警備会社から総合病院に派遣され、職員に代わって夜間に患者が診察を受けるための受付業務及び診察後の医療費を計算し会計処理までしています。
総合病院なので救急車からの電話連絡も頻繁にきます。救急車からの連絡を医師につなぎ、救急車が入れば救急室で患者情報を聞いてパソコンに入力します。夜間は人材不足なためにレントゲン室や病棟へ患者を看護師と一緒に搬送することもあります。
勤務時間は18時から朝の8時半までです。
救急対応の病院のため現場から離れることができない待機状態です。休憩時間は3時間になっていますが、自由に食事に出ることもできません。仮眠していても電話が入れば対応しなければなりませんので休憩らしい休憩になりません。このような状況を警備会社に相談して休憩でなく待機勤務ではないかと言っていますが無視されています。警備会社からは3時間の休憩分は賃金をいただいたことはありません。
このような上記の業務を警備会社が3年前から受けてます。
以前はニチイがこの業務を担当していました。しかし、派遣法で3年以上勤務したら社員として雇用しなければならないと言うことで、病院はニチイとの契約を解約して警備会社に業務を委託したようです。
業務を担当して最近特に疑問を感じることが多く質問してみることになりました。
上記の業務を警備員が行うのは、法的問題は大丈夫なのでしょうか?自由に休憩できない待機時間は勤務時間になるのでしょうか?
例えると、スパーのレジ打ちを制服を着た警備員がしているのとおなじことのように思うのですが?
患者さんからも「警備服を着た者が病院の受付をして違和感があるよ!」と言われることもあります。
業務内容で法的に問題があれば職を変えようかと考えてます。ご指導よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も警備員をしています。

スパーではありませんが、制服着用のまま商品を販売し、レジ打ちしていますよ。

警備業法の人的な制限規定は、どんな人が警備業を営むことができるか(3条)、どんな人を警備員として業務につかせることができるか(14条)があるだけです。(何の業務)なので、そもそも警備会社としてあったところのようですから、この点で問題となることはないでしょう。


気になるとしたら、貴方が「派遣」で行っているという表現です。

貴方が法律上の厳密な意味での「派遣」という意味で使っているのであれば、それは労働者派遣法に抵触する事案になります(4条3号)。

貴方の従事する業務を受けるのあれば、基本として請負業務とすべきです。特に、あえて警備服の着用を求められているのであれば警備業務を除外しているということは言えません。

ただし、「病院は他社との契約を解約して警備会社に業務を『委託』したようです」と書いています。会社としては請負契約を結んでいるこでしょう。
ここの契約形態を誤ると、警備業の認定にかかわり、営業停止に追い込まれるおそれがあります。貴方のいう派遣にどんな意味があるのか、もう一度整理してください。

※参照
労働者派遣の適用除外業務|一般社団法人日本人材派遣協会
http://www.jassa.jp/corporation/tekiyoujyogai/04 …


なお、休憩時間として賃金がもらえないというのは労働基準法上の問題です。
休憩の保障がなされているといえない事案ですから、深夜対であれば深夜業に対する割増賃金込みで賃金が請求できる勤務時間といえるでしょう。

この手の問題は、労働組合に相談して団体交渉で未払い分をもらうのがよろしいかと思います。もちろん、労働基準監督署への相談もありですが、解決までの時間を踏まえると…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

koutsuuseiri様の回答ありがとうございました
病院での勤務内容が法的に問題ないことが理解できましたのでスッキリしました。
あと、労働環境や時間外手当等は会社と何度も話って解決していきたいと思います。

お礼日時:2014/08/04 15:57

救急受付業務・ 病院警備サ-ビスと言います。



救急受付業務医療事務の資格と,会計計算のスキルも持つています。

資格持ている人がいると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきましてありがとうございます
HPで確認させていただきました
他にも同様な職場があることに安心しました
当方の職場には資格保有者がいないのが現状です

お礼日時:2014/08/03 21:10

医療事務をするのに、公的な資格は必要ありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2014/08/03 17:11

まじですか!?


医療事務の業務範囲については私は詳しくないのですが、経過知りたいので投稿させてください。

たぶん、NGだとおもいますが、医療事務の前に、雇用契約を確認してください。
そこに書かれていること以外のことを行なう場合は再度雇用契約をかわし直さないとダメです。

この回答への補足

回答ありがとうございます
警備会社には雇用契約を何度も出してほしいとお願いしてますが、パートには出すが社員には出さないと言われてます。
ただ、この業務を始めた当初はパート扱いでしたので雇用契約を2か月間結んであとは更新しないで2年後に社員になりました。
入社時の雇用契約には、就業内容は施設警備としかありません。あとは就業場所と就業時間、賃金の支払い日です。

補足日時:2014/08/03 17:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

117d0037様関心を持ってくださりありがとうございます
回答いただいた皆様のお陰で解決することができました

お礼日時:2014/08/04 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q時間外勤務中に休憩を取り、22:00以降まで勤務した場合の深夜割増の扱いについて

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として申請する、というように指導されています。(2)の場合ですと、勤務終了が22時ですので、22時から23時まで残業した分については、実際に22時以降に勤務しているにもかかわらず深夜割増が支払われないことになります。残業時間が長時間にわたる時に食事等で休憩を取るのは、社会通念上認められる正当な行為ではないかと思いますが、これを私的な理由での休憩として、それによって22時以降に勤務した分の深夜割増を支払わない、という点に関して法的な問題はないのか、ご教示頂きたく、宜しくお願い致します。

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として...続きを読む

Aベストアンサー

使用者の(2)の指導は、事実を偽って偽装しろということですので、労基署の指導対象です。

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html

一人立ち上がってもしょうがないので、労働組合(がなければ結成するなり単独加入できるユニオンに加入して)から団交要求、使用者を徹底的に糾弾すべきでしょう。

Q精神病院入院患者 脱走し自殺 病院の責任?

  精神病院(開放病棟)に入院中の家族が無断離院して

  鉄道自殺しました。本人は任意入院ですが病院の管理責任の

  有無について知りたいです。入院期間は約5年半です。

  一般病院なら「本人の自由意志で脱走し自殺したから責任ない」と

  突っぱねる事も可能だと思いますが、本人は統合失調症です。

  精神病院は、いつ突発的な事態が起きるかわからないと思うのです

  。病院の責任はどうでしょうか?

  また家族には鉄道会社から損害賠償が発生したと連絡が

   あり困っています。鉄道会社は相続人である私に賠償請求

   するしかないとは思いますが、自殺の背景にあるのは病院からの

   脱走です。どんな情報でも構いませんので宜しくお願いします。


  


  


  

  

Aベストアンサー

ご愁傷さまでした。

やりきれないお気持ちであることに、異論はないのですが、責任とか
損害賠償であるとかは別の次元のお話です。ゆっくりネットで検索
してみると良いと思います。検索のための一助になればと、以下を
書きます。

鉄道自殺と損害賠償については、ネット上に記載がたくさんあります。
心労もピークになろうかという時期に、そのご家族に請求書を持って
いく鉄道関係者もお辛いみたいです。世論もちょっと変わってきて、
子供の転落事故義務が鉄道会社にあるように、精神を病んでいる方へ
の配慮も鉄道会社にあってしかるべきとかわりつつあります。
ですから、100%を家族に請求することもないようです。また、遺族
の方は相続放棄ということで支払わない手段もありますので、巨額の
負の資産を支払わなければならないとまで考え込む必要はありません。

病院の管理責任はないと思います。ただし、正しい医療行為であった
か否かということは、自殺という重い結果がある以上、家族に説明責任
はあると思いますし、質問者さんがそれを不服として訴える権利もあり
ます。患者さんが、自殺を試みる可能性が高いので、開放病棟は不適当
だと診断すべき病状であったにもかかわらず、開放病棟への入院だけで
加療していたとすれば、病院に責任ありです。そうでない場合、つまり
容易には自殺を患者さんが決断するなどと予想(診断)できない状況
であれば、病院が責任をとることはありません。善意なる監督注意
義務が支払われた結果であるか否かが争点になると思います。

葬儀だけでなく、その後もいろいろと大変ですね。ご自身の健康を
お考えになりながら、マイペースで対応されたら良いと思います。

ご愁傷さまでした。

やりきれないお気持ちであることに、異論はないのですが、責任とか
損害賠償であるとかは別の次元のお話です。ゆっくりネットで検索
してみると良いと思います。検索のための一助になればと、以下を
書きます。

鉄道自殺と損害賠償については、ネット上に記載がたくさんあります。
心労もピークになろうかという時期に、そのご家族に請求書を持って
いく鉄道関係者もお辛いみたいです。世論もちょっと変わってきて、
子供の転落事故義務が鉄道会社にあるように、精神を病んでいる...続きを読む

Q勤務時間内の休憩時間について

ひとつ納得いかないことがありましてどなたか教えてください
私は普通のサラリーマンですが当社も昨今の賃金不い残業で指導を受けたらしく最近残業時間を書く際大変細かく困っています。
そこで今日上司に言われたのですが就業時間内にタバコ等5分~10分程度の休憩時間を残業した際残業時間から差し引いて書きなさいといわれました。
この上司の言っている事は正しいのでしょうか?
ちなみに当社の休憩時間(昼休み)は1時間あります。

Aベストアンサー

この場合は状況にもよると思いますが、普通はこれは休憩時間ではなく、労働時間の中に含まれるのではないでしょうか。
タバコをどこでどのように吸うか、仕事の内容などにもよりますが・・・。

就業規則などで休憩時間はどのように定められていますか。休憩時間は何時から何時まで決まっているはずです。休憩時間について、上司の言うとおりの適用が可能なように、就業規則に定めがあったり労使協定などで決められている場合の他は、そのような適用はできないと思います。
どのような仕事かにもよりますが、厚生労働省の「VDT作業ガイドライン」ではコンピューターのディスプレイ使用する仕事などでは、1時間あたり10分~15分程度の小休止することが求められていて、それを理由とした休止と主張する方法もあります。
いずれにしても、勤務した時間をしっかり自分自身で記録しておき、上司が聞かない場合は、労働基準監督署の調査が入った場合などに備えておいてもよいと思います。

Q交替制勤務での休憩時間の取扱いについて

 私の会社では日勤(A勤)と夜勤(B勤)、深夜勤(C勤)があるのですが基本的に3交替ではなく A勤とBC勤(状況に応じてC勤1名)という変則的な2交替を行なっており 各勤務は7時間45分です BC勤の明けの日は「明休」という休みが有ります(月・水・金・・・という形です)

 A勤の休憩に関しては特に問題は無いのですが BC勤(15時間30分)で残業をした場合 稼働時間16時間から15分の休憩を1回挟んで残業をする事になっています しかし 16時間30分から15分の休憩というのは有りません
 恐らく B勤、もしくはC勤のどちらかを8時間超過したものとして15分の休憩を設け 以降を時間外扱としているのだろうと思いますが そうなるともう片方の勤務については7時間45分から変わらない事になります この事に関しては特に問題は無いのでしょうか?
 もしB勤分、C勤分双方の休憩が時間に応じて必要となるのであれば15分の2勤務分で30分の休憩が必要になりますが・・・
 このあたりはどう解釈するのが正しいのでしょうか?

 ご存知の方は宜しくお願いします

 私の会社では日勤(A勤)と夜勤(B勤)、深夜勤(C勤)があるのですが基本的に3交替ではなく A勤とBC勤(状況に応じてC勤1名)という変則的な2交替を行なっており 各勤務は7時間45分です BC勤の明けの日は「明休」という休みが有ります(月・水・金・・・という形です)

 A勤の休憩に関しては特に問題は無いのですが BC勤(15時間30分)で残業をした場合 稼働時間16時間から15分の休憩を1回挟んで残業をする事になっています しかし 16時間30分から15分の休憩というのは有りません
 恐らく B勤、もしくはC勤の...続きを読む

Aベストアンサー

労働時間は夜勤(B勤)、深夜勤(C勤)を通算して考えます。即ち、夜勤(B勤)が7時間45分ですから、深夜勤(C勤)に入ってから15分経つと8時間勤務したことになります。ですから、休憩は深夜勤(C勤)に入ってから15分後に15分だけあれば法律的にはOKとなります(勿論夜勤(B勤)のときに45分の休憩があると言うのが前提です)。

Q時間外勤務中の休憩時間について

現在働いている会社は、9:30~18:15が勤務時間(内45分が昼休み)となっています。

18:15を過ぎて時間外労働に入ると、
18:15~18:30の15分間と19:30~20:00までの30分間においては、
実際には業務をしていても「休憩」と称して時間外勤務手当が払われません。

18時台の15分間に関しては、労基法第34条1項の
「八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。」
という一文において「昼休み45分+15分」として理解ができるのですが、19時台の30分間に関しては納得ができません。

会社に説明を求めたところ、
「労基法による最低限与えるべき休憩であり、会社は業務上での健康面を考えて設定している」
との回答を得たのですが、労基法上、どの項目に当たる物かは回答が得られず納得がいきません。

そこで質問なのですが、
 1)19時台に設定されている「休憩時間」は違法か?
 2)違法である場合、手当ての不払いは請求できるか?
 3)請求できる場合、会社が応じない場合にはどうすれば良いか?

以上3点。よろしくお願いいたします。

現在働いている会社は、9:30~18:15が勤務時間(内45分が昼休み)となっています。

18:15を過ぎて時間外労働に入ると、
18:15~18:30の15分間と19:30~20:00までの30分間においては、
実際には業務をしていても「休憩」と称して時間外勤務手当が払われません。

18時台の15分間に関しては、労基法第34条1項の
「八時間を超える場合においては少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。」
という一文において「昼休み45分+15分」として理解ができるのですが、19時台の30分間に関...続きを読む

Aベストアンサー

 1)19時台に設定されている「休憩時間」は違法か?
    休憩に制限はありません違法にはなりません

 2)違法である場合、手当ての不払いは請求できるか?
    違法でないので手当は請求できません
    ただし、休憩と言いっつ、就労させられているのであれば
    当然、残業代は請求できます。
    (時間内の休憩でもそれは同じです)

 3)請求できる場合、会社が応じない場合にはどうすれば良いか?
    残業として認めない場合は労働基準局に申し出ましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報