどあがったところにある家なんですが、道路側は坂道に沿って高い壁になっていて、うちからは道路を見下ろす感じです。入居したときから、見た目でなんとなく、傾いているなって気がしました。(実際、窓がきちんと閉まらない状況でした)半年住んでいて、最近、窓を開けてもスーッと勝手にしまってしまうくらいです。室内の壁に亀裂のようなものも新たに見つけました。
坂道がある側のみ傾いていると思います。
他の質問の答えなどもいろいろ見ましたが、大きい地震が来たらつぶれてしまうかもしれないとちょっと心配に思っています。今までは、傾いていないほう側を中心に使ってましたが、傾いている方の端っこの部屋も、近々フルに使うことになります。

そこで質問なんですが、
1.大きい地震ってどのくらいのことを言うんでしょうか?確か、ここに住み始めてから震度3くらいはありました。
2.ほかにつぶれちゃう心配がある状況はありますか?
3.家だけつぶれるより、坂道に沿った壁が崩れて、家が崩れちゃうことの方が考えられますか?

その他、対処法など、いい方法があったら教えてください!あんまり早くに引越しする余裕はありません!

一戸建ての築40年の平屋(賃貸)に住んでます。
坂道から階段を30段ほどあがったところにある家なんですが、道路側は坂道に沿って高い壁になっていて、うちからは道路を見下ろす感じです。入居したときから、見た目でなんとなく、傾いているなって気がしました。(実際、窓がきちんと閉まらない状況でした)半年住んでいて、最近、窓を開けてもスーッと勝手にしまってしまうくらいです。室内の壁に亀裂のようなものも新たに見つけました。
坂道がある側のみ傾いていると思います。
他の質問の答えなどもいろい...続きを読む

Aベストアンサー

#2のaltosaxです。
多くの方からとても親切な御回答がたくさん寄せられてよかったですね!


>さて、築40年程度の家ですが、今、なんとなく傾いた
>感じがわかる気がする程度なんですが、半年以上前の
>現状はわかりません。でも、半年で気づくのはすごく
>傾いているって事だからなんでしょうか?

家の傾きがあまりにひどい場合は、床にぺたっと座っただけで、船酔いのような感覚を感じてしまいます。
こうなると健康にも悪影響がありますが、「床が傾いている」ことと「家全体が傾いている」ことはイコールである場合と、そうでない場合(単なるその部屋だけの問題)がありますので、いんちきでないきちんとした建築士の免許を持った先生で、なおかつ家屋調査の経験豊かな方に頼んで見てもらわないと、知ったかぶりのハッタリ診断に振り回されてしまう危険性がありますので御注意ください。
(すごいエライ一級建築士の大御所大先生でも、高層ビル新築専門の先生だったら、木造家屋の古い家の劣化診断はまるっきり何も知らないので、要注意です)

船酔い状態するほど傾いた家だと、もう引っ越してきた当日にすぐ気分が悪くなりますので、半年たってようやく気付いてきた傾き具合なら、少なくとも健康被害には結びつかない程度だと思います。

でも、これが倒壊に結びつくかどうかという問題は、1~5の自信ありの御回答の方も誰もお答えになって下さっていないのですが、倒壊か持ちこたえるかの重大な2大決定要素の「その家の必要壁量」と「偏心率(お家の重心と壁のバランスが食い違って、家がみずからよじれてしまう現象が発生してしまう率」を計算してもらわないと、答えが出せないものなんです。

極端な話でいえば、土地の地盤がわるくても、壁量がものすごく多くてがっちりしていれば、地震で家が傾いても、傾いたまま固い家の上物部分だけは無傷で残るので大丈夫(お豆腐の上に鉄のおうちの模型を置いて、お豆腐が崩れるまで揺すっても、鉄でできたおうちの模型は無傷であるという考えとおなじです)という計算になるのが、いわゆる耐震診断の計算です。

ですので、こちらの掲示板でどんなに「自信あり」のかたに尋ねても、実際に問題のお家を調査して計算をすることはできませんので、「地震がきても大丈夫か危ないか」の結論は、大家さんを通じて、きちんとしたいんちきでない信用のできる耐震診断をしてもらわないと答えがでないことになります。

おおやけに認められているインチキでない本式の耐震診断には、「簡易診断」と「一般診断」と「精密診断」があります。
しかし、精密診断は大学の教授をそのつど呼んでこなければならないことになっていますので、ふつうは実施できません。

「簡易診断」であれば、実は専門家に頼まなくても、ちょっとした理科の知識がある人なら、自分でもできるようになっています。お近くの役所の建築指導課などの窓口にいくと、「我が家の耐震診断」という小冊子が全国で無料で配付されています。
簡易診断を専門家に頼むとだいたい5~8万円ぐらい(お家の大きさや手間によってかなり差が出てしまいますのでこれはあくまで目安にすぎませんが)です。
一般診断を頼むと、これは新築の家を設計するのと同じ計算をしてもらうことになりますので、15~20万円ぐらいかかります(これもお家の大きさや、古い設計図があるかないかでかなり差がでますのであくまで目安とお受け取りくださるのが無難です)。


>擁壁は確認しましたが、コンクリートでした。ふくら
>みは全体的にあるとか無いとかなんでしょうか?近く
>で見た感じでは、亀裂もないし、わかりませんでし
>た。あと、階段の横の上部3分の1位だけは玉石擁壁
>でした。

高さが2メートル以上ある擁壁だったら、役所へ申請しないと作ってはいけないことになっていますので、ほぼ正しい造りになっています。
でも、いんちきで作ってしまっている擁壁もたくさんありますので(役所に提出した設計図どおりに出来ていないとか、わざと最初1m90cmぐらいでおさえて後から継ぎ足したり、などあのてこの手のいんちきがあります)これもきちんとした経験と資格のある人に見てもらうようにして下さい。

玉石擁壁は、昭和25年以後(建築基準法ができた年)以後は新造が認められていない建て前ですが、けっこうあちこちありますね(汗)
2メートル未満なら無許可で作って良いのでそれなら今でも玉石擁壁は出来てしまいます。


ただそれとは別問題としていちばん心配なのは、貸家のばあい大家さんがお客をとりたいばかりに、無申請でいんちき増築しているケースがよくありますので、そう言う場合には不正行為がばれると困る大家さんだと、診断をしてもらうように頼むと露骨にいやがる可能性があることですね。。。
そうでなくても大家さんの多額の修繕負担がかかる話しだといい顔をしないことはあり得ると思いますのでつらいところですね。。。


>それと、一番擁壁に近い部屋が6年前くらいに増築さ
>れたそうです。それは何か関係はありますか?

増築することと、家全体が傾くこととは、直接的には無関係です。
(増築部分がたまたま盛り土でふわふわしているところに建ったら、ふわふわ部分に建てられたところが傾く、ということです)

2000年以降にきちんとした役所へ申請されて増築されたものであれば、古い既存部分のおもやも含めて十分な耐震性を役所から要求されますので、インチキ工事がなければ安心できます。
でも六年前だと母屋までふくめた強度の要求は義務付けられていなかったので、増築部分だけ安心で、古いおもやは危ない、ということはあり得ます。

また、一般的な住宅地ですと10平方メートル未満(だいたい六畳間ぐらいまで)の増築は無申請でもかまわない地域が多いですので、申請なしで増築されているばあいは、何も考慮されないでめちゃくちゃにただ建て増しされていることもあり得ます。


現物のお家を何も見ないで、計算もしないで語ることのできる一般論としては、
40年前のお家でしたら、当時の建築基準法を満点で合格していても、今の建築基準法にはぜんぜん足りていない強度になっている可能性が過半数以上の確率でありえます。
また、玉石擁壁は「震度いくつで」ということは建てられた地域の土質によって千差万別なので答えることが不可能ですが、法律で認められている工法ではありませんので、崩れてしまうことを覚悟しておいたほうが無難です。 それでどの程度の範囲で崩れるかと言うと、これまた地域の土質によってまちまちですが、ごくごくどんぶり勘定に一般論でいいますと、だいたい30度の角度の範囲で崩れます。(これを安息角(あんそくかく)といいます)砂浜で遊んでお山を作って壊すときに、ある一定の角度でこわれますね?
あれと同じです。砂だったり土だったり、それぞれの土質に応じて角度がすこしずつ変わります。


ながながとなってしまいましたが、まずはmocha420さんの場合、借り家ですから、ひとまず地元の役所の建築指導課へ相談に行ってみて、公費の耐震診断補助制度があるかどうかたしかめて、大家さんに公費があれば診断を申し込んでもらうように働きかけてみるのがよろしいのではないでしょうか。
また、先に書きました通り、「簡易診断」であれば自分でできますので、相談窓口で「我が家の耐震診断」という簡易診断小冊子をもらってきて、大家さんに内緒であるていどの自己診断ができますから参考にしてみて下さい。自分でできる、とはいえ、なかなか難しい面もあると思いますが、わからないところがあったら、見取り図を添えて、小冊子をもらった建築指導課へもういちど教えて下さい、と聞きに行けば、けっこう教えてくれる親切な役所もありますので、だめもとで色々教えてもらいに行くのも見聞が広まっていいと思います。
ただただ心配で、えたいのしれない恐怖を感じ続けるのは気持ちわるいですよね。
そういう訳で、まずは役所に相談に行ってみてはどうでしょうか。
また、#2で御紹介した協会でも対応してくれます。
(ただ、市民サービスということで最初の一回目は役所のほうが得することがあるかもしれません☆役所ではらちがあかない、と思ったら協会へ相談してみるといいと思います)

#2のaltosaxです。
多くの方からとても親切な御回答がたくさん寄せられてよかったですね!


>さて、築40年程度の家ですが、今、なんとなく傾いた
>感じがわかる気がする程度なんですが、半年以上前の
>現状はわかりません。でも、半年で気づくのはすごく
>傾いているって事だからなんでしょうか?

家の傾きがあまりにひどい場合は、床にぺたっと座っただけで、船酔いのような感覚を感じてしまいます。
こうなると健康にも悪影響がありますが、「床が傾いている」ことと「家全体が傾いている」ことは...続きを読む

Q家が二階に置いた物の重さで傾いてしまいました。

家が二階に置いた物の重さで傾いてしまいました。
傾いているのを確認してもらい、原因になる物はどかしたのですがこの後どうすればいいのか解らず困っています。
傾きの補正と地震対策への補強工事を考えているのですがどのような工事を行えばいいのでしょうか?
どなたか詳しい方がおられましたらお教えいただけないでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

家全体が傾いたのであれば → 基礎地業 → 構造
2階の床なり部分の傾きなのか

ジャッキアップして全体を元に戻すは大工事費要
構造は傾いたままで 内装で補正した例はある

其れにしても傾いた理由が不明では処置誤る
・軟弱地盤であった
・想定以上の偏った荷重で構造変形

個別に見ない事には 確かな回答は難しい

Q普通の一戸建てですが床が抜けるというのはありえますか?

普通の一戸建てですが床が抜けるというのはありえますか?


去年の夏リフォームというか建て替えをして家が新しくなりました。
3階建てです。

私はその3階に住んでいます。
私は漫画好きで部屋にたくさんコミックがあるのですが

母に「漫画買いすぎ。床がゆけたらどうするの」
といわれますが

冗談も半分は入ってると思いますが
実際そういう事はあるのでしょうか?
そんな事を母から言われるので少し恐怖感さえ出てきました。(床が抜ける事への)

普通のコミックが部屋に
930冊ほど置いてあります(3階の自分の部屋にです)

後は、普通に部屋に
テレビとか本棚、教科書等があります。

コミック等は930冊ほどが全体でどれくらいの重さになるとか
部屋がどのくらいの重さに耐えれるとか分かりません。

材質等によっても違うと思いますが
大体どのくらいは平気なんでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

一般的なご家庭ですと、木造でだいたい1m2あたり180kgの荷重に耐えるようつくられています。

例えば、横幅60cm高さ1.8mの本棚に、文庫本をぎっしり入れると150kgくらいです。
同じ場所に辞書をぎっしりで200kgくらいになります。
市販コミックはだいたい100g~110gですので、中間の105gとして930冊で97650g=97kg。
本棚の重さを考慮しても、まあ180kg内には収まっていますね。
コミック収納場所に、別の重たい物を置いていなければまず大丈夫です。

ご心配でしたら、コミックや本は1箇所にまとめて置かず、ある程度部屋の中でも場所を分散させて収納してください。
例えば、あまり読まない本はベッドの下、よく読む本は本棚、教科書などは勉強机周辺。など
1箇所にたくさんの重さがかかるのは、床は抜けないまでも家のたてつけの為には良くありません。
1箇所にまとめて置きたい場合は、その下の階の様子を思いえがいて、下に柱や壁がある場所に置きます。
特に、1Fと2Fで同じ場所に壁や柱があるところの真上は、上記に書いた耐荷重よりもたくさんの重さに耐えます。
柱や壁が、重さを直接地面に伝えますので。

質問主さんの部屋(特に本を置いている場所)の下が広い空間(部屋)だったりして、本棚の下を支える柱や壁が無いとすると、
今後もどんどんコミックを増やしていった場合、床が抜けることはないでしょうが、天井が下がったり、扉が開きにくくなるなどの支障が出るかもしれません。
例えば質問主さんも、重たいかばんを右肩に下げると、右にちょっと傾きますよね?家でもそういうことがおこり、下の階の扉の開け閉めがしにくくなったりする可能性があります。

ちなみに、本の荷重で床が抜けた。という事故が、確かに過去にはありました。
ただ、建築法もゆるかった何十年も前に建てられた古い家の場合です。
近年建てられた家では、何トンなんて単位で溜め込まなければまず大丈夫です。

一般的なご家庭ですと、木造でだいたい1m2あたり180kgの荷重に耐えるようつくられています。

例えば、横幅60cm高さ1.8mの本棚に、文庫本をぎっしり入れると150kgくらいです。
同じ場所に辞書をぎっしりで200kgくらいになります。
市販コミックはだいたい100g~110gですので、中間の105gとして930冊で97650g=97kg。
本棚の重さを考慮しても、まあ180kg内には収まっていますね。
コミック収納場所に、別の重たい物を置いていなければまず大丈夫です。

ご心配でしたら、コミックや本は1箇所にまとめて置かず、ある...続きを読む

Qフローリングの傾きについて

ここ数年、自宅の床の傾斜が気になるようになりました。
自宅(鉄筋ALC2階建・築20年)は12年前に床を絨毯からフローリング材に張り替えリフォーム(自宅を建設した業者と同じところに依頼しました。)を行ったのですが、ここ最近、キャスター付のイスなどを使用した時に傾斜が気になるようになりました。家族も皆、傾斜が気になるようなのでホームセンターで200mmの水準器を購入して自ら測ってみたところ最大で200mmあたり4~5mmの傾斜が存在しました。そこで、リフォームしてもらった業者とは違うところに依頼して調査してもらったのですが「築20年というのを考慮すると大体この程度ですよ。」というコメントをいただきました。
さらにこの傾斜を修正するにはフローリング材がモルタルに直接張り付けられているようなので「フローリング材を剥がし、モルタルを水平に塗り直してフローリングを貼りなおしになりますが費用が、かなりかかります。」とのこと。ちなみに住宅の骨組などには傾斜はなかったようです。
この、200mmあたり4~5mmの傾斜というのは築20年を考慮すると許容範囲なのでしょうか?また、8畳程度の面積のモルタルを水平に塗り直すにはどの程度の費用がかかるのでしょうか?ご存知の方いらっしゃいましたら教えて
下さい。

ここ数年、自宅の床の傾斜が気になるようになりました。
自宅(鉄筋ALC2階建・築20年)は12年前に床を絨毯からフローリング材に張り替えリフォーム(自宅を建設した業者と同じところに依頼しました。)を行ったのですが、ここ最近、キャスター付のイスなどを使用した時に傾斜が気になるようになりました。家族も皆、傾斜が気になるようなのでホームセンターで200mmの水準器を購入して自ら測ってみたところ最大で200mmあたり4~5mmの傾斜が存在しました。そこで、リフォームしてもらった業者とは違うところに依頼...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく8帖の半分の2000mmで4~5ではないでしょうか?
8帖で鉄骨造ですがスパンが4mとしましょう。すると床や梁の許容たわみ量は1/250つまり16ミリです。また、3640mmとすると14.5ミリです。4~5ミリは確かに許容ではあるといえると思います。
ただ、局部的に下がっていると確かに使いづらいでしょう。

床をはいでモルタルの塗りなおしという事ですがそこだけモルタルを5ミリとはいかないので同じ高さに仕上げるには今のモルタルを削り取らなければなりません。巾木がどうなっているかにもよりますが床の貼りなおしも含めて数十万から50万くらいというところでしょう。許容範囲であるのでそこまでの費用はちょっと高いような気もしますね。
また、以前絨毯はすっかり取り外しましたか?絨毯だけはいでアンダーレイのフェルトをはがさずにフローリングを施工してあるとフェルトがつぶれてへたりが生じているということも考えられます。

想像が多くみなければ判断しずらいところが多いので参考とします。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較