プロが教えるわが家の防犯対策術!

アメリカではほとんどの家庭で気軽に外壁の修理をしたり、壁紙を張り替えたりしていますよね。
日本でもDIYという言葉が広まり、ホームセンターも普及していますが、やはり欧米のようにDIYの考え方は一般社会には根付いていないように思います。
(特定の方が趣味で日曜大工をしたり、知識のある方が自分で水道の修理をしたりと、かなり行う人が偏っているような)

その違いって何なんですかね?
・日本は集合住宅に住む家庭が多く、住宅に簡単に手を加えられない
・住宅設備の修理、改造は業者に頼んだ方が早いし、楽
・日本人はきれい好きで、作品の見栄えを気にするからあえて自分ではやらない

などが考えられるのですが。(思いつきです)
もっとあちこちでDIYをしている家庭が見られてもいいのに、と思うのですが、みなさんの考えをお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

DIYのカラクリ、みんなで


評価考えませんか?
http://tiny.cc/1zbr9w
↑役立つヒントがいっぱい!

.


100均 DIYとか、
棚キッチン DIYとかDIY 棚までいろいろあるから

日曜大工 作品とは日曜大工 棚を持つ者が、 日曜大工 小屋やテーブルを指す。
    • good
    • 0

DIY=日曜大工=大掛かりな物をつくる、って固定観念がないですか?



DIYの言葉の定義から・・・。
生活空間をより快適にするために自らの手で変えようとする概念。

嫁さんが「洗面所の棚にタオル掛けが必要だから両面テープで接着するフックを取り付ける」のも立派なDIYです。
市販の組み立て式カラーボックスを作るのも、ウッドデッキを図面から書いて木取りをして電気工具をぶん回して組み立てるのも、どちらも同じDIYです。

そう考えると、意外とそこかしこでDIYされているのではないでしょうか?
    • good
    • 0

鶏が先か卵が先かになってしまうのですが、



日本は本職さんが、
「適正な価格で、すぐに、かつ、充分な水準でやってくれるから」

どこかの国のように、
水道の修理が10日先でないと来てくれないとか、
人件費が馬鹿高くてとか、
仕上がりが素人とレベル差があまりないとか、
だったら自分でしていると思います。

そういう国であえてするのは「楽しみ」でする場合です。
が、余暇がない事や、「物を作る喜び」を知らない人が増えている。
そんな風に見えます。
    • good
    • 0

開拓時代を経て、国家形成されたアメリカは、全て自分で行う風潮があると思います。


昔、NHKで放送されていた「大草原の小さな家」では、チャールズ父さんが、農作業から大工作業、家畜の世話から馬車の修理。銃の玉まで作っていましたね。専門職は・・・医者と牧師くらいでしょうか?

 かたや日本人は江戸時代以前から、八百屋・魚屋・金魚屋・大工、飾り職人、鋳掛職人など、分業で國を構成していたと考えます。
故に「餅は餅屋」という格言も生まれたのではないかと考えます。
    • good
    • 3

私の考えを。



まあ賃貸の場合、DIY といっても限られていますので仕方がないかと思います。しかし、持ち家の場合でも、DIY で家をいじる、という考えを持っている人は少ないようですね。

基本的に、大工さんとか、専門的な知識や腕を持った人でないとできない、と信じているのではないでしょうか。まあ専門家に頼んだ方が楽かもしれませんが、契約に至るまでのもろもろとか、悪質業者につかまってしまったとか、必ずしも楽ではないとは思うのですが。

もうひとつは、DIY の知識が欧米では圧倒的に豊富ですし、部材の入手も非常に楽です。米国の DIY 専門店は広大な売り場に、ありとあらゆるものが売られています。日本のホームセンターと違い、完成品はほとんど売られていません。DIY 関係の書籍も豊富です。私はウッドデッキを作るにあたって、米国の DIY 店で本を買ってきましたが、その内容はかなり細かく、スパンがこれだけあって木材がこれの場合は、この大きさ以上の部材を使え、とかいう表まで載っています。日本の DIY の本でそこまで詳しいのは見た事がありません。

イギリスで出会った男性は、定年になったのでこれから DIY の学校に行くんだ、日本のノミを持っているけど素晴しい、とかいう話をしていました。イギリスでは DIY で家を改造するというテレビ番組があります。こうすると高く売れるんだそうです(欧州では中古の家を買う事が多い)。

日本では職人の技が高度なので、素人には手を出せなかったという歴史もあるように思います。ハワイで乗ったタクシーの運転手は、サーフィンが好きでハワイに来たけど、大工をやって稼いでいたよ、なんて話をしてました。日本で大工に転職した、なんて話は聞いたことがありません。欧米の大工なんてその程度の技量で十分なんですよね。

でも、最近の日本の職人の質も落ちているようですし(もちろん素晴しい人もいるにはいるのですが)、日本も他人まかせにせず、DIY の時代になるべきだと思います。ただし、正しい情報の普及も必要でしょう。
    • good
    • 0

やはり



 賃貸住宅が多い
 持ち家でも売る時のことを考えると見栄えが重視される
 集合住宅だと大きな音が出せない

というのが大きいでしょう。さらに、

 都心には郊外型ホームセンターがない

というのが大きいと思います。
工具にしても材料にしても、都市に住んでいると気軽に買いに行けないのでどういうものが売られているのかさえ知らない、という人が大部分でしょう。
    • good
    • 0

日本でDIYが育たない理由は下記のコメントがベストと思います。


http://www.wood.co.jp/mame/nihondiyga.htm

DIYだけでなく、木造住宅に関しては日本はアメリカやカナダと比べると20年ぐらい遅れています。そのため、日本の住宅の価格はカナダやアメリカの2倍しますが、反対に耐久年数は半分しかありません。又、今でこそ地震に強くなりましたが、以前は破壊試験をすると日本の住宅の強度はアメリカの住宅の3分の1でした。阪神大震災では住宅の倒壊で6000人もの方が亡くなりましたが、その1年前にサンプランシスコの地震では高速道路が倒壊し、住宅も日本よりずっと古い木造住宅でしたが、亡くなった方は50人程度でした。アメリカ・カナダの場合、住宅に関して(これはDIYも含めて)、部材が統一され、工法が合理化されているため、どのハウスメーカーが建てても品質が安定しているので、高い利益率が必要な日本のハウスメーカーのような企業が存在できません。その意味では日本の住宅やDIYが合理化されることを大手のハウスメーカーは望みませんので、やはり日本のDIYはなかなか伸びにくい環境にあるといえます
    • good
    • 0

やる気が無いからです


役所のお得意言葉
前例が無いΣ(゜д゜lll)
これと同じことで経験していないことには手を出さない
    • good
    • 0

>日本において欧米ほどDIYが広まらない理由



僕の知り合いに、ナイフメーカーの人が居ます。
彼曰く、学校で子供に刃物を持たせない
だから、器械や工具が使えない
そして、置く場所や騒音など近隣に迷惑が掛かる
それらの理由が、大きいと思います。

僕は、自分で家が建てたくて、50過ぎて学校に通いました。
目標は、70代で建てたいと思っています。
カナダのログハウスの作り方を見て、凄く時間を掛けて作る事が大事だと思いました。
1時間以上も車を走らせ、丸太一本組み合わせてその日の作業が終わる。
セッカチな、日本人には考えられない。
だから、リタイヤしてから、ノンビリトです。
夢は、後に取っとかなければ
健康の為に、今から節制だと思っています。
    • good
    • 1

自家用車を見れば解るでしょう。


ピカピカに磨いて、傷があれば修理工場でメンテナンス、
いつも新しいまま新車の状態で無ければ気に入らない。

人と違ったことを・・・
それは車種、メーカーを選ぶことによって納得して。
あとは如何に現状維持をするか・・・

そもそもメンテナンスが出来る能力が無いのかな・・・ほとんどの人が・・・。
日本人は器用だとは聞くがそれも極一部の人・・・器用でないとはじめから触らないし、人任せ。
金槌も持たない人が多すぎる。
学校で英語と技術は習うが、大人になったらきっちり忘れている。
これも同じこと。

「器用貧乏 隣のXXに使われる」
失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
住宅をメンテナンスすることと、車をメンテナンスすることには共通するものがありますね。
やはり一部の人が趣味としてカーメンテナンスに精を出していますし。

>日本人は器用だとは聞くがそれも極一部の人・・・器用でないとはじめから触らないし、人任せ。
アメリカの家庭では親からDIYの方法を学ぶそうですが、日本は親自体DIYをしないので、子どもが実用的な方法を学ぶ機会がありませんよね。
学校で習った技術の内容はあまり活かされていないように思います。

お礼日時:2008/06/10 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q小泉純一郎元首相の派遣政策は失政だったのでしょうか?

小泉純一郎元首相の派遣政策は失政だったのでしょうか?
確かに派遣のおかげで景気は上向き雇用問題も一時凌ぎでしたが、大量の無職を産むことを防ぎました。しかし、その一方で派遣法の整備が不徹底で労働者の労働環境が劣悪なものが多かったように思われます。
小泉純一郎元首相の派遣政策は失政だったのでしょうか?
何が正しくて何が間違っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

>小泉純一郎元首相の派遣政策は失政だったのでしょうか?


小泉政権4年間の実績やその後の推移を絶対評価するのも歴代内閣との相対評価をするにも、様々な角度と切り口があり、立場や価値観・優先順位で利害や評価は分かれます。
その真価・結論は、時代背景・環境・国際情勢の中での政策・選択であり、現時点での功罪の一部をデフォルムしたり、我田引水的に激賞しても意味が無い。
その実績と影響は、昭和~平成~の政治・経済・教育・国際貢献の歩みに歴史に委ねるしかないと思います。

何よりも、職業能力開発と職業選択の範囲を広げ雇用の創出の結果、戦後初めて失業率が低下した5.5%→4.2%(約7年前の水準にまで回復改善)

そして、企業収益を改善し、株価の改善と国債発行額の抑制、郵政や道路公団の民営化に公共投資の縮小見直しに手をつけ、プライマリーバランスを単年度では唯一黒字化した実績は評価される。
(為にする批判、労働格差の拡大、非正規社員の増加と言う副作用?途中の痛みの部分、セフティネットの未整備等の指摘もある。)

さらに、小泉首相のキャラ・政策・リーダーシップに国民マインドの向上、プラス思考での取り組み、国の将来への夢と自信を取り戻し始めた時期でもある。
国際社会での信頼と評価、発言力の増大は、大きな国際貢献であり国益・国威・国運の増進に多大な貢献をしたと思う。

それを、現在の景気低迷・雇用情勢の悪化・郵政見直し論者の視点で批判するのは客観性・公平性・正確性に欠けると思考します。

小泉マニフェスト2005
http://www.jimin.jp/jimin/jimin/2005_seisaku/120yakusoku/pdf/yakusokuText.pdf


他方で、推進途上や弊害の出てる分野・立場もある。
ここでは、民主党の反小泉マニフェスト審査を引用します。<抜粋>

マニフェスト等での言及現状
5.非正規労働者対策
◎短時間正社員制度の導入促進、パートタイム労働者の
処遇の改善、正社員への転換制度の普及・定着等、
パートタイム労働対策を充実・強化する。
「2005年自民党マニフェスト:037 非正規労働者対策の充実」
労働者の1/3を占める非正規労働者のセーフティネットは
破れたまま
◎雇用に関する規制の安易な緩和が、非正規労働者の
拡大、雇用の不安定化を加速させた。
◎昨年10月から今年6月まで21万人の非正規労働者が
雇い止め、真冬に住居を失う人が続出した。
小泉マニフェストと自民党政権4年間の総点検(ダイジェスト版)
◎景気急落で失業者は急増中、過去最悪の雇用状況に
なる可能性もある。

>小泉純一郎元首相の派遣政策は失政だったのでしょうか?


小泉政権4年間の実績やその後の推移を絶対評価するのも歴代内閣との相対評価をするにも、様々な角度と切り口があり、立場や価値観・優先順位で利害や評価は分かれます。
その真価・結論は、時代背景・環境・国際情勢の中での政策・選択であり、現時点での功罪の一部をデフォルムしたり、我田引水的に激賞しても意味が無い。
その実績と影響は、昭和~平成~の政治・経済・教育・国際貢献の歩みに歴史に委ねるしかないと思います。

何よりも、職業...続きを読む


人気Q&Aランキング