今心理学系の大学院で、臨床心理士になるための指定校化が進んでいます。確かにいまは心の時代とよばれ、我々の関心は心の満足に集まっています。しかし、現実には学部段階での心理学は多くの大学で実験もしくは基礎心理学に偏っています。
人間の心はどうなっているのだろう?と疑問に思った学生は、その内容に辟易し、心理学から離れていってしまいます。
その結果、「自分のこころ」に不満のある人が臨床心理学に興味をもって大学院に進学し、不満が少ない人は無難に就職してしまっているように感じます。
つまり、自分で悩みを抱えている人がカウンセラーになってしまう気がするんですが、どうなんでしょう?
これっていいこと?悪いこと?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私もいわゆる「心理学」をやりたくて、自分の悩みを解きたくて大学に進みましたが、その学部は「実験心理学」しかやってませんでした。


同様の動機で入ったものの、翌年受験しなおしたり、社会学や教育学へ移ったりというのは、ご指摘のとおり当然ありました。
私の場合は、幸運にも福祉系の学部が学内にあり、そこで「臨床心理学」「カウンセリング」という講義を学部外受講で受けることができましたので、その点幸運だったと思っています。
ちなみに、卒論は「社会心理学」の範疇でした。(指導教官がそうだったからです。)

就職については、心理学と関係の無い(?)職場へ就職しましたが、就職してから悩みが病変し、躁うつ病にかかってから8年になろうとしており、現在病気休職を余儀なくされています。

ご質問の「悩みを抱えている人がカウンセラーになることの是非」については、私が治療のためにかかってきた心療内科医や電話相談に乗ってもらった精神科医・精神福祉相談員などなどの方に対応していただいた経験から言えば、「是」です。
それほど悩んでいない人にとっては、こちらの苦悩が感触や感覚としてわかりにくい様なのです。

いや、客観的に見るためには、「自分のために心理学を志す」ほど悩んでないほうが、妙に感情移入しなくていいじゃないか、という反論が出てきそうですが、決してそうではなくて、カウンセラーの資質および訓練の中にはそういう「転移」や「逆転移」をコントロールする技術もふくまれており、それができて初めてカウンセラーなのですから、技術以前に自己体験として持っているものがあるというのは、クライアント(患者)には信頼度の向上をもたらすと私は思います。
確かに、自己満足というか自己の癒しのために、セラピスト(療法家)になってしまっているケースが無いわけではありませんが、個人的にはこう思うのですが、いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
大変参考になりました。

お礼日時:2001/02/17 08:02

人には大なり小なり悩みはあるものです。


私はうつ病でカウンセリングを受けたことがありますが、自分の悩みをストレートに出してくれるカウンセラーとそうでない人とではこちらの心の癒され方が違うような気がします。
私は悩みを抱え込んでいる人がカウンセラーになることはいいことだと思いますし、むしろ悩みを抱え込んだ人の方がカウンセラーに向いているのではないかと思います。
やはりカウンセラーになるためには理論だけじゃダメだと思うんです。人の悩みを自分のものとして捉えられる人がカウンセラーに向いていると思います。
    • good
    • 0

 カウンセラーって、大学の授業を勉強したからってなれるものではないでしょう。


 もちろん、開業医として病院を開くにはそれ相応の勉強と試験が必要ですが、紙切れみたいな免許証が1枚あったからって、それで「医者」になれるはずもないと思います。
 それに臨床心理学の授業が実験などに偏るのはある意味当たり前です。臨床心理学は飽くまで神経症などの治療法を研究する学問だから、カウンセリングとは違います。

 何でもそうですが、「人から尊敬されなければならない職業」には、受け身的な勉強しかできない人は就けないですよね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q臨床心理面接学と臨床心理査定学について

こんにちは!
今、臨床心理学の参考書を読んでいたのですが、「臨床心理面接学」「臨床心理査定学」についてどういった学問領域なのか分かりません。
検索しても出てきません。
できれば、私は臨床心理学初心者なので分かりやすく説明していただけたらうれしく思います。
また、どういった参考書ならこの領域について分かりやすいとかありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類できます。質問紙法、作業検査法、投影法です。
 質問紙法では、MMPIやYG検査、EPPS、CPIなど標準化された質問紙検査について学びます。私の場合は、ここで簡単に、質問紙の妥当性や信頼性の意味、相関や分散、標準偏差の意味なども教えています。
 作業検査法では、代表的なのは、内田クレペリン検査ですよね。
 投影法は、ロールシャッハや、バウムテスト、PFスタディーなどでしょうか。

関連書籍をURLに掲載しておきます。

参考URL:http://www.seishinshobo.co.jp/rinshou.html

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類...続きを読む

Q実際に臨床心理士の仕事をする上で、臨床心理学系の大学や、大学院で勉強した方が良いことをお教えくださいませんでしょうか。

4年制大学の経営学部を卒業し、現在、臨床心理学科のある大学へ編入学を考えており、将来は大学院に進学し臨床心理士になりたいと考えています。聖徳、東京成徳、文教、目白大学などの臨床心理学科の各々の大学の資料などでカリキュラムなど特徴、内容の情報を集め比較しておりますが、まだ志望校を決めかねています。実際に、心理職のお仕事に就いていらっしゃる方(しておられた方)に大学、大学院でどのようなことを勉強しておくと良いのか、現場でどのようなことが必要とされ重要なのかなどをお聞きしたいと思います。また、現在心理系の大学、大学院に在学しておられる方(しておられた方)などでこの大学、大学院のこの様なところが良かったなどもしご存知でしたら、是非お教えいただきたく質問をさせて頂きました。また、合わせて、読んでおいた方が良い参考図書などご存知でしたらお知らせいただければ幸いです。お手数をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

立正大学にも臨床心理学科があります。4年間品川の大崎キャンパスでの一貫教育です。大学院もあります。心理学部は2002年設置ですが、大学、大学院共に年々入試倍率は高くなっているようです。都心にあり、大崎駅からも徒歩圏内で、通学にも便利かと思います。選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.ris.ac.jp

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Q現在、大学院で臨床心理学を学んでいる者です。

現在、大学院で臨床心理学を学んでいる者です。
近頃、ふと思いました。
面接において治療者の容姿は何かクライエントに影響を及ぼすのかと。
転移感情とも関係してくるのかもしれませんが、ThとClが異性同士の場合、Thの容姿が世間的にかっこいい・かわいい・きれいといわれる部類に入るならば面接にどのようなことが起こってくると思われますか?
それは陽性感情を抱く要因ともなると思いますが、陰性感情に比べて陽性感情は扱いづらいイメージがありましす。
Thが陽性感情に踊らされず対応できればClは治療動機も高まるかもしれませんが、逆に病態水準が重い場合はそれによって激しく情緒的に揺さぶられる可能性もあると考えます。
では、逆にThがイマイチな容姿の場合。
健康度が比較的高いClは受け付けない可能性もあるのではないかと思います。
病態水準が高いClもThのイマイチな容姿で治療動機が弱まるのかなどいろいろ考えています。
ちなみにうちの院には、すごくビミョーな容姿の人ときれいな人が両方います。
ふと疑問に感じましたので、みなさんの感じるところやご意見をお聞かせください。

現在、大学院で臨床心理学を学んでいる者です。
近頃、ふと思いました。
面接において治療者の容姿は何かクライエントに影響を及ぼすのかと。
転移感情とも関係してくるのかもしれませんが、ThとClが異性同士の場合、Thの容姿が世間的にかっこいい・かわいい・きれいといわれる部類に入るならば面接にどのようなことが起こってくると思われますか?
それは陽性感情を抱く要因ともなると思いますが、陰性感情に比べて陽性感情は扱いづらいイメージがありましす。
Thが陽性感情に踊らされず対応できればClは治療動機...続きを読む

Aベストアンサー

ふと疑問に感じたのですね。来談者の主訴にも関係するし、特に異性の場合だと、容姿が抵抗になる場合もあるのか、と思います。(結局満たされず、脱錯覚というか、あきらめと転移の処理に向かうとしたら)。
初期のモチベーションになることもあるでしょうが。時間かけての面接だと、容姿を乗り越えて、雰囲気とかそういうところ、調律とか。
キレイとかそうでない、という基準は難しいけど、一般論がなさそうだし、周囲のそういう人にひとり一人聞いてみて、自分なりに納得するしかないんじゃないですか。たぶん、自分男なので、あまりわかりません。
まあ、しかし、この分野、誤解を承知で言ってしまうと、相対的に美形の女性が多い印象があります。開業と病院勤務の人の違いは感じませんが。

Q臨床心理士と、認定臨床心理カウンセラー&認定臨床心理療法士の違いを教えてください!

「臨床心理士」の資格は指定大学院卒業後、試験に合格した人が取得できる、民間でありながら知られている資格だと思いますが、
内閣府認証 特定非営利活動法人(NPO法人)日本臨床心理カウンセリング協会認定で、「認定臨床心理カウンセラー」や「認定臨床心理療法士」という資格が、日本カウンセラー学院で取得できると記載されていました。
これは知られている信頼できる資格ですか??
こちらだったら大学院でなくても臨床心理士に似た(?)資格が取れるということでしょうか。
詳しい方教えてください!

日本カウンセラー学院サイト
http://www.therapy.jp/pinpoint_shikaku.shtml

Aベストアンサー

1の回答の方は誤解があるようですが、臨床心理の分野に国家資格はまだありません。現在そういう動きはあるようですが、まだ決定事項ではありませんので。

何をもって信頼できる資格とするかは難しいところですが、就職ということでは臨床心理士しか選択肢はないと思ったほうが良いです。
他の資格では絶対無理とまでは言えませんが、その資格のみで就職したという人は、臨床心理士に比べると非常に少ないのではないでしょうか。

気をつけたいのは臨床心理士以外の資格だと、就職しているといっても実はそのカウンセリングの資格以外にも別分野の資格を持っており、それで(カウンセリングの資格に関係なく)就職できていることが多くあります。
体験談にはそのようなものが混じっていますので、だまされないようにして下さい。

病院や学校などはほぼ臨床心理士です。
産業分野では産業カウンセラーという資格がありますが、これも臨床心理士より下に見られますし、取ったからといってすぐに就職につながるようなものでもありません。

就職につながりにくい資格は、スクール内で雇用する制度や開業を前面に出していたりしますが、社会的に認知されていない資格だからスクール内で雇うという希望を持たせて生徒を集めるのでしょうし、ぱっと開業して上手くいくほど、甘い世界でもありません。

ただ臨床心理士であれ、資格を取ったら仕事が保証されているというわけではありません。他の資格よりはましとはいえ、食っていけるかどうかは本人次第です。

1の回答の方は誤解があるようですが、臨床心理の分野に国家資格はまだありません。現在そういう動きはあるようですが、まだ決定事項ではありませんので。

何をもって信頼できる資格とするかは難しいところですが、就職ということでは臨床心理士しか選択肢はないと思ったほうが良いです。
他の資格では絶対無理とまでは言えませんが、その資格のみで就職したという人は、臨床心理士に比べると非常に少ないのではないでしょうか。

気をつけたいのは臨床心理士以外の資格だと、就職しているといっても実はその...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報