痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは、みなさん!!

【質問】
【文章】ここで学んだ事を活かして業務へつなげていきたい。→別の文章で言いかえると?ちなみに本感想文は業務報告書の所感で書いているものです。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ここで学んだ事を活かして業務へつなげていきたい」


→「ここで学んだことを今後の業務に活かしていきたい」の方がいいかと思います。また別表現するなら、「ここで学んだことを今後の業務にフィードバックしていきたい」と言ってもいいかもしれません。
    • good
    • 1

>皆さまの意見をいろいろ聞いて、表現方法をいろいろ参考にしたい


ということはやはりOK Waveの趣旨に合うかはかなり微妙ですし、
分割質問(禁止事項)にも相当しそうな気がします。

参考URL:http://help.okwave.jp/okwave/beginner/prohibitio …
    • good
    • 2

 


文言の言い替えの質問が多いですが、理由を書いた方が良いですよ。
なんだか、盗作の肩車を担いでる様な気がして・・・

http://okwave.jp/qa4155995.html

 

この回答への補足

大変申し訳ございません。理由は、自分の表現方法が乏しく、皆さまの意見をいろいろ聞いて、表現方法をいろいろ参考にしたいと考えたからです。

補足日時:2008/07/06 19:00
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経験を活かす?それとも生かす

質問の通りなのですが、どちらが正当なのでしょうか?
辞書も見ましたが、「活かす」が正しい様な・・・
どちらでもいいような・・・?
私自身はずっと「生かす」と覚えていたのですが、
活用するという意味だから、
「経験を活かす」がより正しいのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新字源ではどちらにも「いかす」の意味があります。ただし常用の訓読みがあるのは「生」の方だけです。

さてその「いかす」ですが、

「生」…「死なさない」の意味
「活」…「役立てる」の意味。活用

「経験を生かす」とは「経験を役立てる」ことなので、漢字としては「活」がふさわしいと言えます。

しかし、常用訓では「活かす」は現状認められていないため使用する状況を考えた方がいいでしょう。

「たずねる」の意味の「きく」を「訊く」「尋く」と書くようなことと同じで、近年特に目立つようですが(実際仮名漢字変換ではすぐ出ます)、状況を考えずにあまり使いすぎるのは考え物です。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q「精一杯がんばります」を言い換えると?

クライアントから、かなり難しい案件を任されました。
しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。

そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。

ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。
「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。
「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。

そこで、質問です。
謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。
皆様のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

「○○様(貴社?)のご期待に添えますよう、社員一同全力をもって取り組んでまいりたいと考えております。」

というかんじではいかがでしょうか?

Q「勉強になりました」というのは敬語なんですか?

「勉強になりました」というのは敬語なんですか?

「ご+サ変動詞語幹+になる」というのは敬語ですが、
「勉強になりました」というの中では、その「ご」がありあませんが、で、まだ敬語ですか?
もしかして、謙譲語なのか?もう迷っています。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

お口直しに一言。

> 「ご+サ変動詞語幹+になる」というのは敬語ですが、

敬語のうちの尊敬語です。尊敬語です。

>「勉強になりました」というの中では、その「ご」がありあませんが、で、まだ敬語ですか?

「勉強になりました」には、上記のサ変動詞の語幹に相当するものがありますので、「ご+サ変動詞語幹+になる」の文型によく似ています。
しかし、「勉強になりました」にはサ変動詞の語幹「勉強」に「お」や「ご」がついていません。
そして「勉強になった」のは、自分でしょう。
自分を尊敬したらダメです。

ポイントは
1.「ごorお+サ変動詞語幹+になる」は、敬語のうちでも「尊敬語」である。
2.この文型の動作の主体は尊敬すべき人であること。

例文
「お殿様がご出座になりました」
「○○教授がご退官になりました」

「勉強になりました」は「自分の勉強になった、自分のためになった」ということで、感謝の言葉です。

*サ変動詞の語幹=動作性名詞です。

Q会社の研修レポートについて

こんにちは

新卒で今年から社員になった22の男です

会社は主に製造ですが私はパソコンシステムの管理をさせていただく職種です。
とはいっても、今は工場で現場の研修をしているのですが。

数週間前に県外の同グループの工場の見学に行き、そのレポートを書いて来いと上司に言われ、レポートを書きました。
新人研修レポートを会社に提出したところ、「考え方が幼稚」「中学生並の文章」などの厳しい評価をいただきました。

レポートは 学んだこと、今後仕事で生かしたいことの二つです。

自分なりに頑張って書いたつもりでしたが、一蹴されて落ち込んでいます。

正直私は頭もいいわけでもないしスポーツも苦手ですが、それでも必死に書いたレポートを跳ね返されたので、正直何を書いていいのかわからずに悩んでいます。

このままだと能力不足で解雇になるかもしれないと考えるとどんどん考えが行き詰ってしまいます。
考えすぎなのでしょうか?

レポートとはそもそも何を報告すべきなのかわからないし、何を書けば相手に伝わるのかわからずに困っています。
教えてください。回答よろしくお願いします。

こんにちは

新卒で今年から社員になった22の男です

会社は主に製造ですが私はパソコンシステムの管理をさせていただく職種です。
とはいっても、今は工場で現場の研修をしているのですが。

数週間前に県外の同グループの工場の見学に行き、そのレポートを書いて来いと上司に言われ、レポートを書きました。
新人研修レポートを会社に提出したところ、「考え方が幼稚」「中学生並の文章」などの厳しい評価をいただきました。

レポートは 学んだこと、今後仕事で生かしたいことの二つです。

自分なりに頑張っ...続きを読む

Aベストアンサー

>レポートとはそもそも何を報告すべきなのかわからないし
ここらへんが問題の原因かもしれないですね。

>レポートは 学んだこと、今後仕事で生かしたいことの二つです。
これは与えられた課題ですが?それともあなたがこのテーマで書いたのですか?
それに本当はレポートそのものがあれば、その上司の目で何が悪かったのか分かるかもしれません。
でも、まぁ、ここでは一般のレポートの話をしましょうか。

私が単に工場見学に行ってレポート書く場合はこんな風な構成にします。オーディットとかいうんじゃなくて、単に交流会みたいな工場見学の場合です。

工場見学の目的
上でことわったように、単なる見学会か、特別な目的のある見学なのかで、視点も変わってきます。後でこのレポートを見る人にも、探している情報が書いてありそうなレポートなのかどうかも見当がつけやすくなります。具体的に言えば「新人研修の一環として・・・」とあるレポートなら、読むのは後回しにするでしょう。
ここには、何人で行ったとか、誰の案内で行ったとか、あっちで誰に会ったとかも書くかな。「誰に会った」というのは重要で、後で誰かがレポート見て「おまえ、○○社の誰々に会ったことあるの?どんな人?」と聞いてくるかもしれません。

工場の概要
レポートを読む人には、報告する工場がいったいどういう工場なのか分かりません。私は工場に勤めています(例としてそういうことにします)。あなた自身は私の勤め先なんか興味がないでしょうが、あなたがこの項目で書かないといけないのは、私の勤め先に興味がある人に対して、あなたが知りえた重要な情報を記述することです。何を知りたいと思いますか?何を作っているのか、どれくらい作っているのか、勤務体制(1直、2直、3直など)、従業員は何人くらいいるのか、直接部門と間接部門の比率は、敷地面積はどれくらいか、何階建てなのか、などなど。
ま、こういうことは、自分が人のレポート読んで「このレポートには俺の知りたいことがちっとも書いてない」というような経験がないと何が重要かは分からないかもしれません。

工場の特徴
どんな工場でもなにか特徴があるものです。工場を案内してくれた人が、たぶんそれに対する説明をしたはずです。工場見学に人がきて、「うちには見るべきものは何も無いです」なんてことがあるはず無いからです。

所見
一般的なレポートならここに「学んだこと、今後仕事で生かしたいこと」が入ります。何か感心したことがあるでしょう。
工場行って何も感じませんでしたか?会社の業務としてどっかに行ったら、あとで必ずレポートを提出することになるのですから、漫然と時間をつぶしてきてはいけません。今まさにあなたが陥ったように、出張レポートと言うのは、後でもう一度行ってくる、ということができませんから、工場見ているときにはもう、どんなレポート書くか構想を練っておく必要があります。時々大学生のグループが工場見学をしている場面に出くわしますが、ああいう感じ(おしゃべりに夢中になって、生産ラインなんか全然見てない)じゃ、帰ってからレポートなんか書けません。
工場にはあなたが家や学校で見ないような仕組みがたくさんあったと思うんですけどね。何作っている工場なのか知りませんが、機械に一々番号や名前が書いてあるとかね。「そこにいつでもある機械だし、毎日使っているのだから、番号なんかつけなくたって、この機械って分からないの?」と思わないですか?「なんだって、こんな表だのグラフがベタベタ壁に貼ってあるんですか?」とかね。「青い帽子の人と非白い帽子の人はなんかちがうんですか」「この手書きの折れ線グラフはなんですか」「ノギスに張ってある日付のシールはなんですか」などなど。

もし、「学んだこと、今後仕事で生かしたいこと」を書け、と言われているなら、この部分を多くして、他の部分は最低限にします。だからと言って、目的、概要、特徴がいらないとは思いません。この内容がないと、なんに付いて書いたレポートなのか分からないからです。

添付
見学のときにもらってきた、パンフレットとかカタログとかリストを書いて、レポートと一緒に提出します。

これを、ちゃっとまとめて、上司の机にポンと置いて、オシマイ。

ってか、あなた大学卒業したんですよね?「レポート」というものを書かないでこれたんですか?
「レポートの書き方」というような本はたくさんありますから、本屋に行って1冊買ってきたらいいです。

でも、この間、一部上場企業のエンジニアが、サプライヤーのところに不良品の原因調査に行ったレポートを見る機会がありましたが、「ボク達も、このような基本を気をつけてなきゃいけないと思いました マル」みたいに(これは引用ではなく、私の読んだ印象をかいてます)終わらせてあるのがありましたけどね ・・・・ orz

>レポートとはそもそも何を報告すべきなのかわからないし
ここらへんが問題の原因かもしれないですね。

>レポートは 学んだこと、今後仕事で生かしたいことの二つです。
これは与えられた課題ですが?それともあなたがこのテーマで書いたのですか?
それに本当はレポートそのものがあれば、その上司の目で何が悪かったのか分かるかもしれません。
でも、まぁ、ここでは一般のレポートの話をしましょうか。

私が単に工場見学に行ってレポート書く場合はこんな風な構成にします。オーディットとかいうんじゃなく...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q「送らさせて頂きます」という言い方

「送らさせて頂きます」や「送らさせて頂きました」という言い方はおかしいのでしょうか。
「お送りさせて頂きます」や「お送りさせて頂きました」が普通使う言い方なのでしょうか。

「送らさせて頂きます」で検索をかけると結構な数がヒットしますがいかがな物なのでしょうか。

Aベストアンサー

文法的には、「送らさせて頂きます」は「サ入れ現象」と言われ、「ラ抜き」と同様によくある誤りです。「送らせて頂きます」とするべきです。

「~させて頂く」という言葉は、丁寧なクセに恩着せがましいところがあり、よい印象を懐かない方も多くいらっしゃるようなので、「お送り致します(致しました)」を用いる方が妥当です。

多くの人がうっかり使ってしまうあまり綺麗ではない日本語、というところでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング